FC2ブログ

2014年10月25~26日 茂倉避難小屋泊&近所散策Part2 

2014, 11. 07 (Fri) 00:28

すごく・・・残業ヽ(冫、)ノ

そしてNEWへあーが時々・・・
座敷童のようになります(๑°⌓°๑)
落ち着いてる時はコケシ、膨らむと座敷童。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


今週末はどーすっぺーと思案中(´ェ`)ン-・・
すっことねーから山に行くーって、暇人過ぎるブッ(´→з←):;*.:;
何かいまいち天気が信用ならん。。。
もうちょっと探ってみるか(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
せっかくの連休だから泊まるかなぁ?とも思ってんだけど、一人で避難小屋に泊まると、危ない!!って周りからこっぴどく怒られるんだよww
行くなら内緒で行こう・・・ww


茂倉の続き。


一ノ倉岳から谷川岳のオキの耳へ向かう。
空白地帯のルートが繋がり始める。
ふと左側の岩稜を見ると、ファイト一発をやっている人が居たΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
私は踏み込んではいけない世界だ。。。
死んでしまう(;´Д`)
53_2014110622343994b.jpg

54_20141106223442f10.jpg

13:57、先行していたZさんとスライド。
「疲れたよー」とボヤく雪野さんに「ノゾキだけでも見る価値があるよ~」というZさん。
そして、耳の上は都会の喧騒らしい( ̄ω ̄;)
55_20141106223442dc6.jpg

先に始めてると言うZさんと別れ、耳へ向かう。
ふと振り返る。
56_20141106223444e35.jpg

おおおおおおおおおおおいいいwwwww

帰りにこれを登れってのかよwww
「ムリー、これ登り返して帰るのムリー」
と叫んでたのが、すでに1/3辺りを登っているZさんに聞こえたらしく、爆笑している声が聞こえた( ̄ω ̄;)

そして、相変わらず、かっこいい写真を撮ってくれとか言ってる割に、腰からぶら下がってるコンビニ袋が残念すぎる(_Д_)アウアウアー
sigekura (21)
サブザック持って来てないから、ここに水とダウンを入れて歩いてたヽ(冫、)ノ


そして、人様のブログで鎖場があるって書いてあったが・・・
ほんとにあったガ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━ン!!
荒沢の後遺症がまだ残っていて、このシルバーに光る輪っかを見ると、ちょとビビる(((((((;´д`)))))))
57_20141106230403c3c.jpg

乗り出し過ぎると落ちちゃうので、これが限界だけど、ここで沢山の命が失われています。
一の倉沢。
59_201411062304059f8.jpg

58_2014110623040495b.jpg

全容を見るには、このブログがいいかな→クリック
見て身震いがしたのは、この事件→クリック
私はまだ見た事がないんだけど、谷川岳の遭難者慰霊碑というのがあって、そこには亡くなられた方の名前が全部掘ってあって、彫られていないスペースもあるんだと。
この先、まだ亡くなられる方を想定してなのかなぁ。。。と、山友さんが話してくれたことがありました。
この谷川岳は、こんなに危ない山なのに、ロープウェーでいい所まで上がって来れちゃうから、もう観光地化しています。
だから危険認知度も低い、そう思います。
私が5月に歩いたルートが、そのお気楽ルートになりますね→クリック
とは言っても、残雪期なのでお気楽ではありませんが。
無くなられた方々の事を思いながら・・・(-人-)

さて、見てるよりなかなか着かない耳。
62_20141106233219ac2.jpg

歩いても歩いても、遠いんですww
60_2014110623040739c.jpg

左のピークまで帰るんだぞ・・・ヽ(冫、)ノ
63_20141106233220428.jpg

sigekura (24)

そして第二鎖。
64_201411062332214f6.jpg

トマの耳が見えた。
65_20141106233223b57.jpg

前回、鳥居だけ見つけて、そのまま下山して来た奥ノ院でも参拝でき。
67_20141106233701259.jpg

70_2014110623362802c.jpg

14:36、オキの耳着。
68_20141106233625503.jpg

これでルートは繋がった。
Zさんが来た時より時間も遅いので、都会の喧騒は過ぎ去っていたが、長居は無用ww
はよ帰って、酒飲もー。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
トマの耳。
69_20141106233627eba.jpg

あっちとこっちで、全然違う顔だよね。
73_201411062340301a5.jpg

sigekura (25)

谷川の岩は、つるつるでとにかく滑る(;´Д`)
滑って転んで落ちないように、とにかく気を付けて歩く(;´Д`)
そして、恐怖だった一ノ倉岳への登りは、やっぱり辛かったヽ(冫、)ノ

15:24、再び一ノ倉岳着。
74_20141106234032498.jpg

明日向かう武能岳。
結構、荒々しい顔なんだなw
75_2014110623403248c.jpg

ボヤく元気もなくなる頃、ホテルが見えて来た。
やっと酒が飲める。・゚・(´□`*)・゚・。
76_2014110623403431c.jpg

sigekura (28)

いやぁ、遠かった(_Д_)アウアウアー
77_2014110623403658d.jpg

ホテルに戻ると、稜線でスライドした方が一名、同居人となったようだ。
お天気はいいしあったかいし、ディナーは景色という御馳走を食べながらの、オープンテラス形式( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
78_2014110623491876c.jpg

あー、やっとビリビリできたー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
79_201411062349194d1.jpg

毎度おなじみ、ステーキヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
kyazuさんに「喉に詰まらすなよww」と注意を受ける。(ステーキ事件→クリック
(●`エ´)ノ ‘`-ィ
80_20141106234920522.jpg

82_20141106234923fbb.jpg

81_2014110623492193e.jpg

kyazuさんからはおでんをもらったのに、食べるのに夢中で画像がない( ̄ω ̄;)
そんなこんなで大盛り上がりをしていたら、でっかいザックを担いだヤングメンが到着。
一緒に飲もうと誘ったが、シャイさんなのか遠慮がち。
でも最終的には、一緒になってご飯を食べてましたw
3日くらいかけて縦走予定だから、食料も菓子パンとかばかりで。。。と、Zさんの用意してくれた、ビーフシチューを喜んで食べてくれたw
83_20141106235435c11.jpg


ヤングメンが持って来たカール。
パンパンww
84_20141106235437f8b.jpg


疲れたけど、いい空の日だったねぇ。
全然雲もなく、風もなく、穏やかな一日だった。
谷川山系で、こんなお天気、なかなかないよなぁ。
ちょっとでもお天気が微妙だったら、この日の山行は中止だっただろうな。
85_20141106235438aa7.jpg

日が落ちて来たら、急に寒くなって来たので、みんなで小屋の中に戻る。
この日の宿泊客は5名。
そのうち4名が一眼所持者であり、3名がEOS60Dで、なんか大笑いw
最後に来たヤングメンは、フィルムの一眼で、私なんて全然分からないけど、kyazuさんや単独のオジサマとか、マニアックなお話をしていた。
しかも、超でっかい三脚も持ち出して、星空を撮影したいと言っていた。

この日の雪野さんの新兵器。
持ってたランタンが微妙すぎるので、新調しようかなぁ・・・と思ってたところ、軽くていいやつを発見してしまったのだ。
ヘッデンにかぶせると、ランタンに早変わり!風なアイテム。
モンベル(mont‐bell) クラッシャブル ランタンシェード ホワイト WTモンベル(mont‐bell) クラッシャブル ランタンシェード ホワイト WT
()
mont-bell(モンベル)

商品詳細を見る


88_20141106235441a40.jpg

どれどれ| 冫、)ジー
おぉ、劇的に明るくはないが、手元はよく見える(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
89_2014110700010982c.jpg

そんな時、kyazuさんがやって来て・・・
90_20141107000110587.jpg

コラーヾ(*`ェ´*)ノフンガ~

1000円だして買ったオイラの立場をどーしてくれる!!!!!
しかも、コンビニの袋の方が明るい。。。。・゚・(´□`*)・゚・。
と、大騒ぎをしていたら、単独オジサマが笑いながら、自分のテーブルにある雪野さんと同じ簡易ランタンを指さしていたwww
仲間が居たぞ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

そして、Zさんの出す、ロウソクの明かりが一番明るいのだ。。。
91_201411070001120f3.jpg

外はこれでもかってくらいに星が出ていて、単独オジサマとヤングメンが星空撮影に挑んでたので、酔っぱらいの素人雪野も「風景モード・オート撮影」で挑んでみる。
86_20141107000107871.jpg

酔っぱらいの手持ち撮影でも、地味に行けたなwww

山の夜は早い。
7時くらいにはみんな就寝。
明日の朝も、晴れてますように


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト



コメント

雪野

あいすたん♪

山にもよるけれど、天気が悪いって分かってたら、私は登らないかなぁ。
足元悪くなって危ないし、洗い物が増えて面倒だし( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ただ、地元の低山で、傘さしながら歩ける樹林帯の中の登山道なら、たまに歩く。
でも、自分より背の高い木がないような場所で、雨の中を動くのは、雷さん、どうぞ落ちて来て下さい!って言ってるのと同じなので、私はパス。

泊りの準備って、泊りの装備の事を言ってるのかな?
山は自己責任って言われてるので、悪天候でも個人の責任で登ればいいんだけど、結局事故が起きれば、個人の責任では済まず、大勢の人間に迷惑をかけるってのを考えたら、きっといろんな事が見えてくる気がするんだけどなぁ・・・

2014/11/12 (Wed) 23:27 | 雪野 | 編集 | 返信

アイス

ですよね! 天気が悪いのわかってたら登らないよね!!!
それ、旦那に強く言っておくんなましぃぃぃぃぃいいぃぃ

って事は、泊まりの準備の人達も まだまだ甘いってことですな。
始まりが 一人だったのか! 
それで、納得ですわ♪

2014/11/12 (Wed) 10:41 | アイス | 編集 | 返信

雪野

目目連さん♪

コメント、すっ飛ばしてましたーi-282

谷川山系は今年二度ほど。
この山を歩く時は、目目連さんを思い出します(๑→ܫ←๑)
初めて登る時、聞いておいてよかった話でした、あれは・・・

私があえてWIKIを貼り付けたのは、この谷川岳を、そして、山の危険性を知ろうとする人なら、きっと自分でリサーチしてくれるんじゃないか?って、それこそ願いを込めたんです。
私が投げかけたヒント、私の一回目の記事を読めば、目目連さんが書いたあの記事にも飛べる。
そこから「この山にねがいをこめて」の事も知ってもらえる。
まだまだ危険認知度の低い方が多く見られます。
私自身も、まだまだ低いと思います。
一人でも多く、真剣に危険な事に対しての知識を持ってくれればと思うばかりです。。。

一ノ倉岳の避難小屋の後ろにも、慰霊碑みたいな石碑がありました。
茂倉の途中にもあったような記憶もしますが、なかったっけな・・・
谷川はいっぱい歩いたから、しばらくいいかな?って思ってましたが、実際歩いたら、やっぱり他にも見てみたい、歩いてみたいルートが沢山でした。
だから来年、また歩いていると思います(๑→ܫ←๑)

2014/11/09 (Sun) 20:28 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

わらさん♪

ウン、戻した・・・ww
めんどくさがりなんでさぁ、クリックしないと記事が読めないってのがダメだったらしい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

ほんと、わら夫妻も一緒に来れたら良かったよねぇ(´・ω・`)
ほんと、奇跡の二日間って呼んでるよw
ありえないもの、超快晴で、微風ってΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ

こんげいっぺこと担いで上がるっけ、ザックが重くて歩けなくなるんだわwww
つか、もっと鍛えねばならぬヽ(冫、)ノ

多分、kyazuさんが馬蹄形やるよ( *´ノェ`)コチョーリ

2014/11/09 (Sun) 20:24 | 雪野 | 編集 | 返信

わら

おや。ブログ、元に戻ってるね。こっちのほうが見慣れてる(^^ゞ

いいお天気で最高の山でしたね。逃がした魚はデカイ。
この山域でこの時期2日間ともピーカンなんてそうそうないよね~~。


それにしても豪華めにゅーだなぁ。
ろうそくがキャンドルに見えるよ。

2014/11/09 (Sun) 20:08 | わら | 編集 | 返信

雪野

花火星人さん♪

ごめん。。。

泊まって来た( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
今日は昼前に下りないと危なげだったので、必死に下りて来た。
雨に降られずに済んだ。

スマヌーi-282

2014/11/09 (Sun) 17:44 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

kyazuさん♪

軽量化を考えた時・・・
やっぱサブザックって外れてくんだよなぁ・・・ヽ(冫、)ノ
山岳会の人みたいに、ガサガサ袋を担げばよかったかな(*・з・)ぷッ

星空は・・・
脇から若干の光(街の明かり系)がある場合だけ、何とか撮れると分かったi-190
カメラの勉強する気が、全く伺えねーi-282
山の勉強の方が先だもの。。。ウン、偉いぞ自分←って、全然勉強してないっつー┌┛┌┛ズコ!

2014/11/09 (Sun) 17:43 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

あいすあたん♪

ん~、私は始まりが一人なので、何で?的な事を言われても、逆に何で?ってなっちゃう(;^ω^)
山は怖い場所だけど、その山がどんな山か、危険な場所はないかって、隅から隅まで調べて、自分のレベルに見合ってるって納得した上で登るなら、怖くはないはずだよi-190

がっつり山登りの人はかわってるかぁ・・・
がっつり登る&デカザックを担ぐにも、体力筋力さえあれば、単純に知識がなくてもきつい山も登れると思う。
でも、何か急な事故があった時に、きちんと対応できるかどうかが、レベルの高低になるんだと思う。
上級者さんたちは、空のご機嫌を見て、ご機嫌が悪い時は登らないよ(;^ω^)

2014/11/09 (Sun) 17:39 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

みなみる♪

EOSはおりこうさんだから「風景モード オート」でも、結構いい仕事してくれますだよ(´∀`*)ウフフ
まぁ、山の上に三脚担ぎ上げる元気はないので、雰囲気が伝わる画が取れれば私的にはOK

私の周りは、山は泊まってなんぼの人ばかりだから、逆に日帰りで下りてくる方が悔しくてしょうがない。。。
マジで怖い面は、この後の章に出て来るけど、Zさんが一手に引き受けてくれるから、オイラ寝てるだけwww

2014/11/09 (Sun) 17:31 | 雪野 | 編集 | 返信

花火星人

くそー

今日は晴れてるのに仕事だし、明日は近場の山へ
と思ったら、雨じゃねーか。。。
テンション上がらねー(T_T)

2014/11/08 (Sat) 09:52 | 花火星人 | 編集 | 返信

目目連

雪野さん

谷川岳はもしかしたら一番登った山かもしれません。

雪野さんが覗きこんだ一ノ倉は、出合辺りの紅葉が最盛期ですね。
宙吊り遭難はwikiよりも、私もレポした『この山にねがいをこめて』の方が詳しく載ってます。

マチガ沢、一ノ倉沢、一ノ倉尾根をちょっと登ったところとか、至る所に遭難者たちのレリーフがあります。一度見ておくといいと思います。
先人たちのおかげで、私たちが楽しい登山ができるってのを忘れないでいたいですね。

2014/11/07 (Fri) 21:54 | 目目連 | 編集 | 返信

Kyazu

ポリ袋

お腰につけたポリ袋♪
残念な後姿i-282
やっぱりサブザックは必要だなi-185

それに、オジサンのランタンシェードも笑った。

星空・・・手持ちでちゃんと撮れるんだ!!
ビックリだなぁ!!!

2014/11/07 (Fri) 18:04 | Kyazu | 編集 | 返信

アイス

思うんだけどさー・・・
よく山登るのに一人で登ろう!! とか、思えるよね。
この間、登ったとき あの悪天候でも一人で登ってる人とかいて オレにはムリぽ~と思った・・・
そうそぅ。 荷物が凄い山の人とかいたいた♪ あれは、泊りの準備なんだろね~
でも、雨で強風だったのにねー・・・
がっつりの山登りの人達は かわってるわ~(*´Ⅰ`)

2014/11/07 (Fri) 10:05 | アイス | 編集 | 返信

minami

((*´゚Å゚):;*.':;ブッ「風景モード オート」で星空うつるんかいなww
もうちょっとシャッター開けたらいーぱい写せそうだな
吾妻山の天の川を見て以来何年も満天の星空を見られていない・・・
あ、震災の停電で見たか・・・いああの時天の川までは見てないなw
山に泊まるとか、恐怖でしかないんだけどこんな凄い空が
見れるのは羨ましい。

2014/11/07 (Fri) 09:35 | minami | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント