2014_09
28
(Sun)22:55

2013年10月6日 高妻山

御嶽山の噴火により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、救助活動をなさっている方々が、二次災害に巻き込まれませんように・・・
山に入る者のリスクというのが、目に見えて形になってしまった感じですね。

私も今日は山に入っていましたが、携帯を忘れて出かけてしまい、家に帰ったら心配した友達からのメールがあれこれ(;^ω^)
私の方も、AくんとMちゃんと、他にもBBの仲間たちが一緒にアルプスに行くとか前に言っていたので連絡してみたら、無事で一安心したところです。
個々にいろんな事を考え、感じ、心に留めておかなくちゃなと思います。

さて、私の方は連休じゃなかったので、単独日帰りで紅葉を見に
若干、全盛ではない気もするので、今週末が祭かも・・・
でも、終わるかも?な、微妙な感じかな。。。
サブPCが、データを取り込めるのがコンデジだけなので、何枚かコンデジで撮ってきましたが、微妙です(´д`;)
色が表しきれない。。。
1_20140928210255550.jpg

ここはもうMAXの状態なので、じき終わっちゃうかな。
2_20140928210258fff.jpg

3時までに下山したくて、下山は走りながら下りて来ましたが、なんとか2時半に下山完了。
おかげでラスト1時間は、膝がカクカクw
ブロ友の目目連さんが紹介していて、英語の読めないおバカ雪野の為に、わざわざ日本語表記で一番安いサイトを探してくださったので、そこから買った金杯油。
今、足全体に塗って、休めているところです(。・w・。) ププッ
GCB_20140928210253787.jpg
4箱買った・・・
使い切る為に、ちゃんと歩けよ・・・ww

目目連さんの、金杯油の記事→http://mtngoods.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

来週は同じ山域の、未踏ルートから歩いてみようと思ってます



さて、去年の紅葉山行。
というか、雪野さんに鎖の練習をさせようのついでに、紅葉もすごいんだよと、前年、高妻を歩いたAくんのオススメで、ボス、Aくん、Mちゃんと一緒に、高妻山ε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘
Mちゃんの相方はAくんではなく、このお猿さんww
1_2014092821490471f.jpg

登山口は、このキャンプ場と牧場を突っ切っていくそうですオォォー!!w(゚ロ゚)w
2_201409282149060ab.jpg

4_20140928214911d83.jpg

いつかみんなで行きたいねと言っていた、戸隠山。
3_20140928214909674.jpg

牧場の朝は、さわやかです
5_20140928214902d8a.jpg

モーモーいっぱいw
6_20140928215126220.jpg

7:00、登山口スタート(`・ω・´)シャキーン
7_201409282151289e7.jpg

登山口に一歩足を踏み入れると、実はそこは牧場の中というww
なかなか出来ない体験ですw
8_20140928215131e74.jpg

なので、危険もいっぱい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ぼた餅爆弾がwww
9_20140928215133592.jpg



回避(´д`;)
10_201409282151227cc.jpg

丸太橋を渡りまーす
11_201409282157128f7.jpg

そして、沢沿いを進みます。
13_20140928215718265.jpg

ちょびっと紅葉
12_20140928215715634.jpg

きのこー
16_20140928215720521.jpg

8:00、第一の鎖、出現。
18_20140928215710c2c.jpg

19_20140928220022584.jpg
雪野さんでも普通に登れた。
だから失格

紅葉がちょっとずつ色づいてきた。
20_20140928220025c04.jpg

8:15、第二の鎖。
22_201409282200277e4.jpg

24_201409282200303ac.jpg

26_20140928220020afe.jpg
どうやら鎖が易しい方向で打ち直されたようだとAくん。
Aくんが前の年に登った日、ここで滑落事故があったらしく、その影響か?

快晴
27_20140928220445b4b.jpg

8:21、第三の鎖。
ここも普通。
28_20140928220449e64.jpg

29_20140928220453781.jpg
せっかくAくんがチョイスしてくれたのに、鎖が打ち直されちゃったんじゃしょうがない・・・

8:25、氷清水着。
ティータイム。
30_20140928220455a62.jpg

31_20140928220444b63.jpg

再スタートしてすぐ、悲鳴を上げるww
いろんな色が混じってて、もう訳が分からないw
33_20140928220857010.jpg

稜線に上がる。
が、写真を撮ってなくて、時間が分からない┌┛┌┛ズコ!
とりあえず、不動避難小屋があった。

いくつものピークを登り返して行くこのルート。
次なるピークはあそこ
34_201409282208599db.jpg

稜線に上がると、もうあれもこれも真っ赤っかw
35_20140928220902831.jpg

9:05、二釈迦。
それぞれのピークに、仏様が安置されているようです。
36_2014092822090409d.jpg

どんどん歩きますピュー ミヽ( 'з')ノ
38_20140928220854ba9.jpg

40_2014092822181654e.jpg

41_201409282218191e1.jpg

みんなで、この色が見れて良かったね
42_201409282218237e8.jpg

9:17、三文殊。
43_2014092822182667b.jpg

次から次へと、ピークが襲ってきますwww
44_20140928221814c16.jpg

橙の間。
46_201409282221145cc.jpg

47_20140928222117ff6.jpg

49_201409282221211a2.jpg

53_2014092822212465d.jpg

10:07、五地蔵。
あ、四普賢飛ばしちゃったww
55_20140928222111dbe.jpg

赤の間。
57_201409282224481c7.jpg

58_20140928222451cfd.jpg

10:10、五地蔵山着。
59_2014092822245448a.jpg

紅葉絨毯。
60_20140928222457439.jpg

10:14、六弥勒。
61_2014092822244541a.jpg
ここが新道との合流地点。
そしてここに着くちょっと前、がーすーの中に浮かぶ、ラスボスが見えた。
「角田一個分登ればいいだけですよ,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、」と笑ったAくんに「はぁ?ふざけんなよ!」とキレた。
ここまで来るのにも、ピークいくつも登り返してるのに、ラスボスがでか過ぎたのだ。
いや、あれはきっとまぼろしだと、自分に言い聞かせて、先へと進むのだった。

つづく。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト
2014_09
26
(Fri)02:00

2013年9月29日 栗駒山

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

1_20140924230542db9.jpg

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


・・・


おぅ、のおおおおおおおおお

ヤダヤダ((c(`Д´と⌒c)つ彡 ヤダヤダ

(゚ロ゚)ムリ(゚ロ゚)ムリ(゚ロ゚)ムリ(゚ロ゚)ムリ(゚ロ゚)ムリ(゚ロ゚)ムリ(゚ロ゚)ムリ(゚ロ゚)ムリ

オーダーした2日後には、輸送中の表示になったんだけど、今日から急に表示された、アップデート済みってなんだ??
おい、輸送されてなかっただろ、ずっとwww(と思った)
納品が一週間も遅れるとか、ありえねーヽ(冫、)ノ
もう泣いてもいいですか?

。゚(゚´ω`゚)゚。

つー事で、やけ食いをした。
昼に友達にも食べさせた。
帰ってからも2切れ食べた。
最近、ハードな山行もしてないから、太る一方だ。
でも食べよう,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、
ck1.jpg

新ネタUP出来ないし、停滞ネタを今のうちにがんばるしかないな・・・

↑って、昨日書いたとこで自分も終了になってしまい、寝た(´-ω-`)コックリコックリ


今年は紅葉が早いとかで、私の更新スピードだとネタの放出が間に合わないかもーグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
そんな去年の9月末。
ずっと紅葉の時期に行ってみたかった、東北の栗駒山へ。
この数日前に、山頂部分が紅葉を始めたとの情報を得て、これを逃すとまた来年まで行けない・・・と思って、急遽決行。
宮城・岩手・秋田の三県にまたがる山で、どの県のカテに入れようか悩んだけど、この時は宮城側から登ったので、宮城に入れときます(。・w・。) ププッ

仕事が終わってから急いで支度をし、高速を飛ばして宮城と岩手の県境へと向かう。
仙台までは3時間ちょいくらいあれば着いちゃうので、そう遠いとは感じないんだけど、そこから先が長かったΣ(・Д・)カッ!?
ソロドライブは、とにかくする事がないので、これでもかってくらい真剣に、一人カラオケをする。
熱唱しすぎて、寝てる時にカラカラになった喉のお陰で咳が出て目が覚めるゴホゴホ(( +д+))o=3=3
アホだな(*ノ∀゚*)σァヒャ
で、5時間弱かかったのかなぁ?
12時過ぎにイワカガミ平の駐車場着。
車は2台ほど停まってて、静かに寝たいので離れた場所に駐車。
この時点で、駐車場は超がーすー。
ダウンを着て靴下も履いてシュラフに包まって、ちょうどいい温度だった。
私のシュラフはモンベルの#1だから、結構あったか仕様なんだけど、東北は寒いんだなぁ。

翌朝、目覚ましの音で起きる。
外を見る。

がーすー( ̄ω ̄;)


となると、二度寝したくなるウト゚+。(o´ェ`o)。+゚ウト
30分ほど二度寝(ダメな子炸裂)
ボチボチ起きて5:28、スタート(´-ω-`)コックリコックリ
誰かの忘れ物クロックス。
1_201409260041078dc.jpg

すぐ山頂に着きたいので、ラクチン中央コースを行くε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
2_20140926004110733.jpg

登山と言うよりトレッキングコースですな。
3_2014092600411359c.jpg

スタートしてすぐ、紅葉が見え始め
4_201409260041156da.jpg

なんだよこの色www
そして、青空くれよww
晴れの予報だったのにwwww
5_20140926004105c69.jpg

6_201409260045292b7.jpg

どこまでも残念な空の色ですヽ(冫、)ノ
7_201409260045317c3.jpg

若干、崩れてる箇所もありましたが、お子様も歩ける優しい道だと思います。
8_20140926004533be6.jpg

うまそう┬|ョω☆)oO(ゥマソゥ)
9_20140926004536ab6.jpg

果てしなく、歩きやすいですw
10_20140926004527ee2.jpg

11_20140926004820fd2.jpg

どこまでも赤ですオォォー!!w(゚ロ゚)w
ただ、がーすーなので色が映えません_ノ乙(、ン、)_
13_20140926004751df3.jpg

14_20140926004753112.jpg

15_2014092600475544e.jpg

16_20140926004757508.jpg

一時間ちょい歩いたとこで、階段が出てきて、空はうっすらと青が見えヽ(゚∀゚)ノ うぇ────ぃ♪
がんばれ、空!!
17_201409260047491d1.jpg

7:04、栗駒山山頂着。
20_201409260048255d8.jpg

19_20140926004823b6a.jpg

朝のご挨拶(-人-)
18_20140926004821d4b.jpg

しばらく粘るも、青はうっすら見えてるのにがーすーも負けじと粘る。。。
近くにいたカメラマンのおじさんが「もうちょっと待っててごらん。さっきから何度かガスが抜けて、雲海がすごい事になってるんだよと教えてくれた。
「うん、分かったー」と、しばらく一緒に粘ってみる。

ネ バ リ ガ チ

岩手側に広がる雲海゚*。イェイd(d∀゚)(゚∀b)bイェイ。*゚
おっちゃん、粘れって言ってくれてサンキュ──ヾ(*´∀`*)ノ──♪
21_201409260048174d2.jpg

22_20140926005622a7d.jpg

そしてまたがーすー( ̄ω ̄;)
23_20140926005624696.jpg

8:01、「ちょっと散歩に行ってみるー」と、岩手側のルートへ下りてみる。
てか、山頂で一時間も粘ってたんだなww
24_201409260056268a0.jpg

稜線はオレンジw
25_20140926005628d7b.jpg

お願い、ガス抜けて人'д`o)
26_201409260056203f9.jpg

滝雲発生中キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━ッ!!
遠くに鳥海も見えてる(っ´∀`c)キュンキューン
29_2014092601001943c.jpg

結界が張られて入り込めないがーすーの図。
32_20140926010021ac1.jpg

ちょっと崩れ気味で、怖い箇所もあった。
34_2014092601002263e.jpg

振り向くと・・・
35_201409260100253b3.jpg
これが栗駒の赤なんだなぁ。。。って、本当に感動した瞬間だった。
途中にあった展望広場で、遠くを眺めていた人たちも身動きが取れない風だった。
東北一の紅葉と言われる、栗駒山の紅葉。

岩手側は、相変わらずの雲海。
36_20140926010017c4a.jpg

8:15、天狗平着。
特に何もないようだ・・・
38_201409260106016ab.jpg

39_20140926010603a4f.jpg

ので、すぐに山頂へ戻るww
あぁ、気持ちがいいヾ(*´∀`*)ノ
42_2014092601060608e.jpg

振り向くと、滝雲のショーが始まっていた、すげぇ
43_20140926010608786.jpg

45_20140926010559cc7.jpg

46_20140926010847e9e.jpg

49_20140926010849bff.jpg

山頂見えた
50_201409260108513eb.jpg

8:37、再び山頂着。
なんだってえええええええええ工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
宮城側のガスが抜けたぞwww
えらい事になってんぞwwww
52_201409260108435ab.jpg

54_2014092601111779a.jpg

雲海は、山頂のほんの50m下くらいにある。
ものすごく近い。
55_201409260111183f3.jpg

近くに高い山があまりないのか、雲しか見えない。
53_20140926011357b92.jpg

ほんとはこの後、泉ヶ岳にハシゴするつもりだったけど、もういいやって気持ちになってまったりする( ゚ ρ ゚ )
だって移動したら、この景色が消えちゃいそうだものw
54_2014092601111779a.jpg

56_20140926011120220.jpg

61_2014092601140259b.jpg

60_20140926011400224.jpg

岩手側も雲海が広がってたけど、宮城側に比べるとちょっと残念(;^ω^)
59_2014092601135942f.jpg

ランチセット持って来れば良かったなぁと、激しく後悔。
立山の残りのチーチクを食べる・・・
57_2014092601112356b.jpg

オイシ━━━(*゚∀゚*)━━━イ!

この日以来、このチーチクにはまってるんだけど、なかなか売ってないんだよね(´;ω;`)ウッ・・

9:20、名残惜しすぎるけど、下山開始。(つか、トータル何時間遊んでたんだよwww)
63_20140926011355013.jpg

ありがとう栗駒さん、絶対また来るよ
65_20140926012235a67.jpg

雲海に向かって下りて行く。
66_20140926012237524.jpg

67_20140926012239259.jpg

すっかり青空(d゚ω゚d)
69_201409260122425d0.jpg

βуё★ (o'ω'o)ノ ★ βуё
70_2014092601223250c.jpg

行程を一座に減らしたので、急ぐ事はない。
下山は東栗駒コースへと変更。
71_201409260126113c1.jpg

ゆったりとしてるけど、こちらの方が登山道っぽいw
72_20140926012614e73.jpg

赤(ノω`*)
73_201409260126169f1.jpg

74_20140926012618d53.jpg

そして、がーすー改め、雲海の中に突入。
75_20140926012609a24.jpg

途中、リードなしのワンコとスライドした。
超威嚇された( ´Д⊂
飼い主さんに怒られながら引っ張られていったけど、この後、また戻ってまで威嚇してきたゥワァ─(゚`Д´゚)─ァァン!!
76_201409260128187e1.jpg

10:08、東栗駒山着。
77_20140926012820eb0.jpg

てるぼーよ、これが栗駒の赤だよ。
78_20140926012822868.jpg

しばらく進むと、沢に出る。
が、どう見てもこちら側には道がない。
すぐ後ろから来たおじ様と顔を見合わせゥ──σ(・´ω・`;)──ン
渡渉すか?????
そうね???的なアイコンタクトを取り、おじ様が先に渡る。
79_20140926012824469.jpg

80_201409260128162be.jpg
渡渉が苦手なのに、ずっと沢沿い沢歩き・・・
81_20140926013336b06.jpg

なかなか悩む箇所が多かったです(;^ω^)
83_2014092601333881f.jpg

登りの時は良く見えるだろうこの矢印、下りではほとんど見えず・・・
84_201409260133405db.jpg

やっと陸に上がったヽ(冫、)ノ
85_20140926013342974.jpg

途中、スライドした4人パーティーさんに挨拶をする。
そのまますれ違おうとしたが・・・
「あああああああああ!!!!」
と、山岳会の新会員の方が一人。
こんな遠くで会うと、さすがにビックリするww
栗駒を下山したら、近くの温泉宿に泊まりだそうだ・・・うらやましい。
この先、沢登りがあるから気をつけてって事と、間に合えば雲海が見れるからがんばって!と言って別れました。
後日談で、雲海は見れたそうです

11:00ジャスト、駐車場着。
観光地はこれだから、時間を選ばないと帰りも渋滞に巻き込まれる事になる(;^ω^)
最近は特に人ごみが苦手だから、今年の紅葉巡りも、観光地が近くにあるような所は避けて行程を組まないとなぁ。。。って、頭を悩ませている最中。
86_20140926013334bce.jpg

観光客と入れ替わりで岐路に着く。
時間が結構あったので、温泉に2時間浸かりマターリ(ノ´∀`*)マターリ
87_20140926014235368.jpg

左の尾根歩いたんだろうなぁ、ゆるいなぁwwwwと思いながら、赤の栗駒山を後にしたのでした。
88_20140926014237994.jpg

どこぞのSAで食べた牛タン定食。
牛タンが噛み切れなくて、牛タンを咥えたままどうしていいのか悩んだ。
ワンコのようだった。
89_20140926014238f7c.jpg

磐梯山SAのアイスはんまかった(゚д゚)ウマ-
90_2014092601423469c.jpg

評判以上の景色を見せてくれた栗駒山。
東北一の紅葉と言われてますが、あまり多くの景色を見ていない私の中では、日本一の紅葉です(๑→ܫ←๑)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_09
23
(Tue)11:30

2013年9月23日 奥大日岳

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・

1_20140923161448f8d.jpg

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・


ズガビ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━━ン!!


今朝のお知らせで・・・
新兵器、来ねかったヽ(冫、)ノ

なんとなく立山の疲れが残ってるから、今日はヒッキー。
体力は回復してるけど、眠くてねぇ+.゚ウト゚+.゚(o´I`)゚+.゚ウト゚+.゚
今日はしっかり家事をして、また週末から遊び倒そうかなの日

そんなこんなで暇を持て余すと、悪い事ばかりしてしまう・・・
CK.jpg
冷却待ちのニューヨークチーズケーキさん
食べれるのは危険な時間になってからか・・・

そして、棚の中から出てきた、うっかり飲み忘れてたやつΣ(゚Д゚;)アラマッ
TB.jpg
ウン、相変わらず微妙( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
あぁ、中田に全然行けてねぇ・・・ラーメン食べたい。+゚(pωq)゚+。



そんなこんなで、今年の立山の報告がなかなか出来ないので・・・
今年の立山の色は「深緋」でした。
チングルマの葉ががんばってんな~って色かな?
そして去年は「橙」でした。
そんな橙の立山の続き。

初日にリタイヤだけど三山をやっちゃったので、二日目はのんびりと奥大日へ。
朝ごはんもゆっくりと
1_2014092309571201d.jpg

7:10スタート。
ォ'`ョ♪ヾ(o゚ェ゚o)ノォ'`ョ♪
3_20140923095717639.jpg

みんなもう室堂に戻っちゃうのかな?
2_201409230957155ba.jpg

テン泊さんたちは、のんびり朝ごはん中
4_2014092309571813c.jpg

チングルマの穂も、もうカサカサしてて終盤なんだけど、朝日を浴びてキラキラがきれい(๑→ܫ←๑)
6_20140923164951685.jpg

新室堂乗越へ。
7_20140923164953db3.jpg

くあー、たまらんわワ――゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。――イ
8_20140923164956260.jpg

ハイ、もうちょっと。
9_20140923164958d71.jpg

この日はのんびりなので、ゆっくり景色を見ながら歩きます。
10_20140923164948f09.jpg

雷鳥沢方面。
11_20140923165613ef0.jpg

おや、まだ目玉焼きがいたオォォー!!w(゚ロ゚)w
12_20140923165615156.jpg

神の山に降り注ぐ光。
神々しい
13_201409231656179ed.jpg

秋の色。
14_2014092316561999a.jpg

紅葉チングルマ( *´艸`)
16_201409231656111b4.jpg

さ、稜線に上がった。
奥大日の裏側って、予想外に荒々しかったΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
20_20140923165940e04.jpg

剱様がチラリズムヤ━━━━(*」´ェ`)」━━━━ン
21_20140923165942430.jpg

オヤマリンドウ、おねむ中
23_20140923165945ff2.jpg

紅葉のピークには、ちょっと早いんだろうなぁw
24_20140923165937a98.jpg

ナナカマド。
25_20140923170302fff.jpg

振り返る|д´)チラッ
26_20140923170304594.jpg

照れ屋の剱様、頭をちょっぴり隠してます(ノ∀\*)キャ
27_20140923170305f2f.jpg

天狗平。
いつか立山近辺を歩き尽くしたら、天狗平散策でもいいなぁ(しばらくはやらんw)
立山高原ホテルには泊まってみたいけど・・・(。・w・。) ププッ
28_201409231703076c2.jpg

鞍部に大日小屋ハヶ━━(´・ω『+』━━ン
富山市の夜景がきれいに見えるんだってねぇ
29_2014092317025919b.jpg

剱様wwww
30_20140923173016714.jpg

9:17、奥大日最高点着。
山頂と最高点が違うんですわ(;^ω^)
31_20140923173018909.jpg

剱様が顔出してくれるかなぁ?の淡い期待を込めてのティータイム。
kyazuさんからもらったおやつ
32_201409231730209d6.jpg

結局、最高に見えたのはこの程度ww
33_20140923173022b57.jpg

さ、山頂に向かいましょう
34_20140923173014d33.jpg

茎も紅葉するんだねぇw
35_20140923173706f8f.jpg

途中、黒っぽい池があった。
36_20140923173708db3.jpg

おや???

┬|ョ゚д゚*)カンサツ


(;-`д´-)ァレマ

ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ!!ΞΞ\( )/ΞΞギャァァァ!!( ;;゚;Д;゚;)/

37_20140923173710ac9.jpg

両生類的な爬虫類的なのはムリ((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

9:58、奥大日岳着。
38_2014092317371236a.jpg
特に何もないので、即下山www

途中、ミヤマリンドウが大乱舞してた゚+.o.+゚ルン♪ヾ(●’∀’●)ノ♪ルン゚+.o.+゚
43_20140923174454276.jpg

44_2014092317445648b.jpg

オヤマリンドウ
45_201409231744585a1.jpg

ワレモコウ
46_201409231744592d9.jpg

前に調べたんだけど・・・何だったっけ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
47_201409231744521d1.jpg
うっすらガスがかかってるのも、結構神秘的w
48_201409231752388a3.jpg

剱御前じゃないかな?って思うんだけど、雲の中から浮かび上がってきて、大歓声w
すげぇw
49_20140923175240723.jpg

滝(´ェ`)ン-・・
50_201409231752437bc.jpg

別の滝(´ェ`)ン-・・
51_2014092317524493b.jpg

52_2014092317523768f.jpg

53_20140923175640e0e.jpg

剱様は必ずどこか隠れてるヤ──(*ノзノ*)──ン
54_20140923175641792.jpg

シラタマノキ
55_201409231756430b5.jpg

地獄谷が見えてきた。
57_20140923175638845.jpg

もうちょっとで分岐
58_20140923175956dbb.jpg

キレイ.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
59_20140923175958777.jpg

雪解けが済んだばかりの場所には、まだ夏の花が。
秋と夏が混在する、不思議な場所。
60_20140923180001709.jpg

61_2014092317595277b.jpg

帰りたくないよー・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
62_201409231805079f3.jpg

64_2014092318051179d.jpg

でも帰るんです。゚+(。ノдヽ。)゚+。
12時丁度くらいかな?
山友に挨拶をし、見送ってもらいながら室堂へと移動開始マタネ―ヾ(●´・∀・`●)―!!
2日間、お世話になりました(人∀≦+))「有難う御座いました♪」
11_201409231811528a2.jpg

この雷鳥沢から室堂に向かう道が、一番切ない気がするのは私だけか???
結構いい登りしてんだよね・・・
65_201409231805139fe.jpg

ばいばい立山。
また来るよ。・゚・(*ノД`*)・゚・。
66_20140923180504e5f.jpg

雄山の神様も、また来年(つд⊂)
67_201409231815122a4.jpg

血の池
68_20140923181515308.jpg

みくりが池温泉にて、糖分補給タイム
ブルーベリーソフト。
69_201409231815163cc.jpg
ブルーベリーの味はせず・・・

みくりが池。
マジで帰りたくないんですけどー(;´Д`)
70_20140923181518b61.jpg

13:02、室堂に到着しちゃったヽ(冫、)ノ
71_20140923181511c6c.jpg

バスもケーブルカーも、思ったより混んでなかった。
美女平の駅で、ご当地サイダーを飲んでみる。
普通にサイダーだった(´д`;)
72_20140923181951d09.jpg

途中のホテルで温泉に入り、大好きな中宮祈願殿に寄ってお参りし。
73_20140923181953c43.jpg

富山の空は、いつも彩雲で見送りしてくれて。
79_20140923181955ccf.jpg

腹が減ったので、有磯海SAでブラックラーメンを食べてみるも、全然しょっぱくねーつうwww
ダメだろ、ブラックの名を語るなら、多少なりともしょっぱくなければwww
黒い普通の醤油ラーメンだった・・・(´ д `)
塩分をクレー、塩分を_ノ乙(、ン、)_
80_201409231819578d8.jpg

しょうがないのでお口直しに、蜃気楼ソフトを
82_2014092318292400a.jpg
普通によくある塩ソフトだったよwww

お土産と一緒に買ったの忘れてた・・・
81_201409231819493d3.jpg
んまかった(๑→ܫ←๑)
腹くっちぇZzz…(*´~`*)

来年また、泊まりで行けたらいいなぁ゚.+:。(*´v`*)゚.+:。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_09
21
(Sun)23:43

(人-ω-)゚*。★おやすみなさい★。*゚

とりあえず今日は、ドピーカンの立山を超満喫してきました。
今年度のわらじ納めをしちゃっていいくらいの、最高の山行でした
おかげさまで、家に帰ってから氷結ストロング9%を飲み干したら、現在泥酔状態でありますヽ(冫、)ノ

そして、このアホPC。
RAW画像は読み込めないようです,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、
なので、最新報告も出来ず・・・
ガラケーで撮ったのしかないや。。。
画像 010


新兵器は23日にやって来る。。。
そしたら改めて、皆さんのブログに遊びに行かせてもらいます(๑→ܫ←๑)

このPCじゃ、いろんな事が無理だ(ノェ`o)ウゥ


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_09
18
(Thu)01:38

2013年9月22日 立山三山Part2

あ、わらさんへのコメ辺、題名が「わら」になってる
全て重いPCのせいです。
ごめんねー(*ノ∀゚*)σァヒャ

重いついでに、お友達のブログとか開かないのもあります。
特に某みなみ○。
来週になったら、サクサクPCなんだからね!!

そんな感じで昨日、友達にPCがぼっこれた~の報告をしてました。
友達の部屋には、数回起動させただけのPCが眠ってるそうです。
そして、箱すら開封されてない、自分の肘置きになってるPCがあるそうです。
奴の言ってる意味が分かりません(;´・ω・)

私が肘置きになりますから(っ´ェ`c)キュキューン

PC下さい(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

未開封PCは、きっと我が家に届くはずだ。



さて、別山から真砂岳に向かいます。
途中見えた雷鳥沢がキレイだった
38_201409180024526d0.jpg

11:25、真砂岳着。
標識らしき物はなし(;´・ω・)
39_20140918002455ed5.jpg

富山市方面には、雲海が沸いていた(๑→ܫ←๑)
40_2014091800245632b.jpg

前の年はがーすーで見えなかった、この稜線の美しさ
41_2014091800245809d.jpg

前の年に一緒に歩いたNにも見せたかったよ~、こんなにきれいだったんだよ~。・゚・(ノД`)・゚・。
42_20140918002450561.jpg

さ、次は富士ノ折立へ。
岩が荒っぽくなってきました((o(´∀`)o))ワクワク
43_201409180034386a0.jpg

内蔵助カール見えたーィェ━━v(o´∀`o)v━━ィッ
内蔵助小屋って、すんげーとこに建ってんな・・・
44_20140918003440e27.jpg

なんとなく高度順応は出来ても、一旦体がグーッと弱ったので、全快はしません。。。
この登りもきつかった(´д`;)
45_201409180034421b0.jpg

何度も振り返って劒を見て、自分を励まします(●'д')bファイト
46_2014091800344432f.jpg

富士ノ折立の近くに来ると、黒部湖が見えました。
その向こう側には裏銀座。
自分で登った時は全然気づかんかったけど、針ノ木岳って尖がってんな( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
47_20140918003437955.jpg


はぁ、もうちょっとで平らなとこに上がれる・・・
そして、さよなら劒(´;ω;`)
49_201409180043130bd.jpg

そして、折立に登るのはムリヽ(冫、)ノ
って思って休憩してたら、上からボスが「来ないの~?」と呼ぶ。。。
やはり、行かねばならぬのか・・・
50_20140918004315a8a.jpg

折立に張り付きながら見えた風景。
51_20140918004317f50.jpg

右を見れば、あれ?大汝ってあんなに近くだったの?
5分くらいで行けそうww
52_20140918004319640.jpg

12:28、富士ノ折立着。
看板多すぎ(;′△`)
53_201409180043102a4.jpg

そして岩ゴロの道を歩くと、12:50、大汝休憩所着。
54_20140918004854dc4.jpg

「春を背負って」の舞台になった菫小屋は、この大汝休憩所を使いました。
うちらが下山した翌日に、木村監督が立山入りしたという。。。残念ヽ(冫、)ノ
55_201409180048560b9.jpg

前の年は、岩の上には乗ったけど、立つのが怖くて座って撮ったので、一年の山篭りの成果を見せる為、立ち上がる!!
だってこの岩の上が最高峰だもの。
57_20140918004858dc1.jpg
って、そんなにたいした事じゃねーよ(つд⊂)

雲海すげーぞーワチョ――ヽ(・∀・)ノ――イ♪
58_20140918004900ced.jpg

再スタート。
59_20140918004852368.jpg

次に目指すは、雪野的最大の目的、雄山。
神社が見えてます。
60_201409180053360c3.jpg

と、ここで雪野さんに続き、ボスも若干バテてきたww
登山道が狭いので、邪魔にならない岩の上で小休止。
この景色を見ながらティータイム。
最高のおやつであります
61_201409180053383a5.jpg

皆さんに、最後のご挨拶。


てるぼーよ、あれが雄山神社だよ。
62_20140918005340c70.jpg

うげー、雲海が襲ってきたー
63_20140918005341cc5.jpg

さ、急いで雄山神社へ向かいましょう。
64_201409180053352f1.jpg

雄山神社の社務所で神札やら御守りを頂き、13:49、雄山峯本社へ。
65_20140918010333cec.jpg

この峯本社が最高峰
67_201409180103382e2.jpg

って事より、毎年の登拝が目的(-人-)
66_20140918010335db0.jpg

参拝を無事に終え、次に向かいます。
登拝の次の目的である龍王岳が見えた。
68_201409180103392fb.jpg
だけどこの時点で14:31。
無理に登ると、小屋に戻るのは5時過ぎる。
それは小屋を利用する者としてはありえない時間です。
龍王は諦め、小屋に戻ります。
て事で、題名は三山になってるけど、二山でリタイヤしたんですww

ばいばい雄山、また来年サヨ~ナラ~(´Д`)o尸
69_20140918011305a2b.jpg

そして、山友が教えてくれた、マップ上では名もなき道になってるけど、神の道と呼ばれるルート経由で雷鳥沢へと戻る。
このルートは、雷鳥沢ヒュッテのオーナーが切り開いたと聞いたけど・・・
室堂へ向かう道と違い、人もいなくて静かで気に入りました
70_20140918011307d36.jpg

kyazuさんも初めて知ったルートだったらしい(*´益`*)ニタァ
71_20140918011310837.jpg
来た時より、明らかに色づいた。

名残のチングルマ
72_2014091801131203c.jpg
73_201409180113036a2.jpg

浄土山に行けなかったぜ~と思いながら何となく撮った写真。
後で見たら、右上に幻日が出てたw
74_20140918011900fb9.jpg

あぁ、すげぇ
やっぱ、立山最高
75_20140918011902b9b.jpg

77_20140918011907cef.jpg

78_20140918011859762.jpg

76_20140918011905d54.jpg

信仰の山。
82_20140918012127b76.jpg

83_20140918012130e0a.jpg

84_20140918012132cb4.jpg

16:03、雷鳥沢キャンプ場着。
85_20140918012134f77.jpg

タダイマε=ε=ε=ヾ(*′Д`*)ノ
86_201409180121259a2.jpg

17時半のご飯まで部屋でダラダラと酒を飲みww
食堂へ行ったら山小屋とは思えない豪勢な食事オォォー!!w(゚ロ゚)w
ほとんどが手作りだそうです
87_20140918012558780.jpg

88_201409180125590b9.jpg

山友から生ビのサービス
サンキュ──ヾ(*´∀`*)ノ──♪
89_20140918012601ea6.jpg

あーっつい温泉に入って、そしてもう7時くらいから寝ちゃったんだっけ・・・
何だかコンコンって音がする。。。
いや、気のせいだろう。
コンコン・・・

Σ(゚Д゚;)アッ

仕事が終わったら、ちょっと話そうぜって、私が言ったんだったwww
急いでドアを開けると、山友が立っていて「え、もう寝てたん?はやっ(´д`;)」ってお前・・・
山の夜は早いだろ!!!
と、食堂で小一時間ほど話をして、山友も翌日の仕事があるので解散。
一時間でも久々にゆっくり話せてよかったわ(。・w・。) ププッ

さてさて、明日も別の場所を歩くぞ
立山二山、最高の景色を(人'▽`)ありがとう☆
ついでに低酸素に強い体を下さい(ムリ)
立山



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_09
16
(Tue)00:09

2013年9月22日 立山三山

PC重いし体も重い_ノ乙(、ン、)_
家でヒッキーしてた方が、体調悪くなるらしいですヽ(冫、)ノ

サポートの終了したXPでラインを繋げるのも怖いので、先ほどBBの仲間たちには「10日ほどさらばじゃー(ヾ(´・ω・`)」と挨拶しておきました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

PCの方は、結局一年の間に3度目のクラッシュって事で、もう修理とか諦めました(´д゚ll)
痛いです。。。非常に痛いです・・・金銭(´д゚ll)
今週末、行きたいとこがあったんだけど、悩み中ヽ(冫、)ノ
モニターは今のを継続で使って、本体だけ購入。
昔みたいにゲームして遊んだりって事はないので、そんなにハイスペックでなくてもいいのかなと思い、そこそこの・・・
でも、低脳ではなさげなやつにしました( ´,_ゝ`)プッ
買ったばかりのグラボを外してから、リサイクルに出そう・・・


さて、最新ネタもないので、これからの季節の為に、去年の紅葉山行をUPして行きたいと思います
去年はかなりいい赤を見せてもらったので、赤を追い求める参考になればいいかな?と思います(๑→ܫ←๑)
とはいいつつも、PCがこれなんで、一気に書いて更新できない模様です・・・


さて、去年のお彼岸は連休でありました。
うちの会社、秋は土曜休み&祝日なんてないと思え!な会社なのですが、お彼岸にかかってる秋分の日だけはきっちりあります。
前の年は日帰りで急ぎ足で駆け抜けてしまった・・・
ゆっくり過ごしたいぞー。゚(゚´Д`゚)゚。てな感じで、立山に行く決意をする( *`ω´)
初めて山という場所に興味を持って、いつか行ってみたいと思ってた場所。
それが立山。
ここはきっと、毎年行くと思います(人´∀`*).☆.。.:*・゜

で、kyazuさんと、この年のいつだったか、劔の山頂から見えた室堂方面の景色が、箱庭みたいでキレイだったから見てみたいというボスと3人で、立山に乗り込みました。

前泊の車中泊だったんだけど、あまり眠れず、睡眠不足のまま始発のケーブルカーに乗り込みます。
このチケットを手にする瞬間が、ほんとうれしい1_20140915223658fd0.jpg

ただいま、立山ヾ(〃゚ω゚)ノタダィマ☆
2_20140915223700d92.jpg

この日は朝から快晴で、バスで移動中も空に幻日が出たり彩雲が出たり虹が出たりの大忙しな空だったんだけど、室堂に着いて雄山を見たら、雄山の真上に太陽が昇り、それを囲むようにハロの輪っかが゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚
さすが神の山。。。神々しすぎる。*゚+。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
7:10、室堂スタート。
3_20140915223702931.jpg

でも雄山にはまだ行きません。
先に小屋に荷物を預けに向かいます。
もう草紅葉真っ盛りでした
5_2014091522365694e.jpg

6_201409152314032e5.jpg

逆さ雄山
現在、一年ぶりにこの写真を見ながら、超興奮してますww
8_2014091523140591e.jpg

雷鳥荘が見えてきました。
9_20140915231407817.jpg
お宿は、ここではありません。

まだ、紅葉全盛ではなさそう(;^ω^)
テントの方がカラフルだね
10_20140915231409cb4.jpg

9月はずーっとお天気が悪くて山に登れてなくて、一ヶ月ぶりの青空登山でした。
あ、でも、全く登らずに立山に行くのが怖かったので、前の週に菩提寺~高立はやったんだな、雨の中・・・ww
11_20140915231401f4d.jpg

お宿到着ヽ(´▽`)/
雷鳥沢ヒュッテです。
実はここで山友が働いてたので、会いに行くがてらの初お泊まりw
しかも、諸事情があって山友と連絡が取れてなかったので、いきなりのびっくりご対面となりました。
目の前に行くまで、しばらく気付かなかったからね( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
マジでビックリしてたしww
12_20140915232200b13.jpg

で、荷物を預かってもらって、ザックを軽くして、8:07、立山三山逆走コースでスタート。
13_20140915232203979.jpg

雷鳥坂を上がる為に、橋を渡りますε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
14_201409152322052ea.jpg

お宿とテン場。
とにかく空がキレイ
15_2014091523220753a.jpg

100%ではないけれど、十分すぎる紅葉の色(๑→ܫ←๑)
16_2014091523215814c.jpg

そして、人ww
17_20140915232910edf.jpg

18_20140915232825cfb.jpg

雷鳥坂を上がり始めてすぐ、足が重くなってきます( ´ ω ` )
息切れもすごくなってきます(*´д`*)ハァハァ・・
あ、やべぇ・・・去年に引き続き、高度順応できてねぇ・・・
立ち止まっては景色を見と、気分を紛らわそうとしますが、歩き出すとまた苦しい。。。
19_20140915232827c33.jpg

20_20140915232829adc.jpg
kyazuさんがすぐ異変に気づき、ゆっくり歩くようにと言ってくれました。

去年、Nと歩いた大走が見えるなぁ、すごい斜度だったんだなぁ(´;ω;`)ウッ…と思いながら進みます。
21_201409152328316a4.jpg

あそこを登りきったら、稜線に上がれるのだろうか・・・
23_20140915233428d03.jpg
昔、立山の景色を教えてくれた友達が、標高差500だか600を上がるのに、2時間かかるんだよ
その意味が分かるか?って言ってたのが、この雷鳥坂でした。
厳しいヽ(冫、)ノ

kyazuさんには、とりあえず御前小屋まで行って下山するか考えるって言うくらい、体調が最悪でした(;´Д`)
でも、雄山の神様が待っている。。。という気持ちもあり。
24_20140915233430c66.jpg

9:48、御前小屋着。
この小屋は友達が好きな小屋らしく、一回見ておきたかったのだ。
25_20140915233431f8f.jpg

稜線に上がると、若干元気が出てきます。
御前小屋から十数分、雪野さんのテンションを最大に上げるものが見えてきましたワァ──ヽ(〃v〃)ノ──イ!!
26_20140915233433189.jpg

テンション上がってる風だけど、全快ではありませんww
27_20140915233426a53.jpg

最大の憧れの山、剱岳。
28_2014091523462293d.jpg

反対側には雄山も見える。
絶対登ると誓った、龍王も見えてる
29_20140915234624e4e.jpg

別山に向かいながらも、劔から目が離せません(*´ω`*)
30_20140915234627eb5.jpg

息も絶え絶え、別山着。
別山からたかだか10分で行ける、北峰に行く事すら拒否。
だって・・・

死亡( ̄ω ̄;)

31_20140915234629b00.jpg

立山三山の社一つ目、別山神社。
別山の神様に、今日の山行が無事終わりますようにと(-人-)
34_20140915234620de6.jpg

合成みたいなこんな景色の中、雄山に向かって突進じゃーε=ε=ε=┌(;´゚ェ゚)┘
35_20140915235758b19.jpg
って、足取り重いヽ(冫、)ノ


そういえば今年行った時、浄土山のお社ってあったっけ・・・あれ?(o゚ェ゚o)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_09
14
(Sun)14:03

2014年9月7日 苗場山

だらだら~っと昼寝したいとこだけど。。。
本日、地元はお祭りの真っ最中で、現在も部屋の下でお祭り衆がご祝儀集めの太鼓の音やら笛の音やら、もう寝れる訳がない(´゚ω゚):;*.:;ブッ

あぁ・・・(*ㅎωㅎ)ウトウト・・・zzZ

子供たちが山車を引いてるのに、急に豪雨になったりで、風邪引かなければいいけどね(´д゚ll)



さて、先週の日曜になりますが、所属している山岳会の山行で、苗場山に行って来ました。
苗場山は去年の8月末に初めて登りましたが・・・まだUPしてませんァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

登山口である、小赤沢に向かう為に、秋山郷に突入
すごく・・・長いZzz....(_ _*)・.。*
山に入ってから、ものすごく長いZzz....(_ _*)・.。*
細いくねくね道を、どれくらい進んだんだろうなぁ・・・
それだけで登る前に疲れた(運転してないんだけどww)

8:20、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
出発時は雨が降っていて、ダメなら温泉だねぇなんて言ってたのに、スタート時には快晴
1_2014091413123221c.jpg

スタート地点は三合目らしい。
2_20140914131234cda.jpg

雨のおかげで、足元はドロッドロ
3_20140914131234fc2.jpg

ここもかなりの根っこロードでした(。・w・。) ププッ
4_20140914131236130.jpg

5_201409141312379b3.jpg

8:17、4合目。
右に行くと水飲場があるらしい。
確かに水の音はしてた。
6_201409141327221a1.jpg

ゴゼンタチバナの真っ赤な実。
7_20140914132724165.jpg

足場は悪いですが、かなりゆるゆる登山道で、全く疲れませんΣ(⊙▽⊙"a
6:16.五合目。
8_20140914132725099.jpg

五合目ちょっと過ぎで小休止。
ナウシカみたいな、こんなのが好きだ(๑→ܫ←๑)
9_2014091413272607c.jpg

標柱の文字も消えてるし、もはや何合目なのかも分からぬが・・・
お花がいっぱい出てきました(。→ˇ艸←)
初めて見たんだけど、すっごくゴージャスな子だ
オオシラヒゲソウ
10_201409141327279c4.jpg

11_201409141335000a5.jpg

トリカブト
12_20140914133502fcf.jpg

ヨメナ
15_20140914133504708.jpg

オニシオガマ
64_20140914133505976.jpg

そしてこの空_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
13_201409141335023bd.jpg

そして、岩が増えてきて、テンションあっぷー
みんなはしんどそうだった(;^ω^)
14_20140914134155372.jpg

右手はロープ、左手は鎖。
しかも右側は登りにくそう・・・って事で、左をチョイス。
でも、岩の足場がしっかりしてるので、鎖はいらないよ、ここw
16_20140914134157613.jpg

更に進むと、どっからロープぶら下がってんのwww
17_20140914134159337.jpg

18_2014091413420098e.jpg

ここも、紅葉はじめました
19_2014091413420173c.jpg

濡れた岩場のトラバース。
ここは慎重に。
20_2014091413460244a.jpg

この岩場は、ちょっと悩む場所でした。
濡れてる上に足場がほとんどない(;´д`)
力ずくでなんとか。。。
帰りが心配(´д゚ll)
21_201409141346045bc.jpg

山を始めたばかりの人だと、なかなか岩場の経験も浅いので、この岩の連続でだいぶパワーを使ってしまったようでした。
緊張するしね(;^ω^)
22_20140914134605141.jpg

23_20140914134607b63.jpg


24_2014091413460811f.jpg
無駄に掴んでみただけブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

気持ちいいわーヽ(´ω`)ノ
25_20140914135123d40.jpg

10:38、8合目。
もうすぐ湿原に上がれるかな
26_20140914135125580.jpg

10:46、坪場。
上がったーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
27_20140914135125c29.jpg

やばい・・・会長の向こうに見えてる荒々しい山が、かっこよすぎる♬゚+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。♡
28_20140914135127a19.jpg

調べたら鳥甲山ってやつらしい
会長が何度も「トリカブト山ってどれだー」って言ってたんだけど、雪野さんすっかり「チョウコウサン」だと思ってたのでwwww
低脳って悲しいズ―――(-ω-ll)―――ン
最近、ブロ友さんのコメントで聞いた山だね(。・w・。) ププッ
29_2014091413512810a.jpg


と、ここまで書いて、三度目のPCクラッシュ
本体がピーピー言って起動しなくなりました
さすがに3度目はもうダメだ_ノ乙(、ン、)_
もう6年使ってるしな・・・
て事で、毎度のサブPCでフリーズしながら書いてます・゜・(ノД`)・゜・

山の麓だったり、せめて中腹だったりで広い湿原が広がるってのはあるんだろうけど、この苗場山、山の上がだだっ広い湿原になっているという。
だから別の場所から山頂を見ると、テーブルマウンテンみたいになってます
この写真で見えてるのは、ほんの一部。
30_20140914154747fff.jpg

32_201409141547491a0.jpg

池塘もいっぱいw
33_201409141547508da.jpg

空の青が写ってキレイだね
31_20140914154748107.jpg

リンドウ団地
34_20140914154752123.jpg

ナナカマド、紅葉はじめました
35_20140914155006a20.jpg

早すぎるかなぁ?って思ってた草紅葉も始まっていて、会長とよかったね~なんて言いながら進む。
36_20140914155008140.jpg

途中、神様がたくさんいらっしゃいましたw
一番奥に鎮座されるのは、やっぱり天照様(-人-)
37_20140914155009a13.jpg

ほんと広い
38_201409141550102e8.jpg

39_20140914155012b8e.jpg

何人か、足取りが重くなっていたので、ゆっくりゆっくり進みます。
その日の体調だったり、慣れない歩きだったりすると、しょうがないですからね。
私も周りにサポートして貰った事が何度もあるので、キツさはわかります(;^ω^)
気を紛らわせる為に、花だったり景色だったりを見るように仕向けます(。・w・。) ププッ
気持ちの余裕がなくなると周りが見えなくなって、この雄大な景色を見る事すら忘れてしまいます。
花や景色を見た方が、体が楽になるって信じてるのでww
40_20140914155308dd3.jpg

雪野さん、会長ラブなので、だいたい会長の近所を歩いてます( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
41_20140914155310c52.jpg

小屋の屋根が見えてきた(๑→ܫ←๑)
がーすー吹き抜け中(´Д`;)
42_20140914155312049.jpg

もうちょっともうちょっと
43_20140914155312178.jpg

11:39、全く展望のない残念な山頂着(つω-`。)
44_20140914155314cb9.jpg
でも山岳会の方曰く、昔は展望が良かったんだって
周りの木が成長しちゃったせいらしい・・・

5_20140914195820bd6.jpg

山頂からちょっと移動したとこでランチタイムヽ(*´∀`)ノ
多分、谷川方面になるのかな?
雲海を眺めながらのランチ
6_20140914195822f2b.jpg

この日は味付け肉
8_20140914195825166.jpg
忘れていた・・・
原信の味付け肉は、ジンギスカン味で甘い事を・・・(´д゚ll)

肉のお供
7_20140914195824b4e.jpg

会長からもらったおやつ
9_2014091419581800a.jpg

12:35、のんびりしてたいけど、下山開始です。゚(゚´Д`゚)゚。
10_20140914200232f9e.jpg

11_20140914200233d63.jpg

ほんと、儲けもんの空だったなヽ(´▽`)/
12_20140914200240367.jpg

13_20140914200244f16.jpg

ここにもモウセンちゃんが居たけど、木道が高くてしゃがむのが大変で、写真は微妙(;´Д`)
14_20140914200230e6c.jpg

みんなでこの景色が見れてよかったね(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
15_20140914200610f53.jpg

青と白もきれいだし(*´∀`*)ノ。+゜*。
16_20140914200612ee2.jpg

17_201409142006141ce.jpg

小学校と幼稚園の年中さんって言ったかな?
そんな小さい子達もがんばって歩いてました(;゚Д゚)!
18_2014091420061665a.jpg
将来、かっこいい山男になれよ(*´益`*)ニタァ

下山はとにかく6合目までの岩場に要注意しながら下ります。
足が疲れてるのに、結構な岩場ですからね。
てか、ロープwww
19_20140914200608f85.jpg

岩場もなんとかやり過ごし、のんびり下山します。
20_2014091420114936b.jpg

ここの木の根もすごいなw
21_2014091420115134f.jpg

22_20140914201153630.jpg

これは、大きな木に小さな木がぶつかって、折れ曲がっちゃってるの図。
木のトンネルだねΣ(゚д゚lll)
23_20140914201155161.jpg

15:15、無事下山。
お疲れ様でした
24_20140914201147bc0.jpg

この後、温泉も入らず急いで帰る。
前に使ってたレンタカー屋さんは、結構融通の利くとこだったので、鍵はポストに入れておいてくれれば、返すのは翌朝まででいいよ~だったんだけど、そこが使えなくなっちゃったので、別のとこは基本6時までに返してくれと・・・
電話入れれば8時くらいまでは待ってもらえるけど、そうなると移動範囲が狭まってきちゃって、なんとも切ない感じであります(。・´ェ`・。)




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_09
11
(Thu)23:14

2014年8月31日 茂倉岳Part3

今日は定時で上がったぜ~

って、昼からクシャミ、鼻水、頭痛、倦怠感、もろもろの風邪の症状のようなものが出まして。。。
昨日から寒冷蕁麻疹が出まくってたので、予防の為に今日の昼にアレルギー薬を飲んだんだけど、それが利き始めるであろう3時ごろ、鼻水もクシャミもスーッと止まったので、秋の花粉症かなぁ?とも思った。
が、しかし、5時には症状復活┌┛┌┛ズコ!
今日は早く帰って安静にしよう。。。と、帰って参りました。
寝れば治るだろうってのが、昭和的発想だよなぁと思うァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
家に居る分にはそんなに体調も悪くないので、会社アレルギーかもね(´∀`*)ウフフ


さて、12:16、一ノ倉に向かって出発。
最初の予定では、茂倉→武能→蓬新道からの下山ってコース予定でしたが、6時出発じゃ時間が足りないのであります。
なので、まだ谷川を踏んでないMちゃんにかこつけて、一ノ倉経由で谷川に行こうぜ!に変更。
これならギリギリの計算でしたが、どっちにしろスタートが6時に出来てない訳ですから、多分ムリだろうなとww
そして、このガースーなので、谷川も中止。
とりあえず、一ノ倉はすぐに着けるので、一ノ倉まで行って、来た道を戻る行程に変更。

道中、写真を全然撮ってなかったようですが、結構な細い稜線で、ここの岩の特徴なのかな?
結構、滑りやすいので注意しながら歩きました。
昨日使った写真だけどね。
66_2014091100224607a.jpg

キンコウカも終盤かなぁ。
67_20140911002247df7.jpg

ほんとは、あっちこっちに繋がってるであろう稜線が見渡せたはずですが。。。

がーすー( ̄ω ̄;)

しょうがないので、相変わらずのバカ話をしながら、ゲラゲラ笑い声だけががーすーの中でこだましてるのでありました(´゚ω゚):;*.:;ブッ

12:34、がーすーの中に、数名の他人様(*`Д『+』)ハッケン!!
一ノ倉に着いたようです。
68_20140911002248743.jpg

標柱のすぐ近くに、ちっさい避難小屋。
お二人様仕様ですな(;^ω^)
70_20140911002251f0f.jpg
でも、慰霊碑の脇の小屋は、ちょっとなぁ。。。(;´д`)

しかも、戸を開けたらすっげー蒸し暑い空気が流れ出てきて「あつっ!」と叫んでしまったww
近所に居たおじさんが「夜になれば涼しくなるよ」って(´゚ω゚):;*.:;ブッ
69_20140911002250838.jpg

山頂コーラをキメ、御満悦中のAくん。
谷川に行けなくて、ションボリ^ヌなMちゃん。
71_20140911222801fc7.jpg

つーかMちゃん????????
73_201409112228038d7.jpg

ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

葉っぱ仮面の材料でありますwww
葉っぱ仮面の詳細→http://yukinobluesky.blog.fc2.com/blog-entry-102.html

山頂のすぐ近くにありましたが。。。
肝心の三角点はどこー(´д゚ll)
笹の中もちょっと探したけど、ねかったヽ(冫、)ノ
74_20140911222804932.jpg

リンドウ団地
75_20140911222806470.jpg

小屋に戻って、ここでMちゃんからもらったゼリーを食べようかとも思ったけど、ヤバイの頭でおやつタイムを取る事とします。
ほんと、道中スライドした人って、10人ちょいくらい。
半分くらいは谷川から縦走して来た人たちだしねぇ。
茂倉から登ってくる人は少なかった。

下山中、風が結構強く吹いてきました。


流線型が素晴らしいwww
76_201409112228075ea.jpg

湧き上がるがーすーがふと切れて、景色が見えると歓声が上がりますw
77_20140911223802356.jpg

4_20140911224651d40.jpg

14:09、ヤバイの頭が見えて来ました。
下山も長い( ̄ω ̄;)
78_201409112238030c6.jpg

谷川連峰の主稜線は、見事にがーすーの中ww
見事すぎるわww
79_2014091122380569c.jpg

そして、登山道で荷物をまとめながら、なんだかしずくが滴ってる兄さん2人。
どうやら沢登りをして這い上がって来たらしく、うちらの後から歩いてきたんだけど、普通のスニーカーで超速で追い越して行かれましたww
すげーよ、あの2人ww

でも、Mちゃんもすげーよwww

14:33、やっとこヤバイの頭に到着ヽ(冫、)ノ
歩いてきた道を振り返る。
やっぱなげーよ!!
80_20140911223806e57.jpg

ここでエネルギー注入。
81_20140911223807128.jpg

Mちゃんお手製の、バナナパウンドケーキ
82_20140911224443d13.jpg

(゚д゚)ウマー

登りが急登だった訳だから、下山は激下り
転ばないように慎重に歩きますが、一歩足を出す度に、ボスが変な声だったり言葉だったりを吐き出しますww
それがもうおかしくて大爆笑するので、脱力して歩けなくなりますww
ボス曰く、年をとると声を出さなければ歩けないそうです(´д゚ll)

大きなブナの木を見上げながら。
83_20140911224444eee.jpg

84_201409112244469b0.jpg

紅葉の時期も、またよさそうだねぇ(๑→ܫ←๑)
85_2014091122444891b.jpg

ゴールが近くなると、ほんとに滑り落ちるような斜度に変わります(;´д`)
86_20140911224449c7d.jpg

がんばれがんばれ
87_20140911225210c3a.jpg

カレーキノコ(p☆ω☆)p 。+゚キラリン゚+。
88_20140911225212047.jpg

朝は聞こえなかった、車がビュンビュン走る音。
登山口は、関越トンネルの入り口の脇。
8月最後の日曜だったから、お出かけしてる人が多かったかな?
16:35、無事に駐車場にゴールヽ(´ω`)ノ
89_20140911225213bf2.jpg

通り道にあった温泉に入り、湯沢の道の駅で越後もち豚ステーキ定食を食べ。
90_201409112252148a8.jpg

高速のSAで、コーヒーソフトを食べ。
91_20140911225216739.jpg

翌日は、ほんのり腿筋の筋肉痛というお土産をもらった、そんな茂倉岳@BB山行でありました(๑→ܫ←๑)

泊まりの偵察の為に登ってみましたが、やっぱガスのない状態で、山頂からの景色を見てみたいので、やっぱ泊まりで行くかな(ノε`*)ンププ
来月あるはずだった市民登山も、会の諸事情でやらない方向って事になったので、ほんとにやらないなら、その日に泊まりに行こうかな。
でも会長に「そしたら新規会員さんが来ないよ?」って話をして「あぁ、そうだなぁ」って事にもなり。
でも10月だけで、よその山岳会様の市民登山が2回もあるから、やるなら新緑の季節でもいいのかなぁ。。。とも思いました。
私がそうであったように、山歩きをしていても、周りに同じような仲間が居なくて、どうしたらいいのか分からず、たまたま市民登山に参加して、会に拾ってもらって楽しむチャンスが欲しい人も居るかもしれません。
だから、市民登山は、個人的には無くして欲しくないなぁ・・・と。
ま、マジメに山と向き合ってる方ならば、いつでも募集中です
遊んでばっかの山岳会ですけどねww


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_09
11
(Thu)00:37

2014年8月31日 茂倉岳Part2

今週末、三連休ってほんとけーp(i|l´∀`*)ノん...?
なぜうちの会社は一連休(。-`ω´-)y-・~~ウーン

(~ _△_)~ zzzZZZZZZ


おととい、どこだったかで今年引いたおみくじに付いてきた、根付のトンボ玉がパッカリ割れた・・・
お守り代わりに携帯に着けてたんだけど、携帯を持った瞬間にパッカリと・・・
tonbo.jpg


不穏( ̄ω ̄;)




茂倉の続き。

どこまでも続く尾根に、愕然とするも、進むしかないので進む事にする。
1_20140910001650ac3.jpg

でも、ヤバイの頭から先は、沢山のお花が出迎えてくれました
34_2014090923194781c.jpg

35_20140909231949b05.jpg

36_201409092319509c9.jpg

37_20140909231951b60.jpg

この花、初めて見たよー∑(´Д`*)ノノ!!
41_2014091100040225a.jpg

モウセンちゃんもいた
39_20140911000400041.jpg

ここを超えたら、パラダイスが待ってるのだろうかワクワク(((*゚▽゚*)))ワクワク
40_20140911000402ced.jpg

じごくー┌┛┌┛ズコ!
42_2014091100040349b.jpg

まだまだ終わらぬ・・・
44_201409110004051d0.jpg

ヤバイの頭を過ぎると、急登もあまりなくなるとかってのを、あちこちで見かけたけど、しっかりと急登が続きます⊂⌒~⊃。Д。)⊃アウアウアー
しむー_ノ乙(、ン、)_
そして、標高がじわじわと上がってくると、がーすー発生
47_20140911000550009.jpg

そしてこの日から、お花の群生は○○団地と呼ぶ事になりました(ボス命名)
フウロ団地
48_20140911000551d34.jpg

がーすーの中に突入ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
49_20140911000551f94.jpg

これ見た事あったよな(。・w・。) ププッ
50_20140911000553819.jpg

小屋まだかよ!とかブツブツ言ってると、ボスがなにやらジェスチャーで訴えかけてる。
後続3人は「p(i|l´∀`*)ノん...? 」
どうやら、小屋があったよと、家の形のジェスチャーをしていたらしい(´゚ω゚):;*.:;ブッ

10:30、茂倉岳避難小屋着。
51_201409110005547b4.jpg

実はこの避難小屋のチェックの為の、今回の山行でありました。
そのうち泊まりたいなぁって思ってたので、超ザックで登れるのかどうかの検証。
日帰り装備でもきついのに、超ザックだと。。。悩める( ̄ω ̄;)
54_20140911001233c96.jpg

53_20140911001232587.jpg

とてもキレイな避難小屋でした。
隣に別棟でトイレも完備。
避難小屋の名にふさわしく、シュラフもいくつか置いてありました。
57_201409110012377fb.jpg

さて、ここでランチタイム。
仕事で帰りが遅いので、ご馳走を仕込む時間もなく、今回はレトルト満載。
マルシンハンバーグを焼いて、レトルトパスタにドンッ
やっぱ肉はイイです
55_20140911001234fe2.jpg

56_2014091100123577a.jpg
ほろよい3%なんていう名前の、メロンソーダジュースもしっかり飲み、御満悦(´∀`*)ウフフ

ランチの後は、しっかり歩きましょう。
11:43、小屋出発。
相変わらずのがーすー( ̄ω ̄;)
58_20140911001550cd4.jpg

紅葉はじめました!
59_20140911001551aab.jpg

トリカブト団地。
60_20140911001552229.jpg

2_20140911001953253.jpg

12:00、茂倉岳山頂着ヽ(´ω`)ノ
なんも見えねーヽ(´ω`)ノ
そして、ビックリするぐらいに、他人様がいねぇ∑(´Д`*)ノノ!!
61_2014091100155454c.jpg

何も見えねーけど、テンションは上がるー
イェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィ
62_20140911001555539.jpg

BBポーズ完成版
雪野さん、股丸出しだな、これwww
3_20140911003112e10.jpg

BBポーズとは。。。
ぶりぶりぽーずの意味であり・・・
ようは、朝のお勤めが無事完了しますようにとの意味を込め・・・

快 便 祈 願 !!

山行前の皆様が、スムーズに朝のお勤めが出来ますようにの願いを込めて、祈らせていただきました(-人-)

山頂にて、ボスが凶器を出しましたΣ(‼❍ฺω❍ฺ‼)


てな事で、何も見えないけど、とりあえず一ノ倉に向かいましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
66_2014091100224607a.jpg


眠すぎて、一気に書けねーよ(*ㅎωㅎ)ウトウト・・・zzZ


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_09
08
(Mon)00:36

2014年8月31日 茂倉岳

最新報告

いつぞや買ったレンズ。
歩いてる振動で、下に向けてるレンズが勝手に伸びてくと言う。。。
お腹のとこにカメラを固定するベルトしてるんで、レンズが伸びると股間が非常にまずい見た目になるのだ(´゚ω゚):;*.:;ブッ
と、カメラの先生である友達に「股間が恥ずかしいんだよ」と言ったら「ロックかけろよ」と言われ。

p(i|l´∀`*)ノん...?

3_201409072307257d4.jpg

こんな素敵機能があったとはwwwww

「お前バカだろ?」と2回言われましたァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
大事な事なので、2回言ったそうですァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

そんな恥ずかしい股間な感じで、今日は快晴の会山行

全然疲れない登りって、結構初めてな感じ?ww
途中から岩場に変わったので、なおテンション上がったかも
しかも、どっからロープ降りてんだよって感じでww
つか、ロープなんて使うと、逆に登れねぇ(;´д`)
2_20140907230724d77.jpg

だがしかし、酔っ払い下山で難儀だったので、会長とダラダラと降りてきましたww
1_201409072307233c0.jpg

この前、初めて一緒に登らせてもらった会員さんが、今日はちょっと調子が悪く、山頂手前から足が動きにくくなってきて。
前回の感じでは、結構足取りがしっかりしてたんで、今回も大丈夫かな?って思ってたんだけど、今日見てた感じでは、ちょっとペースを上げすぎと、多分岩場やロープ&鎖の経験が浅くて、必死になっちゃったかな?って感じでしたね。
岩に上がる時、足を必要以上に高く上げちゃうから、筋肉をいつもより使っちゃった感じでしたね。
そんな自分をすごく悔しがってたので、あの方はこれからも伸びていく方だと思います。
私はここまでって諦める人は、それ以上は伸びませんから。



さて、8月の最終日曜。
山を始めた頃、この本を読んでから、ずっと行きたかった茂倉岳。
新潟100名山新潟100名山
(2010/07/06)
新潟県山岳協会

商品詳細を見る

ここに「大いなる平凡な山」とかって紹介されてるんだよね。
その平凡って響きが好きで、ずっと行ってみたかった山。
でも力がつくまでは、チャレンジ出来ない山でした。

アホの人たちに声をかけたら、Aくん&Mちゃんが、毎度同行してくれて
仕事が忙し過ぎて、山とルートだけを伝えて、あんまりあれこれ動かなかった私ですが、この2人は自分でリサーチしてくれるので、安心して放置できますww(放置はやめろww
前日夜、ボスが緊急参加表明。

6時スタートの予定でしたが、結局は6:43スタート。
1_201409072327235cb.jpg

どこまで入って来てんだよ(;´д`)
3_20140907232726245.jpg

さてこの茂倉新道、のっけから急登です(´д゚ll)
4_20140907232728f58.jpg

5_2014090723272908e.jpg

7_20140907234059049.jpg

4_20140907235644b01.jpg

スタートからしばらくは、急登が続くって書いてあったけど、次のポイントまでの2時間半、ずっとこのまま急登だったらどうする??ってMちゃんとうんざり気味に話します(;´д`)
気を紛らわせる為に、キノコ観察会。
8_201409072341016af.jpg

10_20140907234104ca0.jpg

気を紛らわせる為に、チームポーズ第二弾を作成。
でもこれはまだ、未完成の図。
BBポーズ(*・з・)ぷッ(とある言葉の頭文字を取ってBBというのがチーム名となっております)
そしてボスはモザイクいらないんだとw
5_20140907235645fca.jpg

幹は細めなんだけど、ブナが見事でした。
9_20140907234103d82.jpg

でもずっとこんなよww
地獄ww
11_20140907234106511.jpg

空は快晴、気持ちいいヽ(´ω`)ノ
12_201409072344281ab.jpg

8時頃、木の種類が変わって、登山道は根っこがバンバン張り出した根っこルートと変わります。
13_20140907234429074.jpg

そして第一ポイントの矢場の頭ヤバイの頭が見えました。
遠い(´д゚ll)
15_20140907234433252.jpg

芸術的だけど、絡まりすぎだろww
16_201409072344348fb.jpg

17_20140907234708b26.jpg

途中、何ヶ所か万太郎山が見える箇所があるんだけど、ガスがかかって見えそうで見えないw
でもギザギザ頭が見たいw
て事で、万太郎さんに声をかけてみる。

万太郎さんが地味に返事をしてくれたようだ(´д゚ll)

根っこにつかまりながらの登りが続きます。
18_2014090723471003b.jpg

そして、根っこのつり橋ww
この根っこを足場に渡る訳ですが、この脇は崖です(´゚ω゚):;*.:;ブッ
19_20140907234710c42.jpg

Mちゃん、慎重に渡りまーす。
20_2014090800021618a.jpg

Aくん慎重に・・・ここで足上げ(´゚ω゚):;*.:;ブッ
21_2014090800021856b.jpg
耐風姿勢がパクられたぞ!って事で、パクリ返しww
てか、最初にパクったの私だけどなww

この根っこの脇も崖。
慎重に通過。
22_20140908000218c0b.jpg

そして、登山道はジャングルww
谷川岳の超近所なのに、半観光的なあっちとは打って変わってのワイルド登山道ww
だからあえてのこの山のチョイスw
23_2014090800022004d.jpg

秋の花が咲き始め。
25_20140908001524b4a.jpg

ヤバイの頭までもうすぐ!!!
26_20140908001526d76.jpg

万太郎さんと反対側に、大源太も見えてる訳です
超かっこいいわww
毎年行きたいと思いながら行けてない山・・・
今年は行けるかなぁ・・・
27_2014090800152756c.jpg

そしてふと足元に・・・
キモ━━ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙━━!!
28_20140908001528072.jpg
テカリ具合がヽ(;゚;∀;゚; )ノキッモ

大源太さん越しに土樽方面。
29_20140908001529a7e.jpg

9:01、やっとこヤバイの頭着_ノ乙(、ン、)_
疲れたよー(ヽ´ω`)グッタリ
30_20140908001824bd9.jpg

でも万太郎さんがちょこっと見えたよーo(´д`)oァーゥー
32_201409080018262bf.jpg

って、おい!!!!!!
31_201409080018257f5.jpg

山頂へと続く道は、地獄への道。
ヤバイの頭を過ぎたら、少しは楽になると思ってたのに・・・
全然楽っぽくねーじゃねーか!!
登り返しが見えまくってる(´д゚ll)
しかも山頂が見えてねーっつう・・・
どこまで奥深いんだよ・・・
33_20140903232918aed.jpg
ヤバイの頭で、やっと中間地点・・・
雪野さん、辿り着ける気がしないんですけど・・・
果たして、辿り着けたのでしょうかヽ(冫、)ノ


参加中です。クリックよろしくお願いします♪