fc2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
先週は曇り空でイマイチな気分だったので、今週はスカッとさわやか。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
33_20221101002034635.jpg

その地方でもマイナーな部類の山らしく、出会ったのはお一人様だけ。
その方はそのまま下山されたのか、縦走路で再度会う事もなく、貸し切り満喫で楽しみました。
久々に悲鳴出そうなくらいの色を見せてもらえて、いい一日でした。
35_20221101002036783.jpg
明日からずーっと雨予報。
新潟の空は呪われているのか。。。。゚(゚´Д`゚)゚。



東吾妻への森林限界を抜けると、空には鳳凰が飛んでいた。
38_202211010026092cd.jpg

さっきまで居た一切経が見えた(と言っても1時間半も前か(;´∀`)アハハハハハ)
39_202211010026119b6.jpg

今日は磐梯山もくっきり見えてる。
40_20221101002611946.jpg

で、地味な登りを数分続け、東吾妻山頂着ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
41_20221101002611efb.jpg

42_20221101002614ee7.jpg

お腹は空いたけど、ランチはいつもここでしない。
この先へと向かうつもりですが、誰一人縦走路へと旅立たない。
まぁいっかーと、私はハイマツの向こうへo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
ダーッと下って最初に出迎えてくれたのは、オヤマリンドウの群れ((*´∀`*))ヶラヶラ
43_202211010026143e3.jpg

ついでに展望台にも出向いてみた。
ここでランチすっかなーとも思ったけど、やっぱいつもの場所の方がいいなと思い、展望台を後にする。
44_20221101002614d44.jpg

という事で、いつもの場所(ノε`*)ンププ
45_202211010026160d8.jpg

今日は半額のパンとおにぎりと
47_2022110100261975f.jpg

巨大ハンバーグ(´∀`*)ウフフ
コッヘル汚したくないので、入ってたケースに戻す‘`,、’`,、(´ω`) ‘`,、’`,、
46_2022110100261715f.jpg

食いすぎだろ、腹くっちぇーだろと思いながらも食べ続ける。
赤とんぼが器用に止まってた。
48_202211010036163c4.jpg

山頂にいた方々がちらほらと、こちら側に降りてきた。
紅葉が始まりかけてるとはいえ、暑い日だったなぁ。
のんびりし過ぎてふと我に返り、そそくさと下山の支度をする。
やっぱり好きな場所だなと思いつつ、来年はもっといっぱい来れたらいいな。
51_20221101003621e56.jpg

景場平へ必死に向かうが、案外遠くてダルくなる_ノフ○ グッタリ
向かいの高山も、行ってみたいと思いつつ、早10年になろうとしてるΣ(´∀`;)
50_20221101003621dea.jpg

やっとこ景場平へ着き、この池塘が好きなので、またのんびりしてみる。
52_202211010036229d3.jpg

そしてまたハッと我に返り、先へ進む(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
道路に飛び出して鳥子平の入り口に。
53_20221101003625b16.jpg
あの橋かなぁ?なんて妄想しながら、道路を歩いて帰るか、このまま進むか悩む。
でも調べた時、水量がそんなでもないから大丈夫との情報もあったので、ここ数日雨も降ってないしって事で進むことにした。

そしてまた鳥子平で遊ぶ。
ハッ!
まだキモカワちゃんがいた(*´ω`*)
55_2022110100362858b.jpg

コケモモの実もあったー。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
56_20221101003628e1f.jpg

という事で、相変わらずダラダラしてしまい、また我に返って先へ進む(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
落ちてたのは、やっぱり予想していた橋で、このルートの中で一番大きな橋かな?
でもこの日は水量ほぼなしだった。
ちゃんと下に降りて、向こう側に上がるルートが作ってあるので大丈夫。
57_202211010036309f0.jpg

橋を壊すほどの、何が流れてきたんだろう(。-`ω-ก)ウーン
もしかしたら、このゴロゴロの石も流れてきたやつかな・・・
58_2022110100541002b.jpg

川底から這い上がって、ルートに復帰すると、橋の一部なんだろうか、でっかい木材が横たわっていた。
59_20221101005413673.jpg

数少ない花が咲いていた。
秋近し、もう終わりだね。
60_2022110100541336a.jpg

この日は吾妻小舎にそこそこ人がいて、コーヒーなんかを飲んでいた。
飲みたかったけど、財布置いてきちゃった・・・
地味にリニューアルしたみたい。
61_20221101005416133.jpg

吾妻小舎を抜けると、吾妻小富士が見えてきた。
62_20221101005415894.jpg

今年は浄土平の木道工事をやっていて、通行できないとこがあったりしてました。
来年からは、きれいな木道で歩けますね。
63_202211010054186e8.jpg

駐車場に戻って、ソフトクリームでも食べようと思ったんだけど、レジ待ちが行列だったので、空いてたお土産レジでお土産だけ買って帰ってきました。
昔食べてた桃のソフトクリームもなくなってるみたいだし。。。
コーラがぶ飲みして帰宅。

帰宅途中、両幻日が光っていて、帰りもいい気分で帰ってきました。
赤信号で停まった時にサッと撮ったので、これは右幻日かな・・・
まぁ、とりあえず、激しく光っていてきれいでした(*´∨`*)
64_20221101005419487.jpg
また来年、お花がたくさん咲く時期に(*´艸`*)




参加中です。クリックよろしくお願いします♪






スポンサーサイト




【2022/10/31 00:09】 | 福島の山
トラックバック(0) |
PCが吹っ飛んで、また予備PC引っ張り出して生活してるのですが、要は前のPCを引っ張り出してきただけなので、動作が遅いしグラボも古いせいか、画質もイマイチだってよく分かりますねぇ。
SSDって動作は速いけど、トラブル多いのかなぁ・・・
3年で3回も不具合起きてる。
で、すぐに戻ってくるかなと思ってダラダラしてたのですが、予定よりちょっと時間がかかったので、あんまり画像枚数の多くない記録を更新することに(*´ω`*)
東吾妻の画像はメインPCにデータが入ったままなので、PC戻ってきてから更新します(-_-)zzz

10月は紅葉を追いかけて旅をしていました。
数年ぶりの再訪でしたが、いいタイミングだったと思います。
1_20221025232013df8.jpg

2_20221025232015bfd.jpg

この前の週末は、お天気がイマイチっぽい新潟を脱出して、自分では出向いた事がないエリアに遠征して来ました。
晴れ地方に逃げたのに、さほど晴れでもなく、あんまりバエなかった(;´д`)
3_20221025232017a0f.jpg

4_20221025232018938.jpg
まぁパソコンは本日発送したとの事で、あとは届くのを待って・・・
あ、めんどくさい設定が待ってた(ノД`)シクシク



10月第一週。
GWにすっ転んで大怪我して、かよこさんとの約束をキャンセルしてしまった、栃尾の大平山に行ってみる事にしました。
かよこさんとの山歩きも、ずいぶん久しぶりになります。
まぁ、ちゃっかり家に行ってご飯食べさせてもらったりとかはしてるのですが。。。(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:';、ブッ

登山口まで案外スムーズに到着。
5~6台停められそうな駐車場と、めっちゃきれいな水洗トイレがありました。
水洗トイレにビックリです∑(゚Д゚)ファッ!!?

駐車場からはしばらく車道歩き。
トイレの駐車場より奥にも車を停められる場所があるらしいけど、車のすれ違いが出来なさそうと書いてる人が多かったので、素直に歩きましょうということで徒歩る。
5_202210252320191d8.jpg

すぐに分岐へ、直進。
7_202210252320225f3.jpg

そしてどん詰まりの池のある場所に出ると、その池の脇に車を停められそうな場所があるにはあるのですが、草がボウボウで停めるのは無理っぽい(;^ω^)
そして池の淵から本日は健脚コースとやらを登りに使います(`・ω・´)シャキーン
で、進行方向・・・
8_20221025232024964.jpg
結構怯んだんだけど・・・
かよこさんが行けって言うから(;´д`)
藪をかき分け斜面に見えるピンテを目指す( ・`д・´)

山の縁にたどり着くと、すっかり藪は消えた、よかったΣ(´∀`;)
そしてジグザグに登ると、すぐに気持ちのいいブナの道が出てきました。
9_20221025232026105.jpg

いいねーいいねーと2人で歓声を上げながら進みます。
しかもゆるっとしていて歩きやすい(∩´∀`)∩ワーイ
10_20221025232027dbc.jpg

登山道脇には大きなイワカガミの葉っぱがいっぱい。
オオイワカガミなのかな?って話しながら観察。
11_2022102600034471c.jpg

ゆるゆると気持ちよく歩いていくと、ちょっと急斜面が出てきて焦ったが、またゆるゆるに( *´ω`* )/
だがしかし、下りで使おうと思ってる尾根が、かなり上に見える・・・
で、結局、隣の尾根につながる尾根が、かなり急な事になってきた・・・
12_202210260003469aa.jpg

急なのに倒木も出てきた(;´д`)
そして蜘蛛の巣もすごい。゚(゚´Д`゚)゚。
拾った棒を振り回しながら進む。
13_20221026000348a5b.jpg

倒木を乗り越えてちょと進んだら、少し緩やかになってもう一つのコース、健康コースとぶつかった。
14_2022102600034928e.jpg

ここからは、やっと緩やかな登りになり一安心。
ここも東山連峰の末端だけど、あちらもそうなんだと思う。
16_2022102600035114f.jpg

この山はブナがあまり見当たらず、朴の木がいっぱいあって珍しい山だねぇと話しながら進みました。
少し色が変わり始めた緑が、少し新緑みたいだった。
15_20221026000351b53.jpg

だけど、小さい秋もいた。
17_2022102600035435b.jpg

登山道が少し細くなり、急斜面をちょっと登ったら、山頂着。
18_20221026000356b50.jpg

本来そこそこ広いんだろうけど、草で覆われていた・・・
粟ヶ岳しか見えん(´•ω•`; )
19_2022102600035603a.jpg

という事で、ほんとは隣の五百山まで行こうと思ったんだけど、草藪がすごいので途中の景色が開けたとこまで戻り、登山道のど真ん中でランチをする事にした。
22_20221026002820f87.jpg
だって、誰も来ないニヤニヤ(°∀° )ニヤニヤ

かよこさんが作ってきてくれたおにぎりやおかずを食べつつ、私は私でかよこさんに食べさせる為にがんばる(`・ω・´)シャキーン
で、出来たことに満足し、半分食べてからふと気づく。
あ、写真撮ってねかった・・・
23_20221026002823c49.jpg
2人共ケチャップが好きということで、ケチャップどっぷり・・・

超満腹になって、おやつ&コーヒータイムをしながら、かよこさんのハーモニカを聞かせてもらって。
空もきれいだ。
20_20221026000359742.jpg

隣の山まで縦走しなかったので、かなりのんびり休憩したけれど、それでも早い時間に下山開始。
朴の葉は、一足お先に紅葉を始めるようだ。
24_20221026002823623.jpg

下りは健康コース。
こちらは特に急斜面などもなく、気持ちよく下って来ることが出来ました。
次は登りもこっちにしよう。。。などど話しながら。

黒プーさんにかじられた標柱。
25_202210260028269a4.jpg

ちょっと朽ちかけてる橋を、ビクビクしながら渡り。
26_202210260028255a0.jpg

紫色の豆はなに?(。-`ω-ก)ウーン
で、答えは出ず(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!
27_202210260028307b4.jpg

暑さが戻った低山で、またもや蚊に刺されまくっての下山となりました。
蚊取り線香つけててたのに。

その後は、私がコスモスが世界一好きな花だと言ったら、畑で咲いてるからとかよこさんの畑に行って、コスモスやら野菜やらいっぱい頂いての帰宅となりました(*ˊᵕˋ*)アリガトウゴザイマス♥
次はどこの山に一緒に行くことになるかなぁ(´∀`*)ウフフ



参加中です。クリックよろしくお願いします♪







【2022/10/26 00:49】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
雨だらけの今年の3連休。
今回も真ん中の日しか遊べない予報。
どうしても秋に見たい景色があって、そこにお出かけしてきました。
2_202210102254543a1.jpg

上の方は紅葉は終盤でしたが、目的地は最高の時に訪れる事が出来たようで、この日の同行者たちと感動の時間を分かち合いました。
感極まって、叫んでばかりでごめんなさい(だがしかし、反省はしてない)
12_20221010230949155.jpg
紅葉がどんどん駆け下りて行ってしまうから、追いかけるの間に合うかな・・・



紅葉にはまだ早い、9月の第二週。
久しぶりに大好きな場所へ。
昔は年に何度も来てたのに、今年初になってしまった。
前泊するのに猪苗代の道の駅に行ったら、車だらけでビックリ。
まだ動いてる人も居たりで、ちょっと怖くてトイレを我慢して寝る事にした。
浄土平まで上がりたかったけど、+1時間後まで睡魔が待ってくれなさそうだったので。。。

翌朝、がんばって4時半起きして、浄土平へと向かう。
天気が心配だったけど、太平洋側は雲海が広がっているのが移動中に見えて期待大ヽ(´ω`)ノ
上の方はスカッと快晴で、久しぶりのスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
3_20221010231050c05.jpg

今日も元気だ一切経ヽ(*´∀`)ノ
4_202210102310522cd.jpg

5_20221010231054bdc.jpg

6時半スタートだったので、人はまだまばら。
でもすぐに人が押し寄せて来るぞ・・・と、早歩きになりたいけれど、結局遅い((*´∀`*))ヶラヶラ
今まであんまり気にしてなかったんだけど、噴気の上がるシューシューって音が聞こえてたんだね(°ω°)!
動画に撮ってみたけど、音が小さくて聞こえないのでボツにした‘`,、’`,、(´ω`) ‘`,、’`,、
6_20221010231054bc5.jpg

シラタマの実がなっていた。
7_20221010231057837.jpg

今年は結構見ましたね。
8_20221010231057d70.jpg

階段を上り終えると、避難小屋のある湿原が見えた。
草紅葉が始まっていて、テンションが上がるヽ(´ω`)ノ
9_20221010231059a83.jpg

小屋を過ぎ、一切経に向かいながら、山頂ってあんなに遠かったっけ?と、若干ゲッソリする(´・ω:;.:...
10_2022101023110083b.jpg

吾妻小富士が見えてくると、向こう側は一面の雲海。
雲海過ぎて、雲海なんだか何なんだか分からない((*´∀`*))ヶラヶラ
11_202210102344035ac.jpg

前からこうだったのか、8月頭の豪雨のせいなのか、登山道が結構えぐれてた。
12_20221010234405297.jpg

秋の空。
13_20221010234407285.jpg

登ってくる途中、喉が痛くなったけど、今日も噴煙は大サービスだった。
14_202210102344095c5.jpg

お久しぶり(*´∨`*)
16_202210102344128ae.jpg

17_20221010234412173.jpg

魔女の見える場所も、まだ人がまばら。
少しのんびりして行こう。
18_20221010234414e81.jpg

今日も青くて美しい。
19_20221010234416d08.jpg

ここも結構な溝がいくつか・・・
20_20221010234419cbd.jpg

朝はテンションが低いので、あまり食べられない。
起きてから2時間半くらい経ったので、やっと胃袋が食べ物OKになる。
激しい歩きの時はスタート前に食べるけど、今日はゆったりなので、ここで朝食。
正し、旅先などでテンションが高い場合、三杯飯を食べる( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

半額おにぎりはうまい(´_ゝ`)クッククク・・
21_2022101023510007f.jpg

雲海の向こう側に蔵王。
どこかの誰かが地図を広げて、あれは鳥海だと言っていた(´σ `)?
22_20221010235103d24.jpg

さて、人が増えて来たので、そろそろ引っ越そう。
23_20221010235103f07.jpg

小富士の淵にも人影が増えて来た。
24_20221010235106fe8.jpg

秋色に進行中。
25_20221010235106a57.jpg

26_20221010235108750.jpg

空もとてもきれいで、木道を歩くのが楽しかったルンルン((´I `*))♪
28_20221010235111f7a.jpg

リンドウも変化中。
27_20221010235112113.jpg

年々朽ちていく雪野ベンチ(ノε`*)ンププ
それでもやっぱり、ここで休憩だ。
29_20221010235114509.jpg

ここからこの景色を見るのが好き。
30_20221010235114020.jpg

のんびり2杯もピーチティーを飲んで、やっと再スタート。
ミヤマリンドウが一凛だけ咲いていました|д゚)チラッ
31_2022101100005623d.jpg

笹原&針葉樹だから、ここだけ見ると夏山感(ノε`*)ンププ
32_20221011000058a52.jpg

ここは秋先取り。
33_202210110001007d0.jpg

このまま東吾妻に向かうのが毎度の行程だけど、姥ケ原をどうやって歩くのか毎回悩む。
今回はど真ん中のルートを歩く事にした。
なにやらピヨさんがチョロチョロしてた。
34_2022101100010068f.jpg

東吾妻への登山道は、結構ドロドロな事が多いけど、この日はいつもよりマシだった。
途中、小さな森の世界が広がっていた。
35_2022101100010365b.jpg

黙々と、後続者さんに追い越されながら進むこと何十分?
この木々が見えてくると、いきなり森林限界に飛び出す・・・
36_20221011000103106.jpg

何で急にこんなに視界が開けるのか、何年経っても謎ブッ(´→з←):;*.:;
37_202210110001056cf.jpg

さぁ、もうちょっとで山頂だ。
ゆるゆる頑張りましょう。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪







【2022/10/11 00:31】 | 福島の山
トラックバック(0) |