FC2ブログ

2014年5月1日 谷川岳 

2014, 07. 05 (Sat) 01:21

最新報告

いや、今週は結構マジメに更新したので、特に報告する事はないようだ・・・
まぁ、ブルーレイが1枚届いた。
5_201407042341266f4.jpg

これ、ビフォアシリーズって言って、前作にサンライズ、サンセットと2作あるんだけど、ほんっと大好きなシリーズで。
まさかミッドナイトが出るとは思わなかったけどw
今年の1月に公開だったんだけど、冬は動くのがめんどくさい・・・
結局行かなかったって事で、夏は夏で忙しいから、このブルーレイはいつ見るんだろうな( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

あちこちの山の上の神社の扉が開き始めました。
今月からは、登拝登山の開始です
鳥海、月山、立山、加賀白山
休みがどんどん減っていくのに、全部行けるかな。。。
加賀白山は、山を始める前から行ってみたかった山。
でも、他の奥宮と一緒で、登る気なんてさらさらなかったから、行けない場所認定の神社でした。
登るようになってからも、地理的に遠い、山自体もでかいから、行ける気がしないで、行ってなかった場所。
今年は何だか行かなければいけない気がするので、そろそろお邪魔しますかね


さて、今年のGWの続き(まだGWネタかよ

5月1日が休みって事で、世間的には平日であり、これはチャンスと、普段、混んでる山は嫌いだからと、敬遠していた谷川岳へ。
この翌日、雲取山を計画していたので、ただ埼玉に直行するより、せっかくだから寄り道してしまおう的発想。
てか、前の日は友達との旅行から帰ったばかりで、埼玉に向けて前乗りがムリだったんだ。

で、谷川入りの前夜。
ブロ友さんである目目連さんのブログに遊びに行ったら、なんともリアルタイム過ぎる記事がUPされてて・・・→http://mtngoods.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

動画を見た後、プルプルしちゃいまして・・・
ロープウェイでお気楽登山なんて思ってたんで、気をしっかり引き締めての登山となりました。
出発前に見れて、逆によかったと思います。

いつもソロだと、寝坊しますZzz....(_ _*)・.。*
この日も当然ながらの寝坊で、途中まで下道で行こうと思ってましたが、ダメだーと思って最寄から高速IN
距離的に遠回りになる上、時間も30分しか縮まらないから普段は湯沢の方まで下道利用・・・
何とかロープウェーの運行時間前に到着するも、ベースプラザの駐車場がどこから入るのか分からずウロウロ( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
そして、空は超不穏な色合い・・・

とりあえず乗り込みました。
1_201407042349513f3.jpg

駐車場にもロープウェー乗り場にも、平日ながらチョロチョロとお客さんはいました。
だーけーどー
2_2014070423495321c.jpg
みんなスキー場とか、単なる観光のお客┌┛┌┛ズコ!
登る人が誰もいねー
空いてるのを期待しての平日登山だけど、いなさすぎるのも不安ー
そして、登山口どこー
3_20140704234954ff1.jpg

リフトのおっちゃんに聞いて、登山口発見(ノ I `。) ウゥ・・・
8:54、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
4_20140704234955d7b.jpg

天気の変わりやすい山だから、と言われて挑んだこの日ですが、さっきまで曇ってたのに、もうこの青空。
青空はうれしいんだけど、またすぐ変わるんだろうな・・・と、覚悟して。
向こう側の雲もすごいね。
5_20140704234957a90.jpg

6_20140705001634997.jpg
ゲレンデ脇の登りが、一番急登だったヽ(冫、)ノ

谷川岳さん、こんにちは( ´Å`)ノ
8_20140705001636c7f.jpg

ゲレンデを登り切り、ゆるゆる気持ちのいい残雪の道
9_20140705001638d0d.jpg

10_20140705001640a41.jpg
ここを超え、ロープ場を下りたら、半藪漕ぎ状態となった
数日前、川内で藪漕ぎしたばかりなのに、ここもかーと、プチ切れヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
雪が微妙に溶けてきて、藪の方が勢いを増し始めたとこだったんですね。
みんな、あっちこっち好き勝手なとこを歩いてるぽく、這い上がれそうなとこを這い上がって、やっと歩きやすいとこに出た・・・

9:58、赤い避難小屋着。
11_20140705002151b04.jpg

まぁ、中間地点ってやつだな、ここ。
12_2014070500215361a.jpg

小屋から先は、所々夏道出現。
14_2014070500215582a.jpg

ショウジョウバカマが咲き始めてた
13_20140705002153adf.jpg

マンサクも。
15_20140705002156626.jpg

歩いてる途中、あっちこっちからの、雪崩のドーーーンッって音を聞きながら歩く。
ほんとにすごい音だ。
16_20140705002753ad8.jpg

17_20140705002755f93.jpg

ちょうど小屋の辺りに、後続者さん2名発見。
ちょっと一安心。
18_20140705002756040.jpg

さっきの青空から・・・不穏( ̄ω ̄;)
とりあえず、何かあったら即下山のつもりだったので、この日は特に山頂目指さず。
19_201407050027570fb.jpg

でも来るんだよ、これが・・・
20_201407050027597ab.jpg
夏道が出たり雪の上を歩いたり、雪が切れて落ちかけてたり、なかなかスリリングな状況でした

これはこれで、幻想的だな。
21_20140705003332db0.jpg

もうちょっとで稜線上がれるかな?って思っても、なかなか着かないのが山です┌┛┌┛ズコ!
22_201407050033340aa.jpg

ざんげ岩。
かつてアホ友たちが、ここでザンゲしておったwww
23_2014070500333535a.jpg

25_201407050033395b9.jpg

崩れる( ̄ω ̄;)
26_201407050035330c9.jpg

やっとこ小屋が見えたーヽ(´ω`)ノ
27_2014070500353467a.jpg

11:23、肩ノ小屋着。
28_201407050035368ca.jpg

29_20140705003538d72.jpg
 
5月上旬から小屋の営業再開って書いてあったから、自分を甘やかす為にコーラを買おうと楽しみに上がって来たのに・・・
無人ヽ(冫、)ノ

そして、空が不穏。
このまま下山するか、急変したらここに泊まっちゃうか。
とりあえず、小屋の周り散策。
そしたら、片耳まで300mと書いてある。
とりあえず片耳だけ取って帰るか、と進んでみる。
32_20140705003838bff.jpg

11:39、トマの耳着。
ちょーブサイクな顔してん、これwww
相当眠いらしい・・・
33_20140705003839242.jpg

あっちにもう片耳あんのか~、フーン(●´エ`●)o〇
がーすーで何も見えないよー(゚ρ`)ァー
34_201407050038416b5.jpg

3分後、見えた。
35_20140705003842122.jpg
片道15分くらいかかるのかと思ったけど、すぐそこだった┌┛┌┛ズコ!
なので結局、向かってみた。
雪はもう剥がれ落ちそうになってて、絶対雪の上に乗るもんかって、ちょっと必死だったww

36_201407050038446dc.jpg

11:56、トマの耳着。
ん・・・やっぱ15分くらいかかってる( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
この顔は、もっとやばいww
完全寝てるww
37_201407050045143e6.jpg

トマからオキを見る。
38_20140705004515b0b.jpg

39_201407050045163bc.jpg
そして、前日に谷川のあれこれをしっかり思い出す事となったので、この山頂から亡くなった方々への思いを込めて、手を合わせてきました。

さて、下山しましょう。
40_20140705004518da3.jpg

あはー、おっかねぇガクガク(((゜д゜;)))ガクガク
人が歩く所じゃないけどもww
42_201407050049021e1.jpg

小屋に戻って来ました。
泊まりません、下山します(。・w・。) ププッ
43_201407050049048a8.jpg

小屋を過ぎてから、後続者さんとスライド。
でっかいザックで、泊まりかな?
44_20140705004904c8b.jpg

向かう先。。。不穏すぎるwww
45_2014070500490676b.jpg
この残雪の斜面、ちょっと怖かったなぁ。

10分後、晴れ。
46_20140705004908166.jpg

小屋までもうちょっと。
47_20140705005158b8a.jpg

山の向こうから、雲が押し寄せてる。
急ごう。
48_20140705005200c1c.jpg

12:53、避難小屋。
49_20140705005200155.jpg

ちょっと暖かかった。
50_20140705005202dce.jpg

彩雲も出たよ
51_20140705005203204.jpg

小屋を過ぎてからの登山道は、こんな感じで木を跨ぎ続け・・・
52_201407050053313d5.jpg

右側のロープを掴んだら、自転車のゴムみたいので、掴んだ先からビローンと伸び( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
死ぬわ!
53_20140705005334819.jpg

ゲレンデ目前、とうとう谷川方面から、ゴロゴロと雷の音がし始めた。
急ごう。
54_20140705005334b13.jpg

55_20140705005336bfb.jpg

うはー、追っかけてくるー'`ァー…'`ァー…ε=ε= へ(*;´Д`)ノ
56_2014070500533711c.jpg

雷雲はそのまま谷川を包んだままで、こっちには来なかった。
13:35、無事下山_ノ乙(、ン、)_
57_201407050059295a5.jpg

ロープウェー駅にて、1人お疲れヽ(冫、)ノ
58_20140705005837ea9.jpg

ほんと、久々に緊張した山登りでした。
でも、初心に帰れてよかったな。
今年はほんと、初心に帰ろうがテーマな年だと思う。
私のように、登山を始めて、2年、3年。
なんとなく事故を起こさず過ごしていると、山は危ない場所なんだという事を、うっかり忘れちゃってしまってるんじゃないか?って思うんです。
もしくは「自分、結構イケてんじゃね?」っていう、恐ろしい勘違いとか・・・
私は最初の山で、しょっぱなから山にはじき返されちゃってるんで、山はじっと黙って、自分の中に入ってくる人間を見てるんじゃないか?って思います。
なんせ人間は土足で、ドタドタと山さんという他人様の家の中に入って行く訳ですから。
だからどんな山でも敬意を払って、ありがとう、とか、お邪魔しました、とか、お礼を言わなくちゃいけないんだなって思います。
どんなに小さな山でも、山に向かって、たいした事ないとか言っちゃいけません。
山は息をし意思を持ち、じっとあなたを見ていますよ。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト



コメント

雪野

まっちさん♪

私も静かな山が好きなので、人が居ない方がうれしいのですが、まだまだ素人なので、初めて登る大きな山だと、やっぱ不安になります(´Д`;)
でも、お店にお客さんがいないと、ほんと困るわi-282
食べ物屋さんだったら、それこそ入るの躊躇しちゃいますねi-282
味を知ってるお店なら「空いててラッキー」なんだろうけど(`ω´)グフフ

2014/07/09 (Wed) 07:22 | 雪野 | 編集 | 返信

まっち

誰もいないと不安になる

山は誰もいない方がうれしい口ですが、お店屋さんは客が誰もいないと不安になりますねー
おいしいと評判のお店でも駐車場に車が1台もないとなんだか入りづらいですねー

2014/07/08 (Tue) 14:59 | まっち | 編集 | 返信

雪野

茶々さん♪

でーっけ雲だよねi-282
すぐそこにあるから、曇ってこんなんなってんだΣ(⊙▽⊙"aって分かるくらいだもんねi-282

そう、最新記事は同時進行で!!なんて言ってたのもつかの間、結局、13年と14年、同時に乗り遅れ始めた( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
7月は、がんばって筋トレだぞ(`ω´)グフフ

休みの日は。。。
寝坊したいって思わん!
だがソロだと寝坊するwww
油断~、緩み過ぎ~_ノ乙(、ン、)_

2014/07/05 (Sat) 22:37 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

目目連さん♪

ギャーi-282i-282i-282

記事の更新の仕方がおかしいのですi-282
見逃してくださいヽ(冫、)ノ

あの日、目目連さんの記事を読んでから、谷川に向かってよかったと思ってます。
沢山の、亡くなられた方々の事を思いながら登れました。
帰って来てから山の先輩に、そんな事を話したら「慰霊碑は見つけた?まだ亡くなる方が出るのを想定してなのか、名前を刻む場所が空いてるんだよ」と・・・
慰霊碑は見つけなかったんですが、刻まれる名前が増えなければいいなと思います。

雪崩の音を、あんなにいっぱい聞いたのは初めてだったので、ちょっとビックリしましたi-183
自分が歩いてる付近で雪崩れないでくれーi-282って思いながら(;^ω^)

歩きたい山の数と、休日の数が合わない。。。
いっぱいお休みが欲しいですi-282

2014/07/05 (Sat) 22:35 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

みなみる♪

かーちゃんがさ、自転車の荷台に荷物くくる時に使うゴムの紐みたいのあんべ?
あんな感じww
まぁ、あそこまでは伸びないんだけど、あの時の私からしたら、同等の勢いだったww

オイラが山にはじき返された時は、前に話したかなぁ。。。
一番最初の桜の山で、リールアジャストのスニーカーを履いてて、遊歩道から登山道へ変わるって辺りで、リールがバチンって弾けて外れたんよ。
ビックリして逃げようにも、ワイヤー締め直さないと走れないからねww
「その装備で、これ以上入ってくるなよ」っていうメッセージだったと思ってるi-190
山に対しては、ビビリ過ぎ位がちょうどいいと思うw

明日は何とかお天気も持ってくれそうだから、大好きな場所に行って来るぜー(๑→ܫ←๑)

2014/07/05 (Sat) 22:23 | 雪野 | 編集 | 返信

茶々

あの迫りくる雲怖いね~~。
なんか津波みたいだ><。
GW・・・ついこの前なのにもう7月なんだね~。
全然、山をこなしてないのに、半年終わったなんて悲しすぎるぅ~~。

休みの日は寝坊したいって、思うよね?

2014/07/05 (Sat) 20:34 | 茶々 | 編集 | 返信

目目連

お待ちしてました。

雪野さん

アップが無かったので『あれ?』って思ってました。
前の日の予報はいまいちだったので、まずまずのお天気で良かったですね。
逆に、あっという間にガスがかかったり晴れたりを実感できて良かったのかも。

西黒尾根を登っている時に、トマの耳の脇の雪塊が落ちて、爆音も雪崩落ちる雪も凄かったのを覚えてます。

6月上旬の梅雨入り前は、新緑と雪のコントラストが綺麗ですよ。
その時期のおすすめは厳剛新道ですね。マチガ沢が素敵です。
来シーズンにぜひ。

2014/07/05 (Sat) 10:34 | 目目連 | 編集 | 返信

minami

ロープだと思ってつかんだらビローンって伸びるなんて
4コマ漫画じゃないんだから勘弁してくれwww
こえぇよっwww
そうねえ、オイラもしょっぱなから強風に足下すくわれて
ズボン破ったクチですから♡(登山用のをまだ持ってなかった)
マア、オレの場合は「ビビり過ぎ」でしょうけど((*´゚Å゚):;*.':;ブッ
いつもお邪魔します、とかありがとーーって言う気持ちは
持っている♡
ぶつぶつ口に出したり心の中で思うだけだったりだけど
きっと通じてるよね〜。

2014/07/05 (Sat) 09:25 | minami | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント