fc2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
この週末は天気が悪かったのでゴロゴロしつつ、村上の人形さま巡りへ(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
町のあちこちに、歩夢くん&海祝くんおめでとうのポスターが。
オリンピックの平野ブラザーズ、すごすぎて見てて怖かったですよね(;^ω^)
怪我しないでーって、もう親戚のおばちゃんみたいな心境でした(;´∀`)アハハハハハ
でもほんと、おめでとうでした(*´∨`*)

そして昼近かったので、まずはご飯から。
本来はラーメンを食べたかったのですが、20人くらい並んでたのであっさり諦める。
並んでまで食べたくない(;^ω^)
なので、海鮮一鰭さんで塩引御前を食べた。
村上なので、塩引鮭を・・・しょっぺぇブッ(´→з←):;*.:;
でもそれが塩引鮭。
久しぶりだったけど、おいしかった(*´﹃`*)
62_202203302336303f9.jpg

そして閻魔市もやってたので何か掘り出し物・・・って思ったら、ほとんどの人が店じまいをしていた。
おじいさんに「みんな昼頃には帰るよ」って言われた┌┛┌┛ズコ!
今度からはご飯の前に回ろう・・・
そして、お人形を飾ってるおうちは旗が立ってるので、それを目安にあちこちお邪魔させてもらう。
まずは食後のスイーツがてら、富士見園さんでジェラート食べながら。
63_20220330233633074.jpg

次はきっかわさん。
鮭がすごい。
64_20220330233634e5e.jpg

お雛様はゴージャス。
65_202203302336377c1.jpg

名前は忘れちゃったけど、昔鍛冶屋さんをしていたお宅が見学できる場所があって、そこのお雛様。
66_20220330233638609.jpg

一番多かったお雛様が、陶器ぽいお雛様。
呉服店風のお店で見させてもらってる時、お店の方が説明して下さって、村上の辺りは土人形って言って、土で象って焼いたお人形様だという事。
別のお店でも土人形で、説明して下さった方が「でもみんな顔違うでしょ~」って事で、おもしろかったです。
その後、ブラブラ散歩がてらクレープを食べようと歩いて行ったんだけど、まさかの休業(´;д;`)ウッ…
なので車で移動して、アトリエ ル・クールというケーキ屋さんでお茶して帰って来ました。
67_20220330233638e53.jpg
村上は歴史の街なので、見る所が沢山あっておもしろいですね。



若橅山の続き。

平坦なブナの森を進んだら、鉄塔が出てきた。
29_20220331000323c28.jpg

鉄塔の周りは木が伐採されてるので見晴らしがいい。
ここはエノカッチの展望台だな。
30_2022033100032712c.jpg

あまりに見晴らしがよかったので、少し遊んでたら、ジジイは黙々と行ってしまってた。
山頂までもうちょっと。
気になっていた地図上では詰まっていた等高線も、普通に上がって行けそうな斜度で一安心。
31_20220331000328db4.jpg

名前の通り、ブナの山。
すごく気持ちのいい場所でした。
32_202203310003281cc.jpg

私たちにしては早めの出発だったので、まだ雪も硬くて歩きやすい。
33_20220331000329fae.jpg

ジジイは淡々と登って行く。
私はスマホから流れてくるHMやHRに乗せて叫びながら登る(うるさい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ)
35_2022033100033247a.jpg

ブナは葉がついててもきれいだけど、なくてもきれい、なんでだろ。
36_20220331000334d1b.jpg

そして、待ちくたびれた人。
37_2022033100124523b.jpg

私も座るーとワイワイしていたのに、さっさとジジイは行ってしまった・・・
そして山頂で黄昏ていた。
38_2022033100033640c.jpg

3時間で山頂着。
360度パノラマの山頂でした。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
やたら踏み跡があったので、ジジイが暴れまくったのかと思ったら、どうやら先行者の足跡らしい。
でも車もなかったんだけど、新しい踏み跡(´σ `)?
前の日にしてはキレイな踏み跡だったけど、前の日なんだろうか(*゚ω゚*)ん?
39_202203310013584e2.jpg

だがしかし、私有地なのでスキー場から入って来てはいけません。
40_202203310014002ee.jpg

海方面はどんよりした空だったのですが、山側はなぜか青空。
うちらの上だけ晴れてればいいよね、という、自分勝手な発想です(´゚艸゚)∴ブッ
41_2022033100140101f.jpg

本日の配給品は、ワッフルだそうだ。
イチゴ味とキャラメル味と話しながら来たので、クリーム系かと思ったら、練り込み式だった。
クリームがいい・・・(´・ω:;.:...
42_20220331001403a54.jpg

目の前には蛇崩山。
なぜか山頂に小屋があるそうだ。
43_20220331001404e75.jpg

そして、本日のポテコチップスはどっちがいい?という事で、当然古い方から処理していきましょう・・・
それでも、ずいぶんとマシな賞味期限切れでした。
44_20220331001406238.jpg

天気はいいけど、ちょっと霞んでたかな。
ぼんやりと朝日連峰が見えていた。
46_202203310014089c6.jpg

昼には天気が崩れて来るとの事で、長居しないで下りる予定でしたが、あまりの天気の良さと展望の良さでついつい小一時間も山頂でのんびりしてしまいました。
来たかった場所にやっと来れてテンションが上がってたのか、珍しく山頂記念写真などを撮ってもらったのですが、デブ過ぎて自分でビックリしたので、出すのは自重します・・・ヽ(冫、)ノ

下山は少し雪が緩んでいて、調子こいて暴走すると足が取られてコケそうに(;^ω^)
だけどやっぱり、ワカンの下山は楽しい訳で、ジジイにまたもやかっこよく撮れと撮ってもらった。
山頂記念写真ほどの衝撃はなかったので、これは載せる((*´∀`*))ヶラヶラ
47_20220331001410710.jpg

ブナの影が伸びる急斜面を、暴走して下りる。
がんばって登って来たのに、下りるのは一瞬だ。
48_20220331001412c06.jpg

鉄塔まで来て振り返る。
超楽しかった(⁎˃ᴗ˂⁎)
49_20220331003110130.jpg

途中、丸坊主になったユズリハを発見。
動物さんたち、あんな固い葉も食べちゃうのね。
50_2022033100311102f.jpg

そして例の急斜面、下りるのもやっぱり怖い。
ジジイも一歩一歩慎重に下りてる。
怖い斜面は滑ればいい‘`,、’`,、(´ω`) ‘`,、’`,、
51_2022033100311439a.jpg
滑ると早いので、あっという間にジジイに追いつく(*´罒`*)ニヒヒ

キレイな羽が落ちていた。
52_20220331003115f5f.jpg

第二難関、松の岩ピークは、トラバースして戻るのも大変なので、前回同様岩の手前の急斜面を下る。
行きは、ここを登ればよかったのではないか(´σ `)?
53_202203310031178d7.jpg

そして、ビビりながら下りるので、あっという間にジジイは行ってしまう。
なので、また滑ってジジイに追いつく‘`,、’`,、(´ω`) ‘`,、’`,、
54_20220331003118515.jpg

追いついた所で、またスタスタと行ってしまうので、もはや追いつこうとするのを辞め、のんびり戻ってる途中、おっさんが踏み潰したウンチョスを発見する。
55_202203310031206eb.jpg

最後の急斜面も無事通過し、別荘を通り抜け林道歩き。
謎のピョッコリ(`・д『☆』 発見!!
56_20220331003121a48.jpg

林道には、失神しそうな量の・・・
57_202203310031232b3.jpg
この頃はまだよかったけど、現在、薬を飲んでも抑えられてない状況です(;^ω^)
急に先週から悪化しました。
周りの花粉症の人たち、一斉にだったので、結構笑えますけど(;´∀`)アハハハハハ

楽しかったな、また来たいなって思いました。
でも数年後、ここに風力発電の風車を建てる事になってると、WIKIに書いてありました。
景色は変わってしまうんでしょうね。
58_2022033100312433f.jpg
木を伐採してまで建てないと思うよ、スキー場のコースを利用するんじゃない?とジジイは言いました。
あの風車、羽が回ると結構な音がしたと思うので、何年後かに来たとしたら、そんな音を聞きながら歩く事になるのでしょうか。
というか、林道から進入禁止とかにならなければいいなぁ。

何とか雨が降り始める前に車に戻れました。
最終除雪地点の橋から見える、ピョッコリピーク。
59_20220331004830138.jpg

帰り支度をしながら大境山を見ていたら、右側のみ木が生えてるんだねという、不思議な光景を眺めながら、車に乗った所でポツポツ雨が降って来て、間一髪でした。
60_2022033100483210c.jpg

毎週通ってた頃は、山頂なんてまるで見てませんでしたが、時が経って別の角度から再訪出来た事、何だか感慨深い気がしました。
歩いていた林道、スキー場から先は、調べたら無雪期はジャングルレベル&車で走るには厳しい悪路になってるみたいなので、別の季節は厳しいかなぁと思ってます。
別の色も見てみたいなと思ったんですけどね(¯∇¯٥)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪






スポンサーサイト




【2022/03/31 01:23】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
どうにもならないお天気の3連休でしたねぇ(;´∀`)アハハハハハ
今日ちょっとくらいは歩けるかな?って思ったけど、結局一日ダメでした。
なので2時間くらい、買い物がてら地元ブラブラと歩いて来ました。
オートバックスで2ℓのウォッシャー液をザックに入れた途端、疲れた(;´Д`)

だけど土曜は、天国に居るような気分でした。
福島潟フォトコンテストの授賞式後にある、米先生のフォトセミナーに当選したので行って来ましたヽ(*´∀`)ノ
生の米先生のお姿を拝見するのは何年振り・・・
セミナー自体、コロナとかあったので3年ぶりだそうです。
今回の参加者は抽選で60名だったっけ(忘れた)
1回目は200名くらい参加したような記憶があるから、半分以下ですね。
運よく当たって良かった(ノД`)シクシク
61_20220321202910818.jpg
米先生はいつ見ても美しいし細い(ㆁωㆁ*)
今年の冬に撮った写真などでも解説して下さりました。
先生は現像であれこれいじらないんですよね。
現像ソフトもCannonの純正ソフトのDPPでちょこっと補正するだけで、自分でも言ってたけど「現場主義」だそうで、青っぽい写真を撮りたかったら青になる時間まで待つという。
早朝だったり陽が沈んでからだったり。
真昼間の写真で雪が真っ青になってる人の写真とかたまに見るけど、じっくり見る気になれません。
自分の目に見えた色で表現出来るように、米先生のお話をじっくり聞いてきました。

セミナーが終わると、皆さんサラーッと帰ってしまうんだってのが、前回も思った事なのですが、米先生は荷物片づけたりしてそこに居るので、何人かお声がけしてる人に交じって、私もお話してきました。
めっちゃ緊張と感動で涙声になってましたけど(;´∀`)アハハハハハ
ちょっとだけ山のお話をしたら「山ガ~ル~」って言われたけど、ガールって年でもない(;^ω^)
けど、先生がそう言って下さったので、そうしておこうヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
先生なら、どんな風に切り取るんだろう?見てみたい・・・という景色があったので、そこを撮って欲しいですと言ったら、そこは今年狙ってるとの事で「写真、楽しみにしてて下さい!!」て飛び切りの笑顔でした。
一緒に写真も撮って頂き、我が家の家宝に致します(´;ω;`)ウゥゥ
天気は悪かったけど、いい3連休でした(*´∨`*)



3月第一週。
前回、たどり着けなくて偵察で終わってしまった若橅山に向かう事にした。
山頂が目の前なのに、中途半端で終わってしまったので、早く終わらせておきたいと、ジジイも私も思っていた。
この日は午後から天気は下り坂なので、とにかく早くスタートしようとがんばったけど、予定の6時スタートにはならず6時半スタート(¯∇¯٥)
まだ薄暗い。
1_20220321202857708.jpg

雪は前回より締まっただろうと思い、もうワカンの季節ですねぇって感じでワカン。
サヨナラスノーシュー( ´Д`)ノ~バイバイ
2_202203212028588c0.jpg

雪はたった2週間で、ずいぶんと歩きやすくなっていた。
若い頃、毎週の様にスノボをしに来ていたわかぶな高原スキー場への道のり。
残念ながら数年前に営業を辞めてしまった。
わかぶな丼が超うまかったんだよなぁ。
仲間との合言葉が「わかぶな丼食いに行こうぜー」だったもんな( ´,_ゝ`)フヒヒ
ロッジを目前に、今日の目的地が見えてきた。
3_2022032120290066c.jpg

そしてロッジ。
お世話になりました(*- -)(*_ _)ペコリ
4_20220321202901fc8.jpg

で、スキー場内は私有地との事で、立ち入り禁止です。
前にジジイと地主さんに入山許可とかって話をしたことがあるのですが、地主さんが何十人も居るらしく無理との事を言われ、WIKIってみたら31人いるそうです((( °ω° ;)))
なのでスキー場からは山頂を目指せないので、最終的に真正面から取り付ける尾根目指してルート取りしました。
前回通らなかったんだろうけど、正確に林道に沿って歩いていたら、こんな標柱が出ていた。
5_2022032120290336d.jpg

そして猛烈ラッセルの犯人は誰だ(`・д『☆』
6_2022032120290517b.jpg

7_20220321202906aaf.jpg

林道の途中で別荘的なのが2軒建ってるんだけど、もう利用してないのかな?
よそ様のおうちなので写真は撮らなかったけど、近くにマイクロバスも。
細い林道なのに、よくここまで運転して来たねってジジイもびっくり(¯∇¯٥)
8_20220321202908532.jpg

杉林の中も、延々と続いている猛烈さん。
腹擦ってるからイノシシかもね(;^ω^)
この時点で、すでにジジイは消えていた。
9_20220321202909358.jpg

そして必要以上に暴れた跡(;´Д`)
10_20220321210451f47.jpg

よく見ると、鳥の羽が散乱、どういう事(((;꒪ꈊ꒪;))):
11_202203212104527f5.jpg

ガクブルしてる間に、第一難関にジジイが取り掛かってる。
「えー、今日もそこですか、怖いんですけどー(;´Д`)」
「大丈夫だ、この前よりマシだ」
12_202203212104569eb.jpg
猛烈さんのラッセル痕が残ってる。

残ってるのはラッセル痕だけじゃなかった。
カモシカか((*´∀`*))ヶラヶラ
13_20220321210457ea0.jpg

急登を上がりついたら細尾根。
ジジイがストンと消えた。
14_20220321210458184.jpg
先に進むと「下りれるかなぁ」とジジイの声がする。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

そうだった、前回も急に垂直になっていて、下りるのに苦労したんだった(;´Д`)
今回はもはや雪が切れていて、足が届きそうにないのに足をかける場所がない(;´Д`)
ワタクシ、パニックになりまして「何でその先の斜面から登らないんだよ!」とかワーキャー怒鳴ってましたけど、やっぱり無理矢理ケツで下りました・・・
下りた途端に雪割れてるし(((((((;´д`)))))))
15_20220321210459a34.jpg

そしてお構いなしで行ってしまうジジイ。
16_202203212105010ac.jpg

第二難関の松の岩場が見えるとこにやっとこ着いたら、もうジジイが見えない。
クッソー、危険個所は見守れよ!とかキレる。
17_20220321210502ed2.jpg

が、少し進むと、見えた( ̄ω ̄;)
尾根伝いに歩いてない( ̄ω ̄;)
トラバースしてた( ̄ω ̄;)
18_202203212105033ee.jpg
「無理だろ、落ちるだろ!」と叫びますが「雪繋がってるから大丈夫だ~」と、相変わらず呑気なジジイ。

緊張のあまり無言になり、必死に滑り落ちないように進みます。
上を見ると、やっぱり岩場なんですね。
なぜここを通ったのか後で聞いたら、尾根上は岩がむき出しになってたからだそうです。
19_20220321210504051.jpg

トラバースのどん詰まりから尾根へ這い上がる時が、一番緊張したかも。
もう雪が薄くなってるので、足を滑らさないように必死でした。
這い上がって少しハァハァする。
口の中がカラッカラなので、ドリンクタイム。
そして、前回のミカンおいしかったなぁと思いだし、ミカン食いてぇと言ったのですが、今回はないそうです(´・ω:;.:...
仕方ないので、スポティファイでミカンのうたをかけました。

これも若い頃、一緒にわかぶなに通ってた男子がこの曲をガンガン流してたので、わかぶなに来て思い出したのもありましたね(ノε`*)ンププ
あの頃一緒に遊んでたみんな、元気かなぁ。

と、ブンブン飛ばしまくってたコースが遠くに見えました。
20_2022032121185070f.jpg

ノリノリでみかんのうたを歌ってる訳ですが、ジジイは行ってしまいます。
第三難関に近づいてきました。
21_20220321211852319.jpg

壁目前、もう木の根元は地面が露出し始めてる。
急斜面だもんな、落ちるよね・・・
22_20220321211853af1.jpg

というか、おっさん、またそっち側から登るのか?
左側の方が緩くないか????
23_20220321211855d21.jpg

と叫ぶも、またもや「この前より大丈夫だ」
┌┛┌┛ズコ!
24_20220321211856ff0.jpg
残ってるところはまだ雪が深かったので、やはりここも慎重に、4つ足で上がりました(;´Д`)

この壁を這い上がると、左からエノカッチ、大境山、杁差と見えます。
大境山の手前に被るように沼山が見えてるんだけど、見えにくいですね。
25_202203212118585dd.jpg

さて、ここからは先は、未知のエリアです。
太陽が随分と上がって来ましたが、時間的には前回の半分くらいで来れました。
やはり、前回は雪が深すぎた(;^ω^)
26_202203212118595d5.jpg

未知のエリアは平坦で広くて、ブナが気持ちいい場所でした。
山頂も見えてきた。
今日は宿題終わらせるぞ(`・ω・´)シャキーン
27_20220321211901ae0.jpg


参加中です。クリックよろしくお願いします♪







【2022/03/21 21:42】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
土曜は期待したほどのお天気にはなりませんでしたねぇ。
下山途中でやっと青空が出てきた感じ。
山ももう春です。
雪の状態は悪かったかも。
15_20220314231959313.jpg

日曜は天気が悪かったので、ランチに出かけました。
かわいいかと思ってイチゴソーダフロートをオーターしたんだけど、かき氷の味がした( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
12_20220314231734e55.jpg

そしてツレもこのオムライスとハンバーグのセットをオーダーしようとしたら、よく聞こえなかったんだけど2人同時にこのメニューは頼めないみたいなことを言われ・・・(。´・ω・)ん?
13_20220314231736a31.jpg
ツレは最初、グラタンが食べたいと言ってたので、オムライスを私に譲ってくれたんだけど。
好きなメニューがオーダーできないって何??って事で、再訪ナシ。

その後、万代に行ったらキティーちゃんのぬいぐるみを体にいっぱい着けたド派手なお兄さんが、ゆる~っと自転車をこいでおられた( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!

∑(〇Д◎ノ)ノ

って思ってあんぐりしてしまった‘`,、’`,、(´ω`) ‘`,、’`,、
それからピア万代でお茶してたら、またキティー兄さんが来た( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!
ピア万代内を最低2周はチャリで回ってた模様。
すごいな、あの人。
14_20220314231737714.jpg
そんな週末でした。
3連休はダメっぽいですね。
なんの呪いかな((*´∀`*))ヶラヶラ



天皇陛下の誕生日の日。
天気はいまいちだったけど、それでも楽しめる猿毛岳に、かよこさんと女子会に行くo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
かよこさんを迎えに行って、猿毛に向かったら、周りは雪がいっぱいなのに駐車場はちゃんと除雪してあってビックリ(°ω°)!
除雪が入ってくれるらしいですね、すごい。
我が裏山の菅名山塊なんて、まるって入らない・・・

駐車場にはかよこさんのお友達がいて、車が一台入って来た。
かよこさんが「Iさん!」って言うので、えっ?と思って聞いてみると、去年、会を辞めてしまったIさんだった。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
2年ぶりの再会ですヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ♪
山では精一杯楽しみなさいという、山で遊ぶことを教えてくれた方です。
山から普通のソリで滑り降りてくる事を教えてくれた人( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ヒップソリなんてやつじゃないですよ、ソリですよ((*´∀`*))ヶラヶラ
ギャーギャー騒いだところで、かよこさんのお友達とIさんと4人でスタートしたはずなのに、お二人はあっという間に消えてった。
ゆっくり歩いてくれって言ったのに( ̄ω ̄;)

かぐやロードと呼ばれている急登な竹林に来たら、よく踏まれている猿毛、さすがに滑る(((((((;´д`)))))))
またもやギャーギャー言いながら、必死に登りました( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!
急登が終わって平らになったら、今度は雪が深くなってきた。
しばらくツボ足で頑張ったんだけど、先行しているIさんたちのトレースがもう消えていた。
雪がぼさぼさ降っていた訳じゃないんだけど、風があったのでそれで消えてしまったらしい。
越後の冬、恐ろしいカタ:(ˊ◦ω◦ˋ):カタ
ものの10分でトレースが消えてしまうとは。。。
3_20220314233829c59.jpg

それでもがんばってツボ足で歩いてたんだけど、なんせ体力がアレなもんで、もはやバテそうです(;´Д`)
で、2人で今年初のワカンを着けました。
1_20220314233825b88.jpg

かよこさんのワカンは、簡単に縛れる仕様になってるそうで。
見ても分からないんだけど|д゚)チラッ
2_20220314233827621.jpg

ワカンを着けている間に、後続のきれいなお姉さん2人に追い越された。
これでトレースが泥棒できる(*´罒`*)ニヒヒ
無事ワカン装着で、いざスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
4_20220314233830816.jpg
結局お姉さん達もスノーシューを着けていたので、先頭ラッセルをせざるを得なくなった(ノД`)シクシク
そして100mでバテるハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
かよこさんが「交代しようか?」と言うが、いや頑張るよp(`・ω・´)q
が、小屋て前でお姉さん達に先頭を譲る(´∀`*)ウフフ

無事小屋に着いて、ストーブのついてる暖かい小屋で、久々のIさんと爆裂トークです。
そんでかよこさんからホタテの炊き込みご飯の大きいおにぎりを食べなさいと渡され、食べる(゚д゚)ウマー
かよこさんは自分のおにぎりを半分お友達に分けてたが、お友達に「あんたの分がなくなる」と言われ、返した言葉が「このパン食べたいから」と。
よしよし、オイラが買って来た原信の半額のパンを焼こう( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!
って事で、アルミに包んでいっぱい持ってきたパンを焼いて食べた。
やっぱ焼いて食べるとおいしいな♪

先行していたお姉さんたちは、先に展望台に行って来たそうで、みんなでワチャワチャお話。
んで、お姉さんの一人が、前に飯豊で会いましたねって事に気づき、懐かしくお話させてもらいました。
時々吹雪いてるのが見えましたが、それほど雪は降らずに風だけが吹いていました。
Iさんやかよこさんのお友達が先に下山し、お姉さまたちも下山し、比較的静かな猿毛でした。
2人きりになっても女子会なのでペチャクチャしゃべりまくる訳ですが、単独のおじさまが来て、ちょっとお話をして下山されたので、そのあと10分後くらいに私たちも下山。
またもやトレースが消えてた(;´Д`)

そして、雪庇のできる過程ってのがよく分かった。
風が吹いて雪がちょっとずつ距離を伸ばして、伸びたその先にまた雪が乗って距離が伸びて、ってどんどん大きくなっていくんだと、今更分かった( ✧Д✧) キラーン
見えにくいか・・・
5_20220314233831c8f.jpg

もはやトレースにかぶりかけてるミニ雪庇。
6_20220314233833569.jpg

7_20220314233834fc5.jpg

ミニ雪庇の下はトレースがありました。
空洞みたいになってる。
と、かよこさんに熱く説明する( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
8_20220314233836742.jpg

やだもうトレースがないよー
9_202203142338388a6.jpg

来た時より雪庇が大きくなってるよー
10_20220314233839eb1.jpg

などど自然の造形を勉強しながら、歩いて行きます。
そして下山も苦労するかぐやロード。
もはやノントレースの端っこをこざいて下山。
11_20220315005121e05.jpg

なかなかスリリングな猿毛岳でした(´_ゝ`)クッククク・・
下山後はまだ早かったので、またもやかよこさんちに上がり込んでお茶会。
前回、うっかりしてしまい・・・
なので、まことさんに御挨拶させてもらいました(-人-)
色んな山の話を直接聞いてみたかったなぁって残念ですが、かよこさんがいろんなお話をしてくれるので、それで十分。
それでもって、お茶だけでは終わらず、ちゃっかり夕ご飯まで頂いて帰ってしまいました(;´∀`)アハハハハハ
おいしい手作り餃子を頂きました(* ´艸`)
私は作れません(* ´艸`)
今度はお花を一緒に見に行こうと思います


参加中です。クリックよろしくお願いします♪







【2022/03/15 01:14】 | 新潟の山
トラックバック(0) |