ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2015年4月29日~5月1日 瑞牆山・金峰山Part2

  1. 2015/05/12(火) 00:16:27|
  2. 山梨の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
GWに山に籠りすぎたせいで、未だに山時間の生活から抜けれません_ノ乙(、ン、)_
11時には寝落ちしそうになり、毎日4時半に一回目が覚めます(無理矢理寝るけど)
どこで切り替えればいいんだろうZzz....(_ _*)・.。*

そんなこんなで、腹くっちぇ過ぎて山に行こうって気がこれっぽっちも起きませんで(未だに起きない(*・з・)ぷッ)
GW中に友達と遊びたかったんだけど、お互いの休みが合わずに会えなかったので、この日曜は下界で遊びまくり_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
よく山岳会の先輩に言われるのが「山にばっかり籠ってないで、下界の友達も大切にするのよ!じゃないと、誰もいなくなるからね!」って言われます。
そりゃそうだ、と思って、最近は、ちゃんと下界の友達とも遊ぶようにしています。
つか、もう毎週山に籠るほどの情熱がないww

昨日は、最近駅南にできたらしい、スープカレーのお店に潜入| 冫、)ジー
スープカレーの店自体、新潟にできるのは何年振りだろう。。。
昔も駅南にあって、赤道に移転した後、閉店しちゃって、あそこのスープカレー、おいしかったんだけどなぁ。
そんな、スープカレー好きのお友達と行ってみました。
2_20150511225802ac5.jpg

定番のチキンレッグで辛さ4でオーダー。(推賞は3)
人参とかぼちゃが嫌いだと言う友達から、具を放り込まれた訳ですが・・・ww
3_20150511225804354.jpg
私、4は辛くてダメだww
次は2にします・・・( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬

チキンはスープに入れる事も出来るし、ライスに乗せる事も出来ます。
ライスオンでオーダー。
4_20150511225804ee6.jpg
個人的に、パリパリチキンじゃなくて、煮込んだ柔らかチキンが好みだ(友達もそうらしい)
でも、久々のスパイスの香りは、懐かしい感じだった。

んで、ここまで来たんで、万代のモンベルに行ってみた。
駐車場から何分もかけて歩くのがめんどくさい。
5_20150511225806030.jpg
結局、今年の新作のチェック帽は、カタログそのまんまで、色が微妙すぎて友達からもOKもらえず(雪野的にもアウトでしたがww)

なので、やけ食い。
6_20150511225807efa.jpg

そのまま移動して、おいしいパン屋でパンを大量買い、その場でやけ食い。
7_20150511225844998.jpg

石井スポーツに行って、チャラくて大好きなブランド、マーモットの帽子に一目惚れして、買う゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜
今までのモンベル帽、色合いがお気に入りなんだけど、さすがに3年も4年も被り続けたら、ヨレヨレでね、風が吹くとつばが目にびったりくっつくのですよ・・・
ガチやってる時、目の前が見えなくなるとかイラッっとするので、この前の藪漕ぎの時に、買い替える!って誓ったのでした(`L_` )ククク
10_20150511225849da2.jpg

んでイオンに移動し、下界靴購入。
24㎝、でかい。
23.5㎝、でかい。
23㎝、まさかのでかい。
「店員さーん、もっと小さいのある?」で22.5㎝が出て来たwww
オイラ、子供か????
9_20150511225847dac.jpg

んで好日で、やっとこーたね、ヘルメット。
ぺつるのぴんく!ぴんく!ハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
11_20150511225850ca8.jpg

いや、運よくこれがフィットして、しかも女性用。
何が女性用って、カミナガ族の雪野さんに持って来いな仕様。
髪縛ってても、邪魔にならないらしい(他の装着した事がないから、邪魔度が分からんけどな)
12_20150511231937d64.jpg

〆はかっぱのお寿司(人´∀`).☆.。.:*・°
8_20150512000935241.jpg


あぁ・・・

下界に居ると、金使うなヽ(冫、)ノ



GW関東遠征の続き(すでに眠いので、きっと途中でダウンする)


早朝5時過ぎ起床(多分)
隣のテントがうるさくて、結局寝るタイミングを逃し、寝たのは10時過ぎだったと思う。
なので、5時に周りがゴソゴソする音で目覚めても、シュラフの中でウダウダする└(:3」┌)┘))ジタバタ

朝ごはんは粉末トマトスープのパスタ(*ㅎωㅎ)
1_20150511232716a3e.jpg

ほんとは5時にテン場を出発して、昼には戻って飲んだくれ寝まくりのダラダラをしたかったんだけど、結局スタートは6:47┌┛┌┛ズコ!
金峰山への登山口は、小屋を正面にして右手、トイレの脇から登りますブッ(´→з←):;*.:;
2_201505112327180f4.jpg

スタートしてすぐ、木々の間から富士山の頭だけ見えた。
あぁそうだ、テン場の名前が富士見平って言うのは、富士山が見えるからだった(滞在中、小屋前から一度も見ずww)
3_20150511232718d14.jpg

スタート時は2人くらいしかいなかったのに、気づいたらワラワラと人が∑(´Д`*)ノノ!!
そしてみんなに追い越される( ̄ω ̄;)
5_20150511233202e29.jpg

こちらもやっぱり、岩ゴロな道。
7_20150511233204f41.jpg

7:29、鷹見岩の分岐。
ダルいから寄るの帰りにしようかなぁ?って思ったけど、自分の性格上、帰りなんてもっとダルくて間違いなくスルーするので、行きで寄る事にする( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
龍みたいな倒木。
10_20150511233204ce3.jpg

こちらはあまり整備されていない。
でも踏み跡は明瞭なので、迷う事はないと思う。
11_20150511233206f4e.jpg

途中、股越せない倒木を乗り越えたり、結構大変だった(;´Д`)
地図のコースタイムでは10分なんてなってるけど、10分でなんかつかねーよ!
意外と登ったし_ノフ○ グッタリ

鷹見岩へは、ここに来て一番厳しそうな鎖だった┌(_Д_┌ )┐
下りる時、滑るなぁ。。。的な。
12_20150511233207b0b.jpg

7:45、岩の上には三角点。
見晴らしもいいし、岩の上は広いし、金峰に行かないなら、ここで延々昼寝でもいいくらいだ。
13_20150511233841a22.jpg

今日は八ヶ岳もよく見える。
14_201505112338420a0.jpg

昨日登った瑞牆も見える。
15_20150511233843f52.jpg

富士山_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!

ない・・・消えた( ̄ω ̄;)
16_2015051123384533d.jpg

金峰の山頂は、一番奥。
マジか、結構遠い( ̄ω ̄;)
17_2015051123384650a.jpg

岩から鎖を使って下りるのが怖かったので、鎖の右手の木に捕まって滑り降りた。
18_20150511234051d81.jpg

8:08、再度分岐。
19_201505112340532d8.jpg

8:16、大日小屋着。
小屋は登山道のはるか下、しかも日当たりが悪い・・・
ちょっと怖い(;´・ω・)
20_20150511234055132.jpg

テン場は登山道の上で、日当たりがいい。
最初、富士見平よりこっちの方が静かだろうと思って、こっちにテントを張る事も検討してたんだけど、さすがに人が居なさ過ぎて怖いよね。。。って思って、辞めたのでした(*・з・)ぷッ
21_201505112340559b8.jpg

鷹見岩のピーク。
結構、登ったんじゃないのか、あれ( ̄ω ̄;)
22_20150511234058c0b.jpg

いろんな鳥が飛んでるねぇ。
23_20150511234504225.jpg

24_2015051123450541f.jpg

金峰の第一鎖。
25_201505112345077b9.jpg

鎖を過ぎてちょっとしたら、お腹が空いて来た(;´Д`)
アンパンタイム(*´~`*)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”
27_20150511234508c7f.jpg

パンを食べてたら、欧米系のパパと男の子。
元気よく挨拶をして、通り過ぎて行った。
数分後、日本人の女性と、5歳くらいの男の子。
男の子はハーフだ。
あ、さっきのパパとファミリーか( ゚д゚)ハッ!
ちょうどパンを食べ終えたので、ママの後ろを歩く。

大日岩が見えて来た。
28_20150511234509406.jpg

すでに下山して来た方がいらっしゃって、ママとお話してた。
んで雪野さんの方に来て、挨拶をしてそのままスライドしようと思ったら「どこから来たんですか?.゚+.(´∀`*).+゚.」

なんたるイケメン!!!

てんしょん上がってきたああああああ,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’  

えぐざいるのまきだいを、もっと爽やかにしたようなイケメン兄さん・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
雪野さんより、ちょびっと年下と見た。
あぁ、年下のイケメンとか、なんたる御馳走ハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
あ、雪野さん、年下フェチです(*´ω`*)

で、新潟から来たと伝えると「俺も新潟!!」と、まさかの異国の地で、新潟の方とのお話(*・з・)ぷッ
前の日に甲武信ヶ岳を日帰りし、今日は金峰&瑞牆を日帰りして帰ると言う。
なんたる猛者・・・
「欲張りだねぇ。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ 」と言ったら「だってわざわざ新潟から来てるもんww」と。
私もテントというアイテムがなかったら、そんな登り方をしていたかもしれません(;^ω^)
5分くらいお話をして、お互い「気をつけてヾ(*'-'*)」と挨拶をして、別れました。

イケメンに会った事でテンションは上がったけど、歩くスピードは上がりません( ̄ω ̄;)
8:59、分岐。
どうしても小川山が気になる。
29_20150511235705752.jpg

大日岩が見えた。
30_20150511235707c6f.jpg

ファミリーの後を歩く。
お兄ちゃん7歳くらい、弟くん5歳くらいかな?
がんばって歩いてます
何度かママに「追い越します?」って言われたけど、なんかかわいいしおもしろいし、子供のペースがちょうどいいので、後ろを歩きましたブッ(´→з←):;*.:;
31_201505112357085b2.jpg

大日岩を過ぎた辺りから、残雪が出始める。
昨日の瑞牆と違って、こちらはかなりガチガチの雪。
32_20150511235709304.jpg
結局途中で、ファミリーを追い越すことになった(´・ω・`)

いつになっても森林限界が来ないんだけど、あまりイヤな感じではなかった。
逆にこの感じは、心地いいくらいだった。
33_20150511235710340.jpg

がっつり雪がついて来た。
6本アイゼンは担いで来たけど、めんどくさいw
凍ってない箇所を選んで、蹴りながら登る。
34_2015051200012109d.jpg

根っこの間は、全部氷。
35_20150512000123d70.jpg

9:56、森林限界を抜けた。
ほんとはずっと稜線歩きなんだろうけど、視界が開けた事で、ここでやっと稜線に上がった気分。
36_20150512000124999.jpg

37_201505120001256c5.jpg

なんかいいねぇ.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
でも山頂まで、近いようで遠いぞ、これ;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
ゆるく行きましょう、ゆるくね_ノフ○ グッタリ
38_201505120001260c0.jpg


もうムリ、(ㅎωㅎ*)おやすみなさい



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト

<<2015年4月29日~5月1日 瑞牆山・金峰山Part3 | BLOG TOP | 2015年4月29日~5月1日 瑞牆山・金峰山>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback