FC2ブログ

2014年10月25~26日 茂倉避難小屋泊&近所散策Part3 

2014, 11. 09 (Sun) 20:10

おい!
いつから20g減ったんだ!!
3_201411091750325cb.jpg

そんなこんなで、飽きもせずに肉を担いでお出かけーε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
どうしても、このお山が見たくて・・・
登ったこの山自体も、じきに私のレベルでは歩けない場所になるから、最後の最後に、いい景色を見せてもらって満足です
2_2014110917502986e.jpg



茂倉2日目。

P.S.大事な夜中の部分を書き忘れたので、冒頭から追加するwww

真夜中、何時だろうか。。。
Zさんがうなり始める。
これ、仲間内的には毎度の事なので、特に気にせずに寝続けたら、いつもよりうなされ度がヒドイww
声にならない声で、なんか唸っているwww
本人は苦しんでいるんだけど、雪野さんとか仲間たちが聞いたら、これ大爆笑www

で、朝になって本人に聞いてみる。
これまた毎度の事で、オバケが出たらしいwww
そりゃそうだ、前日に一ノ倉歩いてるんだもんな、引っ張ってくるんだろうなとは思ったけどww
なぜかZさんの事になると、怖い話も大爆笑になってしまいwwwww
本人が言うにはオロク袋と命名されてる、シュラフカバーを引っ張られたらしい。
本人は必死に「引っ張るなよ!」って怒ってたって話だwww
やばい、書きながらも笑いが止まらないwww
て事で、本文。

5時半頃かな?
単独さんたちが準備を始める。
周りが起き始めると、何となく起きる。
御来光なんて見ないぞ!と言ってた割に、何だかんだ御来光を見に行く( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

小屋前からの谷川主稜線。
1_20141109180105638.jpg

kyazuさん、まさか山頂まで行くんですかww
小屋からの第一ピークの景色を前日にインプットしておいたので、疲れるのが嫌いな雪野さんは、そこからでもOKなはずと読んで、そこに居座る。
2_20141109180106eeb.jpg

この日も快晴の予感。
朝は空気が澄んでるから、前日より富士山がよく見えた。
3_201411091801079a1.jpg

モルゲンロートに染まり始める主稜線。
4_201411091801096e5.jpg

一ノ倉の脇から御来光。
5_20141109180111b5d.jpg

オキの耳にも、御来光を拝む登山者の影。
6_20141109180646b2f.jpg

あちこち染まりだす。
7_20141109180527062.jpg

一番左のテーブルマウンテンは苗場山。
9_20141109180530c56.jpg

8_20141109180529d82.jpg

万太郎の山頂に、銀色に光る物体があって(´ェ`)ン-・・
みんなで小屋あったっけ?ないはず。とか話をし、山頂標識が反射してるんじゃない?との見解・
10_20141109180532cd0.jpg

大障子避難小屋。
11_20141109180533c0f.jpg

小屋に戻って朝ごはんです。
前の日の残りのステーキを食べれるとは・・・
朝からステーキとは・・・
肉が神々しすぎるので、正座です!
13_20141109181245030.jpg



前の晩に、ヤングメンからもらった焼豚。
これを我らにくれたせいで、どこかで飢えなければよいが・・・
アリガトウつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
14_20141109181247b62.jpg

お世話になりました( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン
ドア脇にチップ募金箱があるので、小屋を利用された方はチップを入れてください。
15_201411091812470ae.jpg

16_20141109181249a14.jpg

7:40、2日目スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
何度見ても、kyazuさんのザック、でけーわww
17_20141109181251b29.jpg

8:00、この旅3度目の茂倉山頂( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
20_201411091817555a5.jpg

これで見納めの景色。
19_20141109181753892.jpg

次なるルートへの第一歩。
いろんな山歩きをしているkyazuさんとZさん。
なのに、2人ともこのルートは未踏との事。(Zさんは茂倉も初めてでした)
山の先輩方が歩いた事のないこのルートを、おバカさんが一緒に歩かせてもらいます(*´ェ`*)ボー
sigekura (35)

22_20141109181756c94.jpg

とにかく景色が壮大過ぎて、圧巻と言うしかありませんΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
山しかねーよΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!
23_20141109181757984.jpg

目の前に、おかしな岩が出没( ̄ω ̄;)
25_20141109182210dfe.jpg

左横に回避┌┛┌┛ズコ!
27_201411091822132fe.jpg

踏み外したらサヨウナラヾ(*'-'*)
28_20141109182214f13.jpg

ばいばい、茂倉ホテルフリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪
26_20141109182212eba.jpg

Zさんが「こっちの山は、稜線に忠実に登山道が作ってあるよねぇ」って言ってたように、ほんとにきれいに稜線に登山道がある。
だから、アップダウンがよく見えすぎて、若干萎えるヽ(冫、)ノ
30_2014110918253277e.jpg

kyazuさんと撃ち合い|д´)チラッ
31_20141109182533adb.jpg

sigekura (41)

武能岳。
この山も茂倉とセットで、ガイドブックを見て歩きたかった山。
実際に自分の目で見たら、あまりの威圧感にビックリした・・・
荒々しい∑(´Д`*)ノノ!!
33_20141109182534be7.jpg

でも恐ろしいほどに、最後登るな・・・
34_201411091825364e0.jpg

下りて来たルート。
逆ルートで歩きたくねぇなぁ・・・と思った。
36_20141109182537383.jpg

目の前に立ちはだかる・・・
一ノ倉の登りと同じくらいじゃねーか(_Д_)アウアウアー
シムー
37_20141109183034281.jpg

「4回休憩入れながら」とkyazuさんに言われ「ん、じゃあ6回( ̄ω ̄;)」と、なぜか回数が増えているのであった。
蓬峠が見えた。
39_20141109183036cfa.jpg

蓬ヒュッテも見えるぞ
41_20141109183038ee7.jpg

大源太も見える、楽しそうだ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
40_20141109183037aca.jpg

そして登り切ったら・・・
山頂とーけーよ!!!┌┛┌┛ズコ!
42_20141109183040953.jpg

9:41、武能岳山頂着。
ひっくり返るから、はよ撮れ!と、こやかましい赤ザックの人( ̄ω ̄;)
茂倉に向かって✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌
43_20141109183407c93.jpg

朝日に向かって✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌
44_201411091834086c0.jpg

連なってるねぇグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
茂倉越しの主稜線
45_20141109183411d1c.jpg

蓬~朝日の、いわゆる馬蹄形コースってやつ。
Zさんは馬蹄形はやらないって言ってて、私もめんどくさそうだからやらないって言ってたけど、何で見ちゃうとやりたくなるんだろう( ̄ω ̄;)
46_20141109183411850.jpg

ハイ、てるぼー、2日間のハードな山歩きはどうだったい?
雪野さんは疲れたよヽ(冫、)ノ
って、まだ終わってねーけどな(;´Д`)
47_20141109183413a38.jpg

武能山頂で大休止をしてたら、蓬方面から単独女子がやって来た。
お話を聞くと、遙か彼方の世界の方で「えっ?」「えっ?」と聞き返したくなる事しばしばww
まず、大源太の山頂で寝たって聞いて、あのZさんすら「小屋あったっけ?」って、小屋がないのを分かってるのに、ビックリして聞き返してたもんねww
どうやらツェルト泊をなさったようで、クライミングもやってるらしく、何て言うんだっけ・・・岩の間に挟まって、体固定して寝るとかそんな事を普通にやってる山姉さんだった;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
谷川はあれだけの死者を出してるけど、やっぱりクライマーさんたちの憧れの場であり、そんな方々が沢山歩いてるんだなぁと感じた瞬間でした。
足元を見てビックリだったのは、普通のナイキのスニーカーだった事。
猛者以上でした( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

山姉さんと別れて、10:19我々もスタート。
いい空でした。
50_201411091844398b0.jpg

武能~蓬ヒュッテまでは、気持ちのいい緩やか稜線歩き。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
51_20141109184441add.jpg

振り返ると、笹原キラキラ。*゜+。(O*’v`*)。+゜
52_20141109184443767.jpg

sigekura (53)

のんびり
54_201411091844440ce.jpg

途中、空を見上げると、近いとこに浮いてる雲は画面的に向かって下に移動し、その上空にある雲は、左に向かって移動してる。

Zさん曰く、これが谷川の空気の流れの境目とかなんちゃんらかんちゃら・・・(ちゃんと聞けww)
日本海側と太平洋側の空気がぶつかり合うから、この辺はお天気が急変しやすいんです。
だから、岩場が怖いってだけじゃなく、お天気の面でも怖い山域です。

分岐。
蓬峠近辺は、あちこちからのルートと繋がっていて、山の中の交差点みたい。
56_20141109184445778.jpg

そんな話をZさんとしながら、ふと後ろを振り返ると。。。


あの人は何なんでしょうかwww
一応、私の山友さんらしいですwww

どうやら小屋まで300歩らしい。
自分が数えるのは面倒なので、Zさんに数えさせる。
57_2014110918481912a.jpg

10:59、蓬ヒュッテ着。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
300歩かからなかったらしいw
営業小屋だけど、思ったより古い(;^ω^)
59_201411091848210f6.jpg

60_20141109184822175.jpg

歩いてる途中から、どうしてもバックに写りこむ巻機山が邪魔で、大源太がきれいに撮れないねぇ・・・と3人で言っていて、「七ツ小屋山まで行ったらキレイに見えるだろう」と言う2人に、勘弁してくれと泣きを入れ、小屋裏に見えてる小ピークまで登ろうで話がまとまった。
61_2014110920420171e.jpg

武能からのルートもきれいだねぇ。
62_2014110918482459d.jpg

そして小ピークに上がった。
Zさんが遙か先を歩いてる・・・
63_201411091848267ed.jpg


話が違うじゃないかっ!!!!

Zさんはいつもこうやって、私を陥れる。。。
だから仲間内から、ダークサイドと呼ばれている( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!

結局、大源太を縦走した時に使う分岐まで来てしまった。。。
くそぅ。。。騙されたヽ(冫、)ノ
「ここまでルート繋いでおけば、大源太に来た時、ルート繋がるじゃん」とご機嫌のZさんww
それはそうなのだが・・・w

じゃあ、大源太に来た時は、こっちから帰ろうか・・・
66_201411091855474b7.jpg


武能、一ノ倉、谷川と連なる稜線。
67_201411091855480d9.jpg

小屋に戻り、休憩がてら行動食タイム。
まだキンバイさんががんばっていたΣ(゚д゚lll)
68_20141109185550fe3.jpg

お盆の立山で使おうと思ってた、具入りマヨネーズ。
使い道がなかったので、ここで使い切る。
んと。。。マズイ┌┛┌┛ズコ!
69_20141109190157c6c.jpg

11:49、本格的に下山開始。
名残惜しいなぁ。。。
70_201411091901593fb.jpg

71_20141109190200eb3.jpg

下山ルートは稜線から外れ、斜面をどんどんトラバースしながら下降。
72_20141109190202528.jpg

12:00、水場着。
小屋から最寄りの水場は、10分歩かないとだめらしい・・・
遠い・・・登りでこのルート使うなら、汲んで登って来れるな、そうしよう・・・
74_20141109190644bf0.jpg

渡渉も数ヶ所。
75_20141109190645aa2.jpg

途中でkyazuさんが、枯葉の中から巨大ナメコを発見する。
また落ち葉に隠してきたw
81_20141109190648eb3.jpg

こっちのルートも、紅葉がキレイ。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
83_20141109190650bf6.jpg

84_20141109191251522.jpg

85_20141109191254dab.jpg

いい画撮るなぁ・・・オイラ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
86_20141109191254510.jpg

kyazuさんのは枝がかぶってる、、、(_Д_)アウアウアー
87_20141109191256c74.jpg

向かい側の斜面も燃えていた。
89_20141109191646d5f.jpg

数時間前まで、あの上に居たんだよなぁ。。。不思議。
90_20141109191647201.jpg

ビックリした事に、アカモノさんがまだ咲いていた。
91_201411091916482a2.jpg

まぶしい゚+.(*ノェノ)゚+
93_20141109191650e01.jpg

13:22、分岐ではないんだけど、ここから沢沿いに歩く。
ゴールが近い。
95_20141109191651cc6.jpg

98_201411091923051a9.jpg

途中、テントウムシが遊びに来た。
2匹遊びに来たんだけど、撮る時に逃げたヽ(冫、)ノ
100_20141109192307c4b.jpg

99_20141109192307126.jpg

101_2014110919230916c.jpg

105_20141109192513b8d.jpg

マジか!と思った瞬間。
106_2014110919251586d.jpg

14:01、やっと林道終点に着いた。
ここからまた、茂倉の駐車場まで林道歩き。
107_2014110919251571e.jpg

14:27、道路に出た。
109_2014110919251765e.jpg

kyazuさんが超速で先へ行ってしまう。
これはきっと・・・って思った通り、先に行って車を持って来てくれた+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚ァリガトゥ
道路の分岐から10分くらいかかるはずだから、本来のゴールは37分くらい?

帰りは高速のSAで、がっつりしょっぺがんを食べ。
110_20141109192518955.jpg

おやつも食った(。・д・)=3ゲプッ
満足満足ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
111_20141109193652f47.jpg

お二人とも、同行ありがとうございました( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン
これでまたひとつ、初年度から憧れていた山を、ひとつふたつ歩く事が出来ました

次なる野望は、蓬上がりの茂倉泊、茂倉発の万太郎下山です。
自分で自分の首を絞めてみました。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ

また来年。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト



コメント

雪野

あいすたん♪

山のレベルにもよるけど、この山域で普通のスニーカーってのは、やっぱ天空レベルの人だと思うi-190
前に偵察に来た時も、沢屋さんたちはもっとペラペラのスニーカーで走って下りて行ったし(;´Д`)
新潟の山ってのも猛者が多いから、普通の山は長靴で登ってるしね(;^ω^)

2014/11/12 (Wed) 23:11 | 雪野 | 編集 | 返信

アイス

ナイキのスニーカー・・・
凄いわねぇ。。。  旦那が、山でそゆ人みたら この後地獄みるぞー っていうから、いあ多分そゆ人は大丈夫なんだよwww って会話を観光地の山でしてるが 
この山で スニーカーってね凄すぎるわぁ

でね? 人の荷物がでかいとおっしゃってますが、あなたも そーとーでかいですわよ?

2014/11/12 (Wed) 10:39 | アイス | 編集 | 返信

雪野

kyazuさん♪

そう、結局、泊まって来たのであります。
お空と相談したところ、初日はOKだったんだけど、2日目は朝早く下りて来いよ!との結果になり、急いで支度して行って来ましたヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

いやほんと、あの2日間の思い出は、ほんと記憶に残りまくる山行になると思うi-189
あんだけでっかい山で、あの程度の人にしか会わず、しかも会う人って言ったら、大概は猛者さんばかりで、お話聞いてても楽しかったしねw
小屋前で長話した、御夫婦?もおもしろかったw
Zさんの唸り声はさておき、ネズミが顔の上を走って行かなくて良かったと思うのでありますブッ(´→з←):;*.:;

そう・・・
ハードな山歩きをしているのに、一向に痩せないその訳は・・・
やっぱこれだよなヽ(冫、)ノ
i-271i-268i-280v-373v-367

2014/11/11 (Tue) 21:12 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

わらさん♪

あの写真を撮る際、kyazuさんに「後ろに転ぶっけ、はよ撮れ!」とか、到底、一回りも下とは思えない、調子こきまくりの言葉を吐き捨てていたのは私です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

「今年は紅葉、外してないぜ~」と初日に叫んでたら「みんな外してないわ!」って、kyazuさんに言われ、そりゃそうだ。。。
いい紅葉の時は、山友たちみんな歩いてるんだもんねwww
ほんと、今年はいかったねi-189

馬蹄形の会議も、後日しましょうよi-185
来年は、もっと楽しくなりそうな予感(๑→ܫ←๑)

2014/11/11 (Tue) 21:05 | 雪野 | 編集 | 返信

kyazu

結局、泊まりで行ってきたんだねi-184
来年のルートが見えたかな?


あの2日間の楽しかった記憶が鮮烈に蘇ってきたi-185
計画に感謝ですYoi-234

焼肉&おにぎりにカフェラテって・・・??
さては、その食事が元気の源かぁ?

2014/11/10 (Mon) 20:55 | kyazu | 編集 | 返信

わら

>朝日に向かって✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌
すっごいバランス。デカザックで90度以上足上がってますな。

ホントにいい絵で撮れてますね~~~。紅葉がきれいやなぁ~~。

馬蹄形でまた、繋がながないとだね。
そん時は、お供させてくださいな。

2014/11/10 (Mon) 00:26 | わら | 編集 | 返信

雪野

茶々さん♪

kyazuさんとも話してたけど、蓬新道はいろんな物資を運ぶルートになってたせいか、登山道が九十九折になっていて、距離は長くなるかもしれないけど優しい登山道だったi-190
すごく登りやすい登山道だと思うし、蓬峠までなら日帰りで行けると思うよi-185

ヒュッテはいくらで泊まれるんだろうなぁ。。。
でも、茂倉はタダでとてもきれいだヽ(冫、)ノ

2014/11/09 (Sun) 23:06 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

花火星人さん♪

確か、ヤングメンもそんな事を言っていたような・・・
なんせ、酔っ払ってたもんで、すでに記憶がねーよww
そのセリフは、今回の同行者のZさんが、ものすごく多用しているセリフですww
あの人、私より一回りも上なのに、こんなにイジっていいんだろうかwwww

イヤ、本人は喜んでるはずだ(キッパリ

2014/11/09 (Sun) 23:00 | 雪野 | 編集 | 返信

花火星人

焼き豚

>前の晩に、ヤングメンからもらった焼豚。
>これを我らにくれたせいで、どこかで飢えなければよいが・・・
たぶん、荷物を軽くしたかったと思われww
だいたい、山行くと自分が持ってきた食材を
『食え食え』と振る舞うでしょ?軽くしたいから。

2014/11/09 (Sun) 22:50 | 花火星人 | 編集 | 返信

茶々

稜線が美しいねぇ~。うっとり。
大縦走は無理でも蓬峠は行ってみたいなぁ~。
お天気に味方された山行だったね(*^_^*)

2014/11/09 (Sun) 21:46 | 茶々 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント