fc2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
先日のお休みは、天気も微妙&低山の紅葉がまだって事で、下界ハッスル。
まずは新しい弁慶にて。
49_20211027234606d64.jpg

大概〆は梅シソ巻き。
50_202110272346073e2.jpg
新しい弁慶は個室風になってる席もあって、オーダーもタッチパネルなので声を出さなくていい分、楽なんだけど、専用レーンというカッパ寿司の新幹線的なので運ばれたりするのですが、それが1レーンしかないので、とにかく自分のオーダー品が運ばれてくるまで時間がかかる。
新幹線の下に普通の回転ずし的に皿が回ってるんだけど、あんまり数が回ってない。
たまに店員さんも運んで来てくれるけど、それでも自分の食べるペースには追い付かず。
ダラダラ食べてたせいか、8皿しか食べれなかった。
通常10皿~12皿。
せっかく弁慶に行ったのだから、もっと食べたかったが、お腹が言う事を聞かなくなっていた。
そして駐車料金が発生する。
ツレと協議の結果、次回はピア万代の弁慶に戻ろうという事になりました┌┛┌┛ズコ!

その後は久々に万代ブラブラして、ビッグスワンの近くのケーキ屋さんにて。
カワユイ
51_202110272346107a5.jpg

翌、日曜は。
黒真という焼肉屋さんにて。
ドライアイスの煙が充満する透明の箱から出てきたお肉。
そんなバエる瞬間にトイレに行っていた、前日とは違うこの日のツレ。
52_20211027234611e6a.jpg

店員さんに超話しかけてたツレ。
話が全くかみ合ってないのが気の毒だった。
53_20211027234612a44.jpg

そして肉とサラダとキムチを食べまくる私。
ツレは誘惑に勝てず、ビビンバとタレかつ丼に手を出して自爆していた。
私は最後にカニクリームコロッケを。
54_20211027234613fb8.jpg

焼肉屋さんのある所は、裏にお花畑があって脇に地場野菜の売り場があって、楽しい場所でした。
55_202110272346180a5.jpg

56_20211027234619421.jpg
でも地味に高い焼肉なので、年1で行けたらいいなという感じです。



門内への最後の登り。
私はもうヨレヨレだったので、テン場経由で小屋に向かう。
テン場を過ぎて登っている途中、長野のパーティーさんに「こっちには何がある?」とジジイが質問されていた。
私が不意に脇に逸れて消えて行ったから、疑問に思ったのでしょう(;^ω^)
「テン場ですよ」とジジイが説明しているのが聞こえた。
大きなザックのおじさま、本山で100名山99座目だそうで、100座目はどこなのだろう。
とにかく、楽しい山旅を( ´Д`)ノ~バイバイ

やっとこ管理棟に着き、もはや中で横になりたいんだけど、そうそう簡単に管理棟のドアは開かない((*´∀`*))ヶラヶラ
やっとこ中に入ってドヨーンとして一言。
「オラ、今日は水汲みに行かないぜ。ジジイ一人で行ってこい。」
って事で、小屋の窓だけ全開にして、管理棟でドンヨリしてみる。
そして加茂だという楽しいご夫婦がやって来て、コーラを2本買って下さった。
今日は梅花皮泊りとの事。
ジジイにいろいろアドバイスを受けてる間に、私はふと我に返り、小屋のお掃除に向かいました。

ものすごい数の登山客との事で門内に向かったのですが、本日の宿泊者さんは2名でしたブッ(´→з←):;*.:;
みんな秋のアルプスにでも向かったのでしょうか。
でも静かな時間を過ごせました。
小屋には新潟県民の単独のおじさまが2名。
すごく盛り上がってらっしゃったようで、久々に小屋が盛り上がっていて良かったなと思いました。
コロナになってから、なかなか小屋で宴会的な事がなくなったので、早くまたそんな事が普通になればいいなと思います。

通常なら、こんなに日が陰って来ても、まだ歩いてる人も居るんですよ(;´∀`)アハハハハハ
でも静かな稜線。
23_2021102800291603f.jpg

小屋の中は大盛り上がり(ノε`*)ンププ
24_202110280029191a4.jpg

毎度の夕方の絶景タイムも、今回はそうでもなく( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
中途半端なガスがちょっと湧いたくらいで。
25_202110280029206c4.jpg

霞んだ空にぼんやりと夕日が落ちて行きました。
26_20211028002921d12.jpg

そして新月に近いこの日。
これを楽しみに頑張って上がって来た訳ですけど・・・
雲・ガス、ばかぁぁぁああ(´;д;`)ウッ…
あと、流れ星が2つも残念な写り方してましたね。
27_2021102800292215c.jpg

夕ご飯を食べたりしながら、1時間おきくらいに外に出てみましたが、どんどん空には雲がかかり・・・
せっかく小屋の真上に天の川が来てるというのに。。。
今日はテン場も誰もいなかったので、テン場下りて撮ってみたりしたのですが、テン場からだと持ってるレンズは小屋までいい感じに寄れなかったので、結局階段を結構上がった所から撮りました。
28_202110280029249d4.jpg
テン場から撮るには、使い道のない50mmの単焦点でも持ってくれば良かったなと。
まぁ、また来年。

そして朝。
山形方面には天使の梯子が下りていた。
29_202110280029253d9.jpg

ドンヨリした朝だったけど、ジジイはすぐに消える雲だという。
泊まられたオジサマ2名は、北股に行くと言って荷物をまとめて担いで出て行かれた(ㆁωㆁ*)
空身で行けば楽なのにって思ったけど、荷物が心配だという事だったそうです(;^ω^)
30_20211028002927e37.jpg
北股の頭だけ、ずっとガスがまとわりついていて、景色見えないんだろうなと思いながら今年最後のお掃除をしました。
トイレ側の窓2か所、来年は枠ごと新しい窓に入れ替えます。
あと一冬がんばってねという気持ちを込めて、最後の窓ふき。

お掃除の途中で、前日一緒に上がって来た男女さんが小屋に寄って下さり、魚沼の方だったので新潟県民同士で盛り上がりました(*´∨`*)
バッジを買って下さったのですが、なんだかこの日は皆さんバッジをお買い上げくださる方が多かった。
で、よくよく考えると、私はバッジを持っていない事を思い出しましたが、うっかり購入せずに降りて来てしまいました・・・

北股へ行ったオジサマも戻って来られ、やっぱりガスに巻かれて景色は見えなかったそうで(;^ω^)
数時間後にはこんなにスッキリしたんですけどね・・・
今日はエブリもスッキリ見えてます。
秋晴れですね、そして暑いです・・・10月なのに。
32_20211028002931559.jpg
そして加茂の御夫婦もまた寄って下さり、近いうちに菅名山塊に行こうと思うんですとおっしゃってましたが、行かれたのかなぁ?なんて思っています。

いつもより早くお客さんも小屋を出て行かれたというのに、なぜか下山が遅くなり(´σ `)?
管理棟の鍵を閉めたというのに「ハッ!鐘を仕舞うの忘れたよ!!」と、また扉を開け(;´∀`)アハハハハハ
31_2021102800292923a.jpg
ほんとは鐘は片づけてあったんだけど、何だかみんな鳴らしながら通過するので、鐘出そうよって事でぶら下げてみました。
この鐘、初めて持ったけどめっちゃ重い(;´Д`)
でも皆さん、カンカン鳴らしてたので出してよかったかな。

二ツ峰も紅葉し始めてます。
さて、帰りましょう。
34_20211028010716b10.jpg

黄色いやつがまだ咲いていた。
35_202110280107179b2.jpg

ばいばい、またね( ´Д`)ノ~バイバイ
36_20211028010717c78.jpg
ほんとは23、24日辺りで行こうと計画してたんだけど、繰り上げでこの日になって良かったなと思いました。
ジジイ情報では、もはや門内の周りは70㎝位の雪があるとの情報だそうです(;´Д`A “
もう溶けないだろうなぁと思いながら。

10日位早く来れたら、ここの紅葉はきれいだったんだろうなぁ。
37_20211028010719f94.jpg

泊まり込みで二王子の小屋の工事をしていたジジイと親方たち。
毎食、尾西+カレーやらカップラーメンやらで、精神が崩壊してくるらしく、この赤い実は食べれないのか?食べたい・・・とか、そんな事ばかり言うようになっていくそうです(;^ω^)
ほんと、御苦労さまでした(;´∀`)アハハハハハ
38_202110280107207da.jpg

まだまだキレイだった地神山の紅葉。
今年は台風が来てないので、紅葉がきれいに残ってたそうです。
39_20211028010723a54.jpg

地神から下りて来られた方に声をかけられる。
9月に門内に泊まられた方でした。
「また来年、お会いしましょう」と声を掛け合って別れました。
40_202110280107243e6.jpg

そして頼母木の辺りが超キレイ。
41_20211028010724477.jpg
今回もあそこにボスがいらっしゃいますが、登山者さんに余計な言伝はしないように‘`,、’`,、(´ω`) ‘`,、’`,、
というか、そんなに登山者が居なかった。。。とても静か。

同じような写真だけど、ついついキレイ過ぎて撮ってしまう・・・
42_202110280107262e9.jpg

そして北地神に着くと、単独の女性が一人、のんびりとランチ中。
ジジイと女性が「あっ!」って事で、たまにここにも出てくる、おいしいおやつを作っていらっしゃるお菓子屋さんの店主さんでした。
しばらくお話をさせてもらって、また買いに行きますね(ジジイが)って事でお別れをしました。
ボスもまだ頼母木にいたとの事で、うちら先に下山しまーす( ´Д`)ノ~バイバイ
43_2021102801245921f.jpg

て事で、うっかり忘れそうになったところで、新潟100名山の表紙を毎度パクる。
新しい本はどこが表紙なんだ??
44_20211028012500460.jpg

丸森の方は梶川より紅葉のトンネルが濃い気がする。
45_20211028012504ea7.jpg

46_202110280125059cb.jpg

久々に夫婦清水の水を飲んでみましたが・・・水は細かったです。
昨日、門内に着いた時点でヨレヨレの筋肉痛が出かけてたのでどうなる事かと思いましたが、なんとか車が見えかけた辺りまでは頑張って歩きました。
そこから車までいくらでもないんだから、もう少し頑張れよ( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
アホザックでの丸森は、前太腿に全負荷がかかるから大変なんですよ・・・
荷が軽ければそうでもないんでしょうけどね。

下山後は、なんとかコークオンの自販機で買いたいって事で、なぜか山形方面に向かい、小国の道の駅で無事コーラゲット。
というか、うまそうだったのでつい・・・
ラムネソフト、激うま。
10月なのに下界は30度近くまで気温が上がったとかで、もうそれでヨレヨレ感75%UPですよ。
47_20211028012505a71.jpg

下山後は大体、雲母温泉の寿荘で日帰り温泉するので、今回も寿荘さんで。
そしてこれが食えたら、もう副反応脱出だ!ってことで、とよふじでから揚げ定食とする。
48_202110280125065af.jpg
久々の油もの、そして飯がうまい。
「あ、治ったね」とジジイにも言われたが、結局最終的に一切れ食べれなくてジジイに協力してもらった(;^ω^)
でもほんと、久々にご飯がおいしいと思えてよかった。
食は大事です(((uдu*)ゥンゥン

また来年、無事に門内に行けますように、健康でありますように。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪





スポンサーサイト




【2021/10/28 02:04】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |
お天気の悪い休日は・・・
お出かけしようo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪

小国の道の駅にて、熊汁とキノコの炊き込みご飯。
1_20211022001405313.jpg

西川道の駅で、ビールソフト
2_202110220014582d0.jpg

朝日連峰はやっと今年デビューしたばかりだけれど、大井沢には年に1回は行く。
大原さんという民宿に、おそばを食べにたまに行く。
キノコそばにカモ肉を入れてもらいました(*´∨`*)
大きな鉄鍋に、キノコどっさりのつゆ。
3_202110220014588fd.jpg

おいしいおそば(* ´艸`)
6_20211022001458a7f.jpg

小鉢も付いてきます。
山形も菊を食べるんですねぇ。
5_2021102200145884a.jpg
去年はコロナだ何だかんだで行けず仕舞い。
久しぶりに会った大原のお母さん、お元気そうでよかった。
とても優しくて、山形弁でのお話が、何だかほっとするお母さんです。
息子さんが帰りに天然マイタケを持たせてくれて、お母さんは車が見えなくなるまで見送ってくれました。
御馳走様でした、また行こう。

帰路で見えた月山は、山頂は見えなかったけど結構な雪が積もってる風であった。
7_2021102200145817e.jpg



10月第二週に入った頃、ジジイから緊急で門内入りの連絡が来る。
だけど私はその頃、まだワクチンの副反応で苦しんでいた。
だって熱出したの30日と1日で、胃と腸の具合はすこぶる悪い状態でご飯が食べれてなかった。
ので、多分ムリ。。。と、消極的な方向で。
ジジイも諦めて一人で行くつもりだったけど、週中辺りにちょっとずつでもご飯を食べるようになると、やっぱり紅葉が見たい欲望は湧いて来る訳で、不安ではあったけど同行する事にした。
そういえば2回目のワクチンの副反応は、腕が痒いのが2日くらい続いただけで終わりました(;^ω^)

緊急事態宣言開けの10月第一週であった先週は、飯豊はものすごい人出でてんやわんやだったらしく、管理人不在って訳にも行かなくなって最終兵器のジジイが登場って事になったらしい。
というか、他の管理人さんがみんな出動できずに、最後の頼みの綱だったらしい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
私が「行かぬ(キッパリ」となったら、ジジイも行かないんじゃないかとボスは心配していたらしいが、行く事になったので安心してたそうだブッ(´→з←):;*.:;
という事で、どんだけだと心配しながら天狗平に着くと、車がまばら┌┛┌┛ズコ!
10月に入れば、いつ雪が降ってもおかしくない状況の飯豊ですが、なんだか暖かい日でした。
まだ食欲は全開ではなかったのですが、おにぎりを食べて出発。
湯沢峰を超え、その先にクリタケが生えていたのですが、時期的に早いなぁとジジイが言ってましたが、一緒に歩いてた男女さんの女性の方が「でも早生もあるんですよね」って、なんだかキノコに詳しそうなお二人でした(°ω°)!
そんで滝見場を目前に、段々ときつくなってきました。
五郎清水に着く頃には、鈍足が更に鈍足になって来て、足がなかなか前に進まなくなっていました。
というか、既に腿が筋肉痛の予感です(;´Д`)
登りで筋肉痛になる事はないのですが、もはや水場で筋肉痛です。

そこからもゆっくり少しづつ歩いていきました。
二本樺から見えるお気に入りの樺さんを撮る。
というか、思い切りサボる為に撮る。
8_20211022004150328.jpg
何年か前にさとるくんとともちゃんと、頼母木に向かった時も同時期でしたが、その時よりこの樺さんは紅葉してませんでした。
その時に撮ったのはお気に入りの一枚なので、便所ギャラリーに飾ってあります( ´,_ゝ`)フヒヒ

アカモノがまだ少し咲いていたのが、ちょっとテンションを上げてくれた。
9_20211022001417ea9.jpg

しゃべる元気もなくなって、無言のままノロノロと進む。
ジジイも心配げに見てるのは分かってたけど、無言を貫く。
何とか梶川峰まで這い上がった。
紅葉が少し終わって、逆に夏の色に戻っている( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
10_2021102200141742c.jpg

梶川峰でご飯食べたりジジイからミカンをもらったりして、気分的に生き返った。
疲れてる時のフルーツは神だ。
そしてまたノロノロと出発。
でも、梶川峰からはゆったりした登りになるので、それがせめてもの救いだった。

ビックリした事に、チングルマの花が咲いていた。
今年初のチングルマの花は、10月に見れた( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
11_202110220106269dd.jpg

ガスが流れて来たり切れたり、忙しい。
12_20211022010725753.jpg

景色がよすぎて、やっと少しテンションが上がって来た。
丸森峰の辺りの紅葉がMAXだった。
13_2021102201072557b.jpg

草紅葉もきれい。
14_20211022010725762.jpg

門内沢の方は、少し晩秋感が漂う。
15_20211022010725e1f.jpg

ガスが這い上がって来たー((((((((((`ω´;)サササッ
と逃げたい気持ちは山々だが、足が言う事を聞かない。
16_202110220107243b4.jpg

というかオイオイ、地神山の辺りはまだ紅葉が超残ってるじゃないか(ㆁωㆁ*)
9月の第三から始まってた紅葉が、まだ残ってるというのか。
17_202110220107249db.jpg

それでもやっぱ、贅沢を言わせてもらえば、10日くらい前の景色が見たかったな(;´∀`)アハハハハハ
18_202110220107249d1.jpg

でもきれい過ぎて、何枚も同じような写真を撮ってしまった。
長野から来たというパーティーさんの、いちばん大きな荷物を担いだおじさんとお話ししながら登った。
おじさんも荷物が大きいので、ペースが同じくらいでよかった(ノε`*)ンププ
紅葉残っててよかったですねなんて話しながら。
19_20211022010638ded.jpg

門内が目的地でよかったと思った。
梅花皮とか御西なんてたどり着けないブッ(´→з←):;*.:;
20_202110220106409cb.jpg

扇の地紙で休もうかと思ったのに、ジジイは行ってしまったのでしょうがなく進む(;´Д`)
稜線ではツアーさんとすれ違ったり、いい天気でみんな楽しそうだ。
辛かったけど、やっぱり稜線に入ると気分が変わる。
いつもは何でもない胎内山の登りも、今回ばかりはきつかったけどね。
扇の地紙を振り返ると、紅葉が少し残っていた。
21_202110220117368de.jpg
紅葉MAXの時に来てみたいなぁ((*´∀`*))ヶラヶラ

もうちょっとで門内小屋に着く。
やっと横になれるよーヽ(´ω`)ノ
22_202110220118356f4.jpg
今までで一番つらい門内への道のりでしたが、あとでトータルタイムを見ると調子いいと言い張ってた前回のタイムと10分しか変わりませんでした・・・無念(_Д_)アウアウア
調子よかろうが悪かろうが、スピードは変わらないようです(´・ω:;.:...



参加中です。クリックよろしくお願いします♪







【2021/10/22 01:37】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |
打ってきました、2回目。。。(;´Д`)
明日は起きたらどうなってるかな(((((((;´д`)))))))
なので元気なうちに、珍しく短期間でブログ更新ブッ(´→з←):;*.:;



どこかで夕寝の隙を狙いつつ、管理棟で待機していると、若いメンズがやって来た。
「すいません。ビール冷やすのにバケツ貸して欲しいんですけど。頼母木の管理人さんにバケツ借りればいいって言われました!」

Σ(๑°ㅁ°๑)!?

で、ジジイは居ないしでバケツを探してみるが見当たらない。
仕方なく「鍋でいい?」って聞いたらそれでいいと言うので、鍋を貸した( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
「頼母木の管理人さんどんな人だった?」と聞いたら「んー、青い服のおじさん」
服の色かい┌┛┌┛ズコ!
「もしかして髪がフッサフサのおじさんだった?」と聞くと「はい!」って事で、ボスに決定( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ボスの毛量はすごい。
ジジイのおでこにボスの頭皮をちょっとだけでも移植したら、もしかしたらフサフサになるやもしれん・・・と、ジジイと熱く語り合った事がある(´_ゝ`)クッククク・・
そんなこんなで夕寝を目論むも願い叶わずで、外に出る。

雲が生きてるーヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ♪
1_20211013235153479.jpg

雲の向こう側に佐渡が見えた。
2_20211013235155f7b.jpg

そして恒例の、小屋前にお客さん集合で絶景タイムが始まる。
みんな大騒ぎしてるので何かと思ったら。
今回のブロッケンでけーよ( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
3_2021101323515604b.jpg

みんなブロッケンな自分を自撮りで大騒ぎ((*´∀`*))ヶラヶラ
私もその一部・・・
5_202110132351592d3.jpg
台風は太平洋側を通過したけど、それでも影響がこっちまで及んでたのか、いつもは日本海側から吹いてくる風が小国側から吹いていた。
だからテントがバサバサ揺れて、ちょっと心配。
そんなガスがビューッと自分の方に吹いてきたら、ブロッケンな自分も一緒に近づいて来て、マジ怖くて悲鳴上げそうになった。
自分の影なのにグハッ!!( ゚∀゚)・∵

ギルダ原に滝雲が流れ込む。
4_20211013235158b53.jpg

小さな秋。
6_202110132352035ff.jpg

そして気づく。
まだ山頂に行ってなかった。
門内の神様に挨拶してなかったよ(;^ω^)
て事で神様に今年初めての御挨拶(-人-)
そして今日の北股。
北股は紅葉する木が少ないんだよねぇ。
7_2021101323520638e.jpg

山頂から新潟方面。
相変わらず暴れてる( ´,_ゝ`)フヒヒ
8_20211013235207c41.jpg

本山の方に月が出た。
そう、ほぼ満月。。。
だから今夜は星空が撮れない・・・
10_20211013235207e4d.jpg

猛毒な花。
キレイだけどね。
9_202110132352081e2.jpg

裏山な菅名山塊。
11_20211014000231ed6.jpg

お客さんが「あれ粟ヶ岳ですよ」って言うので見てみたら、ほんとだ、しかも雲海に浮かんでる(°ω°)!
13_2021101400023448d.jpg

夕日は二王子の上に。
12_20211014000233817.jpg

若い3人組のメンズの一人は佐渡出身だそうで、故郷に沈む夕日を眺めていました。
14_20211014000236855.jpg

そして夜。
やはり月明かりが明るすぎる・・・しかも雲までかかってる・・・無念(´・ω:;.:...
15_20211014000237b42.jpg

私も久々にテントで寝たい。
16_20211014000239234.jpg

んでジジイと語り合う事もないので、9時頃寝たかと思います。
夜中にふと目が覚めた時、もしかしたら月が移動して満天の星空かも!って外に出たら、全然真上だった┌┛┌┛ズコ!
もうあきらめよう・・・
17_20211014000240806.jpg

そして門内の目覚まし時計は、非常に心臓に悪いニワトリの鳴き声がけたたましく鳴り響く。
裏菅名・裏五頭は本日も雲海。
18_20211014000242e53.jpg

まだ日の出前。
19_2021101400024360a.jpg

御来光待ちの皆さん。
20_2021101400024578e.jpg

おはよう太陽。
21_20211014001435f00.jpg

今日もいい天気になりそうだね。
22_20211014001436cf0.jpg

エブリも丸見え。
23_202110140014383ac.jpg

朝の気温は17度。
そんなに寒くはないね。
でも前の夕方とかは、風もあったせいかダウンを着たりしたけど。
24_20211014001439e7d.jpg

小屋の方、テントの方、次々に出発されて行きました。
25_2021101400144122e.jpg

そして、北股方面から通過されて行く方も増えてくる時間帯になりました。
日帰りの方も上がって来たり。
28_2021101400144646d.jpg

今日の新潟側は、スッキリした空。
26_202110140014429eb.jpg

二王子の小屋も見えた。
2日後に、ジジイはエブリの小屋の工事をし、その後に二王子の小屋の工事で数日泊まり込みらしい。
小屋工事が忙しい。
27_2021101400144444e.jpg

蔵王は雲海に浮かんでた。
29_202110140014475d6.jpg

小屋のお客さんが居なくなったので、お掃除をして私たちも下山です。
30_20211014001449b62.jpg

二ツ峰も( ´Д`)ノ~バイバイ
冬の手前にまた来るね。
31_20211014003139db2.jpg

帰りたくなくて、何度も振り返る・・・
32_20211014003140c75.jpg

ジジイが、山頂の向こうに尾瀬燧が見えると言った。
33_20211014003141e1a.jpg

越後三山方面も。
34_20211014003143eae.jpg

扇の地紙近辺の紅葉が好きなんだけど、まだ色が足りないね。
まぁ、9月半ばに見れた事がラッキーだ。
35_20211014003144683.jpg

来週がこの辺は見ごろだろうなぁ。
36_20211014003146fd9.jpg

37_2021101400314706e.jpg

扇の地紙を通り抜けて・・・で、振り返る|ω・`)
39_202110140031507dd.jpg

もうちょい進んで、振り返る|ω・`)
40_202110140031524fe.jpg

地神山への登り返しでゲーゲーブツブツ言いながら、やっとこ這い上がる。
そして振り返る|ω・`)
41_202110140038572db.jpg

見れないはずの紅葉が見れたんだから、満足満足。
42_202110140038586a5.jpg

43_202110140039008ba.jpg

北地神の辺りは、さすがにまだ早かったね。
でも色は付き始めてる。
44_20211014003901b63.jpg

お決まりの構図。
46_20211014003904b76.jpg

ここでエブリに行ってしまった連泊のお客さんに伝えたい事があったので、30分くらい待ってみました。
頼母木から来たという御婦人たちが、ボスがいたと大騒ぎ(笑)
北飯豊の有名人ですからね(ノε`*)ンププ
で、ボスに後で家に行くって伝えてくれとお願いし、門内のお客さんは来ないので、諦め下山開始。

あー、来週見たい、ここの景色。
47_20211014003906028.jpg

北地神から丸森峰までの間のガレガレを慎重に通過し、下山後は久々に越後屋さんでご飯を食べる予定だったので、がんばって下山する。
48_202110140039076f9.jpg

いつも水場過ぎからペースダウンするんだけど、この日は岩場まで頑張れた(´゚艸゚)∴ブッ
登山口まで頑張れよ((*´∀`*))ヶラヶラ
そして無事、御馳走にありついて。
49_20211014005730a87.jpg

早く下山できたので、美月堂に寄れ!今年最後のかき氷を食う!と、寄り道してもらう。
50_20211014005731933.jpg

その後、ボスの家にお邪魔したら、登山者さんに頼んだメッセージが間違って伝わってしまったらしく、私たちが頼母木に来ると思って2時まで小屋で待っていたと言われたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
やたらと伝言すると、正しく伝わらない場合がありますな。
ボス、すいませんでした_| ̄|○スイマセン _| ̄|○))ユルシテクダサイ
笑い話で済んでよかったです(;^ω^)

今年もデリンちゃんを見れなかった、無念( ̄ω ̄;)
でも、白いこの子に会えて、それはそれでよかったな。
80_20211014003909c83.jpg


参加中です。クリックよろしくお願いします♪







【2021/10/14 01:19】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |

賀茂左近さん♪
雪野
初めまして。コメントありがとうございます。

山は見た事もないような景色と色を見せてくれるし、同じ場所に何度行っても、別の景色が見れる気がします。
今回のこの山は、なかなか厳しい山なので、毎回筋肉痛になってしまいます(;^ω^)
一気にきつい事をせず、じっくりゆっくり体を作るつもりで歩くと、多少の事では体力が落ちない気がします。
焦ってきつい事だけやっていくと、膝とか腰とか壊して最終的には長く山では遊べなくなるので、ゆっくり体を作り上げてくださいね。


賀茂 左近
お邪魔します。
素晴らしい景色ですね。
私も早く、そこまで登れるくらいの知識と体力をつけたいと思います。



コメントを閉じる▲