FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
昨日はツレ1号が「肉食いに行こ~」って事で、連れて行かれたのはハンバーガー屋さん
ダブルチーズバーガーのサラダセット。
0_20210329232239ab1.jpg
デカすぎて押しつぶしても口に入らない( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
肉肉しくておいしいハンバーガーでした( ŏ ڡ ŏ )オイシ~♬
ハンバーガーって基本食べなかったけど、こういうのはおいしいね。
マ〇クとか食べると具合が悪くなるので、それから食べなくなってました(;´∀`)
お店はBURGER STAND TENDERさん。
新潟の白山神社の近くです。
2_20210329232241518.jpg
ツレ2号にも声をかけたんだけど、予想通りで、コロナが減らないので、仕事柄あんまり外には出てないみたいで。
他人の命を預かる仕事だから、大変だなと思いました。
県外でナースをやってる友達も、こっちに帰って来るどころか好きに動けないと嘆いてましたが、早く自由に動ける日が来るといいなと思いました。

そしてランチの後は、地元に戻ってちょっと散歩。
ツレも五泉人だけど、雪割草の咲く時期は初めて来たとかで、今がちょうど見頃でした。
5_20210329232244bda.jpg

ポツラポツラと雨が降って空はグレーなので、バックがバックな色で、なかなかバエない。
しょうがないのでハイキーで攻める。
6_202103292322452ba.jpg

これでもかってくらい、上げるブッ(´→з←):;*.:;
7_2021032923224747e.jpg
村松公園の桜はまだ早い子が咲き始めたばかりなので、今週の気温の上昇で週中位から咲き始めるかもしれませんね。
今週はがっつり気温が上がるみたいだから、一気に雪は消えるでしょうねぇ。
ドッサリ降ってもほんとあの一瞬だけで、やっぱりここ数年の通りで、春は超早いようです。




山頂目前、斜度が急に緩くなってホッとした。
もうちょっとだ。
52_202103292351460aa.jpg

先を歩いてたジジイが「おぉ、すげぇ」と叫んでるので、何事かと思って進むと、ほんとすげぇ。
超広いΣ(ʘωʘノ)ノ
53_20210329235151004.jpg

奥に向かっても超広いΣ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~
54_20210329235152174.jpg
という事で奥に向かって駆け出しますε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(๑ʘ∀ʘ)┘
楽しい。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚

と、ジジイが「いた!」というので見てみると、ピークハンターさんが様子をうかがっていました。
私たちは左側から上がって来たけど、ハンターさんは右側から上がって山頂手前で待機してたみたい。
55_20210329235152b52.jpg
でも山頂からまるで動く気のない私たちを見て、諦めたのか縦走路へと旅立って行きました。
ハンターさんはまた山頂を取りに来ないといけないようです。

末端まで来てみましたが、これ100人以上座れるよなぁってくらいの広さです。
そんでもってほぼ平ら、気持ちいいです。
56_20210329235153703.jpg

毛細血管だそうです・・・
58_202103292351557ee.jpg

この山を見つける前に、この山に登りたかったんだよねぇ。
なかなか距離があるので、私のスピードだと日帰りがきつそうな訳です。
踏み跡はあるっぽいのですが、藪化してるらしいので。
59_20210329235156985.jpg

その脇にトトロがいたぞ(。・w・。) ププッ
59-1_202103300001475a5.jpg

周りを見渡しても山しかない。
60_20210329235159a5f.jpg

山頂でテント張りたいなぁって思うんだけど、なんにせよピョッコリピークが難所になりそうです。
61_20210330000149d74.jpg

山頂にて、おやつ配給。
パンナコッタ。
62_20210330000150e12.jpg

ポテチップス(ジジイ語)
63_2021033000015220a.jpg

本来なら2月の末だと、この辺はこんなに黒い部分は出てないんじゃないかと思う。
雪の多いエリアではあるけど、やっぱり少ない。
64_20210330000153a8d.jpg

30分ほど山頂を踏み散らかして、下山です。
65_20210330000155e7f.jpg

松の木の雪庇脇を通過中。
67_20210330000158ad1.jpg

その雪庇(*・з・)ぷッ
66_20210330000156a14.jpg

雪庇を過ぎてすぐの細尾根も怖かった(;´Д`A “
このちょっと残った雪がなければいいんだけど、この地味な雪が滑って怖い。
68_20210330000200f50.jpg

憂鬱なピョッコリピークが見えて来た・・・
杉に沿って進んで、そこから這い上がるように尾根に上がります。
69_2021033000020195c.jpg
杉林に向かう斜面が日陰なので、まだガチガチに凍ってて怖かった。

ピョッコリピークに向かう斜面に着くと、朝よりだいぶ雪が緩くなったので、しっかりキックどころか足を埋め込みながら進む(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
70_202103300009092a3.jpg

怖い松のナイフをやり過ごし、なんとかピョッコリピーク着。
さっきまで居たあそこにテントをを張るには、何時にスタートすれいいんだろう。。。
71_2021033000091110d.jpg

最初の斜面も朝とは違い、しっかり踵が刺さったので、駆け降りる事が出来て楽しかった。
72_202103300009137aa.jpg

無事に降りれた事でドッと疲れが出て来て、あっという間にジジイと離れていく。
73_202103300009142f8.jpg

デブり
74_20210330000916c21.jpg
ちょっと茶など飲んでから、撤収作業開始。
私はテントを畳む時、相当雑な畳み方なんだけど、ジジイはきれいに畳んでたなぁ。
届いた時以来にきれいに畳んでもらえたかもしれません、エスパースさん( ゚ェ゚)・;’.、ゴフッ
テントを張る時、前に山岳会の方たちとテン泊したら、自在は上に向かって引くもんだから方向が逆だと言われた事があるんだけど、そもそもそうやって配送されて来たのか(そんな事ねーな)私がそういう風に通したのか、私の自在は下に引っ張る仕様になってる。
でも、それまでもまるっきり不具合もなかったし、逆に何で上に引っ張るん?引っ張りにくいじゃねーかぐらいに思ってたので、家に帰って必死に検索したら、そっちの方が引くのが楽だって事で、あえて下向きにやってる方も結構居たので、もはやこのテントを持った時から下に引っ張る式で過ごしてます。
が、ジジイはやっぱ上に引く人なので、最初に説明したんだけど、やっぱ上に引っ張って、まるで張綱がピンとしないという罠に陥ってましたブッ(´→з←):;*.:;
下に引っ張れって言っただろ!とか怒鳴られてましたね( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!

道具も何とかまとまったので、帰りましょう。
歩いてる時に見えてたのはピョッコリピークだったようです。
で、山頂はどこをどう歩いても、自分たちが歩いてた道からは見えなかったようです。
75_202103300009170dc.jpg

そして帰りもバテバテになって、鼻歌を歌ってご機嫌なジジイはスタスタ行ってしまい、どんどん離れて行きました・・・
76_202103300009182be.jpg
ワカンも持って行ったけど、結局使いませんでしたね。
山を下りて、アホザックを担いでのスノートレッキング5キロは、なかなか疲れました・・・
でも行って来れてよかったな。
予想外にテン場も山頂もいい場所でした。
せっかく見つけたお気に入りの場所なので、場所は公開しません。
ネットに載せると静かだった場所が静かでなくなり、端っこの方に逃げてやっと静かな場所を見つけては、また人が大勢入り込んできてになってしまうので、自分の逃げ場を残しておかなくちゃいけないなと、最近思います。
春先にいつも泊りに行く場所も、今年は辞めとこうかなって感じです。
逃げ場をいくつか見つける為に、またそのうちネットに載ってないような場所を探さなくちゃなって思います。
万が一、この山を特定されたマニアさんが居ても、内緒でお願いします(*´∨`*)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪





スポンサーサイト




【2021/03/30 00:59】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック