FC2ブログ

ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2018年4月29日 毛石山

  1. 2018/06/10(日) 00:55:41|
  2. 川内山塊
金曜はあんなに暑かったのに、今日は寒いです(;´Д`)
暑いゆえに、急いで部屋のカーペットをイ草のラグに変えたのに、そんな急ぐ必要もなかったげであります・・・

そして最近、やたらとケーキをもらいます( ̄ω ̄;)
52_20180609230426920.jpg

金曜の昼はランチで外食、夜は近所の食堂で唐揚げ定食をご馳走になり、またまたケーキも頂き。
これで「痩せない」と嘆いてる私は、果たして痩せる気があるのだろうか(´ェ`)ン-・・
荷物の軽量化を全く考えていない私は、体の軽量化をするしか身軽に歩ける選択肢はないというのに。。。( ´_ゝ`)プッ
なのに今日は時折ゲリラ豪雨的に降ったりしてたので、山にも行けず家でゴロゴロし、明日も雨は降らないっぽいけれど、どう考えても一日雲がかかってると思うので、お花撮影に出向く事もしないと思います。
明日もゴロゴロ系だな(´∀`*)ウフフ




さて、今年のGWは、例年通り長いGWだったのですが、ここ数年行っていた、普段混む関東の山を、平日を絡めて静かな状態で歩こうとか、山岳会の先生方との遠征とかをやらなかったので、今年はどうすっかな~って感じで考えてましたが、こうなったら遊べる期間の短い川内で遊んでおこうと思い、今年は地元で遊んでいました。
GWは長いので、初日はとにかく好きなだけ寝て寝坊コースで、昼に知り合いとランチした後に川内の偵察に行ってみましたキュィーン ……ε( o・ェ・)o
GWだから混んでるんだろうなって思ってた悪場峠が、ビックリな事に車が3台しか停まってません工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
そのうちの一台は、山友のSさんの車です(。・w・。) ププッ
矢筈にチャレンジしてくるって連絡はもらってたので、無事川内入りしたなっていう、ストーカー的な確認をした後、本来の自分目的であるお約束の毛石の登山口に行ってみました。
だって、ここが激混みだと、明日車を停める場所がありません(;´∀`)
が、安定の停車0台です・・・
安心して明日ここに来てください(_Д_)アウアウアー


翌朝、毎回心に決めてチャレンジするのですが、6時登山口スタートを心掛け・・・家を出たのは7時です(;´∀`)
そして毛石の登山口に着くと、ビックリした事に既に車が4台停まってます;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
毛石なのにナニコレ!!!です_(:3」∠)_
こんなに車の停まってる毛石どころか、山自体が久しぶりです・・・
7:30、登山口スタート(_Д_)アウアウアー
1_2018060923042096b.jpg

5月目前という事で、山はすっかり初夏の色です。
2_20180609230421e46.jpg

前回は変に雪の張り付いていた沢沿いも、すっかり爽やかな沢の流れと共に、ミズも伸び始めてましたが、まだ採るには小さすぎたのでスルー。
鉱山跡も雪が無くなっていました。
桜も咲いてたし。
3_201806092304239ef.jpg

夏道を歩いたのは、2016年の4月頭以来なので、こんなに緑が濃いのは初めてで(;'∀')
4_20180609230424e38.jpg

歩いてる途中、チェーンソーの音が鳴り響いていたので、登山道整備でもしてるのかな?と思いながら進む。
コシアブラはあまり多くなかったけど、丸坊主にしないように少しだけ頂きました。
前回の坪ノ毛の時も山菜を採りながら歩きたかったのに、正規ルート上にコシアブラはまるでなく。
帰りにじっくり見ながら歩いたら、コシアブラの芽という芽、根こそぎ採られていました。
これでその木は、もう枯れてしまう確率が高くなりますよね。
新芽を残してあげなければ、生き続ける事の出来ない植物もいます。
コシアブラは必ず残してあげてください。
1つ2つではダメです。
それしか残ってないようなら、手は出さないように。

そして途中で、ワラビを発見しました。
川内のワラビは立派なので大好きです。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
10本くらいは採れたでしょうか。
初物なので、その時点でニコニコです.゚+.(´∀`*).+゚.

タラタラと進んで行きますが、何となく2年前より登山道が若干広がってるような気がしました。
どう考えても、気がしてるだけですけど。
前回は怖かったんだよなぁ、登山道が谷側に斜めってて(;´Д`)
今回はそれが気になりませんでした。

そしてしばらく行くと、チェーンソーを持った御夫婦がいらっしゃって、山菜採りの方だったようです。
倒木を切ってたのかな?
そして、水の取れない水場と呼んでる、岩場が濡れてるだけの場所があるんですが、そこがほんの3m位なんだけど土が濡れてグチャグチャになっているのに、ガクッと下がるとこが足場が全くないので転ぶと怖い。。。って思ってたのですが、そこに足場を作って下さってました。
奥さまの為に足場を作ってたんだろうけど、一番喜んでたのは私かもしれません( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
足場のお礼を言って、少しお話をして、一人という事と、まぁあれやこれや奥さまがポカーンと驚いた顔をされてたのがおもしろかったです(;^ω^)
気をつけてねって心配して頂き、(*´□`)ノ ハ~ィ♪とアホな返事をして再スタート。

御夫婦と別れた後、山の神様に上がる斜面が見えて来た。
2年前は、あの斜面の下まで行って、斜面に微妙な残雪が張り付いていて夏道が使えなく、支尾根を無理矢理力づくで藪につかまりながら這い上がったんだよなぁ、バカだなぁ(;´∀`)なんて事を思い出しました。
力づくで這い上がれたのは、2年分若かったんだよな・・・w
斜面の雪が消えると、こうなってるのか!って、変に感動しちゃって。
5_20180609232658f6a.jpg

水の取れる水場まで来ました。
通常のルートはちょっと下って行く下のルートだけど、なぜかピンクテープは倒木の上を巻くように着いている(ノд`ι)ウーン
確かに2年前は、下のルートが使えず倒木をまたいで行ったけど、今回は使えそう。。。だけど、この先の見えない所で通れなくなってるのか?とか、いろいろ悩んだ結果、テープに従おうと上を歩いてみる。
6_20180609232700429.jpg

倒木に行く前に、水場通過。
水場の周りには、立派なミズがいっぱい生えていたので、すでにザックを下ろして採り始める(;´∀`)
楽しい・・・
そして、水場の水が流れてくる鉄パイプは外れ、崩壊していた。
その上、ゲコ音が上流からいっぱい流れていて、ゲコ様の体液付きの水なんぞ飲める訳もなく、急いでスルー(;´Д`)
7_20180609232701a97.jpg
倒木を高巻いてはみたけれど、どう考えてもめんどくせーよ、というルート取りになります。
これ、どう考えても下の通常ルートを通った方が安全だろう。。。と思いながら進みます。

神様に続く斜面の真下に出た。
ジグザグの九十九折に登って行くのか~と、夏道を見て、これまた感動。
なんせ、雪のある時期にしか来た事がないので、いちいち夏の景色に感動しますブッ(´→з←):;*.:;
8_20180609232702d60.jpg

振り返ると三角に尖った権現山。
まだ行った事がないけど、かっこいい。
9_201806092327049e7.jpg

神様の手前、コシノコバイモ(`・д『☆』 発見!!
今までは蕾の状態しか見た事がなかったので、咲いてる花を見て、またまた感動・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
10_20180609232705410.jpg

9:44、神様着。
神様、また来ちゃったよ(;´∀`)
道中、ケガぜず無事でありますように(-人-)
神様で10分くらい大休止。
11_2018060923523310f.jpg

神様からの道は、完全に初歩きです。
完全と言えばちょっと嘘になりますが、2年前の帰り道、夏道偵察で雪の付いてる正規ルートを歩いてみて、途中で断念し尾根に這い上がってるので、どこか途中までは歩いた事があるっぽい。
12_201806092352342f9.jpg

神様から先も当然へつり道なんだけど、こっちの方がちょっと緊張するへつり道でした。
そして意外と長い(;´Д`)
いつになっても分岐に着きません。。。
分岐まであともう少しって所で、いきなり水場の登場ですΣ(゚д゚lll)
ゲコ音も水場の下流から聞こえてるので、ここでは水を頂きました(人´∀`).☆.。.:*・°
13_20180609235235f89.jpg

水場を過ぎると、少しだけ道幅が広くなり、安心して歩く事が出来ました。
緑もキレイ。
14_2018060923523775f.jpg

10:38、分岐着。
いつもは右の尾根に上がって行くのですが、今回は雪がないので左の正規ルートで。
ここも初めて歩きますワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク
15_2018060923523923e.jpg

毛石が見えた。
奥の方には双耳峰の灰ヶ岳と、更に一番奥に青里が見えた。
16_20180610000130409.jpg

初めての夏道を歩きながら、コシアブラを見つけては採り、コゴミを見つけては採りで先に進みません(;´∀`)
そして結構歩きやすいへつり道で、とにかくブナの新緑がキレイだったので、ブツブツと「キレイ過ぎ~夏道最高!超感動~」とかしゃべりながら歩きます。
ソロなんで、架空の誰かと話をしているようです。
17_201806100001328d1.jpg

残雪期は気持ちよくて駆け下りて来るP589からの下りの斜面。
その横を現在通過中ですが、本来激しく藪なようです(;'∀')
18_2018061000013304e.jpg

今年初のチゴユリが咲いていました、かわいい(๑→ܫ←๑)
19_201806100001343d0.jpg

「もー、緑の毛石も最高。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜」って、自然と笑顔になっていました。
へつりではあるけれど、私の苦手な急登があまりなく、ほぼ平行移動です。
そして、とにかく新緑が美しかった。
20_20180610000136436.jpg

途中、今年の3月にテントを張った場所まで藪をかき分け行ってみた。
まだ若干、雪が残っていた。
21_201806100006358df.jpg

そこから100mもいかないうちに、去年テントを張った場所にも出た。
雪が消えても、毛石の眺めはいいようです。
22_201806100006368e1.jpg

神様の斜面以来の登りがジワジワと始まる手前で、行動食タイム。
あっちーなーとか思いながら休憩していると、2名の登山者さんが降りて来た。
オジサマの2人組で、毛石のちょっと先まで行って来たとの事。
毛石の山頂には全く雪がないと教えてもらい、ほっとする。
一人は新発田のオジサマで、なかなか楽しい方だった。
別れ際に饅頭をくれると何度も言って下さったんだけど、その饅頭一個で遭難した時に助かるかもしれないよ!とお断りした。
実際は、饅頭分ザックが重くなるという理由でお断りした(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
でも、ありがたかったです(。→ˇ艸←)プククッ☆

オジサマたちと別れ、毛石の山頂へと向かう。
やっと残雪が出てきました。
23_20180610000638303.jpg

雪もだいぶ腐って来ていたので、何度か踏み抜き(;´∀`)
ジジイが居なくても踏み抜くんだなって、かなりショックでした( ノД`)シクシク…
毛石の直下までもう少し。
24_2018061000064039b.jpg

12:08、山頂への急斜面がここから始まります。
25_201806100006403c1.jpg
これはどうしましょう。。。っていう斜度でした(;´Д`)
雪のある時は蹴れば足場が作れますが、土の場合は・・・((´∀`))ケラケラ
両脇の木につかまりながら這い上がりました(;´Д`)
掴まってるのに、足だけ後ろに滑って、一度こうなりました→_ノ乙(、ン、)_

単純に標高100m弱登ればいいだけなのですが、なかなか這い上がれません(;'∀')
がんばってもがんばっても、なぜか山頂はあんな遠く・・・
26_201806100019485fa.jpg

途中、足場の悪い狭い岩場がありました。
ビクビクしたのですが、今年初のイワカガミに出会えて、ちょっとテンションUP
27_20180610001949549.jpg

急斜面が終わりを迎える頃、雪が出てきました。
踏み抜きました。。。
28_2018061000195108d.jpg

雪の出た所から100m位進んで、12:50、山頂着。
二度目の山頂_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
って、無雪期なら大概上がれるだろう。。。┌┛┌┛ズコ!
29_20180610001953788.jpg

遠くに飯豊が見えた。
30_20180610001954dbd.jpg

中山尾根越しに、銀次~銀太~五剣谷。
Sさん、今頃もう五剣谷に張ったテントに戻ってる途中かなぁ?なんて思いながら眺める。
31_201806100027320fb.jpg

さて、夏道ならダラダラ歩いても、3時間あれば着くはずの毛石の山頂。
5時間20分もかかって到着してるのは、単に山菜採りに明け暮れてたからだけではなく、ワタクシ雪野、長いGWを川内でだらける為に、本日テン泊装備でございます。
だから山菜取りの奥さまや、途中で会ったオジサマ二名にも驚かれたり笑われたりしました(;´∀`)
男性のソロなら驚かれないのかもしれませんが、どうにもギリギリ見た目が女性なもんで。。。

そして、写真が好きで見て下さってる方は、今回画質おかしい?って気づいてたかどうか分からないけど、今回はウンココンデジで撮ってます。
毛石から先は登山道がないので、一眼レフは邪魔になる&傷つけてしまう可能性大なので、もはやコンデジでの参戦となりました。
今回はコンデジなので、何とかザックは20㌔強で収まりました。

それではとりあえず、次なるピークを目指しましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
32_20180610002734164.jpg

川内の人なら、目指してるとこがどこか、なんとなく臭うかな(`L_` )ククク


つづく


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 



スポンサーサイト