FC2ブログ

2015年2月2日 雷山 

2015, 02. 03 (Tue) 01:33

今週が始まったばかりだけど・・・
もうシムーヽ(冫、)ノ

家に帰ってからご飯を作ると、食べるのが早くて9時近くとか、ますますになるので、今日のうちに明日の夕ご飯を作り置きしておいて、帰ったらすぐ食べて、また翌日分の夕食を作るという・・・が、今日はもっと遅かったので、明日の分は作ってない( ̄ω ̄;)
まぁ・・・凌ごう(*ㅎωㅎ)

そして、恐怖のGWが発表になった。
今年は8連休だそうだ( ̄ω ̄;)
会社に4日貸してるので、更にそれがどこに食い込んで来るのか・・・
どこも残雪ががっつり残ってる時期だから、こんなに連休もらっても、若干楽しくない。



昨日はお天気が良くない予報だったので、これはまずい・・・ってくらいに荒れてなければ、比較的危なくなさそうなお山をチョイス。
前々から、小さいけどいい山だと聞いていて、行きたいと言いつつも、なかなか行けてなかった山。
雷山へ(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
カミナリ山じゃありません、イカヅチ山です(。・w・。) ププッ
名前がかっこいいんだよね🎶

私も行ってみたい!と茶々さんが前に言っていたので、一緒に行くo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
おぉ、これはネットでよく見る永谷寺∑(´Д`*)ノノ!!
1_20150202231720eac.jpg

この辺に伝わるお話。
近くには、雷城の姫が早出川に身投げした岸壁もありますです。
でも、そこだけ水の流れが穏やかで、脂肪たっぷりの雪野さんなら沈む事はなさそうなとこ・・・w
2_2015020223172269c.jpg

そして・・・Σ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
いつもの黒ぷーの看板と違うwww
めっさぱわーあぷしてる風www
いつも見てるのは、こんな血しぶき上がってねーもん(((´゚ω゚`)))ガタガタ
この辺、黒ぷーのメッカ中のメッカ(((((((;´д`)))))))
3_201502022317236a3.jpg

お寺からトボトボ林道歩き。
今日は2人で、普通の長靴&万が一のアイゼン携帯。
4_2015020223172434b.jpg

林道を10分程度歩くと、登山口着。
沢コースは踏み跡なしだったので、尾根コースへ向かう∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
10:08、登山口ですでに1合目w
5_201502022317263f8.jpg

先日の会山行で、会の先輩に雷山に行きたいんだけど~って話をしたら、丁寧過ぎるほどに案内があるから、大丈夫だよと言われ、ちょっと安心。
10:13、2合目。
「5分おきに合目がやって来るんてさ~」などと話ながらww
6_201502022350369ce.jpg

どこまで進んでも杉しか見えず「春は地獄だね~´^ิ ౪ ^ิ) ニャニャ…」と茶々さん。
「薬飲むし!!!」と応戦(`・ω・´)シャキーン
3分後、人間界と自然界の境界に出る。
7_20150202235038b85.jpg

10:18、3合目。
ほんとに5分おきブッ(;: ⊙ 3⊙;)・;゙.:’;、
8_2015020223503962e.jpg

そして、バカ話を進めてるうちに、なぜだか5合目・・・
「4合目どこにあった!」
「どうりで長すぎるわと思ったわ」
て事で、10:29、5合目。
1分ずれた( ̄ω ̄;)
9_2015020223504061d.jpg
そして5合目の標識が、妙にゴージャスだなとじっくり見てみたら、らくらくコースと書いてある┌(_Д_┌ )┐
これは・・・行かねばなるまい、楽なんだもの(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

結果、1名様の踏み跡しかなく、しかも踏み抜くと、普通に膝までは潜るくらいの雪があり、これは・・・
全く持って楽じゃねかった┌┛┌┛ズコ!

「ひでかった(゚Д゚;)」と言いながら、ノーマルコースを見ると、ほとんど雪のない直進コースであったwww

10:34、見晴台。
ベンチがいくつかあって、お天気がいい日は地元が一望できるっぽい。
10_20150202235042231.jpg

11_2015020300022934c.jpg

しばらく進むと、丁寧過ぎるくらい丁寧の意味が分かる。
12_201502030002312cf.jpg
どこの稲荷神社www(よくあんじゃん、赤い鳥居がずらーっと並んでる神社)
ってくらいに、赤いテープが巻いてある。
ここまで強調するって事は、誰かここから外れて何かしたんだわね?で合意。
この両脇、崖なんじゃね?と覗いてみたら、まぁ結構、急斜面であった。

10:39、そして、これもネットでよく見る、頑固な松。
記憶違いじゃなければ確か、ここの登山道を整備する際、この松の木を切ろうとしたけど、のこぎりだかチェーンソーの歯が立たなくて途中で辞めたとか何とかって、どこかに書いてあった記憶がある。
13_201502030002321b0.jpg

14_2015020300023303a.jpg

そして細尾根に出た。
そしてここが7合目、10:41
15_201502030002347ae.jpg

18_201502030122169bb.jpg


結句細いし、左側急斜面だし・・・笑ったwww
16_2015020300184018a.jpg

しかも細いのに、超急登だし、雪の下凍ってるしww
19_20150203001733ef2.jpg

氷の急登を登りつき、またもやww
いや、ありがたいです(-人-)
20_20150203001734cfc.jpg

そしてここで謎の
「四合目ねかったっけ、ここで四合目なんじゃね?」
21_20150203001736df2.jpg

言った本人が、正体を暴きに近づいてみる。
誰も踏んでない場所だったので、埋もったようだww
おチビ雪野さんなら届かない場所だが、背の高い茶々さんはギリ届いた。
22_20150203001737310.jpg
おぉ、城系言葉Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ

そして、ここが分岐らしい。
23_20150203001739fe6.jpg

鐘が木の色と同化しすぎてて、分かるかな??
無駄に鳴らしてみた(´∀`*)ヶラヶラ
24_201502030024228a7.jpg

10:53、もうすぐ城に攻め入るぞ!!
って、二週連続、城址巡りだな、これw
25_20150203002423506.jpg

坂を登りきると、まさかの光景Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

山でスノーダンプwwwwww
26_20150203002424133.jpg
スノーダンプだよ、マヂかよwwwと大騒ぎしていると、スノーダンプのおじさんが、小屋に寄ってけ~と言って下さった。
いや、山頂行くわと言うが、小屋に荷物を置いて行けと言うので、指令に従う。
てか、山頂どこ?って聞いたら、目の前の小高い丘の上らしい。
そしておじさんは、スノーダンプでトレースを作っていたという訳w
27_201502030024253e8.jpg

登頂しないで、小屋へ向かう。
この小屋も結構有名で、ビニールで作られた小屋だという。
28_2015020300242724d.jpg

10:58、小屋着。
29_201502030028560e7.jpg

雷山愛好会の方々が、整備作業中でした。
ここでも皆さんに、小屋に入れ入れとお誘いを受ける(;^ω^)
31_2015020300285916e.jpg

小屋裏からは、裏菅名が見える。
30_20150203002858f0d.jpg

そして小屋に潜入。
手前に居させてもらおうと思ったら、奥へどうぞと言われ、愛好会の方々10名くらいに囲まれた、アウェイ2人組(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
32_20150203002900748.jpg

肩身が狭いまま、なぜかデザートから食べ始める(テンパっていた模様)
茶々さんから、ふろまーじゅをもろた
33_20150203002902230.jpg

手作りしふぉんももろた
ふわっふわのしふぉんであった、ゴチソウサマ(*´˘`*)♡
34_201502030033409d9.jpg

そして飯グハッ!!( ゚∀゚)・∵.
去年間違って買った、カットトマト缶を何とかしないといかんって事で、脳内レシピを組み立ててたトマトラーメン。
今日こそは!と、鍋キューブは二個使用(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
35_201502030033412a0.jpg

そして、テレビでグッチ雄三が、焼きそば麺を使うと短時間で茹で上がると言っていたので、焼きそば麺使用。
36_20150203003343a55.jpg

でけあがりー
37_201502030033443e7.jpg

超マズいんですけどwwwwww

まず、麺がざらつく。
焼きそば麺ゆえに、ソースが絡みやすいように凸凹麺なのだろうか?
それの舌触りが、めっさ気になる( ̄ω ̄;)
そして、トマトスープが超マズイ。
鍋キューブが何の仕事もしていない└(:3」┌)┘))ジタバタ

ヤケで梅汁をガンガン飲んでたら、気を良くしたお父さんから、ポン酒だと言われ飲む。
すっげ濃い・・・舌がビリビリするんだけど(;´Д`)
38_20150203003346912.jpg
ラーメン食べながら、ポン酒だったことを忘れ、うっかり梅汁のつもりでがぶ飲みしたら、悶えたハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ

超酔っ払ってきて、おじさんたちに弄ばれ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
この辺の山を歩いてる人たちは、ちょっとレベルが普通じゃないと思ってるんだけど、去年、銀太郎まで行ったって話をしたら、尋常なレベルじゃないな?っておじさんが「俺は青里日帰り~」とか意味不明な事を言い出し(´ェ`)ン-・・
銀太郎でもギリだったんですけどww
銀太郎から、更に2個向こうの山だからねぇ・・・
「一緒に矢筈行く?」って言うので「日帰り無理ですよ(゚Д゚;)」って言ったら「だって、俺のテント2人用

(* Д ) ゚ ゚

自分でテント買うし!って、言いましたwww
てか、矢筈は昨日今日知り合った人と入る山ではないですね。
お互いのレベルをよく分かっていて、信頼関係があった上で、命預けられる相手じゃないと、死ねますから(;^ω^)

つかまぁあのおじさん、11日かけて、どっかのアルプス縦走したとか、なんかちょっと想像の域を超えた、超人おじさんであった。
小柄な方だったんだけどねぇ。

そして、この山を切り開いたIさんともお会いでき
うちの山岳会の設立者、長老Hさんと繋がってる方なので、お話はHさんはじめ、山岳会の方々から何度も聞いていたので、やっと会ってご挨拶をする事が出来ました(๑→ܫ←๑)
この愛好会に超勧誘されたけど、地元の山岳会に入ってるんですって会の名前を言ったら、すぐにHさんって数人の方が気づいて。
それでも勧誘されたけど、これ以上そんな事をすると、ソロする時間が無くなるのでムリであります(キッパリ

そしていつの間にやらテーブルが。。。
ここは会の女性陣が食担らしく、うちの会とは違うらしいw
食べろ食べろと言われたけど、アウェイだしラーメン食べたから腹くっちぇし・・・
39_2015020300511047d.jpg

最後に、厚揚げ焼だけ頂きました(-人-)
40_201502030051110d6.jpg

生きてる木を支えに建てられた手作りの小屋。
小屋内はストーブ二台。
41_20150203005112a18.jpg
元は全部ビニールで作ってあったんだけど、半分くらいは板に張り替えられていました。

小屋に潜入したのが11時頃。
小屋を出たのが14:00。

なぜだ・・・Whyʅ(。◔‸◔。)ʃ…さぁ?

皆さんの下山に合せて、小屋を出る。
会の方々も楽しくて優しい方ばかり、小屋も立派で暖かかった(๑→ܫ←๑)
43_20150203005116fa1.jpg

んで、やっとこ山頂を目指します(*ㅎωㅎ)
小屋で酔っ払い過ぎて、山頂行くの忘れるかもーって言ってたんだけど、シラフな茶々さんが忘れる訳もなくZzz....(_ _*)・.。*
山頂までの難所を登らされるwww
よじ登ったわww
42_2015020300511413c.jpg

山頂はここにお城があったのか~って感じで、平らで広い。
44_20150203005808f9b.jpg

14:01、何時間かかって山頂に立ったんだよブッ(´→з←):;*.:;
山頂から見えているのは、神戸山。
45_201502030058099ef.jpg

中央奥に見えてるのは、木六じゃない?って茶々さんと、初めて行った木六話をして大爆笑( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
手前右に見えてる山も、
愛好会の方が道をつけて下さって行けるようになっています。
今回は行く時間が無かった・・・www
46_20150203005811426.jpg

神戸山越しの白山の頭だけw
47_2015020300581359f.jpg

富士山の1/10の標高が売りですw
48_20150203005814047.jpg

下山時、9合目の気温は-2度。
ちょっと指先がジンジンするねぇと言いながらも、手袋なしの日であった。
途中でおじさんたちに追いついて、一緒に下山する。
下山は25分で登山口着( ̄ω ̄;)
49_20150203010156345.jpg

Iさんの背負子には、チェーンソーが括り付けられています。
小屋にいる時に持たせてもらったら、結構重かった(;´Д`)
物静かで穏やかそうな会長さんでありました
50_20150203010157b1e.jpg
でも「ここからこう登って行った事がある」とか、「そこ、道ねーんですけど!!」みたいな、山に関しては、やっぱここら辺の山屋さんだな。。。と思いました(;^ω^)

駐車場が近づく頃、前の方に派手な服を着た2人組をハッケン| 冫、)ジー
鉄砲背負ってるぞ、おいwww
そしてワンコが先導してるww
1_20150201213444b1a.jpg

「あ、あれ、何撃ってるんですかガタガタ((((;;OдO;lll))))ガタガタ」(すでに黒ぷーと思い込んでる)
「山鳥だろうねぇ」
あぁ、良かった、黒ぷーじゃねかった・・・w
そして、山鳥はうまいらしい(*´~`*)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

駐車場にて、わんこと遭遇。
うちも昔、猟犬のセッターを飼っていたけど、首輪外したらどこまでも逃亡しちゃう、雪野さん似のワンコでありましたな。
この子はお利口さん。
飼い主の近くを離れない_ノ乙(、ン、)_
51_2015020301015938e.jpg

愛好会の方にお礼とさよならを言って別れましたヾ(*'-'*)マタネー♪

雷山愛好会の皆様、飛び込み2人を快く迎えて下さって、ありがとうございました(๑→ܫ←๑)
今度行く時は、一升瓶担いで行きますねY⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)アヒャヒャヒャヒャ!!
52_20150203010200c4f.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト



コメント

雪野

nobuharuさん♪

地元では、地味に人気の山ですi-278
お天気がいまいちで、ちょっと無理かなぁ?って天気でも、比較的安心して登れる山が、五泉には多いかな?
夏はヒルが出るので登れないんですが(;´Д`)

私、結構あるんですよ、行動時間より遊びの時間の方が長いってのが( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ただ登ってるだけだと飽きるんでね、笑える事を探しながら歩いてます(。→ˇ艸←)プククッ☆

2015/02/04 (Wed) 23:52 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

わらさん♪

この辺の低山は、小屋&ストーブ完備だから、大概常連さんたちがタムロしていて、自分たちだけの貸し切りなんて奇跡的状況は、まずないかな(。・w・。) ププッ
なので小屋潜入は、ご遠慮タイプと、どっぷり潜入タイプに分かれる感じであります(´∀`*)ウフフ

五泉の山岳マップは、ここにこんな山があるんだなぁ的な、位置の把握にしか使えないねぇ。
1/45000だから、使うにはちょと小さい(´・ω・`)
やっぱ1/25000は欲しいとこだねぇ。

kyazuさんがいい見本だけど、物心ついた時にはこの辺の山で遊んでるって感じだろうから、ちょっと普通じゃない人はゴロゴロいるよ(゚Д゚;)
それが五泉ですi-185

2015/02/04 (Wed) 23:34 | 雪野 | 編集 | 返信

nobuharu

知らない山だは

雷山、初めて知る山です。

行動時間よりも小屋時間のほうが長いって凄いですね
( ゚∀゚)アハハ
楽しそう♪

2015/02/04 (Wed) 00:58 | nobuharu | 編集 | 返信

わら

茶々さんとこで、小屋滞在が3時間ってあったから、いったいどんなガールズトークで盛り上がってたんだろうと思ってたら、こうなってたんだぁ。(@_@;)

五泉の山岳マップは私も手に入れました。今見たら、しっかり雷山って書いてあった。雷山って聞いたのもお初。小屋があるって知ったのもお初。新潟の山は深いね~~。いや、五泉の山が深いんだね。
河内山塊だもの。そこいらにうじゃうじゃ強者がいるんだろうなぁきっと。

2015/02/04 (Wed) 00:21 | わら | 編集 | 返信

雪野

kyazuさん♪

このデザインのぷーの看板は、初めて見た( ̄ω ̄;)
これきっと、川内仕様(((´゚ω゚`)))ガタガタ

この日はあいにくのお天気だったので、川内遠望とはいかなかったけど、銀次郎くらいまでは見えてた模様(。・w・。) ププッ
あの辺で今気になってるのは、権現山ね( ̄ー ̄)
んで、市役所の地図とか見ながら、ニヤニヤしてる(´∀`*)ウフフ

雷山、もう何年も前から、年に何度か行こうかとして下調べはするんだけど、行けてなかった山だったので、念願かなっておまけに小屋に長時間滞在までできましたi-278i-234
どんな方かなぁ?って思ってたIさん、みんなの話をニコニコ聞いてて、優しそうな方でしたi-189

トマトラーメンの敗因。
トマトを入れた事┌┛┌┛ズコ!

2015/02/03 (Tue) 22:54 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

目目連さん♪

今まで、長靴裏になんちゃって滑り止めの付いてる長靴を履いて登ってたら、爪先が冷たいし、足が前に滑って爪先が痛かったんですよ。
で、今年の山岳会の新年会に、10年物のヒロミチ・ナカノのおしゃれ長靴を履いてみたら、これがあったかくて足も滑らないって事に気づいてi-190
この日の同行者も、ヒロミチ・ナカノのおしゃれ長靴でした( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
2人とも長靴にヒビが入りかけてますけど、しばらくこの長靴で行ってみようかと思ってますi-237

この辺、こんな400m弱しかないのに、カモシカもいるらしいので、カモシカ酒なんての逆にいかがですか(´∀`*)ウフフ

2015/02/03 (Tue) 22:40 | 雪野 | 編集 | 返信

kyazu

熊の看板リアルだわぁ!!

低いながらも川内の展望がいいんだよねぇi-185
Iさんはじめ地元の方々の愛を感じる山の小屋で3時間、良い時間でしたねi-234

そうか、鍋キューブ2個&焼きそば麺はダメなのか~i-231

2015/02/03 (Tue) 21:24 | kyazu | 編集 | 返信

目目連

雪野さん

ね。
長靴、結構行けるでしょ?
12本爪を付ける時以外は長靴がいいのです。(私は)

一瞬『屋根型テント』に見えたのですが、小屋なんですね。コンパネのテーブルが素敵です。

熊、丸ごと一頭漬け込んで『熊酒』ってのはどうですか?
聞いたこと無いですが。

2015/02/03 (Tue) 09:23 | 目目連 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント