FC2ブログ

ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2017年3月25~26日 川内山塊大冒険・毛石山Part3

  1. 2017/04/03(月) 01:27:53|
  2. 川内山塊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
ハイ、本日も出社前出勤@水芭蕉公園(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
さすがに日曜だから、カメラマンさんたちいっぱいいるかな?って思った朝6時。
片手くらいしかおらず・・・ww
みんな来始めたのは、8時くらいでしたw
しかも空はグレーで、途中から雨が降り出す始末で( ̄ω ̄;)
ちょうど良かったんで竹藪の中に入って、朝ご飯食べて晴れ待ち((´∀`*))ヶラヶラ
その後は青空が広がり、カメラマンのおっちゃんと「日が差すと違うわ!」「晴れて良かったね!」と木道5週くらいしましたが「キリがない・・・」って同じおっちゃんと5周目で会った時、お互い笑いながらそんな話をし、私も3時間くらい遊んでたので、出勤する。
3_20170402234021c11.jpg

4_20170402234023ab4.jpg

ソフトクリームみたいな、ここが好き
5_2017040223402443b.jpg

出勤場所は、その辺の某山(。・w・。) ププッ
登りのルートではまだ早かった花も、寄り道&下りのルートでは、なんとか花に出会う事が出来。
それでも本格的に咲き始めるのは、今週末かな・・・
8_20170402234745898.jpg

6_20170402234025a65.jpg

で、実は朝撮ったのが、何かいまいちピンと来てなかったんで、夕方駆け込みで再度水芭蕉公園ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
なんとかお気に入りが撮れました・・・
つってもよくよく見ると、水芭蕉がメインじゃないような気もしないでもないけど(;^ω^)
7_20170402234027793.jpg



毛石最終章。

テン場を出発して、ちょっとだけ自分のトレースを辿る。
実は前日、山頂直下で幕営しようと思ったんだけど、どうせなら毛石が見えるとこがいいやってバックしたんです(;^ω^)
山頂方面が良く見える場所で、危険個所をズームしてみる。
一番手前の斜面が、2枚目の夜景写真を見てもらうと一番斜度が分かりやすいんだけど、かなりの急斜面です。
上部は前回同様、雪が切れかけてます。
元々、山頂まで行かなくてもいいかな?って思ってたので、とりあえず行けるとこまで行く事にする。
65_20170403001328c8f.jpg

例の第一危険個所に着いた。
一昨年は、それでも状態が良かったんだなって思えるんだけど、ツボ足キックでそのまま上がっています。
今回は朝方で雪も結構締まってたので、イケるかな?って思ってたんですが、四つん這いで這い上がりながらも、ワカンの先が刺さりません。
時々、雪が吹き溜まってる箇所なんかあると、這い上がれるんですが、雪がついてないとこは全然ダメ。
キックした先から、ズルズル崩れてくシーンもあり、このまま無理すると滑落が先か、下手すると雪崩起こすか?なんて恐怖心が湧いて来たので、何とか横の木が生えてるとこまで逃げる。
67_2017040300032677e.jpg

今回はピッケルは持って来たけど、12本アイゼンは持って来てなかったんです(登頂する気があるようなないような、微妙な感じww)
今回は前爪ついてないとダメな感じでしたね。
ピッケルも、ピックを打って上がらないとダメな感じで、そんなん無理矢理登っても下りれないだろ?お前。。。的な。
とりあえず逃げ込んだ木につかまりながら上に上がってみたけど、↑の写真で丸で囲んだ、真ん中の丸。
木で様子が見えなかったけど、向こう側の景色を見て、こりゃダメだって思って、7:52、撤退決定。
自分がいる左側の細長い樹林の中を歩けば、山頂まで20mってなとこまでは行けるかもしれない。(確か夏道だったと思う)
でも上部は切れてるし、写真の一番上の丸のとこ、山頂までのほんの5m位は、垂直の壁だった。
2年前ですら苦戦したのに、最初の壁すら這い上がれない今日は、全く行ける気がしなかったのだ。
気持ちがそうなってしまってる時は、行かないに限る。
68_20170403000327c4c.jpg

急斜面を這い上がって来たので、下りも急斜面。
木につかまりながら何とか平らなとこまで下りて来ました。
8:16、テン場着。急いでテントを片付けましょう。
9:23、下山開始。
バイバイ毛石、また来年(来年も行くのかよww)
72_20170403002117404.jpg

帰りも当然、アップダウンの連続です・・・萎える_(:3」∠)_
74_201704030021208ba.jpg

グネグネと。。。だから遠いんです、毛石は(;´Д`)
76_20170403002123dbc.jpg

今日は夕方からイマイチな予報。
ヘタすると昼には崩れる気がするから、急いでー((((((((((`ω´;)サササッ
って、無理です、ノロイんで。。。
でも、青空とマンサクの花がキレイ゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
77_20170403002510c09.jpg

10:14、お気に入りの場所に到着。(P589)
既に腹が減った!
最近お気に入りの7-11のメロンパン。
79_201704030025131b4.jpg

いい空だ。。。
80_20170403002515110.jpg

なんて進行方向を見ると見えてくる現実。。。
登りがデカいが、あれを超えればもう登りはない。。。
81_20170403002516a46.jpg

行き倒れそうになりながら、なんとか最後の斜面を登り、後はダラダラと平坦な道を歩けます+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
11:00、尾根と尾根の合流点着。
下山は去年同様、周回したいので別尾根から。
去年と違い、雪がどっさり残ってるので、快適散歩゚・:,。*:..。o○☆(๑→ܫ←)ゎ-い♪
85_20170403003337c40.jpg

広くて開放的な場所。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
86_20170403003056486.jpg

今日の飯豊は霞んでる。
88_201704030030590a2.jpg

ゆるゆると快適な歩きをしてきましたが、ここから急降下です(;´∀`)
90_20170403003102080.jpg

雪があるから、急斜面でも難儀せずに降りて来れます♪
途中、眼下300mくらい先。
動く未知なる生物(||゚Д゚)ひぃぃッ!(゚Д゚||)
黒プーかと騒ぎそうになりましたが、黒くありませんでした( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
91_20170403003524ba0.jpg
睨み合いです。
3分間睨み合いましたが、雪野さんの方が飽きちゃって、動き出したらカモシカくんは奇声を上げながら逃げて行きました。。。

カモシカくんの居た辺りに来てみたら、新芽を食べてたとこみたいです(;^ω^)
92_201704030035269c8.jpg

そして、高度が下がって来ると、踏み抜き地獄です。。。
93_2017040300352752f.jpg

チャレンジランドが見えて来た(`・ω・´)シャキーン
94_20170403003529c3b.jpg

この斜面を下り切った所で、雪庇の残骸程度の雪しか残ってなく、必然的に藪漕ぎをする事になった。
95_20170403003530562.jpg

ワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク



やぶやぶー
97_20170403004031488.jpg

と、張り切り過ぎたとこで、去年と同じ別の尾根に入り込んでしまい、トラバースして軌道修正。
既にこの時点ではラッセルではない。
除雪。
98_20170403004032dd0.jpg

ワカンを外した事で、なおズボる(;´Д`)
99_20170403004034a9a.jpg

目の前にチャレンジランドが迫ってくる_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
100_20170403004035850.jpg

最後の急斜面。
ないよりは、雪はあった方がいいw
101_2017040300403783c.jpg

最後の急斜面、アバヨ!
103_20170403004406c20.jpg

と、ズボりながらも杉林を通り抜け、12:28、目の前に見えた歩道的な道。
104_201704030044075b6.jpg

左を見る。
雪どっさり_ノフ○ グッタリ
105_20170403004409e4a.jpg

相変わらずズボりながら歩く・・・
早いうちにワカンを着ければよかったのに、なぜかずっとツボ足で進む。
ズボりまくって進まない・・・ww
途中ではデブリに出くわし、なんとか乗り越える。
106_2017040300441023a.jpg

どこから落ちて来たんだよ・・・
108_20170403004412476.jpg

もうすぐ夏道の登山口って辺りで、急に雪が細くなる;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
右側は崖・・・
今まで雪がこれだけ残ってた事がなかったので、こんな危険なシーンには遭遇してなかった気が・・・
109_20170403004705ee3.jpg

巾は足一つ分ちょいくらい(;´Д`)
左側に生えてる苔だらけの濡れた木の根っこを必死につかむ・・・汚い|||||(´ω`;)|||||ガ—ン
110_20170403004707938.jpg

なんとか危険個所も回避し、夏道の登山口を過ぎた所で、昨日の自分と遭遇。
112_20170403004710222.jpg

ちょっと期待していたけど、全然橋の雪は融けてなかった(;´∀`)アハハ
113_201704030047116da.jpg

全く、足元注意だよ!!
114_20170403005137030.jpg

13:22、ごーる✩.*♪(o´∇ `o)♪.*✩
下界に降り立ってからの道中が、一番きつかったかもしれないww
雪がなければ20分くらいで歩けた気がするが・・・

帰りに一水荘の温泉にドボンし、がんばったご褒美(人´∀`).☆.。.:*・°
115_20170403005139091.jpg

+:。.。:+(ღ◕ ܫ◕)ノ【 オ ツ カ レ 自分】+:。.。:+

川内は大好きな場所であり、とても怖い山。
今回は、仲良くして頂いてる、矢筈山岳会の知り合いに直接、登山届がてら行って来ますと報告し、下山報告も。
何かあったら、この山岳会の方たちに迷惑をかけるのは必須で。
「雪野ちゃん、遭難しないでね。探しに行かなくちゃいけなくなるから」とは、前から言われています。
普通に捜索するだけでも神経使うのに、知り合いを探すとなると、他のストレスが伸し掛かって来ると思います。
嫌ですもんね、もしかしたら。。。って最悪の事を考えながら捜索するなんて。
だから事故を起こさないように、自分なりにかなり慎重には歩いてます。
だいぶギラギラした目つきで歩いてると思います(;^ω^)
ソロは危険だとよく言われますが、ソロだろうがパーティー組んでようが、危険度は変わらないんじゃないかな?って思います。
ソロは、その緊張感で、案外冷静だったりしますが、私の場合、多人数で歩くと気が緩みます。
ワイワイやってると、緊張感が欠けてくるんです。
楽しい分、山に対する思考が緩んで行くというか。
みんなそれぞれ、自分の力で歩ける人ばかりならいいけど、初心者がいる時は、やっぱりソロの時の精神状態でいなくちゃいけないんじゃないかな?って思います。
ほんとはね、みんな自分の力で歩かなくちゃいけないんだけど、おんぶ抱っこの人が多いのも現実で。
ただ人の後ろをくっついて歩いて登頂して、ドヤ顔して変な経験値を積むくらいなら、同行者がちゃんとした経験値を与えてあげなければいけませんね。
山遊びと言うのは、命がけの遊びな訳だから、それを忘れちゃいけないって諭すくらいの。
そういう意味では、私は人を指導できるレベルでも連れて歩けるレベルでもないので、責任が持てないんです。
だから、歩く時は自分の足で歩ける人とだけ歩きます(人と歩くこと自体、ほぼないけどww)

小屋がない分、飯豊よりも手強い。
山から恐怖と緊張感をもらう場所、川内山塊。
その恐怖と緊張感を絶対忘れないように、毎年川内のどこかに入りたいなって思います。




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト

<<2017年01月29日 大蔵山~風越山周回 | BLOG TOP | 2017年3月25~26日 川内山塊大冒険・毛石山Part2>>

comment

ハタノさん♪

  1. 2017/04/04(火) 20:01:48 |
  2. URL |
  3. 雪野
  4. [ 編集 ]
最近、自分のレベルを勘違いしている人を、よく見かけます。
初心者です言ってる私より、明らかにレベルが低いのに、自分は中級者と名乗ってたり。
レベルは自己申告ですからねぇ、でも勘違いは事故の元だと思いますが・・・
大きい山にいくつか登ったら、中級者になる人が多いみたいです。
多分、自分の命を守る術は、知らないと思いますけどね。

奇遇です・・・
私も七郎平で幕営、次の予定ですブッ(´→з←):;*.:;
水場をちょっと過ぎた辺りの、残雪とブナの新緑の光景が忘れられなくて。。。
新緑の時期はブヨも大発生ですね( ノД`)シクシク…
ハタノさんが、これからどんな所で幕営して、どこを歩くのか、楽しみにしてます(。・w・。) ププッ

御意

  1. 2017/04/04(火) 03:16:36 |
  2. URL |
  3. ハタノ
  4. [ 編集 ]
後半のお言葉、おっしゃる通りです。
当方、さしあたっては「七郎平で幕営」がこの春の目標かな。泊まりスキル備われば「行きたい所」広がりますから。

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback