FC2ブログ

ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2015年3月21日 粟ヶ岳Part2

  1. 2015/03/27(金) 01:06:59|
  2. 新潟の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
悪魔の粉がすげーです( >д<)、;´.・ ィクシッ

(* ̄ii ̄)ブー


そして、いつになっても仕事が暇にならず家に早く帰れません_ノフ○ グッタリ

疲れてるので、悶絶級のブラックラーメンが食べたいのだ!と言ったら、新幹線に乗って富山に来て食べればいいとォオー!!(゚д゚屮)屮

北陸新幹線、新潟と直結していねえええええええ( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
繋げろや!!!
つか、モンベル立山店の開店はいつなのだ??
もはや、行きにくい場所に移転してしまった新潟店は、雪野さんの中ではない事になっているので、立山店が開店したならば、もんべる立山店+ブラックラーメンの2度おいしいツアーが決行できるというのに(๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧
交通費ひでーな・・・ww


そして、スノーバスケットの調子悪かったやつ、粟で破壊してしまった( ̄ω ̄;)
いや、破壊したんじゃなく、もう終了合図で外れてばっかいたんだよ、そうに違いない!!!
2_20150327005540623.jpg
もう雪も無くなりそうだつのに、壊れたか・・・
まぁ、予備のバスケットがあったので、それまた付けてみたけどね(´∀`*)ウフフ




三合目で会ったおじさんに「お~、がんばって上がって来たね~」なんて言われながら、おにぎりをかじりる。
おにぎりを食べ終える頃、みなさん山頂に向かって出発。
え、みんな行っちゃうんだ( ̄ω ̄;)

そうかそうか・・・

o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪

おいおい、行くのかよ┌┛┌┛ズコ!

61_20150326234506f70.jpg

あ、腿が攣った、やっぱダメだwww
とりあえず水をいっぱい飲め(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
あ、治った∑(´Д`*)ノノ!!

o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪


小屋から北峰への道は、毎度のことながら崩れている(;´・ω・)
63_201503262345071fe.jpg

そしてきつい└(:3」┌)┘))ジタバタ
64_20150326234509455.jpg

振り返ってみる。
雪庇は結構崩れて来てるねぇ。
65_20150326234510151.jpg

白山は人いっぱいかなぁ?と、望遠で見てみたけど、その時点ではよく分からず。
家で200倍に拡大してみたら、人の塊がいたΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
あの塊の中に、山友さんが居たらしい
66_2015032623451155b.jpg

川内越しに、真っ白な飯豊連峰
67_20150326235607ae1.jpg

いやだっつーの、こんな斜度を延々と(_Д_)アウアウアー
68_20150326235609f37.jpg

北峰超えて9合目。
中峰超えて山頂は向こう側(ヽ´ω`)グッタリ
69_20150326235609969.jpg

中峰も、雪が多ければこんなに広くなるんだねぇΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
70_201503262356118e4.jpg

中峰をガクンと下がって、登り返さねばならぬ( ̄ω ̄;)
あそこが山頂だ( ̄ω ̄;)
71_201503262356128fe.jpg

クラック走りまくり=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́)))
72_201503270000467ac.jpg

ちゅーか、クラックの外側歩いてるじゃん((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
73_20150327000048c3f.jpg

山頂手前、ふと振り返ったら、いきなり人がいてビビったΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!
「いやぁ、やっぱ粟は疲れるねぇ。ここまで3時間もかかってるw」って、兄さん、3時間とか超早いよ└(:3」┌)┘))ジタバタ
雪野さん、4時間半以上かかってるwww
雪野さんのカメラを見て「それは重い(* Д ) ゚ ゚」とか話をしつつ、サーッと山頂へ向かって歩いて行った。
74_20150327000050402.jpg

振り返る。
76_20150327000050f33.jpg

長かった・・・
12:40、山頂着_ノフ○ グッタリ
77_2015032700005312c.jpg

78_201503270008079eb.jpg

また三合目で会ったおじさんに「お~、がんばって登って来たね~」と言われww
おじさんと一緒に居た他人らしいおじさんにも「何時間かかった?」と聞かれ「5時間近く?ww」と答えたら「根性あるなぁwww」と。
ノロ過ぎて涙が出ます。゚(゚´Д`゚)゚。

ガチな日は、ランチもこんなもんで終わり。
79_20150327000809616.jpg

重い足取りでもがんばって登って来たのは、これが見たかったから。
日本一の秘境とも呼ばれたりする川内山塊。
そんな場所が、地元にある事は誇らしい(o◕ܫ◕)→ܫ←)ゥンゥン
80_20150327000810480.jpg
ただ、どれがどの山だか分かってないという( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そんでまたおじさんたちとお話しし「鎖場走って下りて来て、滑落した人いてビビった!勘弁してくれ!」とベラベラしゃべり「おぉ、その人どこまで落ちた?止まったか?」と聞かれたので「何とか下で止まった( ̄ω ̄;)」と教えてあげた。
ゆっくりしゃべってたいが「私、ノロいのでもう下りるw」と、12:54下山開始ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
開始した瞬間、ズボる( ̄ω ̄;)
「デブな自分を呪う瞬間!!!」と叫んで下山( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
82_201503270008135b0.jpg

自然が作る、この緩やかなラインが美しい
83_2015032700200361e.jpg

中峰への登りが、これまたしんどい(ヽ´ω`)グッタリ
84_20150327002005d60.jpg

お、下田ルートから上がって来た人発見(右側の人)
85_20150327002007e35.jpg

今日は冬季限定ショートカットコースは辞めとこう。
雪がグズグズ過ぎて、歩くのが怖い(;´Д`)
87_20150327002008c5c.jpg

きれいね,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
88_201503270020092ea.jpg

89_20150327002234afc.jpg

北峰からの下りは、更に雪が腐って踏み抜きまくり└(:3」┌)┘))ジタバタ
まだ3月半ばだぞ?とか思った。
小屋は雪庇に隠れて見えないようだ。
90_20150327002236318.jpg

春の模様だなぁ。
91_2015032700223793a.jpg

13:36、小屋再び。
92_20150327002238f29.jpg

入り口は雪の中。
まだまだ入れそうにない(掘る気もない)
93_2015032700224009c.jpg

恐怖の下りが始まるぞ( ̄ω ̄;)
94_20150327002525988.jpg

粟庭へ向かう途中、鎖場を下りる人が見えた。
半日経って、雪の状態はどうなっただろうか・・・
95_20150327002528638.jpg

影が落ちる。
96_201503270025280bd.jpg

くっそ、今日もきつかったぞ!!(まだ終わってないけどw)
97_20150327002530d0e.jpg

あぁぁあああああ、こええええええええええ└(:3」┌)┘))ジタバタ
98_2015032700253177b.jpg

この斜度、なんとかしてえええええ(((((((;´д`)))))))
99_20150327002806fb4.jpg

ナイフだしいいいいいい
100_20150327002807022.jpg

急登過ぎるだろ( ̄ω ̄;)
101_20150327002808928.jpg

粟庭に這い上がり、いったん休憩。
行きに粟庭で会ったおじさんとまた会うw
おじさんも朝の滑落を見てたらしく「あの人、なんで走ったんろっかな?」と不思議顔だった。
そして、山頂手前で会った超速兄さんが、また追いついて来た(;´Д`)
私が下山開始した時は、まだご飯食べてたのに(;´・ω・)
おじさんが言うには、先週登った時は、まだ雪はガチガチだったらしいです。
そして、この時期にこんなに緩むのは珍しいんだと。
みんなで、気をつけて下りましょうねと話しながら、再スタート。
超速兄さんが先に鎖場を下りて、やっぱり超速で消えてった( ̄ω ̄;)
102_20150327002810e12.jpg

登りの小屋でピッケルからストックに持ち替えたのを、粟庭でまたピッケルに持ち替える。
怖すぎるガクガクブルブル((;゚Д゚))
103_20150327002811bed.jpg

あーでもない、こーでもないと独り言がすごかったww
時間がかかったけど、何とか無事に鎖場クリア。
104_201503270033221ba.jpg

多分、こんなアホの子をが心配だったのか、おじさんはしばらく雪野さんを追い越さずに後ろを歩いていた。
三段梯子を過ぎて、アイゼンピッケルを片付けている時に「がんばって下りたねと声をかけて下さって、そのまま追い越された+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚ァリガトゥ
105_20150327003322cfb.jpg

そして一人ぼっちで歩きだす。
とにかく雪が腐りまくって、標高が下がる度にかなりの頻度で踏み抜くようになってきた。
ここちょっとどうかな?ってとこで、トントンやって探ってみたりして、大丈夫だなと思って足を乗せた。
その瞬間、踏み抜いた。
踏み抜いた後で、その雪が崩れてバランスを失った。
転げ落ちた。
「あぁ、やばい・・・これ、どこまで落ちるかな・・・」とか考える。
運よく、ハーフパイプのように脇がせり上がってた場所だったので、単純にその場を一回転しただけで済んだ。
これがナイフの上だったら、どうなってたかと、ヒヤッとした。
そして、人間が転げ落ちる時は、ものすごく簡単に回転するんだという事も分かった。

15:03、3号目。
粟に来ると毎度ヘタヘタになって下りて来るけど、さすがに今までの比ではなかった。
ほんとにクタクタヽ(冫、)ノ
106_2015032700332469d.jpg

疲れているので転ばないように、ゆっくり歩く。
きっと、この人たちが最終便であろうと思われる、男の子二人にも追い越されるww
107_201503270033257ee.jpg

15:37、無事登山口着。
なんとか4時前に下りれた(;´Д`)
108_20150327003326e6b.jpg

ここからまた、ダルい林道歩きをし、車が見えた時、最後の車2台が出発したところだった。
16:11、雪野さんの車だけが淋しそうにww
109_2015032700494061d.jpg

帰りは美人の湯と言う温泉に1時間半もドボンしてたらしい( ̄ω ̄;)
露天から粟ヶ岳が見えるので、半廃人と化しながら長湯してたらしい(๑°⌓°๑)

何回登っても、厳しい山だなぁ。
決して相性のいい山とは言えないんだけど、それでも結局毎年、雪の残る時期に登っていて、やっぱりまた、白の粟に会いに行くんだろうと思う。
でももう、この時期の粟に登るか?って聞かれたら、ちょと微妙だなww

きつかったぞ粟!!
でもいい空といい景色をいっぱいもらったよ(๑→ܫ←๑)
ありがとう(。・w・。) ププッ
110_20150327004842bee.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト

<<2013年6月2日 岩手山 | BLOG TOP | 2015年3月21日 粟ヶ岳>>

comment

ぷすけさん♪

  1. 2015/04/06(月) 20:44:54 |
  2. URL |
  3. 雪野
  4. [ 編集 ]
ぷすけさん、おこんばんは(=°ω°)ノ


いやいやいやいや×100
残雪の粟、涙目になりながら登って下って来ました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
もう行かね!って今は思ってるけど、来年また行ってると思う・・・2月とか・・・( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

なんと!!
ぷすけさんも過敏性腸症候群ォオー!!(゚д゚屮)屮
(´・ω・`) 人(´・ω・`)ナカーマ
って、これほんと、山に入ってる時、青ざめながら下山して来たのをきっかけに、ストッパ下痢止めに手を出しました(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
でも私、間違いなくストレス性です( ^ิω^ิ)y-~~ホホ

あ、おっちゃんから聞いた山は、菱ヶ岳なんですよi-190
五頭~菱の雪の稜線の写真見せられて、混んでるから五頭は行かないんだ~って言ったら、菱は多くて10人だぞ!斜度がものすごく急だから、ピッケル&アイゼン使える人しか行けないぞ!って言われたんだけど・・・
翌週雨で行けないってオチで終わった。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ

  1. 2015/04/06(月) 14:56:41 |
  2. URL |
  3. ぷすけ
  4. [ 編集 ]
雪野さん、こんちゃヾ(´∀`*)

残雪期の粟わわわわーっ!お疲れ様でした!
難易度激ムズって聞いてますがなんなくこなされたんですね( ´艸` )ウフ

んー、雪野さんとワタシの意外な共通点その弐!
過敏性腸症候群~♪ パフパフΣ(゚Д゚)ギョエー!
アノ感じ...なんでしょうね?
たいした原因もなく「ストレス」だけで片付けられてません?

で、おっちゃんから聞いた面白そうな某山....どこだろーう?
(´・ω・`)ノ

takechanamanさん♪

  1. 2015/04/05(日) 19:40:12 |
  2. URL |
  3. 雪野
  4. [ 編集 ]
はじめまして、コメントありがとうございますi-179

翌週、もう粟庭の上の雪が切れてましたかΣ(゚д゚lll)
私も苦手なんですよね、あそこ・・・
滑ったらそのまま谷底に落下が目に見えてるので、ほんとに怖いですよね(;´Д`)

冬季限定コース、お気に入りのコースなんですけど、もうちょっと雪が締まってくれてたら歩けたのになぁ。

お・・・
大俣道なんていう所があるんですね。
これも雪の時期限定のコースでしょうか?
興味が出てきました(笑)

人の手が入ってない植物は、ほんといいですよねi-189
山で咲いていても、植生したと思うと、なんか見に行く気が失せてしまう私です(;^ω^)

粟は雪の時期しか登りませんが、どこかで見つけたら声かけてくださいi-179

youさん♪

  1. 2015/04/05(日) 19:31:36 |
  2. URL |
  3. 雪野
  4. [ 編集 ]
お久しぶりですi-179

雪が汚れる前の、白い粟は去年からの野望だったので、行けてよかったですi-185
それでも、体力的にはギリギリ山行だったので、決して成功ではありませんね。
悪い例です。。。

残雪期でも、やっぱり粟のレベルは、その辺の山より格段に上でしたi-195

  1. 2015/04/05(日) 18:50:09 |
  2. URL |
  3. takechanaman
  4. [ 編集 ]
はじめまして
次の週に行ってきました
粟庭の上は雪が切れてやばかった
途中でご一緒したスーパー仙人様の後をついて冬季限定下りコースを下りました
小屋から先は大俣道を久しぶりに下り秘密の雪割草群生地をハケーンでした
最後は渡渉で浸水の落ちが付いた山行でした
粟ヶ岳大好きです ハアト!

やりましたね〜^^

  1. 2015/04/04(土) 01:30:42 |
  2. URL |
  3. you@
  4. [ 編集 ]
まっ白な粟ヶ岳に、行っちゃたんだね〜
自分は、怖くて行けません。^^
無事帰ってこれて、よかったね。

nobuharuさん♪

  1. 2015/03/28(土) 20:26:24 |
  2. URL |
  3. 雪野
  4. [ 編集 ]
一足お先に、山頂にお邪魔してきました_ノフ○ グッタリ

私も今日は仕事でしたよ(´・ω・`)
明日もお天気微妙だし、今の所、来週もよくないから、明日はトレッキング程度でも歩いておいた方がいいのかなぁ?って気もするんですが、寝坊コースかと思われます( ̄ω ̄;)

来月中なら、まだまだ白の粟が出迎えてくれると思いますよ♪
諦めずに(*ノ´□`)ノガンバレェェェェ

わらさん♪

  1. 2015/03/28(土) 20:22:19 |
  2. URL |
  3. 雪野
  4. [ 編集 ]
この時期の粟は、私がチャレンジするには、ちょっとレベルが高かったかも(;´Д`)
すっげ疲れた(_Д_)アウアウアー

小屋で引き返す予定だったんだけどねぇ・・・
周りの人の後ろにくっついて、うっかりフラフラと・・・(悪い癖w)

去年、粟に行った時は、隣の権ノ神の山頂に知り合いが居たり、なんかこの辺登ってると、おもしろい事があるね(。・w・。) ププッ

茶々さん♪

  1. 2015/03/28(土) 19:59:33 |
  2. URL |
  3. 雪野
  4. [ 編集 ]
粟は毎度、なんだかんだ惰性で山頂に行ってしまう_ノ乙(、ン、)_

ナイフの尖りっぷりは、実は4月半ばの、今よりもうちょっと雪が落ちた方が怖いんじゃないか?って思う(;´Д`)
去年、4月の半ばに行った時は、粟庭~小屋までのナイフが、もっと細くて怖かったからねぇ(((((((;´д`)))))))
雪のある時期は、山の顔がその日で変わるから、状況が読めなくて怖いね└(:3」┌)┘))ジタバタ

春模様、ほんときれいだよねぇ(*´ω`*)

  1. 2015/03/28(土) 08:13:17 |
  2. URL |
  3. nobuharu
  4. [ 編集 ]
山頂まで行ったんですね。素晴らしうらやましい!

あぁ、天気良いのに山行けない自分が恨めしい。
雪の粟ヶ岳、いまだ登頂できてないです。
今シーズンは無理かもしれません。

  1. 2015/03/27(金) 17:27:32 |
  2. URL |
  3. わら
  4. [ 編集 ]
この時期の粟ケ岳の写真にウットリさせていただきましたぁ(^o^)/……って、マジ、怖えぇよ。 7合目で引き返したんだとばかり思ったら山頂まで行ったのね。スゴイ。でも、苦労して行っただけの景色です。

わかっていたら、そっちに向かって足を上げ…手を振ったのになぁ。
ゴマ、アラ、とトイメン率多いよね^o^

  1. 2015/03/27(金) 08:07:07 |
  2. URL |
  3. 茶々
  4. [ 編集 ]
頂上まで行ったんだね~。
読んでてもハラハラドキドキだった~~~~。
凄いね~。あの斜度とナイフの下り・・・怖いわぁ・・・。

山のシロナガスクジラ。綺麗だね~。ウットリ。

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback