FC2ブログ

2018年5月26日~27日 源太ヶ岳~三ツ石山周回 

2018, 05. 29 (Tue) 02:04

GWネタでも書こうかと思ってたんだけど、今回の遠征場所の情報が少なすぎて、なかなか大変だったので、これからいいシーズンにもなるしという事で、情報発信の意味も込めて、先に上げましょう(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

先週、せっかくの3連休だったというのに家を空ける事が出来ずで、この山は来年に繰り越しって思ったのですが、やっぱり景色を見に行きたくて、リベンジ決行へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
GWが終わって、少し抜け殻になった後は、毎年恒例の東北遠征が始まります。
先週キャンセルした、東北フリーパスを再度申し込み。
でも今回は2日間の利用にしたので、26日に日付が変更しなければ適応にならないので、西会津で仮眠して、2時頃に高速に乗ろうと思いましたが、西会津の道の駅はトラックがうるさすぎて無理でした。。。
なので、毎度の猪苗代の道の駅へ。
ほんとここは静か。
10台も停まってなかったので、11時頃、静かに就寝。
で、すぐにやってくる深夜2時半。
もうそのまま高速に乗って出発です。
東北道を走ってる時に分かったのですが、AM3時を過ぎると、空が明らかに漆黒ではなくなります。
4時は普通にまぶしいです(;´Д`)
悪い時期になりました・・・
早起きしなければ御来光は拝めないようです(_Д_)アウアウアー

途中、長者原SAで朝ごはん。
ラーチャンセット( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
だってこれから過酷な歩きが待ってますもん。。。食べておかないと(言い訳
ここでちょっと買い出しもして、再度出発。
八幡平のIC手前のPAで、やっと顔を洗ったり歯磨きをしたりして、松川温泉の駐車場に着いたのは7時半前だったでしょうか。
びっくりです、一台も停まっていません∑(´Д`*)ノノ!!
私が出発するまで、誰も来ませんでした・・・

今回は源太ヶ岳から三ツ石山へ縦走します。
いろいろコースを思案したのですが、岩手山を進行方向に見ながら歩いた方がテンション上がりそうなので。
1_20180529005926c1f.jpg

8:10、駐車場スタート。
GW以来のほぼ一か月ぶりの山歩きです。
それでも、テントとスコップが入ってないだけで、超軽い。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
重さは計ってませんが、20㌔は行ってないと思います。
その代り、デジイチぶら下げてますが、これからのシーズンは、またそんなスタイルになりますかね。
20㌔切ると、こんなに幸せになれるのか。。。と、しみじみブッ(´→з←):;*.:;

駐車場から5分ほど歩いて、源太ヶ岳の登山口。
ここに車が一台停まってました。
登山者なのか山菜取りなのか。
2_201805290059287ae.jpg

沢沿いをずっと歩いて行くコースで、ゆるゆると気持ちのいいコースでした。
3_20180529005929f49.jpg

緑に吸い込まれる季節です(*´ω`*)
4_20180529005931838.jpg

土曜は怖いくらいに空が青かったです。
前日に雨でも降ったのかな?
5_20180529005932fda.jpg

今年はあまり山に入ろうという気がせず、春の花もほとんど撮れませんでしたが、東北の春は今が盛りの様で(。・w・。) ププッ
6_2018052901032098b.jpg

とにかくあまり登ってる感じがしないくらいにゆるいコースでありがたかったのですが、一応温泉から源太ヶ岳の山頂まで標高的には700m登らないといけないのに、この状態で700m上がれるの?って不安になるくらい緩い。
不安だとか言ってる割には、なぜか9時にラジオから流れて来るラジオ体操を、登山道のど真ん中で第二までやってみたり( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
この山は誰も来ないんだなっていう思い込みもあり、ブナの新緑も気持ちよかったし、なんだかご機嫌だったのでラジオ体操してみました((´∀`*))ヶラヶラ
でも第二がほぼ分からなかった_(:3」∠)_

2か月前に地元で見た水芭蕉が、ここでは今咲き初めでした。
8_201805290103232a6.jpg

でーーーーっかい迫力のある木。
9_20180529010324a8c.jpg

シラネアオイが一輪、でも苦手な花。
10_20180529010326235.jpg

9:22、丸森川着。
いつものノロノロに加え、遊び過ぎです。
健脚さんなら源太ヶ岳に登頂している時間です。
11_201805290113462b2.jpg

ここでちょっと悩んだのですが、上の雪の状況が分からなく、水場は雪の下かもしれないので、沢の水を汲んで上がる事にしました。
2ℓ追加したので、ここでやっと20㌔超えたかもしれません。

沢で10分ほど休憩し、先を進むと雪が出てきました。
どうやら先行者さんが一名いるようで、登山口にあった車の主のようです。
12_2018052901134892e.jpg

時々雪も切れますが、ほぼ雪の上を歩くようになり。
13_201805290113498fa.jpg

奥に源太ヶ岳の山頂付近らしいピークが見えて来た。
14_20180529011351036.jpg

鳥はよく分からないのですが、何か居ました。
15_201805290113529af.jpg

そして、ここは川内か?ってツッコみたくなるような、なんとも際どい残骸の上を歩きます。
16_201805290119143b7.jpg

このへつりが終わると、しばらく夏道で歩けました。
キスミレはGWも見たんだけど、多分撮ってないと思う(;^ω^)
17_20180529011916bad.jpg

上倉沼が見えました。
きれいなターコイズですが、カルデラ湖なんでしょうか?
ダケカンバがすっごくきれいでした,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
18_201805290119173f1.jpg

そして遠くに岩手山が見えた。
19_201805290119194de.jpg

途中、地図には表記がなかったのですが、水場がありました。
下で汲まなければよかった。。。という思いもありましたが、これが今回、情報がなくて困った水場問題でした。
なので、急いでネタ放出してる訳です。
20_201805290119205ed.jpg

勢いはよくないですが、汲むには十分な水量でした。
水も減ってないのですが、飲んだ分だけポットに追加してスタート。
21_201805290124247dd.jpg

途中、トゲトゲの倒木があり、潜れないので乗り越えたいんだけど、このトゲが痛くて乗り越えられないというアクシデントに見舞われΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
22_20180529012425c59.jpg

木をブンブン上下させたら、多少雪から枝が浮き上がったので、何とか潜って難を逃れ。。。
ねぇよ!!
刺さりまくって痛えのなんのってwww
自分の痛みもそうだけど、ザックが引きちぎれてないか心配だったブッ(´→з←):;*.:;

向かい側に三ツ石山が見えた。
23_201805290124283db.jpg

沼から地味に登りが続いてたんだけど、一旦平らになったあたりから、どっさりと雪が残り。
しかもかなり平坦で広い場所だったので、油断すると迷子になります。
でもシラビソの森で、甘くていい香りがしたので気持ちよかった(人´∀`).☆.。.:*・°
24_201805290124296bc.jpg

気が張り詰めてたせいか、腹が減りました(絶対張ってねーよな。。。)
つか、ラーチャン食ってから5時間以上経ってる訳だから、そりゃ腹も減るよ┌┛┌┛ズコ!
て事で、メロンパン食うぜーと張り切ったら、圧縮パンになっていた無念・・・
25_2018052901243073c.jpg

今回は都会の山なので、軍手は下ろしたたてピカピカです(。→∀←。)キャハ♡
せっかくピカピカなのに、誰もいません。。。
虚しい。。。
26_20180529013244653.jpg

シラビソの森を抜けたら、目の前に嫌な景色が広がって来た。。。
27_20180529013246c4d.jpg

雪渓デカすぎ急過ぎ、めんどくせーよ_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆
29_20180529013249f7b.jpg

この標柱を直登するように夏道が走ってるようだけど、夏道で上がると上部の雪が内側に入り込んでるので、上がれる訳もなく。
28_20180529013247529.jpg

登山道は直登で上がった後、左側に伸びているようなので、左側から詰める事にしました。
途中で先行者さんのトレースもあり、なんとなくほっとする。
30_20180529013250940.jpg

結構急斜面だったので、ザックの重さで重心が後ろに取られないように気をつけた。
時々、足がズルッとなって怖かったぞ。。。
32_20180529013926557.jpg

やっぱり、岩手山を眺めながら歩くコースにしてよかったなぁ。
31_20180529013924933.jpg

雪渓の上部に近づいたら、夏道発見でホッとする。
これで緊張から解放される_(。゚⊿ 」∠)_
33_20180529013928c80.jpg

ここは梶川峰から主稜線に上がるワクワク感に似ていた。
小一時間歩けば稜線歩きだ゚・:,。*:..。o○☆(๑→ܫ←)ゎ-い♪
34_20180529013930a9d.jpg


・・・


・・・




35_201805290139312a3.jpg



・・・(。´・ω・)?


11:54、小一時間どころか、ものの5分で山頂だった。。。
急に標柱出て来て何事かと思ったら、山頂だった。。。
スキップしそうなくらいだったこのテンションを、どうしてくれる。・゚・(´□`*)・゚・。

なんだかポカーンとしてしまいましたが、とりあえず稜線歩きが始まる事には変わりないので、先を急ぎましょう。
だって、ここまで4時間近くかかってる( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
コースタイムは2時間半です。。。w
この遅れは、ラジオ体操が悪かったのでしょうか?
きっとそうに違いないです(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

ここからは、見たかった景色が見れますワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク
一つ一つの景色を、しっかり目に焼き付けて歩きましょう゚.+:。(*´v`*)゚.+:。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト