FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
今週末は・・・雨だー┌┛┌┛ズコ!
平標の小屋でお泊り会の予定でしたが、群馬側も新潟側もお天気は悪いし、なんていったって谷川山系。
お天気の保証が約束されてないからには、あの山域に侵入する気が起きませんで、中止とさせていただきました(;´Д`)

今週末は延ばしに延ばした、髪切り作業に出かけようかと思います。
恐ろしいほどに髪も伸びたぜ・・・


荒沢岳の続き。

9:15、花火御一行が岩壁を突進する中、kyazu御一行も出発です
kyazu御一行の出撃するさまを、花火星人さんが激写していてくれましたw
5MGP0739.jpg

休憩中に、ここから先はデジイチ仕舞った方がいいなぁとkyazuさんに言われたので、コンデジ撮影。
てか、その言葉で、ヤバイ場所に突入するんだと察した・・・
arasawa_012.jpg

48_20141030233804e7d.jpg

山の斜面をトラバースしながら、目の前に広がったパラレルワールド(人´∀`).☆.。.:*・°
とか言ってる場合じゃねー。。。(´Д`|||) ドヨーン
見上げる。
49_2014103023380561f.jpg

kyazuさん登る。
50_20141030233807917.jpg

後続女子たち続く。
arasawa_013.jpg

足をかけたいが、届かぬぞーwww
誰かタスケレー
arasawa_014.jpg

もはや、鎖に掴まりながら、半力づくで登って行く。。。
これは、下山時がやばいぞと思いながら登る。。。
登りでこれだけ手こずるって事は、下りはその倍以上手こずるって事だ。
登りながら下山の事を考える、これ基本でありますゆえに、実はこの岩壁を登っている時、リタイヤも考えておりましたwww
下りれる気がしなかったんだもん。。。
51_20141030233809cc4.jpg

53_20141030233810e08.jpg

岩登りは大好きだけど、自分の登れる岩登りのレベルを超えてしまっていたらしい予感。
岩というか、鎖のスキルが超低いんです、私ww
arasawa_015.jpg

9:43、地獄の岩壁を這い上がった_ノ乙(、ン、)_
30分も岩壁に張り付いていたんだな・・・
arasawa_017.jpg

だがしかし、これで終わりではない。
まだ先に、延々と続く、見えすぎて困っちゃう長い尾根┌┛┌┛ズコ!
arasawa_020.jpg

遠く向こうに、守門岳(左)と浅草岳(右)が見えた。
花火星人さんが、守門にわらさんが居ると教えてくれたので、手を振ってみるオ━─゚+。:.゚ヾ(*゚Д゚*)ノ゚.:。+゚─━ィ☆
57_20141030235537232.jpg

歩いても歩いても、なかなか近づかない稜線。
58_2014103023554022d.jpg

奥只見湖の遊覧船の走る音がした。
59_201410302355419c4.jpg

落葉しちゃった寂しそうなダケカンバ。
60_2014103023554235f.jpg

もうちょっと・・・なのだろうか・・・ヽ(冫、)ノ
稜線手前でエネルギー補給タイム。
おにぎりを食らう(`・ω・´)シャキーン
61_2014103100000319e.jpg

稜線に見える人影が、結構大きいのでもうすぐ上がれるとは思うんだけど、なかなか近づかない。
そしてこれ、なにげに撮ったんだけど、花火御一行だったようだ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
62_201410310000046d0.jpg

登山道の日陰なっている所には、こんな霜柱も。
63_20141031000005898.jpg

10:43、なんとか稜線に上がった(_Д_)アウアウアー
奥の方に、双耳峰の燧ケ岳が見えている。
64_20141031000006a38.jpg

稜線に上がっても、登山道狭いなww
arasawa_022.jpg

arasawa_024.jpg

ひたすらトラバースでありました。
66_20141031000504ed8.jpg

67_2014103100050518e.jpg

岩登りもまだ終わらず。
68_20141031000506c72.jpg

山頂にもなかなか着かないので、途方に暮れる。。。
69_20141031000507d05.jpg

下山する方々、サヨウナラー
70_20141031001116301.jpg

岩を乗り越えて山頂たと思ったら・・・
無念_ノ乙(、ン、)_
「山頂とーけーよ!!!」と、登頂手前のラストボヤキ。
71_20141031001117531.jpg

11:04、5時間弱の地獄の登りが、一旦終わった。
73_20141031001120bad.jpg

72_20141031001118d02.jpg

とりあえず下山の事は忘れて、飯だ飯だー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
76_20141031002816f84.jpg

つづく


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト




【2014/10/31 00:32】 | 新潟の山
トラックバック(0) |

茶々さん♪
雪野
10月の週末がずーっと快晴だったから、そろそろダメだろうねぇって山友さんと予想してた。
ばっちり当たったi-282
ので、実は今週末は、私の方は期待してなかった(´・ω・`)
奇跡的に晴れたらいいなとは思ってたけどねi-195

荒沢は、雨どころか晴れでももう行かない!って思うくらいに、私には鎖場が厳しかったヽ(冫、)ノ
まぁ、5年くらい経って、アルツハイマー的に記憶がなくなったら、また登るかもしれない(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

花火星人さん♪
雪野
そうそう、kyazuさんと「花火君たちは、どこまで上がって行ったかねぇキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ」とやっておりました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

巷の三連休、明日はダメだねぇ。
あさってはコロコロ変わってるねぇ。
あさって、薬師いいじゃんi-189て天気だけ見て妄想したけど、完全凍死ですなww(風もやばいi-282
日曜朝、まぐれで早起きできて、なおかつ午前中だけでも天気が持ちそうなら、久々の裏山闊歩で終了だなぁヽ(冫、)ノ


茶々
今週末期待してたのに、天気予報ずれ込んで来たね~~~><。

荒沢岳・・・・・お天気悪かったら絶対行けないね~。好天にも恵まれて見事制したね~。満足感や達成感は何物にも代えがたいものがあるよね~。
歩くスピードで見るものが一番美しいって痛感した。車窓から眺める紅葉は全然綺麗じゃなかった。山に登らなければ知らなかった感覚だよね。

激写
花火星人
山頂稜線をゆく花火星人を撮って下さったんですなー♪

そんなことより、連休が全滅の予感なんだが(T_T)
明日から南ヤツの予定だったけど、パーだわ(>_<")
晴れそうなら近場でもと思ったけど、どこもかしこも
ろくでもない予報だし。。。

コメントを閉じる▲
最新報告(なんか、久々に出たなこのセリフww)

週休2日になったはいいが、その分、平日の仕事がてんやわんやらしいヽ(冫、)ノ
でも、2連休の方が150%うれしいから、何とかやり過ごそう(決して「がんばる」ではないらしい┌┛┌┛ズコ!)
夜の11時半に洗濯物をやっと干し・・・
あ、キッチンの洗い物を忘れてた・・・明日にしようヽ(冫、)ノ

さすがに今日の寒さは我慢できずに、とうとうヒーターを出してしまった。
明日は裏山、初冠雪しちゃいそうだなぁ。

なのにほんの数日前は、10月も末だというのに、2000m弱の山の上で20度もあったんだぞ(;´Д`)
あっちぇ過ぎて、だるかったわ~ヽ(冫、)ノ
でも、隙間が出来てたルートを繋ぎ
2_20141028231405078.jpg

予想外に空いてた小屋で、楽しい酒盛り
1_20141028231403c8f.jpg

2日目も、裏山程度しか登れなかった頃に、本で見ながら憧れてた稜線を歩き。
向かった山の威圧感がすごかったΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
3_20141028231406fa6.jpg
この山域の天気の怖さは、GWにしっかり体験してたから、奇跡な天気の2日間でありました。

眠さに勝てずに寝ちゃうから、写真の編集する時間がねーのだ。
ネタが溜まるー;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)



そんな先々週になるのでしょうか。
19日は、kyazuさんとkyazuさんの山友さんの栃木山女子である、baoさんとYoshikoさんと一緒に荒沢岳へ。
baoさんとはお久しぶり、Yoshikoさんとは初めましてでした

栃木隊との待ち合わせ場所である、登山口の駐車場に着くと、すでに満車Σ(゚д゚lll)
何とか一台停めれそうだったので、端っこに停める。
寒い・・・とにかく寒い・・・
気温は5度くらい(゚Д゚;)
1_201410290012478bd.jpg

そりゃ、凍りますがな(;´Д`)
2_20141029001249517.jpg

6:15、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
スタート直後から急登。
雪野さんの苦手な急登。
でもすぐに、紅葉がお出迎えしてくれたので、みんなでキャーキャー盛り上がるw
3_201410290012500c4.jpg

こんな色の道をずっと歩けるんだもの(๑→ܫ←๑)
5_2014102900125268a.jpg

空も青い。
6_2014102900154336e.jpg

朝日がお手伝いしてくれるから、すべてが橙。
7_20141029001545519.jpg

奥只見湖から湧き上がる雲海。
8_20141029001546007.jpg

6:58、そうこうしているうちに、ちょっとした広場に着き、ど真ん中に三角点Σ(゚д゚lll)
ちょっぴり休憩。
9_20141029001547669.jpg

この日、baoさんは数日前から膝の調子が悪かったんだけど、お医者様に山に登っていいと言われたので急遽参加。
様子を見ながら歩くことに。
そして、山頂が見えた。
中央の双耳峰ぽいのがそうらしいが、手前になんかおかしなのがあるな( ̄ω ̄;)
10_20141029001549277.jpg

そして謎の「2」
11_201410290021116ed.jpg

みんな快調に進みます
Yoshikoさんは、疲れたら「牛歩戦術」を使うそうだww
歩きはドタバタ雪野さんと違い、エレガント・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
baoさんの健脚っぷりは、一緒に雪山を歩いた時に確認済み。
雪国人の雪野さんが、雪のない国の人に全然負けてたという(_Д_)アウアウアー
14_20141029002116f89.jpg

地味~に登り返すので、下りが始まるたびにブーブーぼやき始める。
15_2014102900211738b.jpg

真っ赤っか(๑→ܫ←๑)
16_2014102900243399a.jpg

まだまだ紅葉イケるねぇ~
本当にいい日
17_20141029002435ea9.jpg

arasawa_007.jpg

景色を見ながらまったり歩いてたら、後続さんが来たので追い越してもらう。
なんだか匂うぞ。。。
まさかな・・・と挨拶をして追い越された時に、kyazuさんが「花火星人さんだよ」と言う。
私も赤ザックやら体から湧き出る火薬の匂いで、何となく花火星人さんか?とは思ったんだけど、確信がなくて声をかけられなかったのだ。
kyazuさんの言葉が聞こえたその赤ザックの人が、ものすごい勢いで振り返る。

Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

ウヒャ━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━ !!

18_20141029002436622.jpg

声にならない声とは、こーゆー時に出るのであった。
お互いに握手したまま「おー」しか言ってない( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
「こんな早くに会えるとはw」なんて言葉を交わしつつ、花火様御一行は超速で進んで行った。
顔は分からんでも、何か匂うもんなんだなぁと思ったw

超速の男2人に普通に着いて行くkyazuさん。
そりゃそうだ、あの人も本来超速なのだ。
男三人で、何やら談笑w
19_201410290024373da.jpg
そしてアトデネーヾ(・д・。)マタネー♪

そしてまた後続さんが来た。
スピードが同じくらいなので、一緒に進む。
20_2014102900243989c.jpg

今年も結局登らなかった、エチコマこと越後駒ケ岳。
残雪期に行ってみようかとはkyazuさん。
なぜなら、その時期なら空いてるからブッ(´→з←):;*.:;
22_201410290034289b3.jpg

日差しが強くなるにつれて、雲が消えて来た。
23_20141029003430b91.jpg

日本は季節の色があっていいね。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
24_201410290034318da.jpg

フサフサ毛虫
25_20141029003432911.jpg

26_20141029003434017.jpg

どうやら、ヤバイらしい場所が近づいてきたようだ。
31_201410290036207be.jpg

謎の「3」
32_20141029003621d68.jpg

キレイ~~゚・:,。*:..。o○☆(๑→ܫ←)ゎ-い♪
33_201410290038038bf.jpg

なんて叫んでしばらくした8:11。
とうとう核心部への突入開始の合図が出たガ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━ン!!
34_20141029003805f25.jpg



arasawa_009.jpg

鎖と梯子のコラボ
35_2014102900380677d.jpg

なぜ雪野さんが先頭なのだΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!
36_20141029003808357.jpg

緊張が腰砕けになる瞬間┌┛┌┛ズコ!


まぁ、登りはなんとか行けるもんだ。
37_20141029003809fba.jpg

38_20141029004449a9f.jpg

第一関門突破で、視界が開ける。
この先はどうなってんの?とガン見。
なんと・・・岩壁をよじ登れと・・・
40_20141029004451a0c.jpg

kyazuさんのブログからパクって来たが、全ルートはこうらしい・・・
141396037395033019180_a11.jpg

もはや、先の事を考えてはいけない状況に陥ったらしく、テンション上がるwww
42_2014102900445181a.jpg

そして、核心部を突進中の花火御一行が見えたw
43_20141029004453890.jpg

kyazu御一行の女子チームは、現実逃避の為に、おやつタイムww
baoさんからもらった~。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
44_20141029004454d85.jpg

45_201410290049094c6.jpg

レモンケーキをむさぼりながら、花火見学ww
がんばれがんばれー(とか言ってる場合じゃないぞw)
47_20141029004912cbb.jpg



そして、kyazu御一行も進む時が来た・・・
登りきる前に、生きて帰れるのだろうか・・・




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/29 01:04】 | 新潟の山
トラックバック(0) |

わらさん♪
雪野
妄想は大事よ(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
私なんて日々、妄想の世界に浸ってます(*´ω`*)

ウン、基本鎖を使わずに登れる所は、鎖を使わずに登った方がいいのでありますよi-190
人口的なアレは、いつ外れるか分からないからねi-282
とは言っても、この先の章は、使わずに登るのは不可能に近いのであった。。。

Part2、乞うご期待・・・i-282


わら
動画をさ、何回も何回も見ながらイメトレしている私って変でしょうか?

KYAZU師匠は鎖をちっとも使っていないですね~~。すごいですね~~。

すべてはPart2を見てから決めよう。



花火星人さん♪
雪野
お待たせしました、やっとこですヽ(冫、)ノ
こんな偶然、普通はねーよなwww
いやぁでも、早いとこ顔合わせできて良かったでありますi-278i-234

11月の週末は、雪さえ降らなければ標高1000mを上限とする無料ホテルに泊まろうと思うので、いつでも乱入可能でありますぞ(´∀`*)ウフフ
わらさんとこで言ってた日も、わらさんがその日にお休みが取れれば、みんなでどっかの無料ホテルで飲んだくれましょう(うД`)+゜zZZ

みなみる♪
雪野
Part1の鎖場は、実はまだ前菜なのである。
山に登っててマジで、死と隣り合わせになった実感がしたwww
いやぁ、ほんとに登ってる途中で、kyazuさんに「ギブですヽ(冫、)ノ 」って言おうかと思ったくらいだ。。。w

荒沢サプライズ
花火星人
荒沢岳キタ━(゚∀゚)━!
アップお待ちしておりましたです。
いやー、こんな偶然てあるんですねー♪
ホントはもう少しゆっくりお話したかったんですが
ブログのことを知らないツレがいたのでね(^_^;)
今度またゆっくり語らいましょう。


minami
フル((-ω-`o【il||li 拒否il||li 】o´-ω-))フル
イヤァァ━━ノ)i`゜;ё;゜´i(ヽ━━ァァッ!!!
帰るッオラ帰るぅぅぅっ!!!!
まだやりたいことがあるんだあああああああ!!!

コメントを閉じる▲
がんばって更新しないと、新ネタすらどんどん溜まって行くヽ(冫、)ノ

アハー、仕込み仕込み+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
今週末のごっつぉ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
久々のデカザック。。。そして、目的地にたどり着けるか心配だ・・・
2_20141022234611875.jpg

たまると言えば、地味に貯めてるTポイント。
これが3万ぽいんとになったら、現金を追加してテントを買うのだ。
1_20141022234609f0e.jpg
でもなぁ、飯豊で遊ぶとなると、小屋がいっぱいあるから、別にテントいらねんだよなぁとも思う(_Д_)アウアウアー
その前に、夏用シュラフが欲しいーヾ(*`ェ´*)ノフンガ~



三国岳下山編。

肉も焼けないし、パンを食べてても空しいし、とりあえず主稜線からの、本山~御西&大日の偵察はできた。
初日に御西に辿り着けなかったとしても、三国~切合~本山と、その間に小屋は3つある。
どこでリタイヤしてもOKだw
でもそしたら、大日には行けないけどね( ̄ω ̄;)
偵察は十分なので、この先、切合まで行って、下山の余力が無くなるのは困るので、さっさと下山すっぺー、と、10:25、下山を開始する。
もはや、ちょっとの坂道すらだるいわ_ノ乙(、ン、)_
69_2014102200094047c.jpg

手前の尾根が、下山に使う新長坂ルート。
稜線からの下りが、かなりガコーンと急斜面になっていたので、気を付けて下りないと。。。
70_20141022000941465.jpg

この日はずーっと、もや~っとした雲とは呼べないような雲海??が湧いていた。
71_20141022235253aa9.jpg

しばらく歩くと、恐怖の疣岩山への登りが見えて来た(((((((;´д`)))))))
なんであんなに尖ってるのだ(;´Д`)
72_20141022235255445.jpg

実際は、5分もあれば登れちゃうような斜面だと思うんだけど、5歩歩いてはフリーズを繰り返し、やっとこ三角点のあるピークに着く。
小屋を出発してからいくらも経ってないのに、大休止( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

5分くらい景色を眺めてから、獅子沼に向かう。
向かう途中は、主稜線がよく見える。
何度確認しても、御西は遠いwww
76_20141022235256935.jpg
大日だけを狙うなら、kyazuさんも言ってたけど、実川から狙った方が楽なんだろうなぁ・・・

11:16、獅子沼着。
とてもミニw
77_20141022235257cc2.jpg

11:23、新長坂ルートの分岐を素通りし、振り向きざまに激写(激写なのか?ww)
78_20141022235259338.jpg

さ~て、しばらく激下りが始まります。
足元はザレてるので、滑って転んでサヨウナラにならないように気を付けます。
上から見てて、気になった木の場所に着いた。
すでに落葉ヽ(冫、)ノ
81_20141023000136ce9.jpg

山の中腹は、橙。
82_20141023000138d6a.jpg

振り返っても橙。
83_20141023000139418.jpg

向かう先は、コブw
84_201410230001409b5.jpg

このルートも、紅葉がきれいでした
86_20141023000142008.jpg

コブを乗り越え。
87_20141023000422957.jpg

振り返ると、あの斜面を一気に滑り落ちて来たのが分かる。
88_20141023000423f52.jpg

ちょっとビビったトラバース。
足を滑らせたら、右側はサヨナラコース。
89_20141023000426ff4.jpg

よく人様のレポに出てくる、馬の背のような細尾根が出て来た。
それより、目の前に迫ってくる、登り返しのピークの方が嫌で嫌でしょうがなかったww
90_20141023000426b53.jpg

登り返しやだーって思ったら、右に急旋回で平坦な道へ┌┛┌┛ズコ!
91_20141023000428c04.jpg

道も細くてトラバースもたくさんあるけど、ブナやモミジの紅葉が見事で
93_20141023000802f78.jpg

94_20141023000804b30.jpg

向こうに見える紅葉も、あそこまで行って見れたらきれいなんだろうなぁ。
95_20141023000804c1d.jpg

96_20141023000806fa2.jpg

時間もたっぷりあるし、足も疲れているので、転ばないようにゆっくりを進みます。
97_20141023000808a97.jpg

なんかもう、橙がまぶしいんだよねw
鏡山の時もそうだったけど、弥平四郎は橙って記憶になっちゃった(๑→ܫ←๑)
98_20141023001114229.jpg

99_20141023001117291.jpg

ちょっと広い場所に出たなぁって思ったら、12:14、水場っぽい。
100_20141023001117e6a.jpg
ここで地図を確認してみると、水場からゴールまでは、まだまだ遠かったガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
意気消沈www

それでも、水場を過ぎると、飯豊らしくはない、優しい道へと変わっていきました。
うちの裏山みたいw
101_201410230011183c2.jpg
木々の色には、少しづつ緑色が増えていき、標高が下がっているんだなぁというのは確認できました。

場所によっては、まだまだ橙w
102_201410230011206ee.jpg

12:24、完全にゆるい道になって、ブナを眺めながらのんびり歩く。
103_20141023001646983.jpg

うっかり逆走してしまった、この新長坂ルートを、登りで使うと仮定して、記憶を逆戻ししてみる。
間違いなく、こっちを登りで使った方がいいグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
トレッキングルートのような、ほとんど平坦な道から、徐々に斜度がきつくなっていくので、いわゆる坂道順応が出来るww
あぁ、失敗したわ。。。(´Д`|||) ドヨーン
104_20141023001647abe.jpg

13:14、祓川山荘が見えて来た。
ちょっと怖い(;^ω^)
105_201410230016488b8.jpg

山荘を過ぎて、橋を渡り。
106_201410230016503db.jpg

最後の最後で、また登り(_Д_)アウアウアー
107_201410230016514ee.jpg

13:29、見逃してた登山口に無事到着_ノ乙(、ン、)_
108_20141023002059b30.jpg

満車だった駐車場は、数台しか停まっておらずww
翌日の天気がいまいちだったので、みんな帰ってしまったらしいw

弥平四郎からうちまでの間、ご飯を食べるところもなく、温泉もいまいち。。。
赤湯があるけど、湯が熱すぎてゆっくり浸かれないから、料金が安くても損した気分になるし(;^ω^)
温泉はダラダラと、1時間くらい浸かりたいタイプですw
結局、そのまま家に直行してしまいました。・゚・(´□`*)・゚・。

家に帰って最初にした事。

飯豊エキスを吸った肉を、がっつり食ってやったぜええええええええ

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

109_20141023002100b74.jpg


毒水飲んだとかダラダラ言い訳しましたが、自分が思うようには歩けなかったって事は事実で・・・
なんかヘコんだんで、また出直し修行の日々が始まります。゚(゚´Д`゚)゚。
来年も、この飯豊でやりたい事がいっぱいある。
休んでられない、がっつり行きましょう(๑→ܫ←๑)


おわり。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/10/23 00:41】 | 飯豊連峰
トラックバック(0) |

kyazuさん♪
雪野
もう逆コースはしないんだからねヽ(冫、)ノ
ハイター事件も、もうこりごりなので、ほんとこれからは飲む前に匂いの確認を。。。( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

今年は紅葉を追いかけながら山を選んで歩いてたので、ほんといい色をいっぱい見れたi-189
いい秋でした。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

来年は、ハクサンイチゲが咲き始めるまでは、私の力じゃ飯豊を歩けないので、それまでは大丈夫だi-278
でもヒメ様やデリンちゃんが咲き始めたら・・・
入りびたりになるかもしれません(´∀`*)ウフフ


kyazu
逆コースでの3部作、
堪能いたしましたi-185

ハイター事件はあっても
紅葉はバッチリでサイコーだったねi-184

この分だと来年は飯豊にどっぷり浸かりっぱなしで
ほかの山に行くヒマなさそうi-236


花火星人さん♪
雪野
よく気が付いたな(´∀`*)ウフフ

そうなのだ、11月2日に期間固定ポイントってのが「5ポイント」消えるらしいww
しょっちゅう湧いて出てくるんだわ、期間固定ポイント。
5ポイントの為に買い物すると、余計な出費になるという罠i-282

最短有効期限
花火星人
11月2日になってるけど、使わないと何ポイントか
消えちまうんじゃね?

コメントを閉じる▲