FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
やってやった!!

(`・ω・´)シャキーン

来月の9日、休日出勤になったんだけど休んでやる(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
お出かけお出かけ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
何年ぶりだろうな、有給使うの・・・ヽ(冫、)ノ

そして私はまだ筋肉痛なんですよ(;´Д`)
どんだけ体弱ってんって、現在若干テンション下がってる次第でありますが、現実的にはピーカン予報の今週末、この足じゃ歩けないんじゃね?っていう┌┛┌┛ズコ!
行きたいとこあったんだけど、まぁこの前、絶景見過ぎて腹くっちぇ部分もあるんですが。。。
今週無理してせっかく有給取った来週遊べないって事態の方がよろしくない流れになりますので。。。
まぁ様子見ながら、足がイマイチなら会山行の下見でノロノロ歩きして来ようかな。。。
もったいねーな、この紅葉の時期に( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
まぁ、こんだけ痛いって事は、逆を返せば超鍛えられたって事だと信じ込んで、がんばれ自分_ノフ○ グッタリ



さて、秋分の日はお盆以来の連休でした( ノД`)シクシク…
それでもほんとは、休日出勤になるんじゃないか?って話もありましたが、なんとか休みでした。
まぁ、出る気もなかったけど( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
この日ははなから門内に行くって決めてたので、早起きして小国へ向かいましたキュィーン ……ε( o・ェ・)o
土曜は雨は降らなくても、一日曇り空の雪野予報だったので、日曜を楽しみに車を走らせると、小国に近づくにつれ雨がΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
カッパ着るのヤダって思って、準備をしながらしばらく車で待機します。
とりあえずカッパのズボンをはいてみましたが、7時ちょっと前、雨も止んだしなんだかんだ暑いので脱いで出発(;^ω^)
カッパ、ほんと嫌いです(;´∀`)

登山届所で小国山岳会の方かな?が待ち構えてたので、家でプリントして行った届を出し、7:02、梶川尾根からスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
アホザックで梶川を登るのは初めて。。。
でも丸森よりいいだろうってのは、登り嫌いの私の選択(;^ω^)
初めての門内泊の時は丸森登りで、辛かったなぁ。
夏だったせいもあるけど、延々登りの丸森は、行きで使いたくないのだ(;´∀`)

本日はさすがに飯豊で怖いので、なんとかがんばってザックの重量は17キロにまとめ。
スタートしてすぐ、これは金になる!っていうお宝を発見する。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
1_20170929000439fd5.jpg
高額で売れると思ったのに、既に御臨終なさってた・・・
こんなところからも、秋を感じる( ̄ω ̄;)

湯沢峰までが勝負なので、そこまでは一眼をザックに仕舞って歩きました(;^ω^)
スタートが一緒だったパーティーさんに追い越してもらう。
みんなパッキング上手だなぁ。。。
なんで私は、避難小屋泊なのにテン泊みたいな装備になるのだ(;'∀')
2_20170929000440c5a.jpg

湯沢峰への到着は9時ちょっと前。
確か1時間50分くらいで着いたと記憶。
8月の日帰りの時は、日帰り装備だというのに2時間20分かかってるので、あの日の状況の悪さがよく分かった。
涼しいって素敵(人´∀`).☆.。.:*・°
3_20170929000442bb9.jpg
ここで、スタートが一緒だったパーティーさんが、やたらと守門守門って言ってるので、新潟の人たちなんか聞いてみたら、どうも雪野さんの地元にやたら詳しい。
だけどどこの人たちなのかは教えてくれず「新潟で間違いない((´∀`*))ヶラヶラ」って┌┛┌┛ズコ!
ここから私は、このパーティーさんに苗字で呼ばれながら進む事となり( ´_ゝ`)プッ
カメラ出したり、あれ仕舞ったりこれ仕舞ったり、ドタバタしているうちにパーティーさんは出発。
私はザックを開けたり閉めたり、何とも要領が悪い。。。(いつも)

結局、20分くらい休憩して、再スタート。
湯沢峰を下った辺りから、ちょっとだけ紅葉の始まりが見られた。
4_20170929000444741.jpg

本日、大絶景で、まるで景色が見えません( ̄ω ̄;)
5_20170929000445440.jpg

スタートが同じくらいで、追い越したり追い越されたりしてたソロの御婦人。
途中で休憩してる時にちょっとおしゃべりして、何となく雰囲気があったので「ハイジさんですか?」と聞いてみたら、やっぱり小国山岳会のハイジさんでした。
とても山に登るようは雰囲気の方ではなく、フワーッと優しい雰囲気の方でした。
でも、歩きはガンガンで、あっという間に消えて行ってしまいました・・・

そして、前の週の台風の影響なんでしょうね、登山道を覆いつくす、ブナの倒木(;´Д`)
ブナの藪漕ぎって、初めてしましたわよ・・・
6_20170929002107f3a.jpg

日帰りで歩いてる時、ここはアホザックでどうやって登ろうか。。。なんて悩んでたけど、案外サクッと登れてしまった。
7_201709290021109e2.jpg

9:54、滝見場着。
まぁ、滝なんか見えませんのでスルーですが、休憩はしっかりします。
腹が減ったのでカステラまんじゅうを一つ(*´~`*)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”
なんてやってたら、ブヨにまとわりつかれて大変(;´Д`)
8月に来た時、全く居なかったので安心して蚊取り線香持って来なかったのに・・・
そういえば今日はトンボがいない。
雨で仕事は休みにしたな└(:3」┌)┘))ジタバタ
8_20170929002110c9e.jpg

10分くらい休憩してスタート。
お花も秋の花しか残っておらず。
9_20170929002112c2e.jpg

そしてブナ漕ぎ再び。
10_20170929002113410.jpg

ちーっこい紫の花が咲いていた。
11_20170929002537138.jpg

10:44、五郎清水着。
着くなり越後パーティーさんに「あら、雪野(苗字)さん来たわ」って、もはやオイラはアイドルか?的な勘違いをするブッ(´→з←):;*.:;
越後パーティーさんからナシもろたー(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
疲れてる時のフルーツって、おいしいんだよねぇ(。・w・。) ププッ
でも重くなるから今回は持って来てない(つか、いつも持ってないじゃんww)
13_2017092900254063f.jpg

登って来る時からずーっと悩んでた事。
門内清水は出ているのだろうか(´ェ`)ン-・・
前日、雨が降ったっぽいし、出てるよなぁとは思ったんだけど、8月に長谷川さんとお話した時、過去に門内清水の水が止まって、梅花皮と頼母木から持って来てもらった事があるなんて話も聞いていたので、万が一を考えて、ここで汲んでく事にしました。
3㍑追加で、めでたく本日も20㌔超えました(ヽ´ω`)グッタリ
14_20170929002542f76.jpg

ここで福島からいらっしゃった男性3人パーティーさんと会い、今夜は門内泊だというので、同宿の挨拶をして先に出発されました。
私は3㌔分重くなったので、ノロノロと・・・
でも、丸森の夫婦清水よりは水場が上にあるので、汲んで歩くにはこちらの方がやっぱいいな。
時々展望のある場所に出ると、ガスが切れて雲海が見えたりして、雪野さんを妙にワクワクさせます。
15_201709290025437fc.jpg

三本カンバ射程圏内(`・ω・´)シャキーン
この景色見るのが、結構うれしい。
もうちょっとで楽になるって思ったりして(。・w・。) ププッ
16_20170929003642ef3.jpg

そしてなにより、青空が見え始めましたヒャッホゥ♪ヽ('∀'*)ノ┌┛゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
17_20170929003643597.jpg

でも横を見ると、稜線はがーすーに飲み込まれ、絶望的( ̄ω ̄;)
18_20170929003645d78.jpg

オヤマリンドウの葉も秋色に・・・
19_201709290036465dd.jpg

11:43、三本カンバ着♪ ٩( ´ω` )و ♪
21_20170929003914b0c.jpg

この三本カンバのある登山道の真ん中に、ダケカンバの倒木があるんだけど、これが倒れてなかったら四本カンバ?とか思ったりしてブッ(´→з←):;*.:;
倒木の断面がムンクさんみたいだった・・・w
20_20170929003648b48.jpg

お食事中のイモムシ。
目がかわいい(。→ˇ艸←)プククッ☆
22_20170929003915cf4.jpg

そして、アカモノがまだ咲いていてビックリΣ(゚д゚lll)
23_2017092900391720c.jpg

コゴメグサも。。。
24_20170929003918689.jpg

オトギリソウも・・・
25_20170929003920c36.jpg

三本カンバからすぐの所で、越後パーティーさんが休憩中でした。
挨拶をして先へ進む。

マイヅルソウの実。
27_20170929004219cd2.jpg

福島の三人パーティーさん(`・д『☆』 発見!!
28_2017092900422199e.jpg

青空と雲海、いいぞ✩.*♪(o´∇ `o)♪.*✩
29_2017092900422223d.jpg

だけどどうしても、稜線はダメっぽく、もうすぐそのダメな場所に突入します。。。
30_20170929004224d3a.jpg

ミツバオウレンも咲いていた∑(´Д`*)ノノ!!
31_20170929004225ffd.jpg

青空ガンバレ
32_20170929004454984.jpg

ヒメさまの種かな(。・w・。) ププッ
33_20170929004455500.jpg

12:18、梶川峰着。
5時間15分くらいで着きました。
日帰りの時より早い( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
34_201709290044577df.jpg
ここで休憩していた男女2人組さんに挨拶。
どこに泊まるのか聞かれたので、門内だと答え、早くビールが飲みたいの~なんて話しながら、先を急ぎます。
だって、長谷川さんに「泊りでも2時までに到着!」って言われた言葉が頭の中をグルグルしてますので、無駄にダラダラしてられません。
ここから1時間半あれば着く予定なので、何とか2時前には着ける計算です。
さて、行きましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪


しばらく聞いてなかったんだけど・・・
また復活(*`艸´)ウシシシ







参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト




【2017/09/29 01:11】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |

目目連さん♪
雪野
やっぱミヤマですか。。。
オオクワじゃないと高く売れないんですよ(`Д´) ムキー!
って、仮に捕獲しても上に連れてけませんでしたね( ̄ω ̄;)

私はいつも、春~初夏は山菜レーダー、初夏~夏はお花レーダーとアンテナ張り巡らせてるので、人が見つけないものもパッと見つけます(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
特に、人が見つけられないような小さなお花を見つけるのは得意です(。・w・。) ププッ
何を被写体として捉えるかって、人それぞれなんですよねぇ。
で、私は人間を被写体と思ってないので、今回も人間が写り込んでるの4枚あったかどうかです。。。(全部で200枚近く撮ってるのに・・・)

tomさん♪
雪野
方向性なんでしょうかねぇ?
私はザックを軽くしても重くしても、早く歩けないんです┌┛┌┛ズコ!
その代り、重いのを担いでダラダラ歩きは得意です(`L_` )ククク
寝不足の割に今回は涼しくて体調も良かったので、ザックもそんなに重いって感じなかったんですよ(;^ω^)
私は日帰りザックでも、多分2桁行ってると思います。
無駄なおやつがいっぱいなので、それを省けば軽くなるのですが。。。
ただ、通常がそんなで歩いてるので、重いのを担ぐのに慣れてるんだと思います(。・w・。) ププッ


目目連
雪野さん

雪野さんが今にも握りつぶさんとしてるのは、ミヤマクワガタのオスですね。
けっこう大ぶりで形のいいやつです。
ミヤマは越冬できないタイプだし、暑さにも弱いし、カッコイイくせに一番生命力が無いです。

ムンクだったり、芋虫だったり、雪野さんって色々みつけるんですね。
そう言うピンと来る感覚がいい写真を撮るのに必要なんでしょうね。

いつも楽しく読ませて頂いてます <(_ _*)>
tom
いつもながら、雪野 さんはパワフルですね~(×_×;)!!!

丸森よりラクかも知れませんが、あの梶川尾根を17㌔ザック⇒20㌔超で這い上がるなんて想像出来ません (/-\*)
※ まっ、ニョロ ~>゜)ーーーーー との遭遇確率は低くなると思いますが...

いつも一桁台しか背負わない軟弱モノからは羨望の眼差しです٩(๑❛o❛๑)۶

素敵な山旅の続き&綺麗な画のUPを楽しみにしてますよぉ~♪

コメントを閉じる▲
太腿がバッキバキで前向きに階段が下りれません。
雪野です、コンバンハ(;´Д`)

どうせ前倒し更新するから言っちゃうけど、飯豊に行ってました。
大好きな門内に泊まりで。
軽量化したつもりが、途中から毎度の20㌔になってました(;'∀')
一般山行なら、20㌔越えでも筋肉痛にはならないのに、やっぱ飯豊だなぁって、今更ながらに思ってます(;^ω^)
紅葉は最高でしたよ。
今週末まで稜線の紅葉はギリ持つか???
見たい人は急げo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
81_20170927004024efd.jpg




シモフリ新道の続き

ザレた細い稜線を超えると、また刈り払いの入った藪。
刈ってあるんだから、もう藪ではないのか(;^ω^)
たま~にモサってる場所が出てくると、萌える(*´ω`*)
36_20170927004135093.jpg

そしてポンッと開けた場所に出たので、ちょっと休憩。
実はそのちょっと前から「腹減ったー腹減ったー」とずっと叫んでたのだ。
あと10分も歩けば山頂に着きそうな勢いなのに(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ

ひささんからどら焼きもろたー
37_20170927004135d78.jpg

Sさんから流れ梅もろたー
38_20170927004137860.jpg

そして、歩いて来たルートを眺める。
左側の尾根から沢を超えて、中央奥の白いとこからトコトコして来たかと思われる(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
いい景色(。→ˇ艸←)プククッ☆
39_20170927004138f01.jpg

再出発。
ケルン戦争は何をしたって私の勝ち(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
だがしかし、ひらさんがこの後破壊する。。。( ̄ω ̄;)
41_20170927005033875.jpg

おい、お前ら・・・
40_20170927005031ae0.jpg

私の前を・・・
42_20170927005034b4c.jpg

歩くなって言ってんだろ!!!!!

43_201709270050350be.jpg

( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお

そして正規ルートへぶつかる直前、先にルートを見つけたひささんが振り返り爆笑している。
「すごい行列(;'∀')アハハ」
嘘ついてんだなとか思って怪訝な顔しながら、私も正規ルートへのフチに乗り上げると・・・
44_20170927005037396.jpg

なまじウソでもねかったな( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

しかもこちら、正規ルートに沿って張られているロープの外から湧き上がって来ています・・・
「なんか言われたらどうする?」的なひらさんの質問に「新しい道できたんだがね!って答える( ̄ω ̄;)」「新潟弁丸出し。。。」
そんでもって、まんまとロープ向こうの山ガールにとっつかまったひささんが「自己責任で(;^ω^)」って説明してました。

一般登山者のフリをするヘンタイ達。
45_201709270054446fd.jpg

振り返ると、キレイな雲。
47_20170927005446276.jpg

疲れてヘンタイ達から遅れをとる。
普段この時間は、既に東吾妻に逃げてる時間なので、この時間の一切経の恐ろしさを目の当たりにしました(;'∀')
48_20170927005448cca.jpg

10:14、一切経山頂着。
49_20170927005449dde.jpg

ひらさんとSさんは一切経は初めてとの事で、魔女の瞳を覗きに行く。
50_20170927010016a8a.jpg

今日は比較的、魔女もキレイに見えてるので、何分もいないうちに退散キュィーン ……ε( o・ェ・)o
うるさいとこ苦手な人間が多いパーティーです(;´∀`)
19347967.jpg

後ろに着いてたひささんに「下りは早いのね(;´∀`)」と言われ・・・
下りだけはまかせろ( ̄ω ̄;)
登りでコースタイムをオーバーし、下りで挽回する。
これ、雪野方式(*´∀`)アハハン♪
51_20170927010017730.jpg

秋が始まってました。
52_20170927010018a53.jpg

去年のGWは、この鞍部まで来て一切経へは登りませんでした。
53_20170927010020efc.jpg

日が差してるので青がキレイ.゚+.(´∀`*).+゚.
54_2017092701002177b.jpg

さて、歩いてる途中から、家形山に行くとか何とかヘンタイ達が会議してたので、「行かねーだろ( ̄ω ̄;)」とか言ってたんだけど、行かなくちゃダメな空気が漂い・・・
一切経を対岸から眺める。
56_20170927010439189.jpg

明らかに毒っぽい・・・
57_20170927010440f1b.jpg

そして結局、家形山に向かって歩いて行ってしまう。
59_20170927010442d12.jpg

11:07、初めての家形山着。
仙台のヘンタイのザックが放置してある・・・
60_201709270104442f6.jpg

山頂標識と三角点を見に行ったらしい、ひささんとSさんが帰って来た。
Sさんからまたおやつもろたー
61_2017092701071043c.jpg

そしてひささん土産が出てくる。
仙台と言えば牛タン。
だがしかし、いつもバーナーを持ち歩いてる私とSさんは、今回、超人ひささんと歩くという事で軽量化してしまった為、バーナーを省いてしまった。。。
全てを持っていたひらさんが神に思えた。・゚・(´□`*)・゚・。
62_201709270107127aa.jpg



逆に今回は、私たちに合わせてのんびりご飯を食べる為に、ひささんがバーナーを持って来てたり(普段、行動食のみで、移動しながら食べますこの人。。。)
虚しくおにぎりとパンだけのランチになるかと思ってましたが、まさかのお肉の出現でテンションアップです(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
ひささん+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚ァリガトゥ

そして本来ヘンタイ3人だけなら、すぐに先に進むんだと思うけど、写真の時間見ると2時間弱も山頂で遊んでたみたいなんですよね(;^ω^)
県外の友達どころか、県内の友達でもソロの人たちばかりなので、あまり集まる事がないゆえに、いっぱい話す事があったのかな(。・w・。) ププッ

そろそろノロッと下りましょう。
奥に見えるのが、歩いて来たシモフリ新道。
63_20170927010713056.jpg

64_201709270107146bd.jpg

魔女、またねヾ(*'-'*)マタネー♪
65_20170927010716458.jpg

帰りは緩い、もしくは平らな道を延々と歩くので、途中で飽きてきちゃって、ひらさんに競歩を教えてもらうが、結構難しくてマスターできなかった_(:3」∠)_
ゴゼンタチバナの実
67_201709270116044ad.jpg

そして、いつも私がモウセンモウセン言ってるので、ひらさんも去年からずっと見てみたいと言ってるんだけど、まるで探せないままだったので、もしかしたら慶応山荘に続く湿原に生えてないかと思って寄ってみる。
が、全く生えてる感じの植生ではなく。。。
慶応山荘も玄関の工事中でした。
68_20170927011605e87.jpg

去年より、ちょっとはマシになった橋。
70_20170927011608376.jpg

食べられてしまった看板・・・
71_20170927011915545.jpg
「ニッポンビールってなにー」って叫んだら、一号と二号が即答した。。。

ほんとに長い、飽きる(;´Д`)
前に来た時、こんなだったっけ・・・
72_201709270119170d4.jpg

看板キラキラ(;´∀`)
マニキュアでも塗ってるのかな?
73_20170927011918b79.jpg

エゾシオガマ
75_20170927011921d68.jpg

ウメバチソウ
76_201709270141390d2.jpg

ネジバナを見つけた♪
77_2017092701234782e.jpg

15・12、ゴール。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
沢で洗濯。。。w
ひささんに「汚い水が流れて来る!」って怒られたけど、何言ってんだこの人って思って「心が澱んでっから水が濁って見えんだよ!」って戦争勃発しました( ̄ω ̄;)
19406630.jpg

駐車場でまた少しおしゃべりして、ひささんは仙台へ、私たちは新潟へ。
帰り道、車の中から、シモフリ山とラクダ山を見る。
いつも小富士から見てた景色、あそこにやっと行けました。
78_2017092701234934e.jpg

誘ってくれたひささん、一緒に歩いてくれたひらさんSさん(人''▽`)ありがとう☆
また、ゆるゆるグダグダで遊びましょう(。・w・。) ププッ

80_20170927012350426.jpg





参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 



【2017/09/27 00:32】 | 福島の山
トラックバック(0) |
降ったり止んだりのおかしな空ですが、天気予報では週末はお天気よさげなので、そのまま行ってもらいたいもんです。
でも結構、地元の山は朝ガスまみれで見えなかったりってのが多いので、他の山はどうでしょう(;^ω^)
79_201709210037019f8.jpg
大嫌いなパッキングも何とか終え、あとは多少のつまみを明日補充して完了かな?
忘れもんねーんだろうな。。。って、毎度自分が信じられない(;'∀')


それにしてもすごいぞー、今週は3つも記事上げてる∑(´Д`*)ノノ!!
山に行かないと、単純に写真の現像作業がなくなるので、その分の時間が出来るらしい。。。
現像作業ってのが、なかなか時間がかかる場合が多いです(;'∀')
まぁ、紅葉前に見てもらいたいルートと景色があるので、今週中には完結しませんが、第一章からスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン


9月初旬、仙台の山友、ひささんから連絡が来た。
「なんした?」って思ったら、12月に白山の避難小屋で一緒に宴会をした地元の山友Sさんと、シモフリ新道から一切経に上がるとの事で、集合をかけられた(´ェ`)ン-・・

なぜ私を誘うヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット・・・

今まで何度か、このシモフリ新道をひささんは歩いてるんだけど、このルートは廃道なので、ハイマツ帯の藪漕ぎが待っており、いつぞやひささんが突入した際は、あまりの藪の激しさに、ズボンのお尻が破けて。。。( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
な事件があったほどの藪らしかったのですが、最近、地元山学会の方が刈り払いして下さったらしく、速攻で招集令が下されたという流れである。
刈ってあれば、普通の人も歩けるという計算・・・
だけど・・・お断り申す( ̄ω ̄;)
だって考えられないもの。。。
ひささんもSさんも、尋常じゃないスピードで長距離歩くから、いくら雪野さんにスピード合せるって言ったって、どう考えても恐ろしすぎるパーティーじゃないか( ̄ω ̄;)
しかも私、盆明けから山に登ってないというのに、左膝が痛くて、それをかばっていたら右膝と左足首も痛んで来たと言う。。。
でも、2人とは1年近く会ってないし、会いたいなぁって気持ちもあるんだけど・・・お断り申す( ̄ω ̄;)
なので、お気楽ルートから登って、みんなを一切経の山頂で待ってるって言ってるのに「迎えに行くから、一切経から浄土平に抜けてもOKだよ!」って、オイ、私の言う事を聞いてないだろ( ̄ω ̄;)
どうしてもシモフリ新道を歩かせたいんだなぁって思って、足の状態を見たいから2日ほど返事を待ってもらう。
そうこうしてるうちに、Sさんから連絡が来て、これまた白山の宴会で一緒だった、ひらさんも来ると言う<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!
この時点で、雪野的ヘンタイ山友TOP3のTOP3が集まりました。。。
だってマジ、ヘンタイレベルの歩きをする人たちですよ( ノД`)シクシク…
ひささんは日帰りで30㌔超歩行とかするし、ひらさんは白山-粟ヶ岳の日帰りピストン(一方通行でも厳しい)、Sさんは五剣谷日帰りピストン、雪野さん、裏山でゲーゲー_(:3」∠)_
絶望的なメンバーに囲まれること決定でしたが、単純に久しぶりに友達に会いたいってだけで、結局参加┌┛┌┛ズコ!
先日、目目連さんのブログで紹介していた、アルニケアという痛み止めのクリームが届いたので、必死にそれを塗って足のメンテをがんばりました。

完全復活ではなかったけれど、必要以上に足に負担をかけないように歩こうか。。。ってとこまでは回復。
そして、ひささんに指令を下す。
「絶対に私の前を歩くな( ̄ω ̄;)」
そうすれば、奴らの暴走を食い止められます(*`艸´)ウシシシ

当日は、ひらさんの車に乗せてもらって、不動沢の駐車場へ向かう。
駐車場ちょっと手前で、朝日を狙うひささんを捕獲(=°ω°)ノぃょぅ
ひささんとSさんは、何度か一緒に山を歩いてるんだけど、ひささんとひらさんは文字の会話はしていても、会うのは初めてでしたが・・・まぁ大した事ではないです(´∀`*)ヶラヶラ

良くない事ではあるんですが、この日ちょっと安心したのは、Sさんも足の調子がイマイチって事で、前の週に月山で買った金剛杖を持ち出してた事(;'∀')
普段ポール使いません、この人(;´Д`)
みんな基本的に使わないかも。
ひささんは使ってるの見た事ない(;´・ω・)
2_201709210110097f3.jpg

ひらさんも8月に捻挫をして、大事を取ってしばらくお休みしての復帰だったので、とりあえずポンコツ越後組でノロッと(;^ω^)
朝日は残念ながら雲の中。
3_2017092100365702b.jpg

5:27、1年半ぶりの不動沢スタート。
前回は残雪期でしたね。
登山届の箱の下の看板に
「走り登山禁止」
私も賛成ですね。
理由はこの看板に書いてある事とほぼ一緒。
熊との遭遇率は、なるほどって思いました。
4_20170921003658d79.jpg

ここまではっきり書いてあると、整備される方々も大変だったんだろうなって言うのが伺えます。
5_20170921003659062.jpg

さて、約束通り、ひささんから「先頭行け」と指令が出ましたので、先頭歩きます(*´益`*)ニタァ
ワタクシ、必死過ぎて今回はあまり写真がございませんので、3人とこから写真パクって来ましたブッ(´→з←):;*.:;
19306457.jpg

グダグダしゃべりながら、ノロノロの雪野ペースで50分、賽河原着。
看板の何メートルか手前、進行方向左側に、枝でふさがれたシモフリ新道の入り口があります。
19347819.jpg

ここからは刈り払いが入ってると言っても、公式ルートではありませんので、自己責任でお願いします。
テープやマーキングも沢山ありましたが、不明瞭な箇所もありますので、必ず地図も携帯して下さい。
最近は、スマホでもアプリなんかでGPSが使えるので、紙の地図を持たない方もたくさんいらっしゃいます。
でも、デジタル機器なんてのは作動しなければ何の意味もないので、紙の地図は必ず携帯して欲しいと思います。
そして、地図すら持たない人が、ツェルトなんか持ってるとは到底思えませんよね。
ツェルトすら知らないかもしれません。
山は怖い場所、死ぬ場所だという認識がない。
「怖い場所だって分かってる!」なんて口で言っても、ほんとに怖いと思ってるなら、必死に山と向き合って、死なない為には?と考えるはず。
最近のSNSが良くないと思うんですよね。
いいねが欲しい、「すごい!」って称賛されたいばっかりに、無謀な事をする人がいっぱい見受けられます。
天気が悪くても、行かなければいけないとか、私から見れば中止、停滞、撤退しかないだろって思うんですが、近頃はそうでもないようです。
そんなお話は、あとで出てくるアルプス一人旅の時にでも。。。

賽河原から木のバリケードを超えて進むと、案外道は見えやすく、地元の山っぽい感じです。
時々、笹の勢いがすご過ぎて、足元が若干見えなくなるシーンもありましたが、そんな時に「楽しいね」ってニヤニヤすると、しょっぱい顔をするSさん・・・(;'∀')
藪はあまりお好みじゃないらしいです( ̄ω ̄;)
6_20170921011739899.jpg

キノコがいっぱい生えていて、秋感満載。
ひらさん曰く、タマゴダケだって言うのですが、信じられないのでスルー( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
8_201709210117413e2.jpg

美白の子も♪
7_20170921011741328.jpg

シラタマノキの実がいっぱい。
何年か前、初めて食べて衝撃を受けた・・・
歯磨き粉と言うかサロンパスというか、クッソマズイ(;´Д`)
ぐぐってみたら、10月の下旬くらいになると甘くなるそうで・・・(・∀・)ニヤニヤ
10_20170921011744355.jpg

6:36、開けた場所に出る。
ここの方が賽の河原っぽいよねぇ?なんて話ながら、ひささんとケルン戦争勃発(`Д´) ムキー!
19347820.jpg

私が負けるはずないじゃないか(*´д`)y-゚゚゚
9_2017092101174352c.jpg

19347828.jpg

芸術的すぎて、上乗せする気になれず(;'∀')
12_20170922005402cf9.jpg

ツルリンドウが咲いてました♪(閉じてるけど)
13_2017092200540219e.jpg

沢沿いをトラバース、これくらいの荒れ方がいい感じ(。・w・。) ププッ
14_20170922005404569.jpg

渡渉しまーす
15_20170922005405f93.jpg

すぐまた第二渡渉がやって来ます。
ここで無理矢理休憩入れました((´∀`*))ヶラヶラ
19389308.jpg

渡渉から先は、稜線に上がる為に急登になります。
そして道はちょっと不明瞭になりますが、ひささんから「とりあえず稜線上がればいいだけだから」との事で「じゃあ、どこ歩いてもいいんだな。藪か(*´ω`*)」って流れになって行きます。
が、薄ら踏み跡は見えてるので、大丈夫ですブッ(´→з←):;*.:;
19347838.jpg

黒プーのウンチョスかと思って焦ったら、真っ黒なキノコ┌┛┌┛ズコ!
16_201709220102112c7.jpg

7:21、稜線に上がる。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
小富士が見えました♬(((o(*゚▽゚*)o)))♬
17_201709220102131e9.jpg

ヘンタイ一号と二号ひささんとひらさん、2年越しにやっと御対面する事が出来ました(。・w・。) ププッ
後から友達になった私の方が、それぞれと先に会っちゃってね(;^ω^)
18_2017092201053695c.jpg

荒涼とした感じがかっこいいね(。・w・。) ププッ
越後組。
19347849.jpg

7:41、次なる展望台へ。
ここまで来ると、シモフリ山も見えてきました。
小富士から見てた時、行きたい~って思ってたのは、シモフリ山~ラクダ山だったんだと判明。
19_20170922010838346.jpg

次は、あの白いピークへ。
あのピークへと続く藪がひどすぎて、ズボンのお尻がパックリ・・・だったらしい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
温泉に行ってズボン脱ぐまで気づかなかったとか。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \
20_20170922010840970.jpg

ワタクシ、言い忘れてましたが、ポール持ってるのに途中で毎度の仙人棒を取得いたしまして、ラクダ棒と名付けました(´∀`*)ヶラヶラ
19347855.jpg

入口がキレイに刈られているのを見て、ひささん大感激。゚(゚´ω`゚)゚。
越後組は初めて来たので。。。ありがとうございます(。・w・。) ププッ
なんせハイマツとシャクナゲなんていう、藪最強な2種類で構成されてたりしますので、漕げないでしょ、普通ww
19347857.jpg

刈られた藪をすり抜けて、白いとこに出ました。
19347859.jpg

右がラクダ山、左は手前のトンガリピーク。
巻いて進むのかと思ったら、ピークを超えて行くらしい・・・
21_20170922010841d47.jpg

と、後ろを振り返ったら、男ども∑(´Д`*)ノノ!!
登りたがるのぅ、こーゆーとこ・・・
って、普段は私も岩を登るのは好きなんだけど、今日ばかりは体力温存。
この人たち、怖いから(((((((;´д`)))))))
22_20170922010842cfe.jpg

さ、トンガリピークへ向かいましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
19347869.jpg

ピーク直下、よそ見しないで気を付けて・・・って、Sさん楽しそう(;'∀')
19347875.jpg

トンガリピークを登り切ると、ドーンと小富士が近づきます。
ラクダ山と反対方向へ行くヘンタイ一号ひささん。
25_201709220125410df.jpg

スカイラインが見えました。
車やバイクで走ってる人、まさかここを歩いてる人間がいるとは思うまい(;^ω^)
実は後で刈り払いして下さった方から、スカイライン某所から直接ラクダ山に上がるルートも教えて頂きました♪
26_20170922012543663.jpg

ラクダ山へ。
24_201709220130370e2.jpg

ラクダ山のピークは、登山道よりちょっと上。
でもラクダは登ります。
だって、ここに来たかったんだもの(。・w・。) ププッ
岩ゴロゴロでしたォオー!!(゚д゚屮)屮
27_2017092201254443f.jpg
ひささんもSさんも一眼レフで撮ってるんだけど、ひらさんはスマホなので「どうせスマホだし・・・」ばかり言ってましたブッ(´→з←):;*.:;

ラクダ山を振り返ると、こんな景色でした。
28_201709220133012ed.jpg

ちょっとケリ入れたら、崩れてしまいそうな岩(;'∀')
胎内岩みたいだから「潜って来いよ!」と叫んでみるが、誰も行かず・・・
29_201709220133037af.jpg

人が歩いてないので、岩は崩れるし足場は緩いしで、ラクダから先はちょっと慎重に・・・
慣れてない方が行かれる場合は、ほんとにラクダ山手前のトンガリピークから先は慎重に歩いてください。
ルートファインディングも間違わないように。
この岩場も直進せずに、トラバースして下さい。
30_201709220133031db.jpg

直進するとこんな感じで終了コースなので、慎重にトラバースして下さい。
19347919.jpg

振り返ったら、絶景が待っていました(人´∀`).☆.。.:*・°
32_20170922013306a8b.jpg

34_201709220138259c7.jpg
殺す気か!とか暴言吐きまくったけど、誘ってくれてありがとう、ヘンタイ一号( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

クロマメノキの実を食べたらしい、獣様のウンチョス。
紫色になるんだね(;'∀')
33_20170922013823c6e.jpg

慎重に歩けと言いましたが、私とSさんが戦ってるように見える。仲間割れか?と、ひささん言われていた写真。。。w
19347927.jpg

金剛杖とラクダ棒で戦ってるように見えますが、何してたんだっけ?って真剣に悩んでみたら、どうやらSさんに、背中にラクダ棒を刺すやり方を教わっている最中のようです(;'∀')
ワンピースのゾロになりたかったらしい( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
19347929.jpg

一切経のフチも見えてます。
もうすぐ・・・なのかい( ̄ω ̄;)
がんばれ自分_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆
他の3人は頑張らなくても大丈夫・・・_ノフ○ グッタリ


深夜2時前。。。ノリノリすぎる( ̄ω ̄;)





参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


【2017/09/22 02:08】 | 福島の山
トラックバック(0) |