fc2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
ネタがどんどん溜まって行く~(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!
更新すっか。。。Zzz....(_ _*)・.。*
今年の山行リストも作ってない事に気づき。
一年も終わるのにー((*´∀`*))ヶラヶラ
近々作らないとな・・・
2024年は正月のうちに作らなくちゃ(;´Д`A “



八幡平の山頂まで来たが、結局貧乏性が出てくる訳で沼巡りに出発する事にした。
少し進んだら、黒い沼が出て来た。
43_2023102700312241d.jpg

その隣にもう一か所、黒い沼がある。
44_2023102700312480a.jpg

二つ合わせてめがね沼ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
入りきらない(;´∀`)アハハハハハ
42_202310270031200fb.jpg

てか、ここは秋田県なの?岩手じゃなくて?
41_20231027003319183.jpg

そしてめがぬ沼のちょっと先に、こんどは青くてきれいな沼、きれいヽ(*´∀`)ノ
45_202310270031251b0.jpg
って、これがドラゴンアイで有名な鏡沼だそうで。
私勝手にドラゴンアイの沼は山頂の手前にあったガマ沼かと思っとりました(´ε`;)

あとは覗き込まないと見えない、てか覗き込んでもよく見えない穴。
46_20231027003127ab6.jpg

そしてレストハウスとの分岐に到着。
私的に鞍部に到着。
ここから登る・・・
47_20231027003129381.jpg

グッタリしながら登り上げると、さっき休憩してたベンチの所が見えた。
その奥に、戻らなくてはいけない茶臼岳の頭が見えた。
48_20231027003130e41.jpg

ベンチの脇で立ち休憩をしながら景色を眺めていたら、岩手山がやっと頭を出した。
50_20231027003134a5c.jpg

2度目の直線コースを歩いていたら、足元に今年最後になりそうなウメバチソウを見つけた。
49_202310270031315ac.jpg

ここで本日の旅の折り返し。
戻る前に八幡沼の脇でご飯でも食べてから戻ろう。
51_20231027003134c51.jpg

小屋の手前の斜面には、ベンチがいくつかあって沢山の人が休憩していた。
私も最上階の空きベンチに座って、ちょこっとランチ。
帰りも距離だけはそこそこあるので、おにぎりを1個食べて出発。
小屋には人が入ったり出たり忙しい。
だからここには泊まれそうにないなぁ。
52_2023102700441315a.jpg

帰りは湿原の別ルートで。
さらに大きな草原が広がっていた。
遠かったけど来て良かったな。
53_2023102700441568a.jpg

木道に枝分かれしてる道のその先には・・・
56_202310270044199f0.jpg

八幡沼のギリギリ脇も歩けるらしい┌┛┌┛ズコ!
55_202310270044177a4.jpg

大きな雲が湧いてきて、空だけはまだ夏っぽい(;^ω^)
54_20231027004417aaf.jpg

八幡沼から湿原に流れ込んでいる水。
キラキラきれい。
59_202310270044239a1.jpg

湿原の向こう側に・・・ぇ━(*´・д・)━!!!
だからこれ何なの(´∀`*))ァ'`,、
60_20231027004425797.jpg

振り返って八幡平の山頂、ぺったらっこい。
61_20231027004426dfb.jpg

木道脇には湿原の解説などの看板が立ってるので、お勉強しながら進む。
帰りたくないので、無駄に時間稼ぎ。
62_202310270055231ff.jpg

でもすぐに周回ルートの分岐に着いてしまった。
行きでさざ波だった最初の池に行ってみる。
63_2023102700552626b.jpg
結局さざ波で鏡にはなっていなかった・・・

源太森の分岐を過ぎ、階段のところまで戻ったら、ピョッコリ茶臼岳の頭が見えた。
戻るのめんどい・・・
64_20231027005526d57.jpg

階段を降りると、すぐに安比岳の分岐。
また貧乏性が出てくる訳だけど、もう1時過ぎてるしなぁ、安比まで行くと戻るの遅くなるしなぁって思たんだけど、往復1時間半くらいで行けそうなので、うっかり足がそっちに向かってしまう...(((;´ω`)ススス 
65_2023102700552804c.jpg

いつまで経ってもどこまで行っても、ダラダラと地味に高度が下がって行く。
なかなか安比との鞍部に着かない。
でもお一人様だけスライドしました(°ω°)!
66_202310270055309f8.jpg

そして非常に暗い(´•ω•`; )
人もいないのでマークーが出て来そうで怖い((((;´・ω・`))))カクカクフルフル
67_20231027005531e98.jpg

ダラダラダラダラと40分ほど歩き、やっと鞍部だと思ったら今度は急斜面で落ちていき、急斜面を登って行く;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
そして登山道の脇の木に、ひっそりと安比岳の看板が。
69_20231027005535162.jpg

山頂はもっと左奥なんだけど、道はありませんでした。
藪をこいでまで行く元気も気力もないので、ここを山頂としてる訳だからそれでよしとした。
68_202310270055328ac.jpg

時間がないから帰りましょう(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
行きは40分だったから、帰りは50分くらいかな。。。と思いつつ。
テカテカキノコ
70_20231027005535b2e.jpg

行きもダラダラしていたので、やはり帰りもダラダラ。
斜度を感じないくらいのダラダラ登りなので疲れはしないんだけど、とにかく長い・・・
でも登山道の奥が開けて明るくなっていたので、あそこが分岐だ!と期待する。
71_202310270055364c5.jpg
全然分岐じゃなかった訳で・・・

あ、遠くにピンテが見える!
あそこが分岐に違いないヽ(*´∀`)ノ
72_20231027011453f96.jpg

全然分岐じゃない訳で・・・
73_20231027011454767.jpg

長い長い往復3.6キロ位?の旅でした・・・
分岐に出た時はマークーに遭わなくてよかったとホッとした。

無駄に寄り道をしてしまったので、急ぎ足で戻る。
でもやっぱり黒谷地湿原では少しゆっくりしてしまった。
74_202310270114562c8.jpg

そして何だか疲れてしまったので、黒谷地湿原のエスケープルートで道路に逃げてしまおうかと思ったんだけど、そういえば茶臼岳の山頂に行ってないや。。。って事で逃げる事は許されなかった。
行きで登ってたら、多分道路に逃げてた(;^ω^)
75_20231027011458a68.jpg

仕方なくトボトボと来た道を戻る。
朝よりは登山道の水が減っていた。
と、あんな上にも!!
77_20231027011500cc7.jpg

黒谷地湿原から山小屋までも、ダラダラと登って行くのでなかなか着かない。
飽きたーと思った頃、やっとこ小屋着。
78_20231027011502f83.jpg

小屋から茶臼岳の山頂までは200mとなってたけど、暗いせいかすごく長く感じた。
そしてポンッと山頂に飛び出した。
すっかり岩手山は頭を出したようだ。
82_20231027012558bf0.jpg

ここも金子さんが寄ってた場所なので外す訳にはいかなかった訳で。
行きに寄っておけばよかったか(;´∀`)アハハハハハ
79_202310270115045d4.jpg

83_20231027012559e6f.jpg

下の方にもポツポツと池があるみたい。
81_20231027011507fb3.jpg

360度の展望を楽しんだら帰りましょう。
朝きれいだったダケカンバの森、秋色で見たかったなぁ。
84_202310270126019f9.jpg

そして長い旅が終わりました。
85_20231027012603a65.jpg
登山口からまた秋田方面に戻って移動するつもりでしたが、登り返してガソリンを無駄に使うのが心配だったので、岩手側に下りる事にした。
温泉やらあれこれ調べ直していたら、結局ライトをつける時間になってしまった(;´Д`A “
道路が工事中で何かなと思ったら、山の斜面が崩れていました。
こっちも豪雨が降ったりしたからその影響かな。
89_202310270134532a2.jpg

下界に下りて、無事にガソリンも詰めて一安心。
翌日のごはんとかを買おうと地元のスーパーに入ったら、激安でうまそうだったので、夕ご飯も海鮮丼と唐揚げを買って食べました(゚д゚)ウマー
海鮮丼400円でお釣り来たはず。
車の中で食べようと思ったら、箸と醬油がない事に気づく( ̄ω ̄;)
箸は車の中にあったのでOK、醤油は買い足すのが面倒だったので、素材の味を楽しみました(´ε`;)
酢飯なのでそこそこ食べれましたよ(;^ω^)

温泉は安比温泉白樺の湯へ。
めっちゃ高かった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
1200円とかセレブ価格( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
あれ?600円じゃ?って勘違いは、最初に行こうと思ってた温泉の値段だったブッ(´→з←):;*.:;
でもアメニティーもセレブな感じで、人も少なくてゆっくり温泉に浸かりました。
次への移動がなかったら、もうちょっとゆっくりしたかったな。

温泉を後にし、更に北上しますo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
道中、山道を下りて道路が広くなったので、里に近くなったのかな?って思ったライトの先にうごめく物。

まーくー


(||゚Д゚)ヒィィィ(゚Д゚||)



でも、あっちもあっちでアタフタしてたし、私は車の中だし・・・
マークーは焦って逃げようとしてたのですが、道路脇の草の勢いが凄過ぎて藪に突入できないようでもがいてました(;^ω^)
新潟もそうですけど、とにかく熊のニュースが出ない日はないですね。
秋田の方では熊を駆除したら抗議の電話が鳴りやまないとかで、それも困ったもんですね。
家のガラスの割れた音がしたから行ってみたら、熊が逃げていくのが見えたって、すごいなと思ったら地元のニュースでした。
家の中ですらもはや安全ではないかもしれないというのに、抗議の電話とか辞めて欲しいですね。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

人気ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト




【2023/10/27 02:02】 | 岩手の山
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック