FC2ブログ

2019年3月17日 風越山8合目~不動堂山 

2019, 04. 16 (Tue) 01:28

この週末は、ひっさびさにテント泊♪ ٩( ´ω` )و ♪
去年の立山以来のテン泊装備だったので、重かった(;^ω^)
やっと少し雪解けし、春の花も咲き始め。
いつもここで出会う春の花。
65_201904160016591a5.jpg

朝日を浴びて、キラッキラでまぶしかったお花。
66_20190416001700a95.jpg

やっとコンディションの整ったこの週末。
67_20190416001702b32.jpg

今年も恒例行事、無事クリアー(。・w・。) ププッ
68_20190416001703a01.jpg






風越の8合目付近から右旋回し、不動堂へと延びる尾根を下ります∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
川内山塊を眺めながら、P626へ。
松の木めがけてo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
28_201904160019475a4.jpg

途中、風越山の山頂を眺める。
31_20190416001951883.jpg

ついでに毛石も眺める。
グッサグサだな・・・
29_20190416001948d09.jpg

下りは早い。
標高約100m位を、10分かからないで駆け下りるキュィーン ……ε( o・ェ・)o
松の木ドーンッ(●`エ´)ノ ‘`-ィ
32_20190416001953a8c.jpg

P626は、広くて川内山塊が一望で、天気が良かったらここでテントを張りたい感じ。
でも、どっちから登って来ても疲れそうだ・・・
33_20190416002506891.jpg

ここで少しサンドウィッチタイムをして、すぐに出発。
一気に下ると10分かからないけど、登りは1時間かかりそうだ(;'∀')
34_201904160025070c5.jpg

次は不動堂の尾根に向かって下る。
この辺から細かい支尾根がいっぱい走ってるので、間違わないように慎重に。
途中、先行者のトレースがあったΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
35_20190416002509ac2.jpg

ズボり過ぎだろ、ワカン履けよ( ´_ゝ`)プッ
36_201904160025107c9.jpg

なんて、アニマルさんをバカにした罰が当たったのか、激藪にブチ当たる(;´Д`)
突破できる藪かと思ったら、ツルがあちこちから絡まっていて突破できない└(:3」┌)┘))ジタバタ
どうにもこうにももがけなくて、何とか木の脇をトラバースして逃れる。
ここの藪は非常に濃い・・・ヤバイ(;´Д`)
37_201904160025126b5.jpg

この先も、何とか激藪を回避しようと思うけど、何度もツルに絡まれてコケる┌┛┌┛ズコ!
これじゃあ下山が遅くなる。
どこかに雪はないのかキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
と、雪はあったはあったけど、そこに乗ると別の方向へと下りてしまう(´・ω:;.:...
何とか最短ルートで藪を漕がねばなるまいと、予定通りの尾根を進む。
雪国特有の、寝そべった枝を滑り落ちてる途中で

38_20190416003208d71.jpg

39_201904160032095b0.jpg


<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>

行きたい尾根は隣の尾根ぇぇぇえええっぇぇぇええ

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン



両腕、枝にぶら下がったままのウンコ座りで、おもっきしチンパンジーな見た目になってましたが、ワタクシ雪野涙目です(´;ω;`)ウッ…
隣の尾根に移りたいが、こんなに滑る寝そべった枝をトラバースしながら移動なんて不可能であり、上に這い上がるも滑ってどうしようもなく。
このまま下降して、不動堂の尾根の末端から取り付こうかとも思いましたが、風越と不動堂の尾根の鞍部の状態がまるで見えず、そこも藪だったら私は藪の藻屑になる_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆
ここからは不動堂の山頂が見えています。
お願い誰か、タスケテーウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!

だがしかし、声は届かないであろうと思われ。
姿は見えるが、もがいてるとは思わないだろう・・・
って事で、がんばって必死に這い上がりました。
ほんの20mくらい這い上がるのに、何十分かかったでしょうか。
マジ、遭難コースになるかと思いました(;´Д`)
正解の尾根は、杉の木がびっしり生えてる尾根。
何とかそこまで移動できた時は、もう抜け殻です( ゚д゚)
40_20190416003211695.jpg

杉の尾根を登り切ると、不動堂の尾根に乗り上げます。
こちら側から来ると、下降地点にリボンがぶら下がっていました。
42_20190416003215665.jpg

疲れ切ってヨレヨレになりながら不動堂の山頂へと向かいます。
向かわなければ帰れない( ノД`)シクシク…
43_20190416004407bae.jpg

いつも不動堂から福連寺へ縦走する時、こちら側が広いブナ林になっていたので、どんな感じなのか気になってたんですよね。
とてもきれいな場所でした。
もっと雪が深い時に来てみたいなって思います。
44_20190416004409607.jpg

14:01、福連寺との分岐着。
45_201904160044101d4.jpg

ここから山頂まで、もうちょっと・・・
47_20190416004413134.jpg

山頂まであと数十メートル。
ここが雪が着いてると、非常に突破しにくい雪になり(;^ω^)
今回もどこを通れば向こう側に行けるのか、ちょっと悩みながら進みました。
48_20190416004913598.jpg

14:14、不動堂山着。
あれだけ助けを求めた不動堂の山頂でしたが、本日誰一人登山者はいなかったようです。。。
クマ除けの鐘をガンガン鳴らす。
49_20190416004915f2c.jpg

いわゆるノントレース、私が本日の第一登山者_(。゚⊿ 」∠)_
51_20190416004918d5e.jpg

日が暮れる前に下山しなくちゃいけないので、早々に立ち去るフリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪
このまま鉄塔巡視路経由のキノコ工場行きルートで下りようと思いましたが、一分でも早く平地に下り立ちたい私は、直登コースを下る事にしました。
一度だけ登った事があるコース。
次の足をすぐに出さないと、後ろにズリ落ちてしまうコースなので、下山に使うのはどうなのか?とは思いましたが、ついつい最短距離で・・・
14:36、8合目が分岐になってます。
52_20190416004920961.jpg

が、新にロープが設置され、これは非常に下りやすい(人´∀`).☆.。.:*・°
ありがたや~(人''▽`)
53_201904160054352af.jpg

それでも滑り落ちる角度には変わりなく「あぁぁあぁぁぁ」とか言いながら下ります( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ちょっと平坦な部分に来ても、珍しく止まる事なく下りて行ったのは、ほんとに早く下山したかったんですね(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
55_20190416005438d25.jpg

途中、クマ除けの鐘があったので盛大に鳴らす。
鐘は3合炊きの炊飯器の釜だった( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
54_20190416005847e6d.jpg


14:58、登山口着。
56_20190416005440eb1.jpg

ここにも鐘があり、やはり炊飯器┌┛┌┛ズコ!
こちらは5合炊き(;^ω^)
57_20190416005441294.jpg

あとは林道を歩けばいいだけですが、なんせこの不動堂エリア、黒プーのウンチョスの量がハンパないので、暗くなる前に何としても立ち去りたいエリア(;´∀`)
58_20190416010106981.jpg

でも急いでる割に、お花を見たりしちゃうとね。
59_20190416010107f3c.jpg

途中、トラウマになりそうな記憶を呼び起こす藪。
こんなん突破できねーですよ_(:3」∠)_
60_20190416010109cf6.jpg

ネコノメソウもいっぱい。
61_201904160101109bf.jpg

15:40、キノコ工場着。
62_20190416010111097.jpg

前回もそうだったが、小銭を持って来なかった事を後悔する。
コーラ飲みながら帰りたい。。。
63_201904160105404bc.jpg

そして、先週と同じルートを辿りながら、大蔵遺跡まで戻ります。
ゴール間近の砂利道に入ったら、地元のお父さんがワンコの散歩中で、自分のリードを咥えてフリーで歩いてたんだけど、私を見つけたら一目散に走り寄って来たウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
自分ちのワンコは怖くないが、よそのワンコは怖い(((((((;´д`)))))))
しかも私に向かって唸っているガタガタ((((;;OдO;lll))))ガタガタ
お父さんが寄って来てワンコを叱って「ごめんね」って謝られた(;´∀`)
そして山に登って来たのかとか聞かれ、ちょっとお話をして、ワンコが怖かった私は足早に歩き出すブッ(´→з←):;*.:;

駐車場50m手前。
なぜかこんな所に、ほおずきが・・・
64_20190416010542a74.jpg

16:20、大蔵遺跡着。
先週より行程は半分程度だと思うんだけど、超疲れた_ノフ○ グッタリ
兎平と今回と、逆にすればよかったかな?なんて思いました。
こっちの藪は手強すぎた(_Д_)アウアウアー
今度はオール雪の上を歩ける時に、もう一度歩いてみたいです(;^ω^)
99_20190416011431f4d.jpg
↑助けを求めてもがいてた自分の軌跡が、今となっては笑える( ´_ゝ`)プッ
迷った時は、上に行け、ですね。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント