FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
今日は、粟の三合目で会ったおっちゃんから聞いた、某山が楽しそうだなと思ったので、そこに行こうと思ってたんだけど、天気が微妙すぎてねぇ。
風速10m超えてたし、昼過ぎから雨の予報だったので、雨は早まるだろうと予想して、寝続けたZzz....(_ _*)・.。*
風速10mって歩ける範囲なんだけど、分かってるのに歩く気にはなれない、雪野さんのボーダーライン(*・з・)ぷッ

平日、残業帰りに買い物に行くのがしんどいので、スーパーが混むのを避け、9時半前に買い物を済ませ(下界でも人混みが嫌いですww)
雨は10時には降ってましたね(予想正解)

そんでブランチ代わりに、スーパーで買ったたこ焼き(つい買ってしまう)を食べたら、なんか吐きそうになって来て(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・
たこ焼きが悪いんじゃなくて、多分疲れが溜まりすぎてるせい??
薬飲まずに外でたんで、悪魔の粉を吸ったせいもあるかもだけど。
で、午後から寝落ちで起きたら夕方┌(_Д_┌ )┐
途中途中で目は覚めるんだけど、起きれないんだよね、だるくて。
今週もハードスケジュールらしく、なんか楽しくないなぁ。。。
いい加減、解放してもらいたい・・・



最新ネタもないので、停滞ネタの岩手遠征。
2013年は、ほんと遠征三昧の年だったなぁ。
まだ高速も半額で走れたし、アクティブに動く気があるうちに、行けるとこは行っておこうと思ってたんだろうな。
年取って動くのが怠くなれば、多分遠征とか行かなくなると思ったので、遠征しまくってた(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

一泊二日の強行で行ける、東北フリーパス内の最北が岩手だと思ったので、まずは岩手山。
そしてそのついでだった早池峰が、あまりにもいい山だったので、チョイスした自分を褒めてあげたい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

早池峰から岩手山の馬返し登山口へ向かい、そこで車中泊。
前の日がよく眠れてないので、車中泊の割にはよく寝た方だと思う(;^ω^)
早朝4時起床。
駐車場から見えたその姿に、愕然(゚Д゚;)
でかいのだ。
向かう山がでかいのだ└(:3」┌)┘))ジタバタ
1_20150329225208e01.jpg

これ、私の足で日帰り出来るんかなぁ。。。と不安になりながら、駐車場で早朝カレーなどを食べて支度をする。
5:16、駐車場発。
ここは登山口ではないですw
奥に見えてる赤い屋根は、トイレです。
2_20150329225210bfd.jpg

しばらくは整地された、キャンプ場内を歩いて行きます。
3_20150329225212bb6.jpg

マイヅルソウがたくさん
4_20150329225213780.jpg

5_20150329225214716.jpg

キャンプ場を抜けると、水がゴンゴンと流れてる場所に出ます。
こっちにあるトイレの方がキレイです。
6_20150329225718bc7.jpg

水場の奥に登山口。
登山届を出して、5:29、すたーとヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
7_20150329225720adf.jpg

(*`д´)b OK!
8_201503292257210f1.jpg

スタート地点が杉林じゃないってのが、何か新鮮な越後人ですww
9_20150329225723a2a.jpg

チゴユリ
10_2015032922572449f.jpg

(●`エ´)ノ ‘`-ィ
つか、演習場との境界を歩いてるのかよw
11_20150329230043b87.jpg

キスミレ
12_20150329230045030.jpg

足元は根っこだらけw
引っかからないように注意。
13_20150329230046dff.jpg

ツクバネソウ
15_20150329230049db3.jpg

登山口を出てからだいぶ経つが、一合目はまだなのか・・・(;´Д`)
16_20150329230407161.jpg

やったー、一合目だああああ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
って思ったら、0・5合目┌┛┌┛ズコ!
0・5合換算の山、初めてだわww
6:00ジャスト・・・駐車場を出てから45分も経ってるのに0・5合目
17_20150329230409c39.jpg

ツバメオモト
18_20150329230411cf8.jpg

19_20150329230411e9e.jpg

6:17、念願の一合目_ノフ○ グッタリ
0・5合目までが長すぎるだろww
20_20150329230413f7f.jpg

右が盛岡で左が一本木(滝沢市)らしい
21_20150329230800e37.jpg

神様にご挨拶をして(-人-)
22_20150329230802734.jpg

シラネアオイが咲いていた。
色とデカさが、あんまり得意な花じゃない(;^ω^)
23_20150329230804cb5.jpg

整備された階段が、ちょっとだけ続く。
24_20150329230804587.jpg

豆腐岩
25_20150329230806858.jpg

ミネザクラ
26_20150329231025e81.jpg

まだ2合目にも着かないのに、結構登った感じ。
27_20150329231028c21.jpg

6:34、二合目着。
二合目ですでに、地元菅名岳を抜いているΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
28_20150329231029359.jpg

新道旧道の分かれ道。
新道の方が楽だと書いてる人が多かったので、迷わず新道へ。
2014年、山岳会で再訪した時は、旧道を通りました→2014年度の記録
29_201503292310319ff.jpg

シラネアオイが沢山咲いていた。
群生を見るのは、初めてかもしれない(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
30_20150329231032d8a.jpg

ツバキも
31_20150329231457092.jpg

ツバメオモトが一番かわいかったなぁ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
多分、初めて見たと思うw
33_20150329231500063.jpg

32_201503292314598a4.jpg

とにかくだ。
シラネアオイがいっぱい咲いてる(゚Д゚;)
好きな人にはたまらん光景だろうけどw
34_20150329231502d50.jpg

35_20150329231503a6f.jpg

36_2015032923170271d.jpg

登山道は結構岩っぽい。
37_2015032923170388f.jpg

ショッキングピンクのショウジョウバカマ
38_20150329231704893.jpg

6:59、三合目。
39_20150329231707fe6.jpg

三合目を過ぎると、残雪が出て来た。
山開き前だからなのか、テープなどのマーキングも見当たらず、ルートファインディングが難しかった。
40_2015032923170841b.jpg

三合目過ぎからは、ショウジョウバカマが大乱舞
紫って色も得意じゃないんだけど、この花は花火みたいで好きなのだw
41_201503292318464fe.jpg

ピンクのスミレもいた
42_201503292318483b0.jpg

キブシ
43_20150329231849134.jpg

先行者の足跡もなく、とにかく道が分からない└(:3」┌)┘))ジタバタ
先も行きどまりで、よく探したら右側に夏道あり。
44_20150329231851d0b.jpg

この山のショウジョウバカマは、ピンクっぽい子が多かった
45_20150329231852be7.jpg

7:21、四合目
ひたすら新道を行く。
47_20150329232525a38.jpg

ミネザクラ満開。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
48_201503292325272e1.jpg

岩が激しくなってきた((o(´∀`)o))ワクワク
49_20150329232528171.jpg

50_2015032923252825e.jpg

この年初のサンカヨウかな?
51_20150329232530769.jpg

二合目辺りではガスが出たりでどうなるかと思ったけれど、この青空(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
52_20150329232657ad4.jpg

ウ、ウン・・・
53_2015032923265981c.jpg

燃えて来たああああああ
54_2015032923270112f.jpg

_(:3」∠)_
55_201503292327028aa.jpg

ミネザクラのトンネルを通って
57_20150329232920694.jpg

7:49、やっと五合目(ヽ´ω`)グッタリ
58_2015032923284174f.jpg

ここでちょっと、チューチュータイム
59_20150329232843f42.jpg

彩雲でた♪ ٩( ´ω` )و ♪
60_2015032923284394c.jpg

61_20150329232845d98.jpg

再スタートすると、シロバナエンレイソウが。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
撮りにくい場所に咲いていて、こんなんしか撮れなかった(;´Д`)
62_201503292328465f6.jpg

お花見しながら歩きます٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪
63_20150329233150591.jpg

64_2015032923315289c.jpg

岩もいっぱいハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
65_20150329233153215.jpg

またもや道を見失う( ̄ω ̄;)
うっすら残った踏み跡が左側にあったので進んでみるが、間違いなくそっちではない臭いがして、戻って良く見たら、またもや右側に夏道露出( ̄ω ̄;)
66_20150329233154ccc.jpg

ンコ
67_201503292331557cf.jpg

夏道露出しまくってる箇所も多いんだけどね。
68_20150329233434d91.jpg

木の高さが低くなってきた(๑→ܫ←๑)
69_20150329233436be2.jpg

ハロ出た~。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
70_2015032923343674e.jpg

雪渓を挟んで向こう側に、旧道を歩く人が見えた。
結構近いんだな。
71_20150329233438bc0.jpg

この雪渓をトラバースして、合流する。
斜度がヤバイ・・・
72_20150329233439be5.jpg

結構上がったなぁ。
73_2015032923365417c.jpg

8:39、六合目
74_20150329233655697.jpg

森林限界を迎えたようだ。
75_2015032923365709d.jpg

合流地点に向けて、トラバースする場所に出た。
落ちたら間違いなくアウトだな。。。
76_20150329233658605.jpg

この時、落ちる事ばかりが頭にあって、雪渓取りつきからすぐにトラバースしなければいけないのを、前ばかり見ていて直進してしまう。
77_201503292341443db.jpg

雪渓を登ると、右手にお釜の縁が見えて来たけど、当然行き止まりになっていて先に行けないww
そこでやっと間違った事に気づき、戻る事となる。
急斜面の雪渓を100mくらい下りなければいけないので、ものすごく怖かった(;´Д`)
焦らず周りをよく見ましょう。。。
78_20150329234146ce8.jpg

それでも、こんな青空を見せてもらえて、段々テンションが上がって来る+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
79_2015032923414783d.jpg

無事、合流地点に着き、山頂へと向かう。
80_2015032923414922e.jpg

9:31、七合目
81_20150329234151c9f.jpg

空がキレイ,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
82_201503292349005bd.jpg

避難小屋が見えて来た+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
83_20150329234902fe2.jpg

お釜も見えた٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪
84_20150329234903d1b.jpg

9:39、八合目避難小屋着
85_20150329234905b41.jpg

水がジャージャー出てたw
86_20150329234906202.jpg

さ、休んでる時間はないのだ。
お釜に向かってo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
87_20150329235103656.jpg


つづく



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト




【2015/03/30 00:02】 | 岩手の山
トラックバック(0) |

みなみる♪
雪野
発泡スチロールに入れて、なんか育ててたなぁ。
湿気が必要な花って事なんかねぇ。
まぁ、翌年も咲いてたかどうかって記憶がないんだが( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
私はもう、ベランダでは植物をきちんと生かしてあげられないって事に気づいたので、もう植物を育てるのは辞めたi-190
危うくなっても、何とかがんばってくれてる何年物なんだろうなぁ。。。のローズマリーさんだけ、一緒に暮らしてる(。・w・。) ププッ

花は時期もんだもんね、私も6月に二か所でしか見た事がないよi-236


minami
お、うっきのおかんシラネアオイ育ててたんか!
ならきっと青いケシも育てられる環境だな・・・。
オラもこの色、大きさ苦手だわw
これも結構いい値段で売られてなかったかな〜?

ツバメオモトとやら、可愛いね♪
まだ見た事ないお花だわ。
家ではチングルマが可愛いお花を咲かせているわ〜♪

茶々さん♪
雪野
今日、アレルギーの薬をもらいに行ったついでに、ゲーリーがひどいんだがと先生に相談したら、めっさ薬いっぱい出て来たwww
薬中みたい_ノフ○ グッタリ

え、え、え??
シラネアオイ見た事ねーの?
五泉の花見山に、植生臭プンプンのでいいなら、結構咲いてるよw
うちは母親が家で育ててたから、山の花っていう感じがしないんだよ(;´Д`)

岩手山は、とにかく花が多い山だ(o◕ܫ◕)→ܫ←)ゥンゥン
でもやっぱ、コマクサがわんさかの7月に入ってからの方が好きだな(๑→ܫ←๑)


茶々
相変わらずすっごく忙しいんだね~~~><。
大丈夫かぃ~?
私まだシラネアオイをじかに見たことないんだ~。
岩手山いっぱい咲いてるんだね~。

2合目で菅名岳より上って知った後のモチベーション維持できるか自信ないわぁ~~~www


早く心と体が解放されるといいね!

コメントを閉じる▲
悪魔の粉がすげーです( >д<)、;´.・ ィクシッ

(* ̄ii ̄)ブー


そして、いつになっても仕事が暇にならず家に早く帰れません_ノフ○ グッタリ

疲れてるので、悶絶級のブラックラーメンが食べたいのだ!と言ったら、新幹線に乗って富山に来て食べればいいとォオー!!(゚д゚屮)屮

北陸新幹線、新潟と直結していねえええええええ( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
繋げろや!!!
つか、モンベル立山店の開店はいつなのだ??
もはや、行きにくい場所に移転してしまった新潟店は、雪野さんの中ではない事になっているので、立山店が開店したならば、もんべる立山店+ブラックラーメンの2度おいしいツアーが決行できるというのに(๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧
交通費ひでーな・・・ww


そして、スノーバスケットの調子悪かったやつ、粟で破壊してしまった( ̄ω ̄;)
いや、破壊したんじゃなく、もう終了合図で外れてばっかいたんだよ、そうに違いない!!!
2_20150327005540623.jpg
もう雪も無くなりそうだつのに、壊れたか・・・
まぁ、予備のバスケットがあったので、それまた付けてみたけどね(´∀`*)ウフフ




三合目で会ったおじさんに「お~、がんばって上がって来たね~」なんて言われながら、おにぎりをかじりる。
おにぎりを食べ終える頃、みなさん山頂に向かって出発。
え、みんな行っちゃうんだ( ̄ω ̄;)

そうかそうか・・・

o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪

おいおい、行くのかよ┌┛┌┛ズコ!

61_20150326234506f70.jpg

あ、腿が攣った、やっぱダメだwww
とりあえず水をいっぱい飲め(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
あ、治った∑(´Д`*)ノノ!!

o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪


小屋から北峰への道は、毎度のことながら崩れている(;´・ω・)
63_201503262345071fe.jpg

そしてきつい└(:3」┌)┘))ジタバタ
64_20150326234509455.jpg

振り返ってみる。
雪庇は結構崩れて来てるねぇ。
65_20150326234510151.jpg

白山は人いっぱいかなぁ?と、望遠で見てみたけど、その時点ではよく分からず。
家で200倍に拡大してみたら、人の塊がいたΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
あの塊の中に、山友さんが居たらしい
66_2015032623451155b.jpg

川内越しに、真っ白な飯豊連峰
67_20150326235607ae1.jpg

いやだっつーの、こんな斜度を延々と(_Д_)アウアウアー
68_20150326235609f37.jpg

北峰超えて9合目。
中峰超えて山頂は向こう側(ヽ´ω`)グッタリ
69_20150326235609969.jpg

中峰も、雪が多ければこんなに広くなるんだねぇΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
70_201503262356118e4.jpg

中峰をガクンと下がって、登り返さねばならぬ( ̄ω ̄;)
あそこが山頂だ( ̄ω ̄;)
71_201503262356128fe.jpg

クラック走りまくり=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́)))
72_201503270000467ac.jpg

ちゅーか、クラックの外側歩いてるじゃん((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
73_20150327000048c3f.jpg

山頂手前、ふと振り返ったら、いきなり人がいてビビったΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!
「いやぁ、やっぱ粟は疲れるねぇ。ここまで3時間もかかってるw」って、兄さん、3時間とか超早いよ└(:3」┌)┘))ジタバタ
雪野さん、4時間半以上かかってるwww
雪野さんのカメラを見て「それは重い(* Д ) ゚ ゚」とか話をしつつ、サーッと山頂へ向かって歩いて行った。
74_20150327000050402.jpg

振り返る。
76_20150327000050f33.jpg

長かった・・・
12:40、山頂着_ノフ○ グッタリ
77_2015032700005312c.jpg

78_201503270008079eb.jpg

また三合目で会ったおじさんに「お~、がんばって登って来たね~」と言われww
おじさんと一緒に居た他人らしいおじさんにも「何時間かかった?」と聞かれ「5時間近く?ww」と答えたら「根性あるなぁwww」と。
ノロ過ぎて涙が出ます。゚(゚´Д`゚)゚。

ガチな日は、ランチもこんなもんで終わり。
79_20150327000809616.jpg

重い足取りでもがんばって登って来たのは、これが見たかったから。
日本一の秘境とも呼ばれたりする川内山塊。
そんな場所が、地元にある事は誇らしい(o◕ܫ◕)→ܫ←)ゥンゥン
80_20150327000810480.jpg
ただ、どれがどの山だか分かってないという( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そんでまたおじさんたちとお話しし「鎖場走って下りて来て、滑落した人いてビビった!勘弁してくれ!」とベラベラしゃべり「おぉ、その人どこまで落ちた?止まったか?」と聞かれたので「何とか下で止まった( ̄ω ̄;)」と教えてあげた。
ゆっくりしゃべってたいが「私、ノロいのでもう下りるw」と、12:54下山開始ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
開始した瞬間、ズボる( ̄ω ̄;)
「デブな自分を呪う瞬間!!!」と叫んで下山( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
82_201503270008135b0.jpg

自然が作る、この緩やかなラインが美しい
83_2015032700200361e.jpg

中峰への登りが、これまたしんどい(ヽ´ω`)グッタリ
84_20150327002005d60.jpg

お、下田ルートから上がって来た人発見(右側の人)
85_20150327002007e35.jpg

今日は冬季限定ショートカットコースは辞めとこう。
雪がグズグズ過ぎて、歩くのが怖い(;´Д`)
87_20150327002008c5c.jpg

きれいね,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
88_201503270020092ea.jpg

89_20150327002234afc.jpg

北峰からの下りは、更に雪が腐って踏み抜きまくり└(:3」┌)┘))ジタバタ
まだ3月半ばだぞ?とか思った。
小屋は雪庇に隠れて見えないようだ。
90_20150327002236318.jpg

春の模様だなぁ。
91_2015032700223793a.jpg

13:36、小屋再び。
92_20150327002238f29.jpg

入り口は雪の中。
まだまだ入れそうにない(掘る気もない)
93_2015032700224009c.jpg

恐怖の下りが始まるぞ( ̄ω ̄;)
94_20150327002525988.jpg

粟庭へ向かう途中、鎖場を下りる人が見えた。
半日経って、雪の状態はどうなっただろうか・・・
95_20150327002528638.jpg

影が落ちる。
96_201503270025280bd.jpg

くっそ、今日もきつかったぞ!!(まだ終わってないけどw)
97_20150327002530d0e.jpg

あぁぁあああああ、こええええええええええ└(:3」┌)┘))ジタバタ
98_2015032700253177b.jpg

この斜度、なんとかしてえええええ(((((((;´д`)))))))
99_20150327002806fb4.jpg

ナイフだしいいいいいい
100_20150327002807022.jpg

急登過ぎるだろ( ̄ω ̄;)
101_20150327002808928.jpg

粟庭に這い上がり、いったん休憩。
行きに粟庭で会ったおじさんとまた会うw
おじさんも朝の滑落を見てたらしく「あの人、なんで走ったんろっかな?」と不思議顔だった。
そして、山頂手前で会った超速兄さんが、また追いついて来た(;´Д`)
私が下山開始した時は、まだご飯食べてたのに(;´・ω・)
おじさんが言うには、先週登った時は、まだ雪はガチガチだったらしいです。
そして、この時期にこんなに緩むのは珍しいんだと。
みんなで、気をつけて下りましょうねと話しながら、再スタート。
超速兄さんが先に鎖場を下りて、やっぱり超速で消えてった( ̄ω ̄;)
102_20150327002810e12.jpg

登りの小屋でピッケルからストックに持ち替えたのを、粟庭でまたピッケルに持ち替える。
怖すぎるガクガクブルブル((;゚Д゚))
103_20150327002811bed.jpg

あーでもない、こーでもないと独り言がすごかったww
時間がかかったけど、何とか無事に鎖場クリア。
104_201503270033221ba.jpg

多分、こんなアホの子をが心配だったのか、おじさんはしばらく雪野さんを追い越さずに後ろを歩いていた。
三段梯子を過ぎて、アイゼンピッケルを片付けている時に「がんばって下りたねと声をかけて下さって、そのまま追い越された+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚ァリガトゥ
105_20150327003322cfb.jpg

そして一人ぼっちで歩きだす。
とにかく雪が腐りまくって、標高が下がる度にかなりの頻度で踏み抜くようになってきた。
ここちょっとどうかな?ってとこで、トントンやって探ってみたりして、大丈夫だなと思って足を乗せた。
その瞬間、踏み抜いた。
踏み抜いた後で、その雪が崩れてバランスを失った。
転げ落ちた。
「あぁ、やばい・・・これ、どこまで落ちるかな・・・」とか考える。
運よく、ハーフパイプのように脇がせり上がってた場所だったので、単純にその場を一回転しただけで済んだ。
これがナイフの上だったら、どうなってたかと、ヒヤッとした。
そして、人間が転げ落ちる時は、ものすごく簡単に回転するんだという事も分かった。

15:03、3号目。
粟に来ると毎度ヘタヘタになって下りて来るけど、さすがに今までの比ではなかった。
ほんとにクタクタヽ(冫、)ノ
106_2015032700332469d.jpg

疲れているので転ばないように、ゆっくり歩く。
きっと、この人たちが最終便であろうと思われる、男の子二人にも追い越されるww
107_201503270033257ee.jpg

15:37、無事登山口着。
なんとか4時前に下りれた(;´Д`)
108_20150327003326e6b.jpg

ここからまた、ダルい林道歩きをし、車が見えた時、最後の車2台が出発したところだった。
16:11、雪野さんの車だけが淋しそうにww
109_2015032700494061d.jpg

帰りは美人の湯と言う温泉に1時間半もドボンしてたらしい( ̄ω ̄;)
露天から粟ヶ岳が見えるので、半廃人と化しながら長湯してたらしい(๑°⌓°๑)

何回登っても、厳しい山だなぁ。
決して相性のいい山とは言えないんだけど、それでも結局毎年、雪の残る時期に登っていて、やっぱりまた、白の粟に会いに行くんだろうと思う。
でももう、この時期の粟に登るか?って聞かれたら、ちょと微妙だなww

きつかったぞ粟!!
でもいい空といい景色をいっぱいもらったよ(๑→ܫ←๑)
ありがとう(。・w・。) ププッ
110_20150327004842bee.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2015/03/27 01:06】 | 新潟の山
トラックバック(0) |

ぷすけさん♪
雪野
ぷすけさん、おこんばんは(=°ω°)ノ


いやいやいやいや×100
残雪の粟、涙目になりながら登って下って来ました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
もう行かね!って今は思ってるけど、来年また行ってると思う・・・2月とか・・・( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

なんと!!
ぷすけさんも過敏性腸症候群ォオー!!(゚д゚屮)屮
(´・ω・`) 人(´・ω・`)ナカーマ
って、これほんと、山に入ってる時、青ざめながら下山して来たのをきっかけに、ストッパ下痢止めに手を出しました(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
でも私、間違いなくストレス性です( ^ิω^ิ)y-~~ホホ

あ、おっちゃんから聞いた山は、菱ヶ岳なんですよi-190
五頭~菱の雪の稜線の写真見せられて、混んでるから五頭は行かないんだ~って言ったら、菱は多くて10人だぞ!斜度がものすごく急だから、ピッケル&アイゼン使える人しか行けないぞ!って言われたんだけど・・・
翌週雨で行けないってオチで終わった。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ




ぷすけ
雪野さん、こんちゃヾ(´∀`*)

残雪期の粟わわわわーっ!お疲れ様でした!
難易度激ムズって聞いてますがなんなくこなされたんですね( ´艸` )ウフ

んー、雪野さんとワタシの意外な共通点その弐!
過敏性腸症候群~♪ パフパフΣ(゚Д゚)ギョエー!
アノ感じ...なんでしょうね?
たいした原因もなく「ストレス」だけで片付けられてません?

で、おっちゃんから聞いた面白そうな某山....どこだろーう?
(´・ω・`)ノ

takechanamanさん♪
雪野
はじめまして、コメントありがとうございますi-179

翌週、もう粟庭の上の雪が切れてましたかΣ(゚д゚lll)
私も苦手なんですよね、あそこ・・・
滑ったらそのまま谷底に落下が目に見えてるので、ほんとに怖いですよね(;´Д`)

冬季限定コース、お気に入りのコースなんですけど、もうちょっと雪が締まってくれてたら歩けたのになぁ。

お・・・
大俣道なんていう所があるんですね。
これも雪の時期限定のコースでしょうか?
興味が出てきました(笑)

人の手が入ってない植物は、ほんといいですよねi-189
山で咲いていても、植生したと思うと、なんか見に行く気が失せてしまう私です(;^ω^)

粟は雪の時期しか登りませんが、どこかで見つけたら声かけてくださいi-179

youさん♪
雪野
お久しぶりですi-179

雪が汚れる前の、白い粟は去年からの野望だったので、行けてよかったですi-185
それでも、体力的にはギリギリ山行だったので、決して成功ではありませんね。
悪い例です。。。

残雪期でも、やっぱり粟のレベルは、その辺の山より格段に上でしたi-195


takechanaman
はじめまして
次の週に行ってきました
粟庭の上は雪が切れてやばかった
途中でご一緒したスーパー仙人様の後をついて冬季限定下りコースを下りました
小屋から先は大俣道を久しぶりに下り秘密の雪割草群生地をハケーンでした
最後は渡渉で浸水の落ちが付いた山行でした
粟ヶ岳大好きです ハアト!


やりましたね〜^^
you@
まっ白な粟ヶ岳に、行っちゃたんだね〜
自分は、怖くて行けません。^^
無事帰ってこれて、よかったね。



nobuharuさん♪
雪野
一足お先に、山頂にお邪魔してきました_ノフ○ グッタリ

私も今日は仕事でしたよ(´・ω・`)
明日もお天気微妙だし、今の所、来週もよくないから、明日はトレッキング程度でも歩いておいた方がいいのかなぁ?って気もするんですが、寝坊コースかと思われます( ̄ω ̄;)

来月中なら、まだまだ白の粟が出迎えてくれると思いますよ♪
諦めずに(*ノ´□`)ノガンバレェェェェ

わらさん♪
雪野
この時期の粟は、私がチャレンジするには、ちょっとレベルが高かったかも(;´Д`)
すっげ疲れた(_Д_)アウアウアー

小屋で引き返す予定だったんだけどねぇ・・・
周りの人の後ろにくっついて、うっかりフラフラと・・・(悪い癖w)

去年、粟に行った時は、隣の権ノ神の山頂に知り合いが居たり、なんかこの辺登ってると、おもしろい事があるね(。・w・。) ププッ

茶々さん♪
雪野
粟は毎度、なんだかんだ惰性で山頂に行ってしまう_ノ乙(、ン、)_

ナイフの尖りっぷりは、実は4月半ばの、今よりもうちょっと雪が落ちた方が怖いんじゃないか?って思う(;´Д`)
去年、4月の半ばに行った時は、粟庭~小屋までのナイフが、もっと細くて怖かったからねぇ(((((((;´д`)))))))
雪のある時期は、山の顔がその日で変わるから、状況が読めなくて怖いね└(:3」┌)┘))ジタバタ

春模様、ほんときれいだよねぇ(*´ω`*)




nobuharu
山頂まで行ったんですね。素晴らしうらやましい!

あぁ、天気良いのに山行けない自分が恨めしい。
雪の粟ヶ岳、いまだ登頂できてないです。
今シーズンは無理かもしれません。

コメントを閉じる▲
代休が返って来て、4月は完全週休二日だ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
ってそれ、今時の社会では普通の事なんだよね( ̄ω ̄;)
5~6月も恒例で、週休二日だし、7月もまぁまぁ連休あるな・・・
そろそろ背中の筋肉さんにも冬眠から目覚めて頂かないといけないし、ボチボチ超ザック始めますかな・・・

GWは毎度のロングな感じで、29~6日の8日間。
何してやろうかな・・・とも思うけど、別に山じゃなくてなまはげ見に行くとかでもいいんだけどブッ(´→з←):;*.:;
だってなまはげ好きなんだもん・・・゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜
平日休みが挟まってるから、そこは普段、混んで歩きたくないようなとこに行くって手もあるんだよね。
去年の谷川とか雲取みたいな感じでね。
いやでも、みくりが温泉でダラダラ温泉三昧もありだな(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

そして今日は、地物のいいキャベツが手に入った。
丸ごとコンソメ煮である。
2_20150323231120b1f.jpg

圧力鍋で3分。
トロットロ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
3_201503232311216c7.jpg
なんかまた雪が降って来たんで、暖かい汁物が欲しかっただけです(*・з・)ぷッ


さて、この週末は2連休でした。
お天気の保証があれば、久々に白山の小屋でダラダラの2日間を過ごそうと思ってましたが、日曜の天気が思わしくなかったので土曜に日帰りで計画。
去年のこの時期、kyazuさんに同行願って粟に行く予定が悪天候すぎて、そこしか晴れ間がなかった赤城山に行きまして。
粟へガチモード全開だった2人は、結局物足りずʅ(。◔‸◔。)ʃ
帰りも高速で事故渋滞に巻き込まれ、散々な一日でありましたヽ(冫、)ノ

もやもやふつふつと思いを抱き続けて一年。
天気もいいし、今年こそ3月の粟だーヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
て事で、算数苦手なおバカさんキャラ炸裂で、起きる時間の設定を間違い、1時間遅れでスタート_ノ乙(、ン、)_
しかもこの時期は登山道まで除雪されてないので、手前から歩かなくちゃいけないってのに└(:3」┌)┘))ジタバタ
7:14、除雪終点からスタート。
1_2015032323435428c.jpg

いつも車を止める駐車場は、こんな状態。
4_20150323234357325.jpg

みんな立ちションしすぎ!!って思ったら、悪魔の黄色い粉だった( >д<)、;´.・ ィクシッ
5_2015032323435924a.jpg

雪の林道歩きが思ったよりダルくてまいった_ノフ○ グッタリ
登山口脇にある神様に山行の無事を祈って(-人-)
6_201503232345395ba.jpg

7:53、すたーとヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
7_20150323234542346.jpg

えっと、この時期のルートはどうなってますか?ww
8_2015032323454286c.jpg

ほんとは冬季ルートとして、杉林の中を通るルートがあるんだけど、そこのリサーチが甘すぎて、雪野さんしっかり夏道ルートで、正面の雪面を這い上がる( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
9_20150323234544f68.jpg

疲れるじゃないかアホ!
と、誰に叫んでるのか分からんが、何とか尾根に上がった。
10_2015032323454508d.jpg

朝から快晴の粟ヶ岳は初めて。
青空バックに黄色のマンサクがきれいに映えた(*´ω`*)
11_201503232349425df.jpg

地味に雪の残ってる粟にしか登った事がないけれど、スタートから雪なのは初めて。
12_20150323234944bad.jpg

後ろにある尾根を見たら、あっちの尾根を上がるのも楽しそうだなぁとか思った(。・w・。) ププッ
13_201503232349457c3.jpg

見晴らしのいい場所に出る。
とにかく心配なのが、鎖場の雪の状態である。
粟庭と呼ばれるとんがりに鎖がぶら下がってるんだけど、さすがにここからは状態までは確認が出来ない。
14_20150323234947985.jpg

木々に葉がついてないから見通しもよく、三合目も確認できる(直進してる尾根の先)
15_2015032323494885b.jpg

尾根の途中に先行者さん発見。
16_20150323235509e2e.jpg

17_20150323235511c2e.jpg

この日、新潟平野はインチキ雲海が広がっているようだw
朝、霧がすごくて、ここに来るまでも大変だった。
18_2015032323551151a.jpg

雪崩の痕。
19_2015032323551398b.jpg

大きな手と小さな手。
親子かな?って思った。
何の動物か分からんけどw
20_20150323235514756.jpg

ズボッた跡がいっぱい。
当然、雪野さんもズボッてます。
だってデブだものww
21_20150323235706ac8.jpg

8:54、三合目着。
粟方面と反対側にあるとんがり山。
こっちも行ってみたいと思いつつ、なかなかチャンスがないw
22_201503232357089a0.jpg

ツリーホールもいっぱい。
見えてるホールはいいけれど、見えてないのもいっぱいだから、それが怖い。
23_201503232357094b5.jpg

三合目で、休憩していたおじさんとお話しする。
おじさん、カメラに食いついてくるブッ(´→з←):;*.:;
おじさんも写真を撮りながら登ってるらしく、いろんな山の写真を見せてもらった。
あちこち行きすぎだぜ、おじさんww
おじさんと一緒に再スタートするが、猛者について行ける訳もなく・・・ww
24_2015032323571188d.jpg

宝蔵山越しの一番奥に白山。
今日は混むんだろうなぁと思いながら登る。
25_201503232357121a5.jpg

こんなに急登だったっけな。。。(*´Д`)ハァハァ 
26_20150324000230aad.jpg

27_20150324000232369.jpg

まぶしいし急だし、もう帰りたい(ヽ´ω`)グッタリ
28_20150324000233765.jpg

9:26、多分、四合目。
やっべ、時間かかりすぎてる・・・(;´Д`)
29_201503240002347b3.jpg

望遠でめいっぱい寄って、鎖場を確認してみる。
粟庭が良く見えて来たけど、鎖場はやっぱりよく見えない。
粟庭のてっぺんに、先行者さんが仁王立ちww
30_20150324000236b6b.jpg
というか、二度見してしまったのが、鎖場手前の雪庇。
あれ?あそこ通る訳じゃないよね??
って、二度見どころか四度見位したかも。
結果、あの雪庇の上を通る事らしいという事実・・・

デブリ
31_20150324000740abc.jpg

ここから、だんだんと嫌な予感のする景色へと変わって行きます。
後ろから鼻歌交じりに登って来たおじさんが、追い越しざまに「いやぁ、いい天気だねぇ今日はいいぞ~と言うので「山頂まで行ける気がしません・・・」と言ったら「行ける行ける~、山頂から裏側の景色もいいからさぁ」って、川内の事を言いながら、また鼻歌交じりで行ってしまった。
32_20150324000742d0c.jpg

うっすら霞みながらも、守門が見えた。
33_20150324000743522.jpg

9:45、多分、大栃平。
えーっと、ここから先は、ナイフリッヂ出現ですね????w
34_20150324000744ea2.jpg

35_201503240007461c3.jpg
なんちゅー雪の残り方しとんの。。。

お願いです、ナイフの途中でアイゼン着けないでくださいww
追い越し不可ですから(;´Д`)
36_20150324001532397.jpg

先行者さんたちが四つん這いで登ってたのが見えたけど、これは・・・w
同じポーズ決定ですね( ̄ω ̄;)
37_201503240015347b2.jpg

陽が登って来たので、山肌がキラキラし始める。
38_2015032400153424c.jpg

オイラ死ぬぞこれ┌┛┌┛ズコ!
トレースの下は夏道あるのか???とか、必死ですキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
39_20150324001536a90.jpg

難儀です、テンションダダ下がりです(_Д_)アウアウアー
なんで来てしまったんだろう_ノフ○ グッタリ
40_20150324001537b1f.jpg

雪が融け始めると、雪面に春の模様が浮かびだす。
41_201503240019286dd.jpg

三段梯子は二段目までは全部出てました。
最上部が半端に出ていて、最後どこに足をかけていいのか分からずだいぶ苦労した。。。
42_20150324001929d32.jpg

三段梯子を過ぎると、また雪壁。
この辺からもう、ストックじゃ無理を感じてくる。
そして、ステップが男の人の歩幅でちょうどいい感じなので、足の短い雪野さんでは届かず、自分でステップを作りながら登るしかなかった(ヽ´ω`)グッタリ
43_20150324001930d5c.jpg

鎖場手前の雪庇。
あそこもやっぱ四つん這いか。。。(´Д`|||) ドヨーン
44_20150324001932a10.jpg


しょうがねぇ。。。行くべ。。。(´Д`|||) ドヨーン
45_20150324001933c7d.jpg

先が見えねえええええええええ
46_201503240023227d9.jpg

雪庇を乗り越えると、鎖場が見えた。
鎖場の壁は厚い雪で覆われていて、見た目ほぼ直角に見えるくらいだ(;´Д`)
あそこもみんな、這い上がっている・・・
47_20150324002324918.jpg

3合目でお話したおじさんがいたので「もうアイゼンピッケルじゃないと無理そうだね」「無理だなぁ」て事で、雪野さんも準備する。
道具がないらしい登山者さんが一名、ここで戻って行った。

前シーズンも何度かピッケルを持って歩きましたが、本当にピッケルが必要だった山行は飯豊の石転びのみ。
他の山行は、何で持って歩いてたのかよく分かりません(笑)
正直いらなかったですね、ハイ。

それにしてもガチすぎるわ・・・
やっぱ粟は厳しい・・・
48_20150324002324fca.jpg

準備をし終えると、周りに誰もいねええええ┌┛┌┛ズコ!
みんな粟庭の上に居た( ̄ω ̄;)
49_201503240023261f9.jpg

そして、もう第一下山者さんが粟庭を下りて来たのでビックリして見てたら、その人、鎖場を走って下りて来た(* Д ) ゚ ゚
おいおい!!ちょっと待て!!!なんで走ってんだよ!!
って思ってすぐに滑落・・・
お願い止まってーーー!!って心臓バクバクしながら、ザーーーーッという音とうめき声と、ものすごいスピードで落ちてくる登山者を見ながら、頭の中でいろいろ考えます。
このまま下に落下したら、まず何をするべきか。
ここは携帯の電波は入るのか?
運よく登山者は、取りつきの底辺に落ちて止まりました・・・
逆に雪のある時期でよかったです。
雪のない時期だったら、逆に止まる場所がなくてそのまま谷底です。
ちょうどよく出来ていた、雪の受け皿。
50_20150324002327e5a.jpg
何であの登山者は、こんな斜面を走り下りようと思ったのか?
そこが謎です。
見た感じ、20mはあろうかという斜面です。

私も呆然としてしまいましたが、本人も恥ずかしいし動揺してたのか、変な声を発しながら通り過ぎて行きましたけど・・・
これからこの壁を登らなくちゃいけないのに、何て場面を見せてくれたんだよ・・・と思いながら、しっかり落ち着いて登ろうと深呼吸します。
雪にしっかりピッケルを差し、手と足とひとつひとつ丁寧に。

51_201503240039354f1.jpg

粟庭に這い上がって小屋の屋根が小さく見えた時、目の前が回って来ます。
何かの勘違いかな?って思ったんだけど、あぁめまいだ・・・と思って様子を見ましたが、止まる様子がないので座り込みます。
粟庭自体も、そんなに広い場所じゃないので、万が一倒れたら地獄を見るので(;^ω^)
多分、滑落の瞬間を見た事と、鎖場を上がる緊張から来たかなと。
粟庭に上がった時点で、口の中がカラッカラになってたので(;´・ω・)
滑落さえ見なければ、ここまで緊張しなかったと思います。
そして、進むか戻るか考えるけど、戻るにしても最初に鎖場を下りなくちゃいけないので、まずめまいが止まらなくちゃいけません。
3分くらい休んだら治まったので、一安心(´・ω・`)
その時、後続のおじさんが一人上がって来て、お話した事で気も紛れたのかもしれません。

ここですでに精神面で自分の限界だなと思ったので、とりあえず7合目の小屋まで行ってご飯にしようと思いました。
粟庭から先もナイフです。
53_20150324003938b18.jpg

振り返った粟庭は、こんな感じ(;^ω^)
52_2015032400393746a.jpg
この斜面を下りるのも怖いですw

この急登を超えれば小屋なはず。
54_20150324003940ee0.jpg

3コブの一番奥が山頂。
今回はちょっと届かなかったな。
55_201503240039416d7.jpg

それにしても急すぎる└(:3」┌)┘))ジタバタ
56_20150324004629218.jpg

てか、中峰から下山してくる人の姿は見えるけど、私のちょっと先に行った人たちの姿が何も見えないじゃないか(゚Д゚;)
みんな小屋で終わりなの???
57_20150324004631cb4.jpg

11:15、7合目小屋着。
みんな小屋脇に居た(*・з・)ぷッ
つか、スタートから小屋まで4時間もかかってるよ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
58_201503240046323bd.jpg

手前から権ノ神、白山、菅名山塊の風越かな?そして一番奥は飯豊連峰(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
59_20150324004634ad0.jpg

今日は筋子のおにぎりだぜー♪ ٩( ´ω` )و ♪
60_20150324004635048.jpg

いい空だったのに。。。
精神的には最悪の山行だった気がする。。。(。-´ェ`-)シュンシュン


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2015/03/24 01:05】 | 新潟の山
トラックバック(0) |

kyazuさん♪
雪野
圧力鍋にキャベツぶっ込んでコンソメ入れて加圧3分!
手抜き料理です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

粟にしょっちゅう登ってるおじさんが言ってたけど、この時期にこんなに雪が腐ってるの、珍しいって言ってたよi-190
前の週は完全アイゼン着けないと登れないような、ガリガリの状態だったみたい∑(´Д`*)ノノ!!
滑落を見てたおじさんも、何で走ったんだ?あの人??って言ってた。
あの時間に下りて来て走ってたって事は、もしかしたらタイムトライアルでもしてたのかもしれないけど、ちょっとねぇ・・・(;´Д`)

週休2日のおかげで、平日の仕事がもっと混んできた(_Д_)アウアウアー

あいすたん♪
雪野
滑ってる人と走ってる人の違いは、見れば分かるよ(。・w・。) ププッ
登りの人が登りきるの待って、やり過ごしてから走り始めたからね。
あの場所があの山で、一番注意しなくちゃいけない場所だと思うから、ちょっとふざけ過ぎかな。

雪山は、道があると思っちゃダメかな?
前日に道があっても、翌日には消えてる事も多いからねi-190
スノボだけじゃなく、スポーツは結構危ないの多いと思うよ。
私も昔はスノボしてて、尾てい骨は粉砕してるし、あばらも逝っちゃってるし、転んだ人避けようとしてコースアウトで谷底落ちた事もあるしw
何をするにしても、怪我しない事が一番です(o◕ܫ◕)→ܫ←)ゥンゥン

もときちさん♪
雪野
お気遣いありがとうございました( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン



kyazu
とろっとろのキャベツに目が釘付けv-10
これでビール飲みてぇ~~(-^〇^-)

雪の感じがもうすっかり春の山だね。
でも、油断大敵なんだねぇ・・・。
雪のクッションで命拾いだったんだね。
お互い気をつけなくっちゃね。

4月は週休2日か!
やったね!!





アイス
滑っちゃった人さ、走ったんじゃなくて 走ってたときには既に滑り始めてたんじゃねいのか?
で、走ってた風にみえたとか??

てか・・・ ボクには、歩く道があるように見えません。。。
ボクは雪山は板つけて滑って降りるのがいいでふ。

メニエルが山の上でなっちゃうと困るねー・・・
回ると 歩けないもんねー・・・

ボクは、回わらないけど その道歩ける気が全然ありません!




もときち
ミスを修正しました。早とちりでしたね。
ごめんなさい。。。

もときちさん
雪野
私、パニック障害じゃyないですよΣ(゚д゚lll)
一言もパニック障害とは書いてませんし(;^ω^)

私の病気は結構かかってる方がたくさんいらっしゃるメニエル病と呼ばれている病気です。
三半規管がうまく機能しなくなる病気です。

パニック障害とか書かれちゃうと、友達がビックリして信じてしまうので・・・


もときち
こんにちわ。粟ヶ岳ですか・・・、大変なところに向かいましたね。いつかは行きたいと思っていた山ですがもう機会はないですね。以前、田子倉から猿倉 村杉 丸山岳 同じく大鳥ダム 毛猛 百字と繋ぎました。その時の若手が昨年 五剣谷から青里、矢筈と8日間で八十里越えまで渡っています。



コメントを閉じる▲