FC2ブログ

2018年10月8日 山形神室~仙台神室Part2 

2018, 12. 27 (Thu) 01:46

土曜は会社の先輩&後輩ごちゃまぜ10人で、たつみ食堂へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
忘年会の時に唐揚げの話で盛り上がって、行ってみたいと若い子たちが盛り上がってたので、保護者として同行( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
若い子たちは市外から来てる子が多いので、たつみ食堂は初めての子ばかりで。
テーブルに10食分の唐揚げ定食が並ぶという(;´∀`)
45_20181227003903469.jpg
みんな喜んでくれたので良かったです(。・w・。) ププッ
その後、アラモードキムラに行ってアイスまで食べてしまったのは、小声で覚書・・・

23日はクリパ。
毎年我が家はローストビーフなのですが、ちょっと前に祝い事でローストビーフを焼いたので、今回は王道のローストチキンにしてみました。
煮込みはたまに作るけど、ローストしたのは初めてかも。
好評で良かったです゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
49_20181227003901e27.jpg

24日は天気も微妙だし眠いし動きたくないしで、通勤用手袋を買いにモンベルに。
結局、欲しいのなかったんだけど┌┛┌┛ズコ!
はしごでICIにも行ったんだけど、いつもの店員さんが居なかったので、そのまま帰宅。
ご飯食べて単なるドライブになってしまった( ̄ω ̄;)
やよい軒の生姜焼き定食。
48_201812270039044a5.jpg
やよい軒は何がおいしいって、テーブルに置いてある大根の漬物ねブッ(´→з←):;*.:;
あれ、どうにか作れないもんかって調べたら、そう思ってる人が結構多くて、これが一番近いらしい→これ
ちなみにやよい軒のは枝豆は入ってないので、私も入れないで作る。




神室岳のつづき


エサも食べて、グダグダボヤキも終わったので、最後の急登を登り始めます。
急登というか、なんとなく垂直に上がって行く感じなのが仙台神室のおもしろいとこ。
あ゛ーとかう゛ーとか吠えながら上がって行きます( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
振り返ると、歩いて来た方向はオレンジ一色(人´∀`).☆.。.:*・°
中央奥に山形神室が見えていた。
23_20181227005256ecb.jpg

取り付きから15分~20分くらいで山頂に着いたかと思われる。
24_20181227005258cce.jpg

前回は全てがグレーの世界だったので、こんだけ景色が見れたんだから大満足である。
標識の裏の方にもまだ道が続いてるようだったので進んでみたら、仙台の街が見えた。
ビルがいっぱいで怖い(;´Д`)
あそこは道路が6車線ある(((((((;´д`)))))))
25_20181227005259db0.jpg

太白山も見えた(`L_` )ククク
何度見ても面白い形。
26_20181227005301d6d.jpg

結局、展望台があっただけで、その先は道がなかった。
山頂に戻ってランチです。
今回は豪勢で、ジジイが真空パックになってるビーフシチューを、お肉屋さんから買って来てくれました。
ジジイはたまにいい仕事する。
27_20181227005302fc9.jpg
褒めた先から「パン焼き過ぎだよ、バカ!!」と怒られて気の毒な人である。
ビーフシチューだからフランスパンをオリーブオイルで焼いてオサレランチにしようと思ってたのに「卵焼き食べる?」と卵焼きが出て来た・・・
台無しだったZzz....(_ _*)・.。*

ちらほらと縦走者さん達が到着し、地元の方とおしゃべりなんかして。
あまり仙台神室まで縦走して来る方が居ないようで、この時は私たち含め5~6人位でした。
大東岳もそのうち行ってみたいと思いつつ、もう5年くらい経った(;´∀`)
東北の山は、やっぱりいいな*✲゚*( *´﹀` )*✲゚*
28_2018122701003716d.jpg

食うだけ食ったので、12:15下山開始です。
のんびりしてたいけど、なんせ地元じゃないもんで、のんびりもしてられません( ノД`)シクシク…
ばいばい仙台神室、また赤い時期に来たいなヾ(*'-'*)マタネー♪
29_201812270100388aa.jpg

ほんと珍しく写真いっぱい撮ってましたね、このオッサン。
いつもカメラ仕舞ったままで、出さない事も多いのに(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
何の為に持って来てるのか謎の事が多い・・・
30_20181227010040383.jpg

前回が前回だったので、今回はうれしかったな(。→ˇ艸←)プククッ☆
31_201812270100412e0.jpg

いい時期に来れた。
32_20181227010043439.jpg

登り返しの急登を、何分で登れるのか?なんて予想してて、20分だなって事で珍しく一生懸命歩いた。
ほんとに20分だった((´∀`*))ヶラヶラ
登りが辛すぎたので、神室棒ゲット。
というか、葉っぱ付きだったので添乗員さん風に手に持って歩いてみた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
枯葉のシャラシャラ音が風情があって良かったぞ・・・
33_20181227010732c55.jpg

山形神室を通過し、この辺でピストンされてた方も沢山いたようで、それなりに人が歩いていた。
次来る時は、このちょっとだけ標高が下がったとこがMAXの色の時に来たいなぁ。
私がどなたかのブログで初めて見た神室岳の景色が、紅葉のこの景色だったんです。
だから、それが見たい。
34_20181227010734bcb.jpg

ばいばい山形神室ヾ(*'-'*)マタネー♪
でもやっぱ、仙台神室までの景色を見ないと、もったいないと思う、この山は。
35_20181227010735d65.jpg

とんがってるからトンガリ山(。・w・。) ププッ
36_20181227010737512.jpg

念願の一つ、変な形の仙台神室も見る事が出来た(*`艸´)ウシシシ
37_2018122701073843f.jpg

ハマグリ山までもうちょっと。
38_2018122701142373a.jpg

今日は雲が低くて大きい日だった。
39_20181227011424a25.jpg

14:08、ハマグリ山。
この看板、青空を透かして撮ってみたかった(。→ˇ艸←)プククッ☆
40_20181227011425c29.jpg

貝殻は減ったら誰かが付け足すのだろうか(´ェ`)ン-・・
41_20181227011427da5.jpg

今回もストーカーから逃げるべく、一生懸命歩きまして、14:44、笹谷峠着。
42_20181227011428dc3.jpg

前回不思議だった、宮城の看板と山形の看板の間の謎の空白50mくらいをジジイに見せようと思ったんだけど、山形の看板が消えていた。。。
空白地帯の謎の記事→ここクリック
43_20181227012348a61.jpg
看板を見せる為に駐車場に直行しなかったというのに、無念であった( ̄ω ̄;)
駐車場には車がいっぱいあって、雁戸山に行ってる人も居たんだろうな。
雁戸は行った事がないので、そこもそのうち行ってみたいですね。

アウェイなもんで、あまり温泉がよく分からず、道中にある飯豊町のがまの湯に入って帰宅しました。
前回もそんなで、結局温泉に入らないまま帰宅しました(;´∀`)
来年もまた、東北に遊びに行こうと思います.゚+.(´∀`*).+゚.

年内、更新するかしないか分かりませんが、年末年始、寒波が入って来ます。
山に行かれる方は無理をせず、事故のない楽しい正月山行をヾ(*'-'*)


44_20181227012349658.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 



スポンサーサイト



2018年10月8日 山形神室~仙台神室 

2018, 12. 22 (Sat) 01:01

水曜は・・・
中田で限定のバジルラーメン、んまかった+。:.゚(๑´ڤ`๑).:。+゚
煮干だしだったけど、多分私は鶏だしの方が好きであろう。
3_20181222000348af1.jpg


木曜は・・・
中田で夜限定の、黒味噌ラーメン。
メンマトッピング。
ガツンとしょっぱくてびっくりしたが、あまり味噌ラーメンを食べない私が、おいしいと思った。
どこぞの蔵の10年熟成させた味噌だそうな。
4_201812220003506da.jpg


って、中田2日連チャンかよ!!!



まぁ、ツレがそれぞれ違うからしょうがないべや。

いつぞやは、こんなテロンテロンなケーキももらい。
2_20181222000347975.jpg

太る一方です

明日も外食だ。
やばすぎる( ̄ω ̄;)




10月第一週。
ちょっと早いよな・・・と思いつつ、スケジュール的にこの日しか空いてなかったので、2年前のリベンジで仙台神室へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
登山口までもうすぐという所まで来ても、山の木々は緑色のまま、完全外したという絶望感つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
またリベンジ確定か・・・とブツブツ言いながら、6:59スタート。
準備中にも、次から次へと人がやって来る。

下界はいい天気だったけど、ここは(;´∀`)
1_201812220011396c6.jpg

ハマグリ山へのジグザグを登ってる途中、2年前と同じく一瞬ガスが切れた。
あっちはいい天気だな(;´Д`)
2_20181222001141d73.jpg

「これから晴れるよ!」と、本日もストーカーのジジイが背後に迫って来てます・・・
逃げ切りたいが、登りはてんでダメなので、逃げ切れる訳もなく。
「ぜってー晴れるんだろうな!」と、言い合いしながら進みます。

7:53、ハマグリ山。
ハマグリ山をちょっと過ぎたとこの岩場をギャーギャー言いながらロープを掴んでると「端っこ歩けばいいじゃん」と、岩場スルーで普通に下りてくジジイ一名・・・
岩場の端に、普通に足場が出来てました(´・ω:;.:...
3_20181222001142321.jpg

なんせガスで展望がないもんで、写真も撮ってない様子です。
8:22、いきなりトンガリ山の写真でしたグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
4_20181222001144f7d.jpg

トンガリ山をちょこっと過ぎると、お気に入りの座れる木があるので、そこで少し休憩。
まったく晴れる気配なし。
5_20181222001145b59.jpg

10分ほど休憩をし、先を進む。
谷側に目をやると| 冫、)ジー
6_20181222002237c08.jpg


高速道路ミエタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!
これを境に、どんどんとガスが薄くなっていきます。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
だから言ったじゃんみたいな得意顔のジジイは完全無視し、テンション上げて行きましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
7_20181222002239f03.jpg

ジジイは雁戸山は行った事があるけど、この神室岳は来た事がないとの事で、紅葉を見に行くのに同行して来ました。
ジジイとのユルユル山行も、これが最後だったかな?

トンガリ山と山形神室の間の、ゆるく長い平坦な場所が気持ちよく、そんな話をしているうちに、山形神室のガスが取れて来て、待ちに待った紅葉が見えてきました♪ ٩( ´ω` )و ♪
とてもきれいでした。
8_20181222002240510.jpg

今日はジジイも一眼レフを持って来て、珍しくいっぱい撮っていました。
本人のHPもほぼ更新しないのに、写真の使い道がありません(;'∀')
しかもフルサイズ・・・
9_20181222002242aaf.jpg
そして、本日もだいぶユルい格好です。
Tシャツは100均のTシャツと言っていたような。
しかも小穴だらけ。
バーベキューであちこち焼けたらしい(なぜ?)
田舎の山だと思ってたら、都会でビックリ!(ジジイの山の都会度は、人間の数で決まります)って事で、もっとオシャレして来ればよかったと嘆いていました。
オシャレと言っても、ジャージがナイキに変わるくらいです・・・

粘ってガスが抜けるのを待ってみましたが、完全には抜けませんでした(;´∀`)
10_20181222002243eef.jpg

9:18、山形神室着。
12_2018122200301852f.jpg

11_2018122200301636d.jpg

三角点などの写真を撮っていたら、ジジイが「ほら!」と言うので見てみると、仙台神室側のガスが取れて来て、真っ赤な仙台神室が見えましたΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
山形神室はあまり展望がよくないので、急いで仙台神室へ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
13_20181222003019a65.jpg

青空と紅葉がキレイなので、楽しかった(。・w・。) ププッ
14_20181222003021675.jpg

山形神室を振り返る。
この色を見に来たんだ゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
これでリベンジしなくて済む。。。ブッ(´→з←):;*.:;
15_20181222003022d21.jpg

進行方向に、おかしな形の仙台神室が見えて来た(*・з・)ぷッ
17_20181222003740006.jpg

前回はずっと濃いガスの中だったので、まるで展望はなかったけれど、縦走路の激下りからの激登りがすごすぎるなんて話をしながら、その激下りを下って行きました。
振り返る。
18_201812220037420ac.jpg

下の方はまだ緑だったけど、山頂のこの赤を見れて、今日来てよかった(。→ˇ艸←)プククッ☆
仙台神室は赤でした。
19_20181222003743b5c.jpg

鞍部のブナ林がキレイだったと記憶してたけれど、やっぱりキレイでした。
紅葉度は前回の方が勝ちですけど、十分です。
20_2018122200374543d.jpg

そして、仙台神室への激登りの取り付きに来て、山頂手前で良く発病する、悪い癖が出始めます。
「歩きたくねーなった。腹減った( ̄ω ̄;)」という事で、何とか動かさねばとジジイからエサが配布されます。
ほぼアンコです(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
21_2018122200402578a.jpg

ジジイは割引になったキウイヨーグルトなんて飲んでましたが、微妙だったらしいです。
22_201812220040279ce.jpg

さて、私はまじめに歩き出す事が出来るのでしょうか(ノд`ι)ウーン

つづく



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


2018年9月15日 菩提寺山~高立山 

2018, 12. 17 (Mon) 01:09

昨日は久々に、駅前の日の出食堂へご飯を食べに行きました。
生姜焼き定食、おいしかった゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
小鉢もいっぱい。
また行こう(人´∀`).☆.。.:*・°
11_201812170015234a7.jpg

そして今日は、早起きして山服に着替えて・・・
山服のまま・・・

また寝た( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

晴れてはいるけど青空じゃないし、山の木も白くなってないし、気分が乗らなかったねぇ。
写真が撮れそうもないなら、行ってもしょうがないって事で・・・寝た(;´∀`)アハハ
そんな日は、早いとこ済ませとこうで、年明けに行こうと思ってた免許の更新を終わらせたので、あとは好きなだけ遊び倒せますね(´∀`*)ウフフ



9月15日、うちの会社にしては珍しく、この時期に連休でしたΣ(゚д゚lll)
ちょうど門内の管理人さんが長谷川さんだとの情報を得て、遊びに行きたかったのに天気が悪い予報で。。。
今年はデリンちゃんも見れなかった、長谷川さんにも会えなかった、悪い年で終わってしまいました( ̄ω ̄;)
しょうがないので山は行かないでおこうと思ったのですが、翌週にジジイに同行して門内に行く事になっていたので、やっぱりトレーニングがてらちょっとでも歩いておきたいなぁと。
やっぱ飯豊が相手だと、いろいろ不安になりますよ(;^ω^)
ただ、夕方から来客ありだったので、午前中に掃除やらして、スタートは11時半。
遅くても2時には家に戻りたいと思い、軽めではあるけれど、困った時の菩提寺山って事で周回に出かけました。

菩提寺山にはキノコがどっさり生えていましたが、なんだか怪しげなキノコばかりです(;´∀`)
巨大きのこその1
1_20181217001517232.jpg

その2
2_20181217001519708.jpg

卵の殻に包まったままのタマゴダケ、初めて見ましたォオー!!(゚д゚屮)屮
これなら虫がつく前だよなぁって思ったのですが、ものすごく小さいし、1個だけ取ってもねって事でスルー。
3_20181217001520194.jpg
登山道沿いに赤いキノコがいっぱい生えてたけど、卵の殻が見えないと怖くて取れません(;'∀')

ゴルフボールキノコ
4_20181217001522700.jpg

切り株キノコ
5_2018121700324442b.jpg

キノコ探索をしながら、1時間で菩提寺山着。
菅名山塊も五頭連峰も、頭は雲の中。
飯豊はどんなかなぁ?
私の中では、長谷川さんは嵐を呼ぶ男なので、きっと天気悪い(;´∀`)
6_20181217003246bd0.jpg

軽くおにぎりを食べ、菩提寺山だけで帰ろうかなとも思ったのですが、あまりに距離が短すぎるので、やっぱり高立まで。
45分くらいで高立山着。
珍しくこの日は、あまり登山客の居ない菩提寺山だったのですが、高立山に来たら小屋に常連さんらしき楽しそうな声が聞こえました。
川内方面は雲がかかっていなかった。
7_20181217003247a1f.jpg

で、スマホで小汚い写真なんて撮ってたら、小屋の外に出て来て遠くから私をガン見しているオジサマ一人。
何で見てるの、コワイワー(((((((;´д`)))))))
って思いながらベンチに座って休憩していたら、後ろからふと「あんたもしかして」と声をかけられ、ふとオジサマの顔を見たら

Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

ちょうど一年前、門内に遊びに行った時、梶川を追い越し追い越されしながら一緒に上がって来た、越後パーティーのリーダーのオジサマでした<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>→そん時の記事クリック
そして小屋の中にいるお友達を「ちょっと来てみれ!」って呼びよせると、五郎清水で私に梨をくれたオバサマが。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
悲鳴を上げて握手です(。・w・。) ププッ
去年はいなかったけど、リーダーTさんの奥さまも一緒で、思わぬ再会についつい山頂で長話。
Tさんはうちの山岳会の亡くなった長老やら、猛者2名とも知り合いで、妙に身近な人だと発覚∑(´Д`*)ノノ!!
来週また門内に上がるから、みんなで遊びに来てよって言ったんだけど、皆さんすでに個々の予定ありでダメでした( ノД`)シクシク…
そして、このまま菩提寺経由で帰ると言うと、ツララコースにジャコウソウの花が咲いてるって話だから、一緒にこっちに来いと連行され、初めて定番ルートじゃないコースを歩きました。
小須戸側のルートは、2年生の時にブドウ園のコースを一度歩いたきりで、それ以外は歩いた事がなく。
歩いてみたら結構山感満載で、楽しいルートでした。

途中にあるP278にあった三角点。
大平山だったかな?
ここが分岐になっていて、右へ。
8_20181217003249926.jpg

冬に条件が揃うと、崖にツララが出来る事からツララコースとの名前がついたらしく、その崖下にジャコウソウが咲いてるとの事で探します。
高山植物のジャコウソウとは全く違って、それなりの背がある花でしたォオー!!(゚д゚屮)屮
9_20181217003250bfa.jpg

それよりなにより、花の向こう側に見えるミズの実が気になって仕方ない(;'∀')
10_20181217005303b6b.jpg
この日はササッと歩いて下山する予定&時期的に撮る物がないと思って、デジイチは持って来なかったんです。
だからスマホの小汚い画像・・・
それでも、初めてのお花に興奮した日でした。

3:19、大沢公園着。
T夫妻に石油の里まで送ってもらい、そこでまたT夫妻の山友さん達が居たのでちょっとお話をし、Tさんからはお土産に、自分で作ったという西山三山の地図をもらいました。
2万5千に赤線引っ張って、コースの名前も全部入っていました。
知らないコースがいっぱいで、これは遊べそう( ̄ー ̄)ニヤリって思いました。
低山でも、グルグルすると面白かったりしますからね(`L_` )ククク

なんだかんだ解散は4時近くだったので、急いで家に戻りました。
家でゴロゴロしてなくて良かったな、なんて思いましたが、1年ぶりの再会がうれしかった地元の山でした。


12_20181217010848326.jpg




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2018年9月2日 番屋山 

2018, 12. 12 (Wed) 01:40

やっと里にも雪が下りました
でも全然大した事なく、屋根にパラッと雪が乗っかってただけ程度の・・・
24_20181212002647f40.jpg
昔なら初雪踏みに裏山行ってたかと思いますが、忘年会続きでとにかく寝たい(;´∀`)
先週は平日と週末と2回忘年会があったので、連休は忘年会で出た以外は、ちょこっと買い物だけして、あとは完全なるヒッキー(お得意)
大掃除でも頑張ればいいのに、結局普通の掃除をして、あとはダラダラ・・・
ジジイから借りっぱなしでなかなか読む時間がない本を、ちょっと読んだりして過ごしてました。
25_201812120026480a0.jpg
現在、入手不可能な亀山さんの本です。
持ってると言うので「貸せよ」と威張り散らして貸してもらい、正座する勢いで読んでます。
んと、心の中で正座して、実際はながまって読んでるので、必然的に寝落ちの流れです・・・(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
水系の向こう側にある藪山に入るのに、ボートで向こう岸に渡るとか、私の頭の中の選択肢にはなかった事が書かれてるので、新たなる選択肢が。。。やらねって( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
私にはとてもマネできないですね(;^ω^)
読んで楽しむだけにします(。・w・。) ププッ


さて、今年の夏は、なんだかお天気が悪かったり気分が乗らなかったりで、すっかり花の時期を逃してしまい。
Sさんじゃないけど、7月の立山が最強すぎて、出かける気もなかなか起きなかったってものあるかも。
それでも、月末に門内に上がらなくちゃいけないのは決まってたので、そろそろトレーニングしておかなくちゃって焦る気持ちもあり。
でも確か、この週も天気が微妙だった気がします。
サクッと行って雨が降る前に下山できる近場の山と考えて、まだ行った事のなかった番屋山に行ってみる事にしました。
ちょっと前に山岳会の猛者姉さん、Nさんが行って来たと言う話を聞いたばかりだったので、タイムリーな山でありました。
行った事がないというジジイも同行する事になり。

地元から小一時間、初めての吉ヶ平。
かなりキレイな山荘。
泊まれないのが残念。
1_20181212002643123.jpg

9月の地味に蒸し暑い日。
ゲンノショウコが咲いていました。
2_20181212002644bcd.jpg

9:22、山荘をスタートし、久しぶりの濃厚なグリーン(;´∀`)
このコンクリートっぽい道が、地味な登り&濡れてて滑る感じで疲れた_ノフ○ グッタリ
3_20181212002646f73.jpg

20分くらいで分岐。
雨生ヶ池方面に直進します。
4_201812120044593b5.jpg

分岐からは暗い杉林をしばらく進み、なんだかジメッた気分;´Д`)
ムカゴを探しましたが、まだ時期が早すぎたようでまるでありませんでした( ̄ω ̄;)
分岐から25分くらいで雨生ヶ池。
紅葉の時がキレイらしいですねぇ。
どうしてこんな時期に来ちゃったんだろう(;´∀`)
6_201812120045028af.jpg

池の奥の方で、水面が変な動きをしてたので、カメラをズームしてみると、魚が群れをなして騒いでいた。
なんかの祭りをしているのであろう。
7_20181212004504e85.jpg

池からは気持ちのいいブナ林をタラタラと歩きます。
かなり気持ちのいいブナ林。
8_20181212004505480.jpg

ジジイはキノコが好きなので、必死にキノコを探していましたが、あまりキノコのない山のようで。
あるのはカンポウと呼んでるサルノコシカケばかり(;^ω^)
9_201812120052237a4.jpg

しかも相当デカイ。
今日はだいぶユルい、田舎仕様の格好のジジイ。
そしてジジイは、微妙に写真に写りたがる。
今までソロで歩いてて、当然自分が写る機会がなかったので、それが原因なのだろうか(´ェ`)ン-・・
私は今はもう、ほぼ自分の姿は載せなくなりましたねぇ。
装備も一新してるので、もう山に入っても私ってバレる事はないと思います、多分。
10_20181212005225dcb.jpg

徐々に登りが始まった頃、登山道脇に真っ赤なキノコ<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!
初めて卵の殻から出てる姿を見る事が出来ました、タマゴダケ。
11_201812120052269ca.jpg

どう見ても色が毒だけど、ネットで調べるとおいしいって事でもらって帰って来ましたが、まな板にキノコを置いたらちっせー虫がどわーっと溢れ出て来て失神しそうになりました_(。゚⊿ 」∠)_
水につけすぎると赤い色が抜けてくって事で、強めの塩水に程々につけて調理したのですが、あのドワーッと出てきた虫を思い出したら、なかなか口に入れる事が出来ず。。。(´・ω:;.:...
12_201812120052281ba.jpg

そしてミズが生えてるような小さな沢の近くに来た時、目の前を横切るシマニョロ様ウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
先頭を歩いていましたが、すぐさま振り返り逃げる、非常に早い。
こういう時はジジイの出番ですが、なんだかニヤニヤしてました(`Д´)

本格的な登りに入ると、笑っちゃうくらいの急登になり。
地元白山の一合目を思い出しましたが、この急登もいくらも続かず。
13_2018121200523102b.jpg

途中、川内が良く見えました。
左奥に灰ヶ岳、中央奥、青里、右奥、矢筈だと思われます。
14_20181212010455694.jpg

橋って、あーやって繋げるんですね| 冫、)ジー
15_20181212010456f0d.jpg

山頂まではブナの中を歩いて行くので、結構涼しくさわやかでした。
今日もよく遊び、よく寄り道し、だったので、山頂まで2時間半近くかかりました(;´∀`)
11:48、山頂着。
16_201812120104577ae.jpg

17_201812120104583dc.jpg

この山頂が、景色はほぼ見えないのに、直射日光を浴びまくりの、周りを木で囲まれてるので蒸し暑いのなんので、ここでランチをするのは諦めました。
周回ルートで食べれそうな場所見つけて食べようで合意。
なので、すぐに下山開始。
周回ルートは、まだ切られたばかりの道だという話でしたが、前からなんとなく踏み跡はあったんだろうなという雰囲気でした。
途中、道が崩れた箇所があり、ヒヤヒヤする場面もあり。。。
18_20181212010500b36.jpg

季節柄か、登山道も鬱蒼とし、山自体も鬱蒼とし、道を見失いそうでしたブッ(´→з←):;*.:;
黄色っぽいカメムシ(`・д『☆』 発見!!
19_20181212011353c62.jpg

山頂から30分くらいで、八十里越への分岐着。
21_201812120113563a6.jpg

分岐からひたすら吉ヶ平を目指すのですが。。。
道が・・・消えます(;´Д`)
こんな時期の藪漕ぎは嫌です(;´Д`)
22_20181212011358b23.jpg

オイラを先頭に歩かせて、マムシいたらどーすんだよ!!と吠えながら歩きます。
しかも、適切なランチ会場がありません・・・
なんせ↑あんな状態なので|||||(´ω`;)|||||ガ—ン

途中何度か、コースが入り乱れていて訳が分からなくなり・・・
近道だけど歩きにくい的なコースと、ちょっと距離あるけど歩きやすい的なコースが交差しながら出来てるのかな?
だから分岐がいくつかあって、それがまた分かりにくかった・・・
途中の分岐でやっとちょっとした広場があったんだけど、守門方面からグレーの雲が湧いてきてたので、おやつだけ食べて必死に吉ヶ平を目指す。
これがまたなかなか着かないのです(;^ω^)
分岐から小一時間かかって、やっとこ雨生ヶ池との分岐着。
ほっとしました(;´Д`)
23_2018121201135910a.jpg

もうすぐ山荘という所で、パラパラっと小雨が降りましたが、ほんの一瞬の事で止んでくれたので良かったです(;´∀`)
13:44、無事、吉ヶ平着。
次、番屋山に行く時は、是非秋に行きたいなぁと思った、初めての番屋山でした。

0_20181212012954e14.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2018年8月12日 会津駒ケ岳Part2 

2018, 12. 05 (Wed) 01:12

先週末は、山岳会の恒例お泊り忘年会。
はしゃぎ過ぎて・・・
写真一枚も撮ってない(;'∀')アハハ

日曜の午前中に帰って来て、ちょっと所用の偵察がありましたので、2時間半ほど里山グルグル。
まだ名残の紅葉が見れましたが。。。
コンデジ┌┛┌┛ズコ!
47_20181204235700b1a.jpg
今週末は寒気が入って来ますねぇ。
どれくらい降るのかな。
いきなりどっつりはヤダな(;´Д`)


会津駒のつづき。


駒の小屋を出発して、池をちょっと過ぎた所に、ミヤマリンドウがいっぱい咲いていた。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
ピンクっぽい子。
26_2018120423535858c.jpg

普通の子。
27_2018120423540063f.jpg

草原を心地よい風が吹いて、気分良く歩けました。
ちょうど皆さんランチ中だったのか、歩いてる人も少なく。
28_20181204235402055.jpg

イワイチョウ
29_201812042354033a7.jpg

小屋から20分ほどで山頂。
相変わらず展望がイマイチな山頂だった(;'∀')
30_20181204235404dcc.jpg

ちょうど山頂に居合わせたオジサマ3人組が、写真を撮って欲しいというのでジジイが撮ってあげていた。
私は三角点を撮る。
31_201812050030235e2.jpg

と、ジジイが三角点のてっぺんに着いてるチップの事を教えてくれた。
32_201812050030246bc.jpg
そしたらオジサマたちが騒ぎ始めて、スマホで読み取れるのか?とか言ってるから、専用の機械じゃないとダメだってジジイが言ってるのに、必死にスマホをいじってたので、がんばってバーコードリーダーで読み取ってくれと心の中で励ましながら、私たちは先に中門に向かう( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

山頂を後にし、まだ歩いてない道へ。
ガスったり晴れたり忙しい。
33_20181205003025416.jpg

草原と木道の道は、気持ちがいいので大好き。
前回もこの道を歩けてたら、会津駒の印象も違ってただろうな(;^ω^)
34_201812050030276ae.jpg

振り返る。
「あとで追いつくから!」とオジサマたちが言ってたけど、その後会う事はなかった(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
35_20181205003028cb0.jpg

真夏の草原色だけど、ほんとはじわじわと秋の色に染まって来ていて。
お盆になると、森林限界の山は秋だなぁって感じでした。
36_201812050046210a7.jpg

会津駒から40分くらいで中門岳着。
ドンヨリグレー(;´∀`)
37_20181205004622745.jpg

標柱のある場所より更に奥に、まだ道が続いていた。
地図上では三角点の表記もあったので行ってみる。
奥にもまだ木道が敷いてあり、貸し切りだったのでちょっと広くなってる場所で休憩という名のおやつタイム。
1時間前に食べたばかりな記憶もうっすらあるが、フルーツゼリーを食べた。
こんなに静かなら、やっぱりここでランチすればよかったかなぁ。
38_20181205004624450.jpg

この辺はなかなか遠かったり、個人的に尾瀬エリアが得意じゃないので来なかったんだけど、ちょっとおもしろそうな山とかいくつか見つけたので、また来たいなぁって思った。

ゼリーを食べた後、三角点を探そうと丸く敷かれた木道を2周してみるも探せず。。。
なぜだ( ̄ω ̄;)
そして1時頃、下山開始です。
途中、名残のワタスゲを発見。
また来年ねヾ(*'-'*)マタネー♪
39_20181205004625c37.jpg

下山は一生懸命歩きます癶(癶;:゜;益;゜;)癶
後ろから変なジジイがくっついてくるので「着いてくんじゃねーよ!ストーカーがっ!!」と叫ぶと「進行方向一緒だから(´・ω:;.:...」と悲しそうなオッサン一名。
怖いので早歩きします((((((((((`ω´;)サササッ
40_20181205005501563.jpg

やっぱり草原には青空だな(。・w・。) ププッ
41_20181205005503347.jpg

途中の木道で、スズメによく似た何かが、砂浴び?でもしてたのかな?どかない・・・
スズメではないと思うけど、鳥は全く分からないので(;'∀')
鳥は比較的、色で分類ですね・・・
これは茶色い鳥。。。
42_2018120500550430c.jpg

小屋が見えてきました。
中門から50分くらいで着。
43_20181205005506ad1.jpg

立山以来に歩いたので、何だか足も疲れましたが、とりあえずがんばって早く下山しましょう;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
登山口近く、またもアサギマダラに遭遇して。
44_20181205005507ced.jpg

4時登山口着。
足がプルプルしそうでしたが、なんとかコケずに無事下山できました(;^ω^)
会津駒に来たら、やっぱり中門岳に行かないと楽しさ半減だなって事が分かった、今回の再訪でした。
45_20181205010140856.jpg

次回への反省点φ(・ω・*)メモメモ
ジジイのおしゃれ着だと言い張るスタイリングを、あっけに取られて写真に収めておかなかった事。



46_20181205010142ca5.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪