FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
この3連休は山には行かず、普通に観光旅行キュィーン ……ε( o・ェ・)o
こんなんとか。
1_2018112600022411e.jpg

こんな人に会ったり(;´∀`)
2_20181126000225529.jpg

あとは食べまくって温泉でのんびりだった(*´ェ`*)ボー
3_201811260002270ce.jpg

4_20181126000229427.jpg

5_20181126000230267.jpg

太平洋側はびっくりするくらいのいいお天気&霧氷が超キレイだったので、山に行けばきれいなの撮れたのかなぁとも思いましたが、旅行は旅行で楽しかったので、まぁいいです゚.+:。(*´v`*)゚.+:。




さて、今年のお盆は、一日おきに天気が悪いという、どうしようもないお天気で、2日かけて帝釈山~田代山と会津駒の三座行く予定で。
夏は抜け殻になるジジイが、会津駒に行った事がないので行ってみたいと・・・
ほんと抜け殻だと思うんです、ジジイの口から会津駒とかって言葉が出ると思わなかったので∑(´Д`*)ノノ!!
だけど予報は一日しか天気の保証がないので予定を縮め、、私が行った事のない帝釈山~田代山に行く事にしてくれました。

11日の夜に新潟を出発。
ジジイはもうお盆休みに突入してたのですが、私は11日は仕事で。
桧枝岐に着き、帝釈山の駐車場に向かって林道に入ると、すぐに土砂崩れの為通行禁止の看板がガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
本来皆さん、田代山側のキャンプ場がある方から入って行くみたいなのですが、帝釈山側から入った方が砂利道走る距離が短いと、ジジイが下調べしててくれてて・・・通行禁止ですΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
今からキャンプ場側にバックすると、1時間以上かかると思われます。
時すでにAM1:00過ぎ。
仕事明けの私は既にダウンしており、会津駒の登山口近くの道の駅で就寝、もう無理(~ _△_)~ zzzZZZZZZ

早朝5時。
もはやキャンプ場側から入れる保証もないので、素直に会津駒に行く選択をする。
全く記事に出来ておりませんが、2013年に初めてここを訪れています。
その時は会山行で訪れて、時間の関係上、中門岳までは行ってなかったので、今回は絶対中門まで行きたいなって思ってました。
会津駒は朝早くてもすぐに駐車場が埋まってしまうとの事で、すぐに向かいます。
一番上の駐車場は、すでに満車。
ちょっと降りたとこの5~6台停められるとこに無事駐車できました。
ここからが本領発揮で、ダラダラといつになっても動きません、この二人。
その間にも、車がどんどん上に上がって行っては停められずに降りて来て、という感じでした。
ノロノロな人たちはノロノロと朝ごはんを食べ、今日は都会の山だからオシャレして来た!と豪語するジジイを見たら、いつものジャージに黒いTシャツ。
と、ツッコんだら「いつものジャージじゃないよ!ニケだよ!」って、ニケって何だよ?と思ったら、NI KEって書いてあった・・・
英語は読めないらしい。
そして帽子もオシャレモードらしく、内側ショッキングピンク、外側ターコイズブルーのハットΣ(゚д゚lll)
四角友里デザインらしい。。。
山ガールかっ!と、帽子は私より派手でした・・・

6時ちょっと前、やっとスタート(;'∀')
6_20181126000505a4d.jpg

いきなりアサギマダラがお出迎えです♪
7_201811260005064b3.jpg

今回も、ジジイに花を教えながら歩きますが、もはや時期的にはそんなにお花はありませんでした。
ホツツジ
8_201811260005079b7.jpg

歩き始めてすぐ、汗が噴き出てきます、あっついです(;´Д`)
鈍足が、暑さのせいで更に鈍足になります(;´Д`)
水分の補給もハンパない・・・のは私だけで、ジジイはあまり飲みません(;´∀`)
途中の水場で、冷たい水が飲みたいと、珍しく水場へ向かいます。
が、予想以上に下って行き、テンションダダ下がり。。。
9_201811260005094cd.jpg
水は細めでしたが、とても冷たい水で、せっかく汲んだのにがぶ飲みしてしまい、また並び直して再度汲む・・・

スタートして大した時間も経ってないのに、飯を食わせろと吠える人、若干一名。
夏の間はこれがうまかった(*´~`*)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”
10_20181126000510669.jpg

もう山は、秋の花が咲き始めていた。
オヤマリンドウ
11_20181126002527b78.jpg

朝起きた時は、雲も多くて心配な空だったけど、もうちょっと陰ってもいいと思うくらいの空。
12_20181126002529bea.jpg

オトギリソウ
13_20181126002530367.jpg

駒の小屋手前の休憩所で、ミヤマリンドウが咲いていた。
今年は花の時期にほぼ山に行ってないので、あまり花には会えなかったなぁ。
14_20181126002532219.jpg

駒の小屋が見えて来た。
写真に写ってる単独のお姉さんと、ほぼ同じようなペースで歩いて来たけど、彼女は今日は駒の小屋に泊まりらしい。
「良く予約取れたねΣ(゚д゚lll)」って言ったら、もう最後の一人くらいの勢いだったらしい。
だから泊まれてうれしいって言ってた。
15_20181126002533b03.jpg

ネバリノギラン
忘れた頃にジジイに「この花の名前は」と問いかけるが、大概忘れていて、覚えているのはイソツツジだけ;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
やっとこ思い出して、ノバリノギランと言っていた。
16_201811260030521f4.jpg

モウセンちゃん(*´˘`*)♡
17_2018112600305372e.jpg

ダラダラと一生懸命歩いたのに、小屋まで4時間もかかってしまいました。
「遊び過ぎ!」と毎度怒られますが、早く歩く気は毛頭ない(*´д`)y-゚゚゚
とりあえずおやつタイム。
18_201811260030559e3.jpg

おやつ2個目、パンパン( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
19_20181126003056b6d.jpg
もう一個あったランチパックは、耐え切れなかったのか袋が爆発してた(;'∀')

時間は10時だったので、このまま中門まで行ってからお昼ご飯食べる?とも思ったのですが、どうにも稜線の方はガス巻いたりで、ガスの中食べるのも気分的に。。。なので、ちょっと早いけど、駒の小屋のベンチでランチをしました。
ランチパック食べまくったのに・・・
ランチの用意をしてたら、蝶々さんが遊びに来てくれました。
名前は知らぬ(;´∀`)
20_2018112600305816d.jpg

味付き豚肉、味が微妙( ̄ω ̄;)
22_2018112600373589b.jpg

うまいもの展で買った豆腐お好み焼き。
これはうまし。
23_20181126003736308.jpg

そして、私をデブ化させて復讐しようと思ってるジジイから、おやつが次々差し出される( ̄ω ̄;)
24_20181126003738dc3.jpg
が、非常にうまいデザートであった(人´∀`).☆.。.:*・°

またザックのウエストベルトが閉まらなくなったという何かの呪いを受け、駒ケ岳の山頂経由で中門へと向かいましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
25_20181126003739cfc.jpg


つづく



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト

先週の土曜は、藪山攻略の年内最後のチャンスだったのですが、悪天候で願いかなわず。。。_ノ乙(、ン、)_
日曜は傷心を紛らす為に、今までチャンスがなかったお山へ。
山頂の紅葉は、時期的に既にあきらめてはいたのですが。。。
14_20181116232835d26.jpg

まさかの下界に近いとこまで落ちまくってるとは;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
秋って過ぎるのが早すぎる・・・
13_201811162328335e5.jpg


そんなこんなで、明日は天気が悪いので、下界の用事をあれこれ足す日で、やっと時間が出来たので、放置ブログを久々更新(;´∀`)




立山最終章。


最後の、ユウウツになる登りの向こうには、三山の最後の山、別山が待ち構えてます。
が、この最後の登りがきつい(;´Д`)
ノロノロ必死に歩いてると、男性3人パーティーさんと抜きつ抜かれつしながら進みますが、中間辺りで3名様ダウン。
私もダウンしたかったが、なんせSさんの到着が気になるので、カメのスピードでノロノロと進み続ける。
やっとの思いで這い上がったら、雪渓が残っていて涼しかった。
いやもうこの日も、地味に暑い日でしたので(;^ω^)
96_20181116234050400.jpg

12:27、これでやっと念願の三山を回れました。
無事に登拝(-人-)
97_2018111623405244a.jpg

そして、ここまで来たらせっかくなので北峰に向かう(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
98_20181116234053a62.jpg

剱が目の前にドーンですが、やっぱり剱御前の三角点のとこから見る剱の方が好きです。
99_20181116234055ab4.jpg

まだ歩いてる登山者さんが見えました。
100_201811162340572f6.jpg

剱に見惚れていると、富山市方面からガスが流れ込んできました。
これもまたいいねぇなんて思いながら。
102_20181116235022347.jpg

いいねぇなんて思ってられないほどに、ガスりました(´;ω;`)ウッ…
Sさんが。。。とか言いながら、ほんとは剱御前も行くつもりだったのですが、これだけガスったら行く意味ナシなのでという理由をつけ、下山開始ですヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
103_20181116235023897.jpg

と、そこに、ヘリの音。
これだけのガスなので、下りるに下りれない感じで、右往左往しながら、ガスの切れ間を狙ってのホバリング。
近くに居た関西のパーティーさんたちと、事故?って顔を見合わせ。
カメラでズームしてみたら、バリルートの方へ下りて行きました。
104_201811162350252aa.jpg

ここで事故を見ててもどうにもならないので、関西パーティーさんたちと下山開始。
そして別山でサヨナラ( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
いや、急がないとなので、珍しく早足でした・・・
105_2018111623502642b.jpg

御前小屋に向かう途中も、ずっとヘリは去らず、救助が難航していたのかな。
これが前にちょっと書いた、ガイドも怪我した事故でしたね。
106_20181116235028720.jpg
そしてヘリは一旦テン場の辺りでホバリングしてから、そのまま富山市の方へ飛び去りました。

13:18、御前小屋に着き、急いではいるんだけど、大汝小屋で食べれなかったカレーが呪いのように頭から離れず、ここで食ってやる!と意気込んで小屋に入ります(`・ω・´)シャキーン
107_2018111700121001c.jpg


ランチは13時で終了だった( ☉д⊙) ポカーン
今、小屋で食事を買ってる方たちは、皆さん高級カップヌードルを食べてらっしゃった。
暖かくてうまそうだが、さすがにカップラーメンに払う金はねぇ!
でも、コーラに払う金はあるらしい。
本日2本目・・・
108_20181117001211e94.jpg

途方に暮れながら、13:35、今度こそ雷鳥沢に下山開始。
109_20181117001213b45.jpg

御前小屋を少し下りると、ガスもすっかり切れ、テン場をズームしてみる| 冫、)ジー
110_2018111700121432c.jpg


やっべぇ、すっかりSさんの青いテントが設営済みじゃないか(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
これはヤバイ、ヤバ過ぎる((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
という事で「1時間でテントまで戻る!」とLINEを入れ、ひたすら早歩きで下りる。
私は山を走るのは好きじゃないので、走りませぬ。
急いでいるけど、お花は撮ります( ´_ゝ`)プッ
111_20181117001216d4c.jpg

よおぉぉぉおし、もうちょっとおおおおぉぉおっぉおお( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
112_2018111700202082e.jpg

いやぁ、それにしても今日のテン場はガラガラだな・・・
昨日みたいな激混みだったら、Sさんと同居するつもりだったのですが、全然余裕だったみたい(;^ω^)
一人一張りが問題になってますからねぇ、いざとなったら同居しようという事は事前に話してありました。
113_20181117002021e3b.jpg

45分でテン場着。
114_20181117002023b68.jpg

テントに着いて、外から「Sさ~ん」と声をかけてみるも無反応。
昼寝してんのか?って思って、しょうがねぇなぁと私も昼寝を始める(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
どれくらい経った時だろう。
雪駄に超リラックスモードのSさんがプラっと現れ「あ、いた!」と言い放つ。
なんと!自分だけ温泉に入って来たらしい┌┛┌┛ズコ!
出遅れては宴会出来ないではないか( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
って事で、急いで雷鳥沢ヒュッテに風呂に入りに行く((((((((((`ω´;)サササッ
温泉もそんなに混んでなく、どこかのおばさまとちょっとお話なんかをして、ビールを買ってテン場に戻りました。
ヒュッテで働いてたお友達はヒュッテを辞め、今年の初夏に下界に下りて普通の生活をし始めたみたいです。
またそのうち、どこかで会えたらいいですね゚.+:。(*´v`*)゚.+:。

テン場に戻って、念願のカンパ━━━━(*´ω`)o∪∪o(´ω`*)━━━━イ
パスタ2人前を作って、Sさんに食えと言うが、彼はあまり人の食べ物に手を出さない習性があり。
私はいつも勝手にSさんの食事は奪うのですがブッ(´→з←):;*.:;
115_20181117002024958.jpg

で、私のテントの前室に、袋に入ったビールの缶が投げてあり「Sさん、ごみ入れたんか!」と怒ると、俺じゃねぇという。
誰だ!とフンフンして缶を踏みつぶそうと手に取ると、なんと!中身入り<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!
そこで思いました、前日に隣でテントを張ってた白根のお二人さんが、あの人のん兵衛だからと、残ったお酒を置いて行ってくれたんだとサンキュ──ヾ(*´∀`*)ノ──♪
そんなこんなで、今夜は話相手の居る酒盛りで楽しかったです。
日が暮れるとめっきり寒くなるので、テントの中でちょっと酒盛りをして、9時くらいに就寝だったでしょうか?
私の方は寝ずに、今夜も星空撮影です。
116_2018111700202653d.jpg

が、結局15分ほど撮っただけで、あっという間に雲が広がり、↑の一枚しか星空が写ってる写真は撮れませんでした。
だから軌跡が微妙な長さ・・・
諦めて寝よう・・・
117_201811170037021b9.jpg

前日の夜は結構暖かかったのですが、この日はちょっと寒かった。
モンベルの#1を持って行ったのですが(って言っても、これしか持ってない)#1でちょうど良かったです。
朝起きたら、テントは結露しまくってるし、前日よりだいぶ寒かったみたい。
そう、それでSさんが温泉に行ってると知らない待ち時間の時に、ネットでポチしたのです、モンベルの#3((´∀`*))ヶラヶラ
6月に門内に行った時、ザック重いよなんて話にもなる訳ですが、シュラフ小さいの買いなよって話にもなり。。。(;´∀`)
さすがに「ですよねぇ」って感じだったので、ポチしましたブッ(´→з←):;*.:;

3日目朝。
この日は帰るだけなので、のんびり寝坊しようかと思ってたのですが、Sさんがテントを開ける音で目が覚める。
この人、しっかり早起きできる人( ̄ω ̄;)
致し方なく、外に出るOo(っд・`。)オハヨォ…
118_20181117003703c1b.jpg

御来光がやって来た。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
119_20181117003705c6e.jpg

という事で、ささっと朝食を食べ、テントを乾かしながら撤収作業をし。
私は今回も全く雷鳥を見る事が出来なかったのですが、Sさんはアルプスに来ると必ず雷鳥を見る。
だからSさんが一緒なので、さすがに今回は見るだろうと思ってたのに、生き別れた後にSさんだけ見るという。。。
私は雷鳥に縁がない(キッパリ

さよなら雷鳥沢、世話になったな、楽しかったよフリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪
120_201811170037065e1.jpg

なぜか軽くなってないザックをまた担ぎ、1時間で戻れるターミナルに1時間半かけ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
途中、血の池でタテヤマリンドウを見つけハッスル♬(((o(*゚▽゚*)o)))♬
121_201811170037087ba.jpg

ありがとう立山、また来るよ(*´ω`)o【マタネ♪】o
124_20181117004704c0d.jpg

そして、バスに乗るまでに時間があったので、しっかり朝食を食べてるくせに、そばも食べる((´∀`*))ヶラヶラ
去年は白エビのかき揚げだったので、今年は肉そば。
肉はイイネ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
125_20181117004706311.jpg

梅雨のど真ん中に、超快晴の奇跡の3日間。
Sさんも念願の剱に登り、天気もこんなだったので、だいぶ魂抜けてる風で、もうお盆はどうでもいいかも・・・なんて言ってたくらいなのですが、立山を気に入ってくれたらしく、お盆は長期滞在で立山再びをしていたようです。
また一緒に酒飲みに、立山に行きたいですね(。→ˇ艸←)プククッ☆

無事、立山駅に着き、現地解散。
同じ町に、それぞれに帰るおかしな旅でしたブッ(´→з←):;*.:;
一人酒が二人酒になって、いい旅でした、Sさんサンキュ──ヾ(*´∀`*)ノ──♪



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2018/11/17 01:02】 | 立山
トラックバック(0) |

うしまるさん♪
雪野
はじめまして、コメントありがとうございます( *゚ェ゚)*_ _))ペコリ

雷鳥沢のキャンプ場は混むので夏は敬遠してたんですけど、景色眺めながらのんびりするにはなかなかいい場所だったので、また行きたいと思います゚.+:。(*´v`*)゚.+:。


うしまる
雷鳥沢のキャンプ場は天国ですね~
サイコウヽ(o’∀`o)ノ


コメントを閉じる▲
この週末は、先週のリベンジでグダグダお泊り宴会の予定が・・・
晴れたはいいけど、予想以上の雪で疲れた_ノフ○ グッタリ
最高の景色は頂きましたけど、初雪にしてはちょっとハード過ぎましたね(;´∀`)
8_20181105235516d4f.jpg

途中、Sさんとバッタリ遭遇で、唯一のトレースも彼が付けてくれてたので感謝。
もんのすごいいで立ちで大爆笑でしたが(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
長靴に金剛杖とか( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
9_201811052355170fb.jpg
すごい笑顔で颯爽と駆け下りて行きましたフリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪

こんな景色は、また見れるかどうか分からないので、いい思い出になりました。
2_20181105235515251.jpg



そんなSさんとの立山のつづき。


雄山神社を後にし、縦走路へと突入∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
雄山を振り返る。
71_20181106000244d57.jpg

20分ほどで大汝休憩所に着くが、先に山頂へ行く事にしました。
73_20181106000247e49.jpg

去年歩いた、黒部湖脇のルートが見えた。
ロッジクロヨンが見えてから、なかなか着かなくて萎えた事を思い出した(;^ω^)
74_20181106000249c27.jpg

大汝の山頂に着いたけど、激混みで岩の上に乗るのは辞めた。
いつもは乗っかって写真を撮ってもらってたけど、順番待ちをしているとテン場に戻るのが遅くなる。
75_20181106000710453.jpg

そして、今まで入った事のなかった大汝の小屋に入ってみる。
春を背負ってで使われた、菫小屋の看板が入り口に置いてあった。
76_201811060007114a2.jpg

中では陽気な小屋番のお兄さんが居て、今日のランチはここで食べるんだと意気込んで来たのに、私の2人手前でカレーのごはんが無くなり・・・
ならばと前の人がうどんは?と聞いたら、あまりに忙しすぎて準備どころではなかったらしく。
またもや、待ってるとテン場に戻るのが・・・で、泣く泣く諦めて先へ進む。・゚・(´□`*)・゚・。

次は富士ノ折立。
77_20181106000713186.jpg

大汝から10分かからない。
ここも激混みしてて迷ったけど、とりあえず行っておきたかったので、団体が下りて来るのをしばし待つ・・・
78_20181106000714fd3.jpg

5分くらい待って、空いたのを見計らってササッと登る。
79_20181106000716635.jpg

そして、次が来る前に下らなければなりません。
慎重かつスピーディーに(;´Д`)
折立をちょっと過ぎた場所から見下ろす。
ここから一気に下って、内蔵助カールを覗く。
初めて来た時、このカールの美しさにうっとりしたっけ(人´∀`).☆.。.:*・°
80_201811060015105f0.jpg

チシマギキョウ。
83_20181106001513e3a.jpg

タンポポ的な・・・
84_2018110600151462c.jpg

黄色いやつ。
85_20181106001516290.jpg

真砂岳への縦走路も激混みです(;´Д`)
激混みすぎて、どうやって追い越せばいいか分からない(;´Д`)
大走りの分岐を過ぎたら、やっとほどほどになりました。
86_2018110600200012a.jpg
日帰りさんはほぼ大走りを下って行くので、真砂へは比較的静かでした。

次は真砂岳へ。
進行方向に見えてる登り返しに気づいたら・・・
なんだかとても・・・

ユウウツ_(。゚⊿ 」∠)_
88_20181106002003353.jpg

11:30、真砂岳着。
もうお昼になるではないか!
89_20181106002005a05.jpg

真砂から仁王立ちして進行方向を見る。
マジ・・・

ユウウツ_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆
90_20181106002706bbe.jpg
このままちょっと戻って分岐から大走りを下りた方がいいのではないか?
だって疲れたじゃないか。
バカみたいに登り返すし。
とか、ブツブツ言いたいとこでしたが、ノロい私が三山をやる時間は2泊3日でなければ無理なので、泣く泣く進む( ノД`)シクシク…

時々、現実逃避する( ゚ ρ ゚ )ボー
91_20181106002006c05.jpg

が、現実はこっち。
92_20181106002707702.jpg

そして、時々テン場をチェックする。
まだSさんはいない(´∀`*)ウフフ
93_20181106003455b2e.jpg

ウフフとか思って前を見ると、こんな(_Д_)アウアウアー
94_20181106002710998.jpg

若干、来なきゃよかったと思って振り返るが、今更戻るのも難儀そうだ・・・
95_20181106002712a61.jpg

とりあえず、がんばれ自分_ノフ○ グッタリ




参加中です。クリックよろしくお願いします♪