2015_03
30
(Mon)00:02

2013年6月2日 岩手山

今日は、粟の三合目で会ったおっちゃんから聞いた、某山が楽しそうだなと思ったので、そこに行こうと思ってたんだけど、天気が微妙すぎてねぇ。
風速10m超えてたし、昼過ぎから雨の予報だったので、雨は早まるだろうと予想して、寝続けたZzz....(_ _*)・.。*
風速10mって歩ける範囲なんだけど、分かってるのに歩く気にはなれない、雪野さんのボーダーライン(*・з・)ぷッ

平日、残業帰りに買い物に行くのがしんどいので、スーパーが混むのを避け、9時半前に買い物を済ませ(下界でも人混みが嫌いですww)
雨は10時には降ってましたね(予想正解)

そんでブランチ代わりに、スーパーで買ったたこ焼き(つい買ってしまう)を食べたら、なんか吐きそうになって来て(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・
たこ焼きが悪いんじゃなくて、多分疲れが溜まりすぎてるせい??
薬飲まずに外でたんで、悪魔の粉を吸ったせいもあるかもだけど。
で、午後から寝落ちで起きたら夕方┌(_Д_┌ )┐
途中途中で目は覚めるんだけど、起きれないんだよね、だるくて。
今週もハードスケジュールらしく、なんか楽しくないなぁ。。。
いい加減、解放してもらいたい・・・



最新ネタもないので、停滞ネタの岩手遠征。
2013年は、ほんと遠征三昧の年だったなぁ。
まだ高速も半額で走れたし、アクティブに動く気があるうちに、行けるとこは行っておこうと思ってたんだろうな。
年取って動くのが怠くなれば、多分遠征とか行かなくなると思ったので、遠征しまくってた(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

一泊二日の強行で行ける、東北フリーパス内の最北が岩手だと思ったので、まずは岩手山。
そしてそのついでだった早池峰が、あまりにもいい山だったので、チョイスした自分を褒めてあげたい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

早池峰から岩手山の馬返し登山口へ向かい、そこで車中泊。
前の日がよく眠れてないので、車中泊の割にはよく寝た方だと思う(;^ω^)
早朝4時起床。
駐車場から見えたその姿に、愕然(゚Д゚;)
でかいのだ。
向かう山がでかいのだ└(:3」┌)┘))ジタバタ
1_20150329225208e01.jpg

これ、私の足で日帰り出来るんかなぁ。。。と不安になりながら、駐車場で早朝カレーなどを食べて支度をする。
5:16、駐車場発。
ここは登山口ではないですw
奥に見えてる赤い屋根は、トイレです。
2_20150329225210bfd.jpg

しばらくは整地された、キャンプ場内を歩いて行きます。
3_20150329225212bb6.jpg

マイヅルソウがたくさん
4_20150329225213780.jpg

5_20150329225214716.jpg

キャンプ場を抜けると、水がゴンゴンと流れてる場所に出ます。
こっちにあるトイレの方がキレイです。
6_20150329225718bc7.jpg

水場の奥に登山口。
登山届を出して、5:29、すたーとヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
7_20150329225720adf.jpg

(*`д´)b OK!
8_201503292257210f1.jpg

スタート地点が杉林じゃないってのが、何か新鮮な越後人ですww
9_20150329225723a2a.jpg

チゴユリ
10_2015032922572449f.jpg

(●`エ´)ノ ‘`-ィ
つか、演習場との境界を歩いてるのかよw
11_20150329230043b87.jpg

キスミレ
12_20150329230045030.jpg

足元は根っこだらけw
引っかからないように注意。
13_20150329230046dff.jpg

ツクバネソウ
15_20150329230049db3.jpg

登山口を出てからだいぶ経つが、一合目はまだなのか・・・(;´Д`)
16_20150329230407161.jpg

やったー、一合目だああああ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
って思ったら、0・5合目┌┛┌┛ズコ!
0・5合換算の山、初めてだわww
6:00ジャスト・・・駐車場を出てから45分も経ってるのに0・5合目
17_20150329230409c39.jpg

ツバメオモト
18_20150329230411cf8.jpg

19_20150329230411e9e.jpg

6:17、念願の一合目_ノフ○ グッタリ
0・5合目までが長すぎるだろww
20_20150329230413f7f.jpg

右が盛岡で左が一本木(滝沢市)らしい
21_20150329230800e37.jpg

神様にご挨拶をして(-人-)
22_20150329230802734.jpg

シラネアオイが咲いていた。
色とデカさが、あんまり得意な花じゃない(;^ω^)
23_20150329230804cb5.jpg

整備された階段が、ちょっとだけ続く。
24_20150329230804587.jpg

豆腐岩
25_20150329230806858.jpg

ミネザクラ
26_20150329231025e81.jpg

まだ2合目にも着かないのに、結構登った感じ。
27_20150329231028c21.jpg

6:34、二合目着。
二合目ですでに、地元菅名岳を抜いているΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
28_20150329231029359.jpg

新道旧道の分かれ道。
新道の方が楽だと書いてる人が多かったので、迷わず新道へ。
2014年、山岳会で再訪した時は、旧道を通りました→2014年度の記録
29_201503292310319ff.jpg

シラネアオイが沢山咲いていた。
群生を見るのは、初めてかもしれない(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
30_20150329231032d8a.jpg

ツバキも
31_20150329231457092.jpg

ツバメオモトが一番かわいかったなぁ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
多分、初めて見たと思うw
33_20150329231500063.jpg

32_201503292314598a4.jpg

とにかくだ。
シラネアオイがいっぱい咲いてる(゚Д゚;)
好きな人にはたまらん光景だろうけどw
34_20150329231502d50.jpg

35_20150329231503a6f.jpg

36_2015032923170271d.jpg

登山道は結構岩っぽい。
37_2015032923170388f.jpg

ショッキングピンクのショウジョウバカマ
38_20150329231704893.jpg

6:59、三合目。
39_20150329231707fe6.jpg

三合目を過ぎると、残雪が出て来た。
山開き前だからなのか、テープなどのマーキングも見当たらず、ルートファインディングが難しかった。
40_2015032923170841b.jpg

三合目過ぎからは、ショウジョウバカマが大乱舞
紫って色も得意じゃないんだけど、この花は花火みたいで好きなのだw
41_201503292318464fe.jpg

ピンクのスミレもいた
42_201503292318483b0.jpg

キブシ
43_20150329231849134.jpg

先行者の足跡もなく、とにかく道が分からない└(:3」┌)┘))ジタバタ
先も行きどまりで、よく探したら右側に夏道あり。
44_20150329231851d0b.jpg

この山のショウジョウバカマは、ピンクっぽい子が多かった
45_20150329231852be7.jpg

7:21、四合目
ひたすら新道を行く。
47_20150329232525a38.jpg

ミネザクラ満開。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
48_201503292325272e1.jpg

岩が激しくなってきた((o(´∀`)o))ワクワク
49_20150329232528171.jpg

50_2015032923252825e.jpg

この年初のサンカヨウかな?
51_20150329232530769.jpg

二合目辺りではガスが出たりでどうなるかと思ったけれど、この青空(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
52_20150329232657ad4.jpg

ウ、ウン・・・
53_2015032923265981c.jpg

燃えて来たああああああ
54_2015032923270112f.jpg

_(:3」∠)_
55_201503292327028aa.jpg

ミネザクラのトンネルを通って
57_20150329232920694.jpg

7:49、やっと五合目(ヽ´ω`)グッタリ
58_2015032923284174f.jpg

ここでちょっと、チューチュータイム
59_20150329232843f42.jpg

彩雲でた♪ ٩( ´ω` )و ♪
60_2015032923284394c.jpg

61_20150329232845d98.jpg

再スタートすると、シロバナエンレイソウが。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
撮りにくい場所に咲いていて、こんなんしか撮れなかった(;´Д`)
62_201503292328465f6.jpg

お花見しながら歩きます٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪
63_20150329233150591.jpg

64_2015032923315289c.jpg

岩もいっぱいハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
65_20150329233153215.jpg

またもや道を見失う( ̄ω ̄;)
うっすら残った踏み跡が左側にあったので進んでみるが、間違いなくそっちではない臭いがして、戻って良く見たら、またもや右側に夏道露出( ̄ω ̄;)
66_20150329233154ccc.jpg

ンコ
67_201503292331557cf.jpg

夏道露出しまくってる箇所も多いんだけどね。
68_20150329233434d91.jpg

木の高さが低くなってきた(๑→ܫ←๑)
69_20150329233436be2.jpg

ハロ出た~。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
70_2015032923343674e.jpg

雪渓を挟んで向こう側に、旧道を歩く人が見えた。
結構近いんだな。
71_20150329233438bc0.jpg

この雪渓をトラバースして、合流する。
斜度がヤバイ・・・
72_20150329233439be5.jpg

結構上がったなぁ。
73_2015032923365417c.jpg

8:39、六合目
74_20150329233655697.jpg

森林限界を迎えたようだ。
75_2015032923365709d.jpg

合流地点に向けて、トラバースする場所に出た。
落ちたら間違いなくアウトだな。。。
76_20150329233658605.jpg

この時、落ちる事ばかりが頭にあって、雪渓取りつきからすぐにトラバースしなければいけないのを、前ばかり見ていて直進してしまう。
77_201503292341443db.jpg

雪渓を登ると、右手にお釜の縁が見えて来たけど、当然行き止まりになっていて先に行けないww
そこでやっと間違った事に気づき、戻る事となる。
急斜面の雪渓を100mくらい下りなければいけないので、ものすごく怖かった(;´Д`)
焦らず周りをよく見ましょう。。。
78_20150329234146ce8.jpg

それでも、こんな青空を見せてもらえて、段々テンションが上がって来る+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
79_2015032923414783d.jpg

無事、合流地点に着き、山頂へと向かう。
80_2015032923414922e.jpg

9:31、七合目
81_20150329234151c9f.jpg

空がキレイ,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
82_201503292349005bd.jpg

避難小屋が見えて来た+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
83_20150329234902fe2.jpg

お釜も見えた٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪
84_20150329234903d1b.jpg

9:39、八合目避難小屋着
85_20150329234905b41.jpg

水がジャージャー出てたw
86_20150329234906202.jpg

さ、休んでる時間はないのだ。
お釜に向かってo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
87_20150329235103656.jpg


つづく



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト
2015_03
27
(Fri)01:06

2015年3月21日 粟ヶ岳Part2

悪魔の粉がすげーです( >д<)、;´.・ ィクシッ

(* ̄ii ̄)ブー


そして、いつになっても仕事が暇にならず家に早く帰れません_ノフ○ グッタリ

疲れてるので、悶絶級のブラックラーメンが食べたいのだ!と言ったら、新幹線に乗って富山に来て食べればいいとォオー!!(゚д゚屮)屮

北陸新幹線、新潟と直結していねえええええええ( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
繋げろや!!!
つか、モンベル立山店の開店はいつなのだ??
もはや、行きにくい場所に移転してしまった新潟店は、雪野さんの中ではない事になっているので、立山店が開店したならば、もんべる立山店+ブラックラーメンの2度おいしいツアーが決行できるというのに(๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧
交通費ひでーな・・・ww


そして、スノーバスケットの調子悪かったやつ、粟で破壊してしまった( ̄ω ̄;)
いや、破壊したんじゃなく、もう終了合図で外れてばっかいたんだよ、そうに違いない!!!
2_20150327005540623.jpg
もう雪も無くなりそうだつのに、壊れたか・・・
まぁ、予備のバスケットがあったので、それまた付けてみたけどね(´∀`*)ウフフ




三合目で会ったおじさんに「お~、がんばって上がって来たね~」なんて言われながら、おにぎりをかじりる。
おにぎりを食べ終える頃、みなさん山頂に向かって出発。
え、みんな行っちゃうんだ( ̄ω ̄;)

そうかそうか・・・

o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪

おいおい、行くのかよ┌┛┌┛ズコ!

61_20150326234506f70.jpg

あ、腿が攣った、やっぱダメだwww
とりあえず水をいっぱい飲め(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
あ、治った∑(´Д`*)ノノ!!

o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪


小屋から北峰への道は、毎度のことながら崩れている(;´・ω・)
63_201503262345071fe.jpg

そしてきつい└(:3」┌)┘))ジタバタ
64_20150326234509455.jpg

振り返ってみる。
雪庇は結構崩れて来てるねぇ。
65_20150326234510151.jpg

白山は人いっぱいかなぁ?と、望遠で見てみたけど、その時点ではよく分からず。
家で200倍に拡大してみたら、人の塊がいたΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
あの塊の中に、山友さんが居たらしい
66_2015032623451155b.jpg

川内越しに、真っ白な飯豊連峰
67_20150326235607ae1.jpg

いやだっつーの、こんな斜度を延々と(_Д_)アウアウアー
68_20150326235609f37.jpg

北峰超えて9合目。
中峰超えて山頂は向こう側(ヽ´ω`)グッタリ
69_20150326235609969.jpg

中峰も、雪が多ければこんなに広くなるんだねぇΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
70_201503262356118e4.jpg

中峰をガクンと下がって、登り返さねばならぬ( ̄ω ̄;)
あそこが山頂だ( ̄ω ̄;)
71_201503262356128fe.jpg

クラック走りまくり=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́)))
72_201503270000467ac.jpg

ちゅーか、クラックの外側歩いてるじゃん((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
73_20150327000048c3f.jpg

山頂手前、ふと振り返ったら、いきなり人がいてビビったΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!
「いやぁ、やっぱ粟は疲れるねぇ。ここまで3時間もかかってるw」って、兄さん、3時間とか超早いよ└(:3」┌)┘))ジタバタ
雪野さん、4時間半以上かかってるwww
雪野さんのカメラを見て「それは重い(* Д ) ゚ ゚」とか話をしつつ、サーッと山頂へ向かって歩いて行った。
74_20150327000050402.jpg

振り返る。
76_20150327000050f33.jpg

長かった・・・
12:40、山頂着_ノフ○ グッタリ
77_2015032700005312c.jpg

78_201503270008079eb.jpg

また三合目で会ったおじさんに「お~、がんばって登って来たね~」と言われww
おじさんと一緒に居た他人らしいおじさんにも「何時間かかった?」と聞かれ「5時間近く?ww」と答えたら「根性あるなぁwww」と。
ノロ過ぎて涙が出ます。゚(゚´Д`゚)゚。

ガチな日は、ランチもこんなもんで終わり。
79_20150327000809616.jpg

重い足取りでもがんばって登って来たのは、これが見たかったから。
日本一の秘境とも呼ばれたりする川内山塊。
そんな場所が、地元にある事は誇らしい(o◕ܫ◕)→ܫ←)ゥンゥン
80_20150327000810480.jpg
ただ、どれがどの山だか分かってないという( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そんでまたおじさんたちとお話しし「鎖場走って下りて来て、滑落した人いてビビった!勘弁してくれ!」とベラベラしゃべり「おぉ、その人どこまで落ちた?止まったか?」と聞かれたので「何とか下で止まった( ̄ω ̄;)」と教えてあげた。
ゆっくりしゃべってたいが「私、ノロいのでもう下りるw」と、12:54下山開始ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
開始した瞬間、ズボる( ̄ω ̄;)
「デブな自分を呪う瞬間!!!」と叫んで下山( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
82_201503270008135b0.jpg

自然が作る、この緩やかなラインが美しい
83_2015032700200361e.jpg

中峰への登りが、これまたしんどい(ヽ´ω`)グッタリ
84_20150327002005d60.jpg

お、下田ルートから上がって来た人発見(右側の人)
85_20150327002007e35.jpg

今日は冬季限定ショートカットコースは辞めとこう。
雪がグズグズ過ぎて、歩くのが怖い(;´Д`)
87_20150327002008c5c.jpg

きれいね,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
88_201503270020092ea.jpg

89_20150327002234afc.jpg

北峰からの下りは、更に雪が腐って踏み抜きまくり└(:3」┌)┘))ジタバタ
まだ3月半ばだぞ?とか思った。
小屋は雪庇に隠れて見えないようだ。
90_20150327002236318.jpg

春の模様だなぁ。
91_2015032700223793a.jpg

13:36、小屋再び。
92_20150327002238f29.jpg

入り口は雪の中。
まだまだ入れそうにない(掘る気もない)
93_2015032700224009c.jpg

恐怖の下りが始まるぞ( ̄ω ̄;)
94_20150327002525988.jpg

粟庭へ向かう途中、鎖場を下りる人が見えた。
半日経って、雪の状態はどうなっただろうか・・・
95_20150327002528638.jpg

影が落ちる。
96_201503270025280bd.jpg

くっそ、今日もきつかったぞ!!(まだ終わってないけどw)
97_20150327002530d0e.jpg

あぁぁあああああ、こええええええええええ└(:3」┌)┘))ジタバタ
98_2015032700253177b.jpg

この斜度、なんとかしてえええええ(((((((;´д`)))))))
99_20150327002806fb4.jpg

ナイフだしいいいいいい
100_20150327002807022.jpg

急登過ぎるだろ( ̄ω ̄;)
101_20150327002808928.jpg

粟庭に這い上がり、いったん休憩。
行きに粟庭で会ったおじさんとまた会うw
おじさんも朝の滑落を見てたらしく「あの人、なんで走ったんろっかな?」と不思議顔だった。
そして、山頂手前で会った超速兄さんが、また追いついて来た(;´Д`)
私が下山開始した時は、まだご飯食べてたのに(;´・ω・)
おじさんが言うには、先週登った時は、まだ雪はガチガチだったらしいです。
そして、この時期にこんなに緩むのは珍しいんだと。
みんなで、気をつけて下りましょうねと話しながら、再スタート。
超速兄さんが先に鎖場を下りて、やっぱり超速で消えてった( ̄ω ̄;)
102_20150327002810e12.jpg

登りの小屋でピッケルからストックに持ち替えたのを、粟庭でまたピッケルに持ち替える。
怖すぎるガクガクブルブル((;゚Д゚))
103_20150327002811bed.jpg

あーでもない、こーでもないと独り言がすごかったww
時間がかかったけど、何とか無事に鎖場クリア。
104_201503270033221ba.jpg

多分、こんなアホの子をが心配だったのか、おじさんはしばらく雪野さんを追い越さずに後ろを歩いていた。
三段梯子を過ぎて、アイゼンピッケルを片付けている時に「がんばって下りたねと声をかけて下さって、そのまま追い越された+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚ァリガトゥ
105_20150327003322cfb.jpg

そして一人ぼっちで歩きだす。
とにかく雪が腐りまくって、標高が下がる度にかなりの頻度で踏み抜くようになってきた。
ここちょっとどうかな?ってとこで、トントンやって探ってみたりして、大丈夫だなと思って足を乗せた。
その瞬間、踏み抜いた。
踏み抜いた後で、その雪が崩れてバランスを失った。
転げ落ちた。
「あぁ、やばい・・・これ、どこまで落ちるかな・・・」とか考える。
運よく、ハーフパイプのように脇がせり上がってた場所だったので、単純にその場を一回転しただけで済んだ。
これがナイフの上だったら、どうなってたかと、ヒヤッとした。
そして、人間が転げ落ちる時は、ものすごく簡単に回転するんだという事も分かった。

15:03、3号目。
粟に来ると毎度ヘタヘタになって下りて来るけど、さすがに今までの比ではなかった。
ほんとにクタクタヽ(冫、)ノ
106_2015032700332469d.jpg

疲れているので転ばないように、ゆっくり歩く。
きっと、この人たちが最終便であろうと思われる、男の子二人にも追い越されるww
107_201503270033257ee.jpg

15:37、無事登山口着。
なんとか4時前に下りれた(;´Д`)
108_20150327003326e6b.jpg

ここからまた、ダルい林道歩きをし、車が見えた時、最後の車2台が出発したところだった。
16:11、雪野さんの車だけが淋しそうにww
109_2015032700494061d.jpg

帰りは美人の湯と言う温泉に1時間半もドボンしてたらしい( ̄ω ̄;)
露天から粟ヶ岳が見えるので、半廃人と化しながら長湯してたらしい(๑°⌓°๑)

何回登っても、厳しい山だなぁ。
決して相性のいい山とは言えないんだけど、それでも結局毎年、雪の残る時期に登っていて、やっぱりまた、白の粟に会いに行くんだろうと思う。
でももう、この時期の粟に登るか?って聞かれたら、ちょと微妙だなww

きつかったぞ粟!!
でもいい空といい景色をいっぱいもらったよ(๑→ܫ←๑)
ありがとう(。・w・。) ププッ
110_20150327004842bee.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2015_03
24
(Tue)01:05

2015年3月21日 粟ヶ岳

代休が返って来て、4月は完全週休二日だ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
ってそれ、今時の社会では普通の事なんだよね( ̄ω ̄;)
5~6月も恒例で、週休二日だし、7月もまぁまぁ連休あるな・・・
そろそろ背中の筋肉さんにも冬眠から目覚めて頂かないといけないし、ボチボチ超ザック始めますかな・・・

GWは毎度のロングな感じで、29~6日の8日間。
何してやろうかな・・・とも思うけど、別に山じゃなくてなまはげ見に行くとかでもいいんだけどブッ(´→з←):;*.:;
だってなまはげ好きなんだもん・・・゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜
平日休みが挟まってるから、そこは普段、混んで歩きたくないようなとこに行くって手もあるんだよね。
去年の谷川とか雲取みたいな感じでね。
いやでも、みくりが温泉でダラダラ温泉三昧もありだな(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

そして今日は、地物のいいキャベツが手に入った。
丸ごとコンソメ煮である。
2_20150323231120b1f.jpg

圧力鍋で3分。
トロットロ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
3_201503232311216c7.jpg
なんかまた雪が降って来たんで、暖かい汁物が欲しかっただけです(*・з・)ぷッ


さて、この週末は2連休でした。
お天気の保証があれば、久々に白山の小屋でダラダラの2日間を過ごそうと思ってましたが、日曜の天気が思わしくなかったので土曜に日帰りで計画。
去年のこの時期、kyazuさんに同行願って粟に行く予定が悪天候すぎて、そこしか晴れ間がなかった赤城山に行きまして。
粟へガチモード全開だった2人は、結局物足りずʅ(。◔‸◔。)ʃ
帰りも高速で事故渋滞に巻き込まれ、散々な一日でありましたヽ(冫、)ノ

もやもやふつふつと思いを抱き続けて一年。
天気もいいし、今年こそ3月の粟だーヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
て事で、算数苦手なおバカさんキャラ炸裂で、起きる時間の設定を間違い、1時間遅れでスタート_ノ乙(、ン、)_
しかもこの時期は登山道まで除雪されてないので、手前から歩かなくちゃいけないってのに└(:3」┌)┘))ジタバタ
7:14、除雪終点からスタート。
1_2015032323435428c.jpg

いつも車を止める駐車場は、こんな状態。
4_20150323234357325.jpg

みんな立ちションしすぎ!!って思ったら、悪魔の黄色い粉だった( >д<)、;´.・ ィクシッ
5_2015032323435924a.jpg

雪の林道歩きが思ったよりダルくてまいった_ノフ○ グッタリ
登山口脇にある神様に山行の無事を祈って(-人-)
6_201503232345395ba.jpg

7:53、すたーとヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
7_20150323234542346.jpg

えっと、この時期のルートはどうなってますか?ww
8_2015032323454286c.jpg

ほんとは冬季ルートとして、杉林の中を通るルートがあるんだけど、そこのリサーチが甘すぎて、雪野さんしっかり夏道ルートで、正面の雪面を這い上がる( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
9_20150323234544f68.jpg

疲れるじゃないかアホ!
と、誰に叫んでるのか分からんが、何とか尾根に上がった。
10_2015032323454508d.jpg

朝から快晴の粟ヶ岳は初めて。
青空バックに黄色のマンサクがきれいに映えた(*´ω`*)
11_201503232349425df.jpg

地味に雪の残ってる粟にしか登った事がないけれど、スタートから雪なのは初めて。
12_20150323234944bad.jpg

後ろにある尾根を見たら、あっちの尾根を上がるのも楽しそうだなぁとか思った(。・w・。) ププッ
13_201503232349457c3.jpg

見晴らしのいい場所に出る。
とにかく心配なのが、鎖場の雪の状態である。
粟庭と呼ばれるとんがりに鎖がぶら下がってるんだけど、さすがにここからは状態までは確認が出来ない。
14_20150323234947985.jpg

木々に葉がついてないから見通しもよく、三合目も確認できる(直進してる尾根の先)
15_2015032323494885b.jpg

尾根の途中に先行者さん発見。
16_20150323235509e2e.jpg

17_20150323235511c2e.jpg

この日、新潟平野はインチキ雲海が広がっているようだw
朝、霧がすごくて、ここに来るまでも大変だった。
18_2015032323551151a.jpg

雪崩の痕。
19_2015032323551398b.jpg

大きな手と小さな手。
親子かな?って思った。
何の動物か分からんけどw
20_20150323235514756.jpg

ズボッた跡がいっぱい。
当然、雪野さんもズボッてます。
だってデブだものww
21_20150323235706ac8.jpg

8:54、三合目着。
粟方面と反対側にあるとんがり山。
こっちも行ってみたいと思いつつ、なかなかチャンスがないw
22_201503232357089a0.jpg

ツリーホールもいっぱい。
見えてるホールはいいけれど、見えてないのもいっぱいだから、それが怖い。
23_201503232357094b5.jpg

三合目で、休憩していたおじさんとお話しする。
おじさん、カメラに食いついてくるブッ(´→з←):;*.:;
おじさんも写真を撮りながら登ってるらしく、いろんな山の写真を見せてもらった。
あちこち行きすぎだぜ、おじさんww
おじさんと一緒に再スタートするが、猛者について行ける訳もなく・・・ww
24_2015032323571188d.jpg

宝蔵山越しの一番奥に白山。
今日は混むんだろうなぁと思いながら登る。
25_201503232357121a5.jpg

こんなに急登だったっけな。。。(*´Д`)ハァハァ 
26_20150324000230aad.jpg

27_20150324000232369.jpg

まぶしいし急だし、もう帰りたい(ヽ´ω`)グッタリ
28_20150324000233765.jpg

9:26、多分、四合目。
やっべ、時間かかりすぎてる・・・(;´Д`)
29_201503240002347b3.jpg

望遠でめいっぱい寄って、鎖場を確認してみる。
粟庭が良く見えて来たけど、鎖場はやっぱりよく見えない。
粟庭のてっぺんに、先行者さんが仁王立ちww
30_20150324000236b6b.jpg
というか、二度見してしまったのが、鎖場手前の雪庇。
あれ?あそこ通る訳じゃないよね??
って、二度見どころか四度見位したかも。
結果、あの雪庇の上を通る事らしいという事実・・・

デブリ
31_20150324000740abc.jpg

ここから、だんだんと嫌な予感のする景色へと変わって行きます。
後ろから鼻歌交じりに登って来たおじさんが、追い越しざまに「いやぁ、いい天気だねぇ今日はいいぞ~と言うので「山頂まで行ける気がしません・・・」と言ったら「行ける行ける~、山頂から裏側の景色もいいからさぁ」って、川内の事を言いながら、また鼻歌交じりで行ってしまった。
32_20150324000742d0c.jpg

うっすら霞みながらも、守門が見えた。
33_20150324000743522.jpg

9:45、多分、大栃平。
えーっと、ここから先は、ナイフリッヂ出現ですね????w
34_20150324000744ea2.jpg

35_201503240007461c3.jpg
なんちゅー雪の残り方しとんの。。。

お願いです、ナイフの途中でアイゼン着けないでくださいww
追い越し不可ですから(;´Д`)
36_20150324001532397.jpg

先行者さんたちが四つん這いで登ってたのが見えたけど、これは・・・w
同じポーズ決定ですね( ̄ω ̄;)
37_201503240015347b2.jpg

陽が登って来たので、山肌がキラキラし始める。
38_2015032400153424c.jpg

オイラ死ぬぞこれ┌┛┌┛ズコ!
トレースの下は夏道あるのか???とか、必死ですキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
39_20150324001536a90.jpg

難儀です、テンションダダ下がりです(_Д_)アウアウアー
なんで来てしまったんだろう_ノフ○ グッタリ
40_20150324001537b1f.jpg

雪が融け始めると、雪面に春の模様が浮かびだす。
41_201503240019286dd.jpg

三段梯子は二段目までは全部出てました。
最上部が半端に出ていて、最後どこに足をかけていいのか分からずだいぶ苦労した。。。
42_20150324001929d32.jpg

三段梯子を過ぎると、また雪壁。
この辺からもう、ストックじゃ無理を感じてくる。
そして、ステップが男の人の歩幅でちょうどいい感じなので、足の短い雪野さんでは届かず、自分でステップを作りながら登るしかなかった(ヽ´ω`)グッタリ
43_20150324001930d5c.jpg

鎖場手前の雪庇。
あそこもやっぱ四つん這いか。。。(´Д`|||) ドヨーン
44_20150324001932a10.jpg


しょうがねぇ。。。行くべ。。。(´Д`|||) ドヨーン
45_20150324001933c7d.jpg

先が見えねえええええええええ
46_201503240023227d9.jpg

雪庇を乗り越えると、鎖場が見えた。
鎖場の壁は厚い雪で覆われていて、見た目ほぼ直角に見えるくらいだ(;´Д`)
あそこもみんな、這い上がっている・・・
47_20150324002324918.jpg

3合目でお話したおじさんがいたので「もうアイゼンピッケルじゃないと無理そうだね」「無理だなぁ」て事で、雪野さんも準備する。
道具がないらしい登山者さんが一名、ここで戻って行った。

前シーズンも何度かピッケルを持って歩きましたが、本当にピッケルが必要だった山行は飯豊の石転びのみ。
他の山行は、何で持って歩いてたのかよく分かりません(笑)
正直いらなかったですね、ハイ。

それにしてもガチすぎるわ・・・
やっぱ粟は厳しい・・・
48_20150324002324fca.jpg

準備をし終えると、周りに誰もいねええええ┌┛┌┛ズコ!
みんな粟庭の上に居た( ̄ω ̄;)
49_201503240023261f9.jpg

そして、もう第一下山者さんが粟庭を下りて来たのでビックリして見てたら、その人、鎖場を走って下りて来た(* Д ) ゚ ゚
おいおい!!ちょっと待て!!!なんで走ってんだよ!!
って思ってすぐに滑落・・・
お願い止まってーーー!!って心臓バクバクしながら、ザーーーーッという音とうめき声と、ものすごいスピードで落ちてくる登山者を見ながら、頭の中でいろいろ考えます。
このまま下に落下したら、まず何をするべきか。
ここは携帯の電波は入るのか?
運よく登山者は、取りつきの底辺に落ちて止まりました・・・
逆に雪のある時期でよかったです。
雪のない時期だったら、逆に止まる場所がなくてそのまま谷底です。
ちょうどよく出来ていた、雪の受け皿。
50_20150324002327e5a.jpg
何であの登山者は、こんな斜面を走り下りようと思ったのか?
そこが謎です。
見た感じ、20mはあろうかという斜面です。

私も呆然としてしまいましたが、本人も恥ずかしいし動揺してたのか、変な声を発しながら通り過ぎて行きましたけど・・・
これからこの壁を登らなくちゃいけないのに、何て場面を見せてくれたんだよ・・・と思いながら、しっかり落ち着いて登ろうと深呼吸します。
雪にしっかりピッケルを差し、手と足とひとつひとつ丁寧に。

51_201503240039354f1.jpg

粟庭に這い上がって小屋の屋根が小さく見えた時、目の前が回って来ます。
何かの勘違いかな?って思ったんだけど、あぁめまいだ・・・と思って様子を見ましたが、止まる様子がないので座り込みます。
粟庭自体も、そんなに広い場所じゃないので、万が一倒れたら地獄を見るので(;^ω^)
多分、滑落の瞬間を見た事と、鎖場を上がる緊張から来たかなと。
粟庭に上がった時点で、口の中がカラッカラになってたので(;´・ω・)
滑落さえ見なければ、ここまで緊張しなかったと思います。
そして、進むか戻るか考えるけど、戻るにしても最初に鎖場を下りなくちゃいけないので、まずめまいが止まらなくちゃいけません。
3分くらい休んだら治まったので、一安心(´・ω・`)
その時、後続のおじさんが一人上がって来て、お話した事で気も紛れたのかもしれません。

ここですでに精神面で自分の限界だなと思ったので、とりあえず7合目の小屋まで行ってご飯にしようと思いました。
粟庭から先もナイフです。
53_20150324003938b18.jpg

振り返った粟庭は、こんな感じ(;^ω^)
52_2015032400393746a.jpg
この斜面を下りるのも怖いですw

この急登を超えれば小屋なはず。
54_20150324003940ee0.jpg

3コブの一番奥が山頂。
今回はちょっと届かなかったな。
55_201503240039416d7.jpg

それにしても急すぎる└(:3」┌)┘))ジタバタ
56_20150324004629218.jpg

てか、中峰から下山してくる人の姿は見えるけど、私のちょっと先に行った人たちの姿が何も見えないじゃないか(゚Д゚;)
みんな小屋で終わりなの???
57_20150324004631cb4.jpg

11:15、7合目小屋着。
みんな小屋脇に居た(*・з・)ぷッ
つか、スタートから小屋まで4時間もかかってるよ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
58_201503240046323bd.jpg

手前から権ノ神、白山、菅名山塊の風越かな?そして一番奥は飯豊連峰(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
59_20150324004634ad0.jpg

今日は筋子のおにぎりだぜー♪ ٩( ´ω` )و ♪
60_20150324004635048.jpg

いい空だったのに。。。
精神的には最悪の山行だった気がする。。。(。-´ェ`-)シュンシュン


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2015_03
22
(Sun)23:24

最新報告!!

昨日はこの時期に行ってみたかった山へ行ったのですが、あまりの緊張の連続と、衝撃的な出来事の数々で、まだちょっと気持ちが落ち着かないので、記事は明日にいたします(;´Д`)
自分のやってる事が、本当に死に直結している事なんだってのを、他人様や自分自身からもものっすごく感じた山行となりました。
史上最強に怖かった山行でした。
44_20150322223703a5e.jpg

51_2015032222370121c.jpg

山自体は、ほんとに美しかったんですけどね・・・
55_201503222237037d0.jpg

そんなこんなで、今日は天気も良かったですが、緩い山にすら行く気になれず(;^ω^)
昨日の山行がめっさストレスとなって襲ってきてるらしく、体調がいまいち。
昨日、極度のストレスを受けた瞬間は、数分後にめまいがしてきて、そこにしばらく座り込んだくらいだったので。
元々ストレスで倒れた事があって、それから極度のストレスを受けると、めまいがする事がまれにあるんですよ。
生きてく上で、どうしてもお金が必要だから、仕事はストレスを与えられても何とかやり過ごさねばなりません。
でも、プライベートでは一切お断り。
最初のめまいの時、めまいが治まるまで、1年近くを要したので、もうあんな思いはしたくないんです。
でも山では、突発的にいろいろ襲ってくるので、どうしようもないなぁ。

今日のランチは、昨日、帰りに寄った五泉の新しいラーメン屋「砦」で買ってきた、お土産ちゃーしゅを、まだ残ってるブラックラーメンにトッピングしてみた。
3_2015032222373892a.jpg
初めて入ったお店なので、味も分からないうちにおみやげチャーシューをオーダーしてしまったんだけど、あんまり得意な味のチャーシューではなかったです。
なんか甘いんですよ(;´Д`)
中田育ちの私は、ガツンと醤油味のチャーシューがいいです(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
端っこの切れ端をおみやげチャーシューとして、安く提供してるみたいですね。
そして、富山の人が、ブラックにごま油を垂らすとおいしいって言ってたので、軽く一周かけてみた。
いい香りがして、結構ラーメンに合うんだなとw


昨日はあれこれ疲れすぎたせいか、11時間も寝続け( ̄ω ̄;)
今日やらないと、もうやる時間ないぞ?と自分に言い聞かせ、投げといたテントを試し張りしてみる( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
えぇ、とっくに届いてました(*・з・)ぷッ
持った瞬間「おもてーガ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━ン!!」
テントの分、何を減らせばいいのだろう・・・
テントがあれば、ツェルトはいらないのだろうか?
でも緊急事態の場合、テントなんて張れないんだから、ツェルトは別物と考えるべきとか、減らしていいアイテムを考え中です・・・
kyazuさんに言わせれば、2ℓの氷を辞めれ!!と、即答されると思いますが( ̄ω ̄;)
それもちと厳しいな(オイ


て事で、狭い我が家でテントを張ってみる。
テントに通す棒が長いww(棒って言うなよw
もはや狭い我が家で張れないだろ?と諦めかけたが、隣の部屋も超解放して、なんとかしてみた。

えと、テントってこんなにでかかったっけ?が最初の感想ww
4_201503222237407f0.jpg

寝てみた。
自称156㎝の雪野さんの足元、ザックを置く余裕が十分ある。
5_20150322223741ac7.jpg

天井、遠い( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
6_2015032222374316e.jpg

出入り口はでかい。
酔っ払っても大丈夫(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
8_201503222237585eb.jpg

そして、出入り口の反対側にも窓が付いてるので、通気性はいいらしい。
7_20150322223756e97.jpg
そして、まだ実際に張って確かめてないんだけど、張った方のブログを見たら、前室は40cmと狭め。
だけど、このちっちゃい窓側には後室が同じだけ作れるらしいので、後室靴置場、前室で調理なんて感じで使えるらしいです。

とりあえず、でっかい紙袋に入れ替えて、片付けました。
小さい袋に入れておくと、劣化が早まるとの事なので(シュラフと同じね)

後はまぁ実践編として、ゆる~~いとこで張って寝泊まりしてみようかと思います(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2015_03
18
(Wed)02:14

2013年6月1日 早池峰山Part2

やっと給湯器が新品になって、めっさ静音_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
しかも点検に来てくれた兄さんが超イケメンで、土曜の朝からハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
土曜に直るもんだとばっかり思ってたんだけど、今日直った(;^ω^)
て事で、今日もイケメン兄さんに会った(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
いい目の保養であった

そんな感じで土曜は家を出られなかったので、マドレーヌ大量生産。
日曜の山岳会の総会用&会社用に44個。
うちの一番でかいボール、ギリギリの量の生地が出来て、溢れる一歩手前で危なかった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
3_20150317235932df9.jpg

そしてランチには、待ちに待ったお取り寄せの富山ブラックを
2_201503172359311f3.jpg
チャーシュー乗せ過ぎで、大事なブラックのスープが何も見えてませんがww
お味の方は(*´~`*)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

普通にうまいんですけどww
しょっぺくねーよ!!!
と、これを薦めたMSRに文句を言うヾ(*`ェ´*)ノフンガ~
「うまいでしょw」とご機嫌なMSRだが「オイラは悶絶したいのだ(ノ`Д´)ノ キィィィ」
なので次のお取り寄せはこれだ。→http://item.rakuten.co.jp/toyamaya/bkyuu-0033/
これは兵器の方みたいなので、きっと悶絶できるはずだ。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
夜はMSRが新しい服が欲しいというので、楽天で服探しをしてみる。
男物の服なんて、そうそうじっくり見る事もない訳ですが、最近は結構デザインも男女関係ない感じになってるんですかねぇ。
え?このデザイン、紳士物でも使うんだΣ(゚д゚lll)って、驚く事が多かった、ファッション業界の端っこで生きてる雪野さんです(*・з・)ぷッ
結局、意見の一致した、すこーんっと抜けた青空みたいなキレイな青のジャケットを購入したっぽいです
昔からどこか似てるとこがあったりする人なので、こゆのはそんなに難しいお手伝いではなかったなと(。・w・。) ププッ
でもあいつの普段着、着物なんだってさ・・・( ̄ω ̄;)
町も歩いちゃうんだってさ( ̄ω ̄;)
遠くから写メ撮られちゃうんだってさ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ


そんなこんなでドタバタな土曜を過ごし、日曜は朝から総会へε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
消防署の方に来て頂いて、救命法の講義など受けてφ(・ω・*)メモメモ
三角巾でぐるぐる巻きになってみたり
5_20150317235933439.jpg

三角巾のたたみ方を教えてもらうが、雪野さん既に頭がごちゃごちゃに( ̄ω ̄;)

多分、一回出したら、丸めてポイってザックに投げ入れる事であろう( ̄ω ̄;)
三角巾は重さもほとんどないし、自分の救急グッズに入れようと思いました(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

そして、山岳会の中でも猛者中の猛者、私は多分、この人の後ろを追っかけてるんだと思いますw
女一人で車中泊とか遠征とか、怖いよ絶対無理!って会に入った頃に言ってたのに、すっかり同じ道を歩んでる訳ですが。。。(;´Д`)
そんなNさん♀と山談義。
ロープワークの実践講座してよ~とのお願いをしたら、どこか探してくれるって話から、最終的に「日本山岳会に推薦してあげるから入りなさい!」という恐ろしい話に移動し(((((((;´д`)))))))
「いやです、ムリです」とお断りした。
だって、年会費高いんだもん。←そこか???( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
推薦がないとなかなか入れないらしいんだけど「雪野さんならいつでも推薦するから、その気になったら言ってね!」との事で・・・
いや、税金が上がる前に車買うから金がねぇ( ̄ω ̄;)
でも前に、一緒にどこか行こうよって言ったら「面倒見るのめんどくさいからやだww」って言われたんだけど、今回誘ってみたら「いいねぇ」と言われたので、Nさんに多少なりとも、認めてもらえるレベルには上がって来たのかなぁ・・・って事が、うれしかったです

そのまま夜は、隣町にできたレストランで女子会。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
8_20150317235936be7.jpg

10_20150317235959baa.jpg

13_20150318000001ff2.jpg
軽めのコースで1800円。
この他にパンとスープとデザートとドリンクが付きます。
おいしゅうございました・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:



さて、早池峰の続き。
まだ8時過ぎたばっかだよ~、飯には早いけど、下りたら食べるタイミングもないよ~て事で、しょうがなく食べる事にする。
今度は小田越コースへ向かって進む。
山頂直下はまだまだ雪が残っていて楽しかったヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
60-1.jpg

雪の少ない低木の間に挟まって、地味にマル塩タイム。
ちゃんと鶏ハム持参して行ってたらしいww
61_20150318004759f7b.jpg

だがしかし、やはり早すぎたようだ。
しかも寝不足で、若干胃も重いのに。
食べた後、具合が悪くなった_ノフ○ グッタリ

雪渓横断中。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
62_20150318004800f8e.jpg


食後はそのまま下山せず、剣ヶ峰へ(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
剣ヶ峰への分岐には案内がないとの事で心配だったけど、ものっそ分かりやすかったですw
剣ヶ峰の文字はないけれど、小田越への標柱があるので、そこを左に。
しっかりロープが張ってあるので、見れば分かります(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
8:58
63_201503180048029bf.jpg

岩だらけの登山道、岩を這い上がったり下りたりしながら進むと・・・
剣ヶ峰、かっこよすぎるだろおおおおおwww
64_20150318004804ee1.jpg

超細尾根で、こゆのワクワクする年頃でした(@2年前)
65_20150318010013a86.jpg

そして所々雪が残っていて、踏み抜いたりで大変でした(;´Д`)
藪漕ぎかっ!ってとこもあるし。
121_2015031801080557e.jpg

コメバツガザクラ(白)とウラシマツツジ(黄緑)
66_20150318010015a03.jpg

初めて見たねぇ、これ
67_20150318010016135.jpg

振り返る(*´ω`)っ
68_2015031801001770a.jpg

9:29、剣ヶ峰着。
69_20150318010019e7f.jpg
失敗したねぇ。
もうちょっと先に行くと、三角点があったらしい・・・
あと、悪霊払いをした時に刺した剣だか何かが、まだ刺さってるとかないとか、帰って来てからどこかで見た気がしたので、それも失敗した(´・ω・`)

長めの雪渓を登って戻ります。
いい空。
70_20150318011035088.jpg

71_20150318011036d84.jpg

分岐までの岩登りが結構楽しくて、這い上がった岩のてっぺんでぼーっと休憩中の兄さんが居たりw
気持ちはよく分かりますww
誰よりも高いとこに登ると、爽快だもんねw

10:10、分岐着。
小田越へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
岩岩の下りw
72_2015031801103810d.jpg

73_20150318011040456.jpg

何か下るのがもったいなくて、何度も振り返った。
74_201503180110407f2.jpg

ヒメもいっぱい咲いていた(*´˘`*)♡
75_20150318011346691.jpg

そして。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \
早池峰小田越名物のロング梯子wwwww
76_201503180113488b3.jpg

笑いをこらえるのに必死だったwww
77_20150318011349279.jpg

上に居るおじさん、正面向いて下りて来てたしww
強者だと思ったグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
78_20150318011350b9d.jpg

時間も時間なので、登って来る方が増えて来た。
79_2015031801135216b.jpg

ミヤマキンバイ
80_201503180117310e4.jpg

何でこの山、近所にないかなil||li (つω-`*)il||li
81_2015031801173309d.jpg

誰が積み重ねたんw
83_20150318011735448.jpg

ヒメ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
84_20150318011736f49.jpg

大きなザックを担いで登って来たおじさんに話しかけられる。
どうやら、この山の管轄の山岳会のおじさんなのか、何日かかけて、来週の山開き用のビールを担ぎ上げてるんだと言っていた。
そりゃ重いわ(;^ω^)
新潟から来たと知ったら、驚いてたな(。・w・。) ププッ
85_201503180119007ff.jpg

87_201503180119030a7.jpg

山開きを避けたくて、急遽この日に訪れたのです、私。
来週になると、シャトルバスに乗らないと入れなくなる山なので、そうなると好きな時間にスタートできないじゃないですか。

岩タノシイネー
下の方に、建物が見えた。
あそこまで下りるのか( ̄ω ̄;)
結構遠い。
88_20150318011905f87.jpg

雪解け水で、登山道が沢になっていた。
89_20150318011906695.jpg

こっちは普通のエンレイソウなんだねぇ。
90_201503180122353a7.jpg

天然の枝を利用したベンチ。
何かオサレ
91_20150318012236bd4.jpg

スミレ(スミレは種類が一杯なので、更に覚える気なしww)
92_2015031801223853f.jpg

オウレンの終わりがけな感じなのかしら??
93_20150318012239125.jpg

木道が市松模様でかわいい
95_20150318012956e91.jpg

謎。
前に調べたんだけど、名前載せたとこ潰しちゃったからまた謎にw
94_20150318012240792.jpg

97_20150318012958348.jpg

オサバグサ
98_20150318013000623.jpg

ミツバオウレンかな
99_20150318013001353.jpg

オオカメノキ
101_20150318013821cf6.jpg

そして、登山口で解明した。
謎の数字は、山頂が100って事らしい。
ここは合じゃないんだね。
102_201503180137540b5.jpg

11:39、ゴール。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
103_201503180137551b2.jpg

真向かいに、薬師岳の登山口。
このまま行くと言う手もあるんだけど、この日は行くところがあったので。
登らなかったのは、だいぶもったいない事なんだけどねw
104_20150318013758ae2.jpg

ここは駐車禁止なので、警備のおじさんが居ました。
話したら、あちこち登ってらっしゃるオジサマで、新潟も巻機とか登ったって言ってたっけな?
そしてこの早池峰は、地図を見ると谷川と同じような地形をしてるんだと教えてくれました。
薬師はいかね~のか?と言われたけど、先を急いでるので。゚(゚´Д`゚)゚。と。
この時期は踏み抜き多発で、なかなかの山になるらしいですw
このオジサマにも、新潟人だと言ったら「はぁ(* Д ) ゚ ゚」と驚かれたw
105_2015031801375814b.jpg

駐車場までは、車道歩きです。
新緑と青空が、爽やかでした。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
111_2015031801455875c.jpg

112_20150318014601f77.jpg

113_20150318014601594.jpg

車道脇に、カタバミさんが
114_20150318014603b2f.jpg

遠かったけど、来てよかったね(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
115_2015031801460431c.jpg

ずっとこの蝶々が着いて来ましたw
116_2015031801474126b.jpg

12:30、河原ノ坊登山口着+:。.。:+(ღ◕ ܫ◕)ノ【 オ ツ カ レ 】+:。.。:+
岩山で荒々しい感じなんだけど、なんだかとても優しい雰囲気の山でした(๑→ܫ←๑)
117_20150318014743965.jpg

温泉に入る前に、岩手に来た本当の目的を。
早池峰から2時間くらいかけて、宮古の海へ。
海まで10分くらいって所まで来たら、海方面からモクモクと煙が迫って来てビックリしたんです。
何が起こったのかと思って進むと、海から上がるガスの塊。
それが内陸にどんどん流れ込んで来てたのでした。
遊覧船が出るような場所に着く頃には、海はほとんど見えず。
119_2015031801474557d.jpg


被災地の海を見たかった。
だけど海はそっと姿を隠し、海の事は伝えなくていいと言われたような気がしました。
ただ宮古の町を走っていて頭に浮かんだのは、活気という言葉。
流された建物の痕とかいっぱいあったんだけど、人間の生きる強さを感じた、そんな場所でした。
みんな頑張ってるって事を伝えてと言ってるかのような、そんな気がしました。
まぁ、あれから2年も経っちゃったけどね(;^ω^)

そこからまた4時間くらい走って、翌日の山へ移動。
岩手でかいです。゚(゚´Д`゚)゚。
すっげ移動時間がかかります。゚(゚´Д`゚)゚。

そして翌日の山を見て、やっぱデカすぎる、ヤバイ・・・と真剣に悩みながら、ウシ、こっち見んな!!!!と、ウシと睨み合いをする雪野さんでありました( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
120_20150318014745a8f.jpg




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2015_03
13
(Fri)02:04

2013年6月1日 早池峰山

名残雪が名残過ぎてるつーか、冬がぶり返してるつーか、今更やる気満々つーか└(:3」┌)┘))ジタバタ
今現在(深夜12時)も、ボウボウと雪が降っている模様です( ̄ω ̄;)
4_20150313004315220.jpg

我が家にデブの素がやって来た。
2_20150313004313f82.jpg

年末に一回行ったきりで、相変わらずのように中田に行けない日々が続いてる雪野さんに、MSRが悪魔のささやきをした( ̄ω ̄;)
このラーメン、結構うまい、と。
話の流れ的に、雪野さんにラーメンを買ってくれるのかと思ってたが、自分で買えよと吐き捨てられガ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━ン!!
ついでのしろえびチップスと共に、我が家に上陸した模様。゜+.(´▽`)。+.゜+・
3_2015031300431440c.jpg
土曜は業者が来て給湯器を点検するので、完全自宅待機のヒッキーである。
そん時にブラックやけ食いする(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

富山の人の話によると、ブラックラーメンには2つの「へいき」があるらしく、ひとつの「へいき」は「平気」で、普通においしく頂けるとの事。
もうひとつの「へいき」は「兵器」で、もはや言うまいww
雪野さん的には兵器で悶絶したいので、いつかチャレンジしたいと思っているんだけど、富山に行くとうっかり立山に上がっちゃうので、下山後に街に繰り出してラーメンっていう時間がないのだ。。。
いつかチャレンジできるだろうか( ̄ω ̄;)




さて、新ネタもないし、2013年度の超停滞ネタを更新。

5月半ばの会山行の時、会の方が東北フリーパスという、指定区域内ならいくら乗り降りしても定額のキャンペーンをやっていると教えてくれて、それ使って東北へ行こうヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥとなった次第でありまして。
寝る時間とか移動時間とか、あれこれ考えた末に、2日間で移動して2座取るのは無理となり、3日間のプランにする。
金曜の夜、岩手に向かって出発する。
岩手に自力で向かうのは初めて。
この辺から、長距離ソロ遠征が始まった気がする・・・

どんくらいの時間を走るのかも想像できず、とりあえず宮城の入り口までは快調だった。
だが、意外と宮城を抜けるのに手こずり、岩手も非常に長いww
しかも岩手の入り口で、高速で事故の知らせ(ノ`Д´)ノ キィィィ
途中で下りろのメッセージの掲示板が目に入ったけど、現地に着く頃には解除になってて、なんとか回避(;´Д`)

遠征の移動中は、なぜか8時くらいから眠くなってくるので、これでもかってくらい熱唱( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
しかも、露崎とか熱唱してくので、最後死んでしまう。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
歌い過ぎて、寝てる途中で咳き込むしな゙;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
一人だと歌うぐらいしかする事ないじゃないかww


高速を降りて、暗がりの道をナビに従って進む。
細い山道に入り込んだが、駐車場になかなか着かなくて不安になったけど、何とか深夜1時くらいに駐車場着(ヽ´ω`)グッタリ
疲れてるせいか、あんまりよく寝れなくて、うつらうつらと・・・

ピピピピピ、チチチチチ

小鳥さん、うっせーよ( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお

と、もはや泣き続ける小鳥の声に、寝続けるのを断念した早朝4時(*ㅎωㅎ)

あまりの寝不足に食欲もなかったんだけど、何かお腹に入れない訳にはいかないので、おにぎりを食べて出発。
駐車場にはトイレもあり、無料のキャンプ場?もあるので、テントも張れるようです。
1_20150313003854888.jpg

5:20、河原ノ坊コースからスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
4_20150313003858960.jpg

頼む、オイラに渡渉をさせないでくれ(摩耶山でドボンしてから、渡渉恐怖症)
沢を突っ切って、対岸へと渡ります・・・
5_20150313003859302.jpg

お花(*ㅎωㅎ)
6_201503130039008ce.jpg

お花(*ㅎωㅎ)
9_20150313010902f25.jpg

白いエンレイソウだああああΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!
8_20150313010901316.jpg

だから渡渉をさせるなって言っているだろう└(:3」┌)┘))ジタバタ
11_2015031301090542b.jpg

チョロチョロじゃないんだよ、ジャージャーの沢なんだよww
12_20150313011502ef3.jpg

だから!!
13_20150313011503a58.jpg

ダメだって!!
14_20150313011505772.jpg
ゆーたじゃないかああああああああ

↑ここで一回、ドボンする( ̄ω ̄;)


やっと渡渉を回避し、沢に沿って歩けるようだ(p´I `;*)ウウウウ
15_20150313011506a25.jpg

ふと視界が開けた時、目の前に見えて来たのは・・・
17_20150313011507629.jpg

岩岩岩岩ハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ

謎の15
19_201503130118494f7.jpg

スタートしてすぐくらいから、岩の登山道になります。
もうこの辺は、完璧岩歩き。
21_20150313011851791.jpg

終わってねかったのかよ┌┛┌┛ズコ!
22_2015031301185177f.jpg

渡渉はやだけど、岩歩きが思う存分出来るので、((o(´∀`)o))ワクワク
23_201503130118533a2.jpg

かっこよすぎるぞ、早池峰,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
24_20150313011855869.jpg

この辺になると、頭の中の吹き出しでは「( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」てなってます。
25_20150313012144cd7.jpg

30、コウベゴオリ(´ェ`)ン-・・
26_201503130121461c6.jpg

6:21、コウベゴオリという場所らしい。
27_20150313012147a9d.jpg

陽が差して、山肌がきれいに見え始めた(๑→ܫ←๑)
28_20150313012148cbc.jpg

岩しかねーよ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
30_20150313012444a93.jpg

6:39、サボりたくなったので、チューチュータイム
31_20150313012445bfe.jpg

休憩していたら、後続のおじさんに話しかけられる。
話しているうちに、新潟の方と判明Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
県外で同県の方に会うと、めっさうれしい訳ですイェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィ
前年は自分も東北フリーパスで来たけれど、今回は日本海側からこちらに来たと仰ってました。
あんまり、移動時間は変わらないそうですΣ(゚д゚lll)
32_20150313012446d84.jpg

おじさんに別れを告げ、先に進みます。

あああああああああああああああ

いたあああああああああああああ

(っ´ω`c)キュキューン

33_2015031301244888f.jpg

この子に会いに来たのです
ヒメコザクラさん・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:

コザクラ系の花を見たのは、この子が初めて。
ものすごくちっちゃくて、白が可憐で・・・
だから、ハクサンコザクラのどぎついピンクを見ても、あまりときめかないのは、このヒメコザクラを最初に見ちゃったせいかな(;^ω^)
34_201503130124492dc.jpg

チシマアマナさんも、初めまして( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン
35_2015031301324833d.jpg


はぁぁあああああぁぁぁ
このワクワク感、どうしたらいいのだろう(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
36_201503130132507a4.jpg

ナンブイヌナズナさんも初めまして( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン
38_201503130132534d4.jpg

37_20150313013252211.jpg

ハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
39_20150313013254b85.jpg

40_201503130134348a9.jpg

御座走り?
41_20150313013435d13.jpg

おぉΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
42_20150313013437cc3.jpg
何か意味があったんだよな、この岩。
御座に乗って3回滑ったら、願いが叶うだっただろうか・・・?
その前に死ぬってwwって、思った記憶がある。
脇の岩をよじ登って行けるんだけど、あえてロープを掴んで這い上がる(*・з・)ぷッ

かわいいキャー♡╰(*゚x゚​*)╯
43_201503130134381a8.jpg

59
44_20150313013440891.jpg

あにゃー、この山楽しすぎるわww
45_20150313013804a59.jpg

6月に入ったというのに、東北の山では、まだミネザクラが咲いていた。
46_20150313013805c3e.jpg

この山の気象条件が厳しいのが分かるような、この小ささ。
つか、まだ初代の靴で頑張ってたんだなブッ(´→з←):;*.:;
47_20150313013807ca5.jpg

打石
48_201503130138086c3.jpg

向こう側に、下山で使う小田越コースを歩く人が見えた。
49_20150313013809980.jpg

ヒャッホゥ♪ヽ('∀'*)ノ┌┛゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
50_201503130144216af.jpg

51_20150313014423c5b.jpg

唯一の鎖場ですが、そんなに難しい鎖ではありません。
52_2015031301442444e.jpg

爽快だ。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
53_20150313014425cbb.jpg

8:00、山頂着。
54_20150313014426513.jpg

一等三角点(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
55_20150313014646e69.jpg

早池峰の神様にご挨拶(-人-)
56_20150313014648ce2.jpg

58_20150313014650a69.jpg
何かちょっといろいろと、神様ありがとうって感じの所だった。

神社の裏手の岩場を散歩してみる。
展望がものすごく良くて・・・
よすぎてヤバイ。
明日行く山が、デカすぎる事に気づいてしまった・・・
59_20150313014652896.jpg

さ、ちょっと早いけど、ランチにしようか(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
つか、8時にランチっておかしいだろ・・・間違いなくヽ(冫、)ノ
60_20150313015033045.jpg

o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2015_03
11
(Wed)23:48

4年

4年経った。

明日から、5年目の日々が始まる。

4年前のこの日があったから、カメラをぶら下げて、重い荷物を担いで、見知らぬ景色を追いかける日々が始まった。

また今年も行くよ、東北の優しい空を見に。

私には何もできないけれど、私の見た景色を届けたい。

39_20130829234408efb.jpg

私の見た空は、ちゃんと届いてるかな。


ずっと、忘れないよ。

25_20130517235929.jpg
2015_03
10
(Tue)02:18

2015年3月8日 兎平りたーんず

悲しいお風呂ライフを送っているので、日曜は下山後に温泉どぼーん_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
貸し切りだったので、1時間も浸かってた(*´ω`)

それから貧乏人の、ささやかな幸せ(๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧
山の後の定番になりつつあるw
42_2015031000141683b.jpg

幸せ気分に浸ってたら、7時に寝落ちして、起きたら10時だった( ̄ω ̄;)
それで夜が終わってしまった└(:3」┌)┘))ジタバタ


さて、この前の日曜は、久々の会山行で、再び兎平へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
実は先月の初兎平、kyazuさんとどこにする~?とか会議してる時、兎平も候補に挙がったので、兎平にしてくれと私がお願いしたのでした。
実は今回のリーダーさんが、兎平に行った事がないんだよねぇって言ってたので、当てにならないけど、とりあえず私が偵察に行ってくるか(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
て事での、TEAMほいどこでの兎平山行であったのでした。

まぁ結局、リーダーさんともう一人の会の方が、前の週に偵察に行って、マーキングのテープを付けて来てくれたらしいので、安心でありました(๑→ܫ←๑)
前回は破線と違うルートで歩きましたが、今回は破線に近いルートで歩きました。
今回は実験がてら、YAMAPさんのアプリを使わせてもらって。
前に使ってみて下さいとメッセージを頂いたのですが、なんせスマホ持ってませんでしたしブッ(´→з←):;*.:;
43_20150310002808184.jpg
でもまぁ、GPS頼りの山行は危ないと思うので、これはあくまで補助アイテムとしたいと思ってます。
電子機器は、バッテリーが切れたり壊れたりすれば、ただのゴミ。
山のど真ん中で、GPSが動かなくなって自分がどこを歩いてるのかも分からなくなるなんてのは危険すぎます。
あくまで、紙の地図がメインであって、アナログが一番だなと思います。
あとは、同行者がGPSを起動してる時は、自分は動かさなくていいと思ってます。
同じログを取っても仕方ないので、自分のGPSは同行者のGPSが万が一故障した場合のサブGPS程度でいいと思っています。
ログは後で同行者にもらえばいいしね


さて、地図上に破線はあれども、登山道はない兎平への道。
8:58スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
破線上の登山口は、見えてるガードレールの一番奥から。
私たちは沢を渡った正面の斜面から取りつきます。
えと・・・
我が山岳会3月恒例の、ソリ山行でございますので、個々にソリを担いでおります( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
1_2015031000141190f.jpg

2_20150310001413b39.jpg

激しく藪ですww
3_20150310004129f54.jpg

しかも、前回に負けないくらいの激登りですww
今回は木さんたちに「手を貸してくれー」とお願いし、掴まさせてもらいながら登りました(;´Д`)
5_2015031000413116e.jpg

スタートからたった20分。
みんな汗ダラダラです(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
すんごく疲れたんだけど、すご過ぎてみんなで大爆笑ww
今回のドリンクは、炭酸水(山行中に炭酸飲むの、まいぶーむ)
6_201503100041314ab.jpg

給水して、すぐ再スタート。
先頭は、リーダーSさんと一緒に偵察に行ってくれたIさん。
私の後ろにIさんの奥さんが居たんだけど、奥さんも猛者中の猛者で、矢筈とか行っちゃう人なので、この道なき道山行が「楽しい(๑→ܫ←๑) 」とずっと仰ってましたw
7_20150310004133ca0.jpg

とにかくもう、枝につかまりながら登らないと落ちちゃうので、写真を撮ってる余裕がありません└(:3」┌)┘))ジタバタ
枝だと思って掴んだら、折れた枝だったとか「ぎゃあああああ∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!」な事、多数。
滑落しなくて良かった( ̄ω ̄;)

スタートから50分。
やっとこ落ち着いた斜面に出ました。
黒豆とか
8_20150310004135eca.jpg

麩菓子とか
9_20150310004938938.jpg

これくらいの斜面が平地に見える程の、激急斜面でした( ̄ω ̄;)
10_201503100049403eb.jpg

この雪の斜面を登り切った所で小休止。
Iさんから栄養ドリンクが回って来ました。
手作りの甘酒です。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
11_20150310004940276.jpg
甘酒はあんまり飲まないんだけど、この甘酒はものすごく甘いのに、さっぱりしていてものすごくおいしかった(๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧
これならいっぱい飲める(o◕ܫ◕)→ܫ←)ゥンゥン

それから、たくあんの油炒めも出て来たΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
糖分と塩分を補給して、元気いっぱい(`・ω・´)シャキーン
「だからといって、早く歩ける訳じゃないんだよね~」と、Iさんの奥さまと爆笑w
12_20150310004942f49.jpg

小休止後、スタート。
山友Zさんがやんちゃを始め、倒木の上を綱渡りしていた。
落ちろー( ゚Д゚)<呪呪呪呪呪呪呪呪呪
13_20150310004944393.jpg

右手に、前回登りで使ったルートを見ながら歩く。
Iさんの奥さまが、山繭を見つけた。
ここまでキレイなパステルグリーンの山繭は、初めて見たかも(๑→ܫ←๑)
14_20150310005550899.jpg

その後、雪野さんも見つける。
大概見つけるのは、こんな色になったやつである。
15_20150310005552fb3.jpg

10:29、前回見つけた熊棚のある場所と合流した。
16_201503100055541b4.jpg

前回はフワフワの雪をラッセルしながら歩いたけれど、たった一ケ月で雪も少なくなり、雪も結構締まってツボ足で歩けるくらいだったけど、先頭を歩いてたIさんが「ワカン付けるぞー」と言うので、ダークサイドの住人Zさんが「先頭のIさんだけ付けてれば、あとはツボ足で行けそう´^ิ ౪ ^ิ) ニャニャ…」と言う。
確かに、雪は締まってるし、先頭だけがっつり踏んでくれれば・・・´^ิ ౪ ^ิ) ニャニャ…
が、それは許されなかった┌┛┌┛ズコ!
17_201503100055557eb.jpg

これはもしや、白マイタケではなかろうか| 冫、)ジー
きっと高級品ね,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
と思ったけど、キノコ博士のSさんが「違うろ~」とバッサリ_(:3」∠)_
18_20150310005556262.jpg

10:57、小休止。
アメちゃんもろたー(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
19_20150310010225eaf.jpg

こーゆー木が神社にあると、絶対縁結びの木とか言われるんだよね~と、絡み合う枝を見ながら言う。
21_2015031001022767f.jpg

11:23、最後の急斜面手前に来た。
ドキドキである (;◔ิд◔ิ) ドキドキ・・・
22_20150310010229c4b.jpg

一週間前に偵察に来た時は、もうガリガリに凍っていて、ワカンの先すら蹴り込めない状態だったらしく、猛者さんたちでも怖かったと言っていた。
万が一を考えて、ザイルも持って来てくれていたらしい。
またガリガリの状態だったら、スコップでステップ作りながら登るつもりでした。
23_20150310010231005.jpg


が、雪はすでに腐りかけ、先行者さん2名?がステップ作ってくれていたので、難なくクリアー
2月に行った時より、斜度が柔らかくなっていた気がする。

11:36、兎平の端っこに乗り上げるヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
ここに来た事あるの、Iさんだけなのかなぁ?
Iさんも初めてだったのかなぁ?
とにかくみんな、来た事のない場所だったようです。
24_20150310010231e7e.jpg

今回は破線の先まで向かいます。
ほんのり青空も出て来ました♪ ٩( ´ω` )و ♪
25_20150310010811a03.jpg

だだっ広い山の上の雪原に、いつも可愛がってくださる皆さんと゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜
26_20150310010812a9d.jpg

後ろを振り返ると・・・
残念ですが、天気が良ければ川内山塊が一望できるようです(_Д_)アウアウアー
27_20150310010814fab.jpg

右手にはマンダロクや日本平など(見えてないけどw)
29_201503100108175de.jpg

この日は場所により微風だったけど、ほとんど無風。
28_20150310011141f3a.jpg

何となく一番小高い場所へ(。・w・。) ププッ
30_2015031001114291a.jpg

今日もやってやったぜーヒャッホゥ♪ヽ('∀'*)ノ┌┛゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
しかも、雪野さんのソリだけピンクだぜー♡〜٩( ╹▿╹ )۶〜♡
服装はすでに夏仕様。
長T一枚www
31_201503100111446f4.jpg

さ、小高い丘に登った理由とは・・・








12:03、遊びまくって先へ進むと、もうランチ会場が出来上がっておりました( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬
32_20150310011146e95.jpg

円卓みたいw
キレイにできてます゚.+:。゚ァリv(oゝω・o)vガト゚.+:。
33_201503100111470f1.jpg

さ~て、期間限定に弱い訳ですよ(;´Д`)´д`);´Д`)´д`)ウンウン・・・
34_20150310011859dcd.jpg

もたもたしている間に、みんなから振る舞い飯が届きます。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
Wさんから、昆布のこれ何だろ?酒のつまみに最高
フォークに刺さってるのは葉ワサビの醤油漬け&ふきのとうの天ぷらby会のシェフIさん
葉ワサビ、鼻がツーンとして辛かったww
ふきのとうは苦いから苦手なんだけど、これ全然苦くなかったΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
35_2015031001190110a.jpg

雪野飯は、写真を撮る間もなく奪われた( ̄ω ̄;)
おかしな味の食べ物を持って行くので、みんな楽しみに?してるらしいw
今回は大根のマヨ和え。
ほんとは大根ステーキなんだけど、私はめんどくさいので、いつもソースを絡めちゃうw→うーらのオーガニックレシピ手帳
まぁ結局、雪野さんがうまいと思うものは、酒のつまみなんですよ・・・w
後撮りです。
46_20150310012722da3.jpg
Iさんに、葉ワサビと交換と言われ、大根を奪われる( ̄ω ̄;)
まぁ、好評でよかったです

雪野飯は、めんどくさいのでレトルトソースのミートソース。
麺100gに対し、ソースは2~3人前のつゆだく仕様、これがんまい(o◕ܫ◕)→ܫ←)ゥンゥン
36_20150310011902d9a.jpg

粉チーズをボンと出した雪野さんに「そんなもんまで持って来てるんかΣ(゚д゚lll)」と驚かれたけど「飯はうまく食べたいのだ」と返す(`L_` )ククク
ぶらっくぺぱーも振ってやったぜー
37_20150310011904f29.jpg

ワイワイガヤガヤ楽しいお話をして、下山開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
ここからは遊びの時間なので、デジイチは仕舞ってコンデジのみでーって、コンデジがない<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!
どこ行った、オラのコンデジキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
ポッケにもカメラホルダーにもないぞ└(:3」┌)┘))ジタバタ

あ、最初の滑走の後に、動画撮ってそのまま落としたな・・・
て事で、カメラがねえええええええと叫びながら、戻る( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
滑走後からランチ会場までは遊びながらだったので、あまり気づかなかったけど、結構距離があった_ノフ○ グッタリ
悲しい軌跡
44_20150310013546f27.jpg
ソリを下りた場所に、雪に埋もれたカメラがありました、疲れた_ノフ○ グッタリ

その後、事あるごとに「カメラはあるかー」の掛け声が点検となり( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
いつか、風越~三五郎~菅名まで歩いちゃうぞ( ´_ゝ`)プッ
などと激しい夢を見ながら、12:50今度こそ下山開始w
38_20150310011906ec4.jpg

階段なかったら、やっぱ怖い斜面ですな(;^ω^)
ここをソリで滑ろうとか、アホな事言ってスイマセン(●´ω`●)
39_20150310013852138.jpg

下山はひたすら、滑れるとこは滑って・・・というか、滑れる場所を探しながら歩きますグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
滑れない場所では、ソリを犬の散歩みたいに引っ張ってww


ソリ山行も、もう数年やってるので、みんな操縦が上手ですww
雪野さんに至っては、ストックを短くたたんで、オールみたいに舵を取りながら滑りました。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ




この後、調子乗りすぎて若干コースアウトし、ソリだけ単独で暴走して行ったという( ̄ω ̄;)
45_20150310013856273.jpg
ソリはすぐに木に引っ掛かって止まったので大丈夫でしたが、無駄に登り返して疲れたヽ(冫、)ノ

下山は同じルートを下り、もうすぐゴールという時にIさんが教えてくれました。
「ここの杉、きれいに一直線に植えてあるから、真っ直ぐ下りればソリで行けるw」
いや雪野さんは絶対曲がって顔面強打ですからww
40_20150310013855b05.jpg

登りがとんでもない斜度だった訳だから、下りも厳しいですw
また木さんのお世話になりながら、滑り落ちて行きますウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
写真じゃ伝わらないだろうなぁw
41_2015031001385603f.jpg

下山完了14:30+:。.。:+(ღ◕ ܫ◕)ノ【 オ ツ カ レ 】+:。.。:+

いろんな山岳会があるんだろうけど、我が山岳会は、とにかく山を楽しむ。
楽しまなければもったいないと、いつも言いながら歩いています。
だから笑顔と笑い声が絶えない。
山岳会以外の場所でも、こんな遊びと笑い声の絶えない山行を求めるのは、やっぱりこの山岳会の影響なんだろうなぁと思います(。→ˇ艸←)プククッ☆
山めし遊びも、ここから始まってるわ((´∀`))ケラケラ

まだまだ冬だと思ってたけど、植物たちはしっかり春の訪れを知らせてくれます。
だけど、春が来るのが早すぎる・・・
20_20150310015549d58.jpg

4_20150310015548a4d.jpg
小雪は過ごしやすくてありがたいんだけど、やっぱり地球温暖化を思わざるを得ない気がしました。
今後は冬が無くなり、全く雪が降らないか、ドカッと雪が降るかになるとか、どこかで見ました。
既にそれに近い降り方だよなと思います。

私のブログの右サイドに「gremz」というブログパーツが貼ってあります。
記事を更新すると、パーツの中の木が育って、その木が成年になると、世界のどこかに本物の木が一本植えられるというシステムです。
私も昔、ブロ友さんに教えてもらって始めたのですが、自己満足で書いてるブログで、どこか知らない場所に木が根を下ろすと思うと、小さいけれど、地球に一つ、小さな緑が誕生するんだなと思う次第であります(๑→ܫ←๑)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2015_03
06
(Fri)01:31

テントテント_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!

今朝は激しく大変であった。
もはや事件である。

いつもよりちょぴっとだけ早く出社だぜー、と、勇み足で玄関を出る。
鍵をかけるぜー_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!
とドアを閉めようとしたら・・・

ドアが閉まんねーですwwwww

がんばってもがんばっても、ここから先が閉まらんのだよ。
2_201503060046397f6.jpg

どうやら、この油圧のなんかのネジが、飛んでいるようだ( ̄ω ̄;)
玄関に何かのネジが一個落ちてるなぁとは思ってたけど、何のネジか分からなかったのだ。
3_20150306004637df3.jpg

で、大家さんに電話をかけて、会社に遅刻願いの電話をし、業者が来るのが11時になると連絡を受けたので、もうしょうがねーよwwwとダラダラする。。。(仕事忙しいのに・・・)
MSRには「朝から破壊王www」と爆笑され、みなみるネット繋いでっかなぁ?とチャットできるとこに行こうとした時に、11時に来るはずの業者が9時にやって来た┌┛┌┛ズコ!

業者さんに「ネジ2個落ちてなかった?」と聞かれ「1個しか知らぬ( ̄ω ̄;)」と返した。
ネジは3個式で、1個でギリギリ止まってたらしいww
作業は20分くらいで終わったので、致し方なく出社。
結局2014年度は、1回も有休を取らずに終わってしまうようだ。
有休を消化しろとも言われない、つか、取ると怒られる。
かといって金品となって戻ってくる訳でもない。
ましてや、よくやった!と褒められる訳でもない。
2015年度は休む(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

そして夜。
2、3日前から予兆はあったんだが・・・
今度は風呂場のお湯の調子が微妙www
お湯→冷水→ぬるま湯→冷水→まれにお湯( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
新潟まだ冬だよ、さみーよ!!!

今朝の電話で、大家さんにお湯も微妙な予感がするとのことも言ったので、仕事の事も考えて、大家さんが気を使って一緒に今朝見てもらえるようにしようとしてくれたんだけど、業者が遠くて、一日休まなくちゃいけないことになる・・・のは無理なので、結局、今週の土曜も仕事だし、来週の土曜にしてくれと雪野さんのたっての願いで・・・
でも、耐えられんかもしれないwww
明日は鍋&ポットで湯を沸かして、浴槽に投げ入れて地味にがんばるわ・・・
夏だったらよかったのに_ノフ○ グッタリ


そんなこんなで、地味に突破したのですよ。
1_20150306004638913.jpg
地道が好きな雪野さんは、地道にポイントサイトなどでもポイントを貯めていて、あちこちからかき集めたら、+1万弱もポイントが集まったとブッ(´→з←):;*.:;

テントに関しては、ほんとド素人でなーんも分からんのですけど、高い買い物なのでとにかくあれこれ山岳テントを見比べました。
とりあえず候補からは、モンベルとアライテントは外されてます。
だって、テン場は黄色とオレンジばっかりで、人と同じの嫌いな人なんで、まずこの2つはナシw
あとアライテントが絶対やだって思ったのは、自分でシーム処理をしなくちゃいけないって事を知ったので。
高い金出して買うのに、更にオイラに仕事しろと???

ねーよ!!

て事で、ねーよ!と言う響きからNEMOも選択肢に入ってましたが、結露が出来るとか、入り口がメッシュの部分があって、初冬ですらものすごく寒いとか、何か分からんけどパーツがプラスチックだから経年劣化がとか言ってる人が多かったので、これも結局ナシに。

NEMO(ニーモ・イクイップメント) タニ 2P [2人用] NM-TANINEMO(ニーモ・イクイップメント) タニ 2P [2人用] NM-TANI
()
NEMO(ニーモ・イクイップメント)

商品詳細を見る



最初に目を付けたのは、オクトスのオリジナルテントだったんだけどね。
オクトス登山アウトドア用アルパインテント2人用オクトス登山アウトドア用アルパインテント2人用
()
oxtos(オクトス)

商品詳細を見る

オリジナル商品だからか値段も安いし、そこそこいいって書いてる人も何人か見れたので、真剣に悩んでみたけど、若干重い。
2人で泊まるなら、分け合って担ぐ事もできるけど、一人だとちょと辛い。
酒が一本減る!!
そして、何人かのレビューは見れたけど、がっつり使ってる人の情報が得られなかったので、ちょとその辺の事もあって。


んで、プロモンテへと移行する。
プロモンテ(PUROMONTE) ライトウエイト・アルパインテント(2人用) VL25 国内生産品 VL25プロモンテ(PUROMONTE) ライトウエイト・アルパインテント(2人用) VL25 国内生産品 VL25
()
プロモンテ(PuroMonte)

商品詳細を見る



でも結局、自分の中で落ち着いたのがこれ→エスパース・デュオ
Amazonでは売ってないです(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

山道具と言えば、ブロ友さんの目目連さん。
目目連さんはどんなテント~?って、超高級テントで、雪野さん手を出せずヽ(冫、)ノ
でも結局、自分が手を出そうとしてるのも、結構いい値段だなぁ・・・

超金持ちだったら、ソロテントと2人用と2つ欲しいんだけど、なんせ貧乏なので、使い勝手の面とか、客人呼べるようにって言っても、女子専ですけどwwてな感じで2人用を。
ソロテントは、とにかく軽量化をしたいガチ登山の時用ですな。(買えないけど)
飯豊で遊んでる分には、小屋が充実してるからテントいらないっぽいんだけど、雪が降ったら地元の裏辺りで、テント張って静かに寝たい訳ですよ。
地元は小屋も静かだし山も静かだし、ほんとよー寝れるんですわ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ


さて、来週の15日、やふーショッピングは奇跡の日と呼ばれる日になります。
ポイント週末5倍+5の付く日は5倍、そして、今やってるプレミアム会員3月いっぱい5倍の、これも加算されるのか???で、加算されるならポイント15倍だぞ・・・( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
て、またポイントを貯めて、なんか欲しい訳ですよ(´∀`*)ウフフ

雪野さん、結構抜かりねぇ´^ิ ౪ ^ิ) ニャニャ…



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2015_03
04
(Wed)01:49

野口健さんの講演会

やっとこスマポが繋がって、若干苦闘中。
でも思ったより楽に扱えてるってのは、やぱパソコン使ってるせいなのか(´ェ`)ン-・・
格安シム使ってる周りの友達は、たいがいOCNな訳だけど、乗り遅れた私にちょうどよく、もっと格安なSIMがあったので、私はDMMで契約してみた。
今んとこ快調(所詮2日目( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ)
で、昨日、スマポにもLINEを入れようとアプリを入れた訳だけど、なんちゃらかんちゃらで携帯番号も登録する事になり、登録した後がべっくらこいた状態にΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
「知り合いかも」に、知らない人とか知ってる人とか、もう携帯から抹消されてんじゃーんて人とか、ズラーッと表示されててね、超テンパったわー└(:3」┌)┘))ジタバタ
高校の友達とグループトークしてるんで「へるぷみー。゚(゚´Д`゚)゚。」と叫んでみる。
結局、「ご飯食べに行く?」とかそんな話ばかりで・・・自分でPCで検索して解決( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

自分が登録してなくても、相手の携帯に自分の何かが登録されてれば、勝手に表示されたり友達登録されたりって・・・
余計な機能いらんわ!!!!
て事で、残業後にスマポと戦ってるので、結局眠たい(~ _△_)~ zzzZZZZZZ


そんでもって、先週半ばにMSRと見た映画
柴咲コウさんが出てるから、そんなでもないだろうって、うっかり油断してしまった。

喰女‐クイメ‐ 通常版 [DVD]喰女‐クイメ‐ 通常版 [DVD]
(2015/02/13)
東映ビデオ

商品詳細を見る



グロすぎて萎えた_ノフ○ グッタリ
数日たっても何だかモヤモヤしてるから、何か他におもしろい映画が見たいけど、いいのなさげだなぁ(lll´д`)フゥーー


そんなこの前の日曜日。
野口健さんの講演会に行って来ました。
快晴だったら、山に行けばよかったって後悔するかも・・・って言ったら、後輩に「めったに見れる人じゃないんだから行けよ!」とこっぴどく怒られww
毎週毎週登ってると、結局後で気づかないうちに溜まった疲れが、体に異変となって表れて来るので、体を休ませるにはちょうどいいタイミングだったと思う(;^ω^)

講演会が12時半開始って事は、腹が減る時間じゃないか!って事で、早めにイオン南で遊びながらブランチ。
腹にたまるラーメンを食べようと思ってたのに、10時半開店だという・・・
10時に食べたいのだ!!
そしたらラーメン屋の向かいにある、コメダこーふぃーがモーニングをやってるって言うじゃないか_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
しかも、ドリンクを一杯頼めば、トーストとゆで卵をくれるとな・・・<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!
つ事で、初めて入ってみた。
デザート兼用のこーふぃーふろーと。
パンと卵をタダで頂くのが申し訳なくて、サラダもオーダー(無駄に金使って意味ねーじゃんwwと言われた)
DVC00001_20150304004109e40.jpg

それから、講演会場である新潟テルサに11時着。
数人がロビーに居たけど、特に並んでる訳でもなく、ソファーにぐてーっとなってるので、雪野さんもぐてーっとする(ヽ´ω`)グッタリ
11時半ごろ、「おはようございます!」と大きな声で入って来た方一名。
元気だねぇ(lll´д`)とあっけにとられてガン見したら、野口さん本人であった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
普通にキャリーケースガラガラ言わせながら歩いてたしww
表玄関から入って来るとは思わなかったので、その場にいた全員( ゚д゚)ポカーン
5秒ぐらいのブランクがあってから、玄関の真向かいに座ってた雪野さんもビックリして、お辞儀するしかなかったわ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ

それから開場10分、15分前になったら、何か急にみんな並びだしたので、雪野さんも並んでみる。
整理券が渡され16番とな。
この番号、最後に書籍購入者が野口さんと写真を撮れる券になっており、後でガックリする事になるんだけど、自分のカメラ持って来いって、おいww
撮影・録音禁止って言ったら、撮影道具は普通持って来ないだろうよ_ノ乙(、ン、)_
しかも、携帯カメラは操作に手間取るからダメとか・・・
サイン入りの本は一冊買ってきました。

写真集 野口健が見た世界 INTO the WORLD写真集 野口健が見た世界 INTO the WORLD
(2013/07/05)
野口 健

商品詳細を見る


野口さんの講演内容の方は、まず自分の生い立ちから登山を始めるきっかけになったお話とか。
顔の濃い日本人だと思ってたんだけど、母上が外国の方なんですねww(無知すぎてスイマセンw)
学生時代は落ちこぼれで、先輩殴って停学中に、植村直己さんの本を読んで、登山を始めたと。
学生の頃に登った海外の山は、父に資金を出してもらったから自分の経歴にはならないって言ってらっしゃいました。
その後は、自分でスポンサー探しなどをして、それも結構大変だったみたいですね。
そして最年少で七大陸最高峰の記録を樹立するって事で、エベレストに初めて挑む時、世間やマスコミからの期待がすごくて「自信はありますか?」って聞かれて自信なんてないのに「ない」と言えないのが辛かったと。
山をやってる人間から見たら、エベレストに登るのに自信なんてある訳ないって当たり前のように思うけど、登らない人にとってみたら、あそこがどんな山なのかって、想像もつかないからそんな言葉が出てくるんだろうなぁって思った。
この辺の山登ってたって、自信なんてないのにね、エベレストだよw

最初のエベレストで高山病になって死にかけて、もう辞めたかったのに再挑戦するって言っちゃったとか、ほんと聞いててみんな大爆笑だったんだけど、怖い話もいっぱい聞きました。
講演前にエベレスト登頂中の動画も公開されてたけど、みんなで悲鳴あげたシーンもあったし、視覚で攻められるのが一番恐怖を理解しやすいんだろうなって思いました。
そんな意味では、私が買った本は野口さんが撮った写真の写真集で、普通に遺体の写真も載ってます。
3・11の被災地の写真も載ってます。
だから、山の美しさと同時に、人の死も視覚として入ってくる一冊でした。

エベレストにあるゴミの多くが日本人が置いて行ったゴミだと言われて、そのゴミの清掃をする為に、またエベレストへと行き、清掃活動を続けていく中で、今ではベースキャンプでも普通にみんながゴミを拾うようになったとか。
一人の行動が、たくさんの人を動かした結果ですね。
その行動が、今は富士山へ。
富士山のゴミの動画も見ましたが、樹海のゴミってのは想像以上で。
五合目から上は、今はゴミはないって胸を張って仰ってられました。
そこに至るまでも、埋めた小屋のゴミ掘り出したりしてたので、小屋のオヤジに怒鳴られたりしましたとか、いろいろ大変だったみたいです。
八合目から上は浅間大社の私有地だってのも、初めて知りましたΣ(゚д゚lll)
富士山清掃も、年々人が増えて来て、それでもまだ追いつかないらしいです。
マスコミによく聞かれる言葉で「夢は何ですか?」と聞かれ「当分死なない事です」と答えると「そうじゃなくて、次は何に挑戦するんですか?」となるそうです。
富士山の清掃が、あと20年くらいかかりそうだから、自分が生きてる間には何とかなるので、それまで生きたいって事らしいです。
山をやってると、常に死と隣り合わせだから「死なない事」を目標にするってのが、野口さんレベルの人なんだから当たり前なんだけど、ちゃんと分かってる人なんだなぁと思いました。
まぁ、エベレルトに登るような人は、死と隣り合わせ以上ですからね、生きて下りて来る事の方が奇跡なのかもしれない。

お話し上手で、笑いの中にも恐怖だったり真剣に考えることがあったり、ほんと行ってよかったです。
山に対する恐怖心は、かなり跳ね上がりました|||||(´ω`;)|||||
山=怖いを基本形にしとけば、バカな事はしないと思いますけどね。

初めて登った山が12月の富士山で、入った山岳会の人がザイルも結んでくれなくて、後で先輩方に文句を言ったけど、自分がエベレストに行く時は、やっぱり本当に危ない場所に来ると、結んだザイルをほどくそうです。
一人がこけて、みんなで滑落する訳にはいかないからだそうです。
結局、歩くのは自分で、判断するのも自分。そんな風な事を仰っていました。
誰かと一緒に歩いていたとしても、結局自分の力で歩かなければいけない世界。
相手に甘えれば、相手を巻き込んで死の底へ落ちていく。
そんな世界なんだという事を、改めて感じました。

死の淵を彷徨うと、ふと不思議の世界の扉を開ける方がいらっしゃるけど、たぶん野口さんもそんな世界の方かな?と思いました。
「気」「空間が穢れる」
これ、普通の方の口から出てくる言葉じゃないので、そういうものを感じられる方は、今のこの地球の現状を見るのは、かなりきつい事だけど、伝道師にならなくちゃいけないんだろうなと思って聞いていました。

「自分が見た事を伝えなくちゃいけない」

そう仰っていました。

見ている世界が違っても、規模が違っても、一人一人が何かを伝え、出来る事があるんじゃないかな?と思います。
人間は地球の寄生虫とか、人間が息をするだけで空気を穢すとか、そんな言葉を見た事があります。
私はこの言葉に、妙に納得した事があるんですけどね(笑)
私だって、毎日電気を使い、車に乗り、決して地球にいい事なんてしていません。
だから地球や他の命ある者たちにゴメンナサイって言いながら、だったら自分には何が出来るんだろう?と、模索しながら生きていくんだと思います。
人間が地球上で、一番自分勝手な生き物だからね。




参加中です。クリックよろしくお願いします♪