FC2ブログ

ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2017年7月22日~23日 北ノ俣岳避難小屋泊 Part2

  1. 2017/12/18(月) 00:28:58|
  2. 北アルプス
  3. | トラックバック:0
今日は絶対早起きもしないし、山に行く気も起きないんだろうなぁ。。。って事で、案の定、二度寝三度寝を繰り返したら、12時間寝てましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
寝すぎて腰がやられた。。。_(。゚⊿ 」∠)_
頭痛いなぁ_(:3」∠)_
ダラダラサボりつつ、大掃除をちょっとずつ始めました、めんどくさいZzz....(_ _*)・.。*



北ノ俣岳のつづき


寺地山を過ぎると、また一旦ガクーンと高度を下げます。。。
うんざりするほど下がります(;´Д`)
一旦、鞍部に下り立つと、また草原風の湿原の登場で・・・

<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>

117_20171217224837083.jpg

白いタテヤマリンドウだウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
118_20171217224838619.jpg

白いミヤマリンドウは見た事があったけど、タテヤマリンドウは初めて♬(((o(*゚▽゚*)o)))♬
興奮しすぎて心臓がバクバクするくらいだったけど、振り返った瞬間に、後ろのエリアも白花のタテヤマリンドウがボコボコ咲き乱れ、若干パニック└(:3」┌)┘))ジタバタ
ここは白いタテヤマリンドウのエリアなんだなって、暑さでグッタリしながらもうれしかったです゚.+:。(*´v`*)゚.+:。

道中、一輪だけヒッソリと紫のミヤマリンドウ・・・
ミヤマリンドウを一輪しか見つけられなかったというのも、なかなかない体験です(;^ω^)
50_20171217224623b83.jpg

笠ヶ岳が見えるらしいんだけど、ガスってきて見えず。
51_20171217224624b21.jpg

イワカガミも、まだ咲いていました♪
52_201712172246269f5.jpg

北ノ俣岳もガスの中に消えてしまいました(;´∀`)
53_20171217224627bf6.jpg

10:50、小屋への分岐着。
この分岐から数100mで着くらしい。
55_201712172323226dd.jpg

200mくらいかな・・・
三角屋根の北ノ俣岳避難小屋着。
57_2017121722483404e.jpg
満室だったらどうしようと、ドキドキしながらドアを開けると、誰もおらず荷物すらデポしてない・・・
今の所貸し切り_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ

小屋前にある水もジャンジャン流れています。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
今回は水が豊富な小屋だという事で、水を省けたので荷物は18㌔と軽くでき、ほんと助かりました(;´∀`)
水の流れる音がうるさすぎて、寝れなさそうな勢いです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
58_201712172248357eb.jpg

とりあえず小屋にザックを投げ入れ、分岐の先へ散歩に行く事にしました。
もう山頂のある稜線はガスに飲み込まれてしまったので、無理して稜線へは上がらず、のんびりをここに居る事を楽しみます♪
小屋の近くでは、アカモノが咲いていました。
何度見てもかわいい.゚+.(´∀`*).+゚.
59_20171217232721101.jpg

イワイチョウも。
クローズアップレンズの10倍で撮りました。
60_20171217232722d32.jpg

そしてここも・・・
タテヤマリンドウは白花しか咲いておらず。。。
61_20171217232724f15.jpg

こんな風に、白だけです。。。
レア感、全くなし(;´Д`)
74_2017121723312142d.jpg

ここでもまた一輪だけ、紫のミヤマリンドウを|´・д・)σ 発見!
非常に申し訳なさそうに咲いてました(;´∀`)
62_20171217232725ed9.jpg

2キロ以上にわたる湿原が広がり・・・って寺地山ではなくここの事だったんだね(;^ω^)
北ノ俣岳の裾野、ぜーんぶ湿原みたいォオー!!(゚д゚屮)屮
しばらく木道を上がって行くのですが、この木道が非常に斜めっている上に、浮石ならぬ浮き木道で、気づかず乗っかるとシーソー状態で危ないです(;゚Д゚)
ここの木道は、足を乗せても大丈夫な木道なのか、一歩ずつ確かめながら進まなくてはいけません(;´∀`)
63_20171217232727972.jpg

振り返る。
右にあるピークが寺地山。
64_201712172331143b9.jpg

キンコウカも咲き始めていました。
これを見ると、なんとなく秋を感じる。
65_20171217233116dc0.jpg

キスゲのアップ。
66_20171217233118a9e.jpg

チングルマ。
67_20171217233119f8c.jpg

昼に近づいて来たので、ガスが下がって来ました(;´∀`)
68_20171217233904a3d.jpg

木道の終点近く、池塘がいくつかあったので、ここでティータイム
だ~れもいないので、のんびり過ごします(*´ω`*)
71_20171217233908942.jpg

72_201712172339103e4.jpg

少な目だけど、ワタスゲゆらゆら。
70_2017121723390765e.jpg

73_201712172341500e9.jpg

だいぶのんびりしたし、お腹も空いて来たので、そろそろ戻ります。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
75_201712172341512d2.jpg

モウセンちゃん💓
76_201712172341524e2.jpg

イワイチョウ。
77_20171217234154346.jpg

そして小屋の入り口、破損中(゚Д゚;)
78_20171217234155c49.jpg

中に入って寝床のセッティングです。
なんだか小屋も斜めっているようです(;'∀')
右側に頭を持って行かないと、多分、頭に血が上るレベルの斜めです。。。
90_20171217234501ac8.jpg
奥の扉からトイレに行けるらしいのですが、使用禁止との事で覗きにだけ行きました。
でもこの小屋のトイレはここだけではありません。
実は外にもあるのです、ゆえに偵察に行きます♬(((o(*゚▽゚*)o)))♬
85_20171217235654396.jpg

まずは立派な門を通り抜けますキュィーン ……ε( o・ェ・)o
86_201712172356559bb.jpg

2つ目の門を通り抜けると・・・
87_20171217235657c9b.jpg

塩ビのパイプ式水洗トイレ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
88_20171217235659158.jpg
中を覗くと、かなり勢いよく水が流れています。
小屋前の水と同じとこから引っ張ってるんだろうと思われます。
ただ問題は、15センチ程度であろうこのパイプの穴に、的を外さないように正確に打ち込まなければいけません。
よし、超開放的なトイレで、まず放水してみようo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪

スッキリ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

こゆトイレが無理とか言う人もいっぱい居ましたが、お金払って営業小屋に泊まればいいと思います*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
この小屋は縦走するのにすごくいい場所に建ってるし、こんな風に整備もして下さっているので、協力金的な物を置いて行きたかった位なのですが、その手の箱は見当たらず・・・

トイレの偵察&実行も終わり、ランチタイムです♪
水場脇の岩に座ってランチしました(。・w・。) ププッ
よく考えたら、ティータイムした木道でランチすればよかったなって(;^ω^)

蝶々さんが遊びに来てくれました(。→ˇ艸←)プククッ☆
80_20171217234455871.jpg

今日のランチは、頂き物の分厚い高級ハム(人´∀`).☆.。.:*・°
81_20171217234456030.jpg

ハムステーキにします(`・ω・´)シャキーン
82_20171217234458069.jpg

切って食えよ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
83_20171217234459d4f.jpg

ストロング酎ハイ500mlを飲み干したら、なんだか眠くなってきました・・・
3時のおやつ前ですが、ちょっと昼寝でもしましょう。。。
オヤスミナサイ(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
明日は奇跡が起こって、晴れるといいな・・・
89_20171217235700514.jpg


お気に入り過ぎてCD買ってしまいました(´∀`*)ウフフ
歌詞が深すぎるΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!

蝶々結び/Aimer





参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト


trackback