FC2ブログ

2014年6月28日 飯豊連峰・頼母木山 

2014, 06. 29 (Sun) 22:56

今日はお天気もイマイチ、雨ならアジサイが似合うでしょうヽ(´ω`)ノ って感じで、護摩堂山へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
某Sさんを誘ったんだが、断られた・゜・(ノД`)・゜・
そしてSさんに「今日、ブログの更新されるか見張ってるからな!」と脅され・゜・(ノД`)・゜・
編集しなくちゃいけない写真の数が膨大なのに、夕方、PCの前で寝落ちする事1時間半・・・
ビビッて起きた・゜・(ノД`)・゜・

3年ぶりの護摩堂山。
山一年生の時に、坂道を歩く練習を何度もさせてもらった山。
あれもアジサイの頃だったなぁ・・・と、今日は初心を思い出しながらの、山行となりました。
いや、ちっさくても山は山だぞ?
低山をバカにする人も居るけど、山を標高でしか語れない人は、本物の山屋さんとは認めてない雪野さんです。
低山には低山の、高山には高山の良さがある。
高山に登りたくても、体の事情で登れない人も居る、山を始めたばかりで、まだ低山しか登れない、それでも山を楽しみたい、そんな人も居るんです。
それが分からないようなら、山を語るべからず、と思います(そーゆー人に限って、自分は上級者だの山に長けてるとか言うんだよな・・・)

昨日がちょっとハード山行だったので、クールダウンのつもりでの護摩堂山。
昨日、山友さんが行って来て、アジサイがいい感じだよ~との情報ももらってたので決行
17_20140629205655679.jpg

19_20140629205657ae7.jpg

31_20140629205658ff6.jpg

35_20140629205659ec0.jpg
まだ来週もいけそうだな
東屋で、加茂から来たと言うおじさんに「写真撮るために山に入ったりするんですか?」とかいきなり聞かれΣ(⊙▽⊙"a
山に登ってる匂いでもしたのか??
今日は結構、ラフな格好だったぞ?
ザックなんて、ペラペラのサブザックだったし・・・
おじさんは山菜取りの人らしく、種類は違うけど、山談義を30分ほどしてから解散(*・з・)ぷッ
駐車場に戻ったら、化粧が溶けて目の周りが真っ黒になってた
山に入る時は、ファンデーション以外の乗っかり物はしない方がいいですな・・・と、これまた1年生の頃に思った事を、改めて痛感させられた今日でした( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ



さて、そんな昨日。
ほんとは泊まりのつもりで準備してたんだけど、寝て起きたら前日見てた予報より、土曜はいいけど日曜の予報がダメな事になっていて、急遽日帰り装備に変えての出発(ノ I `。) ウゥ・・・
泊まりたかったんです・・・日帰りをしたくない山だったんです・・・
飯豊に入るのに、日帰りとかもったいないもん・゜・(ノД`)・゜・

て事で、1人で飯豊に入るには、まだ怖い事が多いので、去年Teamほいどこで入った足の松尾根からの頼母木山。
昨日から乗り合いタクシーが運行って事で、ちょうどラッキー
10日ほど前にエブリに泊まりに行った山友さんの写真を見たら、ハクサンイチゲの真っ白い絨毯がきれいで。
まぁ、イチゲは終わってるだろうって話でしたので、別の花狙いで・・・
タクシー乗り場では一番乗りヽ(*´∀`)ノ
去年と同じ運転手さんで「早いね」なんて言われ。
乗り込んだ登山者さんたち、半分は泊まりの方々らしく、すっごいうらやましかった・・・
やっぱ泊まりの準備してくればよかったかな・・・って何度思った事か(ノ I `。) ウゥ・・・

5:42、登山口スタート。
相変わらず、スタート直後にやってくれんなぁ・・・って、ボヤきたくなるが、今日は単独、ボヤく相手がいねー
4_2014062921260673e.jpg

5_20140629212606333.jpg
日帰り軽量化・・・って言っても、頼母木水が出てる保障がなかったので、水物系だけで5リットル+アミノ系チューチューゼリー500g、そんなこんなで結局はザックは10キロ超えてたかも( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

去年は泊まり装備だったので、もっと重かったはずだけど、よく歩けたなぁ・・・と、自分で関心。
同行者が居るのと居ないのとでは、テンションの上がり方も違うしね。

6:27、姫子ノ峰着。
この日はうっかりカメラベルトを装着する事を忘れ、一眼ブラブラさせて歩くのも辛いんで、稜線上がって花が出るまで一眼で撮らないぞ!!ってな訳で、しばらくコンデジで進みます。
なので、画がイマイチだ・・・

7_20140629212608a66.jpg

追い越されたトレラン兄さん。
8_2014062921261019f.jpg

萌えポイントハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
9_201406292130339fe.jpg

7:05、滝見場着。
去年はあまり感じなかったんだけど、滝の落ちる音がすごかったw
11_201406292130356b2.jpg

そして滝見場を過ぎた辺りから、獣の臭いがすっごくしてきて・・・
登山道はンコだらけ
12_201406292130371fe.jpg

13_20140629213038233.jpg
最初は、ンコ記録だ!って撮ってたけど、ンコだらけ過ぎて撮るのも面倒になり(´゚ω゚):;*.:;ブッ

7:15、頼母木小屋が見えた。(左のピーク)
「頼母木が射程圏内に入ったぜ!」とか、大いなる勘違をする。
14_201406292156494dc.jpg

7:29、ニセ大石も射程圏内に入る(`ω´)グフフ
見えてるピークを大石山と勘違いされる方も多いようですが、大石山はあのピークの裏側です(私も前回、教えてもらって知りました)
16_20140629213701c89.jpg

ニョロニョロ出没
2_2014062921385928b.jpg

チゴユリとかイワカガミが姿を見せ始める。
3_20140629213900275.jpg

4_2014062921390289a.jpg

この日は山肌がクッキリ見えてきれいだったけど、クッキリ見える=湿度が高い=雲が涌く=雨ってな構図です。
17_2014062921370355c.jpg

7:37、ヒドノ峰着。
7:43、水場スルーで、超団体さんとスライド。
それにしても、しんどいわ~_ノ乙(、ン、)_
飯豊入門のコースって言ったって、やっぱ飯豊は飯豊だヽ(冫、)ノ
ツクバネソウ
5_201406292150522eb.jpg

ユキザサ
6_201406292150541b4.jpg

マイヅルソウ
7_201406292150561fa.jpg

そして、白いイワカガミ!!
ここでも見れた(*゚∀`*)ノ☆。゚+.
8_201406292150569bc.jpg

9_20140629215058422.jpg
一眼出せよ・・・

去年より崩れてる箇所もあり(ここ、ちょっとビビッた)
18_2014062921370454a.jpg

ニセ大石が、更に射程圏内に入るヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
さっきから入っただけで、そこに着く訳ではない┌┛┌┛ズコ!
4_20140629215321a63.jpg

8:12、イチジ峰着。
龍みたいな雲が出た。
19_20140629213705d42.jpg

去年、泣きそうになった、鉾立のトンガリも見えてきたぞ(`ω´)グフフ
20_20140629213707817.jpg

ニセ大石も近いヽ(´ω`)ノ
21_20140629220222e7a.jpg

ヒメ様も出てきた、これが見たかったの(*´∀`*)ノ。+゜*。
10_20140629220225952.jpg

と、ちょっと広くなってる場所に、先行者さんが景色を撮っていた。
「こんにちは~」と挨拶をして、あれ?・・・ちょっとこっちを向くまで、休憩するフリして待っていよう。
と、先行者さんが振り向く。
「あああああああ!!去年、エブリの小屋で一緒だった!!」と、なんと、去年、小屋で一緒になったアイアイ!!(モザイクいらないから、どんどん載せて~だそうですw)
22_20140629220224efc.jpg

いや、去年は3人グループさん達だったんだけど、登ってる時から小屋で宴会中まで、ずっとアイアイを歌ってらっしゃって(´゚ω゚):;*.:;ブッ
未だにKyazuさん、茶々さんと「アイアイ達、元気かなぁ?」なんて話をするくらい、強烈な印象のグループさんだったので、もう会えただけでも狂喜乱舞ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
あ、お名前知らないので、勝手にアイアイとか呼んでました、すいません( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
まだネタに出来てないその時の最新報告記事→http://yukinobluesky.blog.fc2.com/blog-date-201307.html

アイアイさんは、前の週もエブリに泊まったらしく、この日もエブリに泊まるとの事でした。
「今日会えるんなら、ほんっと、泊まり装備にすればよかった~・゜・(ノД`)・゜・」「なんで泊まる準備してこなかったん?」てな会話が延々続きますww
前の週に泊まった時の、ハクサンイチゲの白い絨毯の写真を見せてもらって「初めて見たんだけど、すごかった」って。
あれが見たくて、皆さん、タクシー運行前に、林道歩きをしてでもここに登るんだよねぇ。

エブリが見えた。
24_20140629221632df6.jpg

頼母木も見えた。
26_201406292216344c1.jpg

お花もすごいぞ
11_20140629221821cf0.jpg

12_20140629221821b43.jpg

13_20140629221823b29.jpg

そして歩いてる途中で「あ、ちょっと待ってあったあったって、何をするのかと思ったら・・・
27_20140629221635ba2.jpg

28_201406292216382e9.jpg

すげーヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪
29_2014062922195734e.jpg

31_2014062922200039a.jpg

30_201406292219584da.jpg
山でシャボン玉とか初めてだー(*´∀`*)ノ。+゜*。
山を思いっきり楽しめる人って、いいよね
ちなみに、セブンイレブンのシャボン玉がいいそうですw

9:07、大石山着。
32_20140629222001a5a.jpg
雪野さんはちょっと腹ごしらえ、アイアイはお酒が飲みたいから先に行くとの事で、がっつり握手(。→ˇ艸←)
二度ある事は三度ある。
「また絶対会えると思うからと言って別れました。
この山行中、なによりも興奮した瞬間だったなぁ(。・w・。) ププッ

そして、おにぎりを頬張りながら、エブリ日帰りのおじさんとお話し、途中で追い越した2人組みさんも休憩組に加わり。
2人組さんに「どこまで行くんだ?」と聞かれ「とりあえず頼母木~」「じゃあ一緒だな」
2人組さんは、これから頼母木小屋の水の配管を繋ぎに行くと言う。
下越山岳会の方かな?
て事で、頼母木水はやっぱ出てなかったようなので、水をいっぱい持ってきて正解(いっぱい過ぎたww)
水を引く時の話などを聞かせてもらったりして、「いつか飯豊の稜線を自分で歩いて全部繋ぎたいんだ」って言ったら「じゃあ、小屋の管理人任せるわ」って( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

さて、頼母木組のお二人さん「はよ行ってビール飲もうぜ」「はぁあああああ!!!やっぱ泊まりにすればよかった。今日お酒持ってきてないし・゜・(ノД`)・゜・」「雪渓にビール埋めて飲むんだてな感じで、お二人さんが出発し、私もおにぎりを急いで食べ、頼母木に向かうのでした∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
33_20140629222003e68.jpg
いいお天気だったし、いい出会いがあった(人´∀`*).☆.。.:*・゜

Teamほいどこが、早くアイアイを見たいからと、今日は繰り上げ更新となりました。
そして、ハッカスプレーをマメに撒き散らしてたんだけど、眉毛に沿って9ヵ所、耳1ヶ所、ブヨに刺されて大変な今現在です(*´∀`)アハハン♪
アイツら、黒い所に寄って来るって、ほんとなんだな。。。(人体実験かっ!)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪
 
スポンサーサイト



コメント

雪野

Kyazuさん♪

すげーよね(´゚ω゚):;*.:;ブッ
山でシャボン玉なんていう発想、どうやったって思いつかないもん(´Д`;)

ニセ大石手前で、横顔をチラッと見た時、もしや・・・って思って、振り返り待ちしててよかったi-278
やたらエブリに行ってるみたいで、最初はどの人かゴチャゴチャだったみたいなんだけど、雷の話をしたらしっかり思い出してくれましたi-185

ほんと、山の出会いはおもしろいねぇi-189
次はみんなで、アイアイに会いたいねi-237

2014/07/01 (Tue) 22:53 | 雪野 | 編集 | 返信

kyazu

アイアイ最高

アイアイ!
やっぱスゲーーよi-185
山でシャボン玉とは・・・i-282
今度やってみよーーっと!!

いい日に登りましたねi-236

2014/07/01 (Tue) 19:43 | kyazu | 編集 | 返信

雪野

みなみる♪

アイアイがシャボン玉吹いてくれた時、ほんとに奇声上げたもんねwww
山でシャボン玉見れると思ってなかったし、疲れてたとこにこんなキレイなもの見せてもらって、ほんとに感謝i-189

昨日はアジサイ日よりなはずだったんだけど、移動中から晴れてきて、現着時には快晴┌┛┌┛ズコ!
期待していた雫は乾き、あんまり水玉取れなかったよo(´д`)oァーゥー

登山を始めてからお友達も増えたけど、消えてくお友達もいっぱいさ( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
一応ね、命張ってる遊びだから、山に対する考えとか、山行スタイルとか合わない人とは、長く続かないi-190
話が合わないってのと一緒かな(;^ω^)
ほんとに大事な人たちだけ残っていけば、それでいいかなって思ってるi-185

2014/07/01 (Tue) 00:09 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

まっちさん♪

白&青&緑って、たまらん色使いですよねi-189

おぉ、まっちさんも一眼使いでしたかi-190
私、カメラはカメラベルトってのでお腹に固定してたんですが、結局ゴムで伸びちゃうので、買い直さないといけなくて・・・
なので、b-gripってのを買ってみようかと思うんですi-190
私が買う前に、まっちさんが買って、使い心地を教えてくれるのを激しく希望!!(オイ)

あ~、7月頭は蔵王って言ってましたねぇ。
その翌週くらいになると、コマクサが咲き始めるんじゃないですか??
梅雨空のご機嫌伺いは、ほんと大変・・・
まっちさんみたいに、遠くから遠征するとなると、ほんと大変ですもんねi-230
晴れる事を祈ってます(-人-)

2014/07/01 (Tue) 00:02 | 雪野 | 編集 | 返信

雪野

茶々さん♪

山友いっぱいいるのに、なぜかこの手の山行をしようと思うと、何だか相手がいないi-282
茶々殿、はよ自由の身になれ( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

ウン、2日間晴天予報だったら、門内小屋に泊まってたww
あそこも今年、屋根だか張り替えたって話だったから、いいかな~?とか思って(*・з・)ぷッ

だってさ、アイアイの写真あるものw
あの三人さんが、雨上がりの小屋の外で楽しそうにお酒飲んで騒いでる、すっげいい顔の写真が、自分で撮っておきながら忘れられなくてw
五泉の人にも、どこかで会わないかなぁ?って思ってるんだけど、会わない!って、アイアイに言っておいたw
あのメンバーで泊まるのは、秋らしいよi-185

ほんと、泊まれなかったけど、無理して日帰りでも登ってよかった(๑→ܫ←๑)

2014/06/30 (Mon) 23:57 | 雪野 | 編集 | 返信

minami

山の上だと青空の色が深いから地上でやるよりすんごい綺麗だねシャボン玉!!
昨日は絶好のアジサイ日和(つまり雨)だったんだけどなんだかかったるくて
ぼーっとたまった録画見て終った( ゚,_ゝ゚o)プッ
ウッキは登山を始めてから一体何人のお友達がふえたのだろう。
すごいな山の神。

2014/06/30 (Mon) 14:48 | minami | 編集 | 返信

まっち

残雪と青空は合いますねー

長期入院中だった私の一眼ようやく退院したので、次の山行から持ち歩こうと思っています。
でもしばらくカメラなしで歩いてたので、ザックにカメラ入れたら重てー。
汗っかきなので、持って歩けません。
ザックから出して、撮って、仕舞っての繰り返し。
めんどくせ~

次は東吾妻なんですか??
うちは土日蔵王の予定ですが、予報がいまいちなので苦慮中です。
予約した宿の無料キャンセルが明日までなんです。
キャンセルしたら晴れそうだし、しなかったら雨になりそうだし。
よくあるパターン。

2014/06/30 (Mon) 12:13 | まっち | 編集 | 返信

茶々

日曜日行くよ!!
東饅頭いきたいっ!

単独で行ったんだね~。
凄いわ!
泊まりだったら門内まで行ったってこと?
にしてもさ、あるね~。
飯豊に行くとwwwwwww
アイアイに会ったって、最初普通にルーサーかと思ったwwwww
でもさ~よく気づいたよね~。
アイアイ、姫ご招待に向けて物資運搬してたんじゃないの?

花も凄い、出会いもあり、あの日差し見たら頭がおかしくなりそうだよ~~~~~~!!

2014/06/30 (Mon) 08:33 | 茶々 | 編集 | 返信

雪野

わらさん♪

マジかー∑(´Д`*)ノノ!!

もしかして、青いアジサイの壁のとこで会ったサングラスかけた人かしら・・・
雪野さんをガン見してたヤ━(」*´ェ`)」━ン
てか、マスカラ落ちてたからかー┌┛┌┛ズコ!
「雪野さんですよね?目の周り真っ黒ですよ」って教えてくれればよかったのに( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

ちなみにカラビナは、蚊取り線香をぶら下げようと思って着けてました(結局、使わずに済んだ)
前にあの時期に行って、刺されまくったトラウマがあるので・・・i-282

つーか今度、女子登山しましょう、ウンそれがいいi-190
ちなみに今度の日曜は、浄土平経由、東吾妻山by高山植物ツアーですi-190
茶○さんから返事もらってないので、このままならまた単独です( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

2014/06/29 (Sun) 23:47 | 雪野 | 編集 | 返信

わら

こんばんは。雪乃さん。
今日、お見かけしました。護摩堂山で。

一眼持参+ザックにさりげなくついていたちゃんとしたカラビナ+なんとなく雰囲気=雪乃さん

って頭で計算していたんだけど、勇気がなくて声をお掛けできなかった。う~~ん残念。
チラチラ伺っていた妙なオバサンは私です。気づかれましたか?
一人飯豊、すごいです。生でお話聞きそこなった感ハンパないわ。次回どこかで、お会いしたらぜったい声かけます。そんときは、、、引かないでくださいね
ヽ(´▽`)/

2014/06/29 (Sun) 23:22 | わら | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント