FC2ブログ

2014年7月26~27日 飯豊連峰 北股岳~門内避難小屋泊Part3 

2014, 08. 08 (Fri) 00:45

先日のモンベルSサイズシャツ、ちょうどいかったーヽ(*´∀`)ノ
実際着て歩いたら、不具合出るかもだけどね(´゚ω゚):;*.:;ブッ


飯豊の続き。

寝ている時から、ビュービューすごい風の音で、何度か目が覚めた。
それは朝になっても止まず、というか、明るくなる頃、雨の音までしだした(´д゚ll)
皆さんも起き始めたので私も起きたけど、寝る時には居なかった若いイケメンが小屋に居たり。
多分、テントさんが避難してきたかな?

梅花皮から来たというパーティーさんも、びしょ濡れで小屋に避難。
アイヤーとか思いながら、朝食はビビンバ(レトルトご飯と素)

小屋に泊まっていたご婦人が、私とKyazuさんに話しかけてきた。
前の日に私たちが「新潟人だ~」って言ってたのを聞いてたらしく、よくよく聞いてみると、同郷の方であったw
ほんと山はおもしろい(๑→ܫ←๑)
泊まり装備の大きなザックを背負って、1人でKJを上がって来たらしい。
小屋に入って来た時、かっこいいなぁって思った
私も、あんな風になりたい(。→ˇ艸←)

暴風雨も止みませんが、みなさん続々と小屋を出て行かれます。
これ以上待つと、午前中に下山出来なくなるって事で、我々も出発します。
それでも多少雨風は弱まってたのが救いだった。

7:32、お世話になった門内ホテル出発
小屋番さんも、優しくていい方でした。お世話になりましたペコリ(o_ _)o))
ターコイズが好きだからターコイズのザックカバーにしたんだけど、これ大失敗だな。
レインウェアと同化しちゃって、アオムシみたいo(´д`)oァーゥー
2_20140807225528f57.jpg

もーここからは無言で早足ですww
稜線上は、さすがに風が強いww
ザックの紐がベシベシ顔に当たって、超痛い・゜・(ノД`)・゜・
ベシベシされるのが好きな人なら、たまらん仕打ちなんだろうけど、痛いの嫌いな雪野さんは、苦痛で仕方ないww
時々、風に煽られて足が止まる感じだったから、風速20m位はあったんでしょうかねぇ?

前日、花びらを2~3枚つけていたマツムシソウが、全開で咲いていた。
でも撮る余裕はないww

7:51、KJ分岐。
しばらくは何もない草原が続くので、まだ風に煽られる事があるかもしれない。
でも、雷が鳴ってなかっただけでも救われたヽ(冫、)ノ
この写真で、雨のすごさ分かるかな?
3_201408072254131a9.jpg



雨が降ってなければ、このKJの草原で、お花を撮りながらのんびり遊んで帰る予定でした。
遊んでる余裕はねぇ
足場の悪い中、早足で下山しますww
登山道はもはや、沢と化して、その辺の小川よりも立派でしたww

8:22、梶川峰。
わらさんのお約束ポーズをパクってみるが、私がやると何か違うようだ┌┛┌┛ズコ!
いつもの寝シリーズをやってみたかったが、このドロドロじゃ。。。
4_20140807225415aa1.jpg

梶川峰を過ぎると、だんだんと斜度が急になってきます。
なのに登山道は沢化し(´д゚ll)
転ばないように、慎重に歩きます。

そしてやっぱり忘れた・・・w
Kyazuさんに教えてもらったんだけど、春先によくみるトゲトゲの正体。
ハリブキだそうです。
6_201408072311528ef.jpg

5_201408072254169b0.jpg

トモエシオガマ(*`Д『+』)ハッケン!!
雨の中のコンデジじゃ、これが精一杯w
(トモエさんじゃなくて、エゾシオガマだそうですw)
7_20140807231153844.jpg

9:00、五郎清水着。
小休止で水場はスルー
8_20140807231154dcf.jpg

KJはお尻を着いて足を伸ばさないと届かないくらいに削れちゃってる場所が多かったんだけど、みんなあそこを登ってきたんだよねぇ(´Д`;)
登れる気がしねーとか、ブツブツ言いながら、滑り落ちてきました(´д゚ll)
9_20140807231155c1e.jpg

9:43、滝見場着。
ここから石転びが見えるという。
頭の方はガスがかかってて、残念
10_20140807231157c04.jpg

途中、MMが見えた。
十分な斜度過ぎて、大爆笑ww
ないわー、あんな斜度ないわー(´Д`;)
そりゃボヤくわww
11_20140807231708819.jpg

10:07、湯沢峰着。
薄っすらと見えたこの湯沢峰、どんだけ登り返させるんだよとテンション下がった。
しかもここに来ての急登で萎えた(ヽ´ω`)グッタリ
12_20140807231710905.jpg

Kyazuさんがチーズ入りサンドイッチを作ってくれたヽ(*´∀`)ノ
超うめぇヽ(*´∀`)ノ
13_20140807231710f54.jpg

11:00、ここで飯豊山荘が見えた。
雪野さん、ついうっかり、終了ボタンを押してしまう。
足がプルプルして来てしまったよwww
14_20140807231712f0c.jpg

最後の最後で、ロープ場。
ちょっとスラブっぽい岩。
15_201408072317132f9.jpg

まず、足を置く場所がない
大丈夫かな?と思って足を置いたら、ズルッと滑って慌てて体制を戻したww
雨で濡れてるから、なお滑る。
これはもう、腕の力で下りるしかない場所なんだと思った(´゚ω゚):;*.:;ブッ
鎖フェチのアホ友たちのお陰で、何度か鎖を掴んでおいてよかった。。。
何とか下りれた。。。
23_201408072325182f0.jpg

たいした斜度に写ってないとこが、せつねー
16_20140807232514e71.jpg

飯豊山荘が近づいた、道路も見えたヽ(*´∀`)ノ
11:31、ゴールヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
17_201408072325168bd.jpg

24_20140807232520fd7.jpg

25_201408072336284b1.jpg


激しい2日間であった_ノ乙(、ン、)_

帰りは梅花皮荘の温泉で汗を流し。
18_201408072325168ef.jpg

梅花皮荘でご飯って思ってたんだけど、前回、もう閉まってて入り損ねた越後屋さんに行く事にした。
モロキュウをサービスで頂くw
( ゚Д゚)ウマー
19_20140807233622803.jpg

そして天ざるそば。
岩魚の天ぷらってのを初めて見たので、食べてみた。
これヤバイ( ゚Д゚)ウマー
20_2014080723362428a.jpg

21_20140807233625f1e.jpg

ここのご主人も、飯豊を守っている方らしく、前日、KJの刈り払いをして下さっていたらしい。
朝お話したご婦人が、上がってくる時に刈り払いをしてた方と長話したって仰ってたので、越後屋さんのご主人だったんだね
整備してくださってる方に、直接お礼を言える機会なんてなかなかないから、ラッキーでした
同じ日、小国山岳会の方々も登山道整備をして下さったらしく、新しいロープが張ってあったりして、無事に下りて来れました。
22_201408072336262e3.jpg
スーパードライの缶ビールは凍らせる事ができるけど、ノンアルビールは破裂するらしい"φ(・ェ・o)~メモメモ
などという、豆知識を教えてもらい(´゚ω゚):;*.:;ブッ
ご主人は写真も撮っていて、飯豊の写真集も出しておられ。
写真集を見せてもらったけど、そこにピンクのチングルマの花が載っていてΣ(⊙▽⊙"a
タテヤマチングルマー∑(´Д`*)ノノ!!って。
立山じゃなくても咲くのか。。。と思い、家に帰って調べてみたら、気象条件によって、白にピンクが混じる事があるんだって。
立山固有種なんだと思ってたヽ(冫、)ノ

山に登らなくても、岩魚の天ぷらを食べに行きたいなぁって思った、おいしいお店でした


自分の足で歩いて、飯豊の稜線を繋げたいという夢。
その夢の、半分まで歩く事が出来ました。
1_20140807234941a77.jpg

北股からのその先。
また歩いて、全部繋げます。
飯豊4


飯豊を下りた翌日に、石転びで遭難事故があった事を知りました。
結果的に、遭難された方は、亡くなっていたようです。
亡くなられた方のご冥福をお祈りしたいと思います。

私が北股から石転びを見下ろした時、その方は私の見ていた方向にいらっしゃったんだと思います。
その時は既に、亡くなっていらっしゃったのか。。。
障害物がなければ、上から発見してあげれたんだろうかとか、なぜ事故は起こってしまったんだろうかとか、いろんな事を10日経った今でも考えています。

山を始めて数年、初めて近くに感じた山岳事故でした。
飯豊を守っておられる方々は、事故があるたびに自分たちの時間を投げ打って、危険な場所へと救助に向かわれます。
山は自己責任とよく聞きますが、事故が起きれば、捜索に来て下さる方の命までも奪いかねない騒ぎになってしまうという事。
それをしっかり頭の中に置いて、山を歩きたいと再度思いました。

飯豊は普通の山の感覚で入ってはいけない山だと思っています。
ある程度の筋力と体力があれば、山を歩く事は可能だと思います。
だけど、それだけじゃ、命は守れない。
どの山でもそうですが、自分のレベルを知り、その山を歩くだけの力が自分にあるのか、きちんと把握し判断した上で、山に入って欲しいなと思います。

山での事故が、一つでも多く減りますように・・・



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト



コメント

雪野

茶々さん♪

Part1の私の写ってる写真見てもらうと分かるけど、全部4つ足で歩いてますww
水場までは、ストック出す場面なんてないものw
Kyazuさんは結局、丸森峰までノーストックだったけどねi-282

そのうち稜線は繋がるだろうけど、全部のコースを制覇って難しいだろうなぁ。。。
調べてみたら、ダイグラもあんまり整備されてないみたいで、藪っぽくなってるとか書いてあると、退くよねぇi-282
足の松から門内って手もあるけど?
私やろうとしてたし(。・w・。) ププッ
その後、私の山友が、実際やったらしいし( ´,_ゝ`)プッ
私も来年、やってみようかなヽ(*´∀`)ノ

2014/08/09 (Sat) 22:37 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

わらさん♪

お・・・やった・・・ヽ(´ω`)ノ

KJ登る相棒できたー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ

って思ったら、岩魚かい┌┛┌┛ズコ!

我にはもう11月まで連休がないので、しばらく日帰りの鬼となるヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
10月の頭、日帰りでKJ歩いてみね??
稜線上がったら、そのまま下山になると思うけどね( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

日帰りだと、いっくらはよ下りても、越後屋さんに間に合いそうにないんだよなぁ・・・(午後4時まで)
それが問題o(´д`)oァーゥー

2014/08/09 (Sat) 22:30 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

みなみる♪

飯豊は全く山に興味がなかった頃から、果てしなく遠い厳しい山だって知ってたので、自分が山を始めても、絶対に上れる場所じゃないって思ってたよ(´Д`;)
会社の山をやってるおばさんから、登りで9時間とか、いろいろ聞かされてたからねぇ。
でも、紅葉の時期に登って、あまりの景色に感動して泣いたって言ってたから、私もその色を見てみたいんだよねぇ(๑→ܫ←๑)

行きたい場所があるから、そこに行けるように自分を鍛える。
これからも新しい目標ができたら、また鍛え上げないとダメなんだろうなぁ・・・とヽ(冫、)ノ
相変わらず、疲れることは嫌いなんだけどね( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

2014/08/09 (Sat) 22:25 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

花火星人さん♪

でも何か違いますよねぇ?
かっこ悪いんですよ、私((´‐公‐`))考ぇ㊥
所詮パクリだから、きっと何かが違うんだと思う( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

今度、わらさんをストーカーのごとく、ジーッと見つめていよう| 冫、)ジー

2014/08/09 (Sat) 22:17 | 雪野 | 編集 | 返信

茶々

自分のレベルに合った山、五頭山から帰還しましたノ(--;)
MMのあの角度・・・・・・どうやって登るんだ?二足歩行じゃ無理だよね?

飯豊、いっぱい塗りつぶしたね~。
宝物だ~。
私は足の松のとこだけ濃くなっていくんだろうなぁwwwww

今日の午前中はクシャミ連発だったろ?w

2014/08/09 (Sat) 13:44 | 茶々 | 編集 | 返信

わら

こんにちは。
悪天候時のKJ下山の逆境の中、デカザック担いで足を上げるポーズを・・・なんて取れるあなたが素敵すぎます。

レポおもしろかった。
よっしゃ~~~v-42って心に火がついたよ。
岩魚のテンプラ頭からかぶりつくぞ~~(こっち)

2014/08/09 (Sat) 11:07 | わら | 編集 | 返信

minami

厳しい世界だ〜。無事におりられてよかったね。
日頃の訓練の賜物だな。
オラこんな体験したら山恐怖症に陥るよキット〜。
今日明日も天気悪くて山断念・・・今年は全然だめだなあ。
しょうがないからスクワットでもすっか。

2014/08/09 (Sat) 10:12 | minami | 編集 | 返信

花火星人

伝染

>わらさんのお約束ポーズをパクってみるが、
なんと、わらさん経由でそちらまで伝染したようですね♪
新潟の山ブロガーに流行るかな(*^_^*)

2014/08/08 (Fri) 22:40 | 花火星人 | 編集 | 返信

雪野

目目連さん♪

そうなんですよね。
どんな山でも遭難できるって、初年度の時に思いました。
どんなに楽に登れる山だったとしても、動けなくなった時に、誰かに見つけてもらえなければ、それで終わりですもんね。。。
山に入ったら、常に死と隣り合わせ何だと言う事を、改めてしっかり心に焼き付けました。
しばらくは、いろんな事考えながら歩く事になりそうです。。。

飯豊の救助隊の方々は、飯豊を守っている山岳会の方々で、一般市民さんなんだそうです。
山岳会の皆さんが、普通の時間を過ごし、穏やかな気持ちで飯豊に入られるように、事故が起こらないでいてくれればと思います。

2014/08/08 (Fri) 21:22 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

Kyazuさん♪

いろんな意味で、アメとムチの両方をくれるのが、飯豊だよなぁって思う(。・w・。) ププッ
飯豊に行くだけで、いろんな勉強をさせてもらってる気がするよi-185

なんだあれ、トモエさんじゃないのかΣ(°д°lll)ガーン
私もまだまだだな。。。(全然まだまだだよww)
タマガワホトトギスは、岩手山にも咲いてたよ♪

KJね、秋に地紙ピストンしてみようかと思ってたi-190
私のスピードで、日の短くなった秋にKJって言ったら、地紙が限界だろうと思って(;^ω^)
それでも、赤い飯豊も見てみたいんだ(๑→ܫ←๑)

2014/08/08 (Fri) 20:53 | 雪野 | 編集 | 返信

目目連

雪野さん

去年、仕事の関係で見送って、今年も行けそうにない東北の山、料理共々楽しませていただきました。
岩魚、美味そう。
岩魚は嘉門次小屋の囲炉裏っ端で食べますね。

遭難は、初心者であろうとベテランであろうと、また、高山であろうと近所の裏山であろうと、誰にでもどこででも起きると言うことです。

救助隊の方々、仕事以上の『使命感』で危険に身をさらして駆けつけてくださいます。
それを思うと、ひとりひとりが常に自分のこととして、心して山に入ることが大事だと思いますね。

2014/08/08 (Fri) 19:33 | 目目連 | 編集 | 返信

KYAZU

強風と雨、いやぁ~飯豊の良き思い出がまたひとつ増えましたi-234

トゲトゲ・・・「ハリブキ」。

トモエシオガマ・・・あの時はトモエで疑問に思いませんでしたが、「エゾシオガマ」だね。

ちなみに黄色いヒトデみたいなのは・・・「タマガワホトトギス」。

こんどはKJ登りで行こう!!i-235

2014/08/08 (Fri) 14:03 | KYAZU | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント