FC2ブログ

2014年11月22~24日 越後白山、避難小屋泊Part1 

2014, 11. 24 (Mon) 21:34

しょちょおおおおおおおお。゚(゚´Д`゚)゚。

って事で、ビックリな事に4ヶ月ぶりの中田へ・・・アリエネェ
所長も久々過ぎてビックリ顔で出迎えてくれて「お久しぶりっす、元気でしたか??」って言葉ももらい(☍﹏⁰)。
会社に拘束されて来れないんだよーとの現実を伝え、来月には、いつものみんなで行けると思うと伝え・・・
鶏塩の限定も食べぬまま、終わっちゃいそうだ。。。
あと二週間で終わりだそうです(´・ω・`)
32_20141124195408657.jpg
久々なんで、ガツンと醤油濃いめでお願いしました
相変わらずんまかったです、ごちそうさまでした.。゜+.(´▽`)。+.゜+・



そんなこんなで、この三連休は、またソロしたくて地元の越後白山に引きこもり_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
雪が降ると、もはや私のレベルでソロでは歩けなくなる二王子→粟→白山(は歩けそうw)の順で、雪が降る前に登って泊まりましょうの行程を、上手に組めたなと思います。
と言っても、先週はお天気が悪くて粟には行けなかったけど。
二王子も粟も、もう真っ白です。
ギリ、行けてよかった(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

泊りだから11時スタートでいいやって思ったら、ダラダラしすぎて11:20スタートヽ(冫、)ノ
1_20141124195409c97.jpg

3日間、遊ばせてもらうので、慈光寺で挨拶がてらのお参りして(-人-)
2_2014112419541119f.jpg

3_20141124195413cf6.jpg

4_20141124195414e81.jpg

一合目までの林道をテクテク歩きます。
ここが一番嫌いかもしれない・・・w
11:43、一合目。
7_201411242000349ea.jpg

ここは、しょっぱなから急登なんです。
いつもこの斜度を見て、ため息が出ます(lll´д`)フゥーー
しかも本日、身にまとってる装備品の重量、23キロ┌┛┌┛ズコ!
かつて、鉄山避難小屋に泊まった時、23㌔を担いで上がりましたけど、あそこはロープウェーで上がってるし、木道敷かれた雪野的には平地だから、23㌔でも歩けた訳で。
白山ってなったら、もうレベル的には比べられません。
でも、これをクリアー出来なければ、飯豊の全縦走なんて遠い夢だし。。。
5_201411242000324b7.jpg
そしてこの斜度は、ほんと気を付けないと、後ろにひっくりかえって転げ落ちちゃうのww
足を一歩出すと、後ろにズリッって滑ってくんだよ。。。
荷が重いせいなのかな?

でも、紅葉がまだまだ見頃でw
ほんとキレイだった
6_20141124200034dc8.jpg

8_20141124200036560.jpg

12:05、二合目。
9_20141124200038134.jpg

もはや重すぎて、下を向いて歩いてしまう・・・
そういう姿勢だと、なお疲れるんだけど、まっすぐ立ってると後ろに倒れそうなんだもんww
そんな風に下を向いて歩いてたら、前方からカサカサカサ・・・と音がした。
何?って顔を上げたら・・・

すぐ目の前を横断中の、ニョロ様がああああああ

((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ


「あああああ、これはヤバイです」って、本気で大きな声を発してしまいwww
せっかくがんばって登って来たのに、走って10mほど下りましたwww
小さなニョロ様でしたが、もはやサイズは関係ありませぬ。。。
赤い模様が見えたから、ヤマカガシかな・・・
ニョロ様が登山道を横断して1分経つまで我慢。
そのまま走り去りたかったけど、ザックが重くて走れない。゚(゚´Д`゚)゚。
鈍足のまま、なんとか通過。゚(゚´ω`゚)゚。
10_20141124201308898.jpg

11月も末だというのに、ほんと暖かい日で、17度くらいありました。
汗もボタボタ落ちて来て、どうなってんの?って量の汗が、髪を伝って落ちて来ますww
12_20141124201311df1.jpg

振り返ると、山がこの色w
低山の、しかも里の近くです。
遠くまで行かなくても、十分すぎるこの色(*´ω`*)
13_2014112420131221c.jpg

三合目手前。
この白山は、三合目までがきついと言われてますが、そのきついが尋常じゃないのであります。
この斜度、分かるかなぁ。。。
写真じゃ難しいかな。
14_20141124201313277.jpg

12:32、三合目着。
時間かかりすぎだなぁ。。。と思いながら、日が暮れる前に到着できるんだろうか・・・という不安も出て来た。
だけど、あまりの疲労にザックを下ろし、三合目の白山の神様にお参りして、少し途方に暮れる。
15_20141124202140785.jpg

10分ちょい休憩して、12:44、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
頂上へ行きましょう。。。
16_2014112420214277b.jpg

17_20141124202143cd7.jpg

18_20141124202144043.jpg

4合目からはちょっとだけ緩みます。
緩い場所で、時間を稼がなくてはいけません。
もはや、自分との戦いになって来ましたww
19_201411242021452fc.jpg

この辺から、下山者とのスライドが始まり、皆さんに「泊まり?いいねぇ」などどお話ししながら登って行きます。
20_2014112420233796c.jpg

21_201411242023387c5.jpg

それでも、いいお天気でよかった(๑→ܫ←๑)
22_201411242023397cf.jpg

標高が上がるにつれ、落葉した木が増えて来ました。
23_20141124202341e52.jpg

13:07、四合目。
25_2014112420260136d.jpg

四合目から何分もたたないうちに、一歩歩くたびにお腹が鳴るので、行動食タイム( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
四合目で食っとけよww
26_2014112420260295c.jpg

お腹もいっぱいになって、向こうに見えてる田村線を見る。
もしかしたら、あっちの方が緩いんじゃないか?という錯覚に陥る。
あっちはあっちで結構厳しいんだけどね。
27_20141124202603dbd.jpg

13:26、五合目。
やっと半分(_Д_)アウアウアー
28_20141124202605107.jpg

道中の写真もなく、13:40、六合目。
この辺でスライドした2名のオジサマとおしゃべりをして、小屋に泊り客が居るかどうか聞いてみる。
「2階に2人居たみたい」とか「いや、2階に10人位で大騒ぎしてなかったか?」とか情報がww
「一人がいいんだけど!」とわがままをぶっ放すww
2階に住人が居るならば、しょうがないから1階だな・・・
29_20141124202843ebb.jpg

雪が見え始めた。
そしてあれは山頂ではない(☍﹏⁰)。
30_20141124202844598.jpg

それでも、左を見ると、遠くに白い飯豊が見え始め、それだけでテンションが上がってくるw
31_2014112420284527d.jpg

13:58、七合目。
32_2014112420284746b.jpg

雪が出て来た。
33_201411242028483e7.jpg

14:29、八合目。
すっかり雪。
この辺から、急に雪の量が増える。
そして、超薄着のトレラン兄さん2名に追い越される。
34_2014112420310627d.jpg

11:47、9合目。
もうちょっとw
35_20141124203108645.jpg

ヘリコプターが飛んでいた。
36_20141124203109f3e.jpg


ああああああ、小屋が見えたー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
みんなには見えるか?
我には見える(´∀`*)ウフフ
37_20141124203111685.jpg

14:57、本日のホテル着ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
日が暮れる前に着いてよかった。。。
しかもなんだか静かっぽいぞ。。。
38_201411242031120f6.jpg

小屋に入る前に、山頂を踏みに行く。
徒歩50mくらいw
雪は20㎝くらいだろうか。
40_20141124203647bf8.jpg

雲もだいぶ消え、飯豊がきれいに見えた。
こっちから見ると、本山は大日に隠れて見えないらしい。
大日、やっぱかっこいい
39_20141124203645437.jpg

お、鐘なんてあったんだねw
41_20141124203648249.jpg

ホテルの中に入ると、誰もおらず、ラッキー。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
好き放題ですw
まずは掃除を一通りしてから、寝床を組みましたw
42_201411242036493a4.jpg

権ノ神~粟もよく見えて、後ろには守門も見えてるw
43_20141124203650341.jpg

この日はほんと遠くまで見えて、沈む夕日と米山が、ものすごく近くに見えた。
44_20141124203946c04.jpg

だって五泉から、上越の妙高・火打まで見えてたんだよw
45_20141124203947543.jpg

一番奥に見えてる山が、上越方面の山だね。
47_20141124203950d53.jpg

て事で、肉&酒タイム。
ここで、大事故発生ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
調理道具の袋を引っ張り出したら、なんだか下の方がテカテカしている(´ェ`)ン-・・
蓋を閉めて袋に入れて、更にジップロックに入れてたオリーブオイルが、漏れまくってるじゃないかw(ll`Ω´;)wガーン
それはあちこちの装備品に飛び火し、、もはやパニックヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
ティッシュの大量消費をしてしまいましたヽ(冫、)ノ
46_201411242039493a7.jpg

ウダウダと友達とメールしながら、酔っ払ってくる( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
今日も頑張ってるぜ~
48_20141124203952404.jpg

夜景もきれいに見えた。
二王子の小屋と違って、ここは2階建てなので、上の窓に固定して撮ってみる。
当然、風景モード・オート撮影ですけど?
50_201411242042246ce.jpg

そんなこんなで飽きちゃって、6時ちょっと過ぎに寝てしまう( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

自分的に深夜、ホテルがガタガタ揺れる感じで目が覚める。
あぁ、地震だ。。。
ここで小屋が潰れてしまったら、私はしばらく探してもらえないなぁ。。。と思いながら、揺れが収まるをの待つ。
体感的に震度4くらい。
朝、MSRから長野で震度6だったと教えてもらって、大きな地震があった事を知る。

明朝、外はがーすーで真っ白( ̄ω ̄;)
しかも、超雨・・・
1_20141124205159e30.jpg

とりあえずと、デジイチの電源を入れてみる・・・が、電源がはいらねぇ!!!!
寒くてバッテリーが無くなったのか?と思い、シュラフの中で温めてみるも、ちっとも電源が入る予感がしねぇ!!!
これは一大事だ。。。もはや入院コースなのだろうか└(:3」┌)┘))ジタバタ

落ち着け・・・とりあえず飯だ(*´ェ`*)ボー
2_20141124205200201.jpg

10時半ちょっと前、窓を開けて外を見る。
本日の第一登山者到着。
この頃には雨も上がる。
4_20141124205203745.jpg

「おーい(*´Д`)ノ~~」
「おーいって言われても誰だー」
「雪野さーん」
「おい、雪野さんが居るぞwwww」

ハイ、山岳会の会山行がこの日あったので、参加表明せず、あえて前日入りしてウケを狙ってみました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
お天気が悪いから、会山行は中止かな?
もしあったとしても、この小屋で宴会って言ってたよな(御馳走にありつけるかもw)
と思ってたのに「宝蔵まで行くぞw」とリーダーのIさん( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

Wさんにも「雪野さんも行こうよ、はよ支度してきなせ」と言われ、そのつもりだったのでそそくさと支度をするブッ(´→з←):;*.:;

10:57、宝蔵山へ向けてスタート。
5_2014112420520626e.jpg

ここの縦走路は初めてw
いつか、粟~白山の縦走をしてみたいと思ってるので、逆走で途中まで偵察(*・з・)ぷッ
稜線の登山道は、かなり細め。
参加者は少なかったけど、久しぶりに会の方たちとワイワイ山行なので、楽しい(๑→ܫ←๑)
6_20141124205823c9c.jpg

11:43、袖山着。
1時間以上歩いてるような気がしたけど、そうでもないらしい。
7_20141124205824c9f.jpg

そして、謎の254w
8_20141124205826a4a.jpg

途中、山繭を見つけたw
高級品だとWさんから聞いたので、1個100円で買い取ってくれないかな?とか言ってみる。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
9_20141124205828985.jpg

すぐ着きそうで、なかなか着かない宝蔵山。
あそこか?ここか?と言いながら、いくつかピークを登り返し、みんなに「1時間で宝蔵に着いて、1時間半かけて帰るんだな、がんばれよ((´∀`))ケラケラ」と言われる・・・
間違いなく、戻る方がきつそうだもの・・・
10_20141124205830388.jpg

12:05、権ノ神への分岐。
標柱のえぐれてるのは、黒ぷーさんがガシガシした跡。
11_201411242105549ef.jpg

12_20141124210447503.jpg

そこから100mもない所が、宝蔵山山頂。
12:07着。
ここも、黒ぷーさんにやられてる( ̄ω ̄;)
13_20141124210449567.jpg

山頂でお昼にするか?とか言ってたけど、山頂からしばらく急斜面の下りが待っているので、みんなは少し下って平らな所でご飯にするというので、雪野さん、山頂で捨てられる。゚(゚´Д`゚)゚。
☆゚+.サヨウナラ.+゚☆||´д`*)ノ゙
14_20141124210450b71.jpg

ので、12:13、一人ぼっちで来た道を戻る。
小屋見えてるけど、とおけーよwww
15_20141124223238d13.jpg

でも、いい稜線だね(。→ˇ艸←)プククッ☆
16_201411242110255bf.jpg

17_201411242110275e8.jpg

ここ、厳冬期も縦走出来るんだけど、ナイフリッヂになる場所があると何人かから聞いていて、そりゃなるわなぁ・・・って言う感じの、両脇が切れ落ちてる細い道でした。
18_20141124211027c18.jpg

19_2014112421102946a.jpg

小屋までの最後の登り、トラロープが張ってあるところを、あえて使わずに登ってみようと思ったら、プチ滑落した_ノ乙(、ン、)_
しょうがないので、ロープを掴む(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ

13:33、ホテル着。
20_20141124211030b07.jpg

Wさんに、無事着きましたのメールを入れ、お腹が空いたのでマル塩タイム。
21_20141124211354b0f.jpg

また、グダグダと酒を飲みたいところだけれど、実はこの日のお客様は山岳会の方たちだけじゃなく、第二陣が来るのであります。
そろそろかな、窓を開けてみましょう(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

つづく



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト



コメント

雪野

kyazuさん♪

とりあえず今回は、kyazuさんのザックの重量を超えたって事で満足じゃ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

まぁ、私がいつもこんなバカをやっているのは、単純にバカなんじゃなくて(ほんとだよ!)自分の限界点探しをしているのだi-190
この重さでこれだけ歩いて、まだ余裕があれば、次はここに行けるとか、この重さより軽くできれば、もっときついとこも行けるとか、そんなテストをしているのであります(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

山岳会のIさんは、ほんとにおもっしぇ人で、この人の「せい」で、この山岳会に引っ張られた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
でも、ありがたいねi-189

この日の夕日は、みんなにも見せたかったぞー(´・ω・`)

2014/11/25 (Tue) 22:24 | 雪野 | 編集 | 返信

kyazu

23キロって!
限界超えてるだろi-282

そんなに重いザックで
いったいどこへ向かうのか・・・。
末恐ろしいi-238

おーいって言われても誰だー!!
には笑った。さすがG泉の山岳会はイイねi-185

夕日が美しい~i-185i-185

2014/11/25 (Tue) 21:02 | kyazu | 編集 | 返信

雪野

みなみる♪

酒と食材以外は、オラ担がねぇ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

手だけで10キロ持ち上げるのより、ザックで体全体に重さを分割して担いでる感じだから、10キロとかは、もはや担いでる感覚すらないんだけどね(;^ω^)
手だけで10キロの米袋持つのは、やっぱり私もきついよ~i-190

土曜はとにかくあったかい日で、汗の流れ方も真夏並みだったし、風もなかったから落ち葉の上はポカポカで、ニョロも湧いて来たんだろうなぁ・・・
はよ冬眠しれっての(;´Д`)

二足歩行の生き物ねぇ。。。
なんだろね?w

2014/11/25 (Tue) 20:30 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

第二陣殿

私がこんなに記事を書くのが早いと・・・
あ、だからか。
週末のお天気、悪いなぁwww

私は昨日は10時半に落ちた。。。(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
中田v-373だけでも、また来てくだせぇ。
って、ゆずに行く気だな( ̄ω ̄;)

2014/11/25 (Tue) 20:23 | 雪野 | 編集 | 返信

minami

23kg!そろそろオレをおんぶして登れそうじゃね?(。^ω^)wktk
普通に家の中で10kgの荷物持ち上げるだけで倒れそうなのに
アレ2、3個背負って登山とか想像つきまへんwww
ずっとトレーニングしてるもんねえ・・・凄いわ。
つうかまだにょろっているんだ!
もうとっくに冬眠してると思って油断してた・・・
そいや昨日あい方が一人でスキー場近辺ちらっと登った時に
二足歩行の変なのを見たと言ってるんだが・・・
ちいさいおじさんとか言うからそんなの羨ましすぎるから
気のせい!って思い切り否定しといたが・・・
なんだったんだろ??w

2014/11/25 (Tue) 07:57 | minami | 編集 | 返信

第二陣

アップ早いなぁ\(◎o◎)/!

続き、楽しみにしておりまする。
こちらは、なんとかRAWからの現像がそこそこ終わり
そろそろとぼりそうなんだけど。。。(-_-)zzz

2014/11/24 (Mon) 23:26 | 第二陣 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント