全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
今週末は・・・雨だー┌┛┌┛ズコ!
平標の小屋でお泊り会の予定でしたが、群馬側も新潟側もお天気は悪いし、なんていったって谷川山系。
お天気の保証が約束されてないからには、あの山域に侵入する気が起きませんで、中止とさせていただきました(;´Д`)

今週末は延ばしに延ばした、髪切り作業に出かけようかと思います。
恐ろしいほどに髪も伸びたぜ・・・


荒沢岳の続き。

9:15、花火御一行が岩壁を突進する中、kyazu御一行も出発です
kyazu御一行の出撃するさまを、花火星人さんが激写していてくれましたw
5MGP0739.jpg

休憩中に、ここから先はデジイチ仕舞った方がいいなぁとkyazuさんに言われたので、コンデジ撮影。
てか、その言葉で、ヤバイ場所に突入するんだと察した・・・
arasawa_012.jpg

48_20141030233804e7d.jpg

山の斜面をトラバースしながら、目の前に広がったパラレルワールド(人´∀`).☆.。.:*・°
とか言ってる場合じゃねー。。。(´Д`|||) ドヨーン
見上げる。
49_2014103023380561f.jpg

kyazuさん登る。
50_20141030233807917.jpg

後続女子たち続く。
arasawa_013.jpg

足をかけたいが、届かぬぞーwww
誰かタスケレー
arasawa_014.jpg

もはや、鎖に掴まりながら、半力づくで登って行く。。。
これは、下山時がやばいぞと思いながら登る。。。
登りでこれだけ手こずるって事は、下りはその倍以上手こずるって事だ。
登りながら下山の事を考える、これ基本でありますゆえに、実はこの岩壁を登っている時、リタイヤも考えておりましたwww
下りれる気がしなかったんだもん。。。
51_20141030233809cc4.jpg

53_20141030233810e08.jpg

岩登りは大好きだけど、自分の登れる岩登りのレベルを超えてしまっていたらしい予感。
岩というか、鎖のスキルが超低いんです、私ww
arasawa_015.jpg

9:43、地獄の岩壁を這い上がった_ノ乙(、ン、)_
30分も岩壁に張り付いていたんだな・・・
arasawa_017.jpg

だがしかし、これで終わりではない。
まだ先に、延々と続く、見えすぎて困っちゃう長い尾根┌┛┌┛ズコ!
arasawa_020.jpg

遠く向こうに、守門岳(左)と浅草岳(右)が見えた。
花火星人さんが、守門にわらさんが居ると教えてくれたので、手を振ってみるオ━─゚+。:.゚ヾ(*゚Д゚*)ノ゚.:。+゚─━ィ☆
57_20141030235537232.jpg

歩いても歩いても、なかなか近づかない稜線。
58_2014103023554022d.jpg

奥只見湖の遊覧船の走る音がした。
59_201410302355419c4.jpg

落葉しちゃった寂しそうなダケカンバ。
60_2014103023554235f.jpg

もうちょっと・・・なのだろうか・・・ヽ(冫、)ノ
稜線手前でエネルギー補給タイム。
おにぎりを食らう(`・ω・´)シャキーン
61_2014103100000319e.jpg

稜線に見える人影が、結構大きいのでもうすぐ上がれるとは思うんだけど、なかなか近づかない。
そしてこれ、なにげに撮ったんだけど、花火御一行だったようだ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
62_201410310000046d0.jpg

登山道の日陰なっている所には、こんな霜柱も。
63_20141031000005898.jpg

10:43、なんとか稜線に上がった(_Д_)アウアウアー
奥の方に、双耳峰の燧ケ岳が見えている。
64_20141031000006a38.jpg

稜線に上がっても、登山道狭いなww
arasawa_022.jpg

arasawa_024.jpg

ひたすらトラバースでありました。
66_20141031000504ed8.jpg

67_2014103100050518e.jpg

岩登りもまだ終わらず。
68_20141031000506c72.jpg

山頂にもなかなか着かないので、途方に暮れる。。。
69_20141031000507d05.jpg

下山する方々、サヨウナラー
70_20141031001116301.jpg

岩を乗り越えて山頂たと思ったら・・・
無念_ノ乙(、ン、)_
「山頂とーけーよ!!!」と、登頂手前のラストボヤキ。
71_20141031001117531.jpg

11:04、5時間弱の地獄の登りが、一旦終わった。
73_20141031001120bad.jpg

72_20141031001118d02.jpg

とりあえず下山の事は忘れて、飯だ飯だー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
76_20141031002816f84.jpg

つづく


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト

【2014/10/31 00:32】 | 新潟の山
トラックバック(0) |

茶々さん♪
雪野
10月の週末がずーっと快晴だったから、そろそろダメだろうねぇって山友さんと予想してた。
ばっちり当たったi-282
ので、実は今週末は、私の方は期待してなかった(´・ω・`)
奇跡的に晴れたらいいなとは思ってたけどねi-195

荒沢は、雨どころか晴れでももう行かない!って思うくらいに、私には鎖場が厳しかったヽ(冫、)ノ
まぁ、5年くらい経って、アルツハイマー的に記憶がなくなったら、また登るかもしれない(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

花火星人さん♪
雪野
そうそう、kyazuさんと「花火君たちは、どこまで上がって行ったかねぇキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ」とやっておりました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

巷の三連休、明日はダメだねぇ。
あさってはコロコロ変わってるねぇ。
あさって、薬師いいじゃんi-189て天気だけ見て妄想したけど、完全凍死ですなww(風もやばいi-282
日曜朝、まぐれで早起きできて、なおかつ午前中だけでも天気が持ちそうなら、久々の裏山闊歩で終了だなぁヽ(冫、)ノ


茶々
今週末期待してたのに、天気予報ずれ込んで来たね~~~><。

荒沢岳・・・・・お天気悪かったら絶対行けないね~。好天にも恵まれて見事制したね~。満足感や達成感は何物にも代えがたいものがあるよね~。
歩くスピードで見るものが一番美しいって痛感した。車窓から眺める紅葉は全然綺麗じゃなかった。山に登らなければ知らなかった感覚だよね。

激写
花火星人
山頂稜線をゆく花火星人を撮って下さったんですなー♪

そんなことより、連休が全滅の予感なんだが(T_T)
明日から南ヤツの予定だったけど、パーだわ(>_<")
晴れそうなら近場でもと思ったけど、どこもかしこも
ろくでもない予報だし。。。

コメントを閉じる▲
最新報告(なんか、久々に出たなこのセリフww)

週休2日になったはいいが、その分、平日の仕事がてんやわんやらしいヽ(冫、)ノ
でも、2連休の方が150%うれしいから、何とかやり過ごそう(決して「がんばる」ではないらしい┌┛┌┛ズコ!)
夜の11時半に洗濯物をやっと干し・・・
あ、キッチンの洗い物を忘れてた・・・明日にしようヽ(冫、)ノ

さすがに今日の寒さは我慢できずに、とうとうヒーターを出してしまった。
明日は裏山、初冠雪しちゃいそうだなぁ。

なのにほんの数日前は、10月も末だというのに、2000m弱の山の上で20度もあったんだぞ(;´Д`)
あっちぇ過ぎて、だるかったわ~ヽ(冫、)ノ
でも、隙間が出来てたルートを繋ぎ
2_20141028231405078.jpg

予想外に空いてた小屋で、楽しい酒盛り
1_20141028231403c8f.jpg

2日目も、裏山程度しか登れなかった頃に、本で見ながら憧れてた稜線を歩き。
向かった山の威圧感がすごかったΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
3_20141028231406fa6.jpg
この山域の天気の怖さは、GWにしっかり体験してたから、奇跡な天気の2日間でありました。

眠さに勝てずに寝ちゃうから、写真の編集する時間がねーのだ。
ネタが溜まるー;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)



そんな先々週になるのでしょうか。
19日は、kyazuさんとkyazuさんの山友さんの栃木山女子である、baoさんとYoshikoさんと一緒に荒沢岳へ。
baoさんとはお久しぶり、Yoshikoさんとは初めましてでした

栃木隊との待ち合わせ場所である、登山口の駐車場に着くと、すでに満車Σ(゚д゚lll)
何とか一台停めれそうだったので、端っこに停める。
寒い・・・とにかく寒い・・・
気温は5度くらい(゚Д゚;)
1_201410290012478bd.jpg

そりゃ、凍りますがな(;´Д`)
2_20141029001249517.jpg

6:15、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
スタート直後から急登。
雪野さんの苦手な急登。
でもすぐに、紅葉がお出迎えしてくれたので、みんなでキャーキャー盛り上がるw
3_201410290012500c4.jpg

こんな色の道をずっと歩けるんだもの(๑→ܫ←๑)
5_2014102900125268a.jpg

空も青い。
6_2014102900154336e.jpg

朝日がお手伝いしてくれるから、すべてが橙。
7_20141029001545519.jpg

奥只見湖から湧き上がる雲海。
8_20141029001546007.jpg

6:58、そうこうしているうちに、ちょっとした広場に着き、ど真ん中に三角点Σ(゚д゚lll)
ちょっぴり休憩。
9_20141029001547669.jpg

この日、baoさんは数日前から膝の調子が悪かったんだけど、お医者様に山に登っていいと言われたので急遽参加。
様子を見ながら歩くことに。
そして、山頂が見えた。
中央の双耳峰ぽいのがそうらしいが、手前になんかおかしなのがあるな( ̄ω ̄;)
10_20141029001549277.jpg

そして謎の「2」
11_201410290021116ed.jpg

みんな快調に進みます
Yoshikoさんは、疲れたら「牛歩戦術」を使うそうだww
歩きはドタバタ雪野さんと違い、エレガント・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
baoさんの健脚っぷりは、一緒に雪山を歩いた時に確認済み。
雪国人の雪野さんが、雪のない国の人に全然負けてたという(_Д_)アウアウアー
14_20141029002116f89.jpg

地味~に登り返すので、下りが始まるたびにブーブーぼやき始める。
15_2014102900211738b.jpg

真っ赤っか(๑→ܫ←๑)
16_2014102900243399a.jpg

まだまだ紅葉イケるねぇ~
本当にいい日
17_20141029002435ea9.jpg

arasawa_007.jpg

景色を見ながらまったり歩いてたら、後続さんが来たので追い越してもらう。
なんだか匂うぞ。。。
まさかな・・・と挨拶をして追い越された時に、kyazuさんが「花火星人さんだよ」と言う。
私も赤ザックやら体から湧き出る火薬の匂いで、何となく花火星人さんか?とは思ったんだけど、確信がなくて声をかけられなかったのだ。
kyazuさんの言葉が聞こえたその赤ザックの人が、ものすごい勢いで振り返る。

Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

ウヒャ━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━ !!

18_20141029002436622.jpg

声にならない声とは、こーゆー時に出るのであった。
お互いに握手したまま「おー」しか言ってない( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
「こんな早くに会えるとはw」なんて言葉を交わしつつ、花火様御一行は超速で進んで行った。
顔は分からんでも、何か匂うもんなんだなぁと思ったw

超速の男2人に普通に着いて行くkyazuさん。
そりゃそうだ、あの人も本来超速なのだ。
男三人で、何やら談笑w
19_201410290024373da.jpg
そしてアトデネーヾ(・д・。)マタネー♪

そしてまた後続さんが来た。
スピードが同じくらいなので、一緒に進む。
20_2014102900243989c.jpg

今年も結局登らなかった、エチコマこと越後駒ケ岳。
残雪期に行ってみようかとはkyazuさん。
なぜなら、その時期なら空いてるからブッ(´→з←):;*.:;
22_201410290034289b3.jpg

日差しが強くなるにつれて、雲が消えて来た。
23_20141029003430b91.jpg

日本は季節の色があっていいね。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
24_201410290034318da.jpg

フサフサ毛虫
25_20141029003432911.jpg

26_20141029003434017.jpg

どうやら、ヤバイらしい場所が近づいてきたようだ。
31_201410290036207be.jpg

謎の「3」
32_20141029003621d68.jpg

キレイ~~゚・:,。*:..。o○☆(๑→ܫ←)ゎ-い♪
33_201410290038038bf.jpg

なんて叫んでしばらくした8:11。
とうとう核心部への突入開始の合図が出たガ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━ン!!
34_20141029003805f25.jpg



arasawa_009.jpg

鎖と梯子のコラボ
35_2014102900380677d.jpg

なぜ雪野さんが先頭なのだΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
36_20141029003808357.jpg

緊張が腰砕けになる瞬間┌┛┌┛ズコ!


まぁ、登りはなんとか行けるもんだ。
37_20141029003809fba.jpg

38_20141029004449a9f.jpg

第一関門突破で、視界が開ける。
この先はどうなってんの?とガン見。
なんと・・・岩壁をよじ登れと・・・
40_20141029004451a0c.jpg

kyazuさんのブログからパクって来たが、全ルートはこうらしい・・・
141396037395033019180_a11.jpg

もはや、先の事を考えてはいけない状況に陥ったらしく、テンション上がるwww
42_2014102900445181a.jpg

そして、核心部を突進中の花火御一行が見えたw
43_20141029004453890.jpg

kyazu御一行の女子チームは、現実逃避の為に、おやつタイムww
baoさんからもらった~。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
44_20141029004454d85.jpg

45_201410290049094c6.jpg

レモンケーキをむさぼりながら、花火見学ww
がんばれがんばれー(とか言ってる場合じゃないぞw)
47_20141029004912cbb.jpg



そして、kyazu御一行も進む時が来た・・・
登りきる前に、生きて帰れるのだろうか・・・




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/29 01:04】 | 新潟の山
トラックバック(0) |

わらさん♪
雪野
妄想は大事よ(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
私なんて日々、妄想の世界に浸ってます(*´ω`*)

ウン、基本鎖を使わずに登れる所は、鎖を使わずに登った方がいいのでありますよi-190
人口的なアレは、いつ外れるか分からないからねi-282
とは言っても、この先の章は、使わずに登るのは不可能に近いのであった。。。

Part2、乞うご期待・・・i-282


わら
動画をさ、何回も何回も見ながらイメトレしている私って変でしょうか?

KYAZU師匠は鎖をちっとも使っていないですね~~。すごいですね~~。

すべてはPart2を見てから決めよう。



花火星人さん♪
雪野
お待たせしました、やっとこですヽ(冫、)ノ
こんな偶然、普通はねーよなwww
いやぁでも、早いとこ顔合わせできて良かったでありますi-278i-234

11月の週末は、雪さえ降らなければ標高1000mを上限とする無料ホテルに泊まろうと思うので、いつでも乱入可能でありますぞ(´∀`*)ウフフ
わらさんとこで言ってた日も、わらさんがその日にお休みが取れれば、みんなでどっかの無料ホテルで飲んだくれましょう(うД`)+゜zZZ

みなみる♪
雪野
Part1の鎖場は、実はまだ前菜なのである。
山に登っててマジで、死と隣り合わせになった実感がしたwww
いやぁ、ほんとに登ってる途中で、kyazuさんに「ギブですヽ(冫、)ノ 」って言おうかと思ったくらいだ。。。w

荒沢サプライズ
花火星人
荒沢岳キタ━(゚∀゚)━!
アップお待ちしておりましたです。
いやー、こんな偶然てあるんですねー♪
ホントはもう少しゆっくりお話したかったんですが
ブログのことを知らないツレがいたのでね(^_^;)
今度またゆっくり語らいましょう。


minami
フル((-ω-`o【il||li 拒否il||li 】o´-ω-))フル
イヤァァ━━ノ)i`゜;ё;゜´i(ヽ━━ァァッ!!!
帰るッオラ帰るぅぅぅっ!!!!
まだやりたいことがあるんだあああああああ!!!

コメントを閉じる▲
がんばって更新しないと、新ネタすらどんどん溜まって行くヽ(冫、)ノ

アハー、仕込み仕込み+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
今週末のごっつぉ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
久々のデカザック。。。そして、目的地にたどり着けるか心配だ・・・
2_20141022234611875.jpg

たまると言えば、地味に貯めてるTポイント。
これが3万ぽいんとになったら、現金を追加してテントを買うのだ。
1_20141022234609f0e.jpg
でもなぁ、飯豊で遊ぶとなると、小屋がいっぱいあるから、別にテントいらねんだよなぁとも思う(_Д_)アウアウアー
その前に、夏用シュラフが欲しいーヾ(*`ェ´*)ノフンガ~



三国岳下山編。

肉も焼けないし、パンを食べてても空しいし、とりあえず主稜線からの、本山~御西&大日の偵察はできた。
初日に御西に辿り着けなかったとしても、三国~切合~本山と、その間に小屋は3つある。
どこでリタイヤしてもOKだw
でもそしたら、大日には行けないけどね( ̄ω ̄;)
偵察は十分なので、この先、切合まで行って、下山の余力が無くなるのは困るので、さっさと下山すっぺー、と、10:25、下山を開始する。
もはや、ちょっとの坂道すらだるいわ_ノ乙(、ン、)_
69_2014102200094047c.jpg

手前の尾根が、下山に使う新長坂ルート。
稜線からの下りが、かなりガコーンと急斜面になっていたので、気を付けて下りないと。。。
70_20141022000941465.jpg

この日はずーっと、もや~っとした雲とは呼べないような雲海??が湧いていた。
71_20141022235253aa9.jpg

しばらく歩くと、恐怖の疣岩山への登りが見えて来た(((((((;´д`)))))))
なんであんなに尖ってるのだ(;´Д`)
72_20141022235255445.jpg

実際は、5分もあれば登れちゃうような斜面だと思うんだけど、5歩歩いてはフリーズを繰り返し、やっとこ三角点のあるピークに着く。
小屋を出発してからいくらも経ってないのに、大休止( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

5分くらい景色を眺めてから、獅子沼に向かう。
向かう途中は、主稜線がよく見える。
何度確認しても、御西は遠いwww
76_20141022235256935.jpg
大日だけを狙うなら、kyazuさんも言ってたけど、実川から狙った方が楽なんだろうなぁ・・・

11:16、獅子沼着。
とてもミニw
77_20141022235257cc2.jpg

11:23、新長坂ルートの分岐を素通りし、振り向きざまに激写(激写なのか?ww)
78_20141022235259338.jpg

さ~て、しばらく激下りが始まります。
足元はザレてるので、滑って転んでサヨウナラにならないように気を付けます。
上から見てて、気になった木の場所に着いた。
すでに落葉ヽ(冫、)ノ
81_20141023000136ce9.jpg

山の中腹は、橙。
82_20141023000138d6a.jpg

振り返っても橙。
83_20141023000139418.jpg

向かう先は、コブw
84_201410230001409b5.jpg

このルートも、紅葉がきれいでした
86_20141023000142008.jpg

コブを乗り越え。
87_20141023000422957.jpg

振り返ると、あの斜面を一気に滑り落ちて来たのが分かる。
88_20141023000423f52.jpg

ちょっとビビったトラバース。
足を滑らせたら、右側はサヨナラコース。
89_20141023000426ff4.jpg

よく人様のレポに出てくる、馬の背のような細尾根が出て来た。
それより、目の前に迫ってくる、登り返しのピークの方が嫌で嫌でしょうがなかったww
90_20141023000426b53.jpg

登り返しやだーって思ったら、右に急旋回で平坦な道へ┌┛┌┛ズコ!
91_20141023000428c04.jpg

道も細くてトラバースもたくさんあるけど、ブナやモミジの紅葉が見事で
93_20141023000802f78.jpg

94_20141023000804b30.jpg

向こうに見える紅葉も、あそこまで行って見れたらきれいなんだろうなぁ。
95_20141023000804c1d.jpg

96_20141023000806fa2.jpg

時間もたっぷりあるし、足も疲れているので、転ばないようにゆっくりを進みます。
97_20141023000808a97.jpg

なんかもう、橙がまぶしいんだよねw
鏡山の時もそうだったけど、弥平四郎は橙って記憶になっちゃった(๑→ܫ←๑)
98_20141023001114229.jpg

99_20141023001117291.jpg

ちょっと広い場所に出たなぁって思ったら、12:14、水場っぽい。
100_20141023001117e6a.jpg
ここで地図を確認してみると、水場からゴールまでは、まだまだ遠かったガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
意気消沈www

それでも、水場を過ぎると、飯豊らしくはない、優しい道へと変わっていきました。
うちの裏山みたいw
101_201410230011183c2.jpg
木々の色には、少しづつ緑色が増えていき、標高が下がっているんだなぁというのは確認できました。

場所によっては、まだまだ橙w
102_201410230011206ee.jpg

12:24、完全にゆるい道になって、ブナを眺めながらのんびり歩く。
103_20141023001646983.jpg

うっかり逆走してしまった、この新長坂ルートを、登りで使うと仮定して、記憶を逆戻ししてみる。
間違いなく、こっちを登りで使った方がいいグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
トレッキングルートのような、ほとんど平坦な道から、徐々に斜度がきつくなっていくので、いわゆる坂道順応が出来るww
あぁ、失敗したわ。。。(´Д`|||) ドヨーン
104_20141023001647abe.jpg

13:14、祓川山荘が見えて来た。
ちょっと怖い(;^ω^)
105_201410230016488b8.jpg

山荘を過ぎて、橋を渡り。
106_201410230016503db.jpg

最後の最後で、また登り(_Д_)アウアウアー
107_201410230016514ee.jpg

13:29、見逃してた登山口に無事到着_ノ乙(、ン、)_
108_20141023002059b30.jpg

満車だった駐車場は、数台しか停まっておらずww
翌日の天気がいまいちだったので、みんな帰ってしまったらしいw

弥平四郎からうちまでの間、ご飯を食べるところもなく、温泉もいまいち。。。
赤湯があるけど、湯が熱すぎてゆっくり浸かれないから、料金が安くても損した気分になるし(;^ω^)
温泉はダラダラと、1時間くらい浸かりたいタイプですw
結局、そのまま家に直行してしまいました。・゚・(´□`*)・゚・。

家に帰って最初にした事。

飯豊エキスを吸った肉を、がっつり食ってやったぜええええええええ

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

109_20141023002100b74.jpg


毒水飲んだとかダラダラ言い訳しましたが、自分が思うようには歩けなかったって事は事実で・・・
なんかヘコんだんで、また出直し修行の日々が始まります。゚(゚´Д`゚)゚。
来年も、この飯豊でやりたい事がいっぱいある。
休んでられない、がっつり行きましょう(๑→ܫ←๑)


おわり。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/23 00:41】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |

kyazuさん♪
雪野
もう逆コースはしないんだからねヽ(冫、)ノ
ハイター事件も、もうこりごりなので、ほんとこれからは飲む前に匂いの確認を。。。( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

今年は紅葉を追いかけながら山を選んで歩いてたので、ほんといい色をいっぱい見れたi-189
いい秋でした。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

来年は、ハクサンイチゲが咲き始めるまでは、私の力じゃ飯豊を歩けないので、それまでは大丈夫だi-278
でもヒメ様やデリンちゃんが咲き始めたら・・・
入りびたりになるかもしれません(´∀`*)ウフフ


kyazu
逆コースでの3部作、
堪能いたしましたi-185

ハイター事件はあっても
紅葉はバッチリでサイコーだったねi-184

この分だと来年は飯豊にどっぷり浸かりっぱなしで
ほかの山に行くヒマなさそうi-236


花火星人さん♪
雪野
よく気が付いたな(´∀`*)ウフフ

そうなのだ、11月2日に期間固定ポイントってのが「5ポイント」消えるらしいww
しょっちゅう湧いて出てくるんだわ、期間固定ポイント。
5ポイントの為に買い物すると、余計な出費になるという罠i-282

最短有効期限
花火星人
11月2日になってるけど、使わないと何ポイントか
消えちまうんじゃね?

コメントを閉じる▲
全身、パッキパキに筋肉痛です(_Д_)アウアウアー

最近は筋肉痛っていう筋肉痛にはならなくなったのに・・・
日曜の山は過酷だったって事だな_ノ乙(、ン、)_

最近は、作業の途中とか家事の途中とか、動きながらでも流し見できる日本語の動画を見ていて、映画も見るのがなくなったので、アニメ流してます( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
GyaOに上がってた、地獄少女とかってのに現在ハマり中で。
「人を呪わば穴二つ。いっぺん死んでみる?」ってセリフの主人公の声が・・・(*´ω`*)
映像見なくても音だけ流れてればいい、日本語は最高ですな(*´∀`)アハハン♪



三国岳の続き。

分岐から先は、稜線歩きo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
誰もいない静かな道を歩きます
とは言っても、本当はかなりビビってました。
弥平四郎は、黒ぷーさんの巣窟って話で。。。
でもこの日は、獣の臭いってのが全くしなくて、ほんと良かった。。。(たまに、すごい臭う場所もあったりします)
27_20141021230801dcf.jpg

28_20141021230803a48.jpg

29_20141021230803767.jpg

しばらく歩くと、目の前にでっかいピークが現れた・・・マジか・・・(_Д_)アウアウアー
30_20141021230805a88.jpg

しかもかなり下る・・・(_Д_)アウアウアー
31_20141021230806beb.jpg

磐梯山、安達太良連峰、吾妻連峰が雲海の中から頭を出していた。
33_2014102123300314e.jpg

根っこだらけの道を見ると、飯豊だなぁとは思うけど、やっぱり小国側と比べると、断然きれいな道だ。
私的には、あっちの方が好きだけどw
34_201410212330044f8.jpg

すっかり疣岩山だと信じ込んでいたが、地図を見たら巻岩山という手前にあるピークと知り、俄然やる気をなくすヽ(冫、)ノ
35_20141021233006fad.jpg

向こう側に、飯豊の主稜線が見えたヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
大日岳と御西の小屋を、肉眼で確認。
非常に遠いwww
36_20141021233007464.jpg

相変わらず足取りは重いままで、この時点で切合は諦める。
のんびりと、初めての福島側の景色を楽しみながら。
37_201410212335180f0.jpg

38_20141021233521007.jpg

39_201410212335215f0.jpg

巻岩山の手前で、この日初の登山者に追い越される。
どうやらトレランの人らしい。
ザックが小さかった。
40_201410212335233bd.jpg

ここを抜けたらピークっぽい。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
42_20141021233801859.jpg
が、ピークらしき場所には、とくに何もなかった┌┛┌┛ズコ!
ので、スルーε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ

バンザーイ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
43_20141021233918f49.jpg

8:48、今度こそ疣岩山が見えて来た。
ズームしてみたら、人が何人か見えるもの。
44_20141021234048a50.jpg

ズームを戻すと、まだこんなに遠いヽ(冫、)ノ
45_20141021233720f18.jpg

左を見ると、主稜線がよく見えた。
いつも遊んでる飯豊は、今いる場所の反対側。
だから、こっちサイドの景色を見ることはできないのだ。
46_20141021233722a7e.jpg

巻岩山を過ぎてからは、私の求める平坦な楽しい稜線歩き
47_201410212337230bc.jpg

48_201410212337256e4.jpg

帰りに使おうと思ってる、新長坂ルートが見えた。
下山には使いたくないって書いてる人が多いけど、雪野さんが大得意とする、逆走の罠ってやつをやってしまったので、しょうがない、気を付けて下ろう。。。
49_201410212337264c6.jpg

9:06、新ルート、新長坂ルートの分岐着。
3時間10分かかった。
50_201410212348365f0.jpg

しばらく進むと、また分岐。
獅子沼は、帰りに寄ろう。
51_20141021234837b71.jpg

分岐からちょっと進んだら、ストック一本で空身のおじさんと出会う。
挨拶をすると「あんた一人でここまで来たんかね。大したもんだΣ(゚д゚lll)」と言われ。
いやいやおじさん、最近はこんな、プラプラした単独の女性は多いと思うよww
あまりの空身っぷりに「小屋の管理人さん?」って聞いたら、どうやら分岐に置いてあった、謎のザックの持ち主だったようだ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
気になる事があって、ちょっと戻ったんだとは言ってたけど、どこまで戻ったんだろうか・・・
おじさんは前日、三国の小屋にザックをデポし、そのまま本山へ行って小屋に戻って泊り、これから下山なんだそうだ。
「来年、初日のうちに御西まで行って、大日に行きたいから偵察に来たんだよ~」って話をしたら「感心感心」と言われた。
おじさんも前に、大日杉から初日に御西に行って、という行程をこなしたから、行けるだろうとは言ってたけど、それはおじさんが健脚だからじゃww
いつもは私と同じ、胎内や小国の方の飯豊で遊んでる方らしいです。
おじさんと別れて、先へ進みます。

枝の間から、三国の小屋が見えた。
52_20141021234838cfe.jpg

9:23、疣岩山着。
もう、ここでいいじゃないか。。。という思いもよぎる。
53_20141021234840e3a.jpg

だけど見えちゃったのだ。
あんないい場所に建っている、三国の小屋が・・・
54_201410212348418fd.jpg

うっかり歩き出す(_Д_)アウアウアー
雪国でよく見る形。
そのまま行ったら、頭地面にぶつかるよw
55_201410220000025ed.jpg

激下りを確かにした。
あぁ、帰りは肬岩の、あの坂を登るのか(lll´д`)フゥーー
56_201410220000049c9.jpg

目の前に続いてるのは、気持ちよさそうな稜線。
57_201410220000040c9.jpg

右にズルッと行くと、サヨウナラな場所。
58_20141022000006436.jpg

スライドする団体さんに「今日は泊り?」とか聞かれたけど「明日仕事なので日帰りです・・・」とテンションが下がる。・゚・(´□`*)・゚・。
「今日は小屋空いてるのに・・・残念」とか言われちゃってつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
有給取ってマジで泊まる計画も立ててたけど、三連休で混んでるのもやだなって事で、結局辞めたのだ。
でもやっぱ、泊まりたかったかも(´・ω・`)
59_20141022000007ec8.jpg

初日で着ける気がしなくなって来た、御西の小屋。。。ww
60_201410220005015ba.jpg

ズームを戻すと、こんなに遠いんだもんww
61_2014102200050351e.jpg
三国の小屋からさらに6時間歩かねばならぬ。。。

川入りのルートが見えた。
遠くに浮かぶは蔵王連峰。
62_20141022000503f40.jpg

振り返ると、戻る道ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
63_2014102200050518e.jpg

小屋手前の、最後の登り。
結構急登で、ロープがぶら下がってたので、すぐさまロープのお世話になるブッ(´→з←):;*.:;
64_20141022000507338.jpg

9:59、三国岳避難小屋着
いやぁ、キレイな小屋だわ~
先に進まなくても、この小屋でダラダラと、大日を見ながら酒飲んでてもいいなぁとか思うw
65_201410220009366ce.jpg

小屋からこんな景色が見えるんだもん、動かなくてもいいでしょw
68_2014102200093960d.jpg

川入から上がってくる登山者が2名。
66_20141022073233756.jpg

遠くに朝日連峰。
67_20141022000938b29.jpg

ここで肉を焼きたかった。゚(゚´Д`゚)゚。
大失態il||li (つω-`*)il||li
しょうがないので、行動食として持って来たパンを食べる。
空しい。。。(´Д`|||) ドヨーン
これが泊まり山行だったら、ガスがない時点で中止だったな。。。

この小屋に泊まりたいと思いながら、10月にしては暑すぎる中、初めて見る景色を堪能していました。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/22 00:22】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |

わらさん♪
雪野
想像力が豊かでいいわ~、わらさん(*´ω`*)
蛇女ゴーゴンに見えて来た(((´゚ω゚`)))ガタガタ

そーいんさね、初日に御西はとーけんさ・・・
でも2泊3日分の荷物担いで、初日に本山小屋に辿り着いたわらさんはヘンタイだと、この日、稜線を歩きながら思った(;´Д`)

とりあえず、決行する前に、大日杉からも歩いてみようと思うんだi-190
あそこが一番、最短ルートになると思うから。
でもきついよな(_Д_)アウアウアー

そん時はよろしく(*´˘`*)♡

みなみる♪
雪野
平坦な道なら、ぶっちゃけ重い荷物担いでたって、何時間でも歩く自信はある訳よ。
でも飯豊の坂は、尋常じゃないのだヽ(冫、)ノ
まぁ本当に、あの小屋を初日に目指すとしたら、インスタントラーメンのみをザックにぶち込んでの軽量化になるだろうなぁ・・・
飯がインスタントってのは、超テンションが上がらない原因になる訳だが、もうそこは考えてはいけないらしいil||li (つω-`*)il||li

茶々さん♪
雪野
こっち側の飯豊の山は、あっち側より更にがんばって歩かないと辿り着けないからねぇ。
日の長い時期に、一番おいしいルートからがんばって登ってみようと思いますi-190
今回のこのルートだと、初日に本山小屋に辿り着ける気すらしない(;^ω^)


わら
上から2枚目の写真。
まるで女体のような樹。ちょっとイイワね。ウフフ。

初日で御西小屋は遠いかもね~~~。
本山小屋で力尽きそうな気がするわ。

本山小屋から御西小屋までは、花がすごすぎで足が止まっちゃうだろうし。

でも、何事も挑戦だし、飯豊は行けるところまで、行って判断もできるからね。
やってみようか。私もついていきまっせ~~。



minami
紅葉写真、ヤバい綺麗〜!
んーあの山は遠い・・・遠過ぎる・・・
さらに6時間歩くって・・・まだ想像つかない世界だわ
今週末も天気いいらしく相方がはりきっておるのだが・・・
一体どこに行く気だろう・・・。
オラも低木じゃなく普通の木が紅葉してるとこ行きたいな〜


茶々
う~~~ん!
素晴らしい景色の数々!
堪らないね~。すっきりとした青空と見事な紅葉。圧巻!
御西・・・遠いね~。
私は途中で一泊入れないと無理だろうけど、自分の目でこの景色見たいなぁ~^^


コメントを閉じる▲
出不精を極めつつ、シャンプー&リンスもクリックしてる今日この頃。
6_20141019225226433.jpg
今日、山友さんたちにも語ったが、荷物の軽量化より、自分の体の軽量化を図るよ!!
雪野さん的に、出不精=デブ症なので。。。
あれ?基本毎週外に出てるのに、どんどん太ってくよ、ナニコレ。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ

そんな今日は、kyazuさんと栃木女子たちと、某お山へ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
4_20141019225224137.jpg

歩いてる途中、某ブロ友さんと偶然のご対面( ゚д゚)ハッ!
顔も知らないのに、なぜかその人だって分かった。
前にわらさんが、私を雰囲気で察知したのと同じ現象なのだろう(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン
ブロ友さん御一行が危険地帯を進む中。
2_20141019225222c50.jpg

自分はまだそこに到達してなかったので、超ご機嫌だったようです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
5_201410192252254ae.jpg



10月12日、この日も何だかサボって寝てたい気分だったけど、前の週はヒッキーだったし、この日はいいお天気の予報で、行かなければ間違いなく後悔するんだぞ?と自分を脅し、5日に実行する行程だった、弥平四郎発の三国岳へ(あわよくば切合小屋まで)


弥平四郎登山口まで、うちから1時間半ちょいってことで、すっごい近いことが判明Σ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
やっぱ飯豊はいい遊び場って事になるけど、弥平四郎は本山へ続く道なので、あまり来ないかもね(;^ω^)
100名山へ続く道は、やっぱ人が多いもの・・・

て事で、この日は世の中的に三連休の真ん中の日。
駐車場は満車で、道路脇に停める事に。
そして、この日は久々にバーナーボーボー燃やして、山で肉食ってやるぜ~と張り切ってたのに、ザックを担いで思い出した。
バーナーは入ってるけど、肝心のガスを忘れたo┤*´Д`*├o アァ・・・
肉とバーナーを置いて行くか。。。って思ったけど、無駄な軽量化は辞め&お肉さんにも飯豊の景色を見せてあげようと思って、担いで出発。

5:56スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_20141019232138420.jpg

登山口を100m進んだ所でふと思う。
「あれ?これは新ルートじゃないか(´ε`;)ウーン…」
前にこのルートで鏡山に登った時の新ルートじゃないか( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
祓川山荘のある旧ルートから登る予定なのに、何を血迷ったヽ(冫、)ノ
あっちの登山口は、駐車場から若干バックする形となってたので、うっかり見逃したようです|||||(´ω`;)|||||ガ—ン
でも、100m進んだものを、私がバックする訳がありません、進みます。

2年経っても、やっぱ急登だここ_ノ乙(、ン、)_
前回、ここを歩いた時の記事→クリック

すぐに、この後歩く稜線が見えて来た。
3_20141019232140096.jpg

御来光も来たぞ。
4_2014101923214230c.jpg

大きなブナさん、(o´Д`o)ノ゙ オハョョヨヨ∃ゥ
5_201410192321446c7.jpg

あまりの急登に、スタート10分でハアハアし、水分補給に走る(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
「(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・」
水の味がおかしい、腐ってる;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)

あ・・・

これはやヴぁい・・・

前日の夜に、使い回しのペットボトルを消毒しようと思って、ハイター入れたままの水を持って来てしまったじゃないかガ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━ン!!

しかも一口、ゴックンした・・・

あぁ神様、消毒液入りの毒水を飲んでしまいました、オラ死にます_ノ乙(、ン、)_
それでも生きたいが為に、正しい水をいっぱい飲んだ。
飲んでも飲んでも、口の中からおかしな味が消えない。
もうムリだ、死ぬのだ。゚(゚´Д`゚)゚。
死ぬなら、稜線に上がってから死のう(_Д_)アウアウアー

しょうがなく歩き出します。
毒水を飲んだという事実のせいか、吐き気がするようなしないような(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・
そして、水っ腹も極限なので、横腹も痛くなってきました└(:3」┌)┘))ジタバタ
それなのに急登(*´Д`)ハァハァ 
毒水を飲んでいる雪野さんに、飯豊は容赦ないようですヽ(冫、)ノ
6_20141019232907779.jpg

スタートから50分、やっと平らな所に出た。
7_20141019232909e80.jpg

8_20141019232909046.jpg
平らになったと思ったら、また下って登るを繰り返すのが、このコース(_Д_)アウアウアー

木々の紅葉も、色を増し始めてテンションが上がる+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
9_20141019232911ec5.jpg

10_20141019232912d3d.jpg

12_2014101923372118b.jpg

さらに稜線がよく見えて来た。
遠いな、これww
13_20141019233722166.jpg

変身中(`・ω・´)シャキーン
15_201410192337250c6.jpg

道を塞ぐもの。乗り越えるヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
17_20141019233859f1a.jpg

前に歩いた時もきつかったけど、今回はもっときつい。。。
きっと、毒水のせいだ・・・
18_201410192339011a4.jpg

普段なら、多分そうでもないきつさなのに、この日は何もかもがダメぽかった。
山で肉が食べれないという、自分のミスによるテンションの下がりっぷりとか(☍﹏⁰)。
19_201410192339024e7.jpg

稜線までもうすぐ(のはずww
20_20141019233903ff5.jpg

がんばれ自分(でも、がんばれない
21_2014101923390485f.jpg

地味に近づいて来た(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
23_20141019234217ea7.jpg

ふと振り向くと、雲海が広がり、磐梯山が頭を覗かせていた。
この日、某みなみ○が磐梯山近辺に出没してたらしいw
24_20141019234219483.jpg

あぁ、分岐まではコースタイムで1時間半となってる。
梶川のコースタイムが超甘く表記されてたので、ここは1時間くらいで上がれるんじゃね?とか、甘いのは自分だった。
1時間40分近くかかってる(;´Д`)
たいむおーばーヽ(冫、)ノ
25_201410192342209b1.jpg


思い足を前に出しつつ、まだ見ぬ先へと歩き出す(ほんとがんばれよ、自分www)
26_2014101923422236a.jpg




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/20 00:02】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |

わらさん♪
雪野
これだけ登れる山があるのに、ピンポイントで同じ山で会うか?って思うよね( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
でもそれは、わらさんと初めて会った時も同じ事なのだ。
時間が30分ズレてただけでも、気づかないままとか、お互いすれ違う事もなくとかだったかもしれないしi-190
だから、見えないどこかで繋がってる人って、結果的にこーゆー面白い事になっちゃうんだと思うi-278

いやはや、昨日はわらさんも一緒かと思ったら、ちょっと遠い向かいの山に居たんだってねぇil||li (つω-`*)il||li


わら
ちょっちょっと・・・。
一番驚いたのは、いきなりツーショットじゃないスリーショットメールをもらった私だと思うよ。

一瞬・・・・えっ、まさかね。
って間が空いたもん。

それにしても、あのお山で会うだなんて、なんて素晴らしい偶然。



目目連さん♪
雪野
はい、一応、薄め液でありました(;^ω^)
でも、あんなに少量でも、口の中に広がるあの香り・・・
ボケボケの私も、以後間違いなく、水をザックに入れる際は気を付けるでしょう。。。。・゚・(´□`*)・゚・。

歯が白くなるならいいなぁ。。。って、絶対思わない、とんでもない味でした(((´゚ω゚`)))ガタガタ

こんなにボケた事するの、きっと私だけですよ(_Д_)アウアウアー


某ブロ友さん♪
雪野
いやはや昨日は、突然の御対面、ビックリやらうれしいやら、何が何だか分からずに、握手したまま「おぉー」しか言ってませんでしたわ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
そして2人とも、やっぱ超速でしたな( ̄ω ̄;)

写真ありがとう♪
こちらも必死に探してみたけど、あの他に写真はありませんでしたブッ(´→з←):;*.:;

みなみる♪
雪野
聖なる飯豊の地に、自分の汚物をまき散らすなどできぬわi-282
というか、490mlの水に、小さじ1程度の毒水よw
それでも、ものすごい味がしたけどヽ(冫、)ノ
飲んだ瞬間は、何が起こったかわからなくて、なんで入れたばかりの水が腐ってるんだろう???って真剣に悩んだ(悶えながら)
で、ハイター水って気づいて、塩素って飲んだらどうなる?とか考えたけど、そんなん知ってる訳がなくww
とりあえず胃の中で薄めればよくね?という安易な発想でござる。

山の中では何があるか分からないから、救急キットも持ち歩いてるけど・・・
対応策の分からぬ、こんなアクシデントの場合は、原始的作業に頼るに限る。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ


目目連
雪野さん

原液じゃないと思うので、
そうだったら水を飲めば何とか良さそうですね。
つーか、
原液を気付かずに飲む人はいないでしょうね。

でも、
あの後味が残ったってのは考えただけでもイヤですね。
歯が白くなってたりして。

写真
某ブロ友
昨日はお疲れ様でした。
後ろ姿のお写真もありました!
今晩、帰宅したらお送りしますね♪


minami
工エエェェ(´д`|∀・)っ|)ェェエエ工!!
ハイターごっくんしちゃたの!?
まぢか・・・オラならパニクって速攻リバースしそうだが
ハイター系ってリバースするより水で薄めるべきなんだっけ?
ってこの記事読んで思い出した。
ググったらやっぱりリバースすると気管に入る危険ありって!
正しい処置法知ってたんだなあ、えらい!
牛乳、なければコップ1、2杯の水って書いてある〜。
炭酸とかだと危険なんだって・・・。
取り敢えずすぐ医者行くべきなんだろうけど、こうして記事
あげてるってことは無事だったンだな・・・。
まあ・・・無事で良かったよ。(゚うェ´゚)゚。

こんな綺麗な紅葉を見ながら苦しみ続けたとはー!
どんだけどMなんだよ((*´゚Å゚):;*.':;ブッ

うんむ。磐梯山の銅沼うろついてた時だな・・・。
めっさ天気よかったよね^^
昨日は蔵王の火口からはなれた所を縦走(!カッコいい響き)
して来たぉ〜。
最近山頂で疲れ切ったポーズ写真ばっかり撮ってうpしてるから
服装とかでその内偶然読者さんの誰かに発見される事も
あるのかしら・・・ないだろうな〜www

コメントを閉じる▲
寒い・・・寒すぎる・・・ブルブルブル((*´д`*)) サムゥゥゥ・・・

仕事もちょっと早く帰れるようになって、代休も返って来た。
11月は完全週休2日制になったが・・・

もう紅葉終わってるっちゅーの!!

11月入ったら飯豊のゲートも閉まるんだろうし、どうすっかな・・・(まぁ、雪も積もってるけどな)



前回、梶川峰まで4時間半と書きましたが、3時間半の間違いだったようです。
算数嫌いなんで(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

梶川峰を通り過ぎると、こんな色がお出迎えしてくれました・.。*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*ポワワァン…
60_2014101522564021d.jpg

主稜線どこなんだー。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
もはや、いろんな事がどうでもよくなってきて、テンション上がって来た♪ ٩( ´ω` )و ♪
でも、五郎清水の辺りから、若干腿が熱くなってきてたけどww

帰りは地神山経由で、丸森を下りよう
遠くに杁差も見えてる
62_201410152256429d1.jpg

この辺からは、補修された跡が出てくる。
65_20141015230311dbc.jpg

66_20141015230312aa3.jpg
遊ばせてもらってるから、来年は資材の担ぎ上げのお手伝いくらいできたらいいなぁ(と妄想)

梶川峰を振り返る。
平ってイイネ!
67_20141015230313b5d.jpg

やっと、今年まともに見れたマツムシソウヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
まだ咲いててくれたw
68_20141015230315e8f.jpg

69_20141015230316c1c.jpg
というか、マツムシソウよりびっくりだったのが、遠すぎてカメラには収められなかったんだけど、ハクサンイチゲが2輪、キレイな状態で咲いていた事( ̄ェ ̄;) エッ?
季節感どうなってんの?ww
それが山なんだけど( ´_ゝ`)プッ

70_2014101523085515f.jpg

地神山方面。
71_201410152308579d6.jpg

主稜線近づいて来た。
72_20141015230858a39.jpg

北股は、あんまり赤くないようだ。
73_20141015230859231.jpg

地神は赤いぞ.+゚*。ワォ!!(゚∀゚屮)屮.+゚*。
74_20141015230901cc1.jpg

もうすぐ稜線だ。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
75_20141015231122534.jpg

稜線手前の広場に、3人パーティーさんがいたので挨拶こん゜+.ヽ(´Д`*)ノ ゜+.゜にちは
その広場をちょこっと過ぎると・・・
10:04、稜線に上がったー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
76_2014101523112368e.jpg
梶川峰から近いと思ってたけど、1時間近くもかかるんだな・・・

さぁ、まだ10時。
門内まで歩きましょう(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
77_20141015231125aea.jpg

パノラマ

振り返ってみると、新潟側の斜面が真っ赤っかΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
78_20141015231126483.jpg

10:10、胎内山。
79_20141015231127bcf.jpg

10:25、2ヶ月ぶりの門内小屋着(=°ω°)ノぃょぅ
管理棟のドアを開いている方が2名いらっしゃって、とりあえず挨拶。
80_20141015231812e21.jpg

時間があるから、山頂でのんびりランチタイム
あれ、御社の朱が塗り直されてるw
神様、よかったねって事で、10:28門内岳着。
81_20141015231813027.jpg

北股方面は、あんまり色がつかないのかなぁ?
82_20141015231814057.jpg

この日は初めて梶川を上がるって事で、ビビり倒しの超軽量化で、飯はコンビニおにぎり(;´Д`)
こんなんだったら、バーナーと肉を持って来ればよかった・・・
83_20141015231815264.jpg

84_201410152318174b1.jpg

ここからは、裏山もしっかり見えたw
パノラマ1

日差しもあたたかく、そよ風が吹いて、穏やかな気持ちになる。
山は時々、怖い顔を覗かせるけど、私に嘘もつかないし、傷つけない。
黙って一緒に居てくれるだけ。

山頂で30分もウダウダしてた割に、誰一人にも会わず(;^ω^)
この静けさだから、飯豊が好きなんだ

10:52、下山開始。
その前に小屋でトイレをお借りして。
小屋の管理棟には、さっき2人しか居なかったように思えたけど、3名様に増えていた( ゚д゚)ハッ!
みなさん、外のテーブル?で、のんびりランチタイムしてらっしゃいましたw
また挨拶をして下山開始。

胎内岳を下って来る、朝のオジサマたちが見えた。
86_20141015232243c53.jpg

「おぉ、早いなぁ。もう行って来たのか?」
「山頂でご飯食べて来たよー(๑→ܫ←๑) 」
「帰りは丸森?」
「うん」
「丸森の方が早いからな
「3時までに下山したいの!!」
と、急いで帰らねばならぬ理由を話したら、オジサマ方に「なるほどwww」と笑われた( ̄ω ̄;)

そして、管理棟に誰かいたかと尋ねられたので、3人居たよと言ったら「待っててくれたかな?」と言うので「あ、小屋番の交代・・・?」と聞いたら「交代というかなんて言うか・・・w」と。
記憶が散漫すぎて、聞く事が出来なかったんだけど、地下足袋のオジサマ、7月の時の小屋番さんだったかも・・・
記念に、地下足袋撮らせてもらいました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
寝る道具がいらないから、30リットルのザックでよかったのか(納得w)
87_20141015232244eb3.jpg

「それじゃあ気を付けて
「いっぱいお酒飲んでください(超うらやましい顔)」
「ありがとうww」

で別れました。
きっとまた来年、この辺で会えるかな

オジサマたちが小屋に着くのを見守る。
キレイだね。
88_20141015232245542.jpg

11:20、再び扇ノ地紙
今度はそのまま突っ切るぜー(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
89_20141015233807daa.jpg

(d゚ω゚d)オゥイェー♪
90_20141015233808502.jpg

ちょっと進んで振り返る。
Σ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
91_201410152338099c2.jpg

進行方向Σ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
92_20141015233810e00.jpg

ど真ん中Σ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
93_201410152338120ce.jpg
はしゃぎ過ぎて疲れた(_Д_)アウアウアー

この辺から、他の登山者さんとのスライドが始まる。
94_201410152340255f1.jpg


96_20141015234028f3d.jpg

とにかく赤と緑
97_201410152340290c9.jpg

稜線を境に、あっちとこっちで色が違うねぇ。
98_20141015234031654.jpg

よーし、地神山までもう一登りヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
99_20141015234221dcc.jpg

11:46、地神山着。
100_201410152342234aa.jpg

する事がないので、そのまま北峰へ歩き出した瞬間・・・

「なんだこれ・・・」

本当に私の口から、音となって漏れ出した言葉だった・・・
びっくりして、しばらく動けなかった。
101_20141015234224f44.jpg

パノラマ3

パノラマ4

先行者さんたちも、この赤に大興奮してたらしく、何度もポーズを取って写真を撮ったりしていた.゚+.(´∀`*).+゚.
102_20141015234225c4a.jpg

振り返ると、また違う景色。
夏はこの辺に、デリンちゃんがいっぱい咲いていたけど、さすがにこの日は見つけられなかったil||li (つω-`*)il||li
103_20141015234800eec.jpg

11:59、地神北峰着。
このペースなら、3時に下山できるかな・・・
105_20141015234801e37.jpg

先行者さんたちは、頼母木方面へ降りて行った。
106_201410152348027ed.jpg

丸森峰へ向かう。
平らに見えたけど、地味に登ったな、梶川峰~扇ノ地紙間ww
108_201410152348052d3.jpg

丸森峰が見えた。黄色いw
109_20141015235156fa9.jpg

まだ咲いていたよw
110_201410152351576dd.jpg

雲一つなかった午前の空は、午後には白い雲がいっぱい湧いて、山肌に影を落とす。
111_201410152351581bc.jpg

ウハー、突入ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
112_201410152352000ec.jpg

突入したぞー゚・:,。*:..。o○☆(๑→ܫ←)ゎ-い♪
113_201410152352022c7.jpg

12:30、丸森峰。
給水タイム。
114_20141015235541e80.jpg
あまりの人気のなさに、また黒ぷーさんへの恐怖が湧いてくる。
電池を入れ替えたラジオをつけてみる。
その瞬間、後続者さんに追い越される┌┛┌┛ズコ!
どこから湧いて出た、このおじさんww
超速で行ってしまったww
先に行ってくれる人がいれば、なんとなく安心だ・・・って事で、ラジオを消すブッ(´→з←):;*.:;

3時下山完了が頭の中でこだまして、小走り下山となるε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
オレンジの中を駆け抜け。
115_20141015235542180.jpg

117_2014101523554405c.jpg

118_20141015235546f37.jpg

秋色に染まりかけ中。
119_2014101523593117d.jpg

13:19、夫婦清水。
さっきの超速おじさんが休んでたww
雪野さんは休んでいる時間がない、はよ下りたいww
121_20141015235933e90.jpg

122_20141015235933b46.jpg

13:50、天狗平ロッヂと飯豊山荘が見えて来た、もうちょっと。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
でもさすがに、足がガクガクしてきたぞww
そしてこの辺はすでに、岩場の激下りが始まってるので、走りません( ´_ゝ`)プッ
123_201410152359356bd.jpg

前回、泣きながら登って記憶すら飛んでいた謎の岩場、スタート地点からかなり近くだったようですww
超速おじさんが追いついて来たww
124_201410152359369cc.jpg
追い越しざま「早いねぇw」と言いながら、サクーッと追い越された( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
そして彼はコメリでよく見る、スパイク長靴を履いていたww
新潟とか、とりあえずこの辺の人だなww

駐車場が見えて来たぞーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
125_201410160004304c3.jpg

ラスト5分、気を抜かないように慎重に。
126_201410160004325f2.jpg

14:22、登山口着。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
127_201410160004337da.jpg
下山は3時間半なんですねφ(・ω・*)メモメモ

この日、なんとしてでも3時までに下山したかった大いなる理由。
越後屋さんの天ざるセット(この日は天然まいたけの天ぷらだった)
128_20141016000434ede.jpg

人の欲望雪野さんの食に対する欲望というものは、ここまでの威力を発揮させてくれるのだという事がよ~~~~く分かった。
でも日帰りで北股も行けるんだなぁってのも分かったけど・・・
越後屋さんに間に合わないから、多分それはしなーい☆⌒Y⌒Y(*´Д)ノワァァイ♪
何が大事って、天ざるー、てかイワナの天ぷら゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜

飯がかからんと、がんばれないタチなんだな・・・


素敵な動画がありました(๑→ܫ←๑)
また行きたくなっちゃうな(っ´ω`c)キュキューン



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/15 23:12】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |

花火星人さん♪
雪野
え?まじ??
鳥海に続き、飯豊も未踏かい┌┛┌┛ズコ!
花火星人さんのことだから、もうとっくに歩いてるもんだと思ってた(;´Д`)

お花がいっぱい咲き乱れる頃、みんなでワイワイ行きましょう。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

・・・

多分きっと「おい、お前ら、私を置いて先に行くんじゃねぇ(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ」ってボヤくだろうよ。・゚・(´□`*)・゚・。

来年こそは
花火星人
飯豊デビューしたい花火星人であります。
※杁差しか行ってないもん。
雪野ガイドヨロシクお願い致します。
あ、もうひとりわらガイドがいたww

わらさん♪
雪野
何言ってっかん・・・
小屋に泊まれば、余裕で越後屋さんに行けるんだよおおおおお。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。

って言っても、その頃になると恒例の、休日変更の嵐で連休がなくなる私であったヽ(冫、)ノ

そだね、天狗平ロッヂに泊まったら、楽に出発できるねi-189
早起きして運転してからのスタートより、ちょっとでも起きる時間が遅い方が、体的には楽な私であった。
なので、車中泊が好きなのだ(๑→ܫ←๑)

今は三国小屋に泊まりたくてしょーがない( *´ノェ`)コチョーリ


わら
やっと飯豊の秋を見れた~~~~。
素晴らしいねぇ。

こんなの見せられたら、キツイだの言ってないで、とりあえず行かなきゃって、今から気合はいった。(来年の)

仕事終わって、天狗平ロッジで1泊して早朝はや~~く出発して3時下山完了。・・これなら連休なくても行けるね。

来年連れてって。天然まいたけのテンプラ(^^)v


目目連さん♪
雪野
見たくてしょうがなかった、飯豊の赤を見れました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
多分、この日の一週間後が一番きれいだったと思うんですが、お天気が残念すぎて行けませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。
目目連さんも、ぜひ飯豊を歩いてみてください(๑→ܫ←๑)
時期さえ間違わなければ、静かな山を歩けるはずですi-189

てか、目目連さんの山行記録はどこかにUPされてないんですか?
どんな所を歩いているのか、気になります(´∀`*)ウフフ

kyazuさん♪
雪野
あそこまで行ったら、何が何でも越後屋さんでイワナの天ぷら食べたいし、イワナの天ぷらが食べたいから、天狗平発だしーヽ(冫、)ノ
が、来年も続きそうグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
kyazuさんが悪いんだ・・・越後屋さんで食べよう!とか言うから、味を占めてしまったではないか・・・

夏の花と紅葉が入り混じって、また面白い光景が見れたなぁって思った(。→ˇ艸←)プククッ☆
とりあえず日帰り装備では、KJを歩くのは超楽しかったでありますi-189

みなみる♪
雪野
新潟とか山形の岳人は、やっぱちょっと普通の脚力ではないと思うよ(゚Д゚;)
うちの裏山ですら、飯豊ほどじゃないけど、あんな感じでワイルド登山道ばかりだからねぇ。
それが普通だと思って、そこでばかり遊んでれば、否が応でも強くなってくよねw
飯豊に出入りしている人たちは、ほんとすげーの・・・
私ももうちょっとでいいから、そんな風な力が欲しいヽ(冫、)ノ

足袋で歩いてる人も結構見るし、長靴は新潟の山屋の基本スタイルかも( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
山岳会の人とか、逆に登山靴履いてるのを年に一回くらいしか見ないから、登山靴履いてるのを見ると驚くwww
私は足首に古傷があるから、長靴で重いのを担ぐとそこから痛くなってくので、やっぱ靴で歩くわ。・゚・(´□`*)・゚・。


目目連
雪野さん

綺麗だなー。
緑の中の赤で、真反対の色だから余計に映えるんでしょうね。

んー。
雪野さん、ガシガシ歩きまわってますね。
うらやましーなー。
いいなー。

3時まで下山って・・・
kyazu
そっちか~~~っい!!

まぁ、たしかに越後屋さんの食事は
その価値はあるけどね(^-^)

赤い絨毯を見たいi-185って言ってたものね。
色、天気ともにドンピシャだったねi-234


minami
なんかも〜天狗が紅葉ハントしてるッて感じに見えて来た・・・。
空飛んでる勢い!?w
地下足袋だのスパイク長靴だの・・・そっちの人って
どんな足してんだよwww
先月から結構登山して足太くなったけど寒くなったら
また元に戻っちゃうんだろうな〜何か寂しい♡
地元のちいさい雪山歩きはするだろうけどね。
今日は最高気温17度。いよいよ寒くなって来た。
風邪引かないように気をつけようね〜

コメントを閉じる▲
世の中三連休、雪野さん一連休て事で、今日も働いて来たぞ_ノ乙(、ン、)_
かなり精神的に病んでる今日この頃なので、休みの日は家にいていろんな雑音を聞く事すらイヤで。
いわゆる引きこもり状態です。山に( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
必要以上の人に会わなくていいし、余計な音も聞こえない。
山っていう逃げ場が出来たからいいけど、それがなかったら今頃どうなっているかな・・・と、ちょっと怖いです・・・

そんなこんなで、昨日は弥平さんと四郎さんのいる集落からスタート。
見えてる範囲、ずっと雲海が広がっていましたよ
ほんとは山岳会で、那須岳からの煙草屋泊という会山行があったんだけど、当然行ける訳もなく、みんなのいる方向を見ながら「楽しんでるかなぁ?」なんて思いつつ。
さっき、会員であり山友さんであるZさんから、台風の影響でキャンセルが相次いで、小屋も空いてて楽しかったという連絡をもらいましたw
1_20141013200946056.jpg

↓スタートから3時間。
写真を撮ったこの場所から、ぐるーっと右に回り込んで、一番左にある小屋まで一日で辿り着きたいと思ってるんだけど、相当厳しそうだ・・・;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
パノラマ合成なので、実際はこんなに真っ直ぐじゃなく、右のピークにある小屋から弧を描いて湾曲して行く感じになってます。
左の小屋は見えてねーな・・・w
パノラマ6

紅葉は、1500mくらいまで下がって来てました。
きれいでした
7_20141013200948621.jpg


そんなこんなで、PC不具合中に行って来た飯豊のお話。

一度、紅葉の飯豊を見てみたいと思っていた&夏に下った梶川尾根を登ってみるって、どんななんだろう?という疑問もあり。
だって門内に泊まりに行った時、みんな梶川か石転びから小屋に来たと言うので、あそこを登るだと???と思ってたのだ。
疑問ならば体感しましょうで、登ってみる。

当日は、すでに疲れMAXで1時間半も寝坊して飛び起きる・・・
そのまま寝続けようかとも頭をよぎったけど、それをしたら絶対後悔すると思って、時間がないならないなりに、タイムアウトの時間になったら、途中で下ろうと思いながら登山口へと向かいます。
ソロ山行の時は、いろんな事を想定して、行程のルートは3つ4つ頭の中で作ってから出かけます。
そして必ず、タイムアウトの時間も決めて、その時間になったらどこにいても下山すると。

1時間半も寝坊したのに、なぜか30分遅れでスタート(´ε`;)ウーン…
前回は濁流のように流れていたこの川も、晴天続きの秋のおかげで、こんなに細くなっちゃってw
1_2014101320092454a.jpg

5:45、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
2_20141013200926afb.jpg

ほんとは5時にスタート予定だったけど、移動中の5時は真っ暗闇だった・・・ww
飯豊は黒ぷーさんが多いので、ソロで暗がりを動き回るのはちょっと怖いですw
寝坊してよかった・・・(そうじゃないだろww)

登山届所で一緒になった、オジサマ2人より先に歩き始める。
7月の記憶を、逆回しにしながら歩いた。
あぁ、そうだそうだ、滑り落ちるように下りて来たな、ここ・・・とか思いながら(;^ω^)
お盆中にも、この登山口からいくらでもない所で、滑落して亡くなった方がいらっしゃるので、とにかく慎重に歩く。
3_2014101320092739c.jpg

5:55、ロープ場。
ロープなしでも登れるか?とチャレンジしてみるも・・・ズルッ_(:3」∠)_
ムリらしいwww
4_20141013203316acd.jpg

登るねぇ。。。やっぱ厳しいねぇ・・・と思いながら、楽しそうに話しながら登ってくるオジサマたちに先に行ってもらう(´∀`*)ウフフ
「今日はどこまで?」
「行けたら門内まで(;´Д`)」
「大丈夫でしょうw」
「今日はどこまでですか?」
「うちらは門内に泊まって、飲んだくれ登山だ(´∀`*)ヶラヶラ」
「お酒いいなぁつД`)・゚・。・゚゚・*:.。」
「泊まってください、お分けしますよw」
「明日仕事なんで日帰りなんです。。。(´Д`|||) ドヨーン」
てな会話をしつつ、追い越してもらうw
オジサマたち、泊りにしては30リットルのザックとかって、どんだけパッキング上手なんだよとか思いながら( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

夏に歩いた、丸森尾根が見えた。
きつかったなぁ。。。
6_20141013203319942.jpg

でも梶川もきついなwww
7_20141013203320c2b.jpg

きのこいっぱい
8_20141013203322e3f.jpg

秋の気配
9_20141013205205480.jpg

というか、毛?????wwwww
10_20141013205207d6d.jpg

飯豊らしい、アドベンチャーロード
まだ日もよく登ってないし、デジイチいらんだろ・・・と、コンデジでスタートしましたが、設定がお料理モードになってたらしく、どうりで色が白飛びしてる訳ですww
やっとオートにしました( ´_ゝ`)プッ
11_20141013205208461.jpg

ちょっと平坦な道に出て、幸せ(*´ω`*)
12_201410132052103ab.jpg

朝日に照らされた、ブナがきれいでした・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
このブナを見た瞬間、もうコンデジはいやだ!と思いw
13_20141013205211df2.jpg

6:55、湯沢峰着。
あれ?1時間ちょっとで着いちゃうの??
コースタイムは2時間半表記・・・(´ェ`)ン-・・
15_20141013205621932.jpg

今日は本山もよく見える
14_20141013205619d85.jpg

途中で追い越した、オジサマたちも到着。
なんかもう、出で立ちがかっこいいでしょ?w
奥のオジサマなんて、地下足袋ですよΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
16_20141013205623d8a.jpg

そして石転び方面を見ながら「例年だと、あの辺の雪は解けちゃってるのに、今年は残ってるなぁ」とか言ってたので、飯豊の男たちだなと思いました( ̄ー ̄)
オジサマたちはここでご飯を食べると言っているので、日帰り雪野さんは先を急ぎますキュィーン ……ε( o・ェ・)o

チビチビと色が変わってきた木々。
18_20141013205625493.jpg

19_20141013221350c08.jpg

20_20141013221352d68.jpg

まだお花も咲いてたよ
21_20141013221352fd1.jpg

ラブな木
隣の木に、頭ちょこんと乗っけてるの(●´з`人´ε`●)
22_20141013221354960.jpg

マルモリ
23_201410132213551fa.jpg

青空(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
24_20141013221606af7.jpg

これ、私の胸ぐらいのとこまで削れてたんだっけな・・・
とにかく、根っこがこれだけ出ているのに、足をかける場所がなくて、かなり悩んだ所(;´・ω・)
25_20141013221608766.jpg

秋がキタ━━━━━━(๑→ܫ←)━━━━━━ッ !!
27_20141013221610259.jpg

梅花皮小屋が見えてる。
28_201410132216128f6.jpg

7:34、滝見場着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
有名な三本樺も見えてるぞ。
29_2014101322203779e.jpg
というかちょっと待て・・・
ここまで2時間かかってないだと?と疑問すぎて、地図を開く。
3時間で着かないはずだ・・・
山と高原地図、かなりゆるくタイム設定してあるっぽい。
これなら余裕で門内まで上がれるぞー。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜と、調子に乗る。

滝見場から石転びを見る。
30_20141013222039e08.jpg

MAXの紅葉には、ちょっと早すぎたかな?
31_2014101322204024c.jpg

今年最後のリンドウさんになりそう。
32_20141013222041a5a.jpg

右上の白っぽいとこ、前回下って来る時に、ちょっと怖かったザレてるとこだよなぁ・・・と思いながら見上げる。
33_201410132220436f8.jpg

おや?もう秋ですよ。
34_2014101322283875e.jpg

この子も見納めかなぁ。
35_20141013222840968.jpg

8:01、8月末に補修された箇所が出て来た。
37_20141013222843686.jpg

旧道は進入禁止。
39_20141013223323753.jpg

新道が出来ていました。
38_20141013222844081.jpg

キレイでした、ありがとうございます(๑→ܫ←๑)
40_20141013223324c62.jpg

変身中。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
41_20141013223325745.jpg

8:17、五郎清水着。
ここでパンをかじりながら休憩。
甘い香りで、黒ぷーさんが来ないか怖かった(((´゚ω゚`)))ガタガタ
42_2014101322332729d.jpg

色づき始めた子が増えて来た
43_2014101322374549e.jpg

44_20141013223748eca.jpg

46_20141013223748f40.jpg

実はだいぶ上に上がっても、飯豊山荘って見えてたんだねw
45_20141013223751e44.jpg

よし、三本樺射程圏内(p☆ω☆)p 。+゚キラリン゚+。
47_20141013223750137.jpg

さっき見えてたザレザレ着。
48_20141013223939711.jpg

見えたー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
49_20141013223941116.jpg

入りきらず┌┛┌┛ズコ!
50_201410132239418ed.jpg

こっちのルートの方が、稜線がよく見えていいなぁ(๑→ܫ←๑)
そして、丸森は地味な急登が延々続くんだけど、梶川は激しい急登が多いけど、平坦な所も混じるから、アドベンチャー的にもこっちの方が楽しかったw
まぁ、日帰り装備だからかもしれないけど・・・(でもザックは10キロ切ってないよ。切ったらトレーニングにならんし)
51_20141013223943480.jpg

なんか、景色が変わったぞルンルン((´I `*))♪
53_20141013224403175.jpg

リンドウさんも秋色
54_20141013224405d8f.jpg

ε=ε=ε=ε=ε=(o゚ー゚)oブーン!!
55_20141013224405243.jpg

キレイだあああああああああああああヾ(o◕ฺω◕ฺ)ノ ヒャッホーゥ♫
56_2014101322440710f.jpg

倉手山。
まだ登った事がないけれど、飯豊に憧れる山を始めて2年くらいの友達を連れて来たら、テンション上がるかなぁ。
57_201410132244085c2.jpg

本当に最近は、山でこんな色を見るたびに、心の底から幸せだ・・・って思います。
平日は、ストレスから離れる事が出来なくて、人間としての感情がどんどん薄れていってしまってるというか。
感情を麻痺させないと、自分が潰れてしまうから、自己防衛本能が働いてるんだと思います。
こんな場所に来た時に、やっと人間に戻れるというか。
58_20141013224702285.jpg

9:16、梶川峰着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
6時間50分のコースタイムになってますが、4時間半で上がって来たようです。
これきっと、飯豊って基本は日帰りする山じゃないから、泊り装備で上がって来た場合のコースタイムなのかも。
そうすると、丸森のコースタイムが、この前の雪野さんのペースにぴったりハマります( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
59_20141013224704bae.jpg

主稜線までもうちょっと(*ノ´□`)ノガンバレェェェェ
その先の景色を見るぞo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/13 23:08】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |

ランさん♪
雪野
ぎゃーーーーi-282
ランさんへのコメ辺、すっ飛ばしてた、ごめんi-282

紅葉は、この前の日曜で1500m位が見ごろだったかな?
んでね、そろそろうちの裏山のてっぺんが、赤くなって来たよ♪
だからまだ間に合うけど・・・
ランさん、プライベートが忙しいから、それが終わるまで行けないよね(;^ω^)

11月半ば、国上山のきれいな紅葉が待ってるよ(๑→ܫ←๑)


ラン
お疲れさま!

山にしばらく籠りたいとき確かにあるよね・・・

今年の紅葉は早いって言うから、もう高い山は終わってるんだろうね

今年の秋はさっぱり行けなくて残念でした

なので、雪野ちゃんのblog楽しみにしてます♪

みなみる♪
雪野
徐々にハードなのはいいけれど、必ず下山の体力・筋力を考慮した上で、その先に進んでおくれよ(;^ω^)
自力下山が出来なくなった瞬間に、それは遭難て事になるからねi-190

鉄山山頂から5分くらいのとこに、避難小屋あったのにw
まだ私の残り香、残ってるかなぁ(´∀`*)ウフフ


minami
いぁオレは鬼面山に登るつもりで色々調べてたのにさ
相方が安達太良行く!って・・・
しかもあんなハードな展開に・・・orz


みなみる♪
雪野
今年は紅葉の当たり年だというのに、何やってんww
安達太良そのくらい歩いたんだったら、同じ連峰の鬼面山~箕輪山を縦走した方が、いい紅葉が見れたのに~ヽ(冫、)ノ
鬼面山は1400mくらいだった気がするから、バッチシだったはずだつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

ちなみに、算数苦手なのでしっかり計算間違いをし、さらに一時間早く登ってたっぽいぞ。
でもあの界隈をベースとしている方々は、あそこまで3時間切って登ると思う・・・
地獄(;´Д`)


minami
紅葉きれいだなーーーっ((´๑•ω•๑))
オラ今年はいいとこのがしまくりだ。
この前栗駒の情報貰ってなかったら一度も見頃の紅葉を
見られなかったかもだなあ・・・。
これからもっと低い所に下りて来るからまだチャンスはあるだろうけど。

すんごい絶壁やんw
こんなところをコースタイムより全然早く登っちゃう貴方・・・
たくましいのぅwww

コメントを閉じる▲
あれ?
日曜は晴れに変わったの??
ヒッキーのつもりだったのにwwww
今週末も、一連休だぜヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン

昨日は皆既月食とやらで、会社帰りのロッカールームで、会社の人が「始まってるよ」と教えてくれて。
教えてもらわなかったら、全然分からなかったわ(*´∀`)アハハン♪
そのまま家に帰ってご飯を作って、のんびりしてたら赤い時間はほんのちょっとしか見れなかった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
しかも夜景とかほとんど撮った事ないし、設定とかめんどくせーで、一応赤い月を撮ってみたけど・・・

真っ黒になった(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

月の明かりが戻り始めた頃、また撮ってみた。

普通の月が撮れた・・・下弦の月までは行かぬか・・・有明月ってやつくらいか・・・
月食1


結論。

オイラの撮る写真では、皆既月食の半透明とか、関係ねええええええええ┌┛┌┛ズコ!

雪野レベルでは、皆既月食を撮ろうなんざムリだY⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)アヒャヒャヒャヒャ!!



立山の続き。

行動食をとりながら、クロヨン見学。
ダムの上、歩きてーなー
放水ショー見たいなー
と、山を始める前からの憧れ.゚+.(´∀`*).+゚.
79_2014100922370287d.jpg

団体さんの撮影タイムを遠くで待つ事15分後、やっとこ終わったようだ。
2年連続、大汝の岩の上にはよじ登ってるので、なんか意地で今年も登りたかったのだ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
初年度、岩の上に登ったはいいが立ち上がれず。
2年目、一応立つ。
3年目、同じじゃつまらないので、無駄にザックを担いだままよじ登る。
つーか今回は、ゆるゆる行程なので、どこに這い上がるにもザックは降ろさず&ノーストックでの筋トレ山行。

一眼持ってた、赤の他人のオジサマにお願いして撮ってもらったんだが、もうちょっと高度感が欲しかった(´・ω・`)
80_20141009223704750.jpg

さ、団体さんがランチ休憩している間に、急いで進みましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
次は富士ノ折立です。
81_201410092237050a7.jpg

ここも岩を這い上がりながら細いルートを登って行く訳ですが、すれ違い不可の所で下山者さんが「先にどうぞ」なんて言ってくれたので、逆に先に降りてくれと言う。
なのに、ガールさんがまたもやww
「危ないので、先に降りてください」とでっかい声で言った所で、やっと動きが止まる・・・
岩慣れしてない様子のガールさん、必死なのは分かるけど、必死な時こそ冷静に周りを見ましょう。
下山者さんが下りた所で、ガールさんを置いて、雪野さん、超速で岩場を這い上がる。
12:48、富士ノ折立着。
82_201410092237066d2.jpg

ここから見える景色もいいね
83_201410092303409fb.jpg

84_20141009230342c5b.jpg
だがしかし、滞在時間2分くらいで、速攻下山。

次つぎーε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
85_20141009230342c80.jpg

ほんとに、いい空だったの・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
86_20141009230344946.jpg

と、今度は別の団体さんが前をふさいでた( ̄ω ̄;)
テン泊さんたちも先を急いでる様子だけど、追い越すに追い越せない状況。
89_201410092306321bf.jpg
このペースで、5時のバスに間に合うだろうか・・・と、日帰り雪野さんは心配になってくる(((( ;゚д゚))))アワワワワ

内蔵助カールにある、これが化石氷体ってやつなのだろうか(´ェ`)ン-・・
90_201410092306348eb.jpg

岩場を過ぎ、真砂への稜線に降りた所で、やっと団体さんを追い越す。
11時に大走りの分岐に立てたら、三山決行の予定だったけど、時間はもはや13:18www
素直に大走りを下りましょう。。。(´Д`|||) ドヨーン
91_20141009230634dd9.jpg

別山まで行って、間近で劔様が見たかったよ・・・
92_201410092306366fd.jpg

悔しかったので、せっかく大走りって名前なんだからと、走って下りましたʅ( ՞ਊ՞)ʃ≡  ≡ʅ( ՞ਊ՞)ʃ きええええええええええぃ

小走りで・・・


朝より絶対、色づいたわ~(人´∀`).☆.。.:*・°
93_20141009230637906.jpg

雄山の神様(*´ω`)っ【゚.+゚.+:。βуёβуё゚.+:。】
94_20141009231423d82.jpg

大きな岩が出てきた所で、ラン終了。
95_20141009231425b0d.jpg

べっさーんつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
96_20141009231426bdd.jpg

新室堂乗越~別山乗越までのルートを歩けば、室堂から見えてるルートは全制覇だ。
97_20141009231427236.jpg

13:54、賽の河原に降りた。
98_20141009231429f81.jpg

雄山、チラリン|д´)チラッ
99_201410092319305dd.jpg

途中、いきなり猛ダッシュした私を見て、追い越した御夫婦がびっくりする。
いや、雲の切れ間から陽が差して、チングルマのキラキラがきれいだったん
「あ~、こんな時、カメラいいねぇ」と、話しているのが聞こえた(´∀`*)ウフフ
100_20141009231932bfd.jpg

きれい(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
101_2014100923193295c.jpg

14:16、雷鳥沢キャンプ場着。
102_20141009231934001.jpg

振り返ると、去年切なかった、雷鳥坂のルートが見えた。
今回も、上手に高度順応したぞ
103_201410092319355f5.jpg

キャンプ場を過ぎてからの、室堂へのルートが一番切ないんだよね。。。
あの地味な登りが、ほんと疲れる(_Д_)アウアウアー
それでもやっぱり、また来たいんだよねぇ(๑→ܫ←๑)
104_201410092326168af.jpg

ターミナルへ向かう道は、新しく作り直している最中でした。
105_201410092325489d0.jpg

奥大日も、またいつかフリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪
称名滝から登るコース、前にボスにそこから行こうと言われ、超拒絶したけど、他人様のレポ読んだら楽しそうだった(*”ー”*)フフッ♪
106_201410092325500a0.jpg

帰りたくないので、何度も立ち止まっては振り返る(☍﹏⁰)。
107_2014100923255140a.jpg

この日も、みくりが池はきれいでした
108_20141009232552678.jpg

もうすぐターミナルってとこで、衝撃のシーンを目撃する。
室堂平を、普通に車が走ってたー、何かショックー┌┛┌┛ズコ!
109_20141009232554dc8.jpg

15:07、ターミナル着。
110_2014100923313687b.jpg

雄山の神様、また来るよ|ω`*)ノ”|Ю | マタネェ♪☆.。.:*・
でも、来年は峰本社には行けないかもしれない。
立山には、まだまだ見たい景色がいっぱいなんだ。
いろんな景色を見終わった時、改めてまた、ありがとうを言いに行くよ。

バス待ちの時、朝一緒だった欧米系の旦那はいなかった( ̄ω ̄;)
私一人で帰ることになった。・゚・(´□`*)・゚・。

バスに乗り、、雲海の中に突入し、その後は超爆睡で、気づいたら駅まで5分のとこだった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
111_201410092331370a4.jpg

駐車場で、お帰りと待ち構えていた人。
この威嚇っぷりが超苦手な、大嫌いなカマキーリさんであった_ノ乙(、ン、)_
112_201410092331397b9.jpg

3年通った峰本社。
そして、今年三度目のチャレンジで、やっと雄山に登拝でき、雄山の神様に認めてもらったのかもと思える、印を頂いた。
まだちゃんと生きれてないけど、せめて神様に見られていても恥ずかしくない生き方をしていきたい、そう思いました。
miku.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/09 23:51】 | 立山
トラックバック(0) |

花火星人さん♪
雪野
基本、なーんもしないで、食っちゃ寝が一番贅沢だと思うのだ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
しかも目の前が絶景なら、文句なしw
おまけに、料理上手の料理人が、次から次へと料理を作って出してくれたら、マジで文句なしだ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

いいな、それ・・・
ザイルパートナーより、飯出しパートナー探すわwww

わかる!
花火星人
>山の中にいるのに山に登らないという、贅沢な時間を過ごしたいw
わかるわー、それ。
Hawaiiに行った時に、どこにも観光に行かず
ホテルの部屋のオーシャンビューのテラスで、
いちんち中昼寝したりしながら過ごしたことがあるよ。
『なんて贅沢な一日♪』って言いながら。

Bマス♪
雪野
うっかりコメ辺飛ばしてたわ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

あれだぞ、ハッキリ言っておくぞ。

挑戦状は叩き付けてねぇ!!!!!
行くならのんびりまったり歩く☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚

あいすたん♪
雪野
この日はそよ風程度で、いいお天気だったから、みくりが池に写る逆さ雄山がきれいに撮れたよi-189
ちょっと波は立ってるけどね(;^ω^)

いやぁ、私なんて登りが大嫌いだから、毎回「何で来てしまったんだ」とか「何やってんだ、私」とか、自問自答しながら後悔の嵐ですよww
でもさ、パーッと青空が見えたり、小さな花が咲いてたりすると、あぁ来てよかった~って思う(๑→ܫ←๑)

帰りはオラも超元気です(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
でも下山時って、自分が思ってるよりかなり足が疲労してるから、十分気を付けて下ってくだされー(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン

花火星人さん♪
雪野
マヂカー!!
その友達に乗り移りてーi-282i-282i-282
そろそろ雪が降りてると思うんだけど、どんな感じだろうね?

ほんと、初アルプスが立山って、超いい思い出になるだろうな(๑→ܫ←๑)
私は針ノ木岳・・・というより、蓮華岳になるのか.゚+.(´∀`*).+゚.
最初の山って、やっぱ思い出深いよねぇ。
でも針ノ木はもう行かないけどwww(小屋が切なかった)

私が立山でやってみたい事の一つに、剣沢のキャンプ場で、特に何もせず、ただ剱を眺めながら飲んだくれて飯食って、本読んでで昼寝して・・・みたいな、山の中にいるのに山に登らないという、贅沢な時間を過ごしたいw

紅葉の立山は、やっぱ日帰りだと時間的にきついわ・・・
泊りで、2日目とかに一般人が上がってくる前に行動すれば、かなり快適だと思うi-189

みなみる♪
雪野
自分のカメラではどの設定がいい感じなのか、ネットであれこれ調べまくって、まんまパクッった設定で撮ったら、あの写真が撮れたよグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
地味に月は撮れたけど、月食とは分からねええええええ┌┛┌┛ズコ!
山友が言うには、春の月食は、赤の時間が15分程度だそうだ。。。
オラのカメラスキルじゃ、もはや赤の時間内に撮る事は出来ないであろうwww


ウン、ダーリンと結婚する時は、雄山の峰本社で結婚式するから:*:・テレ(*´エ`*)テレ・:*:
みなみる、何があっても、お主はぜってー参列しろよ!!
逃さねーからな!!

式の後は、みくりが温泉にて、酸性湯に浮かぼうぞヽ(´ー`)ノマターリ

茶々さん♪
雪野
2014年度、三度目の正直で、やっとこ快晴の立山だったよヽ(冫、)ノ
立山の白い山肌には、青が似合う(๑→ܫ←๑)

超渋滞だったおかげで、息切れもしない山行ではありました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
一ノ越~雄山間は、ほんとおっかねー思いもいっぱいしたけど(;´Д`)
三山にチャレンジする時は、やっぱ泊りで4時前出発にしないと、快適歩行は厳しいなぁと学習したo┤*´Д`*├o アァ・・・

立山は、どの時期に行っても素晴らしいから、赤の立山が見れなくても、お花がいっぱいの立山でも大満足できると思うよ(*´ω`*)


アイス
みくりが池 すっごい綺麗だぬ~♪

なんだか、凄い景色だな。
ブログ読むと 山登りたくなるんだよ。
でも、登りだすと もう二度とくるか!! と、思って
帰り道は元気になるというwww 
なかなか山に行けないから、ここで癒されておくよー

称名滝から登りたくなった?
you@
いつでも、挑戦、受付中で〜す。


花火星人
立山、友達が今まさに行ってます!快晴だってさ。
立山って花火星人にとって初アルプスで、見るもの全てが
新鮮で、2泊3日の行程の間ずっとテンション上がりっぱなしだったなぁ。
もちろん、アルプスで見る星空も初めてで、涙が出そうなくらい
感動したのを、昨日のように思い出します。
でも、もう8年も前なんだなぁ…

三山縦走して、別山から見た剱岳はそれはもう圧倒的で
『絶対に近寄っちゃダメな山だ』と震え上がったのも
今では楽しい思い出です。

紅葉の立山行きたいなーと毎年思うんだけど
あの混雑を思うとなー。。。

コメントを閉じる▲
今日はちょっとだけ早く帰れた。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
10分でも20分でも早く帰りたい。。。もうイヤだ_ノ乙(、ン、)_

日曜は、まさかの美容院がお休みだったので、久々にこれ見た。
年に一回は見てるな。
そして、毎回泣いてる( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
イルマーレ [DVD]イルマーレ [DVD]
(2010/04/21)
キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック 他

商品詳細を見る

ストーリー的に時差のあるお話なので、おバカ雪野は何度見ても話がこんがらがるんだけど、やっぱ今回も途中で訳が分からなくなり( ゚д゚)ポカーン
最終的に、いい映画だからそれでよし(;´Д`)´д`);´Д`)´д`)ウンウン・・・

そして、前から行ってみたかった、地元にできたアロマショップ。
季の香りKOKO (HPとかないみたいで、人様のブログ)

私は名ばかりハーブコーディネーターなので、化粧水と洗顔石鹸は自作品を使ってます。
前はハンドクリームとか顔用クリームも作ってたけど、時間がなくてなんだか面倒になっちゃってねぇ(時間に余裕のある暮らしがしたい)
その化粧水の基材としてる、ローズダマスクのフローラルウォーターを買いに行きましたε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
新潟までとか、通販とかしなくても、地元で手に入るってのが非常にうれしい+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
オーナーさんも、穏やかで優しい感じの人でした゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
aroma.jpg
ウォーター用の付け替えスプレーが出たんですよ!とおすすめされ、それは便利と買ってきましたが・・・
↑左が現在の瓶、右がこれまでの瓶。
同じ100mlでも瓶の形が違うから、細長の瓶には使えないな、これww
あくまで基材として使うので、一回につき20mlくらい。
チビさん瓶が空くまでは、まだしばらくかかりそうだ( ̄ω ̄;)



立山の続き。

どうやら龍王で遊び倒している間に、例の団体さんに追い越されたようだ(;´Д`)
そこに一般登山者と観光客も入り乱れ(lll´д`)フゥーー
あまりの渋滞に、気が遠くなる雪野さん。
振り返って龍王を見ながら、自分を励ます(*ノ´□`)ノガンバレェェェェ
56_20141007232800fac.jpg

一ノ越~雄山間は、小砂利、大砂利の砂利道で、2~3ヶ所人の踏み跡ができてるけど、ここに関しては無理な追い越しや脇道に逸れたりってのは辞めた方が無難と判断。
こんな人だらけの場所で、自分が急ぐ為に落石を落としながら先へ進むのは危険だもの。
でも、脇をドヤ顔で、石をガラガラと鳴らしながら上がって行くガールさんや、一般観光客。
上から何度「ラーック!!」の声を聞いたことか。。。
落石の怖さを知らない無謀な方々が、石を落としながら我先にと進んで行く。
落石を知らせる為に叫んでいるのは、全然関係ない登山者さんたち・・・
立山は、そんな意味で、とても怖い山だと思いました。
実際、私の前の人が、ゲンコツ大の石を転がして、焦って私が足で止めたりしてました。
私の後ろに、小さな子供が歩いていたんです。
とにかくもう、歩いてるだけで怖くてしょうがないから、もうこの時間帯に雄山に向かう事はないでしょうね・・・
団体さんの後ろに着いちゃったので、歩くの半分、止まってるの半分で、息切れも全くせず、やる事がないので、ルート上にある危なそうな石を、安全なとこにどかしてみたり(だってほんとする事ねーんだもんww)
途中、流れがほんとに止まってしまった隙に、追い越させてもらいました。

雄山神社の社務所が見えた。
57_20141007232802cbb.jpg

11:01、三ノ越、スルー
58_2014100723280383a.jpg

ここで、山ボーイの兄さんにガン見される。
なんで?って思ったら、雪野さんとお揃いのタイツを履いていた。
そりゃガン見するだろう。
だって、メンズのタイツだもの( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
59_20141007232804d1b.jpg

11:22、雄山着。
60_201410072328061f4.jpg
とにかく急ぐ。
何が何でも急ぐ。

2014年度、雄山参拝へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
61_2014100723471117b.jpg

まだ前の回の登拝が終わってないので、手前の広場で待たされる。
スタッフのイケメン兄さんがかっこいい
今の若い子って、顔ちっせーな(*´ω`*)
待ちの間に見えた景色。
62_20141007234713dfa.jpg

63_2014100723471313f.jpg
いい空だ。

11:33、中に通され、雄山登頂ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
64_20141007234714ada.jpg

中は狭いです、ハイ。
社の前の小さな広場に、みんなで座って御祓いをしてもらいます(-人-)
65_20141007234716ef4.jpg

この広場にある石の説明も、毎年聞かせて頂いてますが、持ってくるのを忘れる( ̄ω ̄;)
広場にある角のない丸い石たちは、下界から参拝者が願いを込めて持って来た物。
石は持って来なかったけれど、私の大切な人たちが、ずっと幸せでありますように・・・
66_201410072353340b7.jpg

この日の宮司様は、とても楽しい方で、みんな大爆笑でしたww
67_20141007235336510.jpg

帰り際、御神酒を頂き、おみくじを引き・・・って、おみくじが3つしか入ってねーよ┌┛┌┛ズコ!
これ引け~という予感のしたおみくじをひとつ。。。
68_20141007235336d4d.jpg

毎年、神札とお守りをここで頂いてるので、今年も古札とお守りを納めさせてもらって、新しいものを頂いて。
さて、急ぐぞε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
69_201410072353386d0.jpg

おぅのおおおおΣ(゚д゚lll)
また追い越されてたwww
70_20141008001224f95.jpg
さすがに大汝までのルートは、細すぎて追い越しをかける事ができず・・・
もはや、計算上では三山は無理なので、のんびり行きましょう・・・

71_20141008000000bb3.jpg

12:12、大汝に着くも、とても写真を撮れる状態ではなく。
72_201410080000025e1.jpg

大汝休憩所の中に入る気力もなく。
73_20141008000003cbe.jpg

裏銀座を眺めながら、どうすっぺーと悩む。
75_2014100800000570a.jpg

剱様も見えてるぜ。
76_20141008000006f16.jpg

大汝スルーで富士ノ折立に行くか・・・
77_20141008000225f6c.jpg

とりあえず2時間過ぎたんで、飯にしよう。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \
78_2014100800022767e.jpg



リアル、もう眠いんで寝るよ(*´ω`)っ【゚.+゚.+:。おやすみ゚.+:。】

つづく


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/08 00:13】 | 立山
トラックバック(0) |

みなみる♪
雪野
絶対にたどり着くi-199って意志があれば、私みたいにちゃんと辿り着けるようになるんだよi-236
辿り着く意思がなかった頃は、単純に「ここは一生行けない神社」だったからねぇ。
自分の力で、必ず辿り着いておくれi-185
その時は、お供しますだよ(*´ω`*)

ほんと、立山の中に入ると、人間ってちっこいんだなぁって感じがするよね( ゚д゚)
いくつか行ったアルプスの中でも、全く思った事がないんだけど、立山に入ると、そこは油絵のような、CGのような、3Dのような。。。
現実じゃない景色に見えてくるんだ。
だからこれも絶対、自分の目で見てくれi-189

雪野さんの夢。
立山のどっかで、富山ブラックラーメンを作って食べる事( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ


minami
何度見てもすんごい景色だ。
あんまり見過ぎていつかここに辿り着けた時に
デジャヴだ!って思うかもw
地球の出っ張りのほっそい所を歩く人間達。
砂場のお山を列をなして進むありさんも
実はすんごい景色を見ているのかもねえ( *´艸`)ムププ
ウチらの1日が彼らの数秒であっても全然おかしくないもんなあ。
ま、砂山から転げ落ちて怪我するありさんは見た事ないけどな(=゚ω゚)ボー
いつも最高の景色をありがとう♡

コメントを閉じる▲
ばばーん
やっと3日に新兵器が来た_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
全く意味が分かりませんです、Win8
いきなりこのスタート画面から始まり・・・
スマホとかタブレットじゃないんだから、アプリとかいらねってw
12_20141005170521ae5.jpg

そしてタッチ画面Σ(゚д゚lll)
11_20141005170519d4e.jpg


まぁ、雪野PCはタッチパネル非対応モニターですけど( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
だって6年前のモニターだもの(;´Д`)

そして、ラインも無事繋がりましたが、ラインのアプリが最初から入ってたので繋いでみる。
まさかの全画面表示wwww
作業させねー気かwwww
しょうがないので調べてみたら、Win8はストア仕様とデスクトップ仕様の二種類があるらしく、ストア仕様でやると全画面になると。。。
ストアで二画面にも出来るらしいけど、めんどくせーな・・・
しょうがないので、デスクトップ仕様のソフトもダウンロードし、やっと通常業務に戻る事ができましたヽ(冫、)ノ
まだいじらなくちゃいけない所はいっぱいあるけど、まぁ追々と。。。
XP→Vista→7→8.1と、着々と進化を遂げてきた我が家のPCでしたが、8.1が一番クセモノ風です、ハイ。。。

そして、知り合ってじき9年のネッ友MSRが、最初にLINEって言うたんで、LINEを始めてみた訳ですが、最近気づきました。
9年前から2人の会話レベルが全く上がってないという事を_ノ乙(、ン、)_
1_20141005170516b0a.jpg

いつになっても変わらないって事は、いい事でもありますが・・・バカすぎる( ̄ω ̄;)
ネタの提供をしたと喜んでるので、載せてあげました( ̄ω ̄;)
2_201410051705175e5.jpg

そして今日は下界に居た日。
こんな日じゃないと髪を切りに行けないので、張り切って行ってみたε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ

まさかの定休日wwww

日曜、休みすぎだぜーヽ(冫、)ノ



そんなこんなで、先月末に行って来た立山のお話を、やっと書けるようになりました♪ ٩( ´ω` )و ♪
7月は登れずじまい、お盆は暴風雨で撤退、結局、雪野的五大霊山の最大の霊山である、雄山神社にだけ参拝に行けてなかった今年。
このまま行かずに終わるのか?
いや、ダメだろ・・・で、参拝に行く為に立山3度目の再訪(´∀`*)ウフフ
お盆以降、ずっと誰かと一緒に歩いてたので、単独で。
誰かと歩くのも楽しいんだけど、私は一人の時間も大切で(๑→ܫ←๑)
ただ、↑に出て来たMSRに、カメラマンとして同行して欲しかったんだけど、来てくれんかった( ̄ω ̄;)
雪野さんのかっこいいプロフ画を撮って欲しかったのに( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

て事で、前日入りの立山駅車中泊で迎えた朝。
この日はいつもと違い、始発が40分遅れの6時40分発。。。
40分のロスは非常に大きい・・・
チケット販売待ちの時、欧米系のイケメンが私の隣にビシッと立ち、まるで同行者というか、旦那みたいじゃないか゚+.(*ノェノ)゚+
と、あらぬ妄想をしてました( ̄ω ̄;)

3番手で始発に乗り込む。
並んで待っている間、室堂の現在の気温は2度と表示されていた。
まずった。
調子こいて山スカ履いて来た。
チャラく行きたかったのだ。
だって、立山だもの.+゚*。:゚+( ノ∀`)ポッ.+゚*。:゚+
いざとなったらカッパズボン履くし、ダウンもあるし・・・
1_20141005182532aac.jpg

急いで乗り込みすぎて、ピンボケ(*´∀`)アハハン♪
2_20141005182534290.jpg

ケーブルカーに乗って、バスに揺られる事、小一時間。
一か月ぶりの立山ヽ(*´∀`)ノ゙ タダィマァ♪!
3_20141005182535f5a.jpg
寒いは寒いけど、日が差してるせいか思ったよりは寒くない

車を出る前に、おいなりさん3個、パン1個を食べたけど、それから2時間経っているのでまた食べる。
この日はとにかく時間が押してるので、お行儀が悪いけど歩き食い。
山スタイルであります。
後ろに写ってるグリーンジャケの人が、雪野の旦那(妄想)
4_20141005182536b60.jpg

7:48、室堂スタート。
食べ歩きしながら撮影をするという、大変な進行の仕方ですww
パンケーキをくわえたまま撮影とかグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
だってチングルマがキラキラきれいなんだもん。*゚+。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
5_20141005182538d59.jpg

剱様がチラリズム.+゚*。:゚+( ノ∀`)ポッ.+゚*。:゚+
6_20141005194945acc.jpg

大日・奥大日もよく見えてます
7_20141005194947bc8.jpg

さぁ、高度順応しながら行こうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
8_20141005194948526.jpg

本日の一座目は、浄土山の途中にある室堂山から。
前回、スルーしたのでw
9_2014100519494946d.jpg

分岐を進むとまさかのガ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━ン!!
駅発の乗客の一番手は私なはずだから、泊り客か早い時間に室堂直行のツアー客だな、これ・・・
10_20141005194951453.jpg
見なかった事にしたい・・・

もう終わっちゃって、触れば落ちちゃうようなチングルマの穂だけれど、やっぱかわいい
11_20141005204733ab9.jpg

12_20141005204735fbe.jpg

そしてもう、立山は冬間近・・・
13_20141005204736f8d.jpg

15_2014100520473903b.jpg

あぁ、追い越せるのだろうか(lll´д`)フゥーー
16_2014100520490459c.jpg

後ろを振り返ると、去年の同じ時期はオレンジだった雷鳥坂付近は、なんだか深い赤で覆われていた。
世間では紅葉が早いと言われてるけど、立山に関しては、もしかしたらちょっと遅れてたのかも。
途中で、団体さんを追い越させてもらう。
20人くらい居たんだろうか・・・
この団体と前後すると、やばいかも。。。と思いながら進む。
17_20141005204906b1f.jpg

浄土山への分岐。
18_201410052049073b2.jpg

19_20141005204908221.jpg

でも今回は直進
20_201410052051334e7.jpg

室堂山から立山カルデラとやらがよく見えるとの事で、一回来てみたかったのだw
五色ヶ原から切れ落ちてるあれが、立山カルデラなんだろうか(´ェ`)ン-・・
21_201410052051350df.jpg

というか、奥に見えてる薬師がかっこいい。。。
来年、絶対行くわ.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
23_20141005205137f19.jpg

五色ヶ原も、行ってみたい場所
24_20141005205139ca7.jpg

この日はほんと遠くまでよく見えて、とんがりも見えてたw
22_201410052051351c0.jpg

さて、分岐に戻ります。
この近辺でさっきの団体さんが休憩してたので、先へ先へε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
25_20141005205611fad.jpg

霜柱が大暴れ(;´Д`)
26_20141005205612a51.jpg

前回来た時は、がーすーすぎて見えなかったこの場所も、こんな風になってたんだなぁ(๑→ܫ←๑)
27_2014100520561386f.jpg

ここを這い上がれば稜線だーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥって思ったニセ標柱が見えて来た。
28_20141005205614fe7.jpg

そこからちょっとだけ這い上がって、ほんとの稜線。
がーすーまみれで、何の人口建造物?って思った場所に行ってみる。
29_201410052056150f7.jpg

軍人霊碑。
日露戦争で戦病死した、富山県出身者の方々を、祀っているそうです(-人-)
30_2014100522001799a.jpg

そこから目の前に、雄山が見えた。
いつも神様に見守られているんだねぇ。
31_20141005220018140.jpg

ここからおもしろいものも見えた。
立山にも、美乳なおっぱいがあった゚+.(*ノェノ)゚+
32_20141005220019caf.jpg

さて、ソロなのにバカばっかりやってられません。進みましょう。
33_2014100522002178e.jpg

浄土山~立山研究所までの稜線は、いろんな景色が見えた
34_201410052210027a0.jpg

35_20141005221002b75.jpg

水晶も行きたいな。。。((o(´∀`)o))ワクワク
36_20141005221003c5b.jpg

剱様もよく見えた
36-1.jpg

200倍に拡大してみたら、山頂に何人も人いるなww
何時に出たんだ?この人たちは。。。(そんな9時10分であった)
37_20141005221006530.jpg

9:16、立山研究所着。
大好きな龍王も見えてる(*´ω`*)
38_201410052213378b1.jpg

いざあああああo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
先行者さんが一名、山頂にいる模様。
39_201410052213395da.jpg

龍王に登ってる途中、青い池と噴煙が見えた。
どっかのブログで、この景色を見たなぁ。
40_20141005221340209.jpg

いい景色だねぇ。
パノラマ
途中、先行者さんが下りて来た。
て事は、貸し切りだなw

9:28、龍王岳着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
41_2014100522134253f.jpg
龍王の山頂からは、こんな景色が見えてたんだねぇww

横を見れば後立が見える。
初めて登ったアルプスの山、針ノ木岳。
42_20141005221343a68.jpg

本当に景色が良くて、山頂で10分くらい遊んでました
パノラマ2

ふと、時間がないので遊んでられなかった事に気づき、急いで下山ww
まだイワギキョウが咲いていました。
44_20141005222008c7c.jpg

研究所へ戻って、この先、しばらくご飯を食べるところがないなぁ。。。と、ご飯を食べ始める。
やはり、前回から二時間後( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
おにぎり2個完食
45_20141005222010606.jpg

紅葉MAXの時に来たら、ここはどんな色なんだろう(´ェ`)ン-・・
遠くに住んでる私にとっては、どんぴしゃのその時に行ける確率って、低いんだろうなぁ。
50_20141005222012557.jpg

51_20141005222014a0a.jpg

10:21、一ノ越に着きました。
ンーット・・・

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン

人人人人(エンドレス)

雪野さんが、最も苦手とするパターン。
人ごみの大渋滞(;´Д`)
52_2014100522262170a.jpg

53_20141005222623e8c.jpg

55_20141005222623dd8.jpg

無事に乗り切れるであろうか・・・


つづく


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/05 22:44】 | 立山
トラックバック(0) |

花火星人さん♪
雪野
ほんとに、登山ブームのせいか、見ていて怖い人はいっぱいいます(;´Д`)
ザック見れば分かるじゃないですか・・・だいたい何が入ってるのか(見るからにスッカスカだしww)
今回の御嶽の件で、山ってそんなに簡単じゃないぞ?ってのが、広まってくれればと思うんですが、どうだろな・・・
登ってる山が噴火するってのは、自分の中で残念ながら想定外だったので、これを機会に、私も花火星人さんみたいに、ヘルメットをぶら下げて歩こうかと思ってますww
ほんとあんな状況に出くわしたら、速攻走って降りれるだけの力を持ってないとまず死にますよね。
まぁ、ドッヂボールくらいの岩が飛んできた時点で、ヘルメット被っててもサヨウナラだと思うけどさi-282

私もよく「あんたのザック、何が入ってるの?」って聞かれる事がありますが「ごちそうです!」って夢のない答えをしてた( ̄ω ̄;)
今後は「夢です!」って言うわ(*´ω`*)

みなみる♪
雪野
なるほど、そーゆー事ねi-190
私がゴーグルを出す時は、それをしてないと皮膚が凍傷になる恐れのある時にガードの為&あとは風・雪よけだから同じか。
晴れて風もない時は、サングラスで十分だしi-185
雪山に入って目をガードしないと雪目になって、後が大変だからね(;´Д`)
そして、ゴーグルを持って歩く時は、雪は降っても雨は降らぬ気温の場所にいるので、雨は分からんw
元々、顔になんか乗っかってるのが苦手なんで、紫外線アレルギーなのにサングラスすら億劫でかけないことが多々だヽ(冫、)ノ
だから普通の時期に雨が降っても、なんもかけてないかなぁ?

誰でも最初から重いザックを担げる訳ではなく(怪力さんもいるだろうけどww)
私も初年度は5キロくらいのザック担いだだけで熱中症になってダウンしかけたりしてたよi-190
だた、そーゆーのが悔しくて、徐々に荷物を増やしていって、自主トレしたi-234
まぁ、自分がどこまでの山遊びをしたいかにもよるから、無理にそこまでにならんでもいいと思うよw
私はテントを担いで、2泊、3泊と歩き通す山歩きがしたいから、鍛えてるだけであった(๑→ܫ←๑)



花火星人
確かに、最近はあまりに軽装の人が多くて
心配になってしまいますね。
何かあった時に、運命を分けるのは装備品
だと思うんだけどな。(最後の最後は)
HTCは日帰りでも50Lザックがデフォなので
周りから『縦走ですか?』とか『何が入ってんの?』
とか『ガイドさん?』とか言われるんだけど(^_^;)
最近は『何が入ってんの?』と聞かれたら
楽しみが詰まってると答えるようにしてます♪


minami
去年雪山散歩行った時とか風は強いし寒いし雪吹っ飛んで来るしで
スキーやってた時の事思い出してゴーグル欲しいなと思ってた。
雪の乱反射で眩しいのも回避出来るし^^
ピッケル必要な山に登る予定はないけどなwww
万が一雨降った時とかはどうなんだろう?眼鏡だけでいるよりは
視界が開けそうな気がするんだがw雨の時に使う人はいないのかちら?
今はカッパとヘッドライトと簡易トイレとラジオとダウン、ウッキの記事に書いてあったやつは
テント代わりになる?何か?を覗いて常備してるかな〜。
救急セットは絆創膏と消毒薬位しかないけど・・・10kgの荷物背負うにはオラはまだひ弱だ。

kyazuさん♪
雪野
UPしようと思えば、超速でUPできるけど、前PCの停止と共に、編集済みの画像が10座分くらい・・・
元データはあるから、またサイズ変更しながらの再編集作業が待ってますだよ(;´Д`)

浄土山ね、kyazuさんにもしっかり見せなくちゃって思ったんだけど、見渡しても見渡しても、何もないの( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
kyazuさんが「あそこだたかも」って言ってた場所も、ちょっと登ってみたけど、その先はロープが張ってあって進入禁止。
かといって、先に何かがある訳でもなさそうだったヽ(冫、)ノ
そして、浄土山には三角点がないらしいのだ。。。(´Д`|||) ドヨーン
でも、龍王から見える景色を、お伝えできただけでも満足ですi-189

みなみる♪
雪野
後輩にも「外人としゃべればいかったねっかね!案外、日本語ペラペラだと思うよwww」と言われた( ̄ω ̄;)
残念、もう遅い(しゃべる気サラサラねーくせにww)

剱は、身に行く分には問題ないと思うよi-190
ただ、登る気なんだったら、ぶっちゃけムリ(;´Д`)
私でも、まだまだレベルが足りない。
あそこに登りたいんだったら、とにかくちょっときつめの、登りで4時間以上は歩けなくちゃダメだと思うし、そこに岩と鎖のスキルが、上級レベルでないと死ぬよi-190
だから私も、今は剱は眺めてるだけ。
でも、憧れの山だから、死ぬまでには登れるだけの力をつけたいと思ってる・・・
でも、なかなか鎖のレベルが上がらないil||li (つω-`*)il||li

んで、ゴーグル何すんの?w
山で使うとしたら、厳冬期のピッケル使うような山でしか出番はないであるよi-190
今回の御嶽のような非常時に備えるならば、ヘルメットの方が効果的かなぁ。
私も今後、火山に遊びに行く時は、ヘルメットをぶら下げていこうと思ってる(;´Д`)
保温シートって、銀紙みたいのかい?
あれなら1000円でお釣りがくるから、あれは至急、ザックに入れておいた方がいい。
カッパ、ヘッドライト、ダウン、とか言うより、これ読んでもらった方が早いな→http://yukinobluesky.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

命を守る道具をザックに入れてくと、かなりの重量になるから、体鍛えた方がいいでよ(´∀`*)ウフフ

Re: タイトルなし
雪野
ここはもはや、山というより観光地ってイメージの方が強いんだよねぇ。
ほんの一角なんだけどね。
一般人が標高3000mに上がって来ちゃうなんて、普通じゃ考えられないもん(;´・ω・)

まぁ、山ズボンは買わなくてもいいかもよi-190
ぶっちゃけ、ジャージが一番いいらしいですww
今はおしゃれな山服がいっぱい出てて、それが主流になっちゃってるけど、登山ブームが始まる前なんて、みんな結構ジャージで登ってたみたいだよ(*´∀`)

旦那は反対方向へ歩いて行った。
ザックにヘルメットも積んでいたから、きっと剱に行ったのだろう。
いやぁ、イケメンだった・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:


kyazu
NEW PCi-185
これでサクサクブログアップできるね~i-184

前回、ゴメンナサイだった
浄土山の三角点、
今回はちゃんと踏んできましたか?



minami
欧米系の外国人の方って顔が小さいよねえ〜・・・
思い切ってお友達になっちゃえば良かったのに♡
相方が剣岳に興味津々で困ります。

一人で何を思って歩いていたのか・・・ロマンチストめ♡
(あ、ぽんこつ直ったのか・・・つまらんのぅ。)
オラも行列にはもう懲りたなあ。追い抜く方じゃなくて
追い抜いていただく方だけどw
疲れるわ・・・。

昨日はアウトレット仙台にいってモンベルでお買い物しまくった〜♪
まだまだ欲しいもの一杯あるんだけど取り敢えずゴーグルと
ホイッスルを買ったぜよ。
何だか遭難前提装備になって来たけどこう言うのって
震災の時にも役立つからあってもいいよね。
保温シートとかも欲しいのぅ。。
チョットずつ買い足そう。
オラはやっとストックじゃなくてなんだっけ・・・
杖・・・orz かったっww
ザックも買い替えた♡
背中にしょってホースが口元まで伸びてるタンク?付きの
ザック・・・安かったん♡


アイス
やっぱさー 人気の山って、凄い人なんだね・・・

人多いとさ、自分のペースで歩けないから 疲れるよー。
まぁ・・・ そんな山の感想言う程登ってないんだけどね( ´_ゝ`)プッ

我家 いつになったら山登るんだろwww
その前に、スカートしかもってないから ズボン欲しいんだけどー・・・
買いに行く暇もないかもorz

てか、外人の旦那さん 
離れて座らなくても、ご一緒すればよかったのにぃ

コメントを閉じる▲