FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
お出かけをして花粉のせいなのか何なのか、鼻水出まくってかみまくったら、鼻の下がガサガサカピカピ(;´Д`)
皮がむけて来た・・・
最近の週末は、新潟にしては天気のいい日が多くてビックリです。
うれしい事ではありますが・・・

静かな静かな山遊び。
満月で、ほぼ星写らず・・・
1_20210302230124bd1.jpg

出会ったのは、逃げるカモシカ三頭のみ。(これはニホンジカみたい)
2_2021030223012755b.jpg

アニマルトレースすらない、真っ白な雪原を、貸し切りでのんびりという贅沢な時間を過ごせました。
0_2021030223121742c.jpg




大山に登った翌日、「大山程度の軽い山だから」との事で、ジジイチョイスの糸魚川の三峰という山に向かう。
大山から戻って急いでネットで検索するも、ネット上に落ちてた情報は1件のみ。
しかも残雪期と言えど、ほぼ藪の時期の記録だったので、あんまり頭の中で妄想できる情報ではなかった。
地図を見ても、どこから取りつくんだろうか?と言うくらい、斜度のきつい尾根ばかりで、不安もありつつ現地へ向かった。

小見集落を進むと、川沿いに除雪された広場があったのでそこに車を停めて支度をしてスタート。
支度中の現地の方とのやり取りは、ジジイのHPでもご覧ください(¯∇¯٥)→クリック
まだ雪の乗っかった橋を渡る。
3_20210302230128e41.jpg

すぐに竹林&杉林になったけど、沢沿いに何となく道がある感じだったので、その道っぽい所を進んで行く。
強い風でも吹いたのか、千切れた杉の葉っぱが散乱していました。
4_202103022301299f0.jpg

30分ほどで林道に乗り上げる。
ここから林道ラッセルです。
ふと気づくと、また私が先頭を歩いてる(`Д´) ムキー!
そんなに深くはないんだけど、あまりの重さにラッセルも大変でした。
ジジイは帰りの為に、しっかりトレースを作ってると言いながら後ろを歩いていたけど、結局前に押しやったブッ(´→з←):;*.:;
6_202103022301301f6.jpg

三峰の隣のピークの下に出た。
こちらのピークから稜線を伝って進む事も考えたけど、まずこのピークの直下の斜度が半端なく、無理という結論に至る。
見えてる範囲だと斜度は大丈夫そうに見えたけど、やっぱり角度を変えて見たら、ほぼ垂直な壁だった。
7_20210302230133123.jpg

結局、三峰からまっすぐ伸びてる尾根を使う事に。
見えてる左奥の尾根の、チョイ手前の斜面から取りつく事にした。
8_2021030223013468d.jpg

2月の半ばだというのにとにかく暑い。
前日が暑すぎたので、今日は夏の帽子をかぶって出撃してます(;´Д`A “

さて、取り付く斜面に出ました。
めっさ急斜面でめまいがしそうです(((((((;´д`)))))))
「ジジイ、マジここ登るのか?」と必死に訴えてみましたが「この程度なら登れる!大丈夫大丈夫」
いや、お前は大丈夫だろうが・・・
10_2021030223013784c.jpg

そんなでもないように見えるだろうけど、だいぶ斜度あります。
後ろ振り返るとそのまま吸い込まれそうなので、見ないように歩きました。
ジジイ曰く、石転びの最大斜度位だそうです。
と言われたら、逆に「こんなもんなん?」という会話になりました。
11_2021030223013944d.jpg

で、その石転びの斜度どころの話では無くなって来ました。
もはやストックなんて使ってる場合ではなく、指ピッケルの出動です。
もう四つん這いじゃないと歩けない:(´◦ω◦`):
しかも「うわ、雪が切れてる!」とかブツブツ言ってるのが聞こえる訳ですよ。
ここはそのまま上に上がれず、左前の木と木の間を無理矢理挟まれながら通過しました。
じゃないと後はどの斜面も落ちる( ̄ω ̄;)
12_20210302234249ae7.jpg

またもや次の難関が襲って来る。
もう勘弁してくれと思いながら、ジジイがステップを切るのを見守り待機です(((;꒪ꈊ꒪;))):
13_20210302234250047.jpg
私が歩きやすいようにジジイが必死にステップを作ってくれてるのは分かってましたが、2番手の罠で、結局踏み抜くって場合もあるので、ほんとこの斜度での踏み抜きは怖かった。
踏み抜けばバランス崩してサヨウナラーです。
ここでは何とかそんな事態に陥らず、無事這い上がる事が出来ました。

隣のピークが見えた。
やっぱあっちも、こんな雪の付き方じゃ無理だな(;´∀`)アハハハハハ
14_20210302234253ee3.jpg

ちょっと安心できる場所に着き、進行方向を見たら「あれ山頂か?もうすぐだねヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪」
15_2021030223425454b.jpg

でもその先は、写真を撮ってる場合じゃない、ほんとの壁にぶち当たる きゃ━(;´༎ຶД༎ຶ`)━っっ!!!
這い上がったんだろうけど、どうやって上がったのかは覚えてない。
16_20210302234254f51.jpg

この壁を這い上がったらやっと緩やかになってくれたので、ちょっと休憩。
ホッとしたひとときでした。
日本海が見えました。
なんていい天気。
17_20210302234255f61.jpg

ゆるゆると、残雪期のような気分で、アニマルさんのトレースを辿る。
18_202103022342568bd.jpg

なんと、2月の半ばですがマンサクが咲いていましたΣ(゚ロ゚;)
緊張続きだったので、何だか癒された。
20_202103022342583e9.jpg

山頂だと思ってたピークに乗り上げた。
あれ・・・?
先にまだ何かある(((;꒪ꈊ꒪;))):
ジジイも「あ、山頂あれみたいだ。地図見ると左に曲がってるから間違いない(¯∇¯٥)」って。。。
21_2021030223425909e.jpg
そして何だかすぐ目の前にナイフのような尾根が見えてるけど、きっと気のせいだと思いたかった。
いえ、気のせいです。
見えてるそこだけがナイフなんだろうと思います。
後は穏やかな道であって欲しいつД`)・゚・。・゚゚・*:.。



やっぱり解散になってしまった。
ボーカルが変わって、新しい赤い公園の曲をまたたくさん聞きたかったのに、残念です。
初代ボーカルも好き。




参加中です。クリックよろしくお願いします♪





スポンサーサイト




【2021/03/03 00:20】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック