FC2ブログ

ザックの中身 

2012, 11. 17 (Sat) 20:02

さて、先日行った安達太良や、唐松岳なんかでも遭遇したのですが、いいとこまで文明の利器で人間が上がって来れる山でよく見る風景。

超軽装で登山道を上がってくる( ̄ω ̄;)

唐松では、サラリーマン風革靴にジーンズ&Tシャツとかで山頂小屋手前まで登ってくる人に遭遇しました(;゚;艸;゚;)ぅ゛…
前後にそれなりの格好をした友達が着いてたけど、仮に私だったら、その装備では友達を山には入れませんね・・・
何かあったら責任問題になるし、自分達だけならともかく、絶対に他人に迷惑をかけますから。。。

最近、登山ブームもあるせいか、本当に軽装の人を良く見ます。
前回の雪山の風景は、福島の安達太良なんですが、あそこもいいとこまでロープウェーで上がれます。
ゆえに、普通のスニーカーにショートパンツのお姉ちゃんとか居ましたよ
しかも、山頂の鎖場までしがみついちゃって・・・
山頂駅で止めるべきだと思うんですよね、軽装の人は。
夏山ならともかく、凍りついた雪の日なんだから。

さて、私のザックの中に常に入っている物。
基本中の基本、雨がっぱ(上下)、防寒具(ユニクロのダウンですが)、ヘッドランプ、地図。
道具
最低限でもこの道具がない場合、常に一緒に登る山友さんには、山に入るなと言っています。
会社に登山の先輩がいるのですが、登山を始めた頃、ザックより靴より、まずカッパを買いなさいと言われました。
これ一枚で、命が助かるか助からないかの別れ道にすらなると言われ。
どんなに晴れの日でも、これはザックの中に入っていなければいけない物ですね。

そして地図。
初心者数人で登るにしても、地図は個々で用意してくれと言います。
万が一、自分以外の人間が、何かの事故でその場から消えてしまったら、救助を呼ばなくてはいけません。
地図なしで知らない山を歩けますか?そこまで想定して下さいとの事を伝えます。
なので、地図は個々で持ち、ルートは予め頭に入れておいて欲しいとの事もお願いします。
あとは、一番近い日にちでの、登る山の情報。
ネットで検索すれば、誰かしらその山の最新情報を載せています。
私の中では、これが一番、役に立ってますね(*´艸`*)

ヘッドランプも大事なアイテム。
私は地元のホームセンターで買いました(´゚ω゚):;*.:;ブッ
うっかり下山が遅れ、日が暮れてしまったら・・・
後は言わなくても分かりますね(;^ω^)

この装備なくして山に入る人は、山の怖さを知らない人だと思ってます。
私も最初はザックを買い、ジーンズにTシャツで近所の山をウロウロしてましたが、人に話を聞いたり、本などから知識を得たり、今はネットでも知識を得る事ができます。
自分から知識を得ようとしなければ、そこから先のレベルアップはないと思っています。
山でのルール、マナー、技術向上の仕方。
誰かに聞くなり、自分で情報を求めるなり、それが大事ですね。


そして、あったらいいな、なアイテム。
ツェルト&ポール、救急キット、キットの中に入ってるんだけど、避難道具とかに入っている銀紙みたいなやつ?あれが入ってます。
あと非常食という名のおやつw
道具2
ツェルトはお守りですね。
夏の低山ではこれをテント代わりにできるそうですが・・・
やった事はない(´゚ω゚):;*.:;ブッ

あとは写真はないけれど、山飯登山をメインにしてるので、食材やらバーナー、コッヘルなどなど、カメラもデジイチとコンデジと2つ持ち歩いてるし。。。
その他の小さい装備は、書くのを省いてますw
こうやってると通常装備で10㌔を軽く越える訳で。。。
これからの季節は、ワカンにアイゼンに、更に増える訳で・・・

どうにか軽量化したい今日この頃であります。゚(゚´Д`゚)゚。


初心者が陥りやすい勘違い。
山を一つクリアすると、どこでも登れる気がしてしまう事。
高い山でも低い山でも、初級レベルからとんでもないレベルの山からいろいろある。
標高ではなく、山の難易度を自分のレベルに合わせなくちゃなと思います。
まずは、自分のレベルをきちんと知る事ですね。
まだまだ初心者の私。
私のしている遊びは、常に死と隣り合わせだという事を忘れずに、事故なく安全に、決して人に迷惑をかけるような登山をしない事を、心にしっかり焼き付けて挑んで行きたいと思いますヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif


スポンサーサイト



コメント

雪野

ikajyuさん♪

はじめまして、コメントありがとうございますi-185
多少、自分のレベルより高い山なら、力をつける&レベルを知る為にはいいなって思うんですけど、行き過ぎると自力で下山できなくなる可能性もありますもんねi-230

私も徐々にレベルアップを図ってるつもりでしたが、先生に言わせると「レベルアップの仕方がおかしいi-230」だそうですi-229

地元の裏山(1000m弱)→アルプス

確かにおかしいi-282

また遊びに来てくださいね、私も遊びに行きますi-185

2013/03/01 (Fri) 20:25 | 雪野 | 編集 | 返信

ikajyu

No title

確かに冷静は判断は必要ですね。
慢心がいけないというわけではありませんが
ついつい過信してレベルに応じない無理な山行に
なってしまうことがあります。
レインウェアは必須ですね・・・

2013/02/28 (Thu) 22:36 | ikajyu | 編集 | 返信

雪野

金海のおじさん♪

こちらこそ、遊びに来ていただきありがとうございましたi-179
私もまだ、登山を始めて一年半の超初心者ですi-229
それでも、私の分かる範囲で、お答えできる事があればお答えいたしますi-185

韓国でも日本でも、山は山です、場所は違えど、一緒に楽しみましょうi-189
金海のおじさんのおかげで、見れる事のなかった韓国の山がこれから沢山見れますね(*´艸`*)
私のブログの更新頻度はかな~~り遅いのですが、のんびり更新を待ってくださいi-229

私の方も金海のおじさんのブログを、リンク貼らせて頂きますねi-236
これからも、よろしくお願いしますi-189

2012/11/30 (Fri) 23:35 | 雪野 | 編集 | 返信

金海のおじさん

私のブログにお立ち寄りいただき光栄至極です。
まだまだ未熟もの(ブログも登山も)ですが、これからも貴方のブログを一生懸命読ませていただきます。
たまには質問していいですか?
韓国で、山登りをする日本人の友達がおらず困ることがあります。
私のブログの<お気に入り>に加えさせていただきましたが、よろしかったでしょうか?
これからも、お時間あるとき、又お立ち寄りください。
宜しくお願いいたします。

2012/11/30 (Fri) 22:22 | 金海のおじさん | 編集 | 返信

金海のおじさん

韓国在住の老夫婦です。

初めて書き込みさせていただきます。私達老夫婦は2年ほど前より韓国で暮らしております。韓国は国土の64%以上が<山地>と言われているだけあって、都市部、郊外を問わず、アパートと山はワンセットになっています。必ず右左裏は低い山に囲まれています。私は日本において、又アメリカ西部、東部での暮らしもありましたが、<山>には一切無縁の人間でした。しかし、私のアパートの<裏山>を<制覇>してより、夫婦にて、これからの余生<お山登り>をしていく事を二人で誓いあいました。今年還暦を迎えたおじさんですから、パソコンもクリックして遊ぶだけ、メールを少しやり取りして終わりの、超アナログおじさんです。ですから、皆さんがとても上手につくられているブログも、自分で立ち上げる(大袈裟ですが)など出来るとは思っていなかったのですが・・・出来ました。
日本の皆さんの書かれているブログを検索している中で、貴女のブログに目がとまりました。
はじめてで失礼とは存知ましたが、お時間ある折、私のブログにも是非お立ち寄りをお願いしたいと思いコメントさせていただきました。
http://gkorea.hamazo.tv<慶尚南道より韓国100名山をめざして>というブログ名で<金海のおじさん>ニックネームで記事を書かせていただいております。
私は日本の山は登ったことがありませんので、良くしりません。
これからも、貴女のブログで日本の山の紹介楽しみにしております。

2012/11/29 (Thu) 14:37 | 金海のおじさん | 編集 | 返信

雪野

目目連さん♪

はじめまして┏O))

いえいえ、貴重なご意見、ありがとうございますi-189
これからの時期、雪山ともなればツェルト貼ってもテントの代わりにはならないし、事故に遭ってこれを使わなくてはいけない場合、やっぱり被るんだろうなとは思ってましたi-229
なので、ポールはいらないかなぁって思ったんですが・・・いつかテントの替わりもやってみたくて(笑)

登り始めの時間が遅いって、ちょっとドキッですi-282
私は基本、地元の1000m程度の近所の山に登ってるので、下山完了が3時までに出来ない場合は登らない様にしています。
単独だと寝坊ばかりで・・・反省しますi-241

2012/11/25 (Sun) 21:12 | 雪野 | 編集 | 返信

目目連

こんばんは。

最近、登山者を見ていて『危ないなー』と感じるのは『登り始める時間』が遅い事です。
私は夜明け前の薄明かりが登山開始なので、日帰りの時などは、9時頃には登山口に戻って来ます。
みなさんその頃に、私に『早いですねー』なんて言って上がって行きます。

・・。
ツェルトは『張り方』より『かぶり方』をしっかり練習した方がいいと思います。
結局『いざ』って時にはかぶって座るので。

当方のブログは道具が専門でして・・・。
偉そうにスミマセン。

2012/11/25 (Sun) 19:01 | 目目連 | 編集 | 返信

雪野

Kyazuさん♪

正真正銘の初心者を抜かして、山での事故に会うのは、上級者さんが多いと聞きましたi-282
山慣れしているという安心感から、うっかりしてしまうんでしょうねi-230
私は生涯初心者のつもりで行きたいので、日々精進・・・したいi-229

えと、この前の宴会では、私は14㌔でしたi-278
友達は23㌔だったみたいです・・・おバカさんi-282

2012/11/20 (Tue) 23:51 | 雪野 | 編集 | 返信

kyazu

備えあれば

スバラシイ!!
みんな雪野さんのような心構えなら
なんで?というような単純な道迷いや
遭難が減るのにね。

通常装備で10kg。ということは・・・
6時間の宴会なら総重量はどんだけ!?i-268i-269i-281i-282

2012/11/20 (Tue) 17:20 | kyazu | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント