2015年1月25日 多宝山 

2015, 01. 28 (Wed) 01:26

西山三山のマニアックルートが載った地図と、五泉市が出してる山岳地図をもらった。
2_201501272359520af.jpg

五泉市が作ってる地図は、かなりいい地図であった。
そして非常にでかい( ̄ω ̄;)
これを持って歩くのは到底無理なので、必要な箇所だけプリントする必要があるようだ。
3_20150127235954cbc.jpg

4_20150127235956a3a.jpg
でもこの地図じゃ、川内は入れないな(;´Д`)
やっぱ国土地理院の地図をでかっくプリントしなくちゃダメなようだ・・・

そして、まだ未踏の赤ルートの先。
あの先が見てみたいんだよなぁ・・・
5_20150127235956183.jpg

この先へ行くには、読図がしっかりできてないと行けないよね_ノ乙(、ン、)_
GPS・・・


(* Д ) ゚ ゚


1_20150128000550b94.jpg

オイラのガラケー、GPS付いてたぞwww
しかも結構、しっかり合ってるぞwww
ウン、昨日知った事実(*・з・)ぷッ

そんなほぼ放置されてる我がガラケー、5年10か月も使ってたという新事実を先日知り、若干衝撃。
携帯に興味がないので、変える気もないけどね。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
つい最近も、2台持ちでスマホに変えたら?って言われたので、それは若干検討中
睡眠妨害をされるのが嫌になって、メールの着信音は鳴らないようにしたので、朝までメールに気づかなかったりで、たまに怒られますww
普通の時間に送られてきたメールにも気づかないんでね(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
docomo.jpg

って、コンデジにもGPS付いてるけど、使った事ないよねー( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
GPS入れとくと、2時間でバッテリーが切れるって話だったので(*・з・)ぷッ


昨日今日と、夜中に汗びっしょりで目が覚めました( ̄ω ̄;)
今日はおまけに飛び起きた( ̄ω ̄;)
後輩に「病んでるねぇ(´∀`*)ヶラヶラ」と笑われた( ̄ω ̄;)
いいぞ、病んでる_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
明日はちょっとだけでもいいから、早く帰りたい(*ㅎωㅎ)



この前の日曜は、山岳会の山行で、初めての多宝山へ。
この山域は、信仰的な個人的理由であまり入らなくなったのですが、人のいないルート&多宝でストップという事で、山岳会の人たちとおしゃべりもしたいしで、参加しました。
休日出勤をしていた土曜は、いいお天気でしたが、夜のうちに急変して雨に(;´Д`)
起きても微妙なくもり空└(:3」┌)┘))ジタバタ
まぁ、しゃーないなと登山口へと向かう。
この日は10名で、8:48、天神山コースからスタート。
1_20150128002425817.jpg

丸子山公園を横切ってヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
2_2015012800242751f.jpg

そっこう急登なんですけど( ̄ω ̄;)
10名中9名が長靴。
残り一名は、誰か察しが付くであろう└(:3」┌)┘))ジタバタ
3_201501280024274c9.jpg

山友であり、山岳会仲間のZさんが「このルート、実は長いんだよ~」と、不穏なセリフを吐いたガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
4_20150128002429132.jpg

9:24、物見台着。
地元の山は、雲に隠れて見えなかった。
5_20150128002430951.jpg

6_201501280031249d2.jpg
みんな寒がりで、がっつり着込んでるんだけど、私だけ毎度のアンダー&長Tオンリー( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
みんなに「寒くないの??」って心配されたけど、暑いです、ものっそ暑いです( ̄ω ̄;)
だって6度あったよ、この日w

9:39、本丸に攻め入ったぞヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
7_20150128003126f7e.jpg

あと2.4キロもある・・・
8_20150128003127697.jpg

本丸を過ぎると、一旦下ってまた登り。
半端なく登りで、またブーブーとボヤく雪野さん( ̄ω ̄;)
9_2015012800312887b.jpg

10:18、雪道になった。
みんなは長靴にスパイクが付いてるからどんどん進んで行くけど、普通に登山靴の某さんはなかなか進めないヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
10_20150128003130cff.jpg

先頭とドンドン離れていく;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
11_2015012800404918c.jpg

雪は少なくても、その下は普通に氷。
海っ端で凍るのは分かってたから、アイゼンは持って行ってたんだけどね、この氷の薄さでアイゼンを履くのを、ちょっと躊躇した。
どうも刃物は、登山道を痛めるから、ムダに履きたくないんだよね・・・
12_20150128004051685.jpg

13_201501280040534f8.jpg

まだかー、まだなのかーと、スタートしてから2時間弱の地点で叫ぶヾ(。`Д´。)ノ┌┛【ヤダーーーー!!!】
14_2015012800405413d.jpg

一緒に歩いてくれてたZさんとも、どんどん離れて行き、足の調子がいまいちって言ってたYさんと一緒にゆっくり歩く。゚(゚´Д`゚)゚。
15_20150128004056e1e.jpg

あぁ、そして誰もいなくなった( ̄ω ̄;)
16_20150128004447146.jpg

レーダー塔見えたよおおおおお
山頂だよおおおおおヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
と、Yさんと喜ぶww
17_2015012800444832c.jpg

11:00ジャスト、山頂着。
18_201501280044495df.jpg

25_20150128005602bd9.jpg

一等三角点げっとー(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
19_2015012800445094d.jpg

飯だ飯だー。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
今日は雪野振る舞い飯はない。
でも、みんなから頂いた(●´ω`●)ゞエヘヘ
20_20150128004731ad2.jpg

本日の雪野飯は、鍋キューブを使ったちゃんこ鍋風うどん。*゚+。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
21_2015012800473267b.jpg

でけたー♪ ٩( ´ω` )و ♪
ちょっと不穏な空気が漂ってるんですけどー٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪
22_2015012800473373a.jpg

ウン、ちょと失敗した。
キューブ一個につき180mlの水と書いてあったのを見た時、失敗したと思った。
雪野飯が180mlの水で足りる訳ないのだ(多分、その倍)
薄味で、非常に優しい味になった_(:3」∠)_

途中、多宝山最高峰であろう、プチ高台に登って「ここが多宝山の最高峰だあああああ」と叫ぶと、山岳会の皆さん、苦笑ブッ(´→з←):;*.:;
24_201501280047369df.jpg

うどんを食べながら、さすがに下山は死ぬだろうと思って、2年前に買って、今回初めての出動になった、簡易アイゼン(4本爪)を装着。
23_20150128004735ccd.jpg
他の登山者さん、計20名くらいとお会いしたけど、登山靴を履いていたのは私を含め多くて3人位・・・www
みんな長靴ww
登山靴を履いてる自分が、めっさ恥ずかしかったわ( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬
で、私も長靴買う!って言ったんだけど、やっぱこのなんちゃってアイゼンでいいや、で済ませた。
これなら雪が無くなった時に外せば、登山道を痛める事はないので。

11:43、下山開始。
みんな、どこのアルプス?ってくらいの防寒着の着込みっぷりで、休憩時に羽織ったダウンを脱いで行こうとしてた私に、みんなが目が点になってたので、しょうがなくハードシェルのジャケットだけを着る。
しょうがなく着てるので、当然サイドファスナー全開ww
26_201501280056049c2.jpg

山頂付近はずっとガスが出てたので、展望は一切なし。
私的には、個人的理由が関連してくるので、展望なしの方が良かった(笑)
27_201501280056054a6.jpg

下山はアイゼンをつけてたので、何の心配もなくスムーズに下山。
本丸へと向かう登りが、呪いたいくらいにきつかった_ノフ○ グッタリ
28_201501280056079e3.jpg

下山で調子の出て来たYさんに、マムシの捕獲&マムシ酒作成の話を延々聞かされ、ゲッソリしながら下山してきた雪野さんでした(ヽ´ω`)グッタリ
赤マムシ一匹15000円、黒マムシ一匹10000円と思えば、かわいく見えてくるだろ?って、一切見えねえええええええ( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお

13:14、公園着。
+:。.。:+(ღ◕ ܫ◕)ノ【 オ ツ カ レ 】+:。.。:+
ここでZさんが気づく。
弥彦山と多宝山の標高は、20㎝違いなんだね~って・・・
弥彦の最高峰取らないと!って山岳会の人に言われて参加してみたが・・・
20㎝の為に、めっさ疲れたわ(_д_)。o0○ モァアーン
30_201501280102106c7.jpg

そしてZさん、あんた大人なのに、そんな事したらイカンてつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
31_20150128010212b89.jpg

帰宅途中、すっげ腹減ったーと、うっかり寄り道・・・
本日も、消費カロリーより、摂取カロリーが上回った日でした└(:3」┌)┘))ジタバタ
32_20150128010213456.jpg


今週末、また寒波到来の予感でしょうか・・・
久々に安達太良位なら行けるかなぁ?って思ったけど、風がすご過ぎてダメっぽい( ̄ω ̄;)
お天気見ながら、地元の未踏のちっこいお山で、のんびりして来ようかなと思ってます。
まぁ、起きれたらね(そこが、雪野的に激しく問題であるw)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト

2015年1月12日 大蔵山 

2015, 01. 24 (Sat) 01:49

あはぁ・・・

かわいすぎる,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’

まい・わかん(๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧

1_201501232257549f9.jpg
ビニールテープを巻こうと思いつつ、かれこれ2年の月日が過ぎ去った。
よし、今んとこ一人として遭遇してないぞ、ピンク。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
んでさっき、茶○さんもテープ巻くって言ったが、レアなゴールドワカンに色つきテープ巻いたらいかんと阻止した。

アイゼンとW装着した時、付け方が下手だったので、刃が当たってベルトとか切れかけてるんだよねぇ。
まだ大丈夫だけど、やばくなる前に、変えないとなぁ。

2014年度の停滞ネタは残す所、数山行。
PCのクラッシュにて、編集済み画像も吹っ飛んだので、新たに編集してるけど、時間がない上に眺めてばかりで編集が進まないヽ(冫、)ノ
ものすごい、いい景色だったんだもんなぁ
今年もこんな空に会えるかなぁ。
3_20150123225757171.jpg


山岳会の新年会の翌日、お天気はいまいちだったんだけど、裏山の大蔵山へ。
新年会で「明日大蔵に行こうかなぁ?」って言ったら、Wさんが「いいね、私も行こうかな。約束しないで、会えたらいいねって感じで
でも7時頃起きたら雪降ってるし、やっぱ寝続けるかなぁ。。。って思ったんだけど、Wさん一人で登ってたらなぁとか、年が明けてから何か山に行く気が失せてダラダラしてたせいで、脂肪の蓄積が半端ないので、脂肪を溶かす為にも行かねば( ̄ω ̄;)って事で出向く。
駐車場には車が三台。
Wさんの車はない(雪降ってたので当たり前w)
まぁ、新潟の冬なんて、基本グレーの雪空なので、たまにグレーの世界も見たくなるんですよね(雪国人の性)
て事で、出番があるかないか微妙だったけど、デジイチはザックに入れて、コンデジ片手に9:13スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_20150123225759476.jpg

家では禁コーラ、友達に炭酸水飲めば?って言われ、炭酸水にしてみる。
だけど味が付いてる時点で、体に悪い成分が少なからず入ってる様子。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
2_201501232258003fd.jpg

登山口までの車道は、5㎝位積もってたかな?
3_20150123233116589.jpg

見て分かる先行者さんの足跡は2名様。
もんのすごく足が大きいΣ(゚д゚lll)
私の靴はスカルパなので、ちょっと大きめサイズで25㎝位のを履いてると思うんだけど・・・
これ、30㎝超えてるべ??
4_2015012323311839e.jpg

分岐にて、どっちに行こうか悩む(´ε`;)ウーン…
左は踏み跡が一名様だけだったので、右側のトレースが出来てる方へ進む。
5_20150123233119ec7.jpg

だけどこのコースの難関が、この雪の積もった橋( ̄ω ̄;)
ここが一番怖い( ̄ω ̄;)
6_20150123233120836.jpg

橋を無事クリアし、山の神様に新年のご挨拶をし、今年も一年、事故怪我なく山で遊ばせてもらえるようにお願いする(-人-)
7_20150123233122ab6.jpg

御社を過ぎるとすぐ、冬季限定ショートカットコースが出来ていた。
ショートカットはいいが、急登過ぎるのだ( ̄ω ̄;)
8_2015012323360442d.jpg

9:33、登山口着。
9_201501232336054dd.jpg

すでに暑い(;´Д`)
フリースを着てくるんじゃなかったと大後悔└(:3」┌)┘))ジタバタ
冬は汗をかくことが一番の命取り。
だから、寒いくらいのスタートが賢明。
「超寒い、ムーリー」って、「ムーリー」が出てくるまでは、寒くても着ない方がいいと、私は思う(*・з・)ぷッ
ただ、靴を履いてからハードシェルのパンツを履くのは面倒なので、こればかりは履いてスタート。
でも暑い( ̄ω ̄;)

なので超解放٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪

サイドファスナーを膝まで下ろし、正面から見たらこれニッカポッカww
暑いんだからしょうがない( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬
10_201501232336065bb.jpg

9:53、一合目着。
もう我慢ならぬ!と、フリースを脱ぐ。
この日はジオラインの厚手のアンダーと、普通に夏の長Tのみ。手袋もなし。
基本暑がりなんで、これでちょうどよかった。
去年もー10度の山頂で、フリース含めたこの三枚で行けてたからな(`L_` )ククク
11_20150123233608d96.jpg

10:11、2合目着。
誰もいない、会わない・・・
まぁ、スタート時間が遅すぎるので、この日最後のお客様かもしれない( ̄ω ̄;)
そして、雪が吹雪いて来たので、しょうがないとハードシェルのジャケットを着る。
だけど当然、ジャケットのサイドファスナー全開

12_20150123233609076.jpg

13_20150123234726781.jpg

二合目過ぎにもショートカットコースが出来ていて、カーブの看板の所に繋がっていた。
埋もってるけどw
14_20150123234727444.jpg

家から見た裏山の感じと、空の色で、6合目過ぎた辺りからガスがかかって来るだろうなぁと予想。
なので、6合目で折り返すかどうか、進んでから考えようと思いました。
期待させるように、青空とか見せてくるんだよねぇ(全然、信用してなかったけどw)
16_201501232347313ff.jpg

この日は鈍った体のトレーニングの為、ノーストック、ノーワカン。
ツボ足で体に負荷をかけます。
17_201501232347335b8.jpg

モノクロ撮影じゃないんだけど、雪国の冬はモノクロに見えちゃう、こんな色が日常の色になります。
青と白の景色ももちろんきれいなんだけど、こんな色も雪国っぽくて好きです。
18_20150123235503cee.jpg

19_20150123235505462.jpg

隣の大谷山方面は、ガスが下りて来てるっぽい。
20_201501232355052d4.jpg

この日もダラダラスタートのおかげで、トレース泥棒となりましたスイマセン( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン
先行者さんとの時差は1時間ないと思うんだけど、時折雪が吹雪いた様子で、所々踏み跡が消えちゃってました。
21_20150123235508e2f.jpg

バンザイさんの頭が寒そうw
22_20150123235508c9f.jpg

10:47、四合目。
これでも誰かが看板を掘り起こした状態らしいです。
23_20150124000027ccf.jpg

五合目手前、いつもならここから稜線が見えるはずだが・・・

がーすー( ̄ω ̄;)

ひっさびさに来たな、コンチクショー
25_20150124000031a2d.jpg

そしてここで、我慢できなくなってデジイチ出動。
バカメラさんじゃ、やっぱイマイチなんだよね・・・
27_2015012400003469a.jpg

これはホワイトチョコバージョンの小枝じゃないか・・・(๑´ڡ`๑)
28_20150124000653db3.jpg

しっかり踏まれてはいないので、結構きつかったな・・・
29_2015012400065472e.jpg

きれいでしょ?
これが私の裏山です
決して菅名岳は裏山ではないんだよねぇ。
小さい頃に住んでた田舎の家の裏庭から見えてた山が大蔵山だったから&今のうちの窓から見える山が大蔵山だから、大蔵限定で裏山になっちゃってんのかな(。・w・。) ププッ
30_201501240006564c1.jpg

11:16、六合目着。
とりあえず小腹が空いたので、おやつタイム。
31_2015012400065876a.jpg

32_201501240006580e5.jpg

スタート時は-1度で、手袋なしでもOKだったけど、-2度になったら指先がジンジンしてきた。
1度の差って大きいんだなぁと、手袋をした。
34_2015012400122084d.jpg

さて、どうすっかな・・・と思って、まだガスも出てないみたいなので、ちょっと先に進んでみる。
が、数分で不穏な空気に変わる( ̄ω ̄;)
でも先がよく見えてるので進む。
ただ、撤退のタイミングを間違わないように、しっかりと周りを見ながら進む。
35_20150124001222596.jpg

フサフサのシッポ。
この辺で、本日最初の単独先行者さんとスライド。
36_20150124001224877.jpg

白い( ̄ω ̄;)
37_20150124001225737.jpg

そして暗い( ̄ω ̄;)
この辺は風が吹いてきて、気温は-3度。
38_20150124001227f38.jpg
この辺りで、下山してきたヤングなイケメン2名が、スノーシューを装着中だった。

先行者さんたちもツボ足で進まれてるようで、もはや雪も深いので自力ラッセルと同じ状態になってくるハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
39_20150124001719823.jpg

11:51、8合目。
40_201501240017212b0.jpg
もうよくね?すっげがんばったよ、もういいよ、下山しよハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
と、心の中でもう一人の雪野さんが瀕死状態でささやく。

が、しかし、鬼軍曹雪野さんがそれを許してくれない。
進めヴぉけ( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

垂れ下がってきた枝のトンネルをくぐりながら進む。゚(゚´Д`゚)゚。
41_20150124001722adb.jpg

もう9合目は過ぎたのだろうか_ノフ○ グッタリ
もはや標柱など見えぬわ_ノ乙(、ン、)_
42_20150124001724bec.jpg

この木を抜けたら山頂だよねええええええ
43_20150124001725b50.jpg

と、抜けてもしばらく山頂は見えず、数分後に見えた景色。

山頂見えたよ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
って、山頂どこ????キョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
すっげ遠くにうっすらとw
44_20150124002422fe4.jpg

縦走路に向かう踏み跡が・・・
まさかこのお天気に(゚Д゚;)
45_20150124002424261.jpg

って、12:20、山頂着。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
3時間7分かかったな・・・
無雪期が2時間前後だから、やっぱ瀕死だったなヽ(冫、)ノ
46_20150124002425b95.jpg

山頂手前は風が吹いてたけど、山頂は無風で-1度ヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット・・・
そして縦走路から4名パーティーさんが戻って来たようで?
私に向かって「縦走に行かないの?」って言うから「行きません(キッパリ)」返してやったぜー(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
この天気でこの時間、縦走なんて行ったら間違いなく遭難コースですわww
て事で、下山はワカン装着で12:28下山開始。
47_2015012400242732b.jpg

下山は今度、トレースを外れて、完全ラッセルで体に負荷をかける。
10m歩いてはフリーズですヽ(冫、)ノ
膝まで埋もるので、かなり足に来ます。
48_20150124002429a22.jpg

そして、ワカンを付けてる間に下山して行かれたパーティーさんに追いつく。
途中で抜かせてもらったけど、後ろから2番目のおじさん、毛皮の帽子とヒップパッドみたいのもタヌキ?が大の字になってる形の物をぶら下げていてww
49_20150124003406ab6.jpg
追い越しざま、おじさんに「早いね~」と言われたが「毛皮に目が行ってしょうがないですハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ」と言ったら、豪快にワハハハハと笑っていた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
自分で撃ったんだろうかw

下山はすでに、飯の事しか頭になく、ダッシュダッシュ癶(癶;:゜;益;゜;)癶
50_20150124003408a9d.jpg
4合目にもなると、ガスは消えてる。

13時ちょい過ぎ。
この日、狙いを定めていたランチ会場は、3合目辺りの広くなってるとこ。
山頂じゃない場所で、何ヶ所かランチしたい場所の目安をつけてある(`L_` )ククク。
51_2015012400341055b.jpg

この日のランチは、いつ買ったんだっけ?なおでんと、アンガス牛(毎度(=°ω°)ノぃょぅ)
52_2015012400341139b.jpg

53_20150124003412dca.jpg

54_20150124003720e95.jpg
飯に夢中になって、ふと周りを見渡したら、がーすーが下りて来て白くなってて、焦って下山┌┛┌┛ズコ!
14:10、下山開始=͟͟͞͞(๑•̀=͟͟͞͞(๑•̀д•́=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑)=͟͟͞͞(๑•̀д•́)))

14:29、登山口。
55_20150124003722e3f.jpg

だからショートカットコースは斜度きつすぎなんだってば。。。
一回コケた_(:3」∠)_
56_201501240037236cf.jpg

14:43、駐車場着。
57_20150124003725bd0.jpg
急いで帰らなくちゃいけなかったので、この日は温泉ドボンもしないで直帰。
山に行く時は、時間に余裕をもって出かけましょう_ノ乙(、ン、)_
でもきっとまた、寝坊するよなぁ(_Д_)アウアウアー

そして私が遊びで使ってる風のスコップ。
これは万が一の際の、ビバーク時の雪洞掘り用のアイテムとして購入しました。
まぁ、本来の目的の為に使う事がないように、というのが前提ですが。
正月からずっと山においての事故が多発してる訳ですが、一番分かりやすいのが正月に起こったかぐらスキー場でのBC遭難ですね。
私も昔、スノボをやっていたから、非圧雪を滑る気持ちよさは知っています。
でも、自力で山に登る技量もないし、BCといったら雪崩もちゃんと理解しないといけないって事で、せいぜいコース脇に残ってる新雪を滑るくらいで、BCでやる事はありませんでしたが。

あの方々の行動を見て、当たり前だけど、それなりの知識を持って入って行ってたんだろうなって事は、何となく分かりました。
事故を起こしてしまったのは、やっぱりダメな事だけど、スノボであろうと登山であろうと、危険度は一緒。
明日は我が身ですからね。
助かった遭難者が記者会見って、あんまり見た事がなかったんだけど、危険性を伝える為に記者会見をしたんだという事を聞きました。
救助中の動画を見て、救助隊の人がものすごく怒ってましたね。
「こっちだって命がけ」
これが、いつも私が伝えたい事なんです。
自分が事故を起こせば、誰かの命を危険にさらす事になるんだと。

先月の白山の遭難。
あそこの管轄の山岳会に知り合いがいるので、その時の話を聞く事が出来ました。
捜索隊の最後のチームが帰って来たのが、夜中の12時過ぎだったそうです。
二次遭難一歩手前だったという事です。
地元の猟友会の方々も、捜索してたらしいですが、猟友会の方と言えば、山屋の一歩も二歩も先を行く方々と、私は思っています。
その方々が迷ってしまうほど、あの頃の天候は荒れてました(山岳会の忘年会で、私の車が雪に埋もれた頃ですね)
遭難された方も、ものすごいベテランさんだったらしく、きっと私と同じ慣れた裏山感覚だったのでしょう。
それでも毎年、同じように事故が起こってしまう山。
それが、越後白山だと思っています。
ドぎつい事をして、どうよ?なんて言われても、かっこいいとは思いません。
どんな山であれ、事故を起こさず、安全に下山した笑顔というのが、一番かっこいい山屋さんの姿だと、私は思っています。
山における自分自身に対して、私は一切の自信というものを持ちません。
それを持ってしまうと、これで自分は大丈夫、と、注意を怠り、そこからの事を知ろうとしないからです。
私が自分の事を、生涯初心者と言ってるのは、そういう事。

昔、ブロ友さんに言われました。
楽しいばかりじゃなく、危険な事も書いて行ってくださいねと。
楽しいばかりで危険な事はないんだ!と他人に思わせず、楽しい事より危険が沢山なんだよ、という事を伝え、少しでも真剣に、危険と向き合う人が多くなってくれればいいなと思います。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2015年1月11日金毘羅山 

2015, 01. 16 (Fri) 00:32

2015年度初出勤の日、生産管理の先輩から「身を粉にして働いてもらいますって宣言されたよ。
アリガトウ、もう休日出勤。

*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*


そして、MSRにうっかり踏まされたアドレスのおかげで、あちこちのサイトを開くたびに出てくる広告が・・・
23_20150116001134fcf.jpg

24_2015011600113697d.jpg

25_2015011600113781f.jpg
バズーカ買うなよ∑(´Д`*)ノノ!!

私もひっさびさに、お手入れしました(*・з・)ぷッ
10_201501160015330fa.jpg


そして、次の更新もいつするのか分からんので、さわりだけ・・・
もっさもさの
5_20150115235755a17.jpg

山頂何も見えねー
4_20150115235754d31.jpg
マイナス1度なら、手袋なしで行ける!と分かった日でした。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ



11日は山岳会の新年会で、去年と同じ、地元の金毘羅山の麓にある、森林公園へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
山岳会のシェフたちが御馳走の用意をしてる間に「散歩に行って来い!」と言われ「いやだ、行きたくね!歩きとね!」と反抗するも、先輩方♀に「行くのよ!」と半拉致され、しかも先頭を歩かされ(_Д_)アウアウアー

踏み跡ほとんどねーじゃねーか(_Д_)アウアウアー
1_20150116000730ce4.jpg
20㎝くらいの雪でも、踏んで歩くのは疲れるのだ_ノフ○ グッタリ

小さな小さな、標高140m弱の山ですが、一応ハイキングコースになっています。
登山道は、雪があったりなかったり。
2_201501160007326b8.jpg

3_20150116000733d34.jpg

ハイキングコースの割に、斜度がきついんだって(_Д_)アウアウアー
4_20150116000734ae0.jpg

5_201501160007363e3.jpg

コースの所々に、こんな数字があるけれど、下の駐車場にある看板のMAPをチェックしてないと、全く意味のない数字となりますw
だって、数字がバラバラで、どこにいるのか分からないんだもんw
6_20150116002035a93.jpg


7_20150116002037cf2.jpg

8_201501160020379a9.jpg

うっすらと、菩提寺山の山頂が見えた| 冫、)ジー
9_2015011600204001d.jpg

ツルリンドウの実だって。
てか、ツルリンドウが咲くんだ、この山って事に驚きΣ(゚д゚lll)
10_201501160020411ab.jpg

30分ほどで山頂。
ちゃんと三角点があるんだよw
11_201501160025427b7.jpg

山の名前の通り、山頂には金毘羅神社があります。
今年も事故怪我なく、山で遊べますように(-人-)
12_20150116002544f75.jpg

そして、御馳走が待ってるので下山の周回コース。
「腹減ったー」とずっと言ってる雪野さんですw
そして、この下りの階段がすっげ怖かった。
急なのに雪で階段が隠れてるし、猛者♀Nさんは絶対先に行ってくれないしwww
13_201501160025442c1.jpg

山頂から5分、展望広場に出ます。
14_20150116002546792.jpg

ここ見晴らしいいです。
菅名山塊だけ、よ~見えます( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
15_201501160025475c4.jpg

誰一人いないんで、一人になりたい時はここいいかもしれないなw
でも歩き足りないな(間違いなくww)
16_20150116003215611.jpg

17_20150116003216e03.jpg

そして、ショウジョウバカマがいっぱい咲くんだねぇ、なんて見てたら・・・

まじかーΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!
19_20150116003219f82.jpg
春はまだだよ、引っ込んでwww
てな子が、数人・・・(;´Д`)

途中、いい感じの枝~って拾ったら、NさんとWさんが「それカラマツじゃないの?こんなとこにカラマツの木があるの???」って探したんだけど、カラマツの木とやらはなかったらしい。
20_201501160032218e7.jpg
持って帰ろうと思って宴会場のそばに刺してたのに、すっかり忘れて帰って来た・・・

周回してちょうど1時間。
宴会場の東屋に着きました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
やっと食べれるー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ

誰だ、これの持ち主は・・・
3_2015011600425645d.jpg

毎度のシェフIさんの手作りですw
21_20150116003941c83.jpg

これはニシンの山椒漬けだそうだ(これは買ったってw)
22_20150116003943e04.jpg

こちらはシェフSさんの鴨汁
24_2015011600394591f.jpg

持ちより料理。
雪野飯は右のゴボウサラダ。
25_20150116003946a33.jpg

会長の挨拶
23_20150116004452d9c.jpg
全部んまいよー└(:3」┌)┘))ジタバタ

んで、地元の結構有名な山岳会が解散したらしいとか聞いたけど、どこも高齢化らしく。
うちの山岳会も、参加して遊んでるの、私が一番下だもんなぁ。。。
その上はどかーっと年が離れて、ほとんど50半ば↑くらいなんだろうか。。。
このまま解散とかなっちゃったら、泣ける。゚(゚´Д`゚)゚。
ここが、最初で最後の山岳会になるかな、私にとっては。

みんなで山の思い出話とか、これからの山行とか話しながら、2時過ぎかな?解散ヾ(*'-'*)マタネー♪
会の方の昔の話を聞くと、ほんとどんなレベルの猛者揃いなんだよ?って思うけど、やっぱここも高齢化で、とんでもない事はしなくなってます。
クライミングとかもやってたらしいんだけどねぇ。
講習に行くと、あんたたちが指導しれとか言われて、習いに行ってるのに指導させられたりしたとかも聞いたなww
だから教えてくれって言ってんのに!!と、いつもキレるw
雪中訓練もしてよーと、最近懇願してます(*・з・)ぷッ
雪に埋められて、ゾンデでつつかれる役に決定ぽいヽ(冫、)ノ
まぁ、いっかZzz....(_ _*)・.。*


ブロ友さんの所には、時間のある時にボチボチ遊びに行かせてもらいます( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン


もっといっぱい、あなたの歌を聴きたかった。
酒井麻友子(1971-2004)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2015年山行 

2015, 01. 15 (Thu) 23:43

1月11日 金毘羅山

1月12日 大蔵山

1月25日 多宝山

2月2日 雷山

2月8日 安達太良山 Part1 Part2

2月15日 兎平 Part1 Part2

2月22日 山友さんのお気に入りの山 Part1 Part2

3月8日 兎平でソリ滑走

3月21日 粟ヶ岳Part1 Part2

4月4日 川内山塊・毛石山Part1 Part2 Part3

4月11~12日 川内山塊・テント泊Part1 Part2

4月19日 大谷山~鳴沢峰~菅名岳縦走Part1 Part2

4月29日~5月1日 瑞牆山・金峰山Part1 Part2 Part3

5月2日~4日 川内山塊大冒険・青里岳 Part1 Part2 Part3 Part4

5月18日 高城DEヒメサユリ鑑賞@女子会

5月23日 岩手遠征第一座・姫神山

5月23日 岩手遠征第二座・七時雨山

5月24日 岩手遠征第三座・早池峰山 Part1 Part2

5月29日 守門岳Part1 Part2

6月14日 月夜平~権内尾根 Part1 Part2

10月18日 守門岳

11月1日 温身平

11月22日 菅名岳~大蔵山Part1 Part2

2014年12月28日 越後白山Part2 

2015, 01. 06 (Tue) 00:58

明けまして【オ】【メ】【デ】【ト】【ウ】!!☆ヾ(o´∀`o)

今年も☆゚・:ドウゾ(*゚ω`人)(人´ω゚*)ヨロシク:・☆


お正月は一切、山と関わらないと決め、普通の人を超堪能しました(*´ω`*)
山に行く時は、日焼け止めにファンデーションのみなんで、顔にあれこれ色物を乗っけたら、なんかテンション上がって楽しかった。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ

お昼にお寿司を食べて
5_20150105233836827.jpg

三時のおやつを食べて
7_20150105233838540.jpg

麻婆麺が激しくまずかったので、口直しをして
8_20150105233839903.jpg

ウン、楽しかった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ



白山の続き。

9合目付近。
裏山方面に目をやれば、この景色
47_20150105234555fa9.jpg

反対側に目をやれば、粟への稜線越しに、粟ヶ岳と、そのさらに後ろに守門岳。
48_20150105234556c42.jpg

まだ小屋見えねぇよー└(:3」┌)┘))ジタバタ
49_20150105234557670.jpg

やっとこ小屋が見えて来た。
ここに雪庇が出来始めると、ほんと歩くのが怖くなるんだよねぇ。
50_201501052345592a5.jpg

51_20150105234600abc.jpg

枝にもエビの尻尾が出来ていた。
52_201501052350174e8.jpg

11:32、オヒサシブリンチョ(=°ω°)ノぃょぅ
53_20150105235019c3b.jpg

まだがっつり埋まってないけど、もう一階の入り口からは入れません。
ここが平屋になるくらい埋もれた状態を、見てみたいんだよねw
54_20150105235020221.jpg

ん~、気持ちいい。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
55_2015010523502154f.jpg

小屋裏から見える、粟ヶ岳。
真っ白
56_20150105235023c75.jpg

64_20150106000637618.jpg

年末の忙しい時期。
さすがに山で遊んでる人は少ないっぽい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
こんないい天気だったんだけど、山頂にいる人は少なかった(;^ω^)
57_2015010523532836d.jpg

さて、今年からやっとmyスコップをゲットしたので、初出動。
雪がくっついてダメだ( ̄ω ̄;)
ロウを塗らねばならぬヽ(冫、)ノ
59_2015010523533138f.jpg

宴会場完成。
きたねーなwwww
58_20150105235330f76.jpg

山頂の一番手前を陣取りました。
奥まで歩くのがめんどくさかったんで(*・з・)ぷッ
飯豊も見えるし、いい場所でしたよん(๑→ܫ←๑)
60_20150105235333aac.jpg

この日のランチはマル塩とコンビニハンバーグ。
中田チャーシューを買ったのに、持ってくるのを忘れたんだよ。。。
その代りの肉( ̄ω ̄;)
61_20150105235334404.jpg
ハンバーグは。。。
マズイ!

そして、梅ジュースを飲んでいたら、元気な単独御婦人が上がって来て、挨拶を交わす。
「ねぇ、あなた小屋に泊まってた人じゃない??」
「あ、先月の末に泊まりましたけど」
「やっぱり。重そうなザック担いで、これから泊まるんだ~って言ってたよねw」
(やべぇ。覚えてねぇ・・・)

てな感じで、御婦人と和気藹々しちゃったので、一緒にランチをする。
御婦人は山歴も長くて、新潟の山もあちこち登ってるみたいなんだけど、県外の山は一切登った事がないらしく。
「でもね、雪山登るなら、新潟の山が一番楽しいと思うよ」って御婦人に言いました。
先シーズンは、あちこちの雪山に行ったけど、がっつり雪遊びをするなら、やっぱ新潟の山だと思います(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
一回行ったから、もういいやって、再訪する気にならないのが、その証拠かな。

隣近所に居た人が「雪の白山で、一番最高の日だねぇ」って言ってたのを聞いて、今年ラストに寝ぼけながらも出動してよかったなと思いました(。・w・。) ププッ

御婦人から、イモ天もろたー
超うまし( ゚Д゚)ウマー
62_20150106000635ca0.jpg


皆さん、写真を撮ったりしながら、の~んびりですよ(๑→ܫ←๑)
63_20150106000636efe.jpg
銀マット持って行って、昼寝でもしたかったくらいだわww

でも、そろそろ下山せねばなりませぬ。。。
12:42、下山開始。
65_20150106000639cbc.jpg
御婦人と一緒に下山する手もあったんだけど、この日は正規ルートを通らない予定だったので山頂で別れる。
元々、一ケ月前のお泊りに来た時、kyazuさんと田村線からその尾根を眺め、黄金の里からあの尾根に取りついた方が早そうだよね?とか、ブツクサとプチ会議してた尾根なんですわ。
冬季限定ルートになるのかなぁ?って思ったら、雪のない時期にこの御婦人、歩いた事があるらしく、藪になってるけど何とか行ける!って事なので、って言葉を聞いてしまったからには、下の雪が解けた頃に再訪せねばなりません( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

66_20150106000641af5.jpg

飯豊も(*´ω`)っ【゚.+゚.+:。βуёβуё゚.+:。】
67_20150106001138b15.jpg

下りでこの斜度は怖かったわ。。。
68_20150106001141fbf.jpg

雪が降るとトレースなしの状態では、間違った尾根に入っちゃう人もいるので、ペンキで印をつけてくれたりしていますが、これももうじ雪で隠れちゃうんだろうなぁ。
69_20150106001141860.jpg

ペンキの矢印の反対を見れば、尾根が繋がっている訳ですよ。
白山に関して山岳会の方に言われるのは、とにかく右の谷へ沿って下りて行けって言われますね。
70_2015010600114348b.jpg

13:27、三合目。
ここからバリエーションルートへと進入します。
右が正規ルート、左がバリエーションルート。
71_20150106001145bdc.jpg
朝も、このルートへ入って行くパーティーさんを見かけたので、トレースはあるなと睨み(*・з・)ぷッ

数歩進んだ所で、もう埋もれちゃってダメだったので、今年初ワカンの出動。
数人程度の踏み跡しかなかったので、ツボ足は無理でした。
72_201501060018096f4.jpg

73_20150106001811fb9.jpg

御婦人が「藪なんだけど、とにかくブナが素っっ晴らしいのよ!!」と言ってたように、小さめではあるけれど、ブナの木が沢山あるようです(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
ただ、ブナが芽吹く頃は、ヒルも出てくるわけで・・・
日にちの選び方が難しそうだ・・・w
74_20150106001811a84.jpg

76_201501060018141e3.jpg

鉄塔の真下に入る(無理矢理)
77_201501060021076c8.jpg

このルートなら、山頂を見ながら歩けるから、気分もいいな(´∀`*)ウフフ
78_20150106002109515.jpg

誰もいない、静かな道。
どんだけマイナーな山であろうと、静かに歩けるこーゆー山歩きが好きです。
79_201501060021106d0.jpg

基本平坦って思ってたら、急に斜面がきつくなってきましたΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
ゴールが近いのかな?
80_20150106002112a69.jpg

ふと空を見上げると、たくさんの色に彩られた彩雲が出ていた。
今年最後を飾るには、いい空だったな.゚+.(´∀`*).+゚.
81_20150106002113233.jpg

バンザイさんも、春を待っています
82_201501060026091d5.jpg

83_20150106002611dc1.jpg

鉄塔の巡視路になってるらしく、一応テープはありますが、正規ルートに比べたら、そこまで多くは巻いてありません。
ここも数ヶ所、尾根が別れたりするので、右へ右へと進みます。
84_20150106002613506.jpg

まだまだ標高が高いんだけど、ふと気が付いたら黄金の里の駐車場が見えたΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!
御婦人に、駐車場が見えたら下山するのよ!って言われてたので、ここから下山するww
一名様の先行者の踏み跡有。
でも、朝見た人たちって、黄金の里の手前から入って行ってたんだよな。。。とか思いながら。
85_20150106002615a53.jpg

斜度厳しいんですけどww
86_2015010600261563e.jpg

14:15、ビビりながらも、なんとか正規ルートと合流。
駐車場の最初の橋の所に出ました。
そしてタイミングよく、御婦人とも合流。
「おおおおおお、やるねぇ!」とか言われた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
普通に楽しかったですw

冬は五泉の山を徘徊してるので、またきっと会えるね!と言って、御婦人と別れましたヾ(*'-'*)マタネー♪

駐車場を出てすぐ、石灯篭がありますが、朝あの尾根を歩いた方々は、ここから入って行かれたようです。
87_20150106003226d98.jpg
そして思い出す。
あぁ、あのお泊りの日の、登りの三合目手前。
重いザックでゲーゲー言ってたら、さっそうと下りて来た単独の女性と5分くらい話したなぁ。。。
あの時の御婦人だ!って、やっと思い出しました(๑→ܫ←๑)
一ケ月ぶりの再開、きっとまた地元の山で会う事でしょう(次は忘れるなよ、自分・・・ww)


今回はバリエーションルートを歩かせてもらいましたが、トレースがなかったら、私もちょっと考えてたかもしれません。
12月半ば、既にこの白山では、遭難者が出ています。
未だに発見されてはいません。
たまたま、登りの三合目で一緒になったオジサマの知り合いだったという事で、まだ見つかっていないんだという事を教えてもらいました。
このオジサマも、どんな気持ちで、白山を歩かれたのかな…と、思いました。
私も歩きながら、どこかに手がかりがないかと注意しながら歩いてましたが、既に雪は深く・・・
「春まで見つからないだろうな・・・」というオジサマの、言葉そのものの状態であります。
雪慣れしてない人、知識のない人、装備が万全でない人、決して無謀な事をなさらぬよう、お願いをしたいと思います。

どんな天候であっても、遭難者が出たら、捜索をしなければならない方々の事を考えてください。



帰り道、白鳥だー☆⌒Y⌒Y(*´Д)ノワァァイ♪
と思いながら見てたら・・・
大日がめっさ見えてるやん( ̄ω ̄;)
この景色が見える場所に住んでたら、目の毒だったな・・・と思いながら帰路に着いた雪野さんでした。
88_201501060032274dc.jpg
白鳥の丸焼きはうまいだろうか(๑´ڡ`๑)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪