FC2ブログ

2019年8月24日 七ツ小屋山 

2019, 10. 31 (Thu) 01:30

はっぴーはろうぃーーーーん
って、特に乗っかる気はないんだけど( ´_ゝ`)プッ
ケーキ頂いたので・・・
56_20191030235407e0c.jpg

グロイ( ̄ω ̄;)


そして、知り合いに宣伝を頼まれたので。
弱小ブログなので宣伝になるのかどうか分かりませんが(;'∀')アハハ

地元のニット会社さんが、セールをやるとの事で、お時間のある方はぜひ足を運んでみてください。→セールのお知らせ、ここクリック


場所は寺沢のセブンイレブンの隣の、5SEASONSが会場となってます。
58_20191031013605ac9.jpg


HPの方では金額が書いてないのですが、本日チラシを頂いたので。
袋の中身はチラ見OKで、中身を確かめてから、購入可だそうです。

55_20191030235406302.jpg


私も昨年、購入させて頂きましたが、ヒラヒラしてかわいいですよ。→mino公式HP
越後白山の麓では、ぎんなん祭も始まりますし、五泉観光はいかがでしょうか゚.+:。(*´v`*)゚.+:。





お盆の翌週、土曜は仕事だったんだけど、有給を取って立山リベンジをする予定でした。
が、また悪天候(;´Д`)
実は10月の連休の時も行こうと計画してたのに、それどころじゃなかったじゃないですか、最大級の台風が接近してたんだから(;´Д`)
私、ここまで立山にはじき返される事ってないのに、ジジイが同行するってなると天気が荒れる。
おっさんが立山の神様から拒否されてんじゃね?くらいに思えてしまう( ̄ω ̄;)
お陰様で、今年は立山詣でに行けませんでした・・・

で、せっかく有給取ったんだから、なんとかどこか行きたいと思い、あちこち晴れ間を探しました。
日曜は荒れる予定だけど、土曜なら何とか大丈夫そうって事で、何年ぶりかの谷川方面。
会山行で計画したんだけど、どうもハード過ぎるとの事で場所が変更になったので、どのくらいハードなのかを確かめに行くかと、七ツ小屋山に決定。

ジジイは昨年、私がSさんと超絶景の快晴立山で遊びまわってる時に、今回のルート経由で檜倉山と言う登山道のない山に登ってたので、割と最近歩いたルートという事になります。
封鎖ゲートから1時間ほどアスファルトの林道を歩かなければいけないという事で、もはや泣く泣くの早起きです。。。
道路には鎖が張ってありましたが、工事車両が通るので、車は道路脇に停めます。
6:20、ゲートからスタートヽ(冫、)ノ
しかも、進行方向がーすー( ̄ω ̄;)
1_20191031002530dfd.jpg

秋の花、ツリフネソウが咲いていました。
2_20191031002532675.jpg

月見草。
3_20191031002534bf6.jpg

そしてジジイ、立山のテン泊装備から急遽日帰り装備に積み替えたので、うっかりテント用のハーフパンツを持って来てしまったという。
実は翌日も晴れ予定の場所に移動するつもりだったので、普通にジャージもあったのに、それは明日はきたいと言う。
2日同じのはけよ!と言うと、ヤダと言う。
アライグマ並みのきれい好きである辺りがウザイ。
で、短パンだと素足が出るとかギャーギャーうるさいので、仕方なく我が家にある間違って買ったメンズのタイツを持って来て貸す事にした。
4_20191031002538746.jpg

キッショ。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

自分でも「恥ずかしい」と自分の足を見ながら悶絶してました(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
そして「俺の足ってこんなに細いの?」とか、誰に質問してんだよ、知らねーよという(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
でもほんと細い( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

って事で、本日もジジイをバカにしながら先へ進みます。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
道中、おいしいという水場があったので、そこで水を入れ替えた。
5_2019103100253873b.jpg

前日、こちら方面は雨が降ったらしく、盛大に道路に流れ出す沢の水。
写真だと分かりにくいけど、結構怖いくらいの流れ方でした。
6_20191031004442859.jpg
ジジイは上手に岩の上を渡って向こうへ渡りましたが、私は渡渉が下手で絶対ドボンして転ぶので、最初からドボンして向こう側へ渡しました(;´∀`)
靴は濡れてもあえてのドボンなら、転ぶ心配はない(流されない限り・・・)

そして分岐。
つい左のアスファルトの方へと行ってしまいそうですが、右の砂利の方へ。
7_20191031004443fab.jpg

岩の案内板もありました(;´∀`)
8_20191031004443fda.jpg

そして、地図ではだいぶ巻いて歩くルートで表記されてるのですが、今年からどうやら素敵な道が出来たらしく、楽に直進。
9_20191031004445609.jpg

7:30、そろそろ登山口があるはずだけどキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
ジジイが「ここ」と指さします。
ちょうど↑の写真の、赤いコーンの次の白い標柱の辺りです。

( ̄ェ ̄;) エッ?


若干藪化し始めてます。。。
朝露でビショビショです。。。
10_20191031004447574.jpg

出始めは崩れた箇所があったり、ちょっと怖かった。
それもいくらも続かず、すぐに普通の登山道になった。
アリンコに浸食されたキノコ(;´Д`)
11_201910310049518ae.jpg

オオクワって言ったっけ?
忘れたけど、クワガタ♀
12_20191031004952fca.jpg

この鉄塔をいくつか辿って、清水峠まで向かいます。
晴れたりガスったり、忙しい日だった。
13_2019103100495321d.jpg

オヤマリンドウ
14_2019103100495474c.jpg

なんちゃらクワガタ♂
15_20191031004956c56.jpg

どうにもこうにも、何だか歩くのにすぐ飽きる。
陽が射すと暑い(;´Д`)
で、テンション上げる術はないかと歌を歌ってみる。
これが結構楽しい♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬
ナツメロシリーズで攻めてみる事にした。
子供の頃のアイドルと言えば、聖子ちゃんとか明菜ちゃんだ。
なので、覚えてる限り歌ってみる。

隣の大源太山が顔を出し始めた。
16_20191031005812bca.jpg

9:59、まだ遥か向こうだけど、清水峠と本でよく見る建物が見えた。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
だがしかし、ここからは足場のよくないへつり道を歩くのだという。
17_201910310058146c0.jpg
が、よく見ると、右側のピークに新ルートらしきものが見えた。
高巻くのかぁ。。。と、それもヤな感じ。

と、その時、遠くからヘリの音。
なんか近づいてね??なんて話をしてたら、雲を割ってヘリがこちらに真っ直ぐ向かって来たカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ
18_20191031005815631.jpg

そして確認はできないが、どうもこちらを見てる視線を感じます(;´Д`)
私たち、遭難してませーん└(:3」┌)┘))ジタバタ
19_20191031005817ede.jpg

手でも振ろうもんなら、救助されてしまいそうです。
で、しばらくこの距離感でホバリングしてました。
20_20191031005818b9e.jpg
翌日知ったのですが、どうやら巻機で事故があったみたいでした。
この時も、巻機か谷川だろうから、ここじゃないよなんて話してたのですが。

1分くらいホバリングしてたでしょうか。
ヘリが清水峠方面へと飛んで行ったまま、その後はヘリの音を聞く事はありませんでした。
21_201910310107598e5.jpg

私たちも清水峠へと向かいましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪



参加中です。クリックよろしくお願いします♪



スポンサーサイト