FC2ブログ

2012/06/17 大源太山 

2013, 07. 31 (Wed) 00:04

最新報告

27~28日は、毎度おなじみKyazuさん、茶々さんと一緒に、飯豊連峰最北端、杁差岳に行って来ました_|\○_ ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!!
先月、Kyazuさん夫妻に「飯豊に行こう」 「行って来なさい」と言われ、その場では「飯豊はまだ無理です。゚(゚´Д`゚)゚。」とお断りしたんだけど、家に戻ってから悶々としてきて、うっかり「行きたいです・:*:・(*´∀`*)・:*:・」と言ってしまい
ほんとは三連休に予定してたんだけど、新潟はまだ梅雨が明けてなくて。
てか、この土日も明けてませんでしたがww
とにかく、いろんな思い出の残る山行となりました

登山口から5分も経たないうちに、いきなりの急登
えぶり

てか、延々急登
えぶり2
この一週間前に、山友がエブリ日帰りをしてきて「雪野さんのシムーポイント(死ぬポイント)を偵察してきましたって、彼的には15シムーPぐらいあったらしいけど、雪野さん的には15では済まなかったという

でも、ワクワクPありの
両脇が崖っぷちの岩の上を歩いたハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
えぶり3

どんだけの登り返しなんだよって、イラッっと来るような大きな山の登り返しを、いくつもしつつ。
えぶり5

えぶり6

小屋まで後10分、15分のとこで、雷雨に襲われ、Kyazuさんの掛け声で避雷姿勢を保つことどれくらいだったろう・・・
最低でも30分くらいだったかなぁ・・・
それでも、そんな短時間でなんとか逃れられたんだから、ラッキーだったんだと思う。。。
すぐ頭の上で雷が光り、雷の爆音が右から左、左から右へと走っていく音の流れがはっきりと分かるくらいだった。
豪雨の中、あと何十分、何時間、このままでいなくちゃいけないのか。
カッパを着込んでいたとしても、体温がどんどん奪われて、体力が低下していく恐怖。
夏といえど、山の上は気温が低い。
ほんと怖かった・゜・(ノД`)・゜・
雷が少し遠のいた隙に、低姿勢のまま足早に最後の登りを駆け上がり、小屋の手前200mくらいだろうか。
そこは笹薮も消え、キスゲが咲き乱れる草原になっていて、普段ならウットリポイントなんだろうけど、雷が潜んでいるあの現状では、隠れ場所のないホントの意味でのシムーPでありました
Kyazuさんの「ここはがんばって走っての言葉に従い、人間、火事場のなんちゃらとはよく言ったもので、ヘトヘトなはずなんだけど走れましたね
朝、登山口まで送ってくれる乗り合いタクシーで一緒になった三人パーティーさんが、同じ小屋に泊まるって事で、私たちより先に小屋に到着してたんだけど、私たちを心配して小屋の窓からずっと見ててくれたみたいで。
小屋が見えた時、その方たちが必死に手を振ってくれていて、小屋が見えた安堵感と、その方たちの気持ちが伝わってきて、ほんと半べそでした、実は(ノ I `。) ウゥ・・・
でもラストダッシュで、ハァハァでしたけどね

一息ついてお酒飲みながら夕ご飯食べたりして(緊張したままだったのか、全然酔わなかった
雷が去ったので、そのままエブリの山頂へ。
えぶり7

飯豊1
無事、小屋に辿り着けた事を、エブリの神様に感謝し(-人-)

翌日も朝はいいお天気でw
ご来光もしっかり拝み(-人-)
えぶり9

名残惜しいですが、サヨナラです(●´ω`)ノシ。o゚。マタネ!
飯豊2
小屋で一緒だった方たちにも、またいつかどこかでお会いしたいな

いろんな意味で、初心に帰ることを忘れちゃいけないって、教えてもらったような気がします。
ありがとうエブリ
きつかったぞ、まだ筋肉痛だ、コンチクショー
飯豊3
腿が激しく筋肉痛で、階段の登り下りがきついであります_ノ乙(、ン、)_
特に下りが厳しく、階段は後ろ向きになって下りている事、多々です*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*


さて、去年の6月17日は山岳会の山行で大源太山へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー
大源太といえば、上越のマッターホルンと言われるくらいの、険しい山・・・
と思って、ガクブルしながら車に乗り込んで話していたら「そっちの大源太じゃねー」と言われヽ(冫、)_ ドテッ...
そんな近い場所で、大源太が2ヶ所あるとは思わなかった・・・
別の大源太は全然リサーチしてねぇ。。。不覚ヽ(´Д`;)ノアゥア...
朝はずっとお天気が悪かったので「山辞めて温泉行くかね~」とかって、いつものこの会話w

だがしかし、三国トンネル手前のスペースに車を止めて、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
3_20130730225133ac5.jpg

ゆるい林道が続きます。
クネクネの木があったw
5_20130730225134536.jpg

30分くらいで、神社に着きました。
7_20130730225136454.jpg

ちょっと休憩して、ガスの中を進みます。
11_20130730225138fc6.jpg

三国山が見えたけど、スルーしましたヽ(・、 .)ノズルッ!!
14_201307302251407da.jpg

苗場方面から青空がヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
15_20130730225649ba0.jpg

16_2013073022565024c.jpg

巻いちゃったので、三国山を背にして(;^ω^)
24_20130730225959a6f.jpg

新潟の雪の凄さを表現している、見事なくねりっぷり∑(*☼_☉*)
26_20130730225654472.jpg

とにかくずっと稜線歩きだったので、ほんと気持ちのいい日でした
31_20130730230151c33.jpg

雲の上にも立ったしヽ(´ω`)ノ
32_201307302301528ba.jpg

この頃はまだ、高い山ってあまり登った事がなくて、高山植物も初めて見るものが多くて名前も知りませんでしたw
30_20130730230149c2e.jpg

33_20130730230155ceb.jpg

36_20130730230501bf2.jpg

38_201307302305047bc.jpg

40_201307302305057d4.jpg

34_2013073023015777f.jpg
この時点で、名前を知っていた花は、キスミレくらいww

どこまでも山(*´∀`*)
37_20130730230502805.jpg

どうしても大きな団体になると、パーティーが二分しちゃったりで・・・
2つに分かれちゃった先発隊に追いつく( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
41_201307302308394d4.jpg

そして、三角山という名のピークに到着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
46_20130730230508961.jpg

休憩していた群馬の方から、パイナポーをもらったヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
45_20130730230722200.jpg
おいしかった

いよいよ大源太への分岐。
48_20130730230723061.jpg

49_20130730230725161.jpg

お花もいっぱいo((*・ω・*))o゙ ワクワク♪
50_20130730230727b11.jpg

52_20130730230729442.jpg

12:15、大源太山頂着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
53_20130730231105050.jpg

三等三角点げっとーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
54_2013073023110869c.jpg

56_20130730231112662.jpg

57_2013073023111412e.jpg

平標山が目の前の見えた。
大きい・・・そして激しく急登に見えた
55_20130730231110d62.jpg

この日は、危ない方の大源太だと思ってたので、ノンアルを用意してたり・・・
60_20130730231325b46.jpg

バーナーも重くてヤバイと思って、お弁当にしていたり・・・冷たい(ノ I `。) ウゥ・・・
61_201307302313265bd.jpg

道中、ちょっくら摘ませてもらった、山の幸を頂き
62_201307302313283a4.jpg

なんてしていたら、平標からガスが迫ってきた((((;゚Д゚))))
63_201307302313296dc.jpg

逃げてー┌(_Д_┌ )┐
64_20130730231331dc2.jpg
なんて、ご飯優先ですよ(゚ρ`)ァー

13:14、下山開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
自分の進む稜線が見える景色って、大好き
65_201307302318140e6.jpg

朝の空が嘘のような、スッキリ快晴
67_20130730231816f54.jpg

途中、一眼レフのレンズフードが落ちていて、そういえば一眼持った人とすれ違ったなぁ。。。と思って、山岳会の方が三角山の独標に、紐でぶら下げてくれた。
持ち主の元に戻っていたらいいなぁ。
68_20130730231817ffb.jpg

72_20130730231818053.jpg

苗プリヽ(*`Д『+』ゞ ハッケン!!
74_20130730233752910.jpg

そして途中で、三国山に登るチームと、また巻いて戻るチームに分かれる。
私は当然、三国チームへw
73_20130730231819e85.jpg
行かなくちゃもったいないw

途中、ゲコ様がいて、雪野さんフリーズ( ̄ω ̄;)
77_2013073023375538e.jpg

78_20130730233758b60.jpg

「はよ来いと言われ、泣く泣くダッシュジャンプ。゚(゚´Д`゚)゚。
山では、こーゆーのが一番怖いww

そして三国山へ。
79_20130730233800436.jpg

15:06、三国山山頂着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
81_20130730234001a4a.jpg

何等か分からん(ρε;)
82_20130730234003a3b.jpg

この日は何だか、地味に膝が痛くなってきて、泣きそうになりながらの下り(ノ I `。) ウゥ・・・
85_2013073023400553b.jpg

でも、山岳会の方がウルイとやらを取って下さり
家に戻ってから、酢味噌和えにしてみました
88_20130730234009949.jpg
そして、16:17、ゴールヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
意外と時間がかかったので、この日は温泉はなしだったかな
いい山行でした

キャニオンじゃない方の大源太は、雄大で気持ちのいい稜線歩きのできる山でした(ノε`*)ンププ
そのうち、平標まで縦走してみたいね(。→ˇ艸←)プククッ☆


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif
スポンサーサイト



コメント

雪野

茶々さん♪

今日の午前中は、まだ筋肉痛だった_ノフ○ グッタリ
今やっと、痛みは引いたっぽい・・・案外弱い自分に泣ける。゚(゚´Д`゚)゚。

なんか今週末の山行は、エブリの疲れがぶり返しそうで怖いi-282
でも楽しかったね~、エブリi-278

最近思うんだけどさぁ、連チャンで登山してる時って「はい、ここで終了」って自分に言った瞬間に、疲れがドッと出て筋肉痛が始まる気がするんだi-282
いつも旅の最中は痛くならないけど、下山完了で「よし、家に帰ろうi-185」って思うと、腿が張ってくるからi-282
山行中って自分にマインドコントロールかけてんだな、きっと・・・( ´,_ゝ`)フヒヒ

2013/08/01 (Thu) 23:20 | 雪野 | 編集 | 返信

茶々

筋肉痛治ったでしょ~。
で、今週末もあそこに行っちゃうんでしょ~?
山から下りて来たばっかりの時は来週の事なんて考えたくね~~~!!って思ったけど、今日は言える。「いいなぁ~~~~!!!!おいらも行きてぇ~~~!!!」
ゆきのさんも膝が痛い時なんてあったんだねぇ~。
何なんだろうね。膝って。
今回、太ったせいでスタビライクス履けなかったのに大丈夫だったり。不思議だぁ~。


2013/08/01 (Thu) 21:23 | 茶々 | 編集 | 返信

雪野

みなみる♪

悪天候は度々体験してきたけれど、雷は初めてだった・・・i-282
ほんと怖かったけど、体験できてよかったって思ってるよi-190
ただし、Kyazuさんや茶々さんが一緒じゃなかったら無理w

これが単独だったら、ちゃんと雷が収まるまで待ってただろうか。
小屋が目の前で、焦って走り出してなかっただろうかって、今でも考えたりするi-238
だから正しい行動を取るための、いい経験だったなぁってねi-236

ヌメヌメとかウロコとか、黒目が縦線一本とか。。。あかん_ノ乙(、ン、)_
無理だ_ノフ○ グッタリ

2013/08/01 (Thu) 20:58 | 雪野 | 編集 | 返信

minami

ンとね・・・記事が長いから何を言おうとしてたか忘れてしまうw

そうだ、雷だ・・・ぜったい遭遇したくない状況・・・
怖かっただろうねえ。(゚うェ´゚)゚。
オレならまぢで泣いてたかも・・・。
ちゃんと着てても体温奪われて行くんだ,夏山恐るべし((((;゚Д゚))))

うっきなんでカエルがダメなのか・・・そしてなんで
毛虫が平気なのかwww

くねくねの木、かっこよすぐる♡

2013/08/01 (Thu) 00:24 | minami | 編集 | 返信

雪野

Kyazuさん♪

去年のこの頃は、毎週のように登ってはいたけど、一日で7時間半も歩くのは初めてだったから、さすがにヒザに来たみたいでi-282
エブリもラスト1時間位は、ちょこっと痛くなり始めてたi-229
ギリギリ乗り切ったヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン

だっけ、女が一番きっつぇんだってばi-278

2013/07/31 (Wed) 19:45 | 雪野 | 編集 | 返信

KYAZU

去年の6月にヒザが痛くて泣きそうな人が
今年はエブリでお泊りとは・・・i-197

Saさんもそうだけど・・・オソルベシi-282

2013/07/31 (Wed) 12:46 | KYAZU | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント