FC2ブログ

2019年2月3日 大蔵山 

2019, 02. 28 (Thu) 01:47

この前の日曜は、やっとこ空のご機嫌が良かったので、念願の遠征。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
怖いくらいの真っ青な空と、風もそよ風程度で、もはや3月下旬の春山のよう。
6_201902280030431da.jpg

ここも例年の今時期の1/3しか雪がないそうで・・・
スノモンというより、骨モンでした。
きっとどこも同じなんでしょうね。
今年は厳冬期がありませんでした、って感じです。
初冬→たまにちょこっと降るけど、ほぼ残雪期、で、ここまで来ちゃったみたいな。
4_2019022800304274d.jpg
今年は一度もスコップを使って雪かきしませんでした。
車の雪も、3回か4回位しか落としてないと思います。
全く冬ではありませんでした┌┛┌┛ズコ!
本来の雪の量ではないのだから、今年の雪の記録などは、来シーズン以降の雪山の参考にはなりませんという事を、覚えておかなければなりませんねφ(・ω・*)メモメモ



2月第一週。
ずーっと青空待ちをしているのに、まるで青空が襲って来ないという悪循環に巻かれ、若干不機嫌。
カメラもまともに持ってなく、体も鈍る一方。
さすがにこの日は、ちょっとくらい歩いておかないとと思って、家から見える大蔵山の山頂は、すでに木々が黒く見えていたので、思ったような写真は撮れないけれど・・・と思いながら家を出ました。

6時に起きたら外が暗すぎてまた寝たという恒例の。。。な感じだったので、スタートは9:20(;^ω^)
1_20190228004040c36.jpg

私はいずみの里に車を停めさせてもらったのですが、通常の駐車場も、入口付近まで車の乗り入れが可能で、何台か停まっていました。
この時期に駐車場まで入れるなんて、とにかく雪がない。

途中ある、この橋を渡るのが一番の難所となっている、冬の大蔵山(;´∀`)
2_201902280040421ca.jpg

9:45、登山口着。
2年ぶりの冬の大蔵だけど、いつの間にやらこんな看板が。
3_201902280040436b8.jpg

杉林の中は、もはやグサグサ、雪もやっぱり少なかったです。
4_20190228004045cc7.jpg

2合目過ぎ、ブナ林にはいる頃、誰もショートカットコースのトレースをつけてくれていないようですガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
すでにトレース泥棒してる訳だから、それくらいトレースつけろよと自分ツッコミをしてみたのですが、聞こえないフリで進む∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
5_20190228004046685.jpg

トレースバッチリ。
6_201902280046138b0.jpg

途中、山頂の見える場所に出た。
8_20190228004616dd3.jpg

山頂をズームしてみる。
既に人がどっっさり(;´∀`)
天気のいい日曜ですので、下も車がいっぱいだったから、覚悟はしてましたが・・・
山頂の鐘も、だいぶ露出しているようです。
9_20190228004617d07.jpg

空が段々青さを増してきました。
10_201902280046196fc.jpg

6合目から見える景色。
佐渡がうっすら見えてたんだけど、写真では見えてない( ̄ω ̄;)
11_20190228005040fb3.jpg

8合目手前、この広くて平らな場所が私のお気に入り♪
久しぶりだなぁなんて思っていると、どこからか悲鳴が鳴り響き・・・
数分後にスライドしたおばちゃんたちの、テンション上がり過ぎた悲鳴だったようです(;´Д`)
この後に出てくる急斜面のトレースが、キレイにツルツルになっていたので、尻セードしてた模様。
尻セード自体は好きに楽しんでくれればいいけど、せっかく先行の皆さんが作ったトレースを消すのは辞めてもらいたいですね(;´・ω・)
後から登って来る方も、まだ下山される方もおられるので、足場消しちゃうような行為は、個人的にはどうかなと思います。
特に大蔵山なんかは、雪山初心者さんも多い訳だし、出来上がってるステップ頼りで歩く方もおられるかもしれません。
しょうがないので、またステップ作りながら登りました・・・
12_20190228005042e0f.jpg

山頂が近づいてくると、飯豊が顔を覗かせます(。→ˇ艸←)プククッ☆
菅名と鳴沢の鞍部越しに、門内~北股。
14_201902280050453ae.jpg

もうちょっとで山頂という所で、とうとう死にかけます_(。゚⊿ 」∠)_
ずっとまともに歩いてなかったので、もはやゲーゲーですヽ(冫、)ノ
スタートが一緒だったおばちゃんに「もう疲れてダメだー」とか、お互い言いながら進みます( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
15_20190228005046776.jpg

北飯豊、捉えた(`・ω・´)シャキーン
16_20190228005709f3f.jpg

12:07、山頂着。
何時間かかってんだよブッ(´→з←):;*.:;
20_20190228005715f75.jpg

山頂には結構人が居て、テントを張ってる方々が居たりしました。
担いで上がるのも大変でしょうけど、楽しそうですよねぇ。
そして川内方面に目をやる。
21_2019022801020614e.jpg

毛石|´・д・)σ 発見!
17_2019022800571020c.jpg

すでに山頂付近の雪が割れてます(;´Д`)
春先に遊びに行ったら、もう夏道全開な気がしますね・・・
18_20190228005712019.jpg

去年、遊びに行った灰ヶ岳。
楽しかったなぁ。
19_201902280057133c9.jpg

私が到着した頃から、皆さんどんどん下山して行かれたので、山頂は2~3人しかいなくなりました(;'∀')アハハ
雪は少ないですが、寒さだけは普通に寒かったので、やっぱうどんかラーメンにすればよかったな。
パパッとライスの期限が切れそうになってたので、リゾットにしたのですが、すぐ冷える( ノД`)シクシク…
そして焼肉を食べようと張り切ってたのですが、まさかのフライパンを忘れたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
コッヘルの蓋で焼いて凌ぎましたが、焦げて焦げてもう。。。です_ノフ○ グッタリ
22_20190228010208f3b.jpg

ランチの途中から、空がどんどんグレーに変わって来たので、急いで肉を焼く((((((((((`ω´;)サササッ
下山の準備が整う頃、今度は風も出始めた。
ザックを担いでいざ!と言う時、風に煽られ少しよろけた。
あっという間に強風に変わったって感じでした。
どこまで強くなるんだろうと思いながら13:08、下山開始。
2時間早くスタートすれば、青空のうちに下りれたんですが(;´∀`)

こんな時間だったのですが、まだ上がって来られる方も居て、最終の方とスライドしたのは6合目手前だったでしょうか。
少し下れば、もう風の影響もなかったのですが、7合目位までは、ものすごい風の音を聞きながら下りて来ました。
夕方のニュースで、この日は春一番が吹いたと言ってましたねぇ。
下山はしっかり、ショートカットコースをラッセルし、トレース作っておきました。
この後、3人位しか歩かないと思うけど┌┛┌┛ズコ!

14:23、無事、いずみの里着。
コーラが飲みたかったのでまぁ~まカフェの販売機でコーラを買ったついでに、カフェの販売所に行ったら、まだシフォンが3個残ってたので買い占め、翌日会社のお友達と食べました( ゚Д゚)ウマー

この後、咲花温泉に行ったのですが、この日は温泉街一帯で何やらイベントをやっていたらしく、お目当ての柳水園には車がどっさり|||||(´ω`;)|||||ガ—ン
昔はよく別の温泉に行ってましたが「1時間で出てくれ」みたいな事を言われるようになってからは行かなくなりました。
ごゆっくりどうぞと言われる事はあっても、1時間って。。。( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
って事で、行かなくなりました。
柳水園がダメだったので、温泉街手前にある「さきはな」でドボンしました。
ちょうど団体さんが出て行った所だったので、先客さん1名が居ただけでのんびり浸かれました(*´ω`*)

2年ぶりの雪の大蔵でしたが、やっぱり人が多いのでちょっとお腹いっぱいになりました(;^ω^)
また人気のない、静かな場所で遊ぼうと思います(~ _△_)~ zzzZZZZZZ



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト



2019年山行 

2019, 02. 28 (Thu) 00:16

1月5日 新年会・菩提寺山の麓

1月6日 猿毛岳

1月27日 菩提寺山~高立山

2月3日 大蔵山

2月11日 猿ヶ城 Part1 Part2

2月16日 大滝根山

2月17日 イエローフォール

2月24日 西大巓 Part1 Part2

3月9日 風越山~兎平 Part1 Part2

3月17日 風越山~不動堂山 Part1 Part2

4月6日 高坪山

4月13~14日 毛石山テント泊 Part1 Part2 Part3

4月21日 高坪山

4月28日 鞍掛山

5月5日 不動堂山

5月11日 赤城山 大沼小沼周回 Part1 Part2 Part3

5月12日 赤久縄山~白髪岩 Part1 Part2 Part3

5月25日~26日 立烏帽子山~葡萄鼻山 梁山泊 Part1 Part2

6月2日 後烏帽子岳 Part1 Part2

6月9日 羽黒山 Part1 Part2

6月25日 西山三山 

7月7日 護摩堂山~高立山

7月13日~15日 門内岳 Part1 Part2 Part3

7月27日 月山

8月11日 寒風山・大潟富士

8月12日 藤里駒ケ岳

8月13日 田代岳Part1 Part2

8月24日 七ツ小屋山Part1 Part2

8月25日 掃部ヶ岳~鬢櫛山~烏帽子山

9月1日 二王子岳

9月15日 風倉山

2018年12月2日 高立山~菩提寺山 

2019, 02. 21 (Thu) 01:04

この週末は、会山行冬のお泊り会でした。
どんよりな新潟を抜け、太平洋側へ(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
超さーめかった(((((((;´д`)))))))
2_20190220235229b43.jpg

素泊まりの宿で大宴会。
ワタクシ、仕事疲れが抜けなくて、一本飲んだとこで居眠り始めまして、ちょっとガチで寝てからまた飲み直しました(;^ω^)
25_201902202358391af.jpg

雪野盛り。
茶色いヽ(^o^)丿
26_20190220235841a45.jpg

寒梅の大吟醸なんて頂きましたが、酔っぱらいなので味なぞ覚えておらず*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
27_20190220235842998.jpg

2日目は天気が悪かったので、予定変更で天気が悪くても大丈夫なとこへ。
ここも寒かった(;'∀')アハハ
3_201902210003235b4.jpg
今年も好き勝手、放浪癖は止まらないと思うのですが、皆さんにも遊んでもらおうと思います(。・w・。) ププッ





さて、12月の頭ですが、これが2018年最後の山行のようです。
この前の日は、山岳会の忘年会があって、会の方が大沢公園から菩提寺に向かうルートを歩き始めるとすぐに、すごく展望のいい東屋があると教えてくれて、その展望とやらをチェックする為に、忘年会から戻ってすぐに支度をして、大沢公園へと向かいました(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
公園着が11時半。
車がものすごい事になってます(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
路駐すらままならない感じで、だいぶ奥まで進んで車を停めました。
西山三山恐るべし。。。

で、スタート時間が時間なので、サクッと下りれるように菩提寺のピストンの予定で、11;39スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
あっちこっちから下山して来る方たちが湧いてきます∑(´Д`*)ノノ!!
登り始めは急登で、エチゴブーツがズリズリ下がって行きそうです└(:3」┌)┘))ジタバタ
必死に這い上がって、何かがおかしい事に気が付きます(´ェ`)ン-・・

尾根間違って上がってるガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

これは菩提寺に向かう尾根ではなく、高立に向かう尾根( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
しかしもう100mも歩いてる、過去は振り返ってはならぬ(`・ω・´)シャキーン
という事で進み続ける((´∀`*))ヶラヶラ
9月にTさんからもらった地図を見て、コースの多さにビックリしたんだけど、既に遭難してしまいました(~ _△_)~ zzzZZZZZZ

12月だというのに暑い日で、ズボンで出動してしまった事に自分でガッカリ。
まだスカートでも良かったようです(;´Д`)
大沢公園スタートが初めてでしたが、迷いようがないくらい、しっかりした道がついてました。
でも私はしょっぱなから迷ってる訳ですが*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
1_201902202358376c2.jpg

小さなアップダウンもあるので、暴飲暴食の後の運動にはちょうど良かったです。
2_201902202358382dc.jpg

このルートはマイナーなのだろうか・・・
誰にも会わない(;´Д`)
3_201902210021559ad.jpg

歩いてる途中、菩提寺山が見えて来た。
ほんとはあっちに居る予定だった( ノД`)シクシク…
4_20190221002156344.jpg

12:21、西山三山最高峰らしい。
5_20190221002158c82.jpg

コースが集まって来てる場所に出た。
間違わないように高立方面へ。
6_20190221002200050.jpg

分岐から、ちらほらと登山者さんとスライドするようになった。
そして、山頂手前、超急登。
そうだった、9月にTさん達と一緒に下山する際、滑り落ちて来た場所だ(;^ω^)
7_201902210022011cc.jpg

12:32、高立山着。
8_2019022100271873c.jpg

五頭山邪魔(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
9_20190221002719308.jpg

遠くから小屋を覗いてみたけど、Tさん達はいなさそうだったので、12:40、菩提寺へ向かう((((((((((`ω´;)サササッ
低山なので、ギリギリ紅葉が残っていた。
10_20190221002721ad7.jpg

無駄に遠回りしてしまったので、珍しく早歩きですε=ε=ε=ε=ε=┏(o゜ε゜o;)┛ダダダッ!!
走ってはいません、早歩きです。


13:15、菩提寺入口のお地蔵様通過。
11_20190221002722f1b.jpg

ここも紅葉が残っていました。
12_20190221002724051.jpg
この日は撮る物もないと思って、コンデジしか持って来てませんでした。
アウトドア用コンデジなので、絶望的な画質です。
PowerShotか、せめてIXYに買い替えようかな~と思い続けて早何年です。

13:18、菩提寺山着。
13_20190221003336c14.jpg

だから五頭邪魔だってば( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
14_20190221003337b1a.jpg

今年最後の紅葉ですねぇ。
15_20190221003339fd9.jpg

16_201902210033416b6.jpg

13:24、今度こそ、予定していたコースへと・・・本来の予定とは逆走になりますが(;´∀`)
初めて歩きますが、ゆるゆるしていて私好みです(。・w・。) ププッ
17_201902210033425ea.jpg

18_20190221003722974.jpg

そして会の方に、東屋の近辺でコースが2つに分かれるので間違わないようにと言われていたのですが、どう考えても展望の見えない場所を歩いていることに気づきます。
上を見上げて、どう考えても展望が良さそうなのはこの上だ。
間違いなく、私は分岐を曲がらず、間違って側道を歩いてる(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

って事で、目的のルートと合流したところで、東屋へ向かって登り始める。。。(´・ω:;.:...
途中、お地蔵様の手前で追い越し、下山してからまた追い越したお姉さんに3度目の遭遇し「高立から来たんですよね?トレーニングでもしてるんですか∑(´Д`*)ノノ!!」と言われたが、単なる自爆なミスでこんなことになってます( ノД`)シクシク…
「東屋探してただけなんだけど、もうすぐですかハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ」と、鼻の穴を超広げて聞いてみたら「すぐそこですよ゚.+:。(*´v`*)゚.+:。」と教えてもらい、がんばって登る(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
19_20190221003724cc2.jpg

13:51、やっと目的の東屋に着きました。゚(゚´Д`゚)゚。
20_20190221003725db6.jpg

東屋から見える展望。
新潟市方面が見てるようで、佐渡も見えてました。
のんびりするには良さそうで、東屋の他にベンチもあり、お母様方が休憩していました。
21_2019022100372701b.jpg

本日の目的も達成しましたので、下山します。
ここも紅葉がきれいでした。
22_20190221003728a20.jpg

23_20190221004459be4.jpg

素直に下山しようと思ったのですが、せっかくグルっと回って登り返したんだから、この二股のルートをつなげようと思って、また菩提寺方面へ向かい、合流地点から2度目の側道を歩いて登山口へと向かいましたブッ(´→з←):;*.:;
24_20190221004500cc7.jpg
恐ろしい事に、東屋から登山口まで下りで5分程度でした・・・
辿り着くのに何時間かかってるんだよ;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
14:04、下山完了。
長い旅でした・・・・

迷子になるほどルートがたくさんあるので、チビチビ遊んでみたいなと思います(。→ˇ艸←)プククッ☆
100_20190221004502ea8.jpg


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


2018年11月18日 大谷山~大蔵山周回Part2 

2019, 02. 14 (Thu) 02:11

こなぁぁあああああ~ゆきぃぃぃぃいいいい~~~(byレミオ)


よし、今年も無事叫んだヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
雪がなさ過ぎて、今年は叫ぶタイミングがないかと思ったブッ(´→з←):;*.:;
昨日から結構な勢いで降ってますが、降らないと夏に水不足になるので、冬はちゃんと降っておいてもらいたいです。
でも、そんなにビックリするほどは積もらない雪野地方です。


この前の月曜は、久々に道のない山へ。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
ラッセル必須ではありましたが、当然貸し切り、これ以上の贅沢はありません。
94_2019021400423469b.jpg
寒波の影響もなく、夕方までは大丈夫だと判断して出動しましたが、予想以上の青空に出会えて至福の時でした*✲゚*( *´﹀` )*✲゚*

目目連さんのレポで上がってたアイテム。
もうこの手のアイテムは(*'∀'人)♥*+ってなっちゃうので、速攻アマゾンさんのお世話になり、さっそく仕事してもらいました。
95_201902140042369ed.jpg
↑こんだけ見ても分からんでしょ( ´_ゝ`)プッ
先端の棒と棒の間に、スイッチを入れるとピンクのビビビが走りまして。。。(よく見ると、ビビビしてる最中です)
風にも強いライターとなっております・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
マジヤバい、これ楽しい,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
詳しくは、こちらをクリック→目目連さんとこジャンプ(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

指令でありました、袋ラーメン3個煮もやってみましたが、やっぱり私は目目連さんレベルには到底達してなかったので、1個半が限度っぽいです(;´∀`)
96_20190214004237398.jpg

最高レベルに達すると、こうなります→クリック
ちなみに、目目連さんの一食分らしいです(;´Д`)




10:54、鳴沢から菅名への縦走開始o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
個人的には、この鳴沢~菅名の縦走路が最高にいいと思うのですが、なかなか歩いてる人はおらず。
皆さん縦走しても、大蔵~菅名で下りて行かれます。
この日も第一登山者さんとはこの縦走路でやっと遭遇し、菅名から来た4人位しかスライドしてないと思います。
鳴沢から菅名に向かう人は、見えてる範囲ではいなかった。

11:22、菅名岳着。
51_20190214004233ec8.jpg

山頂の入り口に入りかけた時、どこからか「雪野さん!!」と声が。
誰だ!!!とキョロキョロすると、猛者姉のNさん(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
ここで会ったがなんちゃらで、菅名でランチでもすっか?とも思ったけど、既にNさん食べ終えて、じき下山する勢いだったので辞めたブッ(´→з←):;*.:;
みかんをもらってお話して、「前歩いてた人、全部追い抜いて来た」って話で、飯食って下山開始しようとしてるとこに到着した人を、あの人も追い越して来たって・・・どんだけぶっ飛ばして来たんだって話で(((´゚ω゚`)))ガタガタ
恐ろしいので私は逃げるように、11:38、大蔵へと向かいますフリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪

すっかり秋も終盤な縦走路。
大蔵→菅名は定番コースで混んでるんだけど、逆走する人はまず居ないし、時間が時間なので登山者はほぼ菅名に到着してる訳で、縦走路は静かで快適でした。
52_20190214010503a62.jpg

三五郎山が見えて来た。
53_20190214010505f88.jpg

逆走すれば、川内を見ながら歩けるとワクワクしてたんだけど、どうやら枝の方が私の背より高いらしく( ̄ω ̄;)
ほぼ見えぬ( ̄ω ̄;)
54_201902140105060c5.jpg

何キノコだろう(´ε`;)ウーン…
55_20190214010508f53.jpg

キレイな空の日。
この山も、歩く練習をいっぱいさせてもらった場所。
56_20190214010509368.jpg

12:08、三五郎山着。
ここまでも5人位しかスライドしてないと思う。
定番の反時計回りをすれば、飯豊を見ながら歩けるんだけど、静けさを求めるなら断然時計回りだなと思った。
57_20190214010934f1c.jpg

風越への入り口。
さすがにこの藪は漕げそうにない(;´∀`)
ツタ系の絡まり方がハンパない( ノД`)シクシク…
58_2019021401093596d.jpg

三五郎と大蔵の中間くらいにあるプチ展望台。
背伸びしないと見にくいんだけど、川内一望です(;'∀')
59_201902140109360cb.jpg

大蔵の避難小屋。
あすなろ会が解散してしまい、これから大蔵の整備はどうなるんだろうと思う。
それなのに、岳人に大蔵が載ってしまったりと、地元の山は静かにしておいて欲しいなと思う。
本は見てないけどブッ(´→з←):;*.:;
60_2019021401093801c.jpg

12:20、大蔵山着。
山頂には、4人組のお母様方と男性一人のみ。
61_20190214010939480.jpg

特別お腹も空いてなかったんだけど、せっかくなのでちょっとだけゆっくりしようとご飯を食べる事にした。
まるで最近はやる気がないので、久々にマル塩(;^ω^)
63_20190214011830731.jpg

やっと門内が顔を出した(。・w・。) ププッ
小屋もうっすらと確認できる。
62_2019021401182856c.jpg

コーヒーも飲んで。
いつの間にやら一人ぼっち(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
64_20190214011831bfc.jpg

12:59、下山開始o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
66_2019021401183489f.jpg

初心に帰る山はいくつかあるけど、この大蔵山もその一つかな。
67_201902140122074d5.jpg

でっかいカンポウ
68_20190214012208761.jpg

五合目位になると、名残の紅葉がポツポツと見え始めました。
上を見上げてばかりいるので、なかなか進まない(;^ω^)
69_20190214012210946.jpg

この木はいつも、一人だけこんな色で残ってるので、いつも目立ってる。
70_20190214012211e08.jpg

71_201902140122138bc.jpg

4合目で山頂に居たお母様方に追いつく。
ちょっとお話をして進む。
3合目と2合目の間のお気に入りスポットは、紅葉真っ盛りでした(。→ˇ艸←)プククッ☆
72_20190214012651c25.jpg

ここはほんと、ちょっと遅くなっても色が残っててくれるのでうれしいです(。・w・。) ププッ
73_20190214012652371.jpg

信号機カラー(;'∀')
74_2019021401265418d.jpg

ここを超えると、人間界の杉林に突入です。
75_20190214012655f5b.jpg

今年の花粉の飛散量は、なじなもんでしょう(;´Д`)
76_20190214012657e7b.jpg

一合目を過ぎた所で、山頂に居た男性に追いつく。
申し訳ないが、追い越させてもらう。
なんせ、これから小山田まで戻らねばならぬ。。。
ソロの罠(´・ω:;.:...

13:53、登山口着。
山の神様の方へは下りず、どっぱら清水方面へ。
78_20190214013125bb9.jpg

林道を歩いてる途中、菅名の山頂に居た方々とのスライドが始まる。
皆さんに「( ̄ェ ̄;) エッ?」って顔をされ、お母様方のパーティーなんかは「これからどこ行くの?」とか心配される有様で(;'∀')
「車が小山田なので、回収に戻ります・・・」と説明するのが、微妙にこっぱずかしい感じもあり。
お母様方の顔が( ゚д゚)ポカーン
「また登ってあっち側に下りるって事??」の後の大爆笑は、私も苦笑いでした(;^ω^)
大蔵への縦走路で会ったオジサマには、ルートの説明とかしてたので「また会ったね!」とか言われたり(;^ω^)

どっぱら清水までは行かず、手前の巾沢から尾根コースへと上がります。
ここからだと、10分かからないで尾根コースへと上がれるので。
80_20190214013128ca0.jpg

ノロい私でも、7分で上がれましたヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
81_2019021401313092e.jpg

82_2019021401381961f.jpg

あとは向こう側へのロング階段へと向けて下山します。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
14:43、階段入口着。
83_20190214013820c5e.jpg

下まで548段あるらしいです。
84_20190214013821928.jpg

ここから激下りを始めます(;´Д`)
滑り落ちないように気を付けて。。。
85_2019021401382390e.jpg

あの工事、いつになったら終わるんだろう。
大分長引いてるような気がするが。
86_20190214013824789.jpg

なんて見とれてると転げ落ちるので、気を付けて。。。
14:54、階段入口着。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
入口が三合目( ´_ゝ`)プッ
87_20190214014145dc3.jpg

入口に、いつの間にかこんなキレイな看板が立っていた。
顔晴( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
というか、登り切ったとこの段数と52段の差があるが、どっちがほんとだ(ノд`ι)ウーン
検証…は、オイラやらぬぞ。
88_201902140141471c3.jpg

さらば、ロング階段((((((((((`ω´;)サササッ
90_20190214014150662.jpg

あとは橋を渡って。
89_20190214014148861.jpg

錆びてるんで、結構ビビってる感じ*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
91_2019021401415159c.jpg

全然終わってねぇ( ̄ω ̄;)
92_20190214014555de1.jpg

ここからアスファルトの道を歩いて、駐車場に向かいます。
途中にある湧き水、あまり飲みたくない・・・
93_20190214014556d15.jpg

15:08、無事駐車場着(_´Д`)ノ~~オツカレー
2年前との検証で、どっち周りが楽なのかなぁ?って思ったけど、どっちがどっちだか分らねままで終わってしまいました(´∀`*)ウフフ
でも、静かに歩けるのは今回の時計回りなので、またいつか歩く時は、こっち回りかな。

97_20190214020643c62.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2018年11月18日 大谷山~大蔵山周回 

2019, 02. 08 (Fri) 01:27

この前の日曜は、またもや遠征断念で・・・
昼から天気も下って来るとの事で、サクッと行ける何年ぶりかの雪の大蔵山。
ここなら寝坊できますし・・・
3_20190208001424154.jpg

人が多いので避けてた大蔵山でしたが、やっぱ多かったです(;^ω^)
山中に響き渡るような悲鳴も遠くから聞こえ、びっくりですよ。
何をしてたのか分からないけど、楽しくてテンション上がり過ぎて、おばちゃんが悲鳴上げてたようです。
私もおばちゃんの域に突入してるので、気を付けようと思いました(;'∀')
2_2019020800142390a.jpg
雪はどこもそうだと思うのですが、だいぶ少ないです。
今年の冬は、普段なら雪に閉ざされて入れないような山でも入れちゃったり、逆に雪がないと入れない山に、雪が少なすぎて入れないという事が出てくるのだと思いますが、私は後者の遊び方をするので、春先が非常に心配です・・・



さて、大蔵自体は実は秋に歩いてたのです。
これがほんとに、2年ぶりの大蔵界隈。
出来れば、山では他人と関わる事を避けたいので、いつも人の居ない風越とか不動堂で遊んでいましたが、久々に縦走をしたくなりまして。
ならば、2年前に周回したルートの逆走をしようと、今回は大谷山→大蔵山で歩いてみる事にしました。
時間がかかるので7時前にはスタートしたかったのですが、安定の・・・
7:38スタート_(:3」∠)_
1_20190208002916903.jpg

まずは花見山までノロノロと。
最近、地元でもよく猪の痕跡を見るようになりました。
だいぶ暴れた跡がありました(写真じゃ見えにくいですね)
土がみんな掘られてました。
2_20190208002917f56.jpg

大きな彼岸桜が並ぶ、大好きな場所。
ここもあと二ヶ月ちょいすれば、桜が咲きます。
季節の流れは早い。
3_2019020800291955e.jpg

15分位で東屋のある広場。
4_20190208002920671.jpg

ここも猪が暴れた跡が・・・
5_20190208002922425.jpg

東屋から先に進むと、深緑の中に映える紅Σ(・ω・ノ)ノ!
7_2019020800323295b.jpg

紅葉して行く途中の段階だったのでしょうが、とても不思議な色でした。
すごく目立ってた(。・w・。) ププッ
6_2019020800323061e.jpg

上の東屋でちょっと景色を見たり休憩をし、大谷山へと向かいます。
8_20190208003233565.jpg

この東屋過ぎが一番悪いかも。
藪です(;´∀`)
種とかいっぱいくっついて、ちょっと嫌だ(;´∀`)
9_201902080032355e1.jpg

この日はとてもいいお天気でした。
10_20190208003236f16.jpg

一つ目の鉄塔を過ぎると、すこぶる道はよくなります。
鉄塔巡視路なので、きれいです。
11_20190208004152296.jpg

倒木に生える、謎の黄色。
12_2019020800415375a.jpg

遠くに佐渡も見えていた。
13_201902080041553a0.jpg

そして2つ目の鉄塔手前では、この時期歩くとお花に会える。
スミレとか
14_2019020800415676c.jpg

シモツケとか
15_20190208004158d7c.jpg

ムラサキシキブは秋( ´_ゝ`)プッ
16_20190208004441ad7.jpg

8:38、第二鉄塔着。
山ブドウとやらを探してみるが、よく分からない。
山葡萄酒を作ってみたいと思ったんだけど、相当量が必要なんだろうなぁ。
17_20190208004443c5a.jpg

鉄塔から数分、山の神様着。
ご挨拶をして進む(-人-)
18_20190208004445e11.jpg

先週の光兎山よりは、紅葉が残ってました。
19_201902080044460af.jpg

今年の秋は紅葉を外しまくったので、遅れた秋を楽しみながら歩きます。
ついでにキノコも探しますが、イマイチ生えてません。
20_20190208004447cea.jpg

2週間早く来たら、ここもすごくキレイそうだなぁ。
なかなか行きたい所も多いので、地元は最後になってしまいます(;^ω^)
21_2019020800485476a.jpg

巡視路と登山道の分岐を過ぎると、あからさまに道が荒れてきました。
少し漕ぎながら進みます。
22_201902080048559f9.jpg
山頂手前の急登を登っている時、後ろに後続者さんの姿を捉えたのですが、このルートを歩いて来るとはマニアに違いない。

9:24、山頂着。
間違いなく山頂です(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
23_20190208004857408.jpg

24_20190208004858030.jpg

ちょっと遠いけど、飯豊の展望もいい場所です。
でも稜線は雲に巻かれていました。
25_201902080048591ab.jpg

ギリギリ左端にエブリの小屋、右側に頼母木小屋も確認できますが、この辺はガスがかかってませんでした。
26_20190208005247ff6.jpg

いつも遊んでる場所は全滅(;´∀`)
私たちが行った翌週には、稜線の雪はほぼ無くなったようですが、また少し積もったみたいでした。
27_2019020800524867c.jpg

山頂からちょっと離れた所に鐘があるので、クマ除けに鳴らして進む。
28_20190208005250b32.jpg

荒れすぎでヤバいです(;´Д`)
ずっと刈払いしてないんだろうなぁ。
29_20190208005252d30.jpg

数分進んだら、やっと登山道が出現しました。
目の前には鳴沢が見えてるけど、その間にプチピークが一つ控えている。
30_20190208005253beb.jpg

せっかく登った山を、悲しいくらい下りて行きます。
そしてまた登るのです(´・ω:;.:...
後続さんの熊鈴の音は聞こえるのですが、姿は見えず。
この後、熊鈴の音を聞く事もなかった。
大谷山を振り返る。
31_201902080058079d7.jpg

このルート、春になるとイワウチワ街道になるのですが、暖かかったせいか蕾が出ていました。
狂い咲きしてないかな?って期待してたのですが、蕾しか発見できず。
33_20190208005810b61.jpg

鹿返しを過ぎ、五葉コースとの合流地点へ向かう細尾根、ここもだいぶ荒れてました。
もう整備とかしないのかな。
34_20190208005811dbc.jpg

刈っていいなら私刈りますけど、このコースお気に入りだし(;´Д`)
廃道になって欲しくないな。
まぁ、藪漕げばいいだけの話ですが。
菅名山塊もいろんなコースがあったのですが、何本も廃道になってますね。
35_201902080058138eb.jpg

細尾根を抜けると、気合入れないとずり落ちてしまう急登になります。
ここをがんばって登り切れば、五葉コースと合流。
笑っちゃうくらいの急登((´∀`*))ヶラヶラ
36_20190208010349ded.jpg

10:19、ロープにぶら下がりながら、なんとか五葉コースと合流。
38_201902080103527f0.jpg

案内板は何メートルも上にある(;´∀`)
雪が積もるとちょうどいい高さになるのだろうか。
39_20190208010354184.jpg

木に飲み込まれた看板。
40_20190208010355f4c.jpg

合流地点から、大谷山を見下ろす。
さらばじゃ+。:.゚バイバ-イヽ(´∀`)ノ .:。+゚。
41_201902080107076ec.jpg

五葉コースを鳴沢峰に向かって歩きます。
ここも地味に急登で疲れますハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
腐ったキクラゲ|´・д・)σ 発見!
42_20190208010708a5e.jpg

鳴沢はまだかー_(。゚⊿ 」∠)_
43_20190208010710fac.jpg

キノコ(`・д『☆』 発見!!
多分、ニガクリタケ(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
44_20190208010711c3a.jpg

咲花コースと合流。
ここまで来ると鳴沢峰はすぐそこ。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
45_20190208010713b37.jpg

10:41、鳴沢峰着。
46_20190208011123f77.jpg

相変わらず飯豊は雲の中。
47_201902080111253ac.jpg

磐梯山はよく見えた。
48_20190208011126a94.jpg

さて、菅名岳へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
菅名~鳴沢の縦走路が大好きです。
久しぶりに楽しんで行きましょう(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
49_20190208011128bb0.jpg


つづく



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2018年11月11日 光兎山 

2019, 02. 01 (Fri) 02:14

この前の週末は、門内以来のジジイと、都会の山にチャラチャラ遠征をするつもりでしたが、大寒波来るって事で中止。
天気自体悪いけど、気温ー14度の予定なのに、風速15m↑とか、体感温度どうなるんだよという( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ジジイが、天気がどうでも絶対行く!とかいうおバカさんじゃなくて良かったです( ´_ゝ`)プッ
私、自殺志願者じゃないので、特攻して山で死にたくないです(~ _△_)~ zzzZZZZZZ

地元の裏山ですら、入っていい天候ではなさげにガスに巻かれてましたが、さすがに動かなすぎな私はどこでもいいから歩いておこうと思い、困った時の菩提寺・高立。
天気悪いので、最近ここばかりで困った(;´Д`)
で、こんなお散歩コースにジジイも遊びに来てくれて。
初めてくる場所なので、ジジイは菩提寺の小屋を覗いたりしてましたが、とりあえず高立でランチです。
31_201902010025317df.jpg
小屋は超賑わってましたが、先客の常連さん達がつめて場所を開けて下さったので、お邪魔させてもらったら「あ!雪野さん!!」と、飯豊で梨を下さった御婦人にまた遭遇(。・w・。) ププッ
今回はリーダーのTさんは不在でしたが、あの時のメンバーの御婦人がまたもう一人。
そして、私の後で入って来たジジイを見て「もしかして田中さんなの?」と私に聞くので「そうだよ」って言ったら

キャァァアァアア♡╰(*゚x゚​*)╯♡アアァァァァ

ジジイ、人気過ぎてワロタ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
私は飯の用意に必死だったが、御婦人たちに握手を求められてたっぽい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
「田中さんでもこんな山に来るのね」って言われてたけど、私と知り合ってなかったら、多分来ない(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
皆さんと飯豊の話なんかをして、楽しかったです゚.+:。(*´v`*)゚.+:。

そんでワタクシ、めでたくまたひとつ年を取ってババア度が増したのですが、プレゼント頂きました。
28_2019020100253262a.jpg

モリタの角型コッヘル。
超レア物です・・・
私みたいのが持っててはいけない代物な気がするのですが、頂きました(;´Д`)
だって、ジジイがこのコッヘル、3つも持ってるって言うから(;´Д`)
なぜ同じの3つあるのか謎ですが、同じテントも2つだか3つあるとか、変な購買癖があるようです。
それにしても、大事に使わなければいけませんね(((((((;´д`)))))))
29_20190201002533e0a.jpg
高立の小屋でお礼にこのコッヘルでうどんを作ったのですが、ジジイもさらに同じの出してきてΣ(゚д゚lll)
ジジイのコッヘルは、銀じゃなく金でした。
エッΣ(・ω・ノ)ノ!
と、指摘したら自分でも驚いてた。
アホすぎる・・・



11月の第2週、門内の疲れを引きずってるかな?って思いましたが、案外体は大丈夫だったので、今まで何だかんだ行けてなかった光兎山へ行く事にしました。
このエリアはジジイのお得意のエリアなので「みんな中束から入るけど、もう片方の登山口はどうなんだ?」と聞いたら、千刈の方が車で山道を走る距離が短いし、人が居ないって事で、即千刈スタートで決定。
10月の高坪山の帰りに、大通りに建っていた中束の登山口こっちって看板だけチェックして帰って来ました。
今回はそれを素通りして、更に奥から登山口って看板の方向へ進みました。

林道の坂道を走る事5分も経たないうちに、駐車場に着いたと思います。
車は一台だけでした。
8:10、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_201902010106118f3.jpg

出だしは薄暗い杉林を歩きます。
でもほんの15分くらい歩くと、すぐにブナ林に突入出来ました。
期待していた紅葉が、なんと!!!
2_20190201010613bff.jpg

全落ち┌┛┌┛ズコ!

上の方は無理でも、下の方いい感じだろーなんて期待して行ったのに・・・
3_2019020101061559c.jpg

ない┌┛┌┛ズコ!

これはMAXの時に来てたら悲鳴もんだったな。。。というきれいな場所でした。
途中で、下の車の主であろう、キノコ採りの老夫婦と遭遇。
ゆるゆるっと歩いて、8:55、中束との合流地点着。
4_20190201010616535.jpg
ここからアップダウンを何度も繰り返していく、なかなかの山だよと昔から聞いてたので、若干ビビっておりました。
ビビってる割に、登山靴履くのめんどくさいとか、エチゴブーツで歩いてます・・・

とにかくブナがキレイなんだろうなぁと、妄想しながら歩いてました。
5_20190201010617173.jpg

快晴の予報ではありませんでしたが、曇ったり青空が出たりで、雨の心配はなさそうでした。
6_201902010115313d3.jpg

ブナは細めですが、たくさん生えてます。
こっちのエリアは雪が多いので、あまり太いブナがないのかな?
7_20190201011533da5.jpg

9:25、奥山着。
この時点では、アップダウン気にならず。
信仰の山なので、社でもあったのだろうか。
8_2019020101153432c.jpg

三等三角点。
9_2019020101153672f.jpg

奥山から遠くに光兎山が見えた。
10_20190201011537d0f.jpg

途中、本日の第一登山者に追いつかれる。
オジサマと少しお話をして、先に行ってもらう。
9:40、観音峰。
11_201902010121085d7.jpg

途中、水場の表記もあったけど、めんどくさくて寄らず(;´∀`)
先のオジサマがちょっと前を歩いていた。
観音峰をちょっと下った所から見える景色が、この日一番の紅葉だったかな。
でも終盤。。。( ノД`)シクシク…
12_201902010121106f5.jpg

紅葉がキレイに見えてた場所は、なかなかの細尾根でスリリング。
いやぁちょっと、紅葉がMAXの時に来たいな(;^ω^)
13_201902010121113ac.jpg

途中、崩れてる所もあった。
ここは慎重に。
14_201902010121131fa.jpg

時期的な物もあるけれど、遮る物があまりなくて、なかなか見晴らしのいいルートでした。

10:30、P805着。
ラスボスが見えた。
あといくつピークあるのだ(;'∀')
15_20190201012114986.jpg

んと、ちっこいの2つだな・・・
17_20190201013303100.jpg

この辺りから、早起きの下山して来た登山者さん達数名とスライド。
束の間の平坦な稜線歩き。
ここまで来て返されたくねーなー(;´Д`)
18_2019020101330597a.jpg

光兎山の脇から、頭布山が見えた。
ジジイお気に入りの道のない山で、見て来いと言われたのでとりあえず見た| 冫、)ジー
20_20190201013308a6f.jpg

途中、姥石があったはずなのですが、まんまと見落とし。
下山時に見つけたけど、写真を撮ってなかったらしいです。
さてとラスボスです。
またガクッと降りなければイケマセン( ノД`)シクシク…
19_20190201013306f23.jpg

ラスボスに張り付いてる途中で振り返る。
帰りは帰りで、あそこを登らなければイケナイ・・・
21_20190201013309eb1.jpg

ラスボス這い上がりながらまた振り返ると、1時間も経たないうちに訪れる現実が更に見える(((((((;´д`)))))))
また登ったり下りたりだ。
22_2019020101371308e.jpg

途中、ロープなどがぶら下がっていたけれど、登りでは使わなかった。
下りでは使ったけど。
23_20190201013715bea.jpg

そして、ラスボス這い上がってやったぜー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
って思ったら、山頂じゃなかった┌┛┌┛ズコ!
あのプチピークまで行かねばならぬ_(。゚⊿ 」∠)_
24_20190201013716853.jpg

山頂手前から風が強くなって来て、ちょっと寒い。
冬が近づいて来たので、意地でもギリギリまで山スカ履いてやる。。。と、山スカを履いていた( ̄ω ̄;)

振り返ると、ほぼ全ルートが見えた。
憂鬱だ(;´Д`)
25_201902010137181e5.jpg

11:18、山頂着。
社の中に兎さんが入っていて、扉開けてる人もいるみたいだけど、とりあえず私は恐れ多くて、神の社に手を触れるなどできず。
信仰心がある人は、多分怖くてそんな事できないだろうなって思います。
26_20190201013720bee.jpg
とりあえず神様にご挨拶をして(-人-)
山頂には、途中で追い越されたオジサマと、男女2人組のパーティーさんのみ。
頭布山方面に向かって道が続いてたので、どこまで続いてるのかな?って覗きに行ったけど、あんまり降りると帰りが大変なのでちょびっとで辞めた。
暖かければ山頂でのんびりもあるけれど、寒いのでおにぎりだけ食べて11:34下山開始。
先に男女ペアさんが下山したので、ロープの辺りで追い越させてもらい、帰りはまじめに歩きました∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク

前山の辺りで、来る時にはスライドしなかった方が下山していたので、途中で引き返した方かと思いました。
アップダウンが苦手な方は、ちょっときつい山かもしれませんね(;^ω^)
私もさほど得意ではありませんが、この山のアップダウンは気持ちよく歩けました。

13:25、登山口着。
また時期を変えて、来てみたい山になりました。
ヒメサユリも咲くみたいだし・・・
でもやっぱ、今回外した紅葉が見てみたいです(;'∀')アハハ
27_201902010158552e2.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪