fc2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
ネタがどんどん溜まって行く~(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!
更新すっか。。。Zzz....(_ _*)・.。*
今年の山行リストも作ってない事に気づき。
一年も終わるのにー((*´∀`*))ヶラヶラ
近々作らないとな・・・
2024年は正月のうちに作らなくちゃ(;´Д`A “



八幡平の山頂まで来たが、結局貧乏性が出てくる訳で沼巡りに出発する事にした。
少し進んだら、黒い沼が出て来た。
43_2023102700312241d.jpg

その隣にもう一か所、黒い沼がある。
44_2023102700312480a.jpg

二つ合わせてめがね沼ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
入りきらない(;´∀`)アハハハハハ
42_202310270031200fb.jpg

てか、ここは秋田県なの?岩手じゃなくて?
41_20231027003319183.jpg

そしてめがぬ沼のちょっと先に、こんどは青くてきれいな沼、きれいヽ(*´∀`)ノ
45_202310270031251b0.jpg
って、これがドラゴンアイで有名な鏡沼だそうで。
私勝手にドラゴンアイの沼は山頂の手前にあったガマ沼かと思っとりました(´ε`;)

あとは覗き込まないと見えない、てか覗き込んでもよく見えない穴。
46_20231027003127ab6.jpg

そしてレストハウスとの分岐に到着。
私的に鞍部に到着。
ここから登る・・・
47_20231027003129381.jpg

グッタリしながら登り上げると、さっき休憩してたベンチの所が見えた。
その奥に、戻らなくてはいけない茶臼岳の頭が見えた。
48_20231027003130e41.jpg

ベンチの脇で立ち休憩をしながら景色を眺めていたら、岩手山がやっと頭を出した。
50_20231027003134a5c.jpg

2度目の直線コースを歩いていたら、足元に今年最後になりそうなウメバチソウを見つけた。
49_202310270031315ac.jpg

ここで本日の旅の折り返し。
戻る前に八幡沼の脇でご飯でも食べてから戻ろう。
51_20231027003134c51.jpg

小屋の手前の斜面には、ベンチがいくつかあって沢山の人が休憩していた。
私も最上階の空きベンチに座って、ちょこっとランチ。
帰りも距離だけはそこそこあるので、おにぎりを1個食べて出発。
小屋には人が入ったり出たり忙しい。
だからここには泊まれそうにないなぁ。
52_2023102700441315a.jpg

帰りは湿原の別ルートで。
さらに大きな草原が広がっていた。
遠かったけど来て良かったな。
53_2023102700441568a.jpg

木道に枝分かれしてる道のその先には・・・
56_202310270044199f0.jpg

八幡沼のギリギリ脇も歩けるらしい┌┛┌┛ズコ!
55_202310270044177a4.jpg

大きな雲が湧いてきて、空だけはまだ夏っぽい(;^ω^)
54_20231027004417aaf.jpg

八幡沼から湿原に流れ込んでいる水。
キラキラきれい。
59_202310270044239a1.jpg

湿原の向こう側に・・・ぇ━(*´・д・)━!!!
だからこれ何なの(´∀`*))ァ'`,、
60_20231027004425797.jpg

振り返って八幡平の山頂、ぺったらっこい。
61_20231027004426dfb.jpg

木道脇には湿原の解説などの看板が立ってるので、お勉強しながら進む。
帰りたくないので、無駄に時間稼ぎ。
62_202310270055231ff.jpg

でもすぐに周回ルートの分岐に着いてしまった。
行きでさざ波だった最初の池に行ってみる。
63_2023102700552626b.jpg
結局さざ波で鏡にはなっていなかった・・・

源太森の分岐を過ぎ、階段のところまで戻ったら、ピョッコリ茶臼岳の頭が見えた。
戻るのめんどい・・・
64_20231027005526d57.jpg

階段を降りると、すぐに安比岳の分岐。
また貧乏性が出てくる訳だけど、もう1時過ぎてるしなぁ、安比まで行くと戻るの遅くなるしなぁって思たんだけど、往復1時間半くらいで行けそうなので、うっかり足がそっちに向かってしまう...(((;´ω`)ススス 
65_2023102700552804c.jpg

いつまで経ってもどこまで行っても、ダラダラと地味に高度が下がって行く。
なかなか安比との鞍部に着かない。
でもお一人様だけスライドしました(°ω°)!
66_202310270055309f8.jpg

そして非常に暗い(´•ω•`; )
人もいないのでマークーが出て来そうで怖い((((;´・ω・`))))カクカクフルフル
67_20231027005531e98.jpg

ダラダラダラダラと40分ほど歩き、やっと鞍部だと思ったら今度は急斜面で落ちていき、急斜面を登って行く;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
そして登山道の脇の木に、ひっそりと安比岳の看板が。
69_20231027005535162.jpg

山頂はもっと左奥なんだけど、道はありませんでした。
藪をこいでまで行く元気も気力もないので、ここを山頂としてる訳だからそれでよしとした。
68_202310270055328ac.jpg

時間がないから帰りましょう(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
行きは40分だったから、帰りは50分くらいかな。。。と思いつつ。
テカテカキノコ
70_20231027005535b2e.jpg

行きもダラダラしていたので、やはり帰りもダラダラ。
斜度を感じないくらいのダラダラ登りなので疲れはしないんだけど、とにかく長い・・・
でも登山道の奥が開けて明るくなっていたので、あそこが分岐だ!と期待する。
71_202310270055364c5.jpg
全然分岐じゃなかった訳で・・・

あ、遠くにピンテが見える!
あそこが分岐に違いないヽ(*´∀`)ノ
72_20231027011453f96.jpg

全然分岐じゃない訳で・・・
73_20231027011454767.jpg

長い長い往復3.6キロ位?の旅でした・・・
分岐に出た時はマークーに遭わなくてよかったとホッとした。

無駄に寄り道をしてしまったので、急ぎ足で戻る。
でもやっぱり黒谷地湿原では少しゆっくりしてしまった。
74_202310270114562c8.jpg

そして何だか疲れてしまったので、黒谷地湿原のエスケープルートで道路に逃げてしまおうかと思ったんだけど、そういえば茶臼岳の山頂に行ってないや。。。って事で逃げる事は許されなかった。
行きで登ってたら、多分道路に逃げてた(;^ω^)
75_20231027011458a68.jpg

仕方なくトボトボと来た道を戻る。
朝よりは登山道の水が減っていた。
と、あんな上にも!!
77_20231027011500cc7.jpg

黒谷地湿原から山小屋までも、ダラダラと登って行くのでなかなか着かない。
飽きたーと思った頃、やっとこ小屋着。
78_20231027011502f83.jpg

小屋から茶臼岳の山頂までは200mとなってたけど、暗いせいかすごく長く感じた。
そしてポンッと山頂に飛び出した。
すっかり岩手山は頭を出したようだ。
82_20231027012558bf0.jpg

ここも金子さんが寄ってた場所なので外す訳にはいかなかった訳で。
行きに寄っておけばよかったか(;´∀`)アハハハハハ
79_202310270115045d4.jpg

83_20231027012559e6f.jpg

下の方にもポツポツと池があるみたい。
81_20231027011507fb3.jpg

360度の展望を楽しんだら帰りましょう。
朝きれいだったダケカンバの森、秋色で見たかったなぁ。
84_202310270126019f9.jpg

そして長い旅が終わりました。
85_20231027012603a65.jpg
登山口からまた秋田方面に戻って移動するつもりでしたが、登り返してガソリンを無駄に使うのが心配だったので、岩手側に下りる事にした。
温泉やらあれこれ調べ直していたら、結局ライトをつける時間になってしまった(;´Д`A “
道路が工事中で何かなと思ったら、山の斜面が崩れていました。
こっちも豪雨が降ったりしたからその影響かな。
89_202310270134532a2.jpg

下界に下りて、無事にガソリンも詰めて一安心。
翌日のごはんとかを買おうと地元のスーパーに入ったら、激安でうまそうだったので、夕ご飯も海鮮丼と唐揚げを買って食べました(゚д゚)ウマー
海鮮丼400円でお釣り来たはず。
車の中で食べようと思ったら、箸と醬油がない事に気づく( ̄ω ̄;)
箸は車の中にあったのでOK、醤油は買い足すのが面倒だったので、素材の味を楽しみました(´ε`;)
酢飯なのでそこそこ食べれましたよ(;^ω^)

温泉は安比温泉白樺の湯へ。
めっちゃ高かった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
1200円とかセレブ価格( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
あれ?600円じゃ?って勘違いは、最初に行こうと思ってた温泉の値段だったブッ(´→з←):;*.:;
でもアメニティーもセレブな感じで、人も少なくてゆっくり温泉に浸かりました。
次への移動がなかったら、もうちょっとゆっくりしたかったな。

温泉を後にし、更に北上しますo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
道中、山道を下りて道路が広くなったので、里に近くなったのかな?って思ったライトの先にうごめく物。

まーくー


(||゚Д゚)ヒィィィ(゚Д゚||)



でも、あっちもあっちでアタフタしてたし、私は車の中だし・・・
マークーは焦って逃げようとしてたのですが、道路脇の草の勢いが凄過ぎて藪に突入できないようでもがいてました(;^ω^)
新潟もそうですけど、とにかく熊のニュースが出ない日はないですね。
秋田の方では熊を駆除したら抗議の電話が鳴りやまないとかで、それも困ったもんですね。
家のガラスの割れた音がしたから行ってみたら、熊が逃げていくのが見えたって、すごいなと思ったら地元のニュースでした。
家の中ですらもはや安全ではないかもしれないというのに、抗議の電話とか辞めて欲しいですね。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

人気ブログランキング




スポンサーサイト




【2023/10/27 02:02】 | 岩手の山
トラックバック(0) |
去年行き逃してた山に、やっとこ行けたヽ(´ω`)ノ
山はいい山だったけど、いろいろと・・・(;´∀`)アハハハハハ
でもきれいな紅葉が見れて良かった。
88_20231025000557d6e.jpg



9月第4週、今年の紅葉は遅いというが、とは言っても東北だぜー、そこそこいいだろーという思考から、東北へと向かう(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
日本海を北上し、さとるくん&ともちゃんの家の近くを通過しながら「おやすみ~」と心の中で思いつつ、少しでも近くへと思ってはいたけど、予定通り大仙の辺りで眠さによるバッテリー切れ間近で移動ストップ。
翌朝は4時起きしようと思ったけど無理過ぎて、5時半起床(;´∀`)アハハハハハ
平日だからちょっとくらいスタート遅くても駐車場は空いてるだろうと思ったので、結構ダラッとしてしまいました。
そこからはナビさんが案内するクネクネの山道を走り、大深温泉側から車を走らせるも、緑色の木々とがーすー( ̄ω ̄;)
そしてガソリンが乏しくなり、来る途中で早朝営業していたGSで給油しとくべきだったという不安要素も増えた(;´Д`A “

八幡平は過去に2度ほどチャンスがあったけど、結局行けてなかったので、やっと今回チャンスが訪れました。
きっと普段なら、どこかの帰りに寄り道程度で考える場所なんですが「そこに山があるから」というテレビ番組で、金子貴俊さんが茶臼登山口から八幡平へ登る回があって、それを見たら絶対八幡平はこのルートから行こうと思い、今回は金子ルート(勝手に命名)で八幡平目指しますヽ(´ω`)ノ

駐車場に着いた時は、先行者さんの車は1台のみ。
準備中に数台やって来ましたが、それでも3台くらいでした。
ガスったり青空が見えたり忙しいけど、今日は天気がいい予定だ。
1_202310250030281a7.jpg

道路を横断して登山口がありました。
見えてるあのピークが茶臼岳?と、お気楽ヽ(*´∀`)ノ
2_20231025003030207.jpg

3_20231025003031930.jpg

登り始めて振り返ると、岩手山は頭を隠していた。
4_2023102500303408c.jpg

見えてたピークに乗り上げると・・・
全くピークじゃなかった事に気づく((´∀`*))ヶラヶラ
本物が目の前に見えた、尖ってる( ̄ω ̄;)
5_202310250030345c0.jpg

全く紅葉してませんが、紅葉したらきれいなんだろうなぁと想像できるダケカンバが、緑色でも美しかった。
6_202310250030362ce.jpg

茶臼山荘には30分くらいで到着。
前に泊まった三ツ石山荘の平屋建てって感じか。
7_2023102500303969e.jpg

中はきれいだけど、小屋からの展望はイマイチかな。
8_2023102500303943c.jpg

茶臼岳の山頂は小屋から200mとなってたけど、空がまだ晴れてないので帰りに寄ろう。
登山道は何だか非常に濡れている。
9_20231025003040022.jpg

だんだん沢化してきた。
10_202310250030417d4.jpg

いや、沢だろ、これ(´•ω•`; )
とりあえず石伝いにピョンピョンしながら進む。
11_20231025004419434.jpg

と、湿原の出現。
空もいい感じ。
12_20231025004420706.jpg

だがしかし、足元はいい感じではないようだ。
長靴で歩きたい感じ。
13_20231025004422810.jpg

水浸しの登山道を進むと、黒谷地湿原に到着ヽ(´ω`)ノ
14_20231025004424c16.jpg

木道は結構傷んでるみたい。
15_2023102500442766b.jpg

ここの展望デッキに来たかったのだ。
金子さんがここで休憩してるのを見て、私もここでお茶したかったのだ(´∀`*)ウフフ
16_2023102500442722a.jpg

ここでコーヒーを淹れて、パンを食べたりのんびり。
ここも草だけは紅葉が始まってるな。
17_202310250044295fc.jpg
ボヘーっとしてたら後続の男性が一名やって来て、ちょっとお話をしました。
ここの登山道はいつもこんなに沢化してるのか聞いてみたら、その方も関東からの遠征さんで2度目なので分からないと(;^ω^)
でも昨日はこの辺に大雨警報が出ていたそうで、その影響だろうとの事。
晴れて良かった。

単独さんが先に行き、私はずいぶんとのんびりしてから再スタート。
オシャレな木道だ。
早池峰の木道もこんなだったっけ?
18_202310250044290de.jpg

ここの登山道は削れちゃったのかなぁ、随分深いね。
19_20231025004431711.jpg

途中、安比岳の分岐を通過。
前に三ツ石山荘で一緒になった地元の方が、八幡平から安比に行こうと思うと大変なんだよって言っていたのを思い出した。
分岐はスルーし進む((´∀`*))ヶラヶラ
20_20231025004432824.jpg

そして短い木道が出現したら、何だかおかしい・・・∑(゚Д゚)ファッ!!?
見んな!!!!
21_2023102501041349c.jpg
ゲックンがこっち見てるー(((;꒪ꈊ꒪;))):
進めないじゃないかー(((;꒪ꈊ꒪;))):
木道を足でドンドンやってみたけどピクリともしない(||゚Д゚)ヒィィィ(゚Д゚||)
落ちてるあれこれを投げてみたけど全くダメ(||゚Д゚)ヒィィィ(゚Д゚||)
どうしたもんかと悩んだ末、そういえばきれいに草刈りした後っぽいなって事で、笹の枝があるはずと思い、長い笹の枝を持って来て遠くからゲックンに向けてツンツンしてみる((((;´・ω・`))))カクカクフルフル
やっとどこかに行ってくれた、長い戦いだった。。。

これは何を意味してるのか。。。
22_202310250104155ee.jpg

木道が大変。
23_2023102501041647b.jpg

そしてここから源太森に行けるそうだ。
今行けば15mで行けるな、5mお得だから今行こう‘`,、’`,、(´ω`) ‘`,、’`,、
24_202310250104183e1.jpg

源太森からはこれからいく大きな湿原が見えた。
25_20231025010420e44.jpg

ちょうど山頂で居合わせたご夫婦が写真を撮ってくれというので撮って、少しお話をした。
私にも撮ってあげようか?言ってくれたが、私自分の写真とか撮らないのでお断りした(;^ω^)
26_20231025010422611.jpg

27_202310250104236c4.jpg

源太森を後にし進んで行くと、今日のメイン会場に到着だーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
なんでか南にある志賀高原より紅葉してないぞー(。-`ω-ก)ウーン
28_202310250104232c0.jpg
さて、分岐を時計回りか反時計回りか、悩む(´~`;)ンン…

分岐から左を見ると、大きな池塘があったのが目に入ったので時計回りをする事にした。
でも風があったので波が立って、きれいには撮れなかった。
29_20231025010426cb2.jpg

広いね~ヽ(*´∀`)ノ
でも緑色が多いぞー┌┛┌┛ズコ!
30_20231025010426eb6.jpg

途中、八幡沼越しに小屋が見えた。
31_202310250134379f2.jpg

湿原の端っこに来たら石畳が出て来て、そこを進んだらレストハウスと駐車場が見えた。
でもレストハウスまではちょっと下らないといけないので、行くのは辞めた。
景色の見えるベンチに座って休憩。
33_20231025013440e24.jpg

下るのは嫌なので、いろんな沼巡りの周回ルートは無視し、直線コースで八幡平の山頂へ向かいます。
34_2023102501344204e.jpg

黄色いやつ。
35_20231025013444507.jpg

休憩してる方たちがいっぱい見えた。
平日でもそこそこ人が居るな、休日はもっとすごいって事か。
36_20231025013447f7d.jpg

ガマ沼、さざ波が。。。
37_2023102501344741f.jpg

地味~な登りを進んで行くと、八幡平の山頂着。
38_202310250134504f0.jpg

展望台に乗ってた方たちが下りて行ったので登ってみる。
40_202310250134527e7.jpg

どうにも岩手山は機嫌が悪い。
39_20231025013450eac.jpg
さて、このまま戻るか、でも次あるかどうか分からないから沼巡りして登って戻るのか、ちょっと悩んでみよう・・・


BUCK-TICKのあっちゃんが亡くなってしまった・・・けど、まだ実感湧かず嘘なんじゃないかって思ったりしたけど、ネットには訃報のニュースが並び。
今後もバンドは続くみたいだけど、どんな風になるのかな。
青春時代をBUCK-TICKの曲で過ごしてきたなと思いながら、一番好きな曲、何百回聞いたか分からないや。




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

人気ブログランキング





【2023/10/25 01:58】 | 岩手の山
トラックバック(0) |
土曜はいい天気でしたねぇ。

下界です(`・ω・´)シャキーン

日曜は山に行けるような天気ではなかったので家に居ましたけど。
今更車を車中泊仕様にしようかとチマチマやってますが(めんどくさくて一気にできない)
大した作業でもないのに・・・年内に出来上がるといいな((´∀`*))ヶラヶラ
ちなみに窓の目張り作ってるだけ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

あとは地元にスパイスカレー屋さんが出来たので行って来ました。

ラマイロさん

夜行くとちょっと高いかなぁ。
チーズナンが食べたいんだけど、高い(;^ω^)
ナンは超巨大です。
タンドリーチキンは別オーダー。
とりあえず味はおいしいので、リピートはすると思う。
82_202310162356407b5.jpg



焼額の山頂を後にし、ゲレンデ脇の階段を下りる。
ゲレンデトップだけかと思ったけど、すごいの・・・
マツムシソウだらけなの(((;꒪ꈊ꒪;))):
でも道があるところじゃないから行けないんだけど。
38_20231017000813823.jpg

写真撮れなーいって思ってたら、ちゃんと登山道脇にも出て来た。
39_202310170008142fb.jpg

向かい側の岩菅山は消えてしまった。
40_202310170008170ca.jpg

上の池もそうだったけど、ゲレンデの途中にも小さい池塘があって、コケの中にキノコが生えてる訳。
41_202310170008186da.jpg

とかやってたら後ろからトレラン兄さんがやって来て、先に行ってもらう。
でもすぐにリフト下り場に着いた。
下り場の脇に道があったので行ってみようと思ったら、トレラン兄さんも行くようだ。
42_202310170008217a5.jpg

上に着くと、おぉ、なるほど。
43_20231017000821e3f.jpg

兄さんが先に行き、次に私が行き。
三角点はちょっと暗い森の中(;^ω^)
44_20231017000824e70.jpg

北アルプス展望台は・・・心の中で妄想しよう( ̄ω ̄;)
45_20231017000823b6a.jpg

リフト下り場脇にはワレモコウがどっさり。
どうやって撮っていいか分からない。
生け花だと脇役とかになっちゃう花だけど、色がキレイよね。
46_202310170008250ef.jpg

リフト下り場では軽トラで来たおじさんが何やら作業中。
そっか、車で来れる道を下りてくのかと納得。
と、下り場の脇もどっさり・・・
47_202310170008284a5.jpg

48_202310170020056da.jpg

砂利の車道をタラタラ歩く。
この道路の脇にもマツムシソウやらウメバチソウやらワレモコウやらリンドウやら・・・
50_20231017002008cd9.jpg

49_20231017002008a1d.jpg

51_20231017002010954.jpg

砂利からコンクリートの道に代わり、山頂で開けたコーラを飲みながら歩く。
だってザック脇に刺してると揺られて炭酸が抜けてしまうから。
53_20231017002013e8a.jpg

と、飲み歩きなんてしてたら、ユラユラとアサギマダラさん。
54_202310170020147ba.jpg

これもいっぱい咲いていてキレイだった。
56_202310170020181a7.jpg

途中のリフト下り場から見えた景色。
とりあえずあの建物が第一関門だ。
57_20231017002020514.jpg

これなんだろ?
グルグルレンズさんはクサフジと言うが、違う気がする。
58_2023101700422451d.jpg

ジジミチョウもいろんな種類がいて難しいよね(´σ `)?
60_20231017004229eed.jpg

と、またお会いしましたね(*´∀`*)ノヤッホー♪
65_20231017004236bc6.jpg

お友達もいらっしゃるのね(*´∀`*)ノヤッホー♪
64_20231017004234ca8.jpg

いっぱいいらっしゃるのね(*´∀`*)ノヤッホー♪
63_2023101700423276b.jpg

居すぎじゃ!!!!( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
66_20231017004236f7c.jpg

マツムシソウもギフチョウも、レア感がないほどの量で飽きた!

ブッ(´→з←):;*.:;



車が上がって来れるような道だからと思ってたけど、こっち側から登りたくないなって感じの道でした。
登りで使うと辛そうな気がする。
反対側がお気楽だった分(;´∀`)アハハハハハ

ゲレンデ歩きが終わり、下のリゾートな場所に来た。
ゴルフ場があったりレジャーシート広げてピクニックしてる人が居たり。
68_20231017005248211.jpg
小汚い格好で歩いてるのは私だけで、ちょっと恥ずかしいので足早に立ち去る。

リゾートエリアから車道を歩いて帰る訳だけど、地図を見ると車道の脇にもっと近道できそうな道があり、そっちの方が車も走ってないしいいじゃないかと思いそちらに行く事にした。
白樺はきれいだし。
69_20231017005251949.jpg

赤い実ははじけてたし。
70_20231017005251deb.jpg

ホジガラスが木の実採りながらギャーギャー騒いでたし。
72_202310170052525b8.jpg

73_20231017005254740.jpg

74_202310170052568ff.jpg

ってそこそこ楽しんでたら、あるはずの道がなくなっていた┌┛┌┛ズコ!
なくなったというか整備してないというのか・・・
急がば回れなのですな。。。戻りましょう_:(´ཀ`」 ∠):

正規ルートと合流。
75_20231017005257f7e.jpg

リゾート地なので、そこそこ車が通る。
恥ずかしいだろー、見るんじゃねーとか思いながら歩く。
長いよー、アスファルトの道は辛いよー。゚(゚´Д`゚)゚。
この先にまた分岐があるけど、死んでる道じゃないのかよーって思ったけど、青看板が出て来たので生きてる道でよかった(;´Д`A “
76_202310170052583e5.jpg

ただこの分岐から、ひたすら上り調子の道で更に疲れる。
そして日が照ってるので暑い(;´Д`A “
78_20231017010631ac9.jpg

歩きながら右手を見ると、焼額山が見えた。
左から登って右へ降りた。
79_20231017010633475.jpg

志賀高原なんていうと一大リゾート地だったけど、バブルの遺産とでも言いますか・・・
80_2023101701063547a.jpg

わざわざ7kmも歩いて戻らなくても、バス走ってるんですよ(´∀`*))ァ'`,、
田舎者は公共の乗り物に乗るのが下手でして、歩くのが確実(;´∀`)アハハハハハ
岩菅山は一日イマイチな感じでしたな。
81_202310170106370b4.jpg
とりあえず焼額山はマツムシソウとギフチョウの山認定。
マツムシソウがもっといい時期に来てみたいなと思いました。
不思議だな、登りのルートでは全然咲いてなかったのになと思いました。

アスファルト歩きはやっぱ疲れるなぁと思いながら、無事駐車場着。
朝、同じタイミングで歩き出したお二人は、下山のタイミングも一緒でちょっとだけ私が先に出たのに、先にもいないし車はあるしで不思議に思ったかもなんて思いながら、下道でダラダラと家に戻りました。
志賀高原なら下道でも4時間かからないので、高速乗っても仕方ないなで下道満喫です、
というか、最近はガソリン代の高騰で、貧乏なので下道をフルに使ってます(´ε`;)
貧乏むなしい( ノД`)シクシク…



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

人気ブログランキング






【2023/10/17 01:29】 | 長野の山
トラックバック(0) |

目目連さん
雪野
(°ω°)!

私も目目連さんのチャンネル登録しようって思って早数か月が過ぎてたブッ(´→з←):;*.:;
ブログ内の動画はずっとよそ様のやつだと思ってたら、左上に目目連さんのアイコンがあって∑(゚Д゚)ファッ!!?って気づいたのが数か月前((´∀`*))ヶラヶラ
何年の付き合いなのに、気づくの遅すぎて自分にビックリよ‘`,、’`,、(´ω`) ‘`,、’`,、


目目連
雪野さん

いまごろで大変もーしわけないのですが、
YouTubeチャンネル登録させてもらいました。
( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

コメントを閉じる▲