FC2ブログ

ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2017年6月9~11日飯豊連峰・頼母木小屋泊2日目編、最後の夜~3日目、下山編

  1. 2017/07/05(水) 03:00:09|
  2. 飯豊連峰
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
雨、まだ降るんでしょうか( ̄ω ̄;)
地元は避難準備指示の出ている所もありますが、とりあえず被害はまだ出てないみたい。
被害が出る前に収まって欲しいもんです。

この前の日曜は、健康の為に歩きたいと言い出した友達を連れ、アジサイの山に。
肉食ってる途中で雨にやられて、初めて茶屋に入りました(;'∀')
11_20170705012753e59.jpg

13_2017070501275416c.jpg

37_201707050127560e1.jpg

なんとか撮って帰って来たけど、カロリーオーバーの日でした。
全く健康の為になっていない(;'∀')アハハ
47_201707050127572c2.jpg




飯豊最終章。


15:18、なんとか頼母木小屋に着きました。
マジメに歩くと、大石から30分かからないんですね┌┛┌┛ズコ!
そして小屋の第一ドアを開けると、ポールが置いてありました。
「やっぱお客さんいますよ( *´ノェ`)コチョーリ」と矢沢さんに伝える。
中に入ると3名様がいらっしゃいました。
誰も来ないと思って散乱させたまま小屋を出てしまったので、急いで通常にまとめます_| ̄|(、ン、)スマナカッタ…
他のお客様がいらっしゃったので、矢沢さんは管理棟へ移動しました。
が、10分くらいでI旦那様が呼び戻し、宴会開始ですグハッ!!( ゚∀゚)・∵.

I夫妻はいつも2人で歩いているので、こんな風に他の人や大人数(ってほどでもないけど)と歩くのは普段ないので、楽しかったと喜んでいました。
I登山部なんて名前を付けてるらしく、なんだかかわいらしい御夫婦ですよ(。・w・。) ププッ
同じ趣味を持ってる御夫婦って、うらやましいですよねぇ。

そして、2日目ともなると食材も乏しくなるはずなのですが、I登山部のザックからはあれやこれやと湧いて出てきます(;´Д`)
どんだけ積んできたん(;゚Д゚)
人のことは言えないが、2人ともでっかいザック担いで来てるんですよ。。。
30_20170705013040cf0.jpg
↑真空パックの炭火焼鳥。
Tちゃんに「肉って2日目もまだ保冷とか大丈夫なの?」って聞いたら「真空パックなら2日位なんとかなるから(´∀`*)ウフフ」って、あぁそうだよねΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
と、妙に新発見をし、今後の山は真空パック生活が始まる事と思います( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

途中、びしょ濡れになった登山者さん2名様が到着し、2階行きに。
寒そうでした(;´Д`)

そして、I登山部からレタス鍋も頂きました(また新たに出て来たぞ)
レタスに豚肉とニンニクと鷹の爪と入っていて、激ウマ( ゚Д゚)ウマー
この二人は、私の山食の意識を改革するのではないだろうか・・・
って、私も昔はもっと一生懸命作ってた気がしないでもないが(;´∀`)
いつの間にか、肉しか食べなくなっていた。。。┌┛┌┛ズコ!
31_201707050130419b9.jpg
私の方はと言えば、4Pチーズ×2種類を出し、ちょうど人数的にいいわ♪って思ってたら、Tちゃんに「雪野さん・・・これはみんなで食べようと思って持って来たんですよね?」と言われ・・・


・・・



・・・


小屋は貸し切りのつもりだったので、一人で食べ切るつもりでしたΣ( ̄ロ ̄lll)
お天気が良かったら土曜はこの頼母木小屋も混むので、土曜は門内に逃げるつもりだったんですよ。
でも天気悪かったので停滞した訳で(;^ω^)
おかげで楽しい時間を過ごせました(*”ー”*)フフッ♪

前日の酒豪の猛者達にまみれてたので、同じかと思っていたんだけど、矢沢さんはそんなにお酒が飲めないとかで∑(´Д`*)ノノ!!
ビックリ発言です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
だから2日目分のストロング9%缶酎ハイ350ml1本&20度の梅酒250mlを飲み始めた私を見て「それ全部飲んじゃうんだよね?・・・」と・・・(;'∀')
矢沢さんのお話の中でおもしろかったのは、とにかく歩いても歩いても疲れない男って話で「頭がボケて疲れを感じないと言われた」的な話をしていて( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
それなら私もボケたいです。。。
ウンコ座り一回しただけで、腿が痛いです。。。

矢沢さんが一足お先に管理棟へ戻り、I登山部のザックから出てきたミニワイン(また出て来たぞww)をちょびっと頂いて、私たちもいいとこで就寝。
32_20170705013043a37.jpg

何時間くらい寝たかなぁ。
ふと目が覚める。
外の爆風の音がすごくて、それからなかなか寝れなかった。
このまま朝になるんじゃないかってくらい寝れなかったけど、やっとうつらうつらし、他の登山者さんが起きるまで寝れた。
起床は4時位なんだろうか?
ほんとは前日の夕方には天気が好転する予定だったんだけど、全く持って外はがーすー( ̄ω ̄;)
風もぼーふー( ̄ω ̄;)

シュラフから出たくもないけど、ダラダラっと這い出て朝ごはん。
定番トマトスープを使ったリゾットと、前日、Tちゃんの真空パック安全説に新世界が見えた。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
なんて思ってた割に、自分の保冷バッグからも、常温の真空パックハンバーグが出て来たという。。。
33_20170705013044a2a.jpg

5時過ぎだっただろうか。
女の子が一人小屋に入って来た。
おい、今何時だ、オイラ寝ぼけてるのか∑(´Д`*)ノノ!!
って思ったけど、夜中の1時半だかにスタートしたとかいう、なんちゅー子だΣ(゚д゚lll)
雪野さんなら間違いなく、登山口手前で寝落ちします(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
って、飯も食ったのでマヂ眠くてしょうがなかったんだけど、下山してからその女の子は、昔安達太良で声をかけてくれたcheeちゃんだったと判明。
確信がなかったので声をかけられませんでしたとメッセージをくれました。
何年ぶりかの再会だったけど、残念でした。
またいつか、どこかで会いましょうヾ(*'-'*)

天気が好転するのを待っていたけど、どうやら好転しそうもありません。
冷え込んだ上に暴風なので、雪渓はガチガチになってるんじゃないか?って、丸森を下山して行くI登山部も心配だったし、下山後はどうせ例のごとく、私は小国へ向かうので、一緒に足の松下りて行ってもいいよって話もあったんだけど、2人は丸森へ向かう事に。
8時ちょっと前、小屋を出ました。
矢沢さんもいらっしゃったので、3日間のお礼を言って。
ありがとう、I登山部!
またどこかで会いましょう(。→ˇ艸←)プククッ☆
34_20170705013046e39.jpg

雪野さんはいつものものぐさで、パジャマタイツのまま下山します(;´∀`)
膝に穴開いてん( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
35_20170705020807e70.jpg

矢沢さん、I登山部、フリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪

名残惜しいですが、足の松に向かって下りましょう。
進行方向!

見えん( ̄ω ̄;)
視界10mもあれば十分だが( ̄ω ̄;)
36_20170705020809e09.jpg

帰りはお花でも撮りながら♪
37_2017070502081057c.jpg

39_20170705020813635.jpg

前日からの爆風で、イチゲもハゲちゃったよウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!
40_20170705021124965.jpg

なんとか残ってるとこを・・・
38_201707050208127f1.jpg

42_20170705021127260.jpg

空の色も暗いので、なるべく写らないように、かつ、花が落ちちゃってるとこはぼかして誤魔化す。。。
41_20170705021125cb9.jpg

白っぽいイワカガミ。
43_20170705021128582.jpg

大石辺りまで来ると、チラホラ本日の登山者さんたちとスライドが始まります。
登山者さんに「下もガス?」って聞いたら、1000mくらいからはガスがかかってないようで。
確かに、高度が下がったら視界が良くなって来た。
44_2017070502113058f.jpg

クリアーにはなったけど、二王子は頭を隠して。
45_20170705021505f73.jpg

今年はタムシバをあまり見なかったな。
46_201707050215063be.jpg

ムラサキヤシオ
47_20170705021508462.jpg

さすがイチゲの時期。
次から次へと人が上がって来ます(;'∀')
途中、お話したパーティーさんの女の子は、一人で飯豊に泊まって来たソロ女子って事で「かっこいい」って言ってましたが・・・
やっぱ変わった事してんだな、私( ̄ω ̄;)って思った。

沢山の人が上がって行ったから、せめて少しでも稜線のガスが取れますようにと、久々にガス取れろの呪いをかける。

がーすーとれろー( ゚Д゚)<呪呪呪呪呪呪呪呪呪

ほんとマジで、青空見えてくれるといいな。
48_20170705021509853.jpg

金曜にはなかった雪塊。
上から落ちて来たんだろうけど、当たったら痛い(では済まない)
49_20170705021511834.jpg

足の松の威力を見せ始める、登山道の根っこが出始めると、なかなか大変だった。
前日の雨で濡れた根っこは、滑る滑る。。。
一度、滑って斜面を転げて、危機一髪でした。。。
止まったとこのすぐ脇が斜面でした。。。
51_20170705021945d78.jpg

そして、登る(;´Д`)
52_20170705021947a3c.jpg

稜線のガス取れたかな??
門内の方は絶望的みたいだけど(;^ω^)
53_2017070502194890f.jpg

御用平が見えて来た。
もうちょっと、がんばれ自分(`・ω・´)シャキーン
54_201707050219499b6.jpg

御用平へ下りたつ手前の斜面に、キモカワちゃんがニョロニョロと(人´∀`).☆.。.:*・°
55_201707050224020a2.jpg

56_20170705022404e22.jpg

58_20170705022407a1f.jpg

御用平へ下り立ちました。
とりあえず一安心。
57_20170705022405f91.jpg

11:39、登山口着。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
行きにはなかった登山届箱が設置されてました。
59_20170705022408e5e.jpg

今回初めてヒュッテから歩いて、チャリ欲しいなって思いました。。。
だけど20キロオーバーのザックを背負って、チャリを乗りこなす自信がありません└(:3」┌)┘))ジタバタ
60_2017070502274085b.jpg

晴れてるけど、稜線はガスに飲まれてる。
61_20170705022741030.jpg

ここからヒュッテまで、山菜を取りながら歩きます( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
行きでチェックしてたんですよ、ミズがいっぱい生えてるなって。。。(;´∀`)
初めて青ミズを採りました。
赤ミズと一緒に生えてたんだけど、見てすぐ分かるもんですねぇ。
そして柔らかいから、ポキポキ折れる。
徒歩じゃないとなかなか来れない、水場も下りてみました。
ここは巨大ミズの群生地でした( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
63_20170705022744c69.jpg

まだ夏手前なんだね、ここ。
62_201707050227434ff.jpg

12:45、無事ゴール(_´Д`)ノ~~オツカレー
お土産もどっさり取れました☆*.°.(*°∀°*).°.*☆
登山者の車もどっさりでした(;´∀`)

さて私はここから、小国へ向かいますo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
目的は当たり前ですが、越後屋ですヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
地神辺りは見えませんね(;´∀`)
64_2017070502274501e.jpg

もしかしたら、丸森を下りて来たI登山部と数時間ぶりの再会が出来るかも♪と、梅花皮荘の温泉に入ってみるもおらず。
丸森だから手こずってるかな。。。なんて心配し、越後屋に行ってみてもおらず。
とりあえず、任務遂行です。
65_20170705023346409.jpg
大盛りで、無事、任務完了(`・ω・´)シャキーン

日付が変わってちょっとした頃、Tちゃんから無事帰宅しましたとメールが届きました。
千葉から来てるんだから、どう考えても私より先に小国を脱出してますな(;´∀`)
そうだよな、初日もスタート一緒位の時間だったみたいだけど、丸森登って来たのに私より先に小屋に着いてたからな。。。
I登山部。。。只者じゃねぇ_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

ソロで毎度のごとく、ほぼ人と絡まず3日間を過ごしてくる予定でしたが、いろんな出会いがあり再会があり、楽しかったなって思います。
特にI夫妻は、お花が好き、旦那さんが三脚担いで来ようかと思ったって言うくらい写真を撮るのが好きな人なので、なんだか同じ匂いがします(でも私は飯豊に三脚担いでこない、辛いから(;´∀`)
だから一緒に居て楽しかったんだろうな。
またいつか、一緒に同じ景色が見れますように(-人-)

3日間を飯豊で過ごすという贅沢な時間が終わりました。
来年も、代休フルに使って、贅沢な時間を作ろうと思います(だから冬休日出勤すんぞ)

いやぁ、今回のお話も長かった(*´∀`)アハハン♪
私の思い出日記にお付き合い下さり、ありがとうございましたZzz....(_ _*)・.。*


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト

<<2017年5月14日 風越山 | BLOG TOP | 2017年6月9~11日飯豊連峰・頼母木小屋泊2日目編、杁差岳・後編>>

comment

tomさん♪

  1. 2017/07/11(火) 23:56:29 |
  2. URL |
  3. 雪野
  4. [ 編集 ]
こんばんは^^

飯豊は積み荷をできるだけ軽量化するのが正解ですね(;^ω^)
軽量化したつもりが、なぜかいつも20㌔超えちゃうので、自爆コースです。
昔は小屋泊まりで14㌔くらいの時もあったんですが、あれから何の6㌔が積まれてるんだろうって謎です( ̄ω ̄;)

  1. 2017/07/06(木) 18:40:39 |
  2. URL |
  3. tom
  4. [ 編集 ]
雪野 様、いつも楽しくブログを拝見しております<(_ _)>

20㌔超のデカザックを背負って飯豊とは、さすがにビックラポンです ゚+(艸゚Д°)シュテキッ★

これからも、綺麗な画像と素敵な山行のUPを楽しみにしております♪

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback