FC2ブログ

ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2017年3月11日~12日 風越山テント泊Part2

  1. 2017/04/19(水) 01:05:16|
  2. 新潟の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2週連続、川内にフラれました( ノД`)シクシク…
泊りの用意してたのに、天気がダメでしたねぇ・・・
悔しいので、藪遊びをしつつ日帰りで遊んできました。
今年は残雪が多いです。
44_20170418235741bd2.jpg

65_2017041823574345d.jpg

お花は咲き始め、やっぱりかわいい(人´∀`).☆.。.:*・°
81_20170418235744bea.jpg

今週末は会山行、久々のリーダーです。
そしてGWの計画も、そろそろ詰めてかなくちゃだし、ちょっと忙しい(;^ω^)
仕事もやっと定時で帰れる゚・:,。*:..。o○☆(๑→ܫ←)ゎ-い♪
って思ったら、また残業してます・・・_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆



風越のつづき。


今回、雪中テン泊のテント内パジャマとして、どれくらい必要かを体感する為ってほどではないんだけど、ちょっと薄めで実験してみました。
非常に寒かったです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
それを踏まえて毛石ではきちんと準備して行ったので、快適に寝れました(。・w・。) ププッ
この日の夜はほんと寒くて、2~3時間おきに目が覚めては、バーナーつけてちょっと温めて、また寝るの繰り返し。
朝起きたら、髪が凍ってました∑(´Д`*)ノノ!!
蔵王の悪夢再びです・・・w

6時過ぎ、モソモソっとシュラフから這い出て外に出てみると、今日はいい天気になりそうな予感+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
29_20170419000545376.jpg

そしてテントに戻って朝ごはん。
本日もパスタ・・・w
29-1.jpg

朝日が出てくると、雪面がキラキラ輝き始めました,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
30_20170419000548fb6.jpg

実はこの日、会山行で会の方々が大蔵山に登って来ます。
だからほんとは、大蔵まで行って合流したかったんですよ。。。
でもどう考えても無理なんで、朝、N先生に「ムリなんで風越の山頂に向かいます!」ってメールを送りました。
必死に撤収作業をして、8:52、テン場出発ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
↓記念にキックして破壊したりしてます( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
31_201704190005506ec.jpg

あ・・・昨日より雪が重い( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

昨日でも重かった雪が、さらに重くなっています(((((((;´д`)))))))
一歩踏み出すと、足を引っこ抜くのが大変なくらい。。。
トレースなしのせつなさです。。。
「もしかしたら風越の山頂すらたどり着けないかも。。。」と思いながら進みます。
32_20170419000551d26.jpg

テン場から100mも行かないうちに、いつの間にやら後続さんが出没(||゚Д゚)ひぃぃッ!(゚Д゚||)
「泊ったんですか?」
「ハイ」
などのやり取りをし「トレースあったから、このまま山頂まで行けるか?ラッキーって思った」と言われましたが「残念、今スタートしたばかりです(;^ω^)」と、即座に先頭を譲る(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
後続者さん改め、先行者さん、がんばってくれ。。。
オラはザックが重すぎてダメだ(_Д_)アウアウアー
33_201704190012399ef.jpg

ワカン大変そうって言われたので、今日の雪でもスノーシューなら沈まない?って聞いたら「普通に沈むw」だそうですwww
そして彼は先に旅立った(この時逆に私がラッキーって思ったブッ(´→з←):;*.:;)
ほんとに一人分のトレースがあるだけで、全然楽なんですよね。
ただただありがたかったです(-人-)
私は踏まれたトレース辿って歩いてるだけなので良かったけど、先行者になった彼は後ろで見ていて結構苦戦しているようでした。
ザックの重い私から、着かず離れずの距離で、視界から消える事はなかったので。
とてもいい天気なんですが、会の方々の登頂するであろう時間との争いで、ゲッソリし始める(ヽ´ω`)グッタリ
36_20170419001244c44.jpg

そして遠目から、先行者さんが苦戦していた急斜面、当然私も苦戦する、トレースがあるのにww
37_201704190012453a9.jpg

39_20170419002035cd3.jpg

急斜面を登り切ったら、青里が目に飛び込んできた*✲゚*( *´﹀` )*✲゚*
40_2017041900203745b.jpg

そして、ちょうど休憩から再スタートを切ろうとしていた先行者さんに「お疲れ」なんて声をかけてもらい、私もここでプチ休止。
2~3分休んで再スタート。
41_20170419002038447.jpg

雲が出て来て、青空が楽しい景色になる(。・w・。) ププッ
42_20170419002040eb5.jpg

いっぱいあるトレースは汚いんだけど、一人のトレースって、何かかっこいいんだ。
43_20170419002041696.jpg

相変わらず先行者さんが苦戦してるので、試しにトレース外を踏んでみる。
普通に膝まで沈んだ・・・
44_2017041900244431a.jpg

今日は粟ヶ岳も美しいです(人´∀`).☆.。.:*・°
45_20170419002445f86.jpg

終始、こんな距離感で歩いてました((´∀`*))ヶラヶラ
46_201704190024478f2.jpg

必死に歩いてると、大蔵の山頂が見え始めた。
時間は10時半、賑わい始める訳だ。
47_20170419002448979.jpg

団体さんが風越山頂方面をみんなで見てる姿も見え、もしかしたら会の方たちかも、間に合わなかった。。。とか思いながら歩く。
もうちょっとで山頂、ソロだったら登頂は無理だったな・・・
48_20170419002450afc.jpg

山頂着は10:40くらいだったんだろうか・・・
先行者さんにトレースのお礼をして、ちょっと気になる事があったので聞いてみる。
「Sくんだよね?」
「Σ(゚д゚lll)エッ」
中学の同窓生でした( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
何となく面影が残ってた&地元と全く関係ない山友がSくんと知り合いで、山をやってる的な話は聞いてたので、ふっと雰囲気が一致して分かったのかもしれません。
学生時代は話した事もなかったし絡みは全然なかったんですが、同窓生だと分かったら普通に会話が弾みましたね(。・w・。) ププッ
「よくこんなマイナーな山に来たね」って言ったら「混んでる山嫌いなん」って、どこかでよく耳にするセリフだぞ(´ェ`)ン-・・
Sくんがラーメンを食べ始めたので、私も食べようかと思ったんですが、ザックからあれこれ引っ張り出すのがめんどくさくて。。。
そしたら、トマトチーズリゾットをもらいました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
49_2017041900282260f.jpg

他にもおやつとかコーヒーとか、あれこれごちそうさまでした(-人-)
Sくんは、この辺の山もそんなに登ってないのに、県外の山なんてまだそんなに登ってないよって言う割に、槍ヶ岳行ってたり、この辺だと五剣谷まで行ってたり、何なんだあんた( ̄ω ̄;)
どっちかというと、沢の人らしいです。
そんなに長居したつもりはなかったんだけど、2時間くらいおしゃべりしてた模様です。。。w
ほぼ初対面みたいなもんですが、話してて疲れない人でした。

団体さんが見えたので、ズームして写真に収めたら、会の方たちだった(。・w・。) ププッ
私が登頂するちょっと前、三五郎山から雪野探索してたらしいです(。・w・。) ププッ
50_20170419002823bab.jpg

51_20170419002825aa7.jpg

52_201704190028266e4.jpg
この後、下の方にベンチを作って、ランチをしたと連絡をもらいました。
私も見えたらしいけど、人影が2つあったので2人で登ってたんだねって話になってたらしく(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
ソロです。。。
時間も時間なので、12:40、下山開始。
今日も川内がキレイでした✩.*♪(o´∇ `o)♪.*✩
53_20170419002828c95.jpg

矢筈もまだ真っ白・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
54_20170419004010aa5.jpg

いつもは下りは軽快なんですが、テン泊装備での2日間のラッセル疲れのせいか、そんなにスピードは出ず、Sくんと離れて行きます。。。
元々ソロ同士なんだから、一緒に歩く必要はない訳なんだけど(;^ω^)
それでも要所要所で待っててくれましたね。
55_201704190040113d6.jpg

前日は登山道オールで雪があったのですが、ゴール間近の鉄塔手前から夏道が露出し、ワカンを外しました。
56_20170419004013ec9.jpg

13:58、ゴール+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
駐車場でSくんとちょこっとおしゃべりして、解散。
特別連絡先は聞いてないけど、何かまた、その辺で会えそうな気がします。
最後のセリフが「またその辺のマイナーな場所で!」だったので( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
静かな山が好きとか、下山後の後始末が大嫌いとか、いろいろ雪野さんの脳内読んでるか?くらいの同じセリフが飛び出して来たので、きっと同じ場所を選んでまた会えそうです(。・w・。) ププッ

歩き的にはなかなか厳しい条件でしたが、ふとした出会いが楽しかった旅でした。
またいつか、その辺で.゚+.(´∀`*).+゚.



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト

<<2017年4月2日 水芭蕉からの不動堂山~福連寺山 | BLOG TOP | 2017年3月11日~12日 風越山テント泊>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback