FC2ブログ

ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2017年3月11日 芝倉山

  1. 2018/05/18(金) 01:16:58|
  2. 新潟の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
今週末は、毎年恒例みたいになってる三連休♪ ٩( ´ω` )و ♪
久々の東北遠征の予定で、東北フリーパスの申し込みも無事終わり。
天気悪いですけどね。
そしたらグルメ&観光でもしてきますよŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

GWネタの準備は何もできてないので((´∀`*))ヶラヶラ
プライベートが忙しくて、写真の編集してる時間がありません(;´∀`)
今週末の旅の準備も出来てませんが・・・



3月に入り、そろそろ川内が控えてるから、ちゃんと歩いておかないと・・・と焦り始める時期です( ̄ω ̄;)
だがしかし、第一週は山岳会の総会があり、青空の下、室内で総会。
翌週、ひっさびさにMr.タナカジジイとキュウリ同盟散歩です。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
ジジイの登りたい山と私の登りたい山が重なってたのが、登山道のないこの芝倉山でした。
ので、ちょこっと出かけてみる。

この日は朝からいいお天気。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
見えてる山は芝倉山ではなく、隣の蕗山です(*・з・)ぷッ
9:29、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_201805172327507aa.jpg

「先行くとどうせ怒るんだから、前歩きなよ・・・」と、ジジイにしてはよく分かっておりますな(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
が、いきなり取り付きがこの斜度です。
「あぶねーじゃねぇか!先行かせるのかよ(`Д´) ムキー!」
どっちにせよ、怒るようです。
しかもこの日は、超冷え込んでいて、雪面がガッチガチです。
ここ滑っちゃうと、画像では見えてない川にまっしぐらです(((((((;´д`)))))))
2_20180517232751c61.jpg

しょっぱなの急斜面を無事登り終えると、何だか今日っぽいトレースが一人分。
とりあえず先行者さんの跡を辿りましょう。
3_201805172327535da.jpg

謎の人工建造物。
4_20180517232755432.jpg

スタート地点から芝倉山までは、尾根をグネグネと歩くようです。
ジジイと、山頂へ向かう尾根はどれなんだ?と芝倉山を見ます。
5_20180517232757932.jpg
「まさか右側のじゃないよね?急過ぎだもんね((´∀`*))ヶラヶラ」
「あれは違うだろうなぁ」
って事で、相変わらず先行者さんのトレースを辿る。
そのうちどこかでスライドするでしょう。

今シーズン初の、春の訪れを感じます(*´ω`*)
6_20180517232810530.jpg

しょっぱなが急斜面だったり、細尾根だったりでビクビクしながら歩きましたが、途中からすごく気持ちのいい緩いアップダウンの尾根になりました。
途中、これから向かう芝倉山の直下の斜面を、大量のマンキーが大暴走していた。
まだ遠かったから良かったけど、怖いくらいの大群でしたカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ
7_201805172328122ec.jpg

蕗山・・・より、P645の方が魅惑,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
8_20180517232812af0.jpg

途中、眼下に広がる気持ちよさそうな雪原。
「あそこでテント張りたい~」って叫んではみたものの、雪崩は起きてるし、ジジイ的には沢筋通って帰れるのか謎だよ?って事で、テントの夢は消え去る。
9_20180517232814470.jpg

タラタラッと歩いて行くと、先ほどの大量マンキーの足跡がΣ(゚д゚lll)
人の気配にビックリして、走り去ってる感が満載でした(*・з・)ぷッ
10_2018051723281593f.jpg

芝倉山が目の前にバーンと広がります。
おいマジか?マジなのか?
あそこじゃないよって言ってた、右の尾根から上がるようです。
急過ぎます(((( ;゚д゚))))アワワワワ
画像じゃそう見えないんだけど。。。
20_201805180032549ea.jpg

最初は雪の上を歩いてたのですが、ワカンを着けててもよく刺さらないくらいに雪面が凍っていて、そのうち滑落するんじゃないかと怖くなって来たので、私はワカンを脱いで藪に突入しました。
ジジイは雪を上がってくようです。
そろそろ藪の季節でもありますし、いいトレーニングになるでしょう(;´∀`)アハハ
11_2018051800293045d.jpg

「山頂はまだかー」と、油断すると後ろにズリ落ちちゃうような急斜面を、藪につかまりながら這い上がって、11:36、山頂着。
登山道のない山なので、まるで何もない( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
12_20180518002933838.jpg

先行者さんのトレースは、尾根の先っぽまで続いてるけど、ジジイは山頂からどんな景色が見えるのかチェック中だったので、先っぽ偵察に出向いてみる。
そしてまたもや、股まで踏み抜く。
ジジイと一緒の時は、必ず踏み抜く( ̄ω ̄;)

山頂から100mくらいかな?
目の前に守門がドバーンと見えました。
かなり展望のいい場所なので、ランチ会場はここだな、って事で、ジジイに教えに行く。
111_20180518011256c77.jpg


川内方面なんだけど、角度が変わると訳が分からん(;´Д`)
15_20180518002937d52.jpg

ジジイはまだ写真を撮ってるようで山頂には不在。
16_2018051800411526a.jpg

雪野さんエライので、スコップ持参してたからベンチ作りました。
そしてランチ。
いいソーセージと、いいおでん。
またおでんうどんにするって言ってた割に、途中のコンビニでうどんを買うのを忘れてた・・・(;'∀')
とりあえずお腹いっぱいになって良かった(;^ω^)
17_201805180041178e3.jpg

おやつ!
18_20180518004118379.jpg

天気がよかったので1時間ちょいグダグダしてたようです。
そろそろ下山しましょう。
雪野作ベンチです(`・ω・´)シャキーン
19_201805180041205d9.jpg

登りは藪につかまりながら這い上がったという事は、下りも激下りな訳で、ギャーギャー言いながら滑り落ちます。
ジジイはさすが慣れたもんで、後ろ向きに下りる雪野さんをよそに、普通に前向きで下りて行きます。。。
昼も過ぎたので雪もいくらか緩み、急斜面も雪の上を歩いて帰れました。
この辺の山はあまり歩いた事がなかったので、来年の雪のシーズンは、ちょっと遊びに来てみようかなと思います。

下界が見えてきました。
下山は、行きとちょっとズレた場所を下りてみましたが、危険個所もなく、14:23、無事下山。
21_201805180046554e1.jpg

その日の夜、お友達の山行報告などを読んで画面のこっちで吹いてしまいました。
スライドする事もなく、途中で下山のトレースも消えてしまった謎の先行者さんは、お友達のひらさんでした(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
ひらさんに、トレースありがとうって伝えたら「なぜこの山(笑)」と返って来ました・・・w
どうやら、ものすごく早い時間にスタートし、別尾根から下山したので、途中で下山のトレースが消えてたようです(;´∀`)
どうりでスライドしなかった訳だ・・・

そもそも、芝倉山に行きたいって思ったのは、最初にひらさんが無雪期に登った芝倉山の写真が強烈すぎて、この藪山、絶対行こう♪って思ったのがきっかけ。
山頂でのランチ風景が藪の中のカップラーメンと言う、シュール過ぎる画像で、それがツボったのですブッ(´→з←):;*.:;
で、ひらさんに冬は最高の景色だったよ!って自慢しようと思ってたのに、先に見られてしまってたようです(*゚ε´*)チッ
でもせっかくなので会いたかったなぁって思って、それが残念でした(´・ω・`)

キュウリ同盟も、ここでまた一旦休止。
ジジイは登山道のない山を歩く人なので、残雪期が勝負。
雪が残ってるうちに、歩きたい山がいろいろあるようなので。
私もそろそろ川内に戻る時期だし、本来お互いソロの人なので、その辺は邪魔しないように。
雪が消えてしまったらシーズンオフになるそうなので・・・
って言うか、雪が消えたら逆に私はシーズンインなのですが( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
夏のお花の季節がやって来ます♪
楽しみですねワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク

22_201805180114411ca.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


スポンサーサイト

<<2018年3月18日 神戸山 | BLOG TOP | 2018年4月22日 川内山塊大冒険・坪ノ毛Part2>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback