FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
今週末は天気が持っても、風が強いんよねぇ・・・今週末もヒッキーすっかなぁって思ってたんだけど、いいこと思いついたんで、外に出ることにした(´∀`*)ウフフ

そんで、また消えちゃうポイントが3500Pもあったので、ポイント使って帽子をこーた。
先月、ナナちゃんとICIに行っておにゅーの帽子を買ったんだけど、その後に行った好日で、こっちのデザインの方が好きー└(:3」┌)┘))ジタバタとなった帽子。
高いんで現金は出したくないんだけど、ポイントなら・・・で(*・з・)ぷッ
帽子4つ目・・・
服もいっぱいあるけど、帽子4つとか何すんだろポカ―(*゚ д、゚*)―ン
4_201506122218161bd.jpg

そして、引っ越し作業中のMSR。
結局、会社の近くに引っ越す為の今回の動きですが、昨日はほぼ何もない新居に居たらしく、ご飯を買って帰るのを忘れたと言う。
「買いに行って食え!」と言うが「めんどくさい」らしい。
雪野さんも最近、物忘れが激しいので、アルツハイマーが始まったのか?と不安になりますが、ご飯を食べる行為を忘れるって事はあり得ない(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
万が一、買って帰る事を忘れても、絶対買いに行くわー└(:3」┌)┘))ジタバタ
その結果、ここで体型の差が出ます。
MSR激しくスリム、雪野さんでーぶー




さて、姫神山を後にし、ちょっとだけ北上します。
車で一時間、本日二座目、七時雨山の登山口に着きました_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
「ななしぐれ」
その文字を見た時、言葉の響きにウットリしちゃって、二座目決定(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
ほんとはそれだけ、お天気がコロコロ変わる山って意味らしいんだけど(;^ω^)
山頂でお昼にするかなぁ?って思ったんだけど、二座目だし、翌日も控えてるし、体に負担掛けないようにしようと思って、駐車場でマル塩タイム(*・з・)ぷッ

10:17、二座目のスタートですヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
駐車場から見える七時雨山。
山の取りつきまで、めっさ遠いw
1_201506122219129ed.jpg

2_201506122219144de.jpg

登山口に向かうには、まずゲートをくぐるのです。
3_20150612221915dda.jpg

ゲートの向こうの木に、いっぱい咲いてた花。
4_201506122219166bc.jpg

そして、足元の草わらの中に、ゴミいっぱい落ちてんなぁって思ったら、フデリンドウさんじゃないか∑(´Д`*)ノノ!!
お久しぶり~(*´ω`)o
ほんと、ちっこくてかわいい
5_20150612221918f6b.jpg

とりあえず歩く。
これはこれで、かき分ける草がなく、スムーズに歩けて優雅だ.゚+.(´∀`*).+゚.
6_201506122246262a6.jpg

立派な標柱。
7_2015061222462841a.jpg

林の中に突入。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
新緑がまぶしい(๑→ܫ←๑)
8_20150612224629505.jpg

コバイケイソウかバイケイソウか、とにかく咲いたらすごいだろうな、これって思った場所。
9_20150612224630b56.jpg

ズダヤクシュもいっぱい。
10_20150612224631f30.jpg

林は5分くらいで抜ける。
11_201506122249490e1.jpg

この辺から、不穏な空気が漂ってくる。。。
固形地雷
12_201506122249517bd.jpg

液体地雷
13_20150612224952627.jpg

ふと振り返ると、稜線歩きをしたら気持ちよさそうな山が背後にある事に気づく。
地図を見たら、田代山という名前らしい。
14_2015061222495378f.jpg

地味に進んで行くと、地雷を埋めた張本人たちに出会う(((((((;´д`)))))))
15_20150612224954e84.jpg
はいここは、放牧地の中を通過して、山へ登るのです(;´Д`)
だから、あちこちに地雷が埋もってます(;´Д`)
地雷を踏むと、その後の車中泊が切ない事になるので、注意しながら歩きます(;´Д`)

車道を横切った。
放牧地の中にも、車が走った跡がある。
16_20150612225234f0f.jpg

いいお天気で、緑もきれいで。
向かう七時雨山が見えて来たけど、あれは山頂ではありません。
手前の別ピークだと思う。
17_20150612225236aa8.jpg

途中、ニリンソウが群生していて、思わず駆け寄る。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
うっかり地雷の事を忘れた瞬間であった・・・
18_20150612225237acc.jpg

19_2015061222523883f.jpg

10:51、二合目の看板、遠いww
21_20150612225603776.jpg

足元に咲いていた、ちーっさい青い花。
地雷に注意しながら、トリニティーポーズで撮影。
歩く事より、撮る事の方がめっさ疲れる_ノフ○ グッタリ
22_20150612225604d5a.jpg

どうしても気になる田代山。
歩けるんだろ?あの山?って気になって、目を凝らす。
23_20150612225606463.jpg

あー、あるねあるね、ジグザグの登山道見えたね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
24_20150612225607538.jpg

(●`エ´)ノ ‘`-ィ
25_20150612225609d2c.jpg

と、案内板があったにもかかわらず、藪へ突進しようとしたその時、ゲートからお姉さんが湧いて出て来た。
「あれ?登山道そっち??」って聞いたら「こっちですよとお姉さん。
お姉さんに地元の人間か確認したら、岩手の方だと言うので、田代山の事を聞いてみる。
お姉さんはトレラン姉さんらしく、田代山を走ってから、七時雨を走り終えて下りて来たらしいΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
どうやら、向かって左端から右へ向かっても登山道が走ってるらしく、次は田代山に行きたいなーと思った(´∀`*)ウフフ
トレラン姉さんと別れて、先へ進む。
26_20150612230300e1c.jpg

放牧地を歩いている時から目が痛かったけど、この畑の土ぼこりが舞って目に入っていたんだなつД`)
今度は畑の横を歩く。
27_2015061223030251f.jpg

ゲートから200mくらいかな、やっと本格的な山道に入る。
11:01、三合目
28_201506122303035e5.jpg

29_2015061223030564f.jpg

葉っぱの上で、死んだように固まって動かないハルゼミ( ̄ω ̄;)
30_20150612230306639.jpg

スタート地点から、いきなりブナ林ってのが、杉林の地元の山で育った私には、超新鮮ww
明るいんですよ、景色がw
31_201506122305209b5.jpg

32_201506122305220f2.jpg

枯葉の間に、フデリンドウ。
アンテナ張ってないと、見逃しちゃう小ささ(*´ω`*)
33_20150612230524251.jpg

ユキザサ
34_20150612230524f8c.jpg

ここは、よく見るエンレイソウ。
35_20150612230526ec2.jpg

ズダヤクシュ
36_20150612230745859.jpg

チゴユリ
38_20150612230749317.jpg

11:24、五合目。
39_20150612230750d55.jpg

え?さっき五合目だったよね???(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
五合目から2分、六合目・・・(;´・ω・)
40_20150612230751cbb.jpg

緩急織り交ぜながらの登山道です。
既に下りて来る方も結構いて、うちの裏山みたいな感じなんだろうなって思いました。
41_201506122310329f2.jpg

今年初のカラマツソウ
42_20150612231033cb1.jpg

11:41、七合目
43_201506122310342fa.jpg

途中、上にぶら下がってた、奇妙な枝に気づく。
どうしてこうなった( ̄ω ̄;)
いったん下がって、また上に這い上がったなw
44_2015061223103628e.jpg

新緑の木陰の道が、ほんと心地いい.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
45_20150612231037b03.jpg

11:52、八合目。
46_20150612232058555.jpg

山頂は右端のピークかなぁ?
47_201506122321002ac.jpg

ここを抜ければ、稜線に上がるかな(。・w・。) ププッ
48_20150612232101c5a.jpg

稜線に上がると、結構風が強い( ̄ω ̄;)
49_201506122321032ee.jpg

ウワミズザクラの蕾が萎れてた。
50_20150612232104a1b.jpg

お宝もあるんだけど、どうにもこうにも今日は初日・・・
51_201506122322573be.jpg

これが昔からわからねぇ(多分、調べてもないのだろうww)
52_20150612232258e16.jpg

キャー、ここでもヒメイチゲ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
53_201506122323006d1.jpg

よーし、抜けるぞヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
54_20150612232302a46.jpg

12:16、七時雨山山頂着。
55_2015061223230389d.jpg

何か色流し込んだ??的な、ものすごく文字が良く見える一等三角点ww
56_20150612232452fb4.jpg

日本山岳会さんが立てたらしい標柱。
57_201506122324530d8.jpg

右に岩手山、左に姫神山
58_20150612232454732.jpg

もう一つピークがあるので、大体の方は縦走いたします。
59_20150612232456deb.jpg

ちょっと藪がうるさかったけど、距離が短いので。
60_20150612232458204.jpg

白いキクザキイチゲ
61_2015061223282810f.jpg

13分で、南峰着。
62_20150612232830aed.jpg

祠があったので、ご挨拶(-人-)
63_2015061223283240a.jpg

結構広めの山頂で、岩手山が良く見える(この日は霞んでいた)
63-2.jpg

ぺっちゃんこに潰れたパンを、涙ながらに食べて、1:00下山開始。゚(゚´Д`゚)゚。
北峰手前、雪野さんの目の前を横切る、2015年度初ニョロ様((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
「はぅぅぅううううううう」と、マジ声出ました_ノ乙(、ン、)_
1分ほどフリーズし、猛ダッシュで斜面を這い上がるハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ

北峰に戻ると、若いお兄さんが南峰を見て「あっちにも何かあるんですか?」と聞くので「あっちも山頂」と教えたが、どうも行かない雰囲気。
ここまで来て行かないとはもったいない(;´Д`)

そして北峰から10分くらい行った所だっただろうか・・・
2015年度、二度目のニョロ様横断中ガタガタ((((;;OдO;lll))))ガタガタ
もはやフリーズして動かない雪野さん。
誰かが来るのを待つ。
すぐに後ろからおじさんがやって来た。
「ヘビ!ヘビがいた!」
「えっ、ヘビがいたΣ(`д`ノ)ノ 」と、おじさんも驚いてる風だったが、ストックで藪をバンバン叩いて、威嚇していたww
おじさんの後ろを歩けば、ニョロ様には会わないな´^ิ ౪ ^ิ) ニャニャ…と思い、おじさんの後ろを歩こうとするも、おじさん超速で消えてった┌┛┌┛ズコ!

そして疲れて来たので、七時雨産仙人棒を拾う。
ニョロ様対策として、杖先がY字だぜぇ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
そもそもニョロ様の姿が見れないんだから、挟めないだろうよ・・・
64_20150612233320700.jpg

行きより景色が明るくなる。
65_20150612233322313.jpg

66_20150612233323b26.jpg

七時雨産の仙人棒は、ちょっと使い心地が悪かったので、他人様のマネをして、三合目で寄付( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
他人様の仙人棒、でかずぎww
67_201506122333246db.jpg

なんか、色が気持ちのいい山でした♪ ٩( ´ω` )و ♪
68_201506122344207d0.jpg

そして、敵がたわむれるゾーンへ突入( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
左の牛が、めっさ見てる。
69_20150612234422f02.jpg

黒いのがこっち見てた(ノ`Д´)ノ キィィィ
70_20150612234424586.jpg

まぁ、特に何も起こらず(*´ェ`*)ボー
71_20150612234621049.jpg

14:17、ゴールのゲートをくぐる+:。.。:+(ღ◕ ܫ◕)ノ【 オ ツ カ レ 】+:。.。:+
72_20150612234623b45.jpg

きちんと守りましょう(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
73_20150612234625dac.jpg

お手軽で楽しい山でした
次はぜひ、田代山とセットで(*´∀`)アハハン♪


道沿いにあった温泉に入り、2日目の山へ向かう。
どこかでおいしそうなディナーをと思うが、山に向かう時って、意外と店がない_(:3」∠)_
結局、地元のスーパーで惣菜なんかを買って、途中のダムでおにぎり食べながらボケーっとする。
ダムが好きなんですわ。
ダム湖自体は、そんなに興味がない。
ダムが好きです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
75_20150612234627057.jpg
手作りフキのピリ辛煮ってのが、予想外にピリ辛で、唇腫れる勢いで、ダムの向こうに見える、明日登る山を見ながら、爆弾おにぎりを食べるのでありました。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2015/06/13 00:15】 | 岩手の山
トラックバック(0) |

みなみる♪
雪野
みなみる正解(っ´ω`c)キュキューン

テングクワガタらしいです(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
このブログで、七時雨の花がいっぱい載ってたw

http://blog.goo.ne.jp/suzukishuhoku/e/e2ca8e42d6d419f336ee932baf8b8231

クワガタ系のお花は、雄しべと雌しべがめっさビローンてなってるのばかり見てたから、そーゆーもんだと思ってたww
ので、これはクワガタシリーズだなんて思ってなかったわ(。・w・。) ププッ

アオキは。。。
まぁアオキシリーズでいいって事にしよう(;´Д`)´д`);´Д`)´д`)ウンウン・・・
細かいこと考え始めると・・・容量足りなくなって脳ミソ爆発しちゃう_ノフ○ グッタリ

わらさん♪
雪野
みんなで小金持ちになって、自慢しあおうぜ(*”ー”*)フフッ♪
私の方は、さすがにそろそろ、貯まったポイントが下火になって参りましたヽ(冫、)ノ
地道にコツコツ(まれ風)でこちらも再度がんばりますヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン


minami
ちっさーい青い花、つられて調べてみたけど
テングクワガタとかカワジシャとかが近くねか?
葉っぱがいまいち見えない&微妙に違う気がするw
あーだめだどっちも違うっぽいなあ。

ちなみにアオキは雌雄異株でうちらが見てるのは
雄花なんだって。
ヒメアオキもよく似てるけどアオキより小さいらしい。
・・・って言われても両方同時に見ないと見分けは難しいだろなw



minami
(ノ`・Д・)ノオォオォアオキだああああ!!!
kyazuさんいつもありがとうございますぅぅ♪
すき〜り♡


わら
さっそくありがと~~~ヽ(^o^)丿

地道に努力して、高額なアレ買う。(カメラ系)
チッチャイコトカラコツコツト。

結構はまりそげです。


わらさん♪
雪野
東北は、ほんとに落ち着きます(*´ω`*)
とにかく出会う人も、東北訛りですごく優しいから、大好き゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜

いやいやいやいや、ニョロだけは存在を認めんぞ(;´Д`)
って、あいつらもそう思ってるだけどけど( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

じゃあ、こっそりTポイントの貯め方を( *´ノェ`)コチョーリ

・カード払いのできるやつは、公共料金を筆頭に全てカード払い。

・わら家は我が家より食費もかかるだろうから、スーパーでも使うべし。

・そしてヤフーカードを作って、ヤフーショッピングで買い物するべし。
ヤフーショッピングで買い物する際は「Tポイント週末倍」と「5の付く日5倍」の2つが合わさる「奇跡の日」に買うべし。
奇跡の日にテント買ったおかげで、大量ポイントを取得したので、シュラフカバーを買った(1万分)

・そしてこれ、すっげ地味なんだけど、ポイントサイトなどでポイントを貯めて、Tポイントに交換する。
非常に地味だけど、月平均で500ポイントは貯まるはず(´∀`*)ウフフ
貯まりにくいサイトもあるけど、のんびりだね♪

http://www.chobirich.com/

http://monitor.macromill.com/

http://ecnavi.jp/?utm_source=ecnavi_toolbar2&utm_medium=browser_addon&utm_content=ff&utm_campaign=task_alert#task_alert

他にもこんなサイトがあるけど、いっぱいやりすぎるとめんどくさくなって自爆しちゃうので、ほどほどにw
普段使ってるカードはツタヤTカードプラスで、ヤフーショッピングの時だけヤフーカードです♪

kyazuさん♪
雪野
姫神とセットで行ける山~って検索してたら、七時雨が引っ掛かって来て、どんくらいの時間で登れるんだろう?って思ったら、かなり手頃でw
裏山2座登った感じの初日でした(。・w・。) ププッ
山頂に着くまで、ほぼ展望は望めないんだけど、この新緑の色のおかげで、飽きる事もなく.゚+.(´∀`*).+゚.

おぉ、そうそう、木であります、紫の(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
椿の木みたいなのに、何だこの花?ってのが、一番最初に登った花見山の登山道で見たんだな。

キュウリグサを検索してみたけど、ちょっと違うぽいなぁ。
薄紫の花びらに、濃い紫の模様が入ってるんだよね。
雄しべと雌しべもピョコーンって飛び出してるから、別のやつなんかなぁ・・・


わら
やっぱ、東北の山はイイね~~♪

生命体って感じでさ。
固形地雷も液体地雷も、にょろもひっくるめ、みんなイイわ~~♪ 行きたくなるわ。

ところで、Tポイントをためるコツを、こっそり教えてください。  




kyazu
おおお!
同じく床屋でスッキリしてきたYo!!

七時雨山、この山も字面がイイよね(-^〇^-)
新緑のぶな林も木漏れ日が良い良い。
早春の雰囲気満載で魅力的i-185

昔からわからねぇ。紫の花は「アオキ」の花。
樹木のカテゴリーだから山野草などではヒットしないかもね。

ちなみに、ちーっさい青い花は「キュウリグサ」っぽい。

みなみる♪
雪野
床屋いてきたー|*´I`)ノ タダイマ

あの紫の、初めての登山の時から謎の花だww
みんな悩めばいい。
オラは待つのみ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

何かこの山、すっげ~雰囲気のいい山だった(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
急すぎないから、気持ちよく歩けるってのが、一番いい。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

山の先輩から聞いた話じゃ、木の上の枝に、ぐるぐる巻きになってるニョロとか見るとビックリするよねー(*´∀`)アハハン♪
ビックリどころか、心臓麻痺だわ・・・(_д_)

コメントを閉じる▲
一週間くらい、ぐならぐならと生気がないまま過ごしておりました_ノフ○ グッタリ
近しい人にだけ、ぐなぐなの原因を話しましたが、もうちょっとぐなぐなかな_ノ乙(、ン、)_

そんなこんなで、集中力が全く持って0の状態だったので、先週末の石転びはキャンセルさせてもらい。
進行方向に100%の意識を集中させなくちゃいけない場所なのに、意識は別の場所に飛んじゃってる状態なので(;´Д`)
これ、2日間とも超快晴だったら、kyazuさんに申し訳ないとこだったけど、土曜が悪天候だったので、若干救われた(;^ω^)

そんでもって、命について考える事も多かった最近ですが、生きるという意味で、決断。
と思ったら、kyazuさんから連絡。
雪渓の状態が悪すぎるので、今年の石転びは見送り。
私も同じ事を、連絡しようとしてた所でした。

去年より2週間早い段階で、去年の私たちが石転びに入った時より、雪渓の状態があからさまに悪くなっていました。
「今の時点でこれか?」って不安が募ったまま、どんどん雪渓は融けて行き、この前の週末に石転びに入った方のレポを見ると、去年、雪渓に取りついた場所にはもう雪がなく、取りつき場所で雪に埋まっていた大岩は完全にむき出しになっており、その先の雪の厚さも、想像がつきます。
もう、私レベルで入って行ける場所ではなくなっていました。
おとといですか、すでに石転びで滑落遭難の事故も起こっています。
私が「いやだなぁ・・・」って思ってた、小屋下のクレパスに落ちたらしいです。
怪我はしたけど、命が助かって、良かったなぁと思います。

これからまた一週間経ち・・・の雪渓は、もう想像がつきません。
経験値が高く、石転びの雪渓を見極められる人なら、正しいルート取りをしながら注意して登って行かれるんでしょうけど、私は素人なんで、あの状態の雪渓を登る勇気はありません。
ドのつく素人なら、多分怖さが分からないので、上がって行くでしょうけどね(笑)

飯豊に関しては「今が行く時」は通用しません。
そんな事で、今年の飯豊は、単純に空と花を楽しむ目的で遊ばせてもらおうと思います(๑→ܫ←๑)



5月に入ってから、毎週毎週、蝶ヶ岳~常念岳縦走の計画を立てるも、どうも気分が盛り上がらない。
人ごみ嫌いの私がアルプスに入れる、唯一の微妙な時期だと言うのに、やっぱアルプスってテンションが上がらない( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
あ、立山はもはやアルプス縛りじゃないので、あそこはテンション上がりまくりです
で、結局今年も、東北フリーパスを使って、東北遠征させてもらいました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
東北にしよう!って決めたら、めっさテンション上がって大変だったw
今回のメインは、姫神山。
だって、姫の神の山ですよ?
何かあるべ((o(´∀`)o))ワクワク
最初に岩手を訪れた時、早池峰と岩手山に登った訳ですが、こんな神話があり→神話
これを読んだら、姫神に行かない訳にはいかないでしょ(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

初日に予定してた山は、風速が20m近い事になってたので、これを2日目に回す。
2日目に予定してた姫神山の方が、まぁ風は強い予報だけど、風速13mとか4mだったので、まだマシだなと・・・w

22日の夜、がんばって7時くらいには家を出て、途中で大変な事に気が付いた。
20時になると、西会津~会津坂下間で高速が封鎖になるんだったΣ(`д`ノ)ノ
20時前に西会津を抜けねば・・・と、必死に頑張る軽自動車。
なんとか10分前に通過(;´Д`)

遠征に行く時は、もう出発した時点から眠くなるので、きっとエンジンをかけた瞬間から、山時間になるんだと思う(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
東北道も見慣れたもんで、宮城手前くらいまでは眠くてしょうがなかったww
宮城を過ぎると、今度は目がらんらんとして来て、ある意味安心?
時々、SAに入っては、おやつ物色で夜食のような
で、今回は日付が変更する前に高速を下りれたので、高速料金は8000円弱だったっけ・・・
東北フリーパスが6500円なので、この時点で元を取りましたサンキュ──ヾ(*´∀`*)ノ──♪

高速を走っている時は、全然風がなくて、道路上の表示も風速0mとかになってたんだけど、姫神山の駐車場へ向かい始めたら、枯葉が舞ったり不穏な空気( ̄ω ̄;)
駐車場のある、一本杉園地キャンプ場に着いたら、結構な風ではありましたが、さすがに12時過ぎたのでひたすら眠い。
速攻寝ましたブッ(´→з←):;*.:;

早朝、目覚ましは5時にセットしていたんだけど、何か4時に起きちゃったので、そのままご飯を食べて支度をする。
かなり大きい駐車場だったけど、私の他に誰もいない。
そんなにきつい山じゃないので、多分みなさん、スタートは遅いのかと思われました(。・w・。) ププッ

5:18、トイレの脇からスタート。
このトイレの中に、登山届がありますが、個人情報が丸見えタイプの登山届、どうにかしてもらいたいもんだ・・・

1_20150610235227693.jpg

2_20150610235229b38.jpg

キャンプ場を横断して進むのですが、キャンプ地内に、見た事のない青いちっこい花を(`・д『☆』 発見!!
kyazuさん情報で「ホタルカズラ」
3_2015061023523002e.jpg

そして、いい匂いがする~(*´ω`*)と思ったら、スズラン畑。
間違いなく畑ですよ!
4_201506102352328d5.jpg

いい香り・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
5_20150610235233f07.jpg

お宝もありましたが、初日なので。。。
6_201506102359390e8.jpg

振り返ると、遠くに岩手山。
7_20150610235941b2c.jpg

キャンプ場を抜けると、本当の登山口?
8_201506102359428a3.jpg

登山口からは、新潟ではもう終わっている花が、まだまだ盛りで
ほんと山は場所をかえると、咲いてる花が行ったり来たりで、季節の感覚がおかしくなる(;^ω^)
9_2015061023594371b.jpg

謎の花?葉っぱ?
これ、飯豊でも見たっけ・・・
kyazuさん情報で「ハナイカダ」
10_20150610235945fdd.jpg

ちょっと気持ち悪いけどww
11_201506110006114a4.jpg

今年初のホウチャクソウ
12_201506110006136a0.jpg

登山道は迷子になりようがないくらい、明瞭かつ整備されています。
13_201506110006147d3.jpg

チゴユリ
14_20150611000616bae.jpg

そして、ピンクっぽいエンレイソウΣ(゚д゚lll)
間違いなく、白ではない。
15_2015061100061713f.jpg

登山道に落ちていた、ワシャワシャした花。
17_20150611000833d31.jpg

名前がよろしくない、マムシグサ( ̄ω ̄;)
18_201506110008345f1.jpg

ここのイカリソウは黄色いと書いてる人がいたが、どうなんだろう。。。
イカリソウは、この1株しか見つけられませんでした。
19_20150611000836a9c.jpg

5:47、コースの名前になっている、一本杉着。
でかいΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
20_201506110008387a1.jpg

そこから数分。
21_201506110008400e8.jpg

なにがザンゲ?って、ザンゲしたくなるくらい、延々となんですよ・・・
22_201506110011023de.jpg

23_20150611001104153.jpg

24_201506110011055ba.jpg

何度もフリーズしながら着いた五合目。
6:04、1時間もしないうちに五合目って、素敵だな(*´ω`*)
25_201506110011089fd.jpg

五合目からは、朝日に照らされた緩やかな新緑の道を歩きます。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
26_20150611001108c79.jpg

27_201506110014018ce.jpg

たまに名残が出てきます└(:3」┌)┘))ジタバタ
29_20150611001403c8e.jpg

やっぱりピンク。
そして、このピンクしか咲いてない。
30_201506110014039cd.jpg

31_20150611001405a86.jpg

6:34、八合目。
この辺から、暴風区域突入ww
33_20150611001407ad7.jpg

これまた絶妙なバランスΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
35_2015061100162634e.jpg

上から見たら、ドミノ倒しになっていた。
36_201506110016289c7.jpg

森林限界に突入。
暴風(*・з・)ぷッ
37_20150611001630984.jpg

霞んだ空の向こうに、岩手山。
38_20150611001630a20.jpg

風が強いしなぁ。。。と思ったけど、やっぱり右の岩場コースへ行ってしまう(;^ω^)
39_20150611001632a0d.jpg

ここの岩場はマーキングがないので、ルートファインディングが必要。
ルート取りを間違うと、ドツボにはまるんじゃないかな?と思われましたw
40_20150611001822348.jpg

岩場の端っこで、城内口コースとぶつかる。
41_20150611001823b9e.jpg

7:08、ほどなく山頂。
42_20150611001825c9d.jpg

見晴らしのいい山頂なんだけど、空が霞んでるのでイマイチ。
43_201506110018261a4.jpg

姫神の神様にご挨拶をして(-人-)
祠の脇に咲いていた、アズマギク。
44_2015061100182723a.jpg

初めて見るタイプの、一等三角点。
埋め込み式??
45_20150611002132d81.jpg

46_20150611002134483.jpg

47_20150611002135560.jpg

姫神山山頂から、岩手山。
48_201506110021379b9.jpg

多分、風つぇ~とか言ってるんだと思われます。


7:14、風が強いので退散!
下山はコワ坂コースから。
49_20150611002138c9b.jpg

今年初のサンカヨウ
50_20150611002500fab.jpg

ちっこい
51_201506110025026e9.jpg

ツツジも見頃
52_201506110025034c7.jpg

今度は、正真正銘、白いエンレイソウ
53_20150611002505382.jpg

の背後に、よく見る黒いエンレイソウ
54_20150611002507006.jpg

カタクリも元気(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
56_20150611002731d7b.jpg

桜もまだまだキレイ
57_201506110027321b2.jpg

これは・・・?
ヒメイチゲ♪ ٩( ´ω` )و ♪
ちっこい、かわいい(人´∀`).☆.。.:*・°
58_20150611002734230.jpg

何の木か、私が聞きたい( ̄ω ̄;)
59_20150611002736753.jpg

こちらのコースの方が、緩やかですって書いてあったのに、ロープがバンバンぶら下がってるじゃねーか!!
60_20150611002737aec.jpg

ある程度行ったら、すぐに緩やか快適トレッキングルートになった.゚+.(´∀`*).+゚.
62_20150611003020b86.jpg

ツクバネソウ
61_2015061100301865c.jpg

と、ここで事件が起きた。



ʅ(。◔‸◔。)ʃ…Why?


これが分からないのねぇ。
ヒメイチゲみたくちっこいんだけどw
kyazuさん情報で「クルマバソウ」
63_20150611003021bc8.jpg

緩い。。。緩すぎて気持ちいい_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
64_2015061100302369d.jpg

65_20150611003024d51.jpg

巨大ダケカンバ(デカさが伝わらないのが悔しい
66_20150611003326452.jpg

このコースは、とにかくニリンソウが群生していてすごかった。
そのなかで一輪だけ、八重のニリンソウを|´・д・)σ 発見!
67_20150611003327f8f.jpg

ユキザサ
68_201506110033296ee.jpg

そしてビックリ現場に遭遇


だから教えてくれっつーの└(:3」┌)┘))ジタバタ
69_20150611003330692.jpg

何の木のコブ(* Д ) ゚ ゚
70_20150611003333a20.jpg

8:10、展望が開ける。
道がよすぎて、一回も地図出してないわΣ(゚д゚lll)
って気づいたので、ここで地図を開く。
向こうから別尾根がなだれ込んでるから、現在地はこの辺で、じき車道に下りますな(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
72_20150611003553530.jpg

山頂より岩手山が近く見える。
73_20150611003555c8d.jpg

ちっこい花
74_20150611003556334.jpg

車道見えたあああああヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
75_20150611003558169.jpg

8:21、コワ坂登山口着
76_20150611003559804.jpg

ここからキャンプ場まで、20分の車道歩きになります。
駐車場がないってのもあるけれど、こちらから登って行かれた方は、2名様だけだったかな?
キャンプ場着。
77_2015061100404642a.jpg

もう下りて来たの?とか、これから登る方々に声をかけられ(;^ω^)
トイレの近くに居た地元の御夫婦にも、何時に登り始めたんだ?とかいろいろ聞かれw
東北が好きで、毎年新潟から登りに来るの~とか話をし。
これから行く山の話とか、岩手弁vs新潟弁の、熱き戦いであった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

8:46、駐車場着。
78_20150611004048298.jpg

ここは多分、岩手県民憩いの山かと思われますw
駐車場はほぼ満車にになっていました。
79_20150611004049a6a.jpg

姫の名にふさわしい、穏やかで優しい山容でありました。
80_201506110040501d0.jpg


さて、姫神だけじゃ初日の時間を持て余してしまいます。
では二座目、行きましょかo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2015/06/11 01:04】 | 岩手の山
トラックバック(0) |

kyazuさん♪
雪野
岩手まで行くのは腹くっちぇなるけど、やっぱいい山いっぺことあるっけねぇ。
それを考えると、がんばれる!(でも帰りはがんばれないヽ(冫、)ノ )
でもなんだかんだ、毎年岩手に行っているのであった・・・

名前で惹かれる山ってあるよねぇ。
実は姫神の後に行った山も、名前に惹かれてチョイスって感じでしたww

毎度、花の名前サンキュ──ヾ(*´∀`*)ノ──♪
ハナイカダ、気持ち悪いですキモ━━ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙━━!!


kyazu
姫神って、やっぱり名前に惹かれる山だよねi-185
いつか行きたい山リストには入っているけど・・・
あっち方面は遠いんだよなぁ(-_-;)

キャンプ地内青いちっこい花は「ホタルカズラ」。
ヒメイチゲみたいなちっこい花は「クルマバソウ」。
謎の花?葉っぱ?「ハナイカダ」。
たぶんそうだと思う。

コメントを閉じる▲
衝撃の告白ー∑(´Д`*)ノノ!!
MSRがお引越ししちゃうー、遠いー└(:3」┌)┘))ジタバタ
とりあえず引っ越し祝いを要求されたので、コメリで198円10枚入りの雑巾でもあげようかと思います(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
5枚だったか???・・・ww




五剣谷を下ると、すぐに藪の洗礼ですヽ(冫、)ノ
銀太から先の藪って、こんな感じ。
47_2015060300340944b.jpg
朝からずっと藪を漕いでるので、だんだんと体力が消耗して行きます・・・

第一藪を抜けるのに、1時間くらい・・・
もうこの時点で、足が進まなくなって来てます。
初日とか、青里までの時は、まだ元気があったので、藪の中に入っても、どこを進み、どの藪をどうすれば自分が楽に歩けるのかってのが何となく分かってたんだけど、その思考力すらどんどん消えていきます。
だから無駄に疲れる方を歩いちゃったり、気づいたら稜線から離れて下る方向へ行ってたり、危険マーク発令中です_ノフ○ グッタリ
それでも、矢筈のパーティーさんたちが5人分歩いてくれたおかげだと思うけど、なんとなく踏み跡が出来ているので、そこを辿って楽させてもらったシーンは多かった。

14:43、テントが2張り。
朝スライドした方々のテントだろう。
うちらの手前にテント張ったって言ってたけど、藪の向こう側だったんだね(;^ω^)
aori 5-3 (50) (1200x900)

↑↓もう歩く姿勢がしんどそうですね(がんばれ、この時の自分)
aori 5-3 (52) (1200x900)

崩れた雪庇の脇を通る。
aori 5-3 (54) (1200x900)

銀太郎の山頂が見えて来た。
この後、この壁を左に入って、壁を這い上がらないと稜線に上がれなくなった。
kyazuさんが手を伸ばしてくれるも、一番近い足がかりに足が届かない。
這い上がろうとする気力も出てこない。
極限の疲労に達すると、こうやって諦めて遭難して死んでくのか・・・とか正直思った。
50_20150603003410885.jpg
壁を這い上がるのをあきらめ、滑るかも・・・と思いはしたけど、何とか枝につかまって這い上がる事に成功。
枝につかまって、自分の体を引き上げる力すら、でなくなってきていました。
kyazuさんが「こっちだぞー」って叫んでても、応答する元気すらありませんでした。
多分、ここまでへたってる姿は、kyazuさんも初めて見たんじゃないかな(;^ω^)

15:40、念願の銀太郎着。
ここからは登山道があるのです。
本当にうれしかった瞬間です。
51_201506030034117f0.jpg
銀太より先へ進んでなかった数日前までは、川内の道はへつってて怖いとか、悪路だとか思ってましたが、もうこの瞬間はアルプス並みの高速道路と思えました(笑)
登山道はあって当たり前なんて、きっとどこかで思ってたのかもしれません。
ここまでの登山道を開き、整備して下さってる、矢筈山岳会の方々に、本当に感謝した瞬間でした(-人-)

下山中ではありますが、アップダウンを繰り返しながら進むしかないのがこのルート。
斜度のない所は普通に歩けるのですが、登りはもちろん、下りすらしんどくなってきました。
それでも、道があるだけでうれしい
52_20150603003413208.jpg

16:09、イチモツ様通過。
イチモツ様、オラは疲れたよ(_Д_)アウアウアー
53_20150603003414f1c.jpg

ばいばい銀太。,゚βyё(ノД`)ノシβyё゚,。
54_20150603005916788.jpg

この頃すでに、思考回路がストップしてるかと思われますww
aori 5-3 (57) (1200x900)

16:44、銀次着。
kyazuさんには最初から、目指すは七郎平だけど、無理なら手前でもどこでもストップするからとは言われてましたが、毎度の惰性で進む。
55_20150603005917557.jpg

目指す七郎平は、ピークを下った右側の緑に囲まれてるあたり。
56_20150603010236cba.jpg

何かもうここから先は、写真を撮る元気すらなかったようでww
七郎平に着いたの、何時くらいだったんだろうなぁ・・・
デポしたザックが一つあって、うちらが着いて結構すぐに、持ち主がやって来た。
五剣谷まで行って来たと言ってたけど、スライドしてないので、藪に入ってる時にきっとスライドしたんだなと。
藪の稜線を歩くか、ちょっと下を歩くかで、もう人がいても分からないからね(;^ω^)

福島からいらっしゃった方で、5日は粟ヶ岳の山開きに行って、それから宝珠山に登って帰るって言ってた・・・
どんだけ(;´Д`)

あれだけゲーゲー言ってても、ちゃんと食欲はあったらしく、7時前にマル塩を食べる( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
体が疲れてるなぁって思ったので、ビックリするくらいの塩をつまんで強制添加。
それでもそんなにしょっぱさを感じなかったって事は、体からあれこれ抜け出てたんだなと思います。
57_20150603005920857.jpg

食欲はあるのね?とkyazuさんに苦笑いされ、おやつをもらったブッ(´→з←):;*.:;
58_2015060300592132c.jpg

福島の猛者さんと3張、暗くなる前に寝ちゃいました。
前の日が雪の上でちょっと寒かったので、この日はエアーマットの上に銀マットを敷いてみる実験。
激しく暑かったwww
エアーマットは冷気を通すんだよねぇ。
サーマレスト買わなくちゃ。。。
aori 5-3 (60) (1200x900)

翌朝、福島の猛者さんは、一足先に下山した☆゚+.サヨウナラ.+゚☆||´д`*)ノ゙
私は自分的不評の海老のビスクパスタを朝食にする。
59_201506030112365b1.jpg

何ともいえん( ̄ω ̄;)
60_201506030112374b9.jpg

七郎平の水場の近くは、テン場として整地されてるようです。
お世話になりましたm(__)m
61_201506030112399bd.jpg

7:00、テン場を出発。
すぐにやってくる、この急斜面が大嫌いです(;´Д`)
しかも朝なので、雪もまだ腐ってないし、滑るから怖くて怖くて・・・
62_20150603011241eb5.jpg

aori 5-4 (1) (1200x900)

一晩休んだから、元気復活ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
って思ったけど、やっぱ足には疲労が残り、坂道はスピードダウンです_ノ乙(、ン、)_
それでも、こんな色に癒され。
64_2015060301150957f.jpg

道がある事の感動ww
66_201506030115119dd.jpg

花を見る余裕もあります(見るふりして休んでると言う・・・w)
67_2015060301151293b.jpg

68_20150603011513545.jpg

ブナの花絨毯です。
69_201506030117381a5.jpg

ここを超えたら木六だー。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
って思って木々を抜けたら、木六があんなに遠くにあったという、この景色を見た時の衝撃il||li (つω-`*)il||li
70_20150603011740716.jpg

それでも途中、妙にぶっといワラビなんかを取りながらの下山だったので、非常に楽しかったです(´∀`*)ウフフ
kyazuさんは元々、山菜取りから山に入り始めたらしく、正しい山菜取りの仕方なんかを教わりながら。
山岳会の方にも言われるんですが、コシアブラは丸坊主にしない事!!って。
コシアブラの取ってる部分は新芽です。
新芽を根こそぎ取っちゃったら、それ以上に育つ事が出来ません。
だから、コシアブラの木が枯れて、どんどん数が減ってきていると聞きました。
私自身「これくらい取ってもいい?」ってkyazuさんに聞いたら、全然ダメで、かなりの数を残してあげないと、木は育つ事が出来ないようです。
だから乱獲はしない。
いいよ~って分だけ、ちょっと頂いて帰りました。

木六手前、歩く事に飽きて来て、毎度のkyazuさんと距離が離れて行くww
そんな感じでダラダラ歩いてたら、ギフチョウひらひら(*´ω`*)
静かに静かに、羽を広げてその美しさを見せつけてくれました(。・w・。) ププッ
71_20150603011741a1c.jpg

8:42、やっとこ木六着ですヽ(冫、)ノ
なーげ_ノ乙(、ン、)_
72_201506030117420cb.jpg

3日目は雨が降る予定だったのに、うれしい誤算で快晴ですΣ(゚д゚lll)
しかも暑くて、水分がぶ飲みです。
aori 5-4 (3) (1200x900)

こんなに晴れているのに、誰一人上がって来ないこの日の川内は、本当に静かでした。
遠くに青里が見えた。
ほんと遠かった。
矢筈はもっと遠かった|||||(´ω`;)|||||
73_20150603011744df7.jpg

少し休憩して出発。
途中、グシの峰コースが見えた。
危険そうな香りがプンプンw
74_20150603012817c87.jpg

そして、今年初めてのイワカガミに遭遇。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
ちっさいw
75_20150603012819c95.jpg

76_20150603012819fc6.jpg
着々と、季節が進んで行ってるなぁ。

9:44、山の神様に、3日間遊ばせてもらったお礼をし(-人-)
77_20150603012821732.jpg

水無平へ降りる時は、ゆっくりお花を見ながら.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
大概早朝は寝てるカタバミさんが、起きてた∑(´Д`*)ノノ!!
78_20150603012822b63.jpg

アブラチャン
79_201506030131479e5.jpg

カタクリも、雪野さんと同じく、最後の力を振り絞って
80_20150603013148172.jpg

途中、ウワミズザクラの蕾を塩漬けにして食べる地域があるんだよと教えてもらい、ウワズミザクラの蕾を頂くw
ウワミズザクラの木は、ほんとは高いから、蕾は梯子に登ってじゃないと取れないらしいんだけど、川内ですから、木は寝てるのですww
81_20150603013150514.jpg

青空とモフモフの白い花
83_2015060301315357e.jpg

10:36、仏峠着。
ここでも怪我なく下りて来れた感謝をし(-人-)
85_201506030135156c0.jpg

もうすぐ、長かった旅が終わる。
86_201506030135176ad.jpg

悪場峠の近くで、汗だくで座り込んでる、山菜取りのお父さんに会う。
山登りはしたことがないからと、ゼィゼィ言ってたww
道路から2~3分くらい登ったとこなんだけどもw

10:53、悪場峠着。
旅が終わった。
87_201506030135189a5.jpg

しんどすぎて、足が進まなくなってはいたけど、手にはしっかり・・・
88_20150603013519c02.jpg
結局のところ、雪野さんを動かす原動力って、やっぱほいどこなんだなと思いましたブッ(´→з←):;*.:;


歩き通しの6日間が終わった。
後半は何の苦行だよ?ってくらいに、ほんと厳しかったけど、見たかった五剣谷の先の景色が見れた。
五泉の最高峰、たった標高1258mの山。
それでも、3日使ってもたどり着けない、そんな山でした。
kyazuさん一人だったら、きっと辿り着いてると思うんだけどさグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
私が矢筈に辿り着こうと思ったら、今の力の倍はないとダメだと思いました。
ギリギリの状態で下山したんだから、今回の山行は失敗です。
でもこれが、自分の限界点でもあるなぁって、悟ったんですけどね。


そして、ウワミズザクラの塩漬け完成品。
塩漬けにすると、杏仁の香りがするから「杏仁子」と言う名がついているらしい。
ほんとに杏仁の香りがして、びっくりなんですよ(かなり強い匂いです)
冷奴に乗せて食べるという人が多かったので、そうしてみた。(オリーブオイルがけ)
これぞまさに、杏仁豆腐!!!
5_2015060301381245b.jpg
杏仁ってスイーツって概念が離れないから、しょっぱいのに杏仁の香りってのが、なじめず・・・
どうしたもんか( ̄ω ̄;)

家に戻ったら、ナナちゃんからメールがあり、自分の兄ちゃんの友達とすれ違ってないか?と言う。
前から「山登りをする人が兄ちゃんの友達に居るから、そのうちすれ違うかも~」なんて言っていて。
よくよく話を合わせて行ったら、矢筈山岳会のこの時のリーダーさんでしたΣ(゚д゚lll)
本当に、登山道整備のお礼を伝えてくれとお願いしました(この下山中も、整備しながら歩いて行った跡が多々見られました)
私たちは、整備して頂いた道を、勝手に楽して歩かせてもらってる訳ですからね(-人-)

この難しい山域を守って下さってる、矢筈の方々に感謝いたします。
ありがとうございました( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2015/06/03 02:09】 | 川内山塊
トラックバック(0) |

茶々さん♪
雪野
(o´Д`o)ノ゙ オハョョヨヨ∃ゥ

この前ゆーた理由で、なんかテンション上がらずヒッキー中(*ㅎωㅎ)
今日はIC転びの予定だったけど、↑こんげなんでキャンセルしたんさヽ(冫、)ノ

毎度毎度、kyazuさんや茶々さんには「まだボヤく元気がある!」って言われてたけど、ほんにそうなんねぇΣ(゚д゚lll)
疲労の極限って、ある意味、無の境地なんね( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

無の境地=仙人

いや、違うな┌┛┌┛ズコ!

今日は開店日。
(*ノ´□`)ノガンバレェェェェ


茶々
抜け殻になるのがわかる。
疲労で思考能力が低下するってこと、よく書いた!
のど元過ぎれば・・・で、無事帰ってきちゃうとそっちが優って、その時感じた「危ないかも」ってこと忘れがちだよね。
雪野さんのレポって、そういうところがほんとよく書いてると思う。読んでる人もすごく参考になると思う。

私は行かないけど(爆)



みなみる♪
雪野
この前、茶々さんとナナちゃんとヒメサユリを見に行った時、新しく整備された階段があって、よくよく見たら「コメリ」のバーコードが貼ってあってww
「そゆとこで買うんだ∑(´Д`*)ノノ!!」って大爆笑w
多分、ガーデニングの花壇に使う薪風のアレだと思う( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

それでも、それをひとつひとつ、担ぎ上げるのも設置して行くのも大変な事だよね。
今回行けなかった藪の向こうの矢筈岳の標柱。
ずっとヘリで運んで下ろしたと思ってたんだけど、それも矢筈の人が担ぎ上げたらしいと言う事実(゚Д゚;)
恐ろしい集団です、あの山岳会w

kyazuさん♪
雪野
もろ杏仁の匂いだよΣ(゚д゚lll)
茶々さんのシフォンの材料にしてもらいたいくらい杏仁。
でもしょっぱい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

ボヤいてるうちは、まだ元気だってkyazuさんに言われてたけど、それがはっきり分かった川内山行でしたw
2日目の下山は、ほんとボヤく元気もなかったって事だもんねぇ。
川内だから、並大抵の山じゃないって覚悟して入ったつもりだったけど、自分の予想してた以上過ぎるくらいに、太郎から先は厳しい山域だってわかったわ(;´Д`)
ほんと、登山道が見えて、あんなにうれしかった事は、過去にも、もしかしたらこれから先もないかもしれないねw



minami
おつかれ!すんごい道を歩いて歩いて見たかった物を見て来たんだね。
言われてみるとほんとにそうだよね、あたしなんて歩くのがやっとの
所なのに、ここに木材を運んで整備した人って誰なんだろう〜って
時々考える。考えてもワカンナイからそっと心の中でお礼を言うのみだw




kyazu
そうかそうかi-185
アンニンゴはちゃんと食べれたんだね(-^〇^-)i-184
でも、馴染めないってのが笑えるi-235

ほんとうに、ほんとうにお疲れ様でした。

登山道があんなありがたかった山歩きもそうそうないよね。
また行こうねi-236


コメントを閉じる▲