FC2ブログ

2019年4月13日~14日 毛石山Part2 

2019, 05. 06 (Mon) 00:04

GW、明日で終わり~_(:3」∠)_
世の中10連休で、どこもかしこも混みそうなので、静かそうな低山を、ゆるゆるっと歩いて来ました。
1_20190505223547335.jpg

2_201905052235483fa.jpg

そして、出会い・・・( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
3_20190505223550504.jpg

食と酒がメインですね、間違いなく(;'∀')
4_20190505223551148.jpg

帰ってきた翌日は、友達と高立山辺りの竹林でタケノコ掘り。
知らなかったけど、私有地らしいです、あの辺の土地って。
ロープ張って入るなってアピールしてる場所は分かってたけど、友達んちの私有地は張ってなかったので、間違いなくタケノコ掘り起こした穴とか踏み跡とかいっぱいありました(;´Д`)
でも、ロープ張っても入る奴はいるんだろうなって思います。

今年はタケノコが不作の年だそうで、3本しか取れなかったのですが、高立の小屋でホイル焼きしました。
またもや小屋でTさんに会って、もう言われ放題ですが、私も言い放題です(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
5_201905052235531e8.jpg

竹林の下に、いいミズがいっぱい伸びてたので、ミズ炒めも作りました。(そこも私有地です)
6_20190505224318d0d.jpg
Tさんとは久々に会ったので、何だかんだ楽しいおしゃべりをして過ごす事が出来ました(。・w・。) ププッ
GW前半は、そんな感じでしたかね。


毛石の続き

ジジイが回避した急斜面を、ついつい這い上がってしまった。
どこを歩けば安全か悩みつつ、どこを歩いてもあんまり安全ではなさげ(;´Д`)
とにかく、滑落したら谷底に落ちてしまう恐怖だけがあった。
怖いがゆえに、つい振り返る。
やっぱこえぇ;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
29_201905052243192e3.jpg
そして、神様の居る杉が目前に迫って来たと同時に、雪があからさまに薄くなった。
これは完全踏み抜いて、バランス崩して滑落だな。。。という予感がプンプン。
振り返ってみると、5mちょい下はポケット状になっていて、そこでスポッと止まるであろう場所だった。
まぁ、万が一滑落しても、あそこで止まるな、でも落ちてはいけないなんて思ってたのですが、予想通り踏み抜いて滑落(;´∀`)
着地点で最初に目に入った空を眺めながら「5m程度じゃ、静止するにも静止し切れんな」とかブツブツ脳内で呟いてみる。
仰向けでしばし攻略法などを考えてみたが、どうにも取り付く方法はないらしい。
とりあえず同じところを這い上がり、踏み抜いた場所に体ごと入り込んで足場というか体ごとを安定させ、除雪しながら移動(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ

何とか雪が安定している所まで移動し、8:44、やっとこ神様の場所に着いた。
雪がなければ15分位で上がれそうな斜面を、30分弱かかって上がってたらしい。
30_20190505224321502.jpg
藪尾根を這い上がるのも、それはそれで一筋縄では行かないので、ここを通過するには、一番めんどくさい時期の入山だったかもしれません。

神様で10分ほど休憩して、この先の夏道をカメラの望遠でチェックします。
見えてる範囲では雪がべっとり着いていたので、私の技量では手に負えないと思い、神様から尾根通しで歩く事にしました。
藪です( ´_ゝ`)プッ
でも、私的にはこれが一番安全策でした(;^ω^)
31_20190505224323865.jpg

ほんのちょっとでも、枝を押さえつけてくれるだけの雪があればラッキーでしたが、ちょっとでも雪を踏むと、思い切り跳ね上がってくる枝もあったりで、なかなか簡単には歩けませんでした。
33_20190505230620fe2.jpg

藪を漕いでると、なにやら視線を感じ、前方に目をやる。
覗き込む顔がスッと消えて、藪の中へ消えて行った・・・カモシカさん。
ちゃんと挨拶せーよ(´・ω:;.:...
34_20190505230622ce0.jpg

あるにはあるけど、使えない雪ヽ(冫、)ノ
35_201905052306238c3.jpg

隣の尾根との合流地点。
なぜだか私は、ここの景色が大好きです。
雪があるにしろ、ないにしろ。
36_20190505230625d19.jpg

忠実に尾根を上がるとめんどくさいので、いつもトラバースします(;´∀`)
なんとなく踏み跡がある気がします。
37_20190505230626e23.jpg

やっぱり、いい景色゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
38_201905052312487ae.jpg

ここからは雪が若干残ってくれてたので、快適に歩けました。
雪が多く残ってる時は、割れて進む事が困難な場所が一か所あるのですが、そこは逆に雪が消えていたので楽に通れました。
ここで難儀するんだよなぁって眺めてみたら、太い木の根が這っていて、それが邪魔して雪が割れてしまうようでした。
39_20190505231249e77.jpg

下りにかかると、あっという間に雪は消え、毎度の藪(;´∀`)
次の夏道との合流地点まで、何だか今回は長く感じた。
40_20190505231251974.jpg

毎度の道だけど、やっぱり疲れる(;´∀`)
ので、休憩( ´_ゝ`)プッ
41_20190505231252d6f.jpg

いつもここでは、イワウチワが咲いている。
42_20190505231254a6d.jpg

さて、水場手前でジジイの足跡を見失ってから、稜線に上がっても踏み跡がなかった。
雪壁は回避したのに、雪の着いてるへつり道に行ったの???まさかどこかで滑落したんじゃね?とか、超心配になって来ました。
なんせジジイ、初めてこのルートに入るので、へつり道に雪が張り付いてたら尾根伝いに行けとも言ってたのですが、まるで足跡がない(;´Д`)
2つ目の分岐から、また尾根伝いに行こうかと思ったのですが、意外と夏道がしっかり出てたので、つい夏道を進んでしまう。
多分、途中の杉林で雪が出てくるだろう。。。と思ったら、やっぱり出て来た。
が、ジジイのトレースも発見する事が出来て、一安心(;^ω^)
43_2019050523264246d.jpg

あとはジジイのトレースを辿れば楽チンルンルン((´I `*))♪
45_20190505232645c31.jpg
なんて思ってたんだけど、やっぱり薄い残雪のトラバースで「こんなとこ歩いてんじゃねーよ!クソジジイ!!」と、逆ギレを始めるo(`Д´*)oプンスカプン!!!
自分から夏道を進んで来たのに゙;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ

夏道もだいぶ悪いへつり道なのですが、これはこれでまた心臓バクバクさせながら進みました;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
そして尾根にぶつかる手前で何となく振り返ったら、遠くに後続者さんが居たウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
何となく急ぐ( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!

やっと雪が消えて、安心の夏道。
毛石のルートの中では、ここだけがホッとできる場所です(;^ω^)
46_20190505232646c90.jpg

ジジイはどこまで行ったのかなぁ?とっくに毛石は通過してると思うけど。
47_201905052326472b6.jpg

オアシスエリアが終わり、雪野公式テン場の辺りまで来ると、またへつりが始まります。
かなりお尻の穴がキュンキュンする細さです;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
それでも何だか後続さんに負けたくなくて、必死に歩きたいのですが、荷物が荷物なので、やっぱりバランスを崩しやすいのでスピードなんて出せる訳もなく(普段から出せないけど┌┛┌┛ズコ!
結局、雪の斜面にぶつかった辺りで追いつかれた。
お父さん2名、お母さん3名のパーティーさんで、毎度の「一人なの??」から始まり、超心配された(;^ω^)
「ツレが灰ヶ岳に向かってるので、私は別行動で毛石に泊まる」って言ったら安心してた。
でも、よくよく考えると、これってソロなんだけどブッ(´→з←):;*.:;
そして結局、お父さんお母さんパーティーは先に行ってしまった。。。
48_20190505233616253.jpg

私はもう、ノロノロと、激しくノロノロと進む。
でも雪の斜面と青空と、キレイだなぁなんて思いながら歩けたので、ちょっと幸せではあった。
49_201905052336170e4.jpg

朝は雲一つない快晴だったんだけど、少しずつ雲が出て来た。
空はやっぱり、雲があった方がいい。
50_201905052336197cf.jpg

あぁ、トレースがいっぱいになった(;´Д`)
泥棒し放題だ(;´Д`)
52_20190505233621adf.jpg

毛石直下の急斜面まで、もうちょっとの所。
数日前から降ってた雪がキレイに残っていて、雪面が白くなって来た。
53_201905052344107ae.jpg

斜面を上がって振り向くと、超展望のいい場所だという事に気づく。
来年、いいタイミングで雪の時期に毛石に入れたら、テン場はここだな(´ー`*)ウンウン
55_20190505234413bfa.jpg

そして問題の、山頂への上がり口を見ると、なんてこった!雪庇の張り出しが落ち切ってる_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
これなら何とか這い上がれる。。。ジジイのトレースもあるし( ̄ー ̄)ニヤリ
54_20190505234412e87.jpg
なんてダラダラしてる間に、お父さんお母さんパーティーが、既に山頂手前を這い上がろうとしていたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
なんにせよ遅すぎる。。。自分(_Д_)アウアウアー


つづく


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト