ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2017年10月28~29日 友遊小屋泊

  1. 2017/11/02(木) 02:03:22|
  2. 新潟の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
今日は中田に水曜限定食べに行って来た~+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
特製豚そば
チャーシューどっさり入ってます(;´∀`)
26_20171102005708811.jpg
今朝の時点でベスト体重まであと1㌔まで落としましたが・・・
間違いなくまたUPしてるであろう予感( ̄ω ̄;)



さて、先週末は、前回の冒頭でチラ見せした通り、ひらさん、Sさんとお泊り宴会をしてきました(。・w・。) ププッ
今回は長岡の三ノ垰山のちょい下にある、友遊小屋泊です(。→ˇ艸←)プククッ☆
この小屋がどこにあるかは知らなかったけど、名前だけはしっかり知っていました。
ほんとは別の小屋で予定してたんだけど、急遽Sさんが昼まで仕事になり、ひらさんの案で、なんとか夕方までには来れそうなこの小屋をチョイス。

という事で、私とひらさんは三条で買い出しして先発隊としてスタートしますヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
ひらさん、普段は重いものを担がないというので、デカザックはレア画像となります。
っていっても40ℓのザックに収めるすばらしさ。。。
17㌔って言ってたかな?
1_2017110200570251c.jpg

私も写真を撮ってもらえばよかったと、現在後悔中ですが、この日は先日頂いた75ℓのザックの初担ぎでした。
ザック単体で20㌔だったので、そこにカメラと肉とおつまみと・・・を放り込むと、22㌔超えてたと思います(;^ω^)
それでも片道1時間かからないって事で、担ぎ試しにはちょうどいいなって事で。

10:39、東山ファミリーランドという牧場からスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
遠くに角田・弥彦が島みたいに浮かんでた。
2_2017110200570498b.jpg

牧場を抜け、このルートから進みますo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
3_20171102005705094.jpg

きれいに整備されていて、しばらくは結構緩い斜面で歩きやすかったです。
ただ、あちこちに脇道的なルートが散乱していて、これは暗くなるとよろしくないねぇ、迷いそう。。。なんて話ながら進みます。
一応、そんなルートには、刈られた木の枝で塞いであるんですが、初めて来た私たちは遅くに来るSさんの事を妄想しながら進みます。
4_201711020057064a9.jpg

そして、ザックがまだベスポジ設定になってないらしく、どうにも肩が重い。
22キロはゆっくり歩けば全然担げる範囲の重さなのに、重い;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
「この杉抜ければ小屋だよ」って言われたけど「いや、休む( ̄ω ̄;)」と歩みを止める雪野さん。
紫式部の実を見ると、秋も終わるなぁって思う。
5_201711020107588b1.jpg

小屋手前のベンチ広場。
向かいの山が見えたが、まだちょっと紅葉には早そう。
今週末辺りがいいかしら?
6_201711020107591c8.jpg

11:31、友遊小屋着。
7_20171102010801c8f.jpg

中には男性が一人いらっしゃって、オカリナではないという笛を吹いていた。
帰りに撮った写真。
こじんまりとしてるけど、とてもきれいな小屋でした。
25_2017110201132790e.jpg
中央の柱の下部に協力金を入れる箱があるので、英世さんを一名投入して、いらない荷物を小屋にデポして、ゆらゆら散歩に出かけます。。。"8-(*o・ω・)oテクテク

11:47、10分も歩かないうちに、三ノ垰山着。
8_201711020108022ef.jpg

9_20171102010804c1a.jpg

もういいろ?って雪野さんは思う訳ですが、ひらさんは「今から飲んじゃ酒が無くなる」と許してくれません( ノД`)シクシク…
このまま萱峠とやらまで連行されるらしいです。。。
ただこのお山、道はキレイだしゆるゆるだし、雪野さん向けの登山道でありました(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
三ノ垰山を進んですぐに、小屋の管理の方々と遭遇し、今夜お世話になる挨拶をしました。

道中、ムカゴを取って仕事帰りのSさんにご馳走をしようと思ってたのですが、ムカゴもキノコもまるでない。
既に捕獲された後だったのだろうか・・・

紅葉が徐々に始まってましたが、お花もちょっとだけ。
10_2017110201201409d.jpg

途中、スライドした男女ペアが「桝形山のブナが最高にキレイだった」と言っていたので、どこだそれ?と思いながら進む。
そして、ひらさんはザックを担いでいたけれど、私は75ℓと言うアホサイズのザックだったので、スーパーの買い物袋に行動食とかカッパとか入れて手持ちで歩いていた訳で・・・
スライドする人の視線が、なんだかちょっと痛いのです。
下から上までなめるように見る方もいらっしゃいましたし。
「ひらさん、もしかしていま私、ひらさんに荷物担がせて空身で歩いてるバカ女に見えてるろっかね???(;´∀`)」
「あ、そうかも・・・www」
多分きっと、周りから見たらその構図であったと思いますヽ(冫、)ノ

途中、雪野さんの山菜レーダーが反応する。
「ミズ見っけた!」

って事で、初めてのミズの実を2人で必死に捕獲する。
Sさんの為です。
決して山菜取りがおもしろかっただけっていう理由ではありません(`・ω・´)シャキーン

取るミズが無くなり、ちょっと先の水場で水をがぶ飲み。
枯れているっていう情報もありましたが、この日はジャンジャン出ていました。
小屋付近に水場がないので、この日は4㍑担いできたのですが、ここで汲みたかったな(;´∀`)

萱峠はあそこ超えるんだろーっていう場所に出た。
紅葉いい感じだね((o(´∀`)o))ワクワク
11_20171102012016068.jpg

途中、萱峠の分岐に出たら、どうやらこの紅葉している山が桝形山らしい。
萱峠は直進ルートが通行禁止になっていたので、桝形山に目的地を変更ですo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪

ちょっと早かったけど、ブナの紅葉が美しい。
12_2017110201201729e.jpg

縦撮りは苦手なんだけど、そうしないと色が入らない(;'∀')
13_20171102012019774.jpg

13:50、桝形山着。
展望は全くなし┌┛┌┛ズコ!
14_201711020120205b4.jpg

15_2017110201305763e.jpg

ここでパンタイムを取って、そろそろ帰らないとSさん来るな・゚・(。✖д✖。)・゚・と焦りながら下山。
とにかくキレイだった、桝形山(。・w・。) ププッ
16_2017110201305817a.jpg

17_20171102013100f13.jpg

途中、山古志の棚田が見えたんだけど、遠すぎてイマイチ(;´∀`)
18_20171102013101145.jpg

帰りも1時間くらいで帰ったんだろうか。。。
ログ取ってないもんで、分かりません(;´∀`)
そして、今度こそは。。。プシュ
ひらさんが巨大ベーコン一本物を買ったので、それをワイルドに温めてくれました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
しかも焼き鳥入り。。。w
19_201711020131032e9.jpg

私は塊ステーキを焼いたんだけど、写真がないようです(;´∀`)
そしてミズ作業です。
実は赤いのですが。。。
20_20171102013524872.jpg

火を通すと緑色にΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
なんか大豆みたいな味がして、おもしろかった(。・w・。) ププッ
油で炒めて、ダシ醤油と塩で味付けしました。
21_20171102013526f69.jpg

そして日も陰って来た頃、Sさんから下の駐車場に着いたと連絡が来た。
迷子で遭難するな(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
ひらさん、迎えに行きなはれ。
って事で、ひらさんが迎えに行く。

そして次に気が付いた時には、既にSさんから小屋に居た( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
寝落ちしてたらしい。。。
そして、去年の12月、このメンバーで最初の宴会をした時に食べ逃した、S製炒飯を食べるのが一年越しの願いだったが、出て来たのはラーメンだった┌┛┌┛ズコ!
22_2017110201352722a.jpg
おいしかった、棒ラーメン。
でも炒飯!と叫ぶ私に、次回はちゃんと炒飯を差し出してくれるのだろうか(´ェ`)ン-・・

ひらさんからはお鍋を頂いた♪
23_20171102013529392.jpg

私は先日のイタリア展で買ったピザを出したんだけど、どうにも酔っ払って写真を撮ってないらしい。。。
そんなこんなしてるうちに、また気が付いたら寝落ちしてたらしく、起きたら2人とも寝てた。。。

深酒をしたせいで、熟睡できなくて、何度か目が覚める&喉が渇く。
なんだろね、酒を飲んだ後に妙に喉が渇くの(;´∀`)
二人が寝てるとこでポットしゅぽっと開けてガブガブ言わせんのも悪いので、ポットを持って外に出る。
日曜に台風が近づく予定なので、すでに雨は降っていたんだけど、小屋からは長岡市の夜景が一望で、入口の軒下に腰掛けながら夜景を見る。
そして気づくと、外で寝落ちして寒さで目が覚めるという( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

そんなことを何度か繰り返し、気づけば朝6時。
二人は何とも早起きで、一応起きたふりはするんだけど、また寝る私。
誰よりもぐうたらでした(;´∀`)
「また寝てるし。。。」というSさんのセリフが、聞こえたような聞こえないような・・・(;´∀`)

そして「パッキング嫌い~」と毎度のセリフを吐いたら「荷物多すぎるからだろ」という、ひらさんの鋭い指摘(;´∀`)

負けるもんか( ̄ω ̄;)

台風の予報だったおかげか、日帰りの山だからか、3人で貸し切りに出来て良かったです♪
ただ、ほぼ寝落ちしていてまともにしゃべってない気がするんだけど大丈夫だっただろうか(;´∀`)
でも1.5ℓの酒は空いてたので、何かしゃべってたんだろうな。。。
おいおい、記憶喪失かよ( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!

そして雨の中、30分か40分くらいで下山完了。
温泉に入るにも時間が早すぎて開いてないので、ここで解散。
ひらさんに三条まで送ってもらってヾ(*'-'*)マタネー♪

さて、次回はどこの小屋になるんだろうな・・・(*`艸´)ウシシシ




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 



スポンサーサイト

<<2017年11月3日 無雪期チャレンジ・神戸山 | BLOG TOP | 2017年10月8~9日 頼母木小屋泊Part2>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback