FC2ブログ

2018年6月17日 東吾妻山Part2 

2018, 07. 30 (Mon) 01:13

今日は新潟が最高気温をたたき出したとか(((´゚ω゚`)))ガタガタ
って、県外で知りました・・・(;'∀')
本日は知り合いのヤボ用で、山形に行ってましたが、あっちはあっちで暑かったです(;´Д`)
店のエアコンも微妙に利かない感じで。
まぁ、外にいるよりは十分涼しかったのですが、ランチした店で、トイレから出てきて自分のテーブルに置かれた料理を見て、若干冷や汗が出そうでした(((( ;゚д゚))))アワワワワ

やべぇ、超標高たけぇ・・・
あ、向かいの山の方がたけぇ((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
59_20180730000615e73.jpg
よそ様の料理を見ても、あれもこれもすごかったのですが・・・
この私が、本日は夕飯食べれてませんヽ(冫、)ノ
すごい盛でした・・・鶴岡のみどり食堂




つづき。


東吾妻の山頂を突き進み、景場平方面へと下ります。
ルートに突入してすぐの景色。
29_20180730000609206.jpg
おい、道ねーよ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
このルートは何度か歩いてるけれど、今までで一番ひどい状態でした( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
まぁ、大体が一切経へ行って終わりだし、東吾妻に来ても姥ケ原からのピストンで、こっち側に入ってくる人は稀です。
だから静かで好きなのですが、さすがにビックリしました(;^ω^)

しばらく笹薮をかき分けながら進むと、木道にポンと飛び出します。
30_201807300006117a9.jpg

そしたら木道の所に、団体さんが居てビックリΣ(゚д゚lll)
ここでそんな大量に人間に会った事がないので、ビックリしました。
皆さんランチ中だったので挨拶して、木道脇にある展望台へ行ってみる。
磐梯山は見えなかったけど、裏磐梯の湖は見えた。
31_201807300006126ac.jpg

ほんとはここでランチしようと思ったんだけど、バーナーを使うには、ちょっと風があり過ぎたので、もうちょっと先へ進んでみる事にした。
いくらも歩かないうちに、誰もいないし風も気にならなくて、木道脇の広い所があったので、そこでランチする事に。
こんな景色が見えて、ランチ会場の周りには、お花も咲いていて、いい感じでした。
40_20180730001809d7a.jpg

39_2018073000180637e.jpg

ジジイには「今日は米から飯を炊くので、オイラに30分の猶予をくれ」と言ってありましたので、飯炊きに専念します。
その間、ジジイは肉を焼く係に任命。
33_20180730001802c72.jpg

地味に私より女子力が高いのか、サラダを用意してくれていました。
パプリカは、私の料理のが余ったので、雑に投げ入れた(;´∀`)
32_20180730000614982.jpg

生米からやってみたかったもの、パエリア。
家では年に一回くらい作るんですが、これを山でやってみたいとずっと思っていて、今回決行してみました。
34_20180730001803a78.jpg
プリムスのバーナーだと均等に火が回らないなと思って、ちょっと重いけど初代バーナーのキャプテンスタッグのやつを持って行きました→こんなん
結構火力あるんで、飯がメインの時はこれ持って行きます(;´∀`)

また女子力高いジジイが、ミネストローネも出してくれました。
で、ランチの出来上がり♪
ビックリした事に、ランチが出来上がるまでの間に、超団体さんが2組くらい、ここを通り過ぎて行きました。。。
今日、なんか祭りでもあったの?って思っちゃうくらい、こんなに人に会ったの初めて(;^ω^)
35_20180730001805025.jpg

そんでもって、めんどくさがりな私は全部乗っけをした結果、超汚い盛り合わせが出来た。
インスタ映えなんて言葉があるようですが、全く映えません。
インスタやってよと周りから言われますが、ここでもまともに更新出来てないのに、あちこち手を広げるとか無理です( ̄ω ̄;)
36_20180730002757a17.jpg

さて、いつもジジイをイジメてるので、秘かな仕返しなのか、雪野デブ化計画が実行されてる気がしてならぬ。
エサを与えられまくります。
37_201807300027597d9.jpg

38_20180730002800ad9.jpg
ほんとは3つ上の画像に写ってるあんみつも食べさせられるところだったが、さすがに胃袋が無理で拒否してやった。
「高級あんみつなのに・・・」と、少し寂しそうだった((´∀`*))ヶラヶラ

1時間半くらいグダグダして、下山開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
湿原を抜けて木道が消えると・・・
41_2018073000280240c.jpg

歩いても歩いても・・・
42_2018073000280476a.jpg
その代り、いつも泥だらけになって歩かなければいけないような水溜りが全くなく、代わりに藪漕ぎをさせられた感じだった。
どっちがいいのかなぁ(´ε`;)ウーン…
とにかくこの日は、ツアー客みたいのが多かったんだけど、ツアーに参加なんて方々は、きっと藪漕ぎなんてあまりしないだろうから、大変だったんじゃないかなと思いました(;^ω^)
私はGWの終了と共に藪はシーズンオフに入ってるので、普通に藪漕ぎは疲れましたよ。

だから木道に飛び出るとホッとしたり(*´ω`*)
44_2018073000355352f.jpg

さらば、東吾妻フリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪
45_20180730003555c38.jpg

景場平のワタスゲも、なんだかイマイチだった。
46_201807300035569ab.jpg
景場平を過ぎて、やっと刈り払いして下さった跡が見られて、上まで間に合ってなかったんだなぁって感じでした。
かなりの勢いの笹薮だったので、あの後も刈るのは大変だったんじゃないかなって思います。

桜もまだキレイだった。
47_20180730003558a01.jpg

ランチ会場から1時間ちょいくらい、鳥子平着。
ここもワタスゲはポツポツでした。
48_20180730003559d9a.jpg

鳥子平に来てやる事は、ただひとつ!
キモカワちゃんの、モウセンゴケ激写ワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク
素敵に捕食されてます。
相変わらず、木道から落ちそうなほどに身を乗り出して撮ってたので、息が出来なくてめまいがしました(;´Д`)
49_2018073000430808d.jpg

50_20180730004311f04.jpg

休日のお父さんレベルで、ユルいジジイ・・・
51_20180730004312df0.jpg

吾妻小舎へ向かうトレッキングルートから帰ります。
途中、キモカワ2号のギンリョウソウ団地があるのですが、全然早かったらしく、見れたのはこの子たちだけ。
53_201807300043149eb.jpg

途中、珍しくジジイが「ユキザサ!」と言うのでビックリしたのですが、お花として認識してたのではなく、山菜として認識してたそうで・・・
私的には、ユキザサが食べれるなんて知りませんでした(;´Д`)
甘くておいしいんだそうです。。。葉っぱだと思いますが・・・
54_20180730005157285.jpg

吾妻小舎はこの日はお休みだったのか、何だか人の気配がありませんでした。
小屋脇に、ものすごい数のイワカガミが群生してましたが、植えたのかしら?
とてもキレイでした。
55_201807300051591e8.jpg

そして無事、浄土平に戻って来ました。
56_2018073000520007f.jpg

朝は誰もいなかった小富士も、観光客の姿が。
57_201807300052021d9.jpg

帰る頃には、ガスに飲まれました・・・(;´∀`)
58_20180730005204d1f.jpg

浄土平レストハウスで、自分用と仲間に頼まれてたお酒を買い。
超ハマってるんです、このゆず酒→これ
ロックで飲むのをお勧めされましたが、結構甘いので、私は炭酸割にしています(。・w・。) ププッ



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000516-san-soci

こんなお天気なのに、なぜ山に向かうんだろうって、私には考えても分からないのですが。。。
天気予報が晴れに変わったからなのか?
でも風は残るから、この週末は私は中止にしました。
悪天候でも登るという方は、リスクを冒してまで山に登らなければならない理由があるのでしょうか。
下界は暑いですが、まだ風の残る今日、雪渓が残ってるこの石転び付近は気温はガクッと下がるんじゃないかなと思います。
まずは明日の朝、無事ピックアップされますように。




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト