FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
雪降ったー、さみぃー(((((((;´д`)))))))
って、ガスっててほぼ見えず┌┛┌┛ズコ!
今日の裏山方面です・・・
0_20190328234819324.jpg





3月の第2週、木曜辺りから雪が降ったりしていて、にわかに山が白くなった。
2日間とも天気は持ちそうだけど、風が何とも。。。な感じだったので、テン泊したかったんだけど先延ばしにした。
でも土曜はとにかくいい天気の予報だったので、日帰りで久々に静かな山に行く事にする。
私にしては精一杯の早起きで、7:37スタート(;´∀`)
いつもの風越です・・・
1_20190328234821850.jpg
前日、町は降らなかったのですが、山沿いはちょっと降ったらしく、雪が残ってました。
しかも霜が降りて枯草も凍ってたし(;^ω^)
駐車場には先客さんの車が一台。
でも登山ではないらしく、そうなると釣りの方なんでしょうか?
そして、準備中におじさんが一名到着。
私の歩くコースをあれこれ聞いて来て「あぁ、いいなぁ」とずっと言っていました。
私はおじさんの歩くコースとは、また違うコースを歩く予定で。

おじさんには、↑の写真のスタート直後に既に追い越されてるのですが、私は毎度のダラダラペースで(;'∀')
登山道脇に、チラチラと雪の残骸が残っていました。
2_20190328234823c3e.jpg

分かってる事なのですが、何度でも言いたくなる訳で。
雪すくねーよ!!
例年なら、スタート20分で結構な雪を踏みそうなもんだけど、どこまで歩いても夏道。
何となく雪が出て来たのは、標高333mって文字だけ覚えています(;^ω^)
スタートして1時間弱。
3_20190328234824b8d.jpg

春を告げる花、マンサクがたくさん咲いていて、今年もやっぱり「錦糸卵うまそげだ(๑´ڡ`๑)」とか思う訳です。
4_20190328234825b30.jpg

こんだけ雪がなくて暖かいと、先走りのイワウチワが咲いてるんじゃないかと思いましたが、蕾の子をいくつか見つけただけでした。
でも、今ならもう咲いてるかもね(´ε`;)
5_20190329000638727.jpg

元々、あまり整備されていない登山道ですが、更に枝が伸びまくってバチバチと当たりましたが、藪と呼ぶには登山道が明瞭なので、全然歩きやすい山認定です。
標高400m過ぎ、ほぼ雪だけを踏むようになる。
6_2019032900064064b.jpg

五合目近くで、雪は30㎝位しか残ってないようでした。
7_20190329000642627.jpg

この日は遠望も利く日で、佐渡の山なんかも見えてました。
8_20190329000643df3.jpg

雪野公式テン場付近の五合目。
この辺はまだそれなりに雪が残ってたので、楽に歩けました。
夜に冷え込んだ分、雪も締まってて、ツボ足でどんどん歩けるくらいでした。
9_201903290006456bd.jpg

米山の向こうに上越の山。
上越の山って、私にとってどこよりもアウェイで、多分行く事がなさそうです(;^ω^)
新潟県内で1時間以上移動する山は、どうにも行く気が起きず。
県外なら遠征気分なのですが、県内だと遠征でもないし、だとしたら行くのめんどくさい。。。ってなってしまいます(;'∀')
五頭山や粟ヶ岳でも遠いと思うのに、上越なんて。。。です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
10_201903290012184d3.jpg

6合目、7合目辺りになるのでしょうか、ぽつんとこの木が目印となって生えてます。
この木の脇に夏道があるんだけど、中途半端に雪が積もり始めた時は、この木が邪魔で先に進めないのです(;´∀`)
11_20190329001220221.jpg

先行者さんにノントレースを食われてしまったのが残念であります(;´Д`)
12_201903290012229a0.jpg

右手には、よく遊んでるエリアの川内がバーンと見えましたルンルン((´I `*))♪
13_2019032900122300f.jpg

真っ白できれいな雪面でしたが、着々と春は近づいていたようで、しっかりズボり始めます。
短い足換算で股まで落ちたので、雪はもう1mもありません( ̄ω ̄;)
14_20190329001225e0f.jpg

山頂手前、なかなか細い所を通って通過するのですが、日陰になっているため雪面が凍っててちょっと怖かった。
そこからは大蔵の山頂がよく見えるんだけど、あんまり混んでないようでした。
こんなにいい天気なのに珍しい。
15_201903290021435cb.jpg

もうすぐ山頂ハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
16_20190329002145795.jpg

( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
17_201903290021460d7.jpg

ドンッ!!!
ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン

10:25、風越山の吹きだまり着。
って、何でこの山の山頂は、こんなに尖るのでしょうか(;´∀`)
無雪期に来ると、全然平らなんですが(;´∀`)
風越山なんて名前が付いてるくらいですから、ここだけ風がぶち当たる地形なんですかねぇ。
18_2019032900214831f.jpg

しかも先行のおじさん、際どいってば(;´∀`)
19_2019032900215071c.jpg

吹き溜まりの向こう側に、兎平が見えた。
20_20190329002636ea1.jpg

何だかんだ言いつつ、おじさんのトレースと大して変わらない所を歩くヽ(・、 .)ノズルッ!!
21_20190329002637f31.jpg

ここに来るまで、意地でツボ足でズボりながら登って来ましたが、ここからは快適に新雪歩きを楽しみたかったので、ワカン装着。
どうやら今年初ワカンだったようですΣ(゚д゚lll)
今シーズン、テープ巻き直しました、かわいい(人´∀`).☆.。.:*・°
22_20190329002639958.jpg
冬用のゲイター、今までモンベルのを使ってたのですが、なんでかゲイターをしてるとこだけびしょ濡れになって、ジジイにも「おかしいでしょ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ」と言われる始末で。。。
アイロン当て直してゴア復活させてみましたが、裏側が結構ボロボロになってたのでしょうがねぇなぁ。。。と思い、SEA TO SUMMITのやつを買って西大巓で着けてみたのですが、なんせもう装着しにくいの一言です(;´Д`)
モンベルのはファスナーを閉めてからマジックテープで閉じる形式ですが、SEA TO SUMMITはファスナーがなく、ダイレクトにマジックテープで閉じるので、不器用な私はズレたりなんだりで、キレイに装着できません;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
せっかく買ったので、何とか履いてみました。
チャラさを優先させてしまい、機能性を全く見てませんでした。
いいお勉強になりましたZzz....(_ _*)・.。*
最終的に、我が家にPAINEのゲイターがやって来ました。
ファスナー→マジックテープで安定仕様です。
もったいないので今シーズンは履きません(キッパリ

久々のワカンで履き方を間違えてやり直したり、サンドイッチを食べてみたりで、20分もあーでもないこーでもないと悶えまくっていました。
10:43、今日は2年前に縦走した方向と逆の、風越から向こう側へ歩いてみようと思いますo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
今年は雪が少ないから、汚い黒い雪面を歩く事になるかと思ってたのに、ふいの降雪で真っ白の雪をプレゼントしてもらったみたいでうれしかった(。→ˇ艸←)プククッ☆
23_20190329002640e93.jpg

五剣谷から粟ヶ岳まで。
24_20190329002642ee6.jpg

奈羅無登山と坪ノ毛。
何て言っても、どれがどれだか分からないであろう。
私は分かるブッ(´→з←):;*.:;
25_201903290041246bf.jpg

登り返したくないからと、巻かずにあえて尾根の高い所を進んでみたら、木に邪魔されて絡まる└(:3」┌)┘))ジタバタ
それでも1mm足りとも下がりたくない私は、枝に絡まりながら進む。
26_2019032900412609f.jpg

大蔵から回ってきた前回は、何かとテンション上がって記憶が薄れてるんだけど、こんな登りが待っていたとは。。。
下りだと楽だから覚えてないんですね。
ぶっちゃけ、風越よりこっちの方が標高高そうだし、顕著なピークなんだけど、名無しピークなんですよね、ここ。
27_201903290041270a1.jpg

雪面が結構硬かったので、ワカンの刃をがっちり噛ませながら登りました。
28_20190329004128776.jpg

風越の山頂から15分ほどで名無しピーク。
ここは平らで展望もいいし、風越の山頂よりお気に入りです。
左手に横山が見えてきました。
横山は、こっち側から見るとのっぺりしてるんですけどねぇ。
あっち側から来ると、エラい斜度です(;´∀`)
29_20190329004130dc1.jpg

今度は五剣谷~白山まで。
30_20190329004951247.jpg

そして、横山の脇から磐梯山が見えました。
かな~りくっきりと見えてましたが、これは裏磐梯の火口側が見えてるって事なんでしょうか| 冫、)ジー
31_201903290049531b3.jpg

2週間前に行った、西大巓と西吾妻も見えましたが、西大巓が奥の方に見えるという事は、これまた面白い角度だなぁって。
西大巓から必死に地元の山を探してましたが、全然違う方向を見ていたと気づきました(;^ω^)
32_201903290049542d0.jpg

こんなに天気がいいのに、大蔵方面から縦走してくる影が見当たりません。
カメラでズームしてみるも、三五郎から下って来てるトレースはあるのですが、途中で戻ってるようでした。
33_20190329004955e4c.jpg

ん?
トレースもない、人影もない??
34_201903290049576ac.jpg


しまったぁぁぁあああああぁぁ!!!!!


つづく。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト

行ってキタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!

2_20190325001638788.jpg

最終日ギリギリに、何とか乗り込む事が出来ました(;^ω^)
ヤバイ、似すぎブッ(´→з←):;*.:;
グッズが高すぎて買えなかったのが残念(´・ω:;.:...
3_201903250016390e3.jpg

ランチは何年ぶりかに再訪なお店でしたが、店のキャパに対してスタッフが圧倒的に人数不足という、ちょっと残念な感じになってました。
再訪はないかも。
4_2019032500164030d.jpg

そして万代をうろついてた時から気になってた、しあわせのパンケーキの文字。
ナニソレ(*'∀'人)♥*+ってなるじゃないですか。
で、ウロウロ探してBP3階に行ってみました。
発券予約制だったので発券機を見てみたら「196分待ち」って書いてありました(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
何組待ちだったかまで衝撃で覚えてないのですが、完璧30組以上まではあったと思います((´∀`*))ヶラヶラ
予約したら夕ご飯の時間になっちゃうので、辞めときました(;^ω^)

そして石井スポーツに行って、ガルモントの登山靴を修理したらいくらになるのか見積もってもらったら、ソール張り替えてあちこち直して2万5000円位との事。
超悩んだんだけど、いつものスタッフさんのススメもあって、修理してもらう事にしました。
一番いっぱい一緒に旅した靴なので、何だかまだ捨てられない(;^ω^)

で、しあわせのパンケーキが食べられなくて悶々してたので、ティータイム。
ちゃんとしたコーヒーのお店で飲んだコーヒーだったので、おいしかったです(*´ω`*)
コーヒーを飲み始めてまだ数年なので、何がいいのか分からず、同行者と一緒に「聞いた事のないコーヒーを頼んでみよう」って事で、私はインドモンスーン、相手はエルサルバトルサンタリタという、何だかよく分からない事になってましたが、私のが酸味があって、相手のが苦みと何だかフルーティーな感じがしたという、とりあえず2つの味は違う!って事は分かりました(;´∀`)
5_201903250016420cf.jpg
今朝は起きたら白くなっていた雪野地方ですが、もう消え去りました。
そろそろタイヤ交換してもいいかなぁ?って感じです。




さて、モンスターの間に挟まってランチをしましょう。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
目の前に見えてる景色は、月山と鳥海山。
26_20190325005057dee.jpg

横を向くと、結構がんばっているモンスター。
こっち側の斜面はさほど雪が落ちてないようでした。
それでも今年は小さいんだと思います。
27_20190325005059b08.jpg

今日のランチは、前回の猿ヶ城のラーメンがまっずかったので、ラーメンリベンジです。
真空パックのハムみたいなチャーシューではなく、スーパーの総菜的なチャーシューを用意。
ここのスーパー、安くて大盛りでびっくり(;´Д`)
チャーシューが100g100円とかすごすぎる(;´Д`)
ついでにこの日のグローブは、セリアのピンクグローブ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
28_20190325005100769.jpg

ラーメンは、立山土産のブラックラーメン(乾麺)がまだ残っていたので、それを持って行きました(;^ω^)
ラーメンを持って行くと言ったら、ジジイが餃子を用意してくれまして、本日もカロリーオーバー_(:3」∠)_
チャーシューはちゃんとチャーシューしていて良かったです.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
29_20190325005102fbb.jpg

隣近所も程々の距離で休憩していたので、個室状態でゆっくりできました。
おかげで、ジジイのくだらない話を聞かなければいけませんでしたが( ̄ω ̄;)
まだ2月だというのにすっかり春山で、この青空。
モンスターはちょっとしか見れなかったけど、グレーの空の時に、この場所に来るよりは良かったなって思います。
31_201903250101003c3.jpg

ラーメンを食べて、またおやつを食べさせられたりしてた訳ですが、暖かい日だったとは言ってもずっと座ってると寒いもんで、時々動き回ります癶(癶;:゜;益;゜;)癶
35_20190325010106c4f.jpg

立ち上がると西吾妻方面に小屋が見えました。
32_201903250101016da.jpg

鍾乳石みたい。
33_2019032501010337b.jpg

雪の魔女。
34_2019032501010404c.jpg

また来シーズン、雪がいい時に来よう。
西吾妻まで行って、状態のいいモンスターを見たら卒業だ(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

もう卒業かよ!!!

36_201903250103524b8.jpg

いやぁだって、山で人の波とかもうムリ過ぎます(;'∀')
過去最強の人の波は唐松岳でしたが、あそこは二度と行きません( ̄ω ̄;)
今回も結構ビックリするくらいの人でしたが、ランチ食べながらジジイに「猿ヶ城に帰りたい・・・( ノД`)シクシク…」と言いました(;´∀`)
ジジイも歩きながらだいぶまいってたようですが、田舎もんの2人はダメですね(;´∀`)

「西吾妻はほんとにいいのか?」というセリフを横目に、登り返しがめんどくさかったので「帰る!」と言い放ちます。
37_20190325010354be0.jpg

13:09、下山開始。
もう踏まれ過ぎて雪面固くなってるので、スノーシュー履いても意味がないから、ツボ足で帰る事にしました。
↓ジジイもシューはお片付けです。
38_201903250103550bc.jpg

さて、武器を装着したままの皆さんは、結構そろそろと下りてましたけど、アホの2人はワハハハと言いながら駆け下りて行きます。
ゲレンデ並みに固められてて、調子こくとマジで滑るので、ほどほどに(;'∀')
ガチでヤバそうなとこは、脇に逃げてプチラッセルで下りました。
39_20190325010357c68.jpg

午前中よりは霞んで来たけど、磐梯山はずっときれいに見えていました。
40_201903250103584ea.jpg

この辺でも、まだ登って来る方とのスライドがあったりでビックリΣ(゚д゚lll)
41_20190325011421c34.jpg

下りは楽なので、走りながらあえてノントレースを踏み散らかして歩きます。
それ位しとかないと、足に負荷がかからない(;^ω^)
42_20190325011423f5a.jpg

13:48、ゲレンデトップ着。
43_2019032501142432d.jpg

今日は自力下山でゴンドラには乗らないで下りるので、そのままゲレンデ脇を着かず離れずで下って行きました。
これが一番楽しかったかも(。・w・。) ププッ
44_20190325011426df3.jpg

ツボ足でも膝位までしか沈まなかったので、気持ち良かったですね゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
45_201903250114275df.jpg

ほんの1時間前に居た場所。
フリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪
46_2019032501183562e.jpg

途中見つけたマムート
47_20190325011836fbe.jpg

こんな斜度、スノボで下りれねぇ((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
と、スキーヤーさんを見学したりしながら下りる。
徒歩で下りる方が楽。
48_20190325011838f96.jpg

楽だけど、一回滑ったブッ(´→з←):;*.:;
49_20190325011840efd.jpg

15:02、ゴンドラ乗り場着。
50_2019032501184188c.jpg

コーラ飲みてぇな!って事でコーラを買いに行ったら、みんな気持ちは同じようで、コーラは売り切れ・・・
とりあえずビリビリすればいいって事で、キリンレモンにしてみた。
51_20190325012324e8b.jpg

ドリンク休憩をして、駐車場へと向かうと、ここ一番の登りに出くわす(;´Д`)
本日最大の難所;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
52_20190325012325e65.jpg
行きは別の方から進入したので、階段の存在を知らなかった・・・

駐車場から、西大巓と西吾妻。
来年、いい写真撮らせてくださいね(。→ˇ艸←)プククッ☆
53_20190325012327597.jpg

帰りのセブンイレブンにて、結局コーラが飲みたかったらしく。。。
前から気になっていた、アイスコールドコカコーラにチャレンジしてみた。
54_20190325012328aaf.jpg

思っていたより氷にはならないようだ(;´∀`)
とりあえず、旅の締めはコーラじゃないとダメなようです(´∀`*)ウフフ
55_20190325012330ab8.jpg

下山後、家に帰ってビックリ・・・
山頂で人混みから隠れてラーメンを食べている時に、Sさんが後ろを通り過ぎて行ったもよう。。。
会えなかったのが残念過ぎた_(。゚⊿ 」∠)_
人間を避け過ぎた罠でした( ノД`)シクシク…



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 



【2019/03/25 01:44】 | 福島の山
トラックバック(0) |
この前の週末は、土曜のお天気が悪かったので、またまたお泊りは出来ず( ̄ω ̄;)
なので、先週歩こうと思ってた二択のうちの残りもう一個のルートを歩いて来ました。
2週連続のスタート口は一緒で、途中から別ルートへキュィーン ……ε( o・ェ・)o
1_201903192035250d7.jpg

_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ


お天気は微妙な色だったのですが、展望は最高でご機嫌です♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬

が・・・

15分後の景色・・・
藪が絡まり過ぎて進めねぇ;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
2_2019031920352725d.jpg

バリって遊んでた訳ですが、マジでヘリタクしたくなりました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
7_20190319204728bd3.jpg
あまりにあれこれありすぎて、絶対やらかしたくないヘッデン下山になるかと思いました(;´Д`)
藪を脱出した後は、もう抜け殻でヨレヨレ(ヽ´ω`)グッタリ

一週間で雪もどっさり減ってしまったようで、予定外に藪が露出しまくってしまっていたようです・・・
バリルートの罠ですな。
雪が残っている場所も、ズボリング祭でなおさらゲッソリしてしまいました( ノД`)シクシク…
3_20190319203528113.jpg
小雪のおかげで今年は藪の露出も早いようですが、今は微妙に遊びにくい時期かもしれません(;´Д`)
藪にぶら下がったりして腕も筋肉痛なので、今週はスカート履いてチャラチャラしたい所ですが、お天気微妙ですね(;'∀')アハハ




2月下旬、待ちに待ちわびてもういいやって感じにもなっていたけど、やっと晴天がやって参りましたΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
が、遠征です。
先週も早起きしたのに、今週も早起きとか死ねる_ノ乙(、ン、)_
今日は早起きできないチームの仲間、ジジイが同行・・・
て事で、グランデコのゴンドラに乗ったのが9時半頃(;'∀')アハハ
4_20190319203529cb9.jpg

冬のグランデコに来たのはウン十年ぶりです。
若かりし頃、スノボしに4月頃来た事があって、あとはワタスゲの咲く頃に、散策にデコ平に来た事もありました。
ゆえに、登山しに来た事はありません(;´∀`)

ゲレンデトップに下り立つと、磐梯山がびゅーりほー(人´∀`).☆.。.:*・°
5_2019031920353173a.jpg

スタート時間は10:15(;^ω^)
それでも登山者がワラワラいて、始発はどういう状態だったんだろうと思うと、かなり怖かったです(;´Д`)
8_20190319211035b29.jpg

この日は本当に、磐梯山を眺めるにはいい日だったと思います。
9_20190319211036d38.jpg

真っ白な霧氷を期待していましたが、さほど寒くもなく。。。
10_201903192110383bc.jpg

影絵みたい(。・w・。) ププッ
7_20190319211033906.jpg

急でもないんだけど、微妙な登りをダラダラ延々と歩いて行きます。
何だか和尚山のダラダラ登りを思い出しました。
あそこもジジイと行って、私がリタイヤしている訳ですが、そのうち行きたいですねぇ。
この日は今年最後のスノーシューって感じで装着していましたが、もうツボ足でOKです。
前に猛者姉にも「あんなとこツボ足で十分よ!」って言われてたのですが、ですねって感じでした(;^ω^)
もしくはワカンか軽アイゼンで十分です。
豪雪の先頭ラッセルでもない限り、個人的にはスノーシューはいらない感じ。

そしてここも例外に及ばず、雪がない。
そもそも、下から見てた時点で山頂付近の木は黒く見えていたので・・・
11_201903192114074f8.jpg

体が重い私は、ゲーゲー言いながらよそのおじいさんたちと同じペースでやっとこ歩いてたのですが、ジジイは脇からラッセルして追い越して消えていきます。
どうも周りのペースが合わないらしく暴走をしているようでしたが、結局そんなにぶち抜いた所で、最終的には私を待たなくてはいけないので、結局、追い越した人にまた追い越されるという(´∀`*)ヶラヶラ
わざわざ人の居ないプチピークに回り道して歩くジジイ。
12_20190319211409246.jpg

途中、雪面に・・・若いっていいな( ̄ω ̄;)
13_2019031921141013f.jpg

西吾妻が見えてきました。
黒い( ̄ω ̄;)
モンスターってどこに居るんだ( ̄ω ̄;)
14_20190319211411b73.jpg

鞍部を超ズームしてみたら、人の群れ( ̄ω ̄;)
しかもモンスターなんていないじゃないか( ̄ω ̄;)
15_20190319211413c57.jpg

ハイ、この時点で雪野さん、撮る物がねーって事だなスイッチが入って、更にやる気がなくなりますZzz....(_ _*)・.。*
磐梯山だけ撮ってればよかろうよ、と、磐梯山だけ撮ります。
16_201903192128368b6.jpg

安達太良も見えたので超ズームしてみました。
あっちも今日は人がすごいんだろうなぁって思ってたけど、撮ったこの瞬間には人が2人くらいしか確認できませんでした。
17_201903192128378ee.jpg

もうすぐ西大巓の山頂って所で、超尖ったピークが目の前に現れました。
「あそこまさか直登しねーよね?・・・してる∑(´Д`*)ノノ!!」って騒ぎもありましたが、歩いてみたら行けました(;´∀`)
そこを超えてきた所。
ここも通常なら、モンスターの門になってるんだろうなぁって思いました。
18_20190319212839165.jpg

スノモンというか・・・
骨モンと磐梯山( ̄ω ̄;)
19_20190319212840677.jpg

ちょびっとだけ雪が着いていた。
微妙に枝が出ていて、ゾンビみたい・・・
20_20190319212842aa1.jpg

あんなにグダグダダラダラな歩きをしていても、11:38、1時間半ほどで西大巓着です。
マジか。
山頂からは飯豊が見えたけど、大日が邪魔で向こう側が見えないo(`Д´*)oプンスカプン!!!
ジジイは大日が好きなのでご機嫌だったようですが、雪野さん不機嫌です。
福島側から見る飯豊は、大日が邪魔して連峰に見えないから、あまり好きじゃないです。
22_20190319213449639.jpg

ただジジイが発見します。
「エブリ見えてる」

↑の写真の右端にあるそうで、超ズームしてみました。
鉾立でエブリだって分かりました(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
鉾立あってのエブリ・・・( ´_ゝ`)プッ
23_20190319213450d5d.jpg

飯豊から右旋回すると、アウェイの朝日連峰が見えました。
その奥に月山。
更に奥に鳥海山。
24_201903192342222f0.jpg

「西吾妻行く?」って話になりますが「いや、飯っしょ」って事で、朝日側のモンスターの中に入って人混みから逃げましょう(;´Д`)
25_2019031923422423f.jpg

いいお天気なので、のんびりランチです(。・w・。) ププッ




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


この前の日曜は、ほんとは土曜から久々にテント泊する予定の週末だったんだけど、土曜の夜に少し風が強まる予報だったので、速攻日帰りに変更しました((´∀`*))ヶラヶラ
というか、今年は雪が少ないせいなのか、花粉が早い時期から襲って来て、しかも超つらい。

( >д<)、;´.・ ィクシッ

(* ̄ii ̄)ブー


土曜も下山後、花粉と紫外線にやられて、家に戻ってからちょっとぶっ倒れまして、日曜も外で遊ぶなんて事は不可能な状態でありました。
で、それでもお出かけしたい私は、福島潟でやってる写真展を見に行って・・・(* ̄ii ̄)ブー
腹減ったなーって事で、遠征して・・・(* ̄ii ̄)ブー

飯豊の雪も、すでにグズグズな予感。
45_20190315000738cf8.jpg

北地神の直下は笹が出ている始末です。
46_201903150007405c2.jpg

今年初の越後屋さんに来た訳ですが、越後屋のお父さんが言うには、例年だと、この時期はまだ店の辺りでも3mくらいは雪があるのに、今年はもう2m切ってるそうです。
まぁ私は、ヒルが出るまでは地元で遊べる短い期間を堪能する派なので、飯豊はその後、お花の咲く頃に。

今回は気になっていた飯豊そばを頼んでみました。
卵を崩そうか崩すまいか・・・悩んでるうちに勝手に崩してしまったけれど(;´∀`)
山菜がおいしかったけど、付け合わせの大根の酢漬けが絶品であった(大好物)
次は山にんにくそばか熊そばだなぁ(´∀`*)ウフフ
47_201903150007427a1.jpg

で、何度も行って分かってるくせに、天ぷらの盛り合わせはないのか何度もガン見してみたり。
どう見てもないので、イワナが外せない私は、イワナのフライを単品オーダー。
48_201903150021211eb.jpg
ヤバイ、これはこれでうまい( ゚Д゚)ウマー
単品のそばを頼んだ時は、フライも一緒にオーダーしよう。
この2品で、天ぷらそばのセットより+100円アップなだけです。

帰り際、お父さんが店の駐車場にあるかまくらに案内してくれた。
43_20190315000736d92.jpg

中は10人位は入れるんじゃないかな?
かなり大きなかまくらで、中にはロウソクやスピーカーなどを設置して、音楽を流しながら火を灯してお酒飲んだりできるそうです。
スピーカーも上に向けて設置されてるので、ホールで聞いてるように音が反響して、なかなかおもしろかったです。
冬に宿泊したお客さんの特権だろうから、いつか泊まってみたいなぁなんて思いました。
44_201903150007371d3.jpg

そんで昨日は、中田へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
水曜限定、生姜醤油ラーメン。
なるとが懐かしい感じ(。・w・。) ププッ
49_20190315004142d5f.jpg

私は生姜醤油は多分得意じゃないと思って、中華そばにチャーシュー4枚とメンマをトッピング。
これが激ウマ過ぎるので、最近ブラック食べてない(;´∀`)アハハ
50_201903150041445ef.jpg
また行こう・・・




さて、会山行冬のお泊り2日目。
この日は箕輪山に行く予定でしたが、どうも山頂付近に爆風が吹き荒れる予報だったので、中止にしました。
宿を出発する時は晴れてたのですが、土湯トンネルが近づくと、グレーの空にチラチラ白いものが(;^ω^)
「やっぱダメだったねぇ」なんて言いながら、ダメな天気の時にしか行かないイエローフォールへ。
晴れの日にここに来るのは、正直もったいないです(;´∀`)
なので、3度目なのですが、毎度グレーと白の世界ですブッ(´→з←):;*.:;

久々に来たら、スノーシューチケットみたいのが出来ていて、リフト往復券らしいです。
下りは歩く!って吠えたのですが、リフトで往復する事になりました( ノД`)シクシク…
画像拡大してよーく見てみると分かるのですが、見えてる細長い木に、ハイジのブランコ並みのブランコがぶら下がってますΣ(・ω・ノ)ノ!
大人の皆さんが楽しそうに漕いでましたグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
27_20190315004912df7.jpg

ゲレンデトップから10分もしないうちに銅沼着。
それなりに広い沼なのですが、人の往来も以前に増して激しいようで。ほぼ踏まれて固い雪面となっていました(;'∀')
せっかくの福島のフワフワの雪が・・・体験できない_(:3」∠)_
28_20190315004914d0c.jpg

って事で、ワタクシ雪野、毎度の事ながら離脱しまして一匹オオカミとなります((´∀`*))ヶラヶラ
かなり離れないと、新雪遊びが出来なかったよ(;´Д`)
カラフルなモノトーン。
29_20190315004915888.jpg

スライドする人も沢山、ツボ足の方もいらっしゃいました。
こんだけ踏まれてればツボ足も可能かも・・・
銅沼から30分程度でイエローフォール。
30_201903150049174f9.jpg

今年の出来は・・・

きったね(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
31_20190315004919544.jpg
今までで一番黄色が薄いです(;´Д`)
所により、透明っぽいとこもありました(;´Д`)

て事で、10分くらいで移動開始・・・( ´_ゝ`)プッ
かなり大人数のツアーとSNSぽい集団といたので、周回ルートも考える事なくトレース辿れば大丈夫でした。
つか、辿りたくないのでまた一匹になりました∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
32_20190315005923f8e.jpg

そして途中で、恒例のティータイム。
今回はみんなカップラーメンを食べるという事で、カプラを持ってなかった私は、途中のコンビニでシーフードビッグを仕入れました。
コンビニで買うとたっけー∑(´Д`*)ノノ!!
リーダーを褒め倒して、テーブルを作らせました*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
マジで私が作るより手際が良くて美しい。
33_20190315005925e17.jpg

ラーメンにお湯を注ぎ、待ってる3分の間に冷め( ̄ω ̄;)
一瞬、カメラのシャッターが下りなかったので、結構寒かったみたいですね(;^ω^)
ラーメンとコーヒーを急いで胃袋に流し込んで、再スタート。
周回ルートは夏道を辿るようでした。
一瞬、外輪が見えた。
34_2019031500592672c.jpg

周回ルートが意外とアップダウンがあって、疲れました。
のんびりティータイムを入れての周回2時間弱、3.3㌔のお手軽トレッキングでした。
ゲレンデトップに戻ると、雲海?って叫びましたが、どうやら桧原湖とワカサギ釣りの小屋が見えてたようです。
35_201903150059289d5.jpg
いつも、視界なんてないような吹雪いてる時に来てたもんで、ここから桧原湖が見えるなんて知らなかった(;´∀`)
次は青空で、もうちょっと空に近い所に行きたいなと思います( ノД`)シクシク…

41_201903150122420f7.jpg




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2019/03/15 01:23】 | 福島の山
トラックバック(0) |
今日は3.11。

私が出来る事は、あまり多くはないのですけど、キレイな景色をここで発信したり、あとは寄付という小さな形で応援させてもらっています。
これは東北などに限らず、現在や未来の為の寄付になっているようで、Yahoo!が2倍にして寄付してくれるというので、毎月小さな額ですが、応援させてもらう事にしています。

https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630001/


未来を生きる、命たちの為に。




土曜は超快晴。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
木曜の夕方からちょっと雪が降ってくれたおかげで、きれいな新雪を踏めました(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
37_201903102353370c9.jpg

すっかり春山。
雪ももう少ないですよ。
1000m行ってない山でしたが、山頂近くでもすでに根開けから覗く木の根元は、雪が50㎝もありませんでした。
36_20190310235335d46.jpg

まだまだ藪遊びって呼べるほどの藪でもありませんでした┌┛┌┛ズコ!
38_201903102353389d4.jpg
もうちょっとだけ、雪遊びをしたいなぁって思うけど、これが最後と覚悟しながら、その時まで思い切り遊ぼうと思います。
でも今週末は、天気悪くてもいいかな・・・
天気悪くないと、クッキー展に行けないまま終わっちゃう(;´Д`)

そして先日、フキ味噌作りたいなぁ。。。ってボソッと言ったら、どっさり頂きまして。
我が家最大のボールですが、2/3を埋め尽くし(;´Д`)
コメリで一番大きいのを買ったんだけど・・・(カステラ作り用ボール)
39_20190310235340b9f.jpg
フキ味噌もどっさり出来上がりましたが、1年分には足りない。。。
冷凍しとけば大丈夫って会の先輩に言われたので、更にどっさり作って保存しておきたい次第であります(`・ω・´)シャキーン



2月は毎年、会のお泊り山行があります。
最近は岳温泉泊をメインに、その周辺の山に登ったりするのが定着してます。
前回に引き続き、今回も阿武隈山地。
大滝根山は阿武隈山地最高峰との事で、新潟とは違い凍るかもしれないので、アイゼン持参。

五泉を出る時は天気が悪くて、県境に入ると横殴りの雪だったのですが、郡山JCTを過ぎる頃には、安定の青空(;´∀`)
前の週の記録などを見ていると、全く雪はなく、枯草のベージュの世界って感じの記録しかなかったのですが、駐車場に向かう途中から、道路には雪が積もり。。。

10時頃、スタート口である廃ホテルに到着。
いくらでもないのですが、雪があります。
皆さん、がっちり着込んでましたが、私はアンダーは上下着てますが、見た目は毎度の夏と変わらず(;´∀`)
10:14、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
5分くらい車道を歩きました。
1_201903110023142e4.jpg

2_2019031100231697d.jpg

10分くらいだったでしょうか、やっと山らしい雰囲気になって来ますが、沢沿いのコースで沢が凍ってます・・・
雪が被って見えないだけで、足元ヤバそうなので気を付けないと;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
3_20190311002317334.jpg

実際、ツルツル滑るので、皆さんワーキャー言ってるのを後ろから見てたので、ガクブルしながらゆっくり歩く。
4_201903110023191b0.jpg

到着時は雲が厚かったのですが、だんだん太平洋側の天気になって来ました(。・w・。) ププッ
5_20190311002320d95.jpg

なんだかダラダラと平坦なとこを登ってる感じで、これで山頂に着くの?なんて思ってたのですが、地道には登ってたようでΣ(゚д゚lll)
ただ、登りに入ったと感じた時には、超急登になって、足元ヤバいしで、息も絶え絶えハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
何だかこの日は、仕事の疲れが溜まってたようで、生あくびがずっと出てました(雪野的ヤバイのサイン)
猛者姉は「今日は調子悪いな」って気づいてたそうです(;^ω^)
7_20190311002742c81.jpg

そしてロープが出てきました。
写真じゃ大した事なさそうだけど、もうマジ怖くてカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ
一人ずつ一歩一歩足場を確かめながら渡り終わった所でアイゼンを着けました。
8_20190311002744c12.jpg

が、アイゼン着けても滑り落ちる罠(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
鎖にしがみつきながら、必死に這い上がる└(:3」┌)┘))ジタバタ
9_2019031100274503d.jpg

標高100m分を一気に這い上がった感じで、急にポンっと平坦な場所に出ました( ̄ω ̄;)
10_20190311002747eb5.jpg

必死に這い上がったのですが、もうみんなはいません( ̄ω ̄;)
11_2019031100365249a.jpg

12:00、山頂のレーダー塔に着きました。゚(゚´Д`゚)゚。
12_20190311003653f1b.jpg

みんなは神社でお参りしてました・・・
13_201903110036553ad.jpg

ここでしばし、行動食&ティータイム。
風が強いので、レーダー塔の脇で風を避けながら。。。
避けても風当たり強いわ( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
14_2019031100365656f.jpg
ちゅー事で、行動食はイチゴスペシャルな訳ですが、疲れすぎて食欲があまりなく、半分残しました。
眠たかったのも悪いな、早起きはよくない(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

ティータイムが終わって下山開始って、参拝するの忘れてたΣ(・ω・ノ)ノ!
って事で、お参りして(-人-)
15_20190311003658ef9.jpg

下山は周回ルートで。
下山ルートを探してる時、登って来たルートのホントの入り口を見つけたり(;^ω^)
雪があったので、ちょっとズレた所から登頂したようです。
で、その入り口に看板が立っており、沢のルートは上級者コースなので、下山では使わないようにとの表記。
上級者ルートを、オイラに歩かせてはいけないだろう( ̄ω ̄;)

12:25、下山開始。
寒さと疲れのあまり、あれこれ撮るのを忘れてたようで、山頂標識とかフェンス内にある三角点とか・・・
16_201903110050412af.jpg

下山は平坦な部分が多く、快調∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
気分がいいぞ((o(´∀`)o))ワクワク
17_20190311005042430.jpg

下山開始5分で、風もなくポカポカで、超見晴らしのいい場所に飛び出る。
「ここでティータイムすればよかった!」と、みんなで大爆笑。
もう一回ティータイムするか?って話にもなったけど、しない方向で。
18_2019031100504376a.jpg

そしてワタクシ、ここでアイゼンを外しました。
だって、平坦だから。
19_20190311005045a12.jpg

平坦だと思ってたのに、急に一枚岩の鎖場が出てきました<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>
ビビって写真も撮ってないし記憶もないのですが、多分脇の木につかまって下りてます(;´∀`)
撮ってないので、もらい画使わせてもらいました。
42_201903110059410ed.jpg

難関突破(;´∀`)
って思ったのも束の間、足場の埋まった階段的梯子からの、またもや鎖場です((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
失神しそうでした。。。
これも梯子から先は、木と鎖のMIX下りしました。
相当チビってます。
なぜアイゼン外した????(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
20_2019031100504621f.jpg

13:06、ブナ平着。
21_201903110057423f3.jpg

あまり休憩せず、そのまま進行。
進行してすぐ、廃ホテルへ続く分岐を通り過ぎた事に気づきましたが、そっちはまた急斜面っぽかったので、車まで車道を歩かなければなりませんが、ゆるいコースを下山する事になりました。
22_201903110057431ad.jpg

ずっとこんなだったらよかったのに。
緩急がすごすぎる。
23_201903110057453ea.jpg

13:42、登山口着。
24_20190311005746c61.jpg

ここから30分ほど歩いて、駐車場へ向かいました。
予想以上に凍ってて、手強い山でした・・・
凍ってなければ、結構チャチャっと行って来れる山みたいですけどね。
25_20190311005747e24.jpg

そして、そのままお宿の岳の湯へ。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
もはや、プライベートの普通の旅行でも利用させてもらってます(;´∀`)
リーダーに、今日はおっかなかったよ!とかブツブツ文句を言い放ったら、私と猛者姉はサポートしなくてもいいからほっといて進んだとの事。
他の人はサポートしてたらしいが・・・

オイラ、結構か弱い!

・・・

↑自分でも信じれない事、言っても誰も信じませんね(;'∀')

飲んで食ってしゃべり倒して、明日の天気はどうなるのでしょうか・・・
26_2019031101115514d.jpg

この翌週の週末も、すでに茶色い草原になってた模様の大滝根山。
なぜこの週末だけ、こんな事になったのだ( ̄ω ̄;)
無念_ノ乙(、ン、)_
40_201903110115510bb.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


【2019/03/11 01:26】 | 福島の山
トラックバック(0) |

Taymさん♪
雪野
雪が消えたらお花が咲いて新緑が見れます、その後は紅葉。
日本には四季があるので、私は次の季節が楽しみですよ♪
特に今年みたいな半端な冬だと、早く春になって欲しいと思います(;^ω^)


Taym
こんにちは。
だんだん雪の山景色が
見れなくなってくるのが残念です。

コメントを閉じる▲
地元の山は、もう雪も終了間近ですねぇ( ̄ω ̄;)
4月半ばまで持つでしょうか(´ェ`)ン-・・
今年は一ヶ月遊び方を早めるしかなさそうですね。
その分、花も早く見れそうだけど、開花予想をするのが大変そう(;´Д`)
54_2019030800091896e.jpg

この前の日曜は、いい天気でしたが山岳会の総会で室内でした・・・
毎年総会の日って晴れるので、憂鬱になります_(:3」∠)_
52_20190308000916ee0.jpg

ストロング×3とビール×2をやっつけたら、家に戻って5時間ほど目覚めませんでした(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
ヤケ酒だった模様です((´∀`*))ヶラヶラ
53_20190308000917f46.jpg




猿ヶ城の続き


ジジイが書くまで私があれこれ書かなかったのですが、本人がHPで書きましたので。
ジジイは足の調子がイマイチで、正月の朝日も今年は断念。
でもどっちにしろ、今年の正月は悪天候で、朝日入りする事は出来なかったんじゃないかな?って思います。
逆にあの天気でも行くとか言ってたら、正座の説経コースでしたが、本人も山歴長いしバカではありませんので(;´∀`)
今年は残念でしたが、来年は万全の体調で向かって欲しいと思います。

なのでこの日はユルっと様子を見ながらの歩きでしたので、足の負担を軽くする為に、ほんとに珍しく、この日は私もラッセルをがんばった訳です。
普段なら、余裕でトレース泥棒しますからね、私ブッ(´→з←):;*.:;
22_2019030800174672f.jpg
休憩場所から斜面を上がり切ったら、先行者さんの足跡。
新しいカモシカさんの足跡がありましたが、姿は見えず。

この場所をちょっと過ぎたら、急に下りの斜面になり、細尾根になりました。
細いよ!と騒いでたら、ジジイが先頭を歩きだしました(;´∀`)
23_20190308001748e75.jpg

そして最後の急斜面に差し掛かりました。
急斜面過ぎて、どこから取り付こうか悩みます(;´∀`)
ジジイがラッセルしながら「ここ穴がある!」と叫んで、進んで行きました。
叫びがなかったら、またトラップに引っかかる所でした(;'∀')
24_20190308001749554.jpg

斜度はこんぐらい。
一回ずり落ちました(;´∀`)
25_20190308001751b3a.jpg

山頂までもうちょっとハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
ズリ落ちてカメラも一緒に雪に沈んだので、レンズに雪が着いてボケてる部分があります(;´Д`)
しかも気温が上がって来たので、枝から雪がドサドサ落ちて来る;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
26_2019030800272369b.jpg

12:28、山頂着。
平坦で思ったより広め。
目の前には番屋山。
でもそっち方面、ものすごい絶壁になってるようなので、ジジイに「あんまそっち行くな(((´゚ω゚`)))」ってビックリして叫びました。
28_201903080027267a7.jpg

一応、三角点が地図に表記されてましたが、当然雪の下で、この木の生えてる辺りにあるようでした。
29_201903080027272f8.jpg

前に出過ぎないように、番屋山方面を眺める。
右奥に守門も見えてるけど、相変わらずレンズに着いた雪に気づかないまま、撮影してたようです(;´∀`)
30_201903080027296f8.jpg

右を見れば粟ヶ岳とP645。
27_20190308002724d04.jpg

どこでランチにしようかと協議の結果、やっぱり川内が見える方向に。
斜面になってる所に、ジジイがベンチを作ってくれました。
私はランチの用意。

ラーメン保管庫。
33_20190308003353f9c.jpg

そして煮る。
34_20190308003355f5e.jpg

今度、寝かせて入れてみようと思う。
35_20190308003356487.jpg

ガスの残量が少なかったせいか、寒さのせいか、火の勢いがイマイチ。
ラーメンを煮るのに時間がかかるのに、上から雪がボッサボサと落ちて来る。
木の真下は避けたはずだが、落ちて来る( ̄ω ̄;)
31_20190308003350c46.jpg

朝のグレーの空から一転、キレイな青空に変わりました(*´ω`*)
32_20190308003352fd1.jpg

冬の新潟には、貴重な青空の日曜日。
36_201903080037161f2.jpg

さて、水を入れるのが少なすぎたせいで、飛び出た部分がまるで煮えなかったラーメンですが、何とか作り上げました。
そして、真空パックになったチャーシューをスーパーで買って来たのですが。。。
37_20190308003717faf.jpg

くっそまっず!!!!

の前に、仕上がりが全く美しくありません( ̄ω ̄;)
まず、そこを反省しましょうヽ(冫、)ノ

1.5人分づつのラーメンを食べましたが、食べてるうちにどんどんラーメンが冷えて行きます(;´Д`)
結構寒い日でした。
38_2019030800371963f.jpg

食うもの食って、13:53下山開始。
前にズリ落ちんじゃねーか!!と、作り直させたベンチ。
39_20190308003720a60.jpg

比較的平坦なルートなので、帰りはトレースを使えば楽でした。
40_20190308003722502.jpg

41_201903080046416c2.jpg

途中、後続者さんが居た事に気づきます。
私たちのトレースを辿って来たようでした。
43_2019030800464303a.jpg

浮力アイテムを持ってないようで、ズボりまくってらっしゃるようでしたが。
42_20190308004642520.jpg
「ワカンでも買えばいいのにねぇ。でも4ついるね。」
「4万するな」

というバカ話をしつつ、この後続者さんの足跡がどこまでも続くので、どのルートから入って来たんだろう?って話になりましたが、この杉林の辺りでロストしました。
ジジイ、足痛くないだろ?っていう暴走っぷり(;´∀`)
44_20190308004645feb.jpg

最後は、登って来た杉の急斜面を下りようとジジイは目論んでたようですが、私が自分ルートの偵察をしたい!と言い張ったので、そちらから下山。
ずっとブナで視界も明るく、ゆるゆるしていて気持ち良かったです.゚+.(´∀`*).+゚.
46_20190308005429cce.jpg

下界の建物が見えてきました。
ゴール間近♬(((o(*゚▽゚*)o)))♬
47_201903080054317cc.jpg

最後、沢に近づいたら、ここも急斜面である事には変わりなく、がんばって下りてたらスノーシューのケツが縦に雪に刺さり、脱出不可能になってもがきました、2回。
でもジジイは無視して行ってしまいました、あの野郎( ̄ω ̄;)
48_20190308005432c97.jpg

15:42、道路着。
スノーシューを外していると、ガランガランという音が・・・
49_20190308005434ef4.jpg

ギアは大事にしましょう( ̄ω ̄;)

2時間早くスタートできてれば、八木茶屋でピネライスが食べれたのに、今回も準備中になってしまい入れず。。。
こっちの山に来て何度か寄ろうとは思ってるのですが、いつも営業時間内に間に合わず。
夜の17時開店まで待ってられないしね。
次こそはピネライス!!!を心に誓い、早起きしたい・・・な_(:3」∠)_
51_201903080103027dc.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


【2019/03/08 01:19】 | 新潟の山
トラックバック(0) |

目目連さん♪
雪野
粟ヶ岳は、この山に登ればどこの山は登れる、なんて言われてる新潟の山ですが、さすがにどこでも登れる訳ではないかと思われます( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
確かにきつい山ではあります(;^ω^)
残雪期に2回しか行った事がないようです、私Σヽ(`д´;)ノ
家から車で30分って、微妙に行く気にならない距離と時間なんだと思います(;´∀`)
30分以上かかる県内って遠征でもないので余程じゃないと行く気が出ないです(;´Д`)
でもP645はかっこいい。
冬は無理だけど、無雪期に藪漕いで行ってみたい(山友行ってます)

ラーメンは1・5人づつ2人で分けました。
おいしいチャーシューじゃないとダメだなと気づきました( ̄ω ̄;)


目目連
雪野さん

私も先々週、上越国境を歩いたのですが、もう見た目も雪の感触も春~な感じでしたね。
雪もえらく少なかったし。

粟ヶ岳、標高の割にはどっしりして山容がかっこいいですけど、手前のP645もミニ大源太みたいでかっこいいですね。

今回はラーメン3個おひとりで?
くっそまっず!って私の目には美味そうに見えました。

・・・昨日の雨で、今まで黒かった富士山が真っ白になっててとてもきれいでした。


コメントを閉じる▲
先日、またまた日の出食堂へご飯を食べに行って来ました。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
今回は焼肉定食。
相変わらず小鉢がいっぱいで、うれしい。
女子はこういうの好きだと思う(ノε`*)ンププ
50_2019030123502741d.jpg
メニューも沢山あるので、次は何を食べようか妄想中,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
間違いなく、肉系ではあるけれど・・・┌┛┌┛ズコ!

さて、ほんのひと時、定時で上がれてるうちにネタの更新を(;´Д`)



2月第2週、天候が安定しないので、超快晴じゃなくても、まぁいっか?的なとこを先に攻め込んでおこうと、ジジイと下田へ。
ここは個人的に前から行きたかった所で、去年、芝倉山の山頂付近でご飯を食べながら、目の前に見える猿ヶ城を指さし「ジジイ、来シーズンはあそこ行かねーか?」と、先シーズンから話はまとまっていた場所でした。
道のない山なので、雪の積もるこの時期を待っていました。
ジジイは猿ヶ城の存在は知らなかったんだっけな(´ェ`)ン-・・
快晴とはいかないけれど、昼くらいから回復する予定で、朝方も荒れる訳でもなさそうなので、決行しました。

遅場集落の神社付近の道路脇が少し広くなっていたので、そこに駐車。
9:27、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン

どこから取り付こうかあちこち眺めますが、取り付きたい場所には沢がぐるっと流れていて、すぐには取り付き箇所を決められず、とりあえず進みながら探す事に。
歩きながら、粟ヶ岳が良く見えた。
1_2019030123502214f.jpg

途中、ルートの選択肢が2つに分かれます。
私はちょっと遠回りになるけれど、ゆるい尾根を選択。
ジジイは急斜面でも最短コースを選択する人で。。。
結局、ジジイコースから取り付く(;´Д`)

低山なので、サラッサラのパフパフとは行きませんが、2月頭なので重くも無く踏み込みは柔らかかったです。
この斜面がなかなかの急斜面で、何度か滑り落ちかけました(;'∀')
直線距離としては100mもないと思うのですが、歩きやすそうなところを探してラッセルです。
ストックを見ると、結構雪は深かったみたいですね(;^ω^)
2_20190301235024bd1.jpg

スタートから30分弱で、なんとか尾根に乗り上げる。
ホッとした瞬間(;´∀`)
3_201903012350256d6.jpg
スノーシューが20㎝位沈む程度だったので、さほど苦労もせず。
ジジイはハイスピードで進んで行きますが、着いて行く気まるでナシZzz....(_ _*)・.。*

ホッとしたのも束の間、またまた急斜面の杉林に突入( ̄ω ̄;)
だけど杉林の中は、雪が深くないのでスノーシューも沈まず、案外快適に登って行けました。
4_20190301235026cb4.jpg

斜度はこんぐらいですね。
上から溶けた雪が落ちてくるので、運が悪いと頭の上に直撃です( ̄ω ̄;)
5_20190302001412182.jpg

杉林を登り切ると、私が歩きたかった隣の尾根と合流します。
ここからブナに切り替わるので、深い場所では膝位まで潜りました。
6_20190302001414021.jpg

目の前に杉林が見えてくると、妙にテンションが上がって駆けだしてしまうのですが、そういう時に限って、ここ一番に吹きだまっておりΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
膝上までの雪に足を取られ、身動きできず└(:3」┌)┘))ジタバタ
7_20190302001415fe6.jpg

杉林エリアは、広くて平らなので、進行方向を間違わないように進みました。
P474付近は、細めのブナがたくさん。
交互にラッセルしてみたり、並走してみたり、好き勝手やりながら歩いてました( ´_ゝ`)プッ
8_201903020014175bb.jpg

アニマルトレースすらなく、貸し切りの静かな山は、気分が良かったです゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
9_2019030200141831f.jpg

存在感ありありな、大きなブナの木。
10_20190302002518263.jpg

この日はスタートが・・・この日「も」ですね(;´∀`)
なので、時間見ながら途中までの偵察という事にしていました。
ダメならまた後日、雪が締まった頃にサクサクと・・・の方が楽そうだし(;^ω^)
11_201903020025198df.jpg

所々、粟ヶ岳や川内の山々を見ながら進めました。
左・青里、右・矢筈。
12_2019030200252124a.jpg

矢筈ってこっち側から見ると、尖がってるんだねΣ(・ω・ノ)ノ!
13_201903020025222be.jpg

向かい側に見えてる細長い所が山頂かと思っていましたが、地図を見るともっと向こう側でゲンナリヽ(冫、)ノ
14_201903020025246d4.jpg

P645越しに粟ヶ岳。
かっこいいですねぇ、P645。
気になってしょうがない所なのですが、なかなか険しそうです。
15_20190302003320e0c.jpg

そんな景色を眺めながら、疲れて来たし腹減ったしで「ジジイ!腹減った!!」と大休止を求める。
ジジイは行動中は、あまり食べませんねぇ。
水分補給もほとんどしないし、どうなってんだろ(;´・ω・)

サンドイッチを食べ終わったら、歩き出さなくてはイケマセン。。。
歩き出さなければいけない瞬間というのは、非常に悲しい瞬間なのですが、段々と青空も広がって来たし、テント張りたくなるようなきれいな場所も多くて、いいとこ見つけたなぁとか思ったのですが、2日間も車を停めておく場所が、この猿ヶ城エリアにはなさげです(´・ω:;.:...
16_2019030200332279c.jpg

結局、偵察のつもりでしたが、どんどん山頂が近づいてきます。
ここまで来たらがんばって、山頂でラーメン食べよう(`・ω・´)シャキーン

٩( 'ω' )و ガンバル




参加中です。クリックよろしくお願いします♪