2014_12
30
(Tue)22:24

2014年12月28日 越後白山

今日は早起きしたつもりが。。。
なぜか一時間半遅れで弥彦神社に着き・・・(結局寝坊www)
今年一年、無事に過ごせた事の御礼参りに行って来ました。
鳥居もお正月風に模様替え(何年か通ってるけど、門松は初めて見たかな??)
5_2014123020542347a.jpg

6_201412302054243ab.jpg

鳥居の親柱の底、浮いてるので興味がある方は見てみてくださいw
11_2014123020542866b.jpg

今日は9時過ぎにもかかわらず、境内は空いていました。
って、みんな家の事してるよな、普通ww
9_201412302054259cd.jpg

新しい神札を頂き、来年、成すべきヒントを頂く為に、おみくじを引く。
神様の言葉を聞く力はないので、文字として頂く。
img007.jpg

神様が私の為に、これを引かせて下さったかな?っていう暗号を頂きました。

「黄金なみよる 小山田のさと」

私が初めて登った山は、小山田彼岸桜樹林という場所。
そして、その麓である私の町は、秋になれば黄金の穂がなびく、そんな田舎町。

今年はほんと、雪野歴史史上第二位タイになるくらいの最悪の一年でしたが、一位タイじゃなかっただけ、マシだったとしたいです。
来年は少しずつ上がって行ったらいいなと思ってます(先月気づいたんだけど、今年は大殺界だったらしいww)
ワガママのかたまりだっつーのに・・・
色やに溺れるな、ってのだけが、痛いお言葉です(_Д_)アウアウアー


そして、明日更新する保証がないので、ここで御挨拶。
本年度も、ダラダラと更新して参りましたが、来年も更なるダラダラ更新を心掛けたいと思います(オイww)
来年も♡(๑◕ܫ←๑)ノ✰㋵㋺㋛㋗㋧✰




2014年度、最後の快晴。
正月休みの初日。
ほんとは寝てたかった・・・ww
休みに入って2日目か3日目だったら、なんとか出かける気にもなったんだろうけど、初日はとにかく寝てたかった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
でも最後の晴れの日と思って、起床予定時間より1時間遅れで起きる。
超早起きできたら、粟ヶ岳に行きたかった。
でもこれ、レベル的に現実的ではない(多分、半端な雪がついてたら、鎖場を超えられないのでムリ)
次は白山。本格的な厳冬期に入ると、私のレベルじゃムリ。
そして裏山、ここは厳冬期でもなんとか・・・
で、裏山はいつでも行けそうなので、白山に向かう。

11月のお泊りから一ケ月。
すっかり雪景色です。
1_201412302118019e1.jpg

朝靄が超キレイでした
2_201412302118030c5.jpg

黄金の里が営業している時期しか来た事がなかったので、冬の駐車場はこーゆー形式になる訳ねw
3_201412302118045ef.jpg

支度をして8:30、スタートします。
慈光寺は帰りに寄るわ~でスルーしようとしたんだけど、寄れないかも・・・と思って、裏から入る。
田村線へ続く神社への道にはトレースなし。
6_201412302118066b5.jpg

7_20141230211808815.jpg
御挨拶をして、再スタート。

30センチ積もってるか積もってないかくらいかな?
8_20141230212218836.jpg

いい天気だ、と、右尾根をにらむ| 冫、)ジー
9_20141230212221842.jpg

といきなり、すでに雪崩( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
道がない、どうしたもんか・・・
左上に這い上がって回避。
10_20141230212221892.jpg

9:06、時間かかり過ぎじゃね?www
一合目。
11_20141230212222679.jpg

一合目からすぐの登り、右が夏ルートなんだけど、左にゆるいルートが出来ていた、らっきー。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
12_20141230212224672.jpg

雪が付いてたら、もうちっと緩やかでもいいんじゃないか?と思うが・・・
夏の斜度と変わらん( ̄ω ̄;)
13_20141230212516227.jpg

14_201412302125182f7.jpg

陽がどんどん登って来て、真っ白な尾根が浮かび上がるキレイ(✿´з`✿)♪
15_20141230212520cb2.jpg

9:22、二合目。
前回はザックが重かったから、もう瀕死でしたが、今回は雪があるので水も減らしたしザックは10キロ切ってたかな。
だから~・・・ダルイ_ノフ○ グッタリ
ザックが重かろうが軽かろうが、登りは嫌いだ(_Д_)アウアウアー

9:43、三合目手前で追い越されたオジサマが、ジャケットを脱いでいたので、どうせ追い越されるのに~と思いながら、追い越す。
16_20141230212521feb.jpg


三合目を過ぎると、夏道と同じで緩やかで気持ちいい_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
17_2014123021252302a.jpg

タヌキとウサギの交差点w
18_20141230215020767.jpg

ウサギの足跡、激写
20_20141230215021b83.jpg
激写してたらオジサマに「なんかいいの撮れたか?」と聞かれ「ウサギの足跡ー」って答えたら「いっぺあるねっかwww」と爆笑され(;´Д`)
「ウサギ見た事ねーの」って言ったら「その辺にいっぺいるww」・・・マヂか( ̄ω ̄;)
で、サラーッと追い越された┌┛┌┛ズコ!
21_20141230215022432.jpg

10:03、四合目。
四合目を過ぎると、赤ちゃん雪庇が出てきます。
これからどんどん、大きくなっていくのかな。
22_20141230215024bc5.jpg

そして・・・
キタ━━━━━━(๑→ܫ←)━━━━━━ッ !!
飯豊見えたー♪ ٩( ´ω` )و ♪
23_20141230215026f94.jpg

前日もいい天気だったので、前日&本日の先行者さんが付けてくれたトレースでしょう。
ツボ足でも何ら問題なく、歩けました。
ありがとうございます
24_20141230215632a37.jpg

10:25、六合目
雪のキラキラがきれいだったんだけど、撮れないんだよねぇ・・・
25_201412302156344d1.jpg

だんだんいっぱい見えてくる(´∀`*)ウフフ
これが見たいから、地元の山なんだよな(๑→ܫ←๑)
26_201412302156353cb.jpg

厳しいっす・・・
27_20141230215636cce.jpg

七合目手前、雪庇ちゃんが出て来た∑(´Д`*)ノノ!!
いい形してんな、おいww
28_20141230215638b38.jpg

29_2014123022023260b.jpg

30_20141230220234dc0.jpg

でも気をつけてね。
雪庇は上から見ても分からないんだよ。
上から見たって、こんな風にしか見えないんだから。
31_20141230220235bd6.jpg
端に寄りすぎるなってのは、そーゆー事。
知らずに上に乗っかっちゃって、雪が切れたら☆゚+.サヨウナラ.+゚☆||´д`*)ノ゙

八合目までもうすぐ(もはや標識は埋まって見えない)
朝日に当たった霧氷がキラキラ、すっごいキレイだった。*゚+。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
33_20141230220237b0b.jpg
ムリだよなぁ、キラキラ見えねーよなぁ・・・

いじったやつなら見えるかなぁ。。。
34_201412302202380cd.jpg

35_201412302207047f3.jpg

地元の山ばんざい。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
37_20141230220706ea8.jpg

そしてまた追い越された( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
追い越されっぱなしで、誰一人追い越してねぇ!!
38_20141230220706089.jpg

8合目辺りの雪壁も、まだそんなにきつくなってなかった。
39_20141230220708690.jpg

40_2014123022070938c.jpg

前回は、八合目を過ぎたら、比較的すぐ小屋が見えた気がしたんだけど、今回はなかなか小屋が見えねーの(_д_)。o0○ モァアーン
41_201412302210031ae.jpg

地元真っ白w
43_20141230221006c37.jpg

Welcome gate
44_20141230221008f61.jpg

キラキラ。*゜+。(O*’v`*)。+゜
45_201412302210099c1.jpg

さ、ここを超えたら小屋が見えるかな ゚.:*。・ヮクヮク(o・ω・o)ヮクヮク・。*:.゚
46_20141230221216461.jpg

つづく



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

スポンサーサイト
2014_12
29
(Mon)18:25

2014年5月18日 石裂山Part3

メリクリメリクリ
って、もう終わったけどな┌┛┌┛ズコ!
13_20141228205123297.jpg

11_20141228205121a6b.jpg

8_201412282051265fd.jpg
次は正月準備だ。。。_ノ乙(、ン、)_
買い物に行こうと出たはいいが、町が渋滞しすぎてて引き返してきたヽ(冫、)ノ

やっと昨日から正月休み。
昨日は起きた時の気分次第で・・・の日。
6時半の目覚ましで起きる気がしなかったので、寝る行為を続行。
でも今年最後の晴れマーク。
正月明けも、晴れる事はなさげだし。
あ、年賀状用の写真もねーわ・・・
で、1時間後に起きて、年賀状の写真を撮りに出かけました。
あったけ日でした。
今年最後の青空
山頂で、忘れかけてた再会があったり、楽しい一日でした




石裂山の続き。

岩場を登り終えると、目の前に見えて来たのは・・・
先の見えないロング梯子┌(_Д_┌ )┐
63_201412282103434c5.jpg

よそ様のブログで見てはいたけど、出たかーΣ(`д`ノ)ノ ってぐらいに、想像より長かった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
64_20141228210344527.jpg

長すぎて、息切れがしてくるハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
やっとゴールが見えて来たようだ。
65_20141228210345dcb.jpg

ゴール直前、疲れすぎて梯子に掴まったまま休憩するブッ(´→з←):;*.:;
横を見ると・・・
イワカガミの葉っぱがいっぱいw
66_20141228210347c3f.jpg

これ、まさにその時に見てたら、どんだけ花が咲いてたんだろうなぁ。
右にも左にも、イワカガミ。
67_20141228210348044.jpg

68_20141229161242686.jpg

69_2014122916124489e.jpg
やっぱ白は可憐だわぁ

イワカガミ休憩を終え、梯子を登りきる。
すぐに西剣ノ峰だったと思う・・・w
剣ノ峰という名の付くところだから、きっと尖っているのだろう(*・з・)ぷッ
70_20141229161244e53.jpg

そして展望台と書いてあったので探索o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
71_20141229161246afe.jpg

どこが見えてるのかも分からないし、展望いまいち( ̄ω ̄;)
でも見えてる山に登山道っぽいのが見えて、縦走できんのかな?とか思った。
どこの山かもわからんのだけどww
72_201412291612477c1.jpg

展望が良ければ、ここでランチしながら読書とか優雅な事を考えていたんだけど、それだけの展望も広場もなかった┌┛┌┛ズコ!
ので、先へ進む。


えっ∑(´Д`*)ノノ!!


今度は先が見えぬwwww
73_20141229162922c3d.jpg

登っている最中、もはや一気に登れる訳もなく、2度ほど梯子につかまったままフリーズする( ̄ω ̄;)
そしたら上から登山者さんが下りて来そうになったが「一人登ってるー」と気づいてくれ=はよ登らねばならぬ…って事で、鼻の穴を広げながら登るハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ

「ありがとうございます(・:゚д゚:・)ハァハァ(一気登りせつねーよ)」と思いながら挨拶をする。

そして、今更言われても・・・
この先も、またすげーのか???(((´゚ω゚`)))ガタガタ
74_201412291629249aa.jpg

と、東剣ノ峰の狭い山頂で、地元の山岳会のオジサマ3人とおしゃべり。
75_20141229162925f51.jpg

「ほら、嘘でねかったろ!山ガール居たろ!」
「あ、ほんとだ」
「だっけ言ったろ」
みたいな事を、栃木弁で話してたww

どうやら私がスタートする時、駐車場に居たオジサマらしいw
この山に女子が出没するのは珍しいのだろうか(ノд`ι)ウーン
新潟から来たってのも驚かれたけどw

「あんた、反対方向から登って来たんかね」と言われた時に気が付いた。
またお得意の逆走をやってしまったのだ。
だからきつかったのだ・・・wwww
あの長梯子も、下りに使えば疲れないのだ、多分。。w(怖いかもだけどw)
だから、これから先の梯子に注意しれよ、の意味での「転落注意」の看板なのだヽ(冫、)ノ
逆走したから、看板に出会う前に終わってしまった・・・

オジサマたちとバイバイして、先へ進む。
76_201412291629263f8.jpg

杉の細い稜線、なんか気持ちがいいのだルンルン((´I `*))♪
77_20141229162927c1f.jpg

@2キロでごーる。
78_201412291649492cf.jpg

誰かに実践してもらいたい、ヒゲスリ岩。
79_20141229164951a09.jpg

そして奥ノ院着。
これも人様のブログを見て、吹いた景色だった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
80_20141229164951ca7.jpg

もう飽きるほど梯子をよじ登ったが、しょうがないから登る。
下山はこの鎖で下りてやろうかと目論む。
81_20141229164953ef8.jpg

ほんとは登りで御挨拶してから進む順番なんだろうなwww
すいません(-人-)
82_20141229164954bd3.jpg

鎖で行くぜ!!!
と思ったら、登山者さんが梯子を登りたそうだったので、脇の何でもない所から下りた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

そして最後の最後に・・・
83_2014122916583459f.jpg

キタ━━━━。゚+❀(≝∀(≝∀≝)∀≝)。゚+.❀━━━━!!!

なんて喜んでみたいよねww
ここは月山への鎖場と違い、下りって事もあったけど、鎖を使ってみる。
84_20141229165836bfa.jpg

が、しかし、結局は岩に掴まって下りた┌┛┌┛ズコ!
85_2014122916583700c.jpg

最後の〆も梯子だった・・・www
87_20141229165839731.jpg

なげーよ!
88_20141229172436a62.jpg
ここの梯子が全部鎖だったら面白いのにって書いてらっしゃる方もいて、そうだねぇとも思うんだけど、事故が多すぎるから、こういう設置になったんだろうなと思います。

すいません、逆走しました・・・
89_20141229172437b75.jpg

キケマン?
90_20141229172438a87.jpg

エゾノコリンゴ(と書いてらっしゃる方が居たので、それでww)
91_2014122917243947d.jpg

これが、大きな大きな千本桂。
二本の桂の木が合わさっているそうです。
92_20141229172441c89.jpg

やはり標高が下がると、倒木を乗り越えながらの道が続き(_Д_)アウアウアー
93_20141229173841c09.jpg
途中で会った地元のおばさま2名も、汗ダラダラで息切れをしていて、倒木を乗り越えるのでもう体力無くなったから、奥ノ院で辞めるとの事でした(;^ω^)
何でこんなに倒れちゃったの?って聞いたら、やっぱり今年の豪雪のせいだと。
園芸をやってる方は分かると思うけど、鹿沼って鹿沼土の産出地。
だから、地盤が緩いのかな?とも思いました。
そしてこの山は、国有林じゃなく私有林なので、所有者(神社の方だと思います)が個人で作業をするしかなく、整備が追い付かないとの事。
それでも、徐々には整備して下さってる跡は見えたので、感謝ですね(-人-)
今はだいぶ整備も進んでるみたいですよ

糸トンボかなw
95_20141229174317328.jpg

ゴール間近、朝、参拝した小さな御社を後ろから見る。
あら、覆屋が傾いてる・・・
96_201412291738436fd.jpg

登山者用の駐車場は、ほんとはこの御社の後ろに数台停められるはずなんだけどね、ここも倒木。
97_20141229173845364.jpg

帰りはきちんと参拝させて頂いて(-人-)
加蘇山神社です。
98_20141229173846fa5.jpg

99_201412291747080a3.jpg

鳥居の形が見た事ない形なんだよねぇ。
きっと何か意味があるんだろうな・・・
100_201412291747103ae.jpg

帰り道、石裂山からの道沿いにあるお蕎麦屋さんがおいしいとネッ友さんが教えてくれたけど、あまりにも汚い恰好だったので、湯につからずに入る事を断念。。。
だって、すっげ混んでたし(;´Д`)

コンビニで御褒美のコーラとアイスを買っていたら、目の前に見えたのは・・・
101_20141229174711c9e.jpg

102_201412291747121f5.jpg

うはぁぁぁ、あれが岩山ってやつだなΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!

最初、石裂じゃなくこの山に行こうと思ってたんです。
でも最後に襲ってくる、70mとか言われてる鎖をクリアできる自信がなくて、石裂に変更したのでありました。
足がかり手がかりのない岩場で、とにかく腕力で下りてくれと書いてる人ばかりだったのでww
まぁ、コンビニから見えてた場所は、クライミング専用の場所だと思いますけどね。
この岩山、標高はたったの328m。
よ~言ってるけどさ・・・低山なめんなよ!!!

2日間、キレイな景色を見せてもらいました。
たまに感じる「空が近い場所」
この栃木も、空が近い場所でした。
また来るよヾ(*'-'*)マタネー♪
103_201412291747141a3.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_12
19
(Fri)00:34

2014年5月18日 石裂山Part2

こなぁぁああああああ
ゆきぃぃぃいいいいい


て事で、冬なんです(´∀`*)ウフフ
レミオのボーカルの顔が好きです(いらぬプチ情報)


シザーハンズが見てえええええええええ(`Д´) ムキー!

シザーハンズ [Blu-ray]シザーハンズ [Blu-ray]
(2014/03/05)
ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダー 他

商品詳細を見る


て事で、スーパーにバターが売ってないのですよ( ̄ω ̄;)
クリスマスケーキ用のスポンジが焼けない危機です└(:3」┌)┘))ジタバタ
最終兵器として、ケーキ用マーガリンを用意しましたが、やっぱバターが使いたいなぁ・・・

それにしても、毎日毎日、家でも会社でも、寝落ちの危機であります(*ㅎωㅎ)



石裂山の続き。

分岐を月山方面へと進みます。

核心部に突入の予感www
ここ、潜って通過したんだっけなぁ・・・
25_201412162350101bb.jpg

某SNSにここの写真だけUPした時、花の名前も全部調べたんだけど、もはや退会してしまったので再度調べる気にならず( ̄ω ̄;)
きっとkyazuさんが何とかしてくれるだろう(他力本願)
ヒイラギソウ(kyazuさんより)
26_201412182346480c7.jpg

裂けてますなぁ・・・
倒木を乗り越え潜りの連続なので、とにかく時間がかかるし、無駄に体力&筋力を使う└(:3」┌)┘))ジタバタ
27_201412182346494fd.jpg

どうしてもムリってとこだけ、こうやって通過できるように、整備されていました。
28_201412182346504f7.jpg

標高がちょっと上がるにつれ、倒木が少なくなってきました。
29_201412182346524d0.jpg

小さな岩穴の間に祠がありました(-人-)
ここも信仰の山。
30_20141218235123554.jpg

31_20141218235125193.jpg

進んで行くと・・・梯子(*・з・)ぷッ
32_20141218235125c98.jpg

そして鎖。
横に張ってあるだけなので、特に使用せず。
33_2014121823512774c.jpg

下りの鎖。
ここも使用せず。
34_20141218235128858.jpg

木のアーチがありました。
新緑がキレイ(*´ω`*)
35_20141218235403bd1.jpg

そして、大岩が出現し、道を見失うキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
岩の左側に踏み跡があったので進んでみる。
36_2014121823540528b.jpg
が、途中で踏み跡が消える(((((((;´д`)))))))
道を見失ったら戻りましょう。
岩の周りをよく見たら、岩の右奥に鎖発見| 冫、)ジー
ここも使わず。
37_20141218235406690.jpg

雪のない里山ってのを久々に歩いた感じで、暖かい日でもあったせいか、汗が流れ落ちます(;´Д`)
でも本当に新緑の緑がきれいだった(๑→ܫ←๑)
38_20141218235407dea.jpg

もうこの辺からは、鎖がバンバン出てきますが、足がかり手がかりがしっかりしている所が多いので、鎖を使わなくても岩や木の根を使って登って行きました。
全然、鎖の練習になってないがな( ̄ω ̄;)
39_20141218235408b46.jpg

岩壁の下に、祠(-人-)
40_2014121823591946a.jpg

なんだか歩いていて楽しい山ですルンルン((´I `*))♪
41_20141218235921160.jpg

葉っぱがルッコラみたいw
ニシキゴロモ(kyazuさんより)
42_201412182359211d8.jpg

もうすぐ稜線に上がれるかな?と思った景色。
43_2014121823592320f.jpg

44_20141218235924165.jpg

稜線に上がると、まっすぐに伸びた杉の間を歩いて行きます。
延々樹林帯って普段はあんまり好きな景色じゃないけど、この山はこの杉のある風景でいいんだ、ってそう思いました。
とにかく歩いていて楽しかったから、自分と波長の合った山なのかもねw
47_20141219000404e00.jpg

関東の方の春の山は、シロヤシオにアカヤシオに、そんな名前のツツジが見れるらしいけど、その2つはもう終わってる時期だから、これは何ツツジさんだろうなw
ヤマツツジ(kyazuさんより)
46_20141219000403aa9.jpg

根っこがゴロゴロ、鎖がブラブラ。
ここまで根が出てると、やっぱ鎖はいらないわけでw
48_20141219000406cd9.jpg

根っこに掴まりながらよじ登ってると、脇の斜面に白い花が。。。
49_201412190004083cf.jpg

オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

あなたに会いたかったのよ(っ´ω`c)キュキューン
ここを調べている時、白いイワカガミが咲いてるとの情報を得ていて、だからこの山に来たかったんですw
ヒメイワカガミさんだそうです。
でも咲いてる場所は急斜面の、しかも登山道から外れた場所で、望遠で撮るしかなく、ピントもちょっとずれてて残念。。。

岩ゴロゴロ斜面の鎖。
鎖使わず(ちょっとくらい使えよww)
50_201412190004095b5.jpg

あ、鳥居が見えて来た。
51_2014121900112739a.jpg

53_20141219001129308.jpg


月山って看板に書いてあるんだから、ここは月山神を御祀りしている山だったのか( ゚д゚)ハッ!
普通にボケ倒してたわ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
52_201412190011292f7.jpg
この頃は、ずーっと月山に行きてーって思ってたのに行けなくて、でも結果的に月山神にお参りする事が出来ました(-人-)
小さな社も、雪でこんな風になっちゃったのかなぁ。

月山の山頂から、日光連山が見えた。
今日が男体山日和だったか・・・とか思いながらww
54_201412190011315cb.jpg

月山から石裂山へと進みます。
相変わらずの杉並木の根元に、もう終わりかけだったけどイワカガミがいっぱいw
55_201412190011327d3.jpg

56_20141219001710af6.jpg

杉の根っこの張り出た道を進みますε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
57_20141219001712025.jpg

そんなに時間はかからずに、石裂山に着きました。
登山道からちょっと入る感じになっています。59_201412190017140a0.jpg

58_20141219001713b17.jpg

三等三角点げっとーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
60_20141219001716a31.jpg

ここの山頂で、先行者さん一名がランチ中でした。
挨拶だけして、雪野さんは先へ進みます。

岩場を下り
61_20141219002018ec9.jpg

岩場を登り
62_20141219002020c0d.jpg

とても不穏な空気が漂ってきましたぞ( ̄ω ̄;)

つづく


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_12
17
(Wed)00:14

2014年5月18日 石裂山

最新報告

半年くらい前に、ここを通して、とある方から連絡を頂きました。
私の写真を使わせて欲しいとの連絡で、私の撮ったこんな写真でよければ、どうぞお使いくださいと返信をしました。
そして先日、その方から、無事に発売になりましたとの連絡を頂きました。

モウセンゴケなどの研究をなさっているのかな?
香川隆晃様の電子書籍が発売となりました。
Drosera of Japan (English Edition)Drosera of Japan (English Edition)
(2014/12/11)
Takaaki Kagawa

商品詳細を見る

みなみると鳥子平に行った時に撮った、モウセンゴケの画像を使っていただいたようです(๑→ܫ←๑)
画像提供者として完成版を頂いたので、見せて頂きましたが、モウセンちゃんは小さなかわいい花を咲かせるんだなぁって。
私が鳥海山で見たモウセンちゃんの蕾は白だったけど、ピンクの花をつける子もいるようです。
そして、花は朝の9時~11時頃に見られる確率が高いという事を、香川様から教えて頂いたので、いつか小さな花が見れたらいいなぁと、ワクワクしています((o(´∀`)o))ワクワク
これからも、香川様の御活躍を祈って(-人-)


そして現在、ただただ:(;゙゚'ω゚'):サムィー
第二波到来中ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン

て事で、第一波のまさにその時、ダラダラと山岳会の忘年会で飲んだくれてました(*ㅎωㅎ)
窓から見えた庭の棚的なのも、どんどん降雪と共に埋もれて行きww
1_20141216223455af5.jpg

ここ、野良にゃんこが多いので注意的な張り紙がしてあるんだけど、この野良にゃんこ、絶対兄弟だよねw
ボウボウと降る雪の中、なんだかかわいそうだったけどさ(´・ω・`)
2_20141216223456c6a.jpg

3_20141216223457e4d.jpg

宴会の御馳走は、山岳会のシェフSさんが作ってくれた天然キノコ汁と、御馳走詰め合わせ弁当
6_201412162245205bf.jpg

4_201412162234592a4.jpg

そして、会長が漬けたという、白菜漬け
5_20141216223500626.jpg
どれもこれも、んまかった(๑´ڡ`๑)

そして、猛者先生Tさんと、深夜1時半まで語り合い・・・
てか、話の内容が高度すぎて、雪野さん半分も理解してなかったかも( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
でも、先輩の面白い話をいっぱい聞いて、もはやそのレベルに自分が到達できる気が全くしないのでありました_ノ乙(、ン、)_
つか、あの人はハンパねぇ・・・(((((((;´д`)))))))

そして朝になり、そろそろ帰ってくれの放送が入ったので御帰宅用意。
宿の玄関を出ると・・・

ブッ(;: ⊙ 3⊙;)・;゙.:’;、

7_2014121622452145d.jpg

8_20141216224523187.jpg

腕組みしたまま、しばらく悩んだよね。
だってさ、車内にあるスコップが、まず取り出せねぇもんwwww

ラッセルしました。
ドアまで(`・ω・´)シャキーン
山屋だからな(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン



そして本日、2014年度2度目の卵焼きを焼いてみました。
え?間違いじゃねーです。
本年度二度目です。

9_20141216224525e87.jpg
卵焼きが得意じゃないのですよ、食べるのも作るのも・・・
でも弁当の隙間埋めに、一番手軽なのでがんばったよ(;´Д`)
後輩が、水溶き片栗粉を入れると、しっとりしてきれいにできるよって教えてくれたので、ちょみっと入れてみた。
柔らかくて巻きにくかった(卵焼きスキルが低すぎるのだ)
がんばれ、雪野さん(*ノ´□`)ノガンバレェェェェ

そして今日は、風呂の中で寝落ちして、危うく死ぬところだった。
みんな、気をつけよう(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

山と関係ないネタを、いっぱいぶち込んでやったぜ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



2014年度ネタの続き。
これ以降のネタは、再編集してない(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ

男体山の翌日は、石裂山へと向かう。
どなたかのブログで、鎖の山のカテを作ってらっしゃる方が居て、その中から2つほどチョイスし、ギリギリまで悩んだ末に選んだのが、この石裂山でした。
前日に、栃木のネッ友さんと、明日は鹿沼の山に行くよ~って言ったら、即行「石裂山?」て。
どうやら友達の実家が鹿沼にあるらしく、友達の実家の前を通って行くらしいとw
なんか、そんな話をしてて、繋がりって面白いなぁなんておもいながら。

鹿沼に入って、青看板の石裂の文字を見て初めて知った。
「いしさけやま」じゃなくて「おざくさん」なのだ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
どうやったら、おざくって読めるんだよ・・・
「ざく」はまぁいいとして・・・

鹿沼の奥の奥へと進んで、もう道なくね?って所を更に山に向かって曲がって行き、たどり着いた神社のさらに奥が登山口となっているようです。
神社前の駐車場に車を止めて、先客さんは一名だったかな?
1_20141216230530119.jpg

神社で参拝は、なぜかこの日は後にしようと思ったのであります。
なぜなら、階段がすっげ長かったので┌┛┌┛ズコ!
2_20141216230532fc2.jpg

階段を横目に、左の道路を直進します。
3_20141216230534851.jpg

ちょっと行くと、小さな御社があったので、ここではちゃんとご挨拶(-人-)
4_20141216230535463.jpg

ちっちゃなお花(๑→ܫ←๑)
クルマムグラ(kyazuさんより)
5_20141216230536a68.jpg

スタートして間もなく・・・
おやおや・・・
6_2014121623323973e.jpg

7_20141216233241c16.jpg

8_20141216233242503.jpg
ものすげー倒木っぷりなんですけど;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
倒木の数がすごすぎて、しばし唖然ポカ~(o’д’o)~ン…
今年は関東が豪雪だったから、そのせいなのかな・・・

小さなお花(もはや調べる気がないらしいww)
タネツケバナ(kyazuさんより)
9_201412162332439ad.jpg

杉並木を進みます。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
10_20141216233245c90.jpg

この橋も、下から見る結構立派な橋だって書いてあったけど、もはや下りる気にならず。
多分、倒木がすごかったのかな・・・
11_20141216233638bdb.jpg

清滝という滝も倒木で、ちょっと残念な感じ。
12_2014121623364006c.jpg

アフンヽ(冫、)ノ
14_20141216233643b4e.jpg

ホウチャクソウは、うつむいた感じがかわいい゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜
15_20141216233644dc7.jpg

雷が落ちたみたいだよね・・・
16_2014121623405798c.jpg

登山道沿いに、小さなピンクのお花がいっぱいあって| 冫、)ジー
クワガタソウ?って現地で思ったけど、やっぱクワガタソウだったらしいw
石裂山は小さな山だけど、花の百名山なんだそうです。
17_20141216234058c74.jpg

東屋がありました。
18_20141216234059d8c.jpg

竜ヶ滝を見に下りる。
19_20141216234100f47.jpg

残念。゚(゚´Д`゚)゚。
20_20141216234102bd6.jpg

それにしても、どんどんすごくなってくる・・・
21_2014121623500563a.jpg

了━d(*´ェ`*)━解☆
22_20141216235006136.jpg

23_20141216235007ef2.jpg

と・・・とりあえず月山方面へ向かおうか・・・;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
24_20141216235009df1.jpg


つづく


さーめくなると聞きたくなる曲。




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_12
13
(Sat)13:14

2013年5月26日 浄土平

今日は山岳会の忘年会行事の一環で、菅名岳に登ってから宴会の予定でしたが、お天気悪すぎなので山行は中止に。
よかった、丸山尾根のあの階段、登りたくなかったし・・・ww
なので夕方からお出かけで、昼間はのんびりしています
だって今日が最後の連休だもの。。。
また年明けから、地獄の日々が始まる。。。てか、いまだに定時で帰れてないんだけど、なんで???
クリスマスも連休じゃないから準備が大変だ(_Д_)アウアウアー
クリスマス=肉とケーキを、大っぴらにドカ食いしてもいい日だろ?( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
クリスチャンじゃねーから、雪野さんのクリスマスはそーゆー日だヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ


クリスチャンではないけれど・・・
サンタさんサンタさん、これが欲しいです:*:・(*´エ`*)・:*:
貝印 アイスクリームメーカー DL0272貝印 アイスクリームメーカー DL0272
()
貝印(KAI)

商品詳細を見る


虫歯になるからダメ

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン


じゃあクリスマスと誕生日プレと、2回分でこれください(*´ω`*)
すごく寝れそうなので(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm



という事で、2014年の停滞ネタの更新をしようと思いましたが、吾妻山の噴火警戒レベルが2に引き上がってしまったという事で、何事も起きませんように、来年もまた、魔女の瞳を見に行けますようにとの願いを込めて。。。

去年のGW明けにも、魔女のお目覚めが見れるかと一切経へと行きましたが、魔女は全然目覚めておらず( ̄ω ̄;)→その時の記事ここクリック
魔女はその後すぐに目覚めたらしく、そのまた翌週に再訪してみた。
吾妻小富士から見る日の出が恒例になっているので、この日もまず小富士に登る。
ここに登る時は、なぜかいつもクロックス( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
山スカを履いて行ってたんだけど、あまりの寒さにカッパズボンを履いたようだww
2_201412131247381c2.jpg


そして、もうすぐお釜の一番ピークってとこまできて、写真を撮ろうとカメラの設定をすると。。。

「メモリーカードが入っていません」

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

目の前が真っ白です(๑°⌓°๑)
ふと我に返り、どーしたもんかと悩む事1分。
ザックに入ってるコンデジの中に、メモカあるじゃないか。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
と、メモカを取りにまた下山ブッ(´→з←):;*.:;

再度登り返して、もうここで体力大量消費_ノ乙(、ン、)_
この日は雲海は出てなかったけど、朝靄が幻想的な景色でした。
1_201412131247362d3.jpg
結局日の出も、いまいち見えなかったんだよな。

そして駐車場で人待ちをする。
kyazuさん夫妻と茶々さんと、茶々さんのお友達のHさんと合流。
2週間前は暑いくらいだったのに、この日は風が強くて寒かった( ̄ω ̄;)
3_20141213125948b8a.jpg

この日の一切経山は、いつにも増して噴煙が上がっていて「今日は張り切ってるねぇ」なんて言いながら歩いてたんだよなぁ。
この2週間前の記事を見てもらうと分かるけど、今まではあの程度の噴煙しか見た事がなかったので、山のピークをはるかに超えてる煙は、この時初めて見ました。
駐車場も硫黄臭かった( ̄ω ̄;)
39_20141213130008008.jpg

一切経へ向かう登山道の脇には、小さなミツバオウレンの花(๑→ܫ←๑)
4_201412131247410cd.jpg

雪も2週間で、全然少なくなっちゃったなぁ。
5_20141213124742236.jpg

6_20141213130421ee0.jpg

酸ヶ平避難小屋への分岐着。
全く雪がない┌┛┌┛ズコ!
7_20141213130423e8b.jpg

たまには避難小屋の中に入ってみる。
お泊りするには、ちょっと難儀な小屋である。
あくまで避難小屋だな。
でも、噴火した際の噴石にも耐えれるように、かなり頑丈に作ってあると聞いた。
8_2014121313042413e.jpg

2週間前には凍っていた、鎌沼の氷もぜーんぶ融けたようだ( ̄ω ̄;)
11_20141213130832a67.jpg

噴煙が上がりすぎて、道中は喉が痛くなった(;´Д`)
ガスを吸って死ぬんじゃないかと思った;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
9_20141213130426417.jpg

山頂着ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
10_20141213130427b6b.jpg

13_201412131312289d3.jpg

魔女は・・・
14_2014121313122920a.jpg
目覚め過ぎ┌┛┌┛ズコ!

風が吹くと、湖面の波が動いておもしろかったw
15_20141213131231bbf.jpg

ワンコ登山(。・w・。) ププッ
16_20141213131232597.jpg

遠くに安達太良連峰も見えました
17_201412131312347da.jpg

やっぱ小富士は、一切経の上から見た方が面白いw
18_20141213131529dd5.jpg

準備中ですかね?
19_20141213131531f34.jpg

一切経を下山し、鎌沼脇でティータイム。
30_201412131322595b9.jpg

21_20141213131533144.jpg

その時、ふと上を見ると、多分ハロが出ていた。(すでに記憶が散漫ですw)
22_201412131315340ff.jpg

ティータイムを終え、姥ケ原へ。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
すごくイヤラシイ雪の落ち方ですww
雪の上部をトラバース。
23_20141213132057085.jpg

24_20141213132058d81.jpg

振り向くと、鎌沼越しの蓬莱山。
25_201412131320597b6.jpg

26_201412131321018f4.jpg

まだ出てるぞ( ̄ω ̄;)
こーゆーのって、結構すぐ消えちゃうもんなんだけど。
27_20141213132102291.jpg

ズルッと滑り落ちないように、緊張しながら└(:3」┌)┘))ジタバタ
28_20141213132256681.jpg

おまんじゅうが見えてきました♪ ٩( ´ω` )و ♪
姥ケ原には、もう雪はありませんでしたw
29_2014121313225841f.jpg

31_2014121313230002e.jpg

分岐から浄土平へと戻ります。
この辺は、まだ雪たっぷり・・・というか、腐りまくって踏み抜いたり大変でしたww
35_20141213132511936.jpg

36_2014121313251141c.jpg

やっぱこの日はすごかったなぁ。
噴火するって言う事も考えてなかったし、だから恐怖心もなかった。
37_20141213132513fd0.jpg

駐車場に近づくと、イワカガミの蕾が準備中でした
38_201412131325148c9.jpg

そして下山後はお約束のピーチソフト_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
40_201412131328017c6.jpg

アイスを食べながら外に出ると。。。

えええええええええええええΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
41_20141213132802e74.jpg

42_20141213132803c22.jpg

43_201412131328057e4.jpg

44_20141213132807106.jpg

悲鳴あげて写真を撮りまくるアホの子を見て、ご近所さんたちも驚いて空を見上げて、一緒に写真撮ってました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
この日のこの水平虹、岩手でも見えてたらしい。
あとはどこで見えてたんだろうなぁ。
虹色を見ると、なんでテンション上がっちゃうんだろうねw
45_20141213133128f3d.jpg

山もストレスを貯めて、時々怒りたくなっちゃうんだろうけど、どうか小さな怒りでありますように。。。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_12
10
(Wed)00:30

2014年5月17日 男体山

寒冷蕁麻疹でたーって写真を撮ったんだけど、全然そう見えず( ̄ω ̄;)
というか、手首のとこにあるポッコリお山の骨が、出過ぎじゃね?って前に後輩に言われて、周りからも「ほんとだ、気持ち悪~」って言われたんだけど。。。
気持ち悪いってなんだよ!!!www
何かの病気かと思って焦って左腕を見たら、左のポッコリも同じだったから、これMt.雪野仕様って事で(*´ω`*)
3_201412092225074c3.jpg

そして、土曜はお天気が悪かったけど、日曜は時折晴れ間も覗いて、裏山の木々も粉砂糖を被ったようにきれいだったんだけど・・・

ヒッキー((´∀`))ケラケラ

そんな雪野さんに、MSRから与えられた指令は・・・
「SAWシリーズを全視聴せよ」

おーまいがー(((((((;´д`)))))))

昔はスプラッターって平気だったけど、年を取ったら痛いのを見てると自分も痛い気になって来て、どんどん苦手になって、かつてSAW1にトライした時は、最初の5分で脱落したのだヽ(冫、)ノ
でも3日かけてがんばった;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
まぁほら、これもいわゆる順応ってやつでさ、4くらいになると、はじけ飛ぶ血と肉の塊にも慣れて来るのでありますよ。
て事で、めでたく昨日の夜、SAWふぁいなるの7を、MSRと遠隔同時上映会を開いて、なぜか最後はお笑い番組を見ているかの状態になり、上映後のアホトークで笑い過ぎて、もう横っ腹が痛くて起きて笑えなくなって、あおむけに寝たまま笑っていたというwww
深夜ですしアパートなんで声出せないから、悶え泣き笑いですよwwww
アホすぎるんで、内容は割愛します(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン



そして、まだ編集してないや~って思ってた、2014年の停滞ネタが、なぜか編集されてたので、更新しようと思います( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
そんなこんなで、栃木遠征のお話。

この日は、月山に行きたかったんだけど、超暴風予報で、他にも行きたい山がどこをとってもお天気が悪くて、でもせっかくの半期に一度の週休二日、なんとか出かけたいな~って模索していた時、この栃木だけが何とかお天気が持ちそうで、即決で栃木行きを決定。
去年、初めて栃木の山に遊びに行った時に見た男体山があまりにも神々しすぎて、絶対に行くから!!って思いがずっとあり、今年のGWにでも行くか?って思ってたんだけど、ここは信仰の山で、開山するのが5月5日。
それでなくてもGWの日光で混むのに、山開きとかムリだわ~って事で、諦めていたのでした。
諦めても、チャンスがすぐにやってくるのは、来いって言われているのかもね(*・з・)ぷッ

て事で、仕事を終えた金曜夜、南会津経由で下道で日光に向かう。
深夜、交通量が少ないとはいえ、登山口のある日光二荒山神社まで5時間弱かかった∑(´Д`*)ノノ!!
ギリギリ、日付変更前に着けたけどね。
登山者用駐車場で車中泊。
現着時には一台もいず。

その後、ちょびちょびと車がやって来るので、爆睡はできず。
早朝5時くらいになると、次々と車が来るので寝てられず、しょうがなく起きるw
このお山、登山口にある鳥居の門をくぐって登拝が始まるので、門が開く6時前に行っても登れないのだww
去年来た時は、下の拝殿で参拝だけ。
約一年ぶりの再訪で、今度こそ男体山へ登拝開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_20141209225932436.jpg

2_201412092259348a6.jpg

登拝受付は社務所で。
登拝料500円をお納めして、お守りと地図を頂いて進みます。
3_2014120922593529b.jpg

拝殿右脇の鳥居が、登山口となります。
4_20141209225936e28.jpg

この、赤い門の向こうが、奥宮への長い参道となりますか。
6:16、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
5_20141209225938927.jpg

いきなり階段か( ̄ω ̄;)
6_201412092302466b6.jpg

7_20141209230248ef7.jpg

8_20141209230249cbb.jpg

一合目。
9_20141209230250f6b.jpg

登山者が多いからかな?
登山道は、結構荒れてます。
10_20141209230251c42.jpg

6:49、三合目。
社務所で神職様が説明してくださった時は、三合目からは車道を歩き、四合目の鳥居をくぐって進んでくださいと。
でも、写真左にも道があり、ここはショートカットルートみたい。
急登だったんで、迷わず車道を歩く( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
11_20141209230456e99.jpg

石垣の間から、ど根性スミレ。
12_20141209230457540.jpg

三合目までが、急登の直登で疲れたので、このゆるゆる車道がたまらんかったわ(_Д_)アウアウアー
14_201412092304583b0.jpg

先を歩いていたおじさんが、車道のカーブの所で立ち止まって写真を撮っていた。
何を撮ってるのかなぁ?って覗いてみたら、中禅寺湖にかかるキレイな虹Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!
15_2014120923045995e.jpg
「うわぁ」って声を上げたら「いいタイミングでしたねぇ」って。
濡れるほどではないんだけど、ちょうど霧雨が降っていたので、虹が出たのかな(๑→ܫ←๑)

男体山は、まだ桜が咲き始めたばかりでした。
16_20141209230501cf6.jpg
7:17、四合目。
この鳥居をくぐって、また普通の登山道へ。
17_20141209231551afd.jpg

18_20141209231552d90.jpg

虹はまだ出ていた。
19_20141209231553b95.jpg

荒れてますね(;´Д`)
20_20141209231555a81.jpg

そして、岩が出て来ました。
21_201412092315561ca.jpg

7:35、五合目。
22_20141209231756e53.jpg

どれくらいの間、出ていたんだろうなぁ。
この後は、ここが見えないルートに入るので、これが最後の虹。
23_20141209231757f87.jpg

階段??
24_2014120923175913a.jpg

次に中禅寺湖が見えた時は、別の角度から。
25_20141209231800e32.jpg

お・・・本格的に岩場になって来ました((o(´∀`)o))ワクワク
26_20141209231802da3.jpg

そして、残雪も出て来た。
27_20141209232056df6.jpg

28_20141209232058b6a.jpg

岩場というより、もはや岩_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
29_2014120923205900f.jpg

避難小屋が見えてきました。
ここに来るまでも、小屋あったんだけどねw
30_20141209232100d9c.jpg

また別の角度から見える中禅寺湖。
31_20141209232102fac.jpg

8:15、七合目着。
32_20141209232332ca0.jpg

興味ある人はルートマップ見てもらうと分かるんだけど、この山、ほぼ直登です。
なので、すっげ疲れる_ノフ○ グッタリ
大休止、行動食タイム。
33_20141209232333721.jpg

大休止と言ってみたけど、8:21、再スタートww
34_20141209232334f26.jpg

延々岩場って登山道、火山だなぁって感じだよねぇ(๑→ܫ←๑)
この頃はまだ、御嶽も噴火してなかったから、そんな面での恐怖心ってのはなかったなぁ。。。
ぶっちゃけ、この時点で噴火したら、この岩場を逃げ切る自信はないです。。。
35_20141209232335b55.jpg

何かおかしいな、霧雨じゃないな。。。って思いながら進んでいたのが、確信に変わった瞬間。
まさかの雪だった┌(_Д_┌ )┐
2000m級って言っても、関東の山だし~とかナメ腐って、山スカでルンルンしながら歩いてたのだ♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬
36_20141209232337cd5.jpg

37_201412092328275f7.jpg

また鳥居をくぐります。
38_20141209232828906.jpg

ポツンポツンと鎖が出始めますが、正規ルートで使う鎖じゃなく、どっからぶら下がってんの?的な鎖ww
しかも苦手な大きさの鎖だ・・・
39_20141209232829fa8.jpg

40_2014120923283166b.jpg

8:46、八合目。
ここには瀧尾神社がありました。
41_2014120923283220f.jpg

42_20141209233153f8b.jpg

社務所は夏だけ開いてるのかな??
43_20141209233155afb.jpg

休憩はなしであります、進んでください_ノ乙(、ン、)_
44_201412092331565f6.jpg

8:54、残雪ルートへと突入。
凍っていて歩きにくい。
45_2014120923315760b.jpg

46_201412092331599b5.jpg

階段が出始めると、徐々に山頂の匂いがしてくる((´I `*))♪
47_201412092335024e0.jpg

つーか、普通に寒いよ!!!!
48_2014120923350360e.jpg

50_201412092335051c1.jpg

この頃には、景色もぼんやり。。。がーすー( ̄ω ̄;)
49_20141209233504ced.jpg

あ、奥宮見えたっぽい。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
51_201412092335079af.jpg

52_201412092337296d8.jpg

エビの尻尾ができてるじゃないかwww
寒いよ、そりゃwwww
53_20141209233730036.jpg

9:34、奥宮着。
男体山の神様、大国主様にご挨拶(-人-)
やっと参る事が出来ました( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン
54_201412092337319a7.jpg

55_20141209233733522.jpg

そして、男体山に来たら見たかった物があり。
56_20141209233734928.jpg

男体山の宝剣です。
58_20141209233955612.jpg

光が味方してくれなかったので、キラリンとはしませんでしたが・・・
この宝剣を見る為だけでも、登る価値はあると思います(๑→ܫ←๑)
59_2014120923395505a.jpg

一通り参拝も終わったので、ランチタイム。by9:55
寒いので、とりあえず茶を飲む。
60_2014120923395730b.jpg

エブリ→白馬と、食べずにいたら賞味期限ぎりぎりだったという、具入り味付きパスタ。
61_20141209233959c98.jpg

ん~っと・・・
激しくマズイですwwwww
ちょっとくらい重くても、日帰りなら間違いなくレトルトソース持ってくべきだわ・・・
マズイとテンション下がるもの_ノフ○ グッタリ
62_20141209234411031.jpg

寒くてのんびりもできず、10:33下山開始。
がーすーがなんとなく取れて来た。
昼からいい空になりそうだなぁ。(でも待ってられない:(;゙゚'ω゚'):サムィー)
63_201412092344124bb.jpg

振り返ったら・・・
あそこにもお社あったのかΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
もはや戻る気がない。。。
64_20141209234413ee4.jpg
空は晴れる予感なのに、雪が激しく降って来たので、デジイチはザックに仕舞う。

残雪の場所で、登りと下りの下山者のプチ渋滞が起こり始める。
関東は今年、ものすごく雪が降ったから、この時期でも残っていたのだろうか?
だから雪慣れしてない人の方が多くて、プチ渋滞。
雪野さん、雪国人だから、これくらいの腐った雪は全然平気で、みんなを追い越しながら飛び跳ねて下山してたら、登って来たおじさまがビックリして「大丈夫??ゆっくりでいいよ」と・・・(´ェ`)ン-・・
多分、歩きなれてなくて滑り落ちて来たんだと勘違いされたらしく( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
「私、新潟県民だから、雪平気なのw」と言ったら「新潟から来たのΣ(゚д゚lll)」って、その方のパーティーさん数人に驚かれた・・・ww
栃木位の遠征なら、全然近いw
へっぴり腰で下ってく、ヤングカップルにも「軽い・・・」って唖然としながら見られてたけどww

七合目辺り、完全に晴れる|||||(´ω`;)|||||
65_2014120923441589d.jpg

スタート時、一緒だったおじさんとかイケメン兄さんとか、やっぱ下山も同じくらいのスタートだったんだけど、みんなゲーゲーハァハァしてたなぁ。。。
みんな、地味に飛ばし過ぎてたかもね。
私はゆっくり登って体力温存タイプなので、よほどの山じゃないと、下山ヨレヨレってないなぁ。

そして初めての、グローブ爆破。
岩山の罠( ̄ω ̄;)
岩山にオサレぐろーぶをしていっちゃいけない、って、男体山で学んだんだけど、その後も爆破し続けるのであった。
66_201412092344169d4.jpg

この日は、ほとんど他人様と話す事なくゴールを迎えた。
話しかけるなオーラでも出してたんかなwww
この頃が、体調悪いのピークだったからなぁ。
67_201412092353032c0.jpg

12:29、無事、登拝完了。
大国主様、ありがとうございました( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン
予想外に、手ごわい山でした(;^ω^)
でも、岩遊びがいっぱいで来たので、楽しかった(。→ˇ艸←)プククッ☆

下山後、拝殿脇にあった、まつぼっくり占いをしてみる。
69_2014120923530568f.jpg

コロコロコロコロ・・・
68_2014120923530474c.jpg

( ̄ω ̄;)

赤松と取るか唐松と取るか・・・
唐松寄りか┌┛┌┛ズコ!

拝殿でも無事下山の挨拶をさせてもらい、中禅寺湖を見に行く。
70_20141209235306b9a.jpg

なんでこうさ・・・
日光の山は、下山後にこんな空を見せてくれるのかな(_Д_)アウアウアー
71_20141209235308564.jpg

男体山もよ~見えた( ̄ω ̄;)
72_20141209235753fc4.jpg

この後、支度をしながら、もう10年以上の付き合いになる、栃木のネッ友さんにメールを送る。
去年来た時も、「今、栃木~」とビックリメールを送りww
去年、ビックリメールを送った時、ちょうど赤ちゃんが出来たって近々メールしようと思ってたんだっていう、うれしいメールをもらって、その子も無事、元気に生まれて、今年はまだ小さいからダメだけど、来年、きっとまた栃木に遊びに行くと思うから、その時はご飯でも食べようねと約束
そんで、男体山で、お気に入りだったユニクロのサングラス980円を落としてしまったので、宇都宮のユニクロまで出向いてみる。
が、まずサングラス&メガネがない( ̄ω ̄;)
系列のGUにも行ってみる。
ない( ̄ω ̄;)
スポーツ用品店に行ってみる。
高い( ̄ω ̄;)

と、ブツブツ友達とメールのやり取りをしながら、途中の道の駅でまた一泊。
翌日も栃木で遊ぶのでした(´∀`*)ウフフ



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_12
07
(Sun)01:32

2013年5月19日 摩耶山

忘年会シーズンインヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン

地元のレストランさんで~
5_20141207012033bfb.jpg

7_201412070120357bd.jpg

8_20141207012037cf1.jpg

6_20141207012035160.jpg

9_201412070120391fe.jpg

冷蔵庫の中に、巨大肉の塊と巨大ソーセージがあった
手前の肉の塊を持って帰りたかった。。。
10_20141207012129dcc.jpg

11_201412070121304d1.jpg





サンタさん、サンタさん、雪野さんこれが欲しいです(*´ω`*)

綿あめはじめました CLV-330綿あめはじめました CLV-330
()
セラヴィ

商品詳細を見る


虫歯になるから、ダメなんだってええええええ。゚(゚´Д`゚)゚。
綿あめ食べたいいいいいいつД`)・゚・。・゚゚・*:.。


それにしても、一晩でよ~降りましたわ(;´Д`)
4_201412070306560a6.jpg


2013年、停滞ネタの更新(*・з・)ぷッ

5月の山岳会の山行は、山形の摩耶山。
摩耶山と言えば、兵庫の摩耶山が有名かと思われますが、山形にもあったんですねw(私も知らなかった)
新潟-山形間は、高速が全通してないので、高速に乗ったり下りたりしながら、あつみ温泉へと向かう。

駐車場に着いて、外に出た直後からブヨがブンブンと周りを飛ぶ(;´Д`)
1_201412070203222d6.jpg

結構人気の山なのか、車はそれなりに停まっていた。
新緑もきれいです
2_20141207020324fb0.jpg

スタートして数十分、雪渓に上がりますか、そうですか(●`エ´)ノ ‘`-ィ
3_2014120702032578c.jpg

って、マジかー┌┛┌┛ズコ!
すのーぶりっぢ(((´゚ω゚`)))ガタガタ
4_201412070203262c0.jpg

ぶりっぢの下には、本当の橋があるんだろうけど、それでも怖いって(;´Д`)
5_201412070203284f9.jpg

しばらく沢沿いを歩きます。
雰囲気のいい登山道で、みんな喜んでたなぁw
7_20141207021718fcd.jpg

8_2014120702172093a.jpg

カタバミの群生があって、お花見しながら進みます。
エンゴグサもいっぱい咲いてたw
9_20141207021721f37.jpg

44_20141207021906a37.jpg

47_20141207021907187.jpg

お花畑を通り過ぎると、渡渉地点に到着。
リーダーの猛者先生Tさんが先に渡る。
「岩に苔が生えてて滑るので、気を付けてー」との事で・・・
10_20141207021722676.jpg

雪野さん渡りまーす(゚ρ゚)ノ アイッ



ズルッ_(:3」∠)_

おー

まいー

がああああああああああ


コケたヽ(・、 .)ノズルッ!!
左足と左手が水の中にドボン(_Д_)アウアウアー
猛者Iさんに「だっけ気を付けれっていったろーww」と笑われる( ̄ω ̄;)
雪野さん、テンションダウン_ノ乙(、ン、)_

渡渉から先は、かなりの急登ハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
11_20141207021723c35.jpg

地元の山岳会さんに会って、少しお話をしたりして。
この時期に、これだけの雪が残っているのは珍しいんだとお話して下さいました。
残雪と新緑のコラボなこんな色が見れるのも、雪国の特権だよね・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
12_2014120702261365d.jpg

13_20141207022614772.jpg

途中、避難小屋があったけど、泊まれる感じではなく、本当に緊急事態用かな(;^ω^)
14_201412070226155d3.jpg

小屋を過ぎてすぐ、視界が開ける。
たまらんわ、この感じヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
15_20141207022617e82.jpg

摩耶山は信仰の山。
途中、お地蔵さまが出迎えてくれました(-人-)
16_201412070226185ee.jpg

山頂へと向かう道も、これまた急登( ̄ω ̄;)
急登いやだあああああ└(:3」┌)┘))ジタバタ
17_20141207023033a3f.jpg

白っぽいイワウチワと、ちょこっとだけカタクリ。
18_201412070230343de.jpg

19_201412070230358a0.jpg

山頂近く、崩れかけてたけどコンクリートのお社がありました。
20_201412070230363bc.jpg

山頂への道が、かなり細い事になっていてww
ちょっと怖かった(;´・ω・)
21_20141207023038aaf.jpg

一等三角点げっとー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
22_20141207023542296.jpg

左に見えてるのが月山てのは分かってるんだけど、その他、連なってるのは朝日連峰らしい。
まだ歩いてないから、分からぬ( ̄ω ̄;)
摩耶山パノラマ

この日のランチは麻婆ラーメンだったらしい。
多分、てか間違いなく、前日の夕ご飯の残りの麻婆であろうww
31_20141207023850c9e.jpg

地元山岳会の方たちも山頂に着き、標識に看板を取り付けたりしていた。
翌週だったかな。。。が山開きだとかで、登山道整備をされていた。
なので、うちらが上がって来る時は、看板とか標識がなくて、結構迷いそうになったりしてましたww
32_201412070238522a1.jpg

ご飯も食べたし、下山開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
下山時には、御社の扉が開いていました。
雪対策で、冬は閉めてるんだね、きっと。
33_20141207023853810.jpg

下山時は、Iさんの奥さまと一緒に、お花探しをしながらw
お花にほんと詳しい方です(*´ω`*)
「コシノカンアオイ~・・・あら、中が白いわ(;´・ω・)」って言ってらっしゃいました。
34_20141207023854e2a.jpg

これは、色が抜けちゃったのか、何したん??って感じの、黄色いショウジョウバカマさん。
35_20141207023855ff1.jpg

タムシバ。
36_20141207024657958.jpg

これは。。。なんだ( ̄ω ̄;)
37_2014120702465807b.jpg

ピンクのイワウチワ。
38_20141207024659361.jpg

帰りも気持ちのいい、新緑の中を。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
39_20141207024701b76.jpg

40_20141207024702ac7.jpg

41_2014120702481976d.jpg

恐怖の渡渉点着( ̄ω ̄;)
ちょっと上流側から渡る事にしたが、すでに渡渉がトラウマになっている雪野さん、先生方に手を貸してもらって乗り越える( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬
この日から、雪野渡渉ドボン伝説が始まったのだ;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
渡渉地点から流されちゃうと、すぐ下流には滝があった(;´Д`)
42_20141207024821a88.jpg

キスミレ
43_201412070248216b0.jpg

49_201412070252126c0.jpg

キクザキイチゲ
45_20141207024823756.jpg

カタクリがいっぱい(๑→ܫ←๑)
48_2014120702521197c.jpg

46_20141207025209d45.jpg

エンレイソウ
50_20141207025213ff5.jpg

当然ですが、帰りもぶりっぢを渡ります( ̄ω ̄;)
51_20141207025215d68.jpg

この年も、あんまりイカリソウを見れなくて、ここで最後のイカリソウを見れたからはしゃいじゃったんだっけなw
52_2014120702542863a.jpg
無事駐車場に着き、来た時より車が増えててびっくり∑(´Д`*)ノノ!!

帰りはあつみ温泉側から帰らず、新潟寄りの道を走って帰ったんだけど・・・
山道が長すぎて、みんなでウンザリしながら新潟に戻って来たのでした( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

真冬に春の花でしたwww


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_12
03
(Wed)01:26

2014年11月30日 大蔵山~三五郎山~菅名岳~鳴沢峰縦走Part2

里にもとうとう雪が降りました
非常に、さーめですブルブルブル((*´д`*)) サムゥゥゥ・・・
気づいたら、我が家に米がないという緊急事態がww
スーパーに買出しに行ったら、みぞれだった。
深夜な今は、歩道が真っ白になってます。
88_20141203001749bf2.jpg

そして、カメラのバッテリーも新品になりw
これでしばらくは安心(;^ω^)
86_20141203001747e81.jpg



そんなこんなで、裏山縦走の続き。

こんな時期の菅名に来るのは3年ぶり。
3年前のその日、ランチ中の私の隣で、まだ他人様だったわらさんもランチしてたんだよねw
「わらさん、あそこに座ったべ!」とか笑いながらw
この日は、ひっさびさにメインザックの出動w
デカザックの方が好きだけど(´∀`*)ウフフ
0004_original.jpg

わらさん飯の、うどんのおすそ分けを頂いた
うめぇ( ゚Д゚)ウマー
41_201412030017439a9.jpg

雪野製、チキンのトマト煮もどうぞ(*´□`)ノ ハ~ィ♪
42_201412030017455f5.jpg

わらさんが取った後に、パスタを投げ入れ雪野飯w
43_20141203001746a0a.jpg

雲切れろよ!飯豊見せろよ!ってブツブツ言ってたら、一瞬だけ雲が切れたw
速攻立ち上がって大歓声ww
周りの人たちも一緒になって見てたっけ(*・з・)ぷッ
44_20141203002453233.jpg

んでも、すぐ消えてったww
45_201412030024559e2.jpg
白の飯豊を見ながら、来年が楽しみでしょうがない ゚.:*。・ヮクヮク(o・ω・o)ヮクヮク・。*:.゚
でも、kyazuさんとわらさんの悪巧みは、何としても阻止せねばなるまい( ̄ω ̄;)

の~んびりと横になりながら、一時間ちょいもランチ休憩を取りww
そろそろ行こかーと、12:30、これも3年ぶりの鳴沢峰への縦走コース。
わらさんは初潜入って事で、歩けてよかったw
46_20141203002457c32.jpg

縦走路突入の前に、一眼持ってたおじさまに写真を撮ってもらう。(大蔵のもあったけど、貼り忘れてたw)
お互い、ザックとシェルの色が一緒だな( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
0007_original.jpg

鳴沢への縦走路は、前回歩いた時はガースーで、なーんの景色も見えなかったんだけど。。。

今回もか┌┛┌┛ズコ!
47_201412030024589ca.jpg

すでに昼過ぎ、朝は濡れていただろう落ち葉も渇き、歩くとカサカサと音がして、なんだか秋の名残って感じ
その音がまた、気持ちいいんだけどね(๑→ܫ←๑)
48_201412030031466af.jpg
わらさんが何度も「きれいに整備されてるね~」って言ってたw

SM縛り上げの図
49_20141203003147aed.jpg

わらさんにどうしても、鳴沢への縦走路が見せたくて、がーすー晴れろーと呪いの念を送る( ゚Д゚)<呪呪呪呪呪呪呪呪呪
50_201412030031489c9.jpg

5分粘った。
ガス取れたwww
この縦走路が好きなんだよね
51_20141203003150cdc.jpg

そして、このコース、予想外に展望がいいw
飯豊眺望のコースだヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
52_201412030031524ed.jpg

・・・見えてないけど(_Д_)アウアウアー

下界から見ると鳴沢峰って尖がってるんだけど、上から見ても尖がってるのだww
53_2014120300375333d.jpg

12:59、鳴沢鞍部
54_20141203003754d47.jpg

菅名が遠くなった(左のピーク)
55_201412030037569da.jpg

歩いてると、要所要所に、こんな展望のいい場所がある。
晴れてると、こんな景色が見れるんだなw
更に気に入った(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
56_20141203003757c00.jpg

13:15、鳴沢峰着
57_2014120300375965b.jpg

あんまり見た事がない、四等三角点
58_20141203003957f56.jpg

山頂はきれいに刈り払されていて、静かだしここでランチでも良かったねとか言いながら。
59_20141203003959cc7.jpg

ここでも飯豊見せろと粘ってみたけど、結局五頭山しか見えず(´・ω・`)
60_2014120300400094b.jpg

いい空の日でした。
61_20141203004001900.jpg

10分ほど景色を眺めて、本格的に下山開始。
山頂からすぐの所に、咲花温泉へつながるコース。
後で知ったんだけど、一水荘の奥に登山口があるらしい。
62_201412030040033be.jpg

もしゃもしゃw
63_2014120300440071a.jpg

このコースは、かなりの激下り。
しかも、枯葉で足元が隠れてるから、怖い怖い(((´゚ω゚`)))ガタガタ
64_20141203004402aad.jpg

しばらく下りると、今度は馬下保養センターコースの分岐へ。
でもこのコースは、現在登山道としてはオススメしてないらしい。
でも、いつか五山縦走として追加したい、大谷山に繋がるルートでもある。

杉が出て来た、下界が近い。
65_20141203004403072.jpg

足元浮きまくりの、でっかいブナ。
66_20141203004405bea.jpg

枯れ木にキノコが生えてたよ
でも、キノコはよく分からないので、見るだけで終了( ̄ω ̄;)
67_2014120300440684f.jpg

激下りを激下るヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
そして振り返る|д´)チラッ
68_20141203004856f83.jpg

おいこれ、足の松尾根状態じゃねーかよwww

わらさんと大笑いし「でも私たち、飯豊を歩いてるから慣れて来たのよ!」とか言いながらww
なので、ここを登りで使ってみようと思います( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

一本だけ、名残のモミジが目立ってたよ
69_2014120300485862b.jpg

普通、写真に撮っても斜度って表しきれないんだけど、これは・・・ww
なので、実際はこれよりすごいです。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
70_20141203004859ca2.jpg

わらさんに「最後の最後にアドベンチャーがあるからねw」って言ってた場所に着きました。
第一梯子。
71_20141203004901117.jpg

第二梯子。
73_20141203005333af1.jpg
第三梯子の画像はないらしい。

「長い!滑る!」と言われたww
梯子は、滑りにくい素材でお願いします( *゚ェ゚)*_ _))ペコリン

いやぁ、久々だったけど楽しかったわw
74_20141203005334284.jpg

前回より、川幅が狭くなった川。
しかも橋も架かってた。
75_20141203005335025.jpg

林道歩きの途中、この岩落ちて来たら怖いねぇって箇所があり・・・
てか、落ちてるしww
こんなん当たったら死ぬしww
76_20141203005337a1d.jpg

冬の前、最後のお花が咲いていました。
77_20141203005710936.jpg

不法投棄、誰だ!
78_20141203005712040.jpg

そして、ここを歩く人には絶対寄って欲しい場所。
山の神様。
79_20141203005714718.jpg

大きな大きな神様の木。
何の木なんだろうなぁ。
80_20141203005715306.jpg

わらさんも、驚いたように見上げてます。
81_20141203005716f2f.jpg

この木、正面から見るより、林道を歩いてる時に見える、左側から見た時の方が、何かが強い気がします、何かが。
82_20141203010103d6b.jpg

大きすぎて収まらないので、離れてみるw
83_20141203010106280.jpg
春になって、葉が出始めた頃、何の木なのか見に来ようかなw

濡れた枯葉より滑る、苔むした道路をへっぴり腰で歩き(マジなんだってww)
菅名岳最短ルートの丸山尾根の、しょっぱなに襲ってくる恐怖の階段を眺め
84_201412030101068ea.jpg
「ぜって~登りたくね~わ~」って言ってみるも、2週間後に登らなくちゃいけないという事実に現実逃避している雪野さんであった(登りで使うのは初めて。。。)

14:48、無事ゴール+:。.。:+(ღ◕ ܫ◕)ノ【 オ ツ カ レ 】+:。.。:+
85_20141203010108501.jpg

白山の後に寄った、咲花温泉の一水荘が気に入ったので、また入りに行く。
そして、ニコラスが土産に買って来いと言うので、と、私も便乗して土産にした。
1_201412030104455dc.jpg

うんめかったです、ごちそうさまでした(*´~`*)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”


ちょっとごつい事をしたい時、なかなか同じ感覚で歩ける山女子ってのがいなくて、ソロ度も高かったんだけど、わらさんは自分の足でしっかり歩けるし、経験値が高い。
だから、一緒に歩いてても、ある意味、自分の心配だけしていればいいから、楽です。
山に関してだけ、石橋を叩きまくってる私ですが、わらさんのチャレンジ精神はすごい∑(´Д`*)ノノ!!
ので、これからとんでもない山行がバンバン提示されていくんだろうけど・・・

とりあえず逃げよう癶(癶;:゜;益;゜;)癶

この人についてく為には、絶対体力筋力をレベルダウンさせちゃダメだと思うので、冬も必死に歩きましょう(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
てか、歩かねと、脂肪がへらねーよな(白山前より、まだ2キロ太ってるヽ(冫、)ノ )

今週、地元の山に、どっつり雪が積もります。
裏山に、お出でませ(๑→ܫ←๑)


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_12
02
(Tue)00:22

2014年11月30日 大蔵山~三五郎山~菅名岳~鳴沢峰縦走Part1

あぁ、眠い・・・ナニコレ(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
2日間、結構寝たはずなのに、仕事中も落ちそうだった(*ㅎωㅎ)

土曜は超ヒッキーで、金曜の寝る前に「渇き。」って映画を見たら、なんかすっげ気分悪くなって(;´Д`)
3日間で5本くらい映画を見たけど、山田孝之の出てる「MONSTERZ」ってのはおもしろかったな(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

そんなこんなで、ヒッキー満喫中の土曜に、山友わらさんが裏山の様子を聞いて来た。
寝転んで映画を見ていたが、ムクッと起き上がり、窓から大蔵山を見てみる。
山頂は全く白くない。
実際は雪が若干残ってるかもだけど、下界から見た感じでは全くない。
そんな感じで、大蔵~鳴沢の大縦走へと向かう話でまとまった。
車が二台ないと、四山縦走はちと厳しいのだ。
ほんとは土日の天気が良ければ、粟に泊まりに行く予定だったけど、土曜はジャージャー雨だったし( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
倉手山(=越後屋)か、裏山縦走か・・・ってのを考えてたので、ナイスタイミングであった

日曜朝、菅名岳の駐車場に一台デポし、大蔵駐車場から7:51スタートする。
2_201412012327295d3.jpg

8:10、登山口着。
前日の雨で、登山道はグシャグシャ( ̄ω ̄;)
3_20141201232731066.jpg

裏山に来る時は、だいたい一人なので、ちょっと新鮮w
4_20141201232732bbc.jpg

が、わらさん、予想はしてたけど、超健脚ですわヽ(冫、)ノ
雪野さん、着いて行けませぬーヽ(冫、)ノ
鼻の穴、全開でありますハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ

8:26、一合目。
5_20141201232733ed2.jpg

お得意の、撮影するふりして休憩をする裏技を、何度か使う( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
8:39、二合目着。
給水タイムを取っている時、後続の単独さんが上がって来た。
前にも大蔵で会ったんだけど、会社の外注屋さんであったw
「体が痛いので登りに来た」とか、雪野さんには到底理解できないセリフを吐いて、超速で登って行ったΣ(゚д゚lll)

二週間前には紅葉真っ盛りだった、2合目過ぎの大好きな場所は、すっかり落葉済みだった(´・ω・`)
6_201412012327346b0.jpg

7_20141201233431fdf.jpg

昼から晴れの予報が、早まってこんな時間から青空に。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
うれしすぎ
8_20141201233433796.jpg

大好きな巨大ブナが倒れちゃったんだよ~。゚(゚´Д`゚)゚。と、わらさんに教える。
9_201412012334347d4.jpg

ほんと、大蔵のブナはいいです゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
10_201412012334354f6.jpg

10月の三国岳に登った時からはまってる、オオカメノキの新芽w
「飛び込み用~意」
11_201412012334365f1.jpg

「シュワッチ
12_2014120123391493b.jpg

9:09、四合目
13_2014120123391608b.jpg

四合目の看板の足元に、赤い実ハッケン(p☆ω☆)p 。+゚キラリン゚+。
14_20141201233918c25.jpg

夜になったら、動きだしそうw
15_20141201233919d95.jpg

青空がうれしすぎて、上ばかり見てしまいます(๑→ܫ←๑)
16_201412012339205fb.jpg

9:20、五合目
9:29、六合目

いい苔っぷりじゃのぅ~(´∀`*)ウフフとか言いながら、撮影タイム。
苔はかわいいです
17_20141201234131656.jpg

9:43、七合目。
休憩中にわらさんから配給品。
これ、歯ごたえがあってうめぇw
18_20141201234132334.jpg

休憩中に、外注屋さんがすでに下山して来て「早~∑(´Д`*)ノノ!!」と言ったら「やっと痛みが取れた」と言って下りて行った( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

「バルタン星人」
19_20141201234133d38.jpg

七合目過ぎからは、地味に急登復活であります。
20_20141201234135d55.jpg

でも、この階段を登ってる途中で振り返る、ここの景色が好きなんだよねぇw
だって、平らなんだもん_ノフ○ グッタリ
21_201412012341360c0.jpg

今日は同行者がいるから、写真撮っても斜度が分かりやすいぞw
22_20141201234728f03.jpg

10:04、九合目。
もうちょっとだ。
がんばれ自分(大丈夫なので、もはやわらさんの事は放置である)
23_20141201234729cfd.jpg

24_20141201234731f4c.jpg

10:14、とりあえず大蔵着ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
2週間ぶり( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
すっかり雪はなくなったねぇ。
25_20141201234733f14.jpg

飯豊は見えねぇのか???と探してみると、地神(左)~北股&梅花皮(中央)はギリ見えていたようだ。
このチラリズムだけでも、大騒ぎであったヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
来年の飯豊への思いなどを語りながら(๑→ܫ←๑)
26_2014120123473496d.jpg

川内方面は、結構よく見えていた。
粟の雪も、一週間で少なくなったなぁ。
27_20141201235122732.jpg

霞んでいた日だったけど、粟島も確認できた。
28_201412012351240b2.jpg

今日は縦走。
縦走路、不穏www
29_20141201235125711.jpg

山肌にスポットライト
30_2014120123512631a.jpg

がーすーの合間に見える、多分北股(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
31_2014120123512850e.jpg

10:29、縦走に向けてスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン

「いいとも~
32_201412012354290c6.jpg

川内山塊も、雲で隠れて来た。
手前のとんがりは、これからの積雪期にのみ歩ける、風越山への縦走路。
今年はここを歩きますルンルン((´I `*))♪
33_20141201235430c1f.jpg

10:47、三五郎山着。
菅名山塊の最高点。(だけど菅名の方が有名)
34_20141201235432f27.jpg

登山道の雪は全くなく、この時期に夏道を歩けるなんて、すごいよねぇなんて言いながら進む。
ブナの木だと思うけど、枝の下にだけトゲトゲがいっぱいあって、良く見たら小さな枝Σ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
みんなこんなになっていて、ちょっと気持ち悪かった(;´Д`)
降り積もる雪を避ける為なのかしら・・・
35_20141201235433c60.jpg

苔に付く水玉もかわいかった゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
36_2014120123543531b.jpg

菅名山頂手前、赤茶の中にひときわ目立つ黄緑色w
これもかわいかったわ~(。→ˇ艸←)プククッ☆
37_201412020002258de.jpg

11:21、菅名岳着。
山頂にはワンコがいましたΣ(゚д゚lll)
おとなしくて、いい子でしたw
38_20141202000227169.jpg

縦走路のコースタイムは70分となってますが、一生懸命歩いたので1時間切ったようですハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
39_20141202000228777.jpg

先週、どっぷり3日間山籠もりして、気持ち的には満たされてたので、無理して登らんでもいいや~とは思ってたんだけど、山友さんと不意に登れる事になって、やっぱ来て良かったです。
だって、この空だもの(๑→ܫ←๑)
40_20141202000230ee6.jpg

よ~し、お待ちかねのランチタイムです_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
飯だ飯だー゚・:,。*:..。o○☆(๑→ܫ←)ゎ-い♪

つづく


参加中です。クリックよろしくお願いします♪