FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
こなぁぁあああああ~ゆきぃぃぃぃいいいい~~~(byレミオ)


よし、今年も無事叫んだヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
雪がなさ過ぎて、今年は叫ぶタイミングがないかと思ったブッ(´→з←):;*.:;
昨日から結構な勢いで降ってますが、降らないと夏に水不足になるので、冬はちゃんと降っておいてもらいたいです。
でも、そんなにビックリするほどは積もらない雪野地方です。


この前の月曜は、久々に道のない山へ。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
ラッセル必須ではありましたが、当然貸し切り、これ以上の贅沢はありません。
94_2019021400423469b.jpg
寒波の影響もなく、夕方までは大丈夫だと判断して出動しましたが、予想以上の青空に出会えて至福の時でした*✲゚*( *´﹀` )*✲゚*

目目連さんのレポで上がってたアイテム。
もうこの手のアイテムは(*'∀'人)♥*+ってなっちゃうので、速攻アマゾンさんのお世話になり、さっそく仕事してもらいました。
95_201902140042369ed.jpg
↑こんだけ見ても分からんでしょ( ´_ゝ`)プッ
先端の棒と棒の間に、スイッチを入れるとピンクのビビビが走りまして。。。(よく見ると、ビビビしてる最中です)
風にも強いライターとなっております・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
マジヤバい、これ楽しい,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
詳しくは、こちらをクリック→目目連さんとこジャンプ(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

指令でありました、袋ラーメン3個煮もやってみましたが、やっぱり私は目目連さんレベルには到底達してなかったので、1個半が限度っぽいです(;´∀`)
96_20190214004237398.jpg

最高レベルに達すると、こうなります→クリック
ちなみに、目目連さんの一食分らしいです(;´Д`)




10:54、鳴沢から菅名への縦走開始o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
個人的には、この鳴沢~菅名の縦走路が最高にいいと思うのですが、なかなか歩いてる人はおらず。
皆さん縦走しても、大蔵~菅名で下りて行かれます。
この日も第一登山者さんとはこの縦走路でやっと遭遇し、菅名から来た4人位しかスライドしてないと思います。
鳴沢から菅名に向かう人は、見えてる範囲ではいなかった。

11:22、菅名岳着。
51_20190214004233ec8.jpg

山頂の入り口に入りかけた時、どこからか「雪野さん!!」と声が。
誰だ!!!とキョロキョロすると、猛者姉のNさん(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
ここで会ったがなんちゃらで、菅名でランチでもすっか?とも思ったけど、既にNさん食べ終えて、じき下山する勢いだったので辞めたブッ(´→з←):;*.:;
みかんをもらってお話して、「前歩いてた人、全部追い抜いて来た」って話で、飯食って下山開始しようとしてるとこに到着した人を、あの人も追い越して来たって・・・どんだけぶっ飛ばして来たんだって話で(((´゚ω゚`)))ガタガタ
恐ろしいので私は逃げるように、11:38、大蔵へと向かいますフリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪

すっかり秋も終盤な縦走路。
大蔵→菅名は定番コースで混んでるんだけど、逆走する人はまず居ないし、時間が時間なので登山者はほぼ菅名に到着してる訳で、縦走路は静かで快適でした。
52_20190214010503a62.jpg

三五郎山が見えて来た。
53_20190214010505f88.jpg

逆走すれば、川内を見ながら歩けるとワクワクしてたんだけど、どうやら枝の方が私の背より高いらしく( ̄ω ̄;)
ほぼ見えぬ( ̄ω ̄;)
54_201902140105060c5.jpg

何キノコだろう(´ε`;)ウーン…
55_20190214010508f53.jpg

キレイな空の日。
この山も、歩く練習をいっぱいさせてもらった場所。
56_20190214010509368.jpg

12:08、三五郎山着。
ここまでも5人位しかスライドしてないと思う。
定番の反時計回りをすれば、飯豊を見ながら歩けるんだけど、静けさを求めるなら断然時計回りだなと思った。
57_20190214010934f1c.jpg

風越への入り口。
さすがにこの藪は漕げそうにない(;´∀`)
ツタ系の絡まり方がハンパない( ノД`)シクシク…
58_2019021401093596d.jpg

三五郎と大蔵の中間くらいにあるプチ展望台。
背伸びしないと見にくいんだけど、川内一望です(;'∀')
59_201902140109360cb.jpg

大蔵の避難小屋。
あすなろ会が解散してしまい、これから大蔵の整備はどうなるんだろうと思う。
それなのに、岳人に大蔵が載ってしまったりと、地元の山は静かにしておいて欲しいなと思う。
本は見てないけどブッ(´→з←):;*.:;
60_2019021401093801c.jpg

12:20、大蔵山着。
山頂には、4人組のお母様方と男性一人のみ。
61_20190214010939480.jpg

特別お腹も空いてなかったんだけど、せっかくなのでちょっとだけゆっくりしようとご飯を食べる事にした。
まるで最近はやる気がないので、久々にマル塩(;^ω^)
63_20190214011830731.jpg

やっと門内が顔を出した(。・w・。) ププッ
小屋もうっすらと確認できる。
62_2019021401182856c.jpg

コーヒーも飲んで。
いつの間にやら一人ぼっち(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
64_20190214011831bfc.jpg

12:59、下山開始o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
66_2019021401183489f.jpg

初心に帰る山はいくつかあるけど、この大蔵山もその一つかな。
67_201902140122074d5.jpg

でっかいカンポウ
68_20190214012208761.jpg

五合目位になると、名残の紅葉がポツポツと見え始めました。
上を見上げてばかりいるので、なかなか進まない(;^ω^)
69_20190214012210946.jpg

この木はいつも、一人だけこんな色で残ってるので、いつも目立ってる。
70_20190214012211e08.jpg

71_201902140122138bc.jpg

4合目で山頂に居たお母様方に追いつく。
ちょっとお話をして進む。
3合目と2合目の間のお気に入りスポットは、紅葉真っ盛りでした(。→ˇ艸←)プククッ☆
72_20190214012651c25.jpg

ここはほんと、ちょっと遅くなっても色が残っててくれるのでうれしいです(。・w・。) ププッ
73_20190214012652371.jpg

信号機カラー(;'∀')
74_2019021401265418d.jpg

ここを超えると、人間界の杉林に突入です。
75_20190214012655f5b.jpg

今年の花粉の飛散量は、なじなもんでしょう(;´Д`)
76_20190214012657e7b.jpg

一合目を過ぎた所で、山頂に居た男性に追いつく。
申し訳ないが、追い越させてもらう。
なんせ、これから小山田まで戻らねばならぬ。。。
ソロの罠(´・ω:;.:...

13:53、登山口着。
山の神様の方へは下りず、どっぱら清水方面へ。
78_20190214013125bb9.jpg

林道を歩いてる途中、菅名の山頂に居た方々とのスライドが始まる。
皆さんに「( ̄ェ ̄;) エッ?」って顔をされ、お母様方のパーティーなんかは「これからどこ行くの?」とか心配される有様で(;'∀')
「車が小山田なので、回収に戻ります・・・」と説明するのが、微妙にこっぱずかしい感じもあり。
お母様方の顔が( ゚д゚)ポカーン
「また登ってあっち側に下りるって事??」の後の大爆笑は、私も苦笑いでした(;^ω^)
大蔵への縦走路で会ったオジサマには、ルートの説明とかしてたので「また会ったね!」とか言われたり(;^ω^)

どっぱら清水までは行かず、手前の巾沢から尾根コースへと上がります。
ここからだと、10分かからないで尾根コースへと上がれるので。
80_20190214013128ca0.jpg

ノロい私でも、7分で上がれましたヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
81_2019021401313092e.jpg

82_2019021401381961f.jpg

あとは向こう側へのロング階段へと向けて下山します。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
14:43、階段入口着。
83_20190214013820c5e.jpg

下まで548段あるらしいです。
84_20190214013821928.jpg

ここから激下りを始めます(;´Д`)
滑り落ちないように気を付けて。。。
85_2019021401382390e.jpg

あの工事、いつになったら終わるんだろう。
大分長引いてるような気がするが。
86_20190214013824789.jpg

なんて見とれてると転げ落ちるので、気を付けて。。。
14:54、階段入口着。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
入口が三合目( ´_ゝ`)プッ
87_20190214014145dc3.jpg

入口に、いつの間にかこんなキレイな看板が立っていた。
顔晴( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
というか、登り切ったとこの段数と52段の差があるが、どっちがほんとだ(ノд`ι)ウーン
検証…は、オイラやらぬぞ。
88_201902140141471c3.jpg

さらば、ロング階段((((((((((`ω´;)サササッ
90_20190214014150662.jpg

あとは橋を渡って。
89_20190214014148861.jpg

錆びてるんで、結構ビビってる感じ*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
91_2019021401415159c.jpg

全然終わってねぇ( ̄ω ̄;)
92_20190214014555de1.jpg

ここからアスファルトの道を歩いて、駐車場に向かいます。
途中にある湧き水、あまり飲みたくない・・・
93_20190214014556d15.jpg

15:08、無事駐車場着(_´Д`)ノ~~オツカレー
2年前との検証で、どっち周りが楽なのかなぁ?って思ったけど、どっちがどっちだか分らねままで終わってしまいました(´∀`*)ウフフ
でも、静かに歩けるのは今回の時計回りなので、またいつか歩く時は、こっち回りかな。

97_20190214020643c62.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト

【2019/02/14 02:11】 | 新潟の山
トラックバック(0) |

Taymさん♪
雪野
早い時間とおやつの時間辺りは曇りの予定だったので、ちょうどお昼くらいにいい天気で良かったです。
恒例の遅出も、たまにはいい結果になりました(;^ω^)
1・5ℓ入るコッヘルなので、3袋は大丈夫でした。
きちんと入れると4袋直立で入れられそうです・・・


Taym
めちゃくちゃ山日和ですね。
ラーメン3袋入るってなかなか大きいですね。

目目連さん♪
雪野
ちょっと無理だった様子です(;´Д`)
3個を適当に2人で分けたので、もしかしたら2個は行けるのかもしれないけど、今度無理してチャレンジしてみます(`・ω・´)シャキーン
がんばりどころが違う気がするけど(;'∀')

ライターは超面白いです(。・w・。) ププッ
スイッチ、入れたり消したり遊びまくりました(;^ω^)
ビビビのとこに割り箸ツッコんだら、速攻焦げてビックリしました・・・(;´∀`)
時代は何でもUSB充電になって来ましたねぇ。
便利な世の中です(*´ω`*)


目目連
雪野さん。

んん?
雪野さんラーメン3つ無理だった?
(ホントかな~)
なんて疑ったりはしてませんのでご安心ください。
レポ2つもご紹介ありがとうございます。

やっぱりモリタのコッヘルいいですね。
ちゃんとラーメン3つ入るし。
いずれにせよ、山で食べるご飯って最高に美味しいですよね。

プラズマライターも楽しいでしょ?
届いた当日はアホみたいにあれこれ火を点けて回りました。
雪野さんも気に入っていただけたみたいで嬉しいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Taymさん♪
早い時間とおやつの時間辺りは曇りの予定だったので、ちょうどお昼くらいにいい天気で良かったです。
恒例の遅出も、たまにはいい結果になりました(;^ω^)
1・5ℓ入るコッヘルなので、3袋は大丈夫でした。
きちんと入れると4袋直立で入れられそうです・・・
2019/02/20(Wed) 00:02 | URL  | 雪野 #-[ 編集]
めちゃくちゃ山日和ですね。
ラーメン3袋入るってなかなか大きいですね。
2019/02/16(Sat) 02:24 | URL  | Taym #-[ 編集]
目目連さん♪
ちょっと無理だった様子です(;´Д`)
3個を適当に2人で分けたので、もしかしたら2個は行けるのかもしれないけど、今度無理してチャレンジしてみます(`・ω・´)シャキーン
がんばりどころが違う気がするけど(;'∀')

ライターは超面白いです(。・w・。) ププッ
スイッチ、入れたり消したり遊びまくりました(;^ω^)
ビビビのとこに割り箸ツッコんだら、速攻焦げてビックリしました・・・(;´∀`)
時代は何でもUSB充電になって来ましたねぇ。
便利な世の中です(*´ω`*)
2019/02/14(Thu) 23:23 | URL  | 雪野 #-[ 編集]
雪野さん。

んん?
雪野さんラーメン3つ無理だった?
(ホントかな~)
なんて疑ったりはしてませんのでご安心ください。
レポ2つもご紹介ありがとうございます。

やっぱりモリタのコッヘルいいですね。
ちゃんとラーメン3つ入るし。
いずれにせよ、山で食べるご飯って最高に美味しいですよね。

プラズマライターも楽しいでしょ?
届いた当日はアホみたいにあれこれ火を点けて回りました。
雪野さんも気に入っていただけたみたいで嬉しいです。
2019/02/14(Thu) 21:31 | URL  | 目目連 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック