FC2ブログ

2015年1月12日 大蔵山 

2015, 01. 24 (Sat) 01:49

あはぁ・・・

かわいすぎる,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’

まい・わかん(๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧

1_201501232257549f9.jpg
ビニールテープを巻こうと思いつつ、かれこれ2年の月日が過ぎ去った。
よし、今んとこ一人として遭遇してないぞ、ピンク。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
んでさっき、茶○さんもテープ巻くって言ったが、レアなゴールドワカンに色つきテープ巻いたらいかんと阻止した。

アイゼンとW装着した時、付け方が下手だったので、刃が当たってベルトとか切れかけてるんだよねぇ。
まだ大丈夫だけど、やばくなる前に、変えないとなぁ。

2014年度の停滞ネタは残す所、数山行。
PCのクラッシュにて、編集済み画像も吹っ飛んだので、新たに編集してるけど、時間がない上に眺めてばかりで編集が進まないヽ(冫、)ノ
ものすごい、いい景色だったんだもんなぁ
今年もこんな空に会えるかなぁ。
3_20150123225757171.jpg


山岳会の新年会の翌日、お天気はいまいちだったんだけど、裏山の大蔵山へ。
新年会で「明日大蔵に行こうかなぁ?」って言ったら、Wさんが「いいね、私も行こうかな。約束しないで、会えたらいいねって感じで
でも7時頃起きたら雪降ってるし、やっぱ寝続けるかなぁ。。。って思ったんだけど、Wさん一人で登ってたらなぁとか、年が明けてから何か山に行く気が失せてダラダラしてたせいで、脂肪の蓄積が半端ないので、脂肪を溶かす為にも行かねば( ̄ω ̄;)って事で出向く。
駐車場には車が三台。
Wさんの車はない(雪降ってたので当たり前w)
まぁ、新潟の冬なんて、基本グレーの雪空なので、たまにグレーの世界も見たくなるんですよね(雪国人の性)
て事で、出番があるかないか微妙だったけど、デジイチはザックに入れて、コンデジ片手に9:13スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_20150123225759476.jpg

家では禁コーラ、友達に炭酸水飲めば?って言われ、炭酸水にしてみる。
だけど味が付いてる時点で、体に悪い成分が少なからず入ってる様子。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
2_201501232258003fd.jpg

登山口までの車道は、5㎝位積もってたかな?
3_20150123233116589.jpg

見て分かる先行者さんの足跡は2名様。
もんのすごく足が大きいΣ(゚д゚lll)
私の靴はスカルパなので、ちょっと大きめサイズで25㎝位のを履いてると思うんだけど・・・
これ、30㎝超えてるべ??
4_2015012323311839e.jpg

分岐にて、どっちに行こうか悩む(´ε`;)ウーン…
左は踏み跡が一名様だけだったので、右側のトレースが出来てる方へ進む。
5_20150123233119ec7.jpg

だけどこのコースの難関が、この雪の積もった橋( ̄ω ̄;)
ここが一番怖い( ̄ω ̄;)
6_20150123233120836.jpg

橋を無事クリアし、山の神様に新年のご挨拶をし、今年も一年、事故怪我なく山で遊ばせてもらえるようにお願いする(-人-)
7_20150123233122ab6.jpg

御社を過ぎるとすぐ、冬季限定ショートカットコースが出来ていた。
ショートカットはいいが、急登過ぎるのだ( ̄ω ̄;)
8_2015012323360442d.jpg

9:33、登山口着。
9_201501232336054dd.jpg

すでに暑い(;´Д`)
フリースを着てくるんじゃなかったと大後悔└(:3」┌)┘))ジタバタ
冬は汗をかくことが一番の命取り。
だから、寒いくらいのスタートが賢明。
「超寒い、ムーリー」って、「ムーリー」が出てくるまでは、寒くても着ない方がいいと、私は思う(*・з・)ぷッ
ただ、靴を履いてからハードシェルのパンツを履くのは面倒なので、こればかりは履いてスタート。
でも暑い( ̄ω ̄;)

なので超解放٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪

サイドファスナーを膝まで下ろし、正面から見たらこれニッカポッカww
暑いんだからしょうがない( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬
10_201501232336065bb.jpg

9:53、一合目着。
もう我慢ならぬ!と、フリースを脱ぐ。
この日はジオラインの厚手のアンダーと、普通に夏の長Tのみ。手袋もなし。
基本暑がりなんで、これでちょうどよかった。
去年もー10度の山頂で、フリース含めたこの三枚で行けてたからな(`L_` )ククク
11_20150123233608d96.jpg

10:11、2合目着。
誰もいない、会わない・・・
まぁ、スタート時間が遅すぎるので、この日最後のお客様かもしれない( ̄ω ̄;)
そして、雪が吹雪いて来たので、しょうがないとハードシェルのジャケットを着る。
だけど当然、ジャケットのサイドファスナー全開

12_20150123233609076.jpg

13_20150123234726781.jpg

二合目過ぎにもショートカットコースが出来ていて、カーブの看板の所に繋がっていた。
埋もってるけどw
14_20150123234727444.jpg

家から見た裏山の感じと、空の色で、6合目過ぎた辺りからガスがかかって来るだろうなぁと予想。
なので、6合目で折り返すかどうか、進んでから考えようと思いました。
期待させるように、青空とか見せてくるんだよねぇ(全然、信用してなかったけどw)
16_201501232347313ff.jpg

この日は鈍った体のトレーニングの為、ノーストック、ノーワカン。
ツボ足で体に負荷をかけます。
17_201501232347335b8.jpg

モノクロ撮影じゃないんだけど、雪国の冬はモノクロに見えちゃう、こんな色が日常の色になります。
青と白の景色ももちろんきれいなんだけど、こんな色も雪国っぽくて好きです。
18_20150123235503cee.jpg

19_20150123235505462.jpg

隣の大谷山方面は、ガスが下りて来てるっぽい。
20_201501232355052d4.jpg

この日もダラダラスタートのおかげで、トレース泥棒となりましたスイマセン( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン
先行者さんとの時差は1時間ないと思うんだけど、時折雪が吹雪いた様子で、所々踏み跡が消えちゃってました。
21_20150123235508e2f.jpg

バンザイさんの頭が寒そうw
22_20150123235508c9f.jpg

10:47、四合目。
これでも誰かが看板を掘り起こした状態らしいです。
23_20150124000027ccf.jpg

五合目手前、いつもならここから稜線が見えるはずだが・・・

がーすー( ̄ω ̄;)

ひっさびさに来たな、コンチクショー
25_20150124000031a2d.jpg

そしてここで、我慢できなくなってデジイチ出動。
バカメラさんじゃ、やっぱイマイチなんだよね・・・
27_2015012400003469a.jpg

これはホワイトチョコバージョンの小枝じゃないか・・・(๑´ڡ`๑)
28_20150124000653db3.jpg

しっかり踏まれてはいないので、結構きつかったな・・・
29_2015012400065472e.jpg

きれいでしょ?
これが私の裏山です
決して菅名岳は裏山ではないんだよねぇ。
小さい頃に住んでた田舎の家の裏庭から見えてた山が大蔵山だったから&今のうちの窓から見える山が大蔵山だから、大蔵限定で裏山になっちゃってんのかな(。・w・。) ププッ
30_201501240006564c1.jpg

11:16、六合目着。
とりあえず小腹が空いたので、おやつタイム。
31_2015012400065876a.jpg

32_201501240006580e5.jpg

スタート時は-1度で、手袋なしでもOKだったけど、-2度になったら指先がジンジンしてきた。
1度の差って大きいんだなぁと、手袋をした。
34_2015012400122084d.jpg

さて、どうすっかな・・・と思って、まだガスも出てないみたいなので、ちょっと先に進んでみる。
が、数分で不穏な空気に変わる( ̄ω ̄;)
でも先がよく見えてるので進む。
ただ、撤退のタイミングを間違わないように、しっかりと周りを見ながら進む。
35_20150124001222596.jpg

フサフサのシッポ。
この辺で、本日最初の単独先行者さんとスライド。
36_20150124001224877.jpg

白い( ̄ω ̄;)
37_20150124001225737.jpg

そして暗い( ̄ω ̄;)
この辺は風が吹いてきて、気温は-3度。
38_20150124001227f38.jpg
この辺りで、下山してきたヤングなイケメン2名が、スノーシューを装着中だった。

先行者さんたちもツボ足で進まれてるようで、もはや雪も深いので自力ラッセルと同じ状態になってくるハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
39_20150124001719823.jpg

11:51、8合目。
40_201501240017212b0.jpg
もうよくね?すっげがんばったよ、もういいよ、下山しよハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
と、心の中でもう一人の雪野さんが瀕死状態でささやく。

が、しかし、鬼軍曹雪野さんがそれを許してくれない。
進めヴぉけ( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

垂れ下がってきた枝のトンネルをくぐりながら進む。゚(゚´Д`゚)゚。
41_20150124001722adb.jpg

もう9合目は過ぎたのだろうか_ノフ○ グッタリ
もはや標柱など見えぬわ_ノ乙(、ン、)_
42_20150124001724bec.jpg

この木を抜けたら山頂だよねええええええ
43_20150124001725b50.jpg

と、抜けてもしばらく山頂は見えず、数分後に見えた景色。

山頂見えたよ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
って、山頂どこ????キョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
すっげ遠くにうっすらとw
44_20150124002422fe4.jpg

縦走路に向かう踏み跡が・・・
まさかこのお天気に(゚Д゚;)
45_20150124002424261.jpg

って、12:20、山頂着。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
3時間7分かかったな・・・
無雪期が2時間前後だから、やっぱ瀕死だったなヽ(冫、)ノ
46_20150124002425b95.jpg

山頂手前は風が吹いてたけど、山頂は無風で-1度ヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット・・・
そして縦走路から4名パーティーさんが戻って来たようで?
私に向かって「縦走に行かないの?」って言うから「行きません(キッパリ)」返してやったぜー(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
この天気でこの時間、縦走なんて行ったら間違いなく遭難コースですわww
て事で、下山はワカン装着で12:28下山開始。
47_2015012400242732b.jpg

下山は今度、トレースを外れて、完全ラッセルで体に負荷をかける。
10m歩いてはフリーズですヽ(冫、)ノ
膝まで埋もるので、かなり足に来ます。
48_20150124002429a22.jpg

そして、ワカンを付けてる間に下山して行かれたパーティーさんに追いつく。
途中で抜かせてもらったけど、後ろから2番目のおじさん、毛皮の帽子とヒップパッドみたいのもタヌキ?が大の字になってる形の物をぶら下げていてww
49_20150124003406ab6.jpg
追い越しざま、おじさんに「早いね~」と言われたが「毛皮に目が行ってしょうがないですハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ」と言ったら、豪快にワハハハハと笑っていた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
自分で撃ったんだろうかw

下山はすでに、飯の事しか頭になく、ダッシュダッシュ癶(癶;:゜;益;゜;)癶
50_20150124003408a9d.jpg
4合目にもなると、ガスは消えてる。

13時ちょい過ぎ。
この日、狙いを定めていたランチ会場は、3合目辺りの広くなってるとこ。
山頂じゃない場所で、何ヶ所かランチしたい場所の目安をつけてある(`L_` )ククク。
51_2015012400341055b.jpg

この日のランチは、いつ買ったんだっけ?なおでんと、アンガス牛(毎度(=°ω°)ノぃょぅ)
52_2015012400341139b.jpg

53_20150124003412dca.jpg

54_20150124003720e95.jpg
飯に夢中になって、ふと周りを見渡したら、がーすーが下りて来て白くなってて、焦って下山┌┛┌┛ズコ!
14:10、下山開始=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́)))

14:29、登山口。
55_20150124003722e3f.jpg

だからショートカットコースは斜度きつすぎなんだってば。。。
一回コケた_(:3」∠)_
56_201501240037236cf.jpg

14:43、駐車場着。
57_20150124003725bd0.jpg
急いで帰らなくちゃいけなかったので、この日は温泉ドボンもしないで直帰。
山に行く時は、時間に余裕をもって出かけましょう_ノ乙(、ン、)_
でもきっとまた、寝坊するよなぁ(_Д_)アウアウアー

そして私が遊びで使ってる風のスコップ。
これは万が一の際の、ビバーク時の雪洞掘り用のアイテムとして購入しました。
まぁ、本来の目的の為に使う事がないように、というのが前提ですが。
正月からずっと山においての事故が多発してる訳ですが、一番分かりやすいのが正月に起こったかぐらスキー場でのBC遭難ですね。
私も昔、スノボをやっていたから、非圧雪を滑る気持ちよさは知っています。
でも、自力で山に登る技量もないし、BCといったら雪崩もちゃんと理解しないといけないって事で、せいぜいコース脇に残ってる新雪を滑るくらいで、BCでやる事はありませんでしたが。

あの方々の行動を見て、当たり前だけど、それなりの知識を持って入って行ってたんだろうなって事は、何となく分かりました。
事故を起こしてしまったのは、やっぱりダメな事だけど、スノボであろうと登山であろうと、危険度は一緒。
明日は我が身ですからね。
助かった遭難者が記者会見って、あんまり見た事がなかったんだけど、危険性を伝える為に記者会見をしたんだという事を聞きました。
救助中の動画を見て、救助隊の人がものすごく怒ってましたね。
「こっちだって命がけ」
これが、いつも私が伝えたい事なんです。
自分が事故を起こせば、誰かの命を危険にさらす事になるんだと。

先月の白山の遭難。
あそこの管轄の山岳会に知り合いがいるので、その時の話を聞く事が出来ました。
捜索隊の最後のチームが帰って来たのが、夜中の12時過ぎだったそうです。
二次遭難一歩手前だったという事です。
地元の猟友会の方々も、捜索してたらしいですが、猟友会の方と言えば、山屋の一歩も二歩も先を行く方々と、私は思っています。
その方々が迷ってしまうほど、あの頃の天候は荒れてました(山岳会の忘年会で、私の車が雪に埋もれた頃ですね)
遭難された方も、ものすごいベテランさんだったらしく、きっと私と同じ慣れた裏山感覚だったのでしょう。
それでも毎年、同じように事故が起こってしまう山。
それが、越後白山だと思っています。
ドぎつい事をして、どうよ?なんて言われても、かっこいいとは思いません。
どんな山であれ、事故を起こさず、安全に下山した笑顔というのが、一番かっこいい山屋さんの姿だと、私は思っています。
山における自分自身に対して、私は一切の自信というものを持ちません。
それを持ってしまうと、これで自分は大丈夫、と、注意を怠り、そこからの事を知ろうとしないからです。
私が自分の事を、生涯初心者と言ってるのは、そういう事。

昔、ブロ友さんに言われました。
楽しいばかりじゃなく、危険な事も書いて行ってくださいねと。
楽しいばかりで危険な事はないんだ!と他人に思わせず、楽しい事より危険が沢山なんだよ、という事を伝え、少しでも真剣に、危険と向き合う人が多くなってくれればいいなと思います。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト



コメント

雪野

kyazuさん♪

そうそう、初めてbさんに会った時、ワカンのテープの色を何色にするか?で盛り上がったんだよw
私はボーダーにしてやろうと思ったけど、人巻ずつカットして貼り付けてを繰り返すのかと思ったら、意識が飛んでいきそうになったので辞めた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

この日は、7時頃は雪がチラチラしてたから、山も下の方しか見えてなかったんだっけな。。。
二度寝から起きたら雪がやんで、山も見えてたから出かけてみたけど、やっぱガスってた┌┛┌┛ズコ!
多くはないけど、菅名でも遭難したって話は聞くから、菅名山塊って言っても、やっぱ川内の一部だよな・・・って思う次第であります(;´Д`)

山は人間を見てるからねぇ・・・
kyazuさんからはそーゆーの感じた事ないけど、自分は上級者って自信持ってる人って・・・
やっぱ山にはじき返されてる確率多し(((´゚ω゚`)))ガタガタ
そゆ人、前に一緒に歩いた事があるけど、今思えば、そんなに上級でもなかった_(:3」∠)_

2015/01/26 (Mon) 23:57 | 雪野 | 編集 | 返信

kyazu

おお!
ピンクだi-185

山友bさんもワカン買ったら
ピンクと水色のツートンにしよう。
って言ってたi-236

この日の裏山は真っ白だったんだ!
予想以上です。。。。
やっぱりあなどれんね。

あすは我が身、いつも初心。
あらためて肝に銘じます。
こういうことを書いてくれてありがとう。

2015/01/26 (Mon) 20:44 | kyazu | 編集 | 返信

雪野

nobuharuさん♪

nobuharuさん、初めましてi-179

新潟の冬空は、重いグレーの日が多いですけど、それを見て育ったので、そんな色が冬の色なんですよね(。・w・。) ププッ
先週の日曜ですかね?
午前中の空はなんだった?ってくらいに、午後は青空が広がりましたよねぇi-189
この時期の粟なら、7合目まで行っただけでも十分ですよΣ(゚д゚lll)
私は多分、鎖場の辺りまで行けたら御の字です(笑)

この時期の粟に行く方なら、明日の大源太はマッターホルンの方の大源太かな?
厳冬期の大源太って、どんな感じなんでしょう(´ェ`)ン-・・
明日はいい空で、楽しい山行になりますようにi-189
気をつけて、行って来て下さいねヾ(*'-'*)

2015/01/25 (Sun) 00:07 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

わらさん♪

先シーズンは、ピンクと水色のボーダーとか、いろいろ考えてたんだけど、ボーダーにするにはもんのすごい疲労しそうで辞めた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
コメリとかは色が限られてそうだから、ビニテを通販してしまった└(:3」┌)┘))ジタバタ

裏山ねぇ、風が吹き上がってくるのかねぇ?
昔、歩けないくらいの暴風で、6合目で撤退した事があったなぁ( ̄ω ̄;)

雪山って、晴れの日なんかはほんっと雪面キラキラで、キレイすぎて辞められなくなっちゃうんだけど、楽しいから危険のリスクが何百倍にも跳ね上がっちゃってるって事実を、うっかり忘れちゃうんだよねi-195
私もわらさんも、山岳会に所属していて、事故を起こすと大変なことになるから、お互い気をつけようね(o◕ܫ◕)→ܫ←)ゥンゥン

2015/01/25 (Sun) 00:00 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

みなみる♪

らくちんだろうがハードだろうが、どこでも事故は起こるから、気をつけてねi-236
油断した時が事故起こす時だから、気は抜かずに(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

山岳映画を見ると結構いろいろ考えるけど、実際の事故の動画なんか見ると、ほんとズドーンって下がるよねぇ。。。(´Д`|||) ドヨーン
でも、そゆのをいっぱい見て、がっつり自分をビビらせておいた方がいいのかな?とも思うのであります。

男の人って、私の経験上、初期の段階は結構無謀な事をする傾向にあるように思えるから、もしそんな状況になるようなことがあったなら、そこはみなみるがストッパーになっておくれw
みなみるは、すっげ慎重だから大丈夫と思ってます(๑→ܫ←๑)

ピンク、オラの為にある色だ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
つか、来月ピンクを生で見せられるように、空の神様に青空にしてもらえるようにがんばろう(。→ˇ艸←)プククッ☆

2015/01/24 (Sat) 23:52 | 雪野 | 編集 | 返信

nobuharu

ピンクかわいいですね

はじめまして
自分も新潟の冬山景色が大好きです。
先週、粟ヶ岳行ったら午前中はどんより空でしたが、下山時は快晴でとても楽しめました。
まぁ7合目の小屋で敗退したんですが…
明日は大源太山にいってきます。
事故なく無事に下山する!無理せず頑張ってきます。
また楽しい山行、期待しております。

2015/01/24 (Sat) 19:33 | nobuharu | 編集 | 返信

わら

ピンクのワカンカワイイね~~。
>巻こう巻こうとおもいつつ2年がたった のは同じだ(^^ゞ

先日、裏庭にお邪魔したんだけれど、5合目あたりから急に風が強くなってビビった。あの辺りは風の通り道なのかなぁ。一瞬でも真っ白になると焦るよね。


雪の山に行くことが増えてしまっているけど、安易に考えないことが一番ですね。心して、遊ばせてもらいます。

2015/01/24 (Sat) 17:33 | わら | 編集 | 返信

minami

んだ〜オラうっきのブログで恐い事勉強してるもん。
オラも生涯初心者でいいや〜ってか実際どMじゃないので
らくちん登山しかしないだろうし?それ以上にはならないと思うんだw
自分のみならず、相方の為に誰かが命をかけるという状況も
絶対にあって欲しくないから相方にはしつこく厳しく言い続けて行くわ。
っつうかぴんく!ぴんく!!うっきがピンク!!!
゛:;゛:;゛:;ブッ ヽ(≧ω≦ゞ)

2015/01/24 (Sat) 02:53 | minami | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント