FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
まずはお知らせ。
ジジイがHPをお引越ししたので、その宣伝。
以前の物を引っ越しただけなので、内容はそのままみたいです。
見た目カラフルになって、その辺はよろしいかと思われます(・∀・)
日記自体は夏で止まったままですね。
そういう意味では、私の上を行く人です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

「静かな山へ」←クリックすれば飛んできますキュィーン ……ε( o・ェ・)o


先日は、憧れの銀山温泉ぺ・:,。*:..。o○☆(๑→ܫ←)ゎ-い♪
残念ながら雪は降ってませんでしたが、やっぱり素敵な場所でした(。→ˇ艸←)プククッ☆
山形でも指折りの豪雪地らしいのですが、やはりこちらも雪は少ないようで。
72_2019012323370089e.jpg

景色を見に来れただけではなく、お泊りする事も出来て、もうなんも言う事ねぇ_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆
宿が取れた事が奇跡だ・・・( ゚д゚)
こちらのお宿にお世話になりました゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
73_20190123233701ab7.jpg

温泉は3回入りましたが、運よく3回とも貸切風呂が空いてたので、大浴場に入ってません(;´∀`)
だからゆったり出来てよかったです。
食事もおいしかった.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
75_2019012323370416c.jpg

帰りに最上川千本だんごへ。
夏に見た「充電させてもらえませんか?」のスペシャルで、銀山温泉→だんご屋で、だんご屋にさんまさんが待ち伏せてたというのを見て、その流れで寄ってみました。
いろんな種類をシェアして食べたけど、食べ過ぎたな(;´∀`)
個人的には左上の味噌バターがハマりました( ゚Д゚)ウマー
74_201901232337028a9.jpg


そして先日の週末は、天気のいい土曜は仕事で、天気の悪い日曜は当然休みで。。。
天気悪いんだから出かける気もない所に、甘味攻撃( ̄ω ̄;)
頂き物だから食べるしかあるまいヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
村上の村恭さんのクレープを頂きました。
76_20190123233705ad5.jpg

初めて食べたのですが、クリームたっぷりで(゚д゚)ウマー
生クリーム大好きなんで、これはハマりそう。
だけど、村上って遠いんですよ、なかなか食べれなさそうです(;^ω^)
77_20190124001833b60.jpg



門内最終章。

特に早起きするつもりもなかったんだけど、9時頃寝ちゃえば当然早起きする訳で、6時頃起床。
ダラダラと着替えをしていると、ジジイが「日の出出るってば!」と呼びに来た。
しょうがねぇなぁ・・・
44_20190124001827fc9.jpg
でもまだ長靴なので、山頂までは行けず・・・
とりあえず小屋前から北股方面を撮る。
素晴らしく、がーすー( ̄ω ̄;)

で、まだ寒いので小屋に戻って朝ごはん。
パスタにしようかと思ったんだけど、寒いって事でラーメンを食べた。
8時頃かな?
小屋に泊まられた方が下山されるようだったので、少しお話をして、時期を変えてまた来たいと仰っていました。
「夏も秋もきれいなので、またいらして下さい」と言って、お見送りしました。
次は今回できなかった、本山までの縦走が出来るといいですねヾ(*'-'*)マタネー♪

お客様も帰られたので、ジジイ最後の業務、トイレ掃除(´∀`*)ヶラヶラ
前日、小屋に着いた時にトイレを覗きに行って「キレイだ、よかった!」って言ってたのですが、女子トイレが閉鎖され、男女兼用になってたので私も男子トイレを使っていたのですが、女子は座り込んで便器覗いたりしますからね。
便器の後部が爆弾だらけで茶色ですウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
と、ジジイに報告したらゲンナリしておりました((´∀`*))ヶラヶラ
トイレに貼り紙してありますが、汚したら自分で始末するのがマナーであって、マナー悪い人が多いです。
9月に門内に入った時も、男子便は爆弾飛び散ってたらしいですが(;´Д`)
まき散らしたら、とりあえずペーパーで飛ばした分を拭くくらいのお掃除しましょうよ。
ジジイが「アー」とか「ウー」とか言いながら掃除してたのを横目に、私は最後の小屋掃除。
タンクの水も凍って出ませんし、さすがに水拭きはできませんでしたが、掃き掃除だけで(;^ω^)

掃除が終われば、あとは自由時間なので、靴を履き替えて何年ぶりかにギルダ原まで遊びに行きました。
初めて来た時以来です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
それからは、門内より向こうに行かなくなりましたので、ほんとに久々(;^ω^)
45_201901240018297fb.jpg

46_20190124001831a47.jpg

47_201901240018329bb.jpg

ジジイは厳冬期にここを歩いてるのですが、こんなもんじゃないんでしょうね。
49_20190124004405fcb.jpg

エビの尻尾も氷になってました。
48_20190124004403311.jpg

ジジイが来た時期には、エビの尻尾も5mとか6mとかに巨大化してたとか。
ラッセルも、胸ラッセルって言ってたっけな・・・
そんなん見た事もする事もない訳で、これから先も見る事もする事もありません((´∀`))ケラケラ
この尻尾は40㎝くらいブッ(´→з←):;*.:;
50_2019012400440695e.jpg

↑を撮ってるオイラ。
50-1.jpg
放っておくと、どんどん先へ行ってしまうジジイ。
このまま北股まで行ってしまうんではないかと思って「どこまで行くんだよ!」と阻止する。

朝は寒かったのですが、どんどん気温が上がって来ました。
この時期、こんなにいい天気なのはラッキーでしたね。
51_201901240044095e5.jpg

去年のこの時期も、門内を計画していたのですが悪天候で諦め、梁山泊で宴会に変更しました。
だから去年のリベンジを果たす事が出来て、おまけにこの青空。
この時期の飯豊に一人で出向くのは、やっぱりちょっと不安があって今まで行けなかったのですが、同行してくれたジジイに感謝。
51-1.jpg

門内の神様も、真っ白に白塗り(;^ω^)
屋根の雪が暖かさで落ちちゃったみたい。
52_20190124005010123.jpg

小屋に戻ると、新たなお客さんが居てビックリΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!
短パンにミドルカットの靴で、足元びしょ濡れでいらっしゃいました(;´Д`)
この方もやはり、こんなに雪があると思わなかった、装備が不十分でしたと。
この日は、4月の残雪期ぐらいの気温まで上がり、帰る頃には雪も腐れまくってたので、その点では救われたと思いますが、天気が悪かったり気温の低い日だったら、もうアウトですよ。
山の状況に対して装備が不十分だと判断した時点で、下山を選択するのもありなんじゃないでしょうか?
何とも言えない気分になりました。

私たちも十分遊んだので、下山の準備をして、9:30、下山開始。
ばいばい門内、また来年ヾ(*'-'*)マタネー♪
53_2019012400501245e.jpg

ジジイには、私のLINEのプロフ画面用に、私のかっこいい写真を撮れ!と指令を下していました。
で、今使ってるのがこれです(´∀`*)ウフフ
53-1_201901240050134a8.jpg
近くで見ると白のふあふあ帽子でかわいいのに、引きで見ると包帯グルグル巻きに見えちゃう白い帽子・・・
無念_(:3」∠)_

先の小屋に居たお客さんも、丸森から下山するそうで、写真を撮ってる時に追い越されて行きました。
昨日のトレースもあるし、雪もグサグサだし、特に心配もなさそうです。
そしてスタートしてすぐの胎内山付近にて、既に暑さでグダグダになり、冬帽子から夏帽子に切り替える( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
54_2019012400501592e.jpg

地神に登ってる途中で振り返る。
門内が遠くなり、地紙手前を歩く人影。
今日、ほんとの最終便の管理人さんが入る予定なので、その方かな?と話しながら進みました。
この日も何人か人が居ましたが、トレースもあるし暖かいし、ほんと地元の4月の山に登ってるみたいで、本来のこの時期の飯豊に登るより、楽だったんじゃないでしょうか。
57_20190124010713f12.jpg

本山は。。。
今日もガス巻いてる(;'∀')アハハ
58_20190124010714e25.jpg

そして頼母木は・・・
雪がないΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
59_20190124010716c1d.jpg
カメラをズームしてみたら、物置から出てくる赤いシャツの人が見えた。
こちらはこちらで、会の方が来てるって話は聞いてたんだけど、下山後に管理棟の鍵を返しに亀山邸を訪れたら、亀山さんや長谷川さんも頼母木に居たとの話で、会えなくて残念だった(´・ω:;.:...

門内に比べると、地神の辺りはほんとに雪が少ない。
60_201901240116242c7.jpg

地紙~地神の、白い山肌が美しい(人´∀`).☆.。.:*・°
61_201901240116265e1.jpg

地神を振り返る。
この景色も、また雪が解けるまでヾ(*'-'*)マタネー♪
62_20190124011627b25.jpg

6月はギャーギャー言いながら、結局笹薮に逃げ込んだ丸森の斜面も、この時期は気持ちよくザクザク歩けるので、あちこち好きな所を遊びながら下りた。
63_2019012401162937c.jpg

63-1_20190124011630987.jpg

下山中、稜線が真っ黒になったかと思えば、急に青空になったりして、いい時に降りて来れたねと話してました。
64_2019012401200267d.jpg

65_20190124012004b3e.jpg

丸森の方が雪がどこまでも着いてたような感じで、途中で飽きてしまいました(;´Д`)
雪が消えて来た頃、ジジイのキノコ講座を受けながら歩いてたのですが、やっぱりキノコは難しいです。
自分で分かるようになったら、楽しいんだけどなぁ。
66_2019012401200563f.jpg

下山後は、毎度の越後屋へ。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
さすがに時期的に暖かいおそばを頼みました。
お願いすれば、天ぷらは別皿に入れてもらえます。
67_20190124012007ed4.jpg
越後屋さんは冬の間でも行けますが、門内はまた雪が解ける頃までお休みです。
また、お花が咲く頃に、遊びに行きたいと思います゚.+:。(*´v`*)゚.+:。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト




【2019/01/24 01:47】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |
世の中3連休、私は2連休。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。

( ̄ω ̄;)

今週末は、珍しくお天気が安定しそうな新潟ですが、オイラは普通に下界の旅に出ます((´∀`*))ヶラヶラ




梶川峰を過ぎ、地紙を目指します。
風も強くて冷たいので、夏帽子→冬帽子に切り替え。
ギルダ原がガスに飲まれてる( ̄ω ̄;)
23_20190107002714f26.jpg

門内小屋も見えたけど、がーすーのど真ん中┌┛┌┛ズコ!
24_2019010700271659e.jpg

ジジイはサクサクと進んで行きます。
いつもクソジジイと言ってますが、やっぱりこんなシーンになると、すごい人なんだなぁ・・・と、ほんのちょびっと思います。
25_20190107002717f60.jpg

が、私と離れすぎると怒鳴られるのが分かってるので、ちゃんと止まって待っててくれます。
ちょっと知能レベルが上がったようです。
26_20190112001844429.jpg

Sさんの足跡の中に、蝶々が居ましたΣ(゚д゚lll)
今夜、死んじゃうかもなぁ。。。って思いながら。
27_20190112001845d47.jpg

夏道が使えないので、途中藪に入ったりしながら進みます。
距離は短かったけど、なかなかの密藪でしたな(;´∀`)
28_201901120018479e4.jpg

グレーのガスに巻かれてた私たちでしたが、ふと地神方面のガスが切れました。
うれしさのあまり悲鳴を上げますブッ(´→з←):;*.:;
「このまま晴れてきそうだね♪」なんて期待大です。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
29_20190112001849766.jpg


が、そうでもなかった┌┛┌┛ズコ!
扇ノ地紙の山頂はスルーで、巻道に入りました。
30_2019011200185092f.jpg

そして本線と合流した時、ジジイが「トレースあるぞ!」と叫びました。
なんと、一名様のトレース|´・д・)σ 発見!。
どうやら丸森から上がってきているようです。
この様子だと、門内に居る事でしょう。
31_20190112002640fd5.jpg

絶望が期待と確信になる瞬間。
もう大丈夫だと思いました。
胎内側のガスが抜けて行きます。
が、Sさんが言っていたように風も強かったです。
ただ、9月の時より全然マシだったので、大丈夫でした。
32_20190112002642ea1.jpg

稜線に入るとテンションの上がる私なので、たまに先頭交代しながら歩きました。
って言っても、すでにトレースあるので全く楽チンです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
34-1.jpg

ガスもあっという間に抜けてしまい、初冬の飯豊の景色を堪能しました。
おまけに彩雲まで出ちゃって(。・w・。) ププッ
35-1_201901120036493f5.jpg

33_2019011200264313b.jpg

34_201901120026459dd.jpg

途中、50㎝以上に育ったエビの尻尾があったので、ボリッともいで記念撮影をしようとしたのに、もう撮り終わったなと思って尻尾を捨てたら、まだ撮ってないというジジイ・・・
35_2019011200364731a.jpg

もう小屋が目の前なので、エビの尻尾とか撮りまくって、全く前に進みませんでした(;´∀`)
撮る事に飽きたら進みましょう。
大好きな門内が、すぐ目の前です(。→ˇ艸←)プククッ☆
36_20190112003652c03.jpg
稜線に上がって、雪の量が微妙だったら怖かったなと思ってました。
小屋まで、結構岩が出てたりするので、雪に隠れて見えない岩に引っかかって転んだら怖いなぁって思ってたのです。
でも、すっかり岩は雪に隠れてたので、一安心(;^ω^)

雪もいい具合に締まってたので、ワカンの必要もありませんでした。
36-1_20190112003652e29.jpg

さて、これだけの雪が着いてる時は、本線を歩くよりテン場から上がった方が楽だとの事で、テン場から小屋に上がります。
37_20190112003653085.jpg

だいぶでかい声でワハハと笑いながら歩きましたが、15:30、やっとこ門内小屋着です。
小屋の中に入ってみると、埼玉からいらしたという男性が一名。
寒いと震えてらっしゃいました。
どうやら、雪がないと思ってこちらに来られたようでした。
本山まで縦走して、ダイグラで下りる予定だったらしいですが、こんなに雪があると思わなかったとの事。
ジジイに「死ぬよ?」って言われてましたが(;^ω^)
先の門内小屋の写真をよく見ると、入口に人間が写ってるんですよね。

雪のない地域に住んでる方は、雪の感覚が雪国人とは少し違うのかな?と思いました。
飯豊は10月に入ったら、もういつ降ってもおかしくないんじゃないかな?と思います。
11月は、白の世界と思ってた方が間違いなさそうです。

あまりに寒そうだったので、ストーブ出してあげてよって言ったのですが、もう全ては物置に仕舞って鍵かけた後だったので、そうもいかず。
毛布好きに使ってくれと言って、とりあえず管理棟へ移動です。
管理棟の出入り口も、すっかり埋もれてました(;´∀`)
38_20190112004502b3c.jpg

知らなかったのですが、この出入り口の反対側に、昔の出入り口ってのがあって、そこは雪が溜まらないので冬はそこから出入りするらしく、無事進入。
私はお客さんが滑って転ぶと悪いので、小屋~トレイ間を除雪。
ジジイは貯水タンクの水を抜くのが仕事の一つだったので、まず大量の雪をどかす作業から(;'∀')
結局、タンクの水は凍ってて抜く事が出来ず、任務完了とはならずでしたグハッ!!( ゚∀゚)・∵.

一応、作業も終わって日が暮れてきました。
長靴のまま山頂へ行って夕暮れの写真でも撮ろうと思いましたが、山頂手前はかなり吹き溜まっていたみたいで、ジジイが無理だと言うので、山頂手前で撮影しました。
39_20190112004504d62.jpg

小さなシッポの残骸(。・w・。) ププッ
40_2019011200450564a.jpg

ケラケラとフリース一枚で遊びまわってた雪国人2名でしたが、お腹も空いたし寒くもなって来たので管理棟に戻りましょう。
お客さんも、暖かくなりましたと、体温を取り戻したようだったので一安心でした。
41_201901120045072b4.jpg

最後に裏山のシルエットを裏側から撮るブッ(´→з←):;*.:;
43_20190112010030885.jpg

この日は何食べたんだっけな。。。
寒いからおでん食べたんだっけな。。。
きっとそうだ((´∀`*))ヶラヶラ

日が暮れたら、風が強くなってきました。
トイレに行くのに外に出ると飛ばされそうです(;'∀')
トイレが一番命がけだった気がします└(:3」┌)┘))ジタバタ
管理棟の出口を出ると、もう雪は氷と化し、胎内側に向かって斜度が付いてるので、このまま滑って落ちたらどうしようかと、結構ビビってました(;´∀`)
ただ、空の星は超キレイだったんだけど、何分も外に出てると自分が凍ってしまいそうだし、そもそも三脚があったとしても、三脚ごとぶっ飛んで行きそうな風だったので、キレイな星空も撮る事が出来ず。

10時になる前に寝ちゃったと思うけど、何時頃だろう・・・
また変な音がして何となく目が覚めます。
イヤダ、またマイマイがいるんじゃないの?これ??

あぎゃあああああああああ!!!!!

また髪の毛に乗っかってるぅぅううううぅぅぅ!!!!!!

ジジイ、何かいたぁあああああああああ!!!!!



「あ、気づいちゃったねw」


と、微妙に笑ってます、このオッサン。
どうやらジジイもカサカサ音で目が覚めたらしく( ̄ω ̄;)

ビビり倒してる私は、今回も目を開ける事が出来ず、アーとかウーとか唸っていると、謎の生物が走り回っている場所をジジイが毛布で塞ぎました。

「ネズミだねぇ」

サクッと起きて遠目でチラ見すると、行動エリアをふさがれて騒ぎまくっているグレーのミッキーが見えました。
あれ、オイラの髪の毛に乗っかったぞ( ̄ω ̄;)

そしたらそのミッキーは、タタタタッと逃亡し、どうやら出口でアタフタしてたらしく「外に出たいみたい」とジジイが願い通りにドアを開けて外に出してあげてました。

何て言うか・・・

ナムー(-人-)


とりあえずこれで、やっと安心して寝る事が出来ました。
前回、マイマイカムリ、今回、ネズミ。
どうなってんだ_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

そんな今回も大騒ぎな、管理棟での夜でした(~ _△_)~ zzzZZZZZZ



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


土曜は山岳会の新年会で、某お山の一角の、野っぱらでノンアル宴会。
ご馳走がご馳走なだけに、ノンアルは悲しかった( ノД`)シクシク…
そして寒かった( ノД`)シクシク…
68_20190106230655e96.jpg

鯛のお頭焼きにお約束のブリ刺し、写ってないけどブリカマもあり。
刺身を切ってる途中で、鴨鍋用のうどんがないと騒ぎになり、うどんだけならまだしも、刺身のワサビもないと更に大騒ぎになり、ボッカ隊の私がコンビニに走る事となった。
69_20190106230657814.jpg
まぁ、下り5分、登り10分位だから、問題なし・・・( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

その流れで、会のお姉さま方に今日は猿毛岳に誘われたので、いそいそと着いて行った。
ほんとは大蔵ぐらい登っておきたかったんだけど、8時頃カーテンを開けて大蔵方面を見ると、青空の向こう側にグレーの雲が見えた。
というか、五泉をぐるっと囲むようにグレーの雲が見えたので、こりゃダメだと素直に猿毛に向かった。
10時前には菅名や白山の山頂はガスに巻かれて消えていたので、読みは正解だったかな。
ただ、運動量が圧倒的に足りない(p´I `;*)ウウウウ

五泉の町は全く雪がないんだけど、猿毛の辺りは除雪の跡もあり、ビックリしましたォオー!!(゚д゚屮)屮
やっと里の雪を踏んだ感じです(;^ω^)
71_20190106230700982.jpg
小屋には登山者さんが入れ替わりで数名と、地元の小屋関係の方々なんかが居て、入れ代わり立ち代わりでしたね。
そこに、薪をいっぱい担いだおばあちゃんが入って来てビックリしたんだけど、猛者姉のNさんが知ってる方らしく、だいぶ大盛り上がりしました。
とにかくすごいおばあちゃんで、御年79歳、まだまだ粟ヶ岳とか登ってるらしいです。
体もどこも痛くないとの事で、老化現象出まくりの私とは全然違いました(;´Д`)
あの元気いっぱいで楽しそうな生き方、見習わないとねってみんなで話しながら下山しました。
特に写真とかも撮ってないので、この2日間は記事にしません。



さて、通常なら、12月とか初雪が降り始めた頃に、地元の山とか初雪を踏みに行くんだけど、今年は雪もないし登りに行く気もないしで。
11月にどっつり雪をこざいたので、もうお腹がいっぱいだったんだと思う。
そんな初雪は、今年最後の門内。
単純に遊びに行くのと、ジジイの年内最後の管理人業務も兼ねての門内行きでした。
珍しく晴れ予報の門内付近でしたが、この時期の飯豊は予報なんて全く信用できないので、天狗平に着くまでとても心配でした。
小国に入り、小玉川を走っていると、真っ白な飯豊の稜線が見えました。
憂鬱です、真っ白すぎます(;´Д`)
ジジイも「まいったなぁ、これは滝見場辺りから雪が出るな・・・」とつぶやきます。
ジジイはラッセルなんて大した事ないけど、私は大した事ありますよ、疲れるもん・・・_ノ乙(、ン、)_

天狗平に着くと、こんなに天気がいい予報なのに、車が3台くらいしか停まっていませんΣ(゚д゚lll)
雪はあれど、物好きが結構入るかと思っていたのですが、ビックリです。
そして停まっている車の中に、何だか見覚えのある車が・・・
ほぼ間違いなく、私のお友達の車だよとジジイに説明して、6:42、天狗平スタート。
寒いはずなのですが、やっぱり激登りの梶川尾根では汗が出てきます(;^ω^)
2週間ほど前に飯豊を登っていたお友達に、紅葉は下の方でも終わりそうとの情報をもらったのですが、なんとか残っていてくれました。
が、ワタクシ最近は、湯沢峰まで一眼は仕舞ってるので、スマホで撮影です(;^ω^)
でも楽しくないので、結局1枚しか撮ってなかったようです。
1_201901062328144a1.jpg

葉が落ちると、視界が利くねぇなんて言いながら歩いて行きました。
夏場は見えない景色が、葉の落ちた秋は見えるんだなぁって発見もあり。
そして、紅葉が残り少なかったけど、結構きれいだったので我慢できずに一眼を取り出しました。
2_20190106232816685.jpg

後ろを振り返ると、雲海越しにアゥエイの朝日連峰。
2018年こそは行くぞと誓ったものの、やっぱり行かなかったブッ(´→з←):;*.:;
もうこのまま行かない事にしてしまおうか?とも思うけど、どうしても行っておきたい一座があるので、そこだけ行って卒業しようと思う(はやっww)
4_2019010623281887f.jpg

途中、9月にナメコを見つけた倒木に気づき、近づいてみたら、やっぱりまた生えていた。
かわいい(。→ˇ艸←)プククッ☆
3_201901062351035d9.jpg

今日は青空だから、赤がキレイ*✲゚*( *´﹀` )*✲゚*
5_20190106235105026.jpg

8:55、湯沢峰着。
ここではどうしてもおにぎりタイムをするんだ!と叫び、休憩モードに入る。
6_201901062340097e4.jpg
おいなりさんをがっつり食う( ゚Д゚)ウマー
梅花皮方面を狙っているカメラマンさんが居た。
多分、この先は行かないんだろうなと思いながら、バクバク食う。
そしてマネして撮る。
7_20190106234011d54.jpg

ビックリするぐらい休んでから、またボチボチ歩き出す。
キノコもないし、なんだか寂しい季節になりました。
滝見場手前辺りから、雪の残骸がちょっとずつ出てくる。

10:05、滝見場。
すごい、稜線が見えるよ!と大騒ぎしてみる。
夏はグリーンで覆われて、滝見場の奥のほうまで行かないと稜線はよく見えなかったと思う。
8_2019010623401265c.jpg

そして三本カンバ方面を見て、雪どっさりあるんだろうな。。。と憂鬱になる。
梶川峰から雪歩きだと楽なんだけどなぁと、ジジイもボヤく。
9_20190106234013cc8.jpg

珍しくジジイも一眼を出して歩いてたので、写真を撮りながらのんびり歩きました。
今日は前回と違って、小屋の仕事はあるけれど、お客さんが待ってるとかそういうのはないので、急いで上がる必要もありません。
というか、急げない人なので(;´∀`)
10_20190106235106035.jpg

滝見場からは雪の量がどんどん増えて行き、来るべき時と場所が着々と近づいてくる感がありました。
それでも、青空だったので、それだけが救い。
11_20190107000419cf0.jpg

滝見場と五郎清水の中間辺りからは、完全に雪です。
そして、先行者さんの足跡が一名分ありました。
早い時間に歩き出したのか、踏み抜いてる様子もなく、足跡も小さかったので「まさか女子?」なんていう話をしながら、五郎清水に着いたのは何時だったかな?
とてもじゃないけど、水場へは下りれませんでした。
これだと門内清水も絶望的です(;´Д`)
いざとなったら雪を溶かして飲料水にしようと思いました。
休憩していると、熊鈴の音がして、先行者さんが降りて来たようです。
「あ!居た!」と先行者さんが叫んだので「お~い、Sさ~んフリフリ ヾ(・д・。)」と手を振ると、かなりビックリしていたようです((´∀`*))ヶラヶラ
Sさん的には、こんなにいい天気なのに、誰も登山者が居ないという事に驚きながら歩いてたので、やっと登山者が居た!って意味で叫んでみたら、友達だったというブッ(´→з←):;*.:;
しかも昔、御西でジジイに水場を教えたもらった事があるとの事で、ジジイとも久々の再会だったようです。
Sさんは地紙まで行ったけど、稜線はすごい風で、門内まで行こうと思ったけどそのまま戻って来たとの事。
途中、踏み抜き始めるから気をつけてと、長靴で颯爽と下りて行きました。
雪の飯豊なのに、長靴に金剛杖とか、もはや私のお友達は。。。(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
長靴だったので、足跡が小さく見えたようです。
12_20190107000420657.jpg

Sさんも下りて行ってしまったので、私たちは上に行かなくてはイケマセン。
とりあえず三本カンバを目指します。。。
いつもは三本カンバの手前のロープ場、何度行ってもどこに足をかけるんだーと悩むのですが、雪がどっさりついていたので、逆に楽に上がれました。
足を上げるのが厳しいとこが何ヶ所かあるんだけど、雪のおかげで楽だったところも沢山です。
三本カンバを過ぎ、本山が見えた。
ちょっとガスが襲って来てるっぽい。
13_20190107000422fa3.jpg

梅花皮小屋方面。
14_20190107000423626.jpg

この天気だったので、樽口峠もカメラマンさんでいっぱいみたい。
15_2019010700042496c.jpg

なぜか雪があるのに、毛虫がうじゃうじゃ湧いていた。。。
あななたち、避難し忘れたのですか(;´Д`)
16_201901070019026b1.jpg

梶川峰が近づくと、少しづつ風が出始めた。
それでも、晴れてるだけでありがたかった。
これでグレーだったら、この時期の飯豊は恐怖でしかない。
17_20190107001904e03.jpg

Sさんのズボッた跡を見ながら笑ったりしてると、また自分もズボるヽ(・、 .)ノズルッ!!
そして途中から地味なラッセルも疲れて来たので、ジジイが先頭を歩いてくれた。
気温も下がって来たので、雪面も固くなって来た。
18_201901070019064c9.jpg

ここは何となく怖かった斜面。
しっかりキックしながら進んだ。
そしてスぼる_(:3」∠)_
19_20190107001907074.jpg

笹原エリアに入ると、まさかのダニー!
まだ活動中でした∑(´Д`*)ノノ!!
20_201901070019090fe.jpg

13:20、やっとこ梶川峰。
風も強くなり、さすがの私もヤバいと思って、手袋と言う名の軍手と、ウィンドウシェルを着ました。
ジジイに「3時までに小屋に着けばいいよ」と言われていたのですが、なんだか怪しげです(;´Д`)
もうこの辺に来ると、夏道なんて歩いてたらズボるだけなので、大丈夫そうな場所を選びながら歩きました。
2番手の罠がここでも発動するので、ジジイのトレースもあまり使えず。
それでも疲れた時は、ズボるの覚悟でトレース泥棒をする(*`艸´)ウシシシ
そして、まんまとズボって叫ぶ( ̄ω ̄;)
21_20190107002711c53.jpg

さて、あれだけ青空だったはずの稜線が、おかしげな色に変わって来ました。
地紙をズームしてみたら、なんとも怖い空の色。
22_201901070027136aa.jpg
ワタクシ雪野、この辺から妙な焦りと緊張感が湧きまくりますが、歩くスピードは上がらず。
無事、小屋に辿り着けるのでしょうか;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


食っちゃ寝~、食っちゃ寝~・・・それでも眠いZzz....(_ _*)・.。*
それでも出かけた昨日は、石井のガラポンで50%off出す気満々(`・ω・´)シャキーン
で、勇んで行ったら、顔見知りの店員さんに「もう50%出たんですよ( *´ノェ`)コチョーリ」

( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお

結果、5%off当たった( ̄ω ̄;)

なぜだ?0が一個足りなくねーか??と反省を含めつつ、今年初の張園でご飯も食べたし、めでたしめでたし・・・
じゃねぇよ、50%off券くれよ!!!!!!
今年もそんな幕開けか_ノ乙(、ン、)_
22_2019010500092111d.jpg
山に行かなければブログのネタも増えないので、いい感じであります(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
というか、次のネタからは、まだ写真の現像もしてないので、もう書けませんブッ(´→з←):;*.:;
行ってすぐネットに記事上げられる人って、どうやって時間作ってんだろうなΣ(・ω・ノ)ノ!
オイラは時間が作れない(´ε`;)ウーン…



10月の会山行は私の担当で、リクエストの多かった下田白根山再び。
去年、女子だけ4名で行ったのですが、皆さん大感動の景色での再訪。
私も同じ山の方が案内するのに楽ですし、ラッキーでした(。・w・。) ププッ
今回は11名の方が参加してくれました。
御新規様が3名加わりまして、久々の会山行もにぎやかで良し。
8:03、駐車場スタート。
1_20190105000915188.jpg

しばらくは急登の続く山ですが、みんなでワーワー言いながら進むので、楽しかったです。
しかもこの山、いい山なのにマイナーなので、今回は貸し切りです(;´∀`)
大人数だったので、貸し切りはラッキーです。
2_20190105000917686.jpg

8:47、山の神。
のんびりゆっくり、休憩も多めに進むので、私的には快適です(´∀`*)ウフフ
ガツガツ歩くのキライだから(;´Д`)
3_20190105000918024.jpg

さて、去年は晩秋って感じだったので、ちょっと時期を早めてみたのですが・・・
早すぎました┌┛┌┛ズコ!
全く持ってフカミドリ( ̄ω ̄;)
裏粟だって、去年はキレイな紅葉が見れたというのに(;'∀')
自然相手の遊びは、なにかにつけて思うように行きませんな。
4_201901050009197d1.jpg

標高の高い粟ヶ岳ですら山頂が緑に見えるんだから、肝心の白根山はどうしたってフカミドリです(;'∀')アハハ
ちょっとだけ色づいてる様子も見れたので、期待はして行こう。
初参加の奥様方3名様は、ガッツリ歩くのは久しぶりだとの事で、熊狩りの眺め場から山頂を見て「エーッ」って叫んでおりました(;^ω^)
アップダウンが続くので。
5_2019010500540879d.jpg

前白根へと向かうと、何となく葉が黄色くなったりオレンジになったりで、少し秋を感じれました。
キノコはイマイチで残念(;´∀`)
6_20190105005410703.jpg

さて、前白根への急登を登ります。
早く次の足を出さないと、滑り落ちそうになります(;^ω^)
帰りヤバーイ!と言いながら急いで進みます。
7_201901050054115fe.jpg

秋見っけ。
9_20190105005414a6a.jpg

ほんのちょっとでも、みんなで見れて良かったな。
8_20190105005412b10.jpg

秋手前のブナ林。
やっぱりこの山は、11月の第一週が良さそうだな。
10_2019010501050944e.jpg

山頂までもうちょっと。
皆さんのおかげで、今回も楽しく歩けました(。→ˇ艸←)プククッ☆
11_2019010501051123d.jpg

11:22、白根山山頂着。
私意外と会山行のコースタイム予測が上手で、計画通りの時間に到着するのでみんな驚きと笑いとって感じです(;´∀`)
風もなく穏やかで温かい秋晴れの日。
前回一緒だった皆さん以外は初めて訪れる方ばかりだったので、やはり皆さん、こんな静かでいい山があるんだと驚かれていました。
いつからか、会の中で、私はマイナーで変わった山担当って事になってます(;´∀`)
12_20190105010512264.jpg

会山行となると、あっちこっちから御馳走が回って来て、それだけでお腹がいっぱいになります(;'∀')
そういう私も、今回はダイエットスイーツという事で、おからパウンドケーキを焼いて行ったのですが、どうも回ってくるご馳走対応で自分の写真を撮ってないようです。
撮ってあったものと言えば、食い散らかした後のね。。。
13_20190105010514e14.jpg

やっと落ち着いて食べれたのは、ケーキを作るのに必死で、山飯は手を抜いた結果という、マル塩の鶏ハム乗せ。
鶏ハムはちゃんと作って、体作りの為にこの頃は食べてましたね。
ただ、見た目が悪い。
全くインスタ映えしない。
インスタなんてやってないけど( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
14_20190105010515fd8.jpg

この日は川内もよく見えて、気分のいい日でした。
中央奥は灰ヶ岳。
半年前の、楽しい藪遊びの旅でした。
15_201901050113565a1.jpg

青里~矢筈。
メジャーになり過ぎたマイナー名山なので、もう行こうと思う事はないでしょうね。
やたら人が目指す所は、楽しくないですもの。
16_201901050113583e5.jpg

のんびり景色を眺めたり、おしゃべりしたりして、白根山とサヨナラの時間です。
17_201901050114008b9.jpg

12:19、下山開始。
紅葉は、ちょうど山頂が始まったばかりでしたね。
18_20190105011402ce7.jpg

下りはかなりの急斜面を下りる事になるので、とにかく慎重にゆっくりと。
ゆっくりできない程の急斜面なのですが(;^ω^)
御新規様方が相当疲れてるぽかったので、転げないようにゆっくりと。
19_2019010501140314b.jpg

御新規様の一名様が、熊狩りの眺め場手前で腿が攣り始めました。
初参加って事で申し訳ないって気持ちも出ちゃうのか、休憩しなくていいというのですが、足がつった時は一度ゆっくり休まないと、またすぐに足が攣るので何としても休憩してもらおうと思い、熊狩りの眺め場で大休止です。
体調が悪くなったら、無理しなくて大丈夫です。
その為のパーティーなのですから゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
多分、疲れていたせいだと思うけど、予想以上に水を飲んでなくなってしまったとの事で、水も分けました。
数回ほど、うちの山岳会が市民登山をやってた事に、一緒に歩いた事があった方たちだったので、大丈夫かな?って思ってたのですが、久々の山だったと言ってらっしゃったので、白根山はきつかったでしょうね(;^ω^)
でも何とか、皆さん怪我する事もなく、14:53、無事下山出来たので良かったです。
あ、元会長がすっ転んで腕をすりむいてました∑(´Д`*)ノノ!!
「舐めとけば治る!」って言い放ちました、スイマセン(;´∀`)

今回は大勢の方が参加したので、白根山は来年はないと思うのですが、それぞれに皆さんの記憶に残った山行だったんじゃないかな?って思います。
個人的にも、また来たい山ですね(。・w・。) ププッ
名残のツルリンドウを見れた、秋始めの白根山でした。
20_20190105011908de7.jpg


21_20190105011911953.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


【2019/01/05 01:51】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
あけおめーっと_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ

ハイ、今年も遠征断念です┌┛┌┛ズコ!
西の予定をしておりましたが、寒波の影響もありまして、道中の北陸で足止め食らうと地元に戻れませんので(;´Д`)
なんだかチェーン規制なんていう、新しい制度も出来ましたようで。
チェーン持ってねぇし。
という心配があったので、家でゴロチャラしております。
お陰様で年が変わる前にゆっくり美容院なんて行けたので良かったです。
髪の毛ピッカピカです(*´ω`*)

そして、これも正月中に、まず行けて良かった。
31_201901012018555a8.jpg

元旦に行けないと、5日までビュー福島潟はお休みなので、週末辺り行けないかもしれなかったから、ほんと良かった。
新年迎えてすぐに、米先生の写真を見れて良かったです。
会場入ってすぐに目に飛び込んできた「瀬音彩々」という作品に、超ひとめぼれです*✲゚*( *´﹀` )*✲゚*
期間中、あと2回は行きたいな・・・

新潟はお天気良くないですね。
寒いんでヒッキーです((´∀`*))ヶラヶラ
瞬間的に見える青空が、うれしい季節になりました(;´∀`)
32_20190101201856c49.jpg



10月第2週、特に連休でもなく、天気も悪い予報だったのですが、一旦早起きしてみたら天気は微妙で、二度寝の寝坊コースで余裕ぶっこいて9時頃起きたら、超快晴<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>
あーでもないこーでもないとアタフタしてましたが、このままではお昼ちょっと前のスタートになりそうです(;´∀`)
近所の裏山と思いましたが、地味に暖かかったので、まだヒルが出るかと思って、行った事のなかった高坪山に行ってみる事にしました。
あそこなら、時間がなくてもサクッと上がってサクッと下りれると思って。

スポーツ公園だったかをナビさんに登録し、行けるとこまで進んでみる。
不安になるくらい奥まで進んだ所で、登山者用駐車場を発見。
めんどくさいのでエチゴブーツを装着し、12時ジャスト、駐車場スタートo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
遅すぎる・・・(;´Д`)

そこからまたしばらく車道を歩きますが、なんにせよ素敵な時期で、道路脇にムカゴがぶら下がっています。。。
採取に夢中になりますがな(;´∀`)
昼過ぎてるんだから、はよ行けって話なんですが、ムカゴがブッ(´→з←):;*.:;

12:11、登山口着。
ここからも地味にムカゴが私の行く手を阻む( ̄ω ̄;)
1_201901012018514da.jpg

登山口からすぐに、虚空蔵山荘を(`・д『☆』 発見!!
想像以上にリゾート感満載の山荘だったォオー!!(゚д゚屮)屮
テラスもあるし、ここで酒飲んで泊まりたいですな。。。
2_20190101201852896.jpg

しばらく杉並木を歩きます。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
3_20190101201854594.jpg

登山口から10分位で分岐。
本日は半時計回りで進みます。
まずは橋を渡るのですが、ミズチェック| 冫、)ジー
まだミズの実は出来ていなかった。
4_2019010120453329c.jpg

橋を渡ると、すぐに急な階段が出現する、階段苦手(;´Д`)
5_2019010120453510f.jpg

素敵に・・・延々と・・・キレイに整備された階段が続きましたハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
相変わらず山の幸を探しながら歩きますが、そもそもキノコはワタクシよく判別できないのでダメだった(;^ω^)
6_20190101204536caf.jpg

12:44、休憩所と書いてあるのだから、思い切り休憩してみた。
時間ねーんだから急げって!って勢い・・・だが、断る!
7_20190101204538292.jpg

なんだかんだ10分くらい休憩してみた((´∀`*))ヶラヶラ
日本海が見えた。
8_20190101204539050.jpg

再スタートし、この山はブナのきれいな山だとの事で、ほんのちょっぴり期待はして行ったんだけど、やっぱ標高的に紅葉はまだ早かったようです(;^ω^)
9_2019010120521765a.jpg

途中、これは50%の確信でシロキクラゲだとは思ったんだけど、50%が邪魔をして眺めるだけとなった。
10_2019010120521891b.jpg

こういう平坦な道がずっと続けばいいのに。
11_20190101205220aaa.jpg

13:06、分岐とぶつかる。
この山はあちこちからルートがあるみたいなので、ここもグルグル歩くと楽しいかもしれない(。・w・。) ププッ
12_201901012052226d6.jpg

分岐から先は、気持ち良かったですね.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
13_20190101205223b55.jpg

山頂手前に入ると、ちょっと細めではあるけれど、ブナだらけになりましたォオー!!(゚д゚屮)屮
これは確かに美しい。
なんて中途半端な時期に来てしまったんだ(;´Д`)
新緑の時期に来たいなと思いました。
14_20190101205936e53.jpg

13:26、山頂着。
15_20190101205938bd0.jpg

16_20190101205939760.jpg

山頂はかなり広いしベンチもあるので、のんびりご飯とか食べれたら気分いいんだろうなって思いました。
17_201901012059414af.jpg

だがしかし、オイラにはゆっくりしている時間はなかったという事に気が付く。
こんな時間なので、他の登山者さんは誰も居ない。。。
時間が時間なのでピストンにしようかと思ったんだけど、さすがにつまらな過ぎます。
縦走しましょう∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
虚空蔵ルートへ。
18_20190101205942776.jpg

やーばい、キレイすぎて楽しい(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
19_20190101210351a5b.jpg

山頂からいくらも行かないうちに、反射板があった。
20_2019010121035325d.jpg

そこは飯豊の展望台らしいが・・・
21_20190101210354e4c.jpg

飯豊は雲に巻かれて、なんも見えね┌┛┌┛ズコ!

この縦走路、楽しかったですね(。→ˇ艸←)プククッ☆
縦走した事で、なおさらまた来たいって思いました。
22_201901012103569c5.jpg

14:01、虚空蔵峰着。
23_20190101210358124.jpg

ここからは、ただただ下るのみですが、途中、奥ノ院とやらがあったので寄ってみる。
24_20190101210831dd8.jpg

想像以上に下るんだが、大丈夫か!とか思いながら下りました。
実際はたいして下ってないヽ(・、 .)ノズルッ!!
26_20190101210835a6c.jpg

神様に、事故怪我なく山を歩けますようにとお願いして、また戻ります。
25_20190101210833b83.jpg

縦走路からは高坪山が見えました。
サクッと歩ける割には、いい山でした。
27_2019010121083759d.jpg

またもや素敵階段を激下りして行きますウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
28_20190101210838e44.jpg

滑り落ちて杉林を抜けると、14:32、分岐にぶつかりました。
ここからまた、杉並木を歩いて駐車場へ。
行きと同じく、ムカゴの足止めを食らいます・・・
ムカゴの罠にはまり過ぎ、駐車場に着いたのは14:54。

帰路、運転しながら思いました。
この山に来るまで、地元から車で1時間半弱。
遅い時間に歩き出すには、遠すぎでした( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
でも、いい場所めっけって感じだったので(。・w・。) ププッ
ただまぁ、早起きしましょうね。。。


30_201901012111213e8.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2019/01/01 21:26】 | 新潟の山
トラックバック(0) |

目目連さん♪
雪野
新年のあいさつ、先を越されたー;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)

明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします.゚+.(´∀`*).+゚.

私は近場どころか、山は横目で下界ちょっぴり、ほぼ引きこもりですブッ(´→з←):;*.:;
それはそれで、事故に遭う確率が下がるのでいいかなと(言い訳
週末辺り時間が出来そう&天気も落ち着きそうなので、どこか行って来ようかなと思ってます。

丸さがヒートアップして困っている所です。。。

No title
目目連
雪野さん・・・

明けましておめでとうございます。
今年もどーぞよろしくお願いします。

今回の年末年始は寒波のせいで、近場の無雪登山で終わってしまいました。
ま、仕方ないですね。お互い。

今年もたくさん『美写真』楽しみにしてます。
それともっと『美Body(注1)』もリクエストしますね。

注1) 私にとっての美しい人とは・・・白くて、スベスベで、丸い人です。

コメントを閉じる▲