FC2ブログ

2014年11月8~9日 二王子岳避難小屋泊 

2014, 11. 12 (Wed) 00:58

よく、山の先輩方から、指摘されるポールのメンテ。
茂倉の後にもkyazuさん、Zさんにことごとく言われたが・・・
2週間経ってやっと外してみた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
粉がいっぱい出て来た、ありがとう。
1
ポールさんは、基本的に私のお友達じゃないので、メンテうっかり忘れるっていうより、しないよねぇ(;^ω^)
バランスを失いやすい、デカザックの時と雪歩きの時しか使わないんだよ。
なーんもメンテしてないから、本体傷つきまくりだな、これw
以後、気を付けます・・・(多分)

そして、今週末は低気圧と寒気団入りのおかげで、これは全滅だな。
晴れを求めて太平洋側に行っても、風が半端ないww
もう、そこまでして歩く季節でもないし、お得意のヒッキーでもするか。。。(~ _△_)~ zzzZZZZZZ

それでも、日曜の曇りが好転しないか、地味に期待している(*・з・)ぷッ



さて、今月は代休が返って来て、完全週休二日な訳で。
例年なら12月にドカーンと返ってくるのに、今年はどうした??
おかげで仕事はてんやわんやで、全然早く帰れる見通し立たず。。。
みんな愚痴ってるけど、仕事より自分の時間の方が大切な私としては、12月に連休もらっても全然うれしくないので、11月でよかった。
それでも山で景色を楽しむには、おもしろくない季節だけどね。
やっぱ普通に、10月に休みたいです!!!



そんなこんなで、この前の土日は、お天気が微妙だったんで一旦は諦めたんだけど、土曜は晴れ、日曜は夕方から雨って事で、ギリ行けるなとの判断を下し、飯豊の前衛峰、二王子岳へ飯豊を見に行く。
二王子も、飯豊の前衛とか書くと、すっげかっこいいな( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

8日朝、曇ってね???な空の色で目覚める。
単純に、日が登ってないだけだったブッ(´→з←):;*.:;
時間が経つうちに、どんどん空の色が青くなり、寒くもないしいい感じ
ザックを担ぐと、異常に軽い。。。
計ってみると14キロを切っていた。
二王子は、3ヶ所に水場があるので、汲みながら登って行こうとの計画で、この日は水を1・5ℓしか用意してなかったのだ。
通常この時期だと、一泊の山行で最低4ℓくらいは入れてくので、水が減っただけのザックってこんなもんなのか。。。と、驚き。
その軽さが逆に怖くて、なぜか途中のコンビニで、おやつとおにぎりを追加www
これで+1キロ弱。落ち着かない・・・www

泊りだからあんまり早くに行きたくはなかったんだけど、二王子の駐車場は、すぐに満車になるとの事で、9時ちょっと前着。
全部で40台くらい停められるんだろうか・・・
すでにほぼ満車(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
一番奥の駐車場の、端っこにギリ停めた(;´Д`)

二王子神社の神様に、2日間お世話になりますとの挨拶をし。
83_20141111235027a97.jpg

9:09、登山届を出して、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_20141111234805cc9.jpg

杉は私の天敵ですが、悪さをしないこの時期なら、このシャキーンとまっすぐ伸びた感じが、なんかいい感じであります(๑→ܫ←๑)
2_201411112348077f4.jpg

落ち葉に埋もれた階段が、すごくキレイだった
3_20141111234808b99.jpg
二王子をソロするのは初めてで、しかも秋に来たのは初めて。
秋もいいもんだなぁ。

9:30、一合目着。
ソロだと歩くしかないので、かなり順調。
4_201411112348096b8.jpg

二王子で見たンコは、これひとつだけだったなぁ。
どなのたでしょ?w
5_20141111234810b7e.jpg

人間界と自然界の境界線って呼んでますが、杉の消える瞬間。
6_20141111235439f94.jpg

自然界に入ると、そこは橙の世界。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
7_20141111235441565.jpg

モミジが超キレイ。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
8_20141111235441806.jpg

今年は上手に、山を選んで歩いて来たなぁ(๑→ܫ←๑)
9_201411112354438b2.jpg

途中、前日から泊まってたと思われる下山者とスライド。
8合目の水場の様子を聞き、水は出ているとの事なので、2合目&3合目の水場はスルーする事に。
でも、結局は心配なので、体内に200mlくらい水分補給し、減った分を2合目で追加しておく。
て事で、9:57、二合目着。
10_201411112354449fa.jpg

二合目を過ぎると、もう秋は終わりの気配。
二合目ちょっと過ぎで、♂2名、♀1名の三人PTさんを追い越す。
女性の方がだいぶ疲れている様子だったけど、デカザックの男性2名がサポしてたので、安心。
泊りの同居人だなぁ、と思いながら、挨拶して先を行く。
11_20141111235914f97.jpg

12_20141111235916271.jpg

ちょっと寄り道して、三合目手前の、三王子神社の神様にもご挨拶。
初めてここに参拝に来た時、祠の穴からスズメバチが飛んできて、逃げたっけw
神様、お久しぶりです(-人-)
13_20141111235916be5.jpg

10:14、三合目。
二王子は三合目までがきついという言葉をよく聞くけど、私的にはすごく優しい道であります。
ものすごく整備されてるし、そんなに急登でもないし、三合目までがきついって言ったら、やっぱ越後白山を思い出す。。。
あそこはきついヽ(冫、)ノ
14_20141111235918cb2.jpg

ここで三合目の避難小屋を覗いてみる。
二王子は今回で4度目なんだけど、小屋の中を覗いた事はなかったような・・・
古くて怖い感じがしたので(;^ω^)

中は思ったよりきれいだった。
これ、全然使えるなw
15_20141111235919c1f.jpg

そして、かなり魅力な物が置いてあった。
16_20141112001035e4d.jpg
これ、雪国の小屋ではたまらんアイテムですよw
水場も小屋から近いし、かなりいい小屋ですなw

二合目の途中から、もうほとんど葉っぱを付けている木はなくなる。
17_20141112001037494.jpg

いつもは新緑のブナの中を歩くので、こんなに見通しのきいた景色を見るのも新鮮かもw
18_20141112001039a75.jpg

19_2014111200103956b.jpg

三合目過ぎからは、霜が見られるようになった。
前日がとても寒く、土曜から徐々に気温は上がる予報だった。
20_20141112001041d9a.jpg

10:40、四合目。
記憶の中の二王子と景色が違い過ぎるので、先が読めないww
21_2014111200151313f.jpg

10:55、五合目着。
ここで行動食タイム。
アミノ系チューチュードリンクで済ませる。
22_20141112001514e46.jpg

五合目過ぎ、山頂付近だろうか。
斜面一面に張り付く霜を発見(ズーム)
23_2014111200151633a.jpg

左を見れば、ニノックススキー場。
スキー場より高いとこにいるぜ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
24_20141112001517765.jpg

途中の沼は、氷が張っていた。
でも寒くない、逆に暑くてしょうがない。
何で今日も、ヒートテックを着てしまったんだろう・・・と、激しく後悔。
25_20141112001519f7f.jpg

あまりにも六合目に着かないので、これは標識をうっかり見逃したな、次は七合目だな!とか張り切ってたのに。。。
27_20141112001955791.jpg
11:33、悲しみの瞬間だった・・・

11:39、本日のホテル、オレンジのカマボコが見えた。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
写真だと見えないんだよねぇw
28_20141112005432246.jpg

これですw
29_201411120019570da.jpg

残雪期、私がこのルート上で大好きな場所があって、ここに来るとテンションが上がってしまうんだけど、当然、今の時期は木で覆われ・・・(;^ω^)
30_201411120019595a0.jpg

11:52、七合目、油こぼし着。
31_20141112002001ba2.jpg

油をこぼしまくるコースを取るか、ザックが重いから安全策で新道を歩くか。。。
あっち行ったりこっち行ったり、こぼしコースに足をかけてみたり、やっぱ新道にしようかと覗いてみたり。。。
したら、上から「上がって来て下さーい!」

;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)

しょうがないので上がる。
上を覗くと、10人近い女性の軍団が待ち構えてる(;´Д`)
待たれるのは苦手なのだ・・・必死に上がらなくてはいけないからなのだ・・・
ザックが重くて、思うように上がれない(;´Д`)
「うわぁぁ、泊りなの?いいわねぇ」
「楽しみだねぇ」
頼む、おばさま方・・・今のオラに話しかけないでくれ_ノ乙(、ン、)_
必死に上がって息切れしまくって、返事なんてできねーよ_ノフ○ グッタリ
「ア・・・ハイ・・・」と、そっけない返事でごめんなさい( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン

ここに来るまでも、下山者の方数人に「泊まり?」と聞かれたが、みんな驚いた顔をしてたなぁ。
単独女子で泊りの人なんて、結構いると思うんだけど、この辺ではまだそうでもないのかな・・・

油こぼしを過ぎると、もう山頂は射程圏内。
なんとなく、身も心も軽くなっていきます♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬

12:11、水場着。
水はジャージャー出てますヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
本日のお水、2・5ℓ給水!!
32_20141112003054ea2.jpg

33_20141112003056b50.jpg
水を入れてザックを担ぐも、全然重さ変わってねぇなぁ。。。と、若干驚く。
イケるぜ!と思いながら坂道に入った瞬間、2・5kの重みが、一気に襲ってくる(ヽ´ω`)グッタリ

でも、もうちょっとだよ
34_20141112003056a35.jpg

遠くに、雪を纏った山が見えた。
35_2014111200305765d.jpg

もうすぐ、がんばれ、と自分に言い聞かせる。
ちょっと変な力を入れると、ふくらはぎが攣りそうになってんだよww
デカザックの日は、あちこち酷使するから、もうダメでありますww
36_20141112003059393.jpg

もうすぐ山頂。
あぁ、今日はほんと良く見えてる。
これが見たかったんだ。
その為の、二王子のチョイスだったんだ。
37_20141112003651533.jpg

12:39、ホテル着。
デカザックでも、3時間半ちょうどで着いたか。
ソロだとやっぱ早いな(*・з・)ぷッ
38_20141112003653a75.jpg

とりあえず、寝床の準備だけする。
先客さんはいないようだ。
39_201411120036547f0.jpg

12:52、飯豊展望の山から、飯豊を思う存分眺める
40_201411120036556d4.jpg

まだ記事にしてないけど、6月の頭にも二王子に来ました。
その頃はまだ、飯豊に出入りしてないので、自分が登った杁差と頼母木しか分かりませんでしたが、今は見えてるこの山全部、見て分かるようになってるのがうれしくて(。→ˇ艸←)
41_20141112004014343.jpg
景色をゆっくり堪能しながら、ランチとしましょうか(๑→ܫ←๑)


つづく


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト



コメント

雪野

ランさん♪

ランさん、いつも二王子からの飯豊が見たい~って言ってたもんね。
見れて良かった(๑→ܫ←๑)
紅葉もだいぶ下がって来てはいたけど、キレイだったよねぇi-189

三合目の小屋って、なんか怖くていつもスルーしてたんだけど、避難小屋マニアになりそうな私は、意を決して覗いてみた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
思ってたよりキレイだし、ストーブまであるってとこが魅力(´∀`*)
よく見る薪ストーブだと、火越しが大変そうだから、自分でも簡単にできる灯油ストーブはありがたい。。。
薪は用意できないけど、灯油なら用意できるしね♪

飯豊仕舞いの二王子だったけど、見たら早く飯豊に行きたくてしょうがないのであった。゚(゚´Д`゚)゚。

2014/11/17 (Mon) 20:09 | 雪野 | 編集 | 返信

ラン

お疲れさま~

私も5日の休みに二王子登ってきたのだけど、雪野ちゃんと同じく秋の二王子は初めてでした

珍しく晴天の真っ青な空で、それだけでも気持ち良かったところに、紅葉がこれまた良かったです♪

雪野ちゃんと同じく小屋を覗いて、ストーブに感激しました~

ここでも飯豊の勇姿が見れて、嬉しい~

ステキな写真いつも楽しみだよん♪

面白いのも好き♪

2014/11/16 (Sun) 18:05 | ラン | 編集 | 返信

雪野

花火星人さん♪

あー、会った会った、普通に会ったw

今その記事書いてますだよw

2014/11/12 (Wed) 23:34 | 雪野 | 編集 | 返信

花火星人

いや、なんか見えない人らしいからw

2014/11/12 (Wed) 23:28 | 花火星人 | 編集 | 返信

雪野

花火星人さん♪

私は去年は一度も行かなかったんだよ~。
白の二王子にも登ってみたいけど・・・
死の香りがプンプンするぜwww

鏡山から見る飯豊より、二王子の方が端から端まで、飯豊の全ピークが見えていいわi-189
来年春あたり、倉手山からの遠望チェックをしてみるさ。
あそこはまだ未踏で、どんな飯豊が見えるのか、謎なのだ(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

てか、噂の人って誰だ???
有名人なのか???(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

2014/11/12 (Wed) 22:57 | 雪野 | 編集 | 返信

花火星人

二王子様

おぉー、二王子だ。毎年必ず一度は行ってたのに
今年は行かないまま終わりそうだ。
素晴らしい飯豊展望台だもんねー
ところで、オレンジハウスで噂の人には
会わなかったかな?

2014/11/12 (Wed) 09:26 | 花火星人 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント