FC2ブログ

ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2018年4月21日 木六山テント泊

  1. 2018/05/06(日) 00:17:00|
  2. 川内山塊
明日でGWも終わりかー_(。゚⊿ 」∠)_
何だか短かったな、そんなに出かけてないのにブッ(´→з←):;*.:;
後半はお天気も悪かったので、家でゴロゴロ・・・
ゴロゴロし過ぎて腰が痛い( ̄ω ̄;)
たまにのんびりもいいですね、ゆっくり料理してみたり、それはそれで楽しかったな゚.+:。(*´v`*)゚.+:。



GW目前の21日。
久々に悪場峠発の川内でも行ってみっかーと、重い腰を上げる。
今年は25年ぶりに悪場峠への道に除雪が入ったとの事で、3月最終週には開通予定とその筋からお知らせは頂いてたのですが、やっとこ乗り込んだのが4月も半ば過ぎ(;'∀')
今年は工事があったようなので、除雪が入ったのかもしれませんが、来年は例年通り自然解凍待ちだったら、またしばらくは入れないので、またとないチャンスを逃した感は大きいです(;´Д`)

テント泊なので、スタートは遅めの10:00。
悪場峠に着いてビックリ。。。
私を含め、車が9台。
停める場所がなく、端っこギリギリのところに何とか停めました。。。
川内フィーバーですね_(:3」∠)_
最近よく思うんですが、新マイナー12名山って作ってくれれば、川内も静かになるんじゃないかとか思いまして(;´∀`)
田舎の山奥ですら、静かな場所を探すのが大変な事態です。。。

悪場の取り付きは、かろうじて雪が残ってる程度でした。
夏道で上がって行きます。
1_20180505231505458.jpg

今日はいい天気。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
しかもすっかりブナの新緑です♪
2_201805052315061f9.jpg

ツツジも咲き始め。
3_201805052315087d9.jpg

雪解けの遅かったであろう奥の方には、まだ新鮮なカタクリも咲いてました。
4_20180505231510a92.jpg

カラフルな季節になって来て、ワクワクしますね((o(´∀`)o))
5_20180505231511c4c.jpg

10:28、佛峠着。
休憩中に、テン泊さんのソロ男性と挨拶を交わす。
6_201805052331292d0.jpg

佛峠の近くに、ちょうど見頃な山桜が。
ほんとにキレイだった(。・w・。) ププッ
7_20180505233130dab.jpg

桜を撮ったりしながら5分くらい休憩し、再スタート。
へつり道なので気を付けて。
本日、木六の辺りでテントを張る予定なので、行程的には距離もありません。
なので酒もエサもどっさり、家を出る前に水を追加したり調子こいたら、ザックが25㌔弱だったらしく、さすがに足取りが重いようです。。。
9_20180505233132d57.jpg

見えてるピークは、木六の山頂手前の急斜面。
ニセ木六と勝手に呼んでいる。
8_20180505233133b29.jpg

暑い・・・が、新緑がキレイ,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
10_20180505233135231.jpg

水無平に下りる手前、カタクリが満開(。→ˇ艸←)プククッ☆
11_20180505233652e7b.jpg

着地点に咲く山桜。
この桜の一番いい時に下り立ったの、何年ぶりだろうなぁ。
ほんとキレイだった。
12_20180505233654e05.jpg

桜の木の足元に咲くカタクリ。
13_20180505233656391.jpg

水無平には、まだ雪が残っていて、カタクリも芽を出していませんでした。
14_20180505233657234.jpg

紅葉のような色をした芽吹きのブナと、山桜のピンクが、何とも不思議な季節感を感じさせるような。
15_20180505233659a64.jpg

荷物が重すぎて、ノロノロ歩き、何度も立ち止まり・・・(*・з・)ぷッ
急登の斜面を這い上がって、やっと稜線に乗る頃には11:54・・・
普段ならとっくに山頂着いてるわ!!!┌┛┌┛ズコ!
17_2018050523411571b.jpg
既に12時近くなので、ここでイチゴスペシャルタイム。
まだ半分も歩かなくちゃだな~と、テンションも下がる・・・

15分くらい休憩して、しょうがないのでやっとこ歩き出す。
すっかり夏道。
18_20180505234118ea7.jpg

黄色いやつ。
19_2018050523411806c.jpg

体が振られて転げ落ちないように、相変わらず慎重に。。。
20_20180505234120aef.jpg

大好きな場所は、まだ雪がたっぷり残ってました。
ここにもテント張ってみたいんだけど、人の往来が激しいので無理ですな。。。
21_20180505234635bc2.jpg

タムシバ満開。
青空にタムシバの雲(。・w・。) ププッ
22_20180505234637202.jpg

足元はカタクリロード。
23_201805052346398c9.jpg

ニセ木六が見えて来た。
あそこを超えれば、もうすぐ山頂。。。
24_201805052346410bd.jpg

ニセ木六も、すっかり夏道が出てたので夏道を使いましたが、なんにせよ激急登な訳で、脇の木の枝につかまりながら力ずくで這い上がります(;´∀`)
25_2018050523464216d.jpg

這い上がった途端、笹薮。。。
あんまり刈り払いされてない(;'∀')アハハ
26_2018050523500977c.jpg

笹薮を超えると、やっとこ山頂が見えてきました_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
酒だ酒だー゚・:,。*:..。o○☆(๑→ܫ←)ゎ-い♪
27_20180505235011a24.jpg

もうちょい♪
28_20180505235014040.jpg

13:44、木六山着。
なんと・・・
3時間44分もかかってる(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
素晴らしい記録です。。。( ゚д゚)ポカーン
29_20180505235014ad6.jpg
しかしまぁ、微妙な時間帯なので誰もいない。
お陰様で静かにひっそり一人の時間を楽しめました。
本日出会った登山者は、佛峠で会ったソロ男性のみ。

さ、ひっそりとテン場に移動しましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
30_20180505235016e9f.jpg

お~、情報通り、素晴らしい谷間が見えてきました。。。
雪庇の雪も全部落ち切ってるようなので、雪崩、雪塊の心配もなさげ。
31_20180505235405a24.jpg

なにより、登山道から見えないのが素晴らしい(o◕ܫ◕)→ܫ←)ゥンゥン
32_20180505235407668.jpg

予定より大幅に遅れましたが、風もないから要塞も組まなくていいし、時間に余裕があります。
なので本日は、テーブルと椅子を作って、宴会場を作りました。
33_2018050523540859c.jpg

ドリンクホルダー付きです((´∀`*))ヶラヶラ
つまみはステーキです(´∀`*)ウフフ
34_20180505235410899.jpg

陽がかげって来ましたが、宴会は続きます。
35_20180505235412e91.jpg

炭水化物も食いてーぞ!と、チャーシューメンを作ります。
36_201805052358559b2.jpg

陽が落ちて来て、本格的に寒くなって来たので、別荘の中に逃げ込む。
4時頃、山頂方面を見てみたら、うっすら木の間から見える山頂に、日帰りさんたちの姿がチラホラ見えた。
酒を飲んで気分がいいので、いつのまにかそのまま寝落ち。。。(推定5時)
シュラフに包まってないので、30分ほど落ちた所で寒さで目が覚め、モゾモゾとシュラフに潜り込む。
雪面を平らに削ったつもりなんだけど、どうも毎回、地味に斜めっていて。。。ww
斜めってる方に頭持って行けばいいのに、どうもテント内でも定位置ってのがあって、毎度の方向に頭を置いたら、何となく頭が低い。。。
枕の空気をパンパンに入れて、なんとかやり過ごす。
どうしても定位置は変えたくないらしい(なら、しっかり雪面削ろうww)

7時半頃目が覚め、せっかくの夜なのにもったいないなぁと思い、再度酒を飲み始める。
ストロング酎ハイ9%を1ℓ空けたらしい。。。w
すっかり陽も落ち。。。
37_2018050523585625d.jpg

そして外に出てみたら、月がキレイだった。
今日は満月に近いから、星も見えないだろうなって思ってレリーズも持って来なかったけど、結構星が見えた_(:3」∠)_
38_20180505235858cdd.jpg

そして、食べないと気が済まなかったので、歯磨きはとっくに終わっているというのに封を開け。。。
39_20180505235859029.jpg

9時半位まで飲み明かし、明日早いぞ。。。と我に返って寝袋に包まりました。
ほんとの冒険は、明日始まる ゚.:*。・ヮクヮク(o・ω・o)ヮクヮク・。*:.゚

40_201805052359018ae.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト