2014_08
29
(Fri)00:41

2014年8月16日 菩提寺山~高立山

お盆山行4日目。
雨でも何とか4日目も歩き通してみたい・・・てな事で。

前日の立山が、想定外に早くの下山だったので、家に戻ってからアホの人たちに声をかけてみる( 」´0`)」
私が無言で某SNSを立ち去った後、みんなそれぞれに連絡をくれて、今はLINEのグループトークで毎日のように話してます(。・w・。) ププッ
本日、地元のアホ友ZさんもIDを取ってくれて、私の好きな8人全員が揃いました(๑→ܫ←๑)
これでアホ山行の話し合いもスムーズに出来るかな

てな感じで、傘差し山行に参加してくれた、ボスとAくんとMちゃん。
Mちゃん以外の三人は、新潟の山屋スタイルの、長靴でww
Mちゃんはうっかり長靴を忘れてしまったらしい(´・ω・`) ショボーン

AくんとMちゃんは、菩提寺は初めて。
ボスは石油の里コースは初めてって事で、初体験3人衆を引き連れての8:24、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
2_20140828232132255.jpg

なんか見る所が増えてるっつーか、リニューアルされてるっつーか??
3_20140828232132647.jpg

Mちゃん、大はしゃぎでポンピングパワーと呼ばれる、石油採掘の機械を、傘を投げ捨てて必死に回します(´゚ω゚):;*.:;ブッ
4_20140828232134275.jpg
何事にも120%の力を発揮するMちゃんが素敵過ぎるwww

菩提寺に登る時は、私はいつもこの石油の里コースです。
前に会山行で五泉側の門前コースを歩いた事があったけれど、なんか山に登っているって感じがしなくて。
あと、小須戸側のぶどう園とかってとこからも登ったけど、あそこは30分くらいで山頂に着いちゃって、トレーニングにならない(´д゚ll)
低山で樹林帯ではあるけれど、アップダウンもあって縦走をしている感覚になれる、この石油の里コースが好きです
他の3人も「お~、結構いいねぇ」って言ってくれて、うれしかった(ノε`*)ンププ
全部の建造物を見て回ったしなww

途中、切り株に謎の物体を発見ガクガク(((゜д゜;)))ガクガク
5_201408282321359a6.jpg

登山道は、標高200m前後を行ったり来たりな感じだと思います
ゆるゆる歩きながら、急にドカーンッと急登が来たりで、低山って言ってもそれなりに登り甲斐があります。
天気が良ければ、この柔らかなグリーンもきれいなんだろうけど、がーすーまみれのグリーンも、案外神秘的
6_20140828234203061.jpg

無雪期に登る事が、実はあまりないので、山頂までこんなに長かったっけ???とか思って、ボヤき始める(´д゚ll)
これが本当の最後の登りヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
7_20140828234204d08.jpg

9:29、菩提寺山着ヽ(´ω`)ノ
8_201408282342061cb.jpg

ここは広くて展望のいい山頂なんだけど・・・
9_20140828234208ce8.jpg

がーすー( ̄ω ̄;)

なんも見えねすぎるwww
普段はここから、田んぼと町がブワーッて見えるのにww

東屋で大休止。
てか、おやつタイム。
10_201408282342097d6.jpg

ボス支給のわっふる( ゚Д゚)ウマー
11_20140828235307dfc.jpg

Mちゃんが、母のおやつを盗んで来たというお煎餅( ゚Д゚)ウマー
12_2014082823530974f.jpg

茶はいつものぴーちてぃー(ピーチとレモンとグレープフルーツは、まじオススメ)http://www.stick-stick.jp/lineup/teaheart.html

だらだらと30分もバカ話をし、この後高立てに向かうぞと言うと、ボスがイヤだと言う。
菩提寺だけだとダメだろと叱りつけ、10:02、高立山に向けて縦走開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
菩提寺にも高立にもこんな小屋があって、冬は薪ストーブに火がつくので、真冬でもこの山は賑わってます
13_20140828235310fbc.jpg

菩提寺からちょこっと下ると、砂利の車道に出ます。
菩提寺から30分程度で、高立山の登山口着。
もうこの頃は、蚊に刺されて大変な状態www
止まっちゃいけません、歩いて逃げましょうww
蚊取り線香持ってくればよかった(ノ I `。) ウゥ・・・
14_201408282353123ef.jpg

むか~し、誰かのブログで「高立を低山と侮るな。」って書いてらっしゃった人が居ますが、これ本当なんですw
急登の細尾根で、ここだけ見ると飯豊の足の松尾根みたいに感じてくるくらいですww
15_20140828235313340.jpg
まぁ、10分くらいのもんですけどw
それでも3人が「思ったより歩くなぁ」ってビックリするほど、標高の割には手ごたえがあるのがこの山です。
冬とかこの二山を縦走すると、かなりトレーニングになるしおもしろいです。
低山でガッツリ雪遊びが出来るのが、雪国のお得な所ですね(。・w・。) ププッ

10:52、高立山山頂着ヽ(´ω`)ノ
16_2014082900055464a.jpg

山頂から見える山が石碑に刻まれてるけど・・・
17_20140829000555d22.jpg

あ、菅名山塊だけ見えたわww
18_201408290005560fa.jpg

下山は来た道を戻らず周回コースで。
あまり歩いてる人が居ないらしく、草ボーボーでしたww
しかも急斜面すぎて、長靴だからつま先が痛いww
みんな微妙に小走りww
そして、蚊との戦いも終わらず

ボスがまた登って石油の里コースに戻るのはヤダって言うので、菩提寺山頂はスルーで白玉の滝コースへ行ってみる。
ここは初めて歩くコースです
白玉の滝って、オバケが出るとか聞いてたから、歩く気がしなかったんよ(´д゚ll)
でも、みんなが一緒だからいいかなとww
19_201408290005589bc.jpg

でーっかい杉がピシ-ッと整列してました。
20_20140829000559e8b.jpg

こんな湧き水もあるんだねぇ。
21_2014082900100896f.jpg

22_20140829001010ec9.jpg


このコースの選択がマズかった・・・
沢が流れてるので、今度はアブの洗礼www
でも私とAくんとMちゃんは回避。
なぜなら・・・

ボスは全身真っ黒だったので、アブの標的にァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

アブにストーカーされ、走って追い払うボスww
23_20140829001011363.jpg

今日は人体実験だねぇ、うちら黒じゃなくてよかったねぇ、山で黒着ちゃうと、遭難しても見つけてもらえないから、黒は着ちゃダメだねぇwwwと、大爆笑しながら進みます(´゚ω゚):;*.:;ブッ
白玉の滝を上から見てみた。
24_20140829001013306.jpg
何かもう、予想外にハードで、携帯の万歩計が一人は9㌔、一人は11㌔って言ってたので、中間を取ってこの日の山行は10㌔歩いた事にする(・∀・)ウン!!
疲れたので、ぐるっと戻って白玉の滝を下から見るのは誰も賛成せず、そのまま知らない振りして直進w
この後も駐車場までずーっと、ボスはアブにストーカーされてました

駐車場について、ボスは用事があったので帰宅。
残り3人は田上へ出向いて、ランチ。
たかとりで角煮ラーメンを(๑→ܫ←๑)
雪野チョイス、五目角煮ラーメン
25_20140829001013008.jpg
塩味さっぱりでんまかった(゚д゚)ウマー
誤算だったのは、でかい角煮が乗ってるのに、五目の肉も浮かんで肉だらけになってたとこwww

AくんとMちゃんは、普通に角煮ラーメン。
26_201408290018473c4.jpg
次はこっちだなぁ・・・(。・w・。) ププッ

そして温泉に入って、今度はおやつの時間です。
ジェラテリア Sorriso
一回入ってみたかったんだよねぇ。って、Mちゃんもそう思いながら入った事がなかったらしく。
雪野チョイスはバラとラムレーズン。
バラがバラバラしくて、すごかったww
ローズティーを飲んでるみたいでw
(゚д゚)ウマー
27_201408290018488e3.jpg

そしてこの後、K日S荘へ。
うちらが横で繋がってるのをMさんは知らないから、驚かせに行こうってのを前にやったんだけど、前回も今回も会えず
もうこの頃、転勤準備が始まっていたんだろうなぁ(ノ I `。) ウゥ・・・
Mさんは今週の土日がお店に出るのは最後らしいです。
心当たりのある方は、最後にお別れの挨拶をしに行って下さいね

そんなこんなで、私のお盆山行は4日でストップ。
後半は仲間たちと遊べて楽しかったけど、結局、自分の限界がどこなのかを探る事は出来なかったなぁ
来年以降、飯豊の全縦走をしたいという目標が出来たので、自分がどれくらい歩き続けられるのかを知りたかったんだけど。。。
人に「歩けるよ」って言われても、自分が歩けるって確信を持たないと実行しないタイプなので、また来年、どこかでガッツリ自分試ししないとダメだなぁ・・・
いい時期の超連休ってお盆しかないんだから、空に味方して欲しかった・゜・(ノД`)・゜・

そして皆さん、来年の9月のカレンダーを見てみて下さい。
まぁ、うちの会社じゃありえないと思うけどね_ノ乙(、ン、)_


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト
2014_08
27
(Wed)01:09

2014年8月15日 立山

最新報告

仕事で帰りが遅くて、自分の自由時間が出来るのは11時近くで、写真の編集もままならず。。。
一日10枚程度編集すると、もう寝る時間ですヽ(冫、)ノ
やっとこ一座分がまとまりました・・・先が思いやられる_ノ乙(、ン、)_
人として、もう少し余裕のある生活がしたいです・・・

そんな中、この前の日曜は、楽しい時間をもらいました
山岳会の山行で、某お山へ。
お気楽トレッキングのつもりだったのに、普通に登山だった(´д゚ll)
でも、湿原があったり
3_2014082622014337f.jpg

月山で、蝶を撮ってたカメラマンさんが「ここでまだ見てないんだよねぇ」と言っていた、この子にこの山で会えたり
1_20140826220141387.jpg
快晴とは行きませんでしたが、自分では思いつかない山を提案してくれる、山の先輩方に感謝(-人-)



通常更新。

さて、お盆山行3日目。
本来ならば、立山にテントを張って3日間篭る予定で。

1日目 剱御前
2日目 立山三山+龍王岳
3日目 奥大日

な、雪野的行程でしたが、天気の回復が見込めず、お盆初日の時点で中止の知らせ。
3日分の時間が空いてしまい、力試しも中止なのか。。。と思いながら月山を歩きましたが、そこは能天気ゆえ、お天気が何とか持ちそうなら、立山日帰りしちゃえーァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

って事で、日帰り決行ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
ストレス貯まってるから、自分も歩きたいというKyazuさんも同行。

出発前日、もう寝たいから集合時間を決めてくれと、半ボケでKyazuさんと時間を決め、8時就寝
家に居たって山時間は続行中なのであります(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
この半ボケがまずかった。
集合時間を1時間勘違いし、待ち合わせ場所に遅刻(´д゚ll)
それでも5時前に立山駅に着き、意外とチケット待ちの人も少なく、始発便のチケットをゲットΣ(⊙▽⊙"a
しかもこれが大変な事で・・・
1_201408262201448ea.jpg
ケーブルカーもまさかの一番乗り( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
しかもKyazuさんまで、あのポーズとかwww

今日はお天気が下ってく予報だけど、がんばってね、てるぼー
2_201408262201459cd.jpg

さ、始発便に乗り込みます
3_20140826220147e8d.jpg

一番乗りなんだから、一番いい場所へww
子供よりいい場所ゲット( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
だって、こんなチャンスは二度とないもの(´゚ω゚):;*.:;ブッ
4_201408262248124c3.jpg

この動画、ちょっと長いけど、最後まで見たほうがいいと思います


バスも当然、一便に乗り込みますヽ(´ω`)ノ
何かバスが新調されてたー(画像なし)

バスがゆらゆらと走ってる間、空には吉兆の彩雲が
5_201408262248140aa.jpg

6_20140826224815b4f.jpg

そしておまけに、鍬崎山方面に出現した虹ヽ(´ω`)ノ
8_20140826224818575.jpg
この山、見るからに難儀そうだったけど、そのうち登ってみたい(`ω´)グフフ

彩雲や虹が出たけれど、見るからに吉兆とは呼べない、この雰囲気・・・不穏(´Д`;)
ぼんやり見えてるかなぁ・・・
町にフワーッと降り注ぐ、雨(多分ね)
7_20140826224816b58.jpg

薬師は頭を隠して┌┛┌┛ズコ!
9_20140826230637014.jpg

ターミナルに着いて記念撮影とかして、7:16スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
雨は降っておらず、とりあえずがーすー( ̄ω ̄;)
雪野的立山史上最強のがーすー( ̄ω ̄;)
10_201408262306399de.jpg

しかもスタートして20分で、不穏な予感がし、先にカッパを着る。
暑い(´д゚ll)
カメラもデイジチからコンデジに切り替え。

7:37、浄土山への分岐。
去年、立山を訪れた時、浄土山を残して立山二山しか歩けなかったので、今回はルートを繋げる為に、浄土山から狙います。
11_20140826230640742.jpg

青空の下で見たら、すごいお花畑だったんだろうなぁ。。。
12_20140826230642fb1.jpg

13_2014082623064403a.jpg

コンデジに切り替わると、もはやピンボケも恥ずかしくない(・∀・)ウン!!
ここまでボケると、恥ずかしい気持ちすら涌いてこないww
15_20140826231342dac.jpg
アウトドア用カメラでこーゆー日は何の心配もないけれど、バカすぎて泣ける・゜・(ノД`)・゜・

チングルマはスタート時は穂でしたが、ちょっと標高が上がったら、まだまだお花。
14_201408262313407c7.jpg

19_20140826231604ec9.jpg

アオノツガザクラ
16_2014082623134364e.jpg

浄土山への道は、予想外の岩々ロードΣ(⊙▽⊙"a
この日は高度順応も順調に済み、スタート一時間しないうちに通常の体調へ。
スタート時は空気の薄さを、本当に体感しました(;^ω^)
18_20140826231346e55.jpg

ツガザクラ
20_201408262316068a5.jpg

8:09、室堂山と浄土山の分岐。
天気が良ければ室堂山まで行って、立山カルデラが見たかったんだけど、周りはなーんも見えないのでスルー。
21_20140826231607d7d.jpg

22_20140826231608328.jpg

プチ雪渓を渡ります。


雪渓を渡り終えると、完全岩場と化しました・・・

_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ

岩場に入ると、テンションあがるー
23_201408262316090ab.jpg

24_20140826232106546.jpg

サボる為にストックを使って歩いてた事を後悔します。
岩場では、単なる邪魔なアイテムでしかないのであります(´Д`;)
仕舞ってから登ればよかった・・・
25_201408262321076fe.jpg

26_201408262321084e6.jpg

8:26、あそこがきっと稜線だって場所が見えたヽ(´ω`)ノ
風がだいぶ強くなってきていたので、稜線に上がるのに、若干不安もあったけど。
27_20140826232110dbc.jpg

稜線だーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
って、まだだったヽ(冫、)_ ドテッ...
28_20140826232111a6b.jpg
でも↑からすぐに稜線に到着しました。
いやぁ、楽しい岩遊びでありました(*'∀'人)♥*+

立山に先乗りしていたアホ友Aくんも、実はこの数時間前、立山三山のこのルートを歩いていました。
山行中も、お互いの状況などを連絡しあってましたが、風がハンパないので大走りから下山するとの事。
ほんと、風はどんどん強くなってきていましたが、雨が降っていなかったのが救い。
29_2014082623260651e.jpg

何かの人口建造物が見えたけど、なんだろね(調べる気なし)
30_2014082623260891c.jpg

がーすーがどんどん濃くなって行きますww
31_20140826232609a41.jpg

ミヤマリンドウ
32_20140826232611581.jpg

さて、岩場の急斜面を下ります。
33_20140826233022932.jpg

この時点ではハハコグサかと思ったけど、葉っぱが違うねぇ。
34_20140826233025216.jpg

岩場を下りましたが・・・
どうやら浄土山だったようです┌┛┌┛ズコ!
うっかり素通りしたー(´д゚ll)
35_201408262330268e5.jpg

タカネシオガマ?
36_20140826233028111.jpg

今年はまともな蕾が、どこでも見れなかったけど、立山でキレイな蕾に会えたw
コバイケイソウ
37_201408262330292a6.jpg

イチゲもまだいっぱい。
38_20140826233704403.jpg

8:52、立山大学の研究所着。
39_2014082623370532d.jpg

ここから一ノ越へは向かわず、五色ヶ原方面へ。
超ザックでこっちへ行く人、こっちから来る人、何人かいたなぁ。
40_20140826233710bae.jpg

五色が原へ行く訳ではありません。
分岐から数分の場所にある、龍王岳に登るのですΣp(*゚ェ゚*)q゛
ここは地図には表記してあるけど、登山道は表記してありません。
初めて立山に来た時、一ノ越から雄山に向かってる途中、振り向いた時に見えた岩山。
すげーかっこいいと思って、家に帰ってから登れる山だと知り、絶対あそこに行くんだと数年かけて狙ってた岩の上。
最初に来た時に見えた龍王。
22_20131023225123bc8_2014082701240879b.jpg

ガスにまみれて全容が見えません(´д゚ll)
39-1.jpg

瞬間、ガスが抜けて岩の塊が見えましたヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
たまらん(๑→ܫ←๑)

てか、風に向かって怒ってる自分がアホ過ぎるww

龍王の足元にストックを投げ捨てて、岩登り開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
39-2.jpg
一歩一歩がたまりません(๑→ܫ←๑)
3年越しの願いがもうすぐ叶います

しだれイワツメクサ
41_2014082623550127c.jpg

9:04、念願の龍王岳登頂_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
44_20140826235505d84.jpg

雪野さん、ご満悦
でも、風が強くて立てません(´д゚ll)
42_2014082623550297a.jpg



念願だけど、何も景色は見えずwww
風も強すぎますww
吹かれてグラつけば、雄山側はもう崖。
命はありません。
注意しながら下山します。

無事に下山し、次は雄山を目指します。
45_2014082623550730c.jpg

途中、雷鳥の声が聞こえたような気がして、ハイマツの近くを覗いたりしたんだけど、後続者さんのストックを突く音だったのかもしれないって事で終了(ノ I `。) ウゥ・・・

タカネツメクサ
46_201408262359284c2.jpg

一ノ越に到着した時に撮ってないので、着時刻は分かりませんが、行動食を軽く食べてる時に雨が降ってきて、その雨がどんどん強くなっていきます。
既にテント内に避難していたAくんは、テントを撤収して室堂に向かうという。
一ノ越の稜線を横殴りに吹き抜けてく雨と風を見て「ここで撤退しよう」と、Kyazuさんと意見が一致。
雄山へのこの稜線も、半観光地な登山道とは言っても、普通に岩ゴロの登山道です。
観光客は山に対する恐怖心がないから、薄着で先に進んでいく人も多数でした。
私たちは怖いので、そのまま下山。
相手は3000m峰ですもの。
47_20140826235930879.jpg





ターミナルが見えてきた。
もうこの時点で、風雨を顔で受けるのが辛く、右手で顔を抑えながら歩くww
ビンタもらってると同じくらいに痛いんだもんww
49_20140826235933808.jpg

48_20140826235931939.jpg

ひとまずターミナルについて、一安心。
ターミナルの通路は、外から入ってくる人が持ってくる雫で水溜り状態
スタッフさんが一生懸命、水の処理をしていましたが、いたちごっこでした(;^ω^)
大して動いてませんが、Kyazuさんからもらったふるーつぱわーを注入。
50_201408262359355d5.jpg

11:12、デカザックのAくん御帰還。
初日、剱、2日目、奥大日、3日目のこの日は悪天候の為、立山二山で終了。
そのうちリベンジに行かなくちゃね(`ω´)グフフ
51_20140827000929582.jpg



お天気は最悪でしたが、大好きな立山に数時間でも居れただけで、ほんと来て良かったです(๑→ܫ←๑)
時間と天気を見て、9月中に立山三山を・・・という野望も涌いてますけどね(´゚ω゚):;*.:;ブッ

下山後、ご飯を食べながら、Aくんが行って来た憧れの剱岳の話を聞く。
岩壁に作ってある、足場の一歩が大きすぎるらしく、女子にはきついかもとの事・・・(男性でもちょっと厳しい幅らしい)
早月尾根から登る気はサラサラなく、タテバイヨコバイのある正面から登りたいんだけど、足の短い雪野さんは厳しそうだなぁ・・・
てーか、剱沢にテント張って初日に剱取っちゃって、2日目に雷鳥沢のキャンプ場に降りて来てテント張り直して奥大日とか、行程が雪野さんの想像を超えてました(´д゚ll)
剱は2日目に行くんだろうなって思ってたんで(;^ω^)

メインで遊んでるアホの人たちの中では、私が一番、筋力体力が低いと思います。
山で遊ぼうと思った時、私のレベルまで下がって来てもらうのがどうしてもイヤで、ちょっとでも差を縮められたらと思って特訓をするんですが、彼らも日々進化していますから追いつけませんww
だけど、そういう気持ちがあるかないかで、レベルの上がり方も全然違ってくると思います。
誰かに甘えなければ歩けない時点で、自分のレベルを超えた場所ってことですからね。
アホの人たちと組んでるチームは、女だろうと容赦ありませんが、山に対しての考え方が似てるので、一緒に居て楽です。
というか、山に入ったら、私は男になります(´゚ω゚):;*.:;ブッ

て事で、この翌日は、アホの人たちと雨の日山行です(。・w・。) ププッ

つづく

おまけ。
立山から下山したら、このお店がオススメ
880円なのに、セットメニューの盛りがすごすぎますwwww
おいしかったです♪

台湾菜館

53_20140827000932dab.jpg

あ、そしてついでに、ケーブルカーの動画には、一切オチはありませんでした(´゚ω゚):;*.:;ブッ

参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_08
23
(Sat)01:47

2014年8月14日 月山

山友Aくん&Mちゃんに誘ってもらって、水曜にK日S荘のMさんに、お世話になりましたの挨拶をして来ました(ノ I `。) ウゥ・・・
大事なギアは、いつもその方に選んでもらっていました。
靴もザックも、フィッティングがとても大事だという事。
長時間歩いても、足が痛くない。
20130708215159ca4s_201408230026441d9.jpg

201302122209514d4_2014082300264593d.jpg

重いザックを担いでも、自分の体にあっていれば、重さを感じずしっかり歩ける。
そんな事を、ギアを通して教えてもらいました。
20130811224405393s_20140823002646571.jpg

2~3年後、メインザックを変える時に、またフィッティングしてもらいたかったなぁ。。。
先に到着していたAくん。
最後のフィッティングをお願いして、靴を選んでもらっていました。
今買う訳じゃないと分かっていても、きちんと靴の相談に乗ってくださって、さすがですわ。
私も最後のフィッティングをお願いし、靴を選んでもらいました。
Aくんはローバーが合ったんだっけな?
私はローバーは幅が広くてダメでした(;^ω^)
で、フィットしたのがこれ。
LA SPORTIVA(ラ・スポルティバ) Pamir GTX BrownLA SPORTIVA(ラ・スポルティバ) Pamir GTX Brown
()
LA SPORTIVA(ラ・スポルティバ)

商品詳細を見る


でも、これがかっこよかったんだよなぁ・・・
サイズがなくて試着できなかったんだけど。
SCARPA(スカルパ) キネシス プロ GTXSCARPA(スカルパ) キネシス プロ GTX
()
SCARPA(スカルパ)

商品詳細を見る

まぁ、本当に買う時はアレですよ・・・
Mさんの転勤先まで遠征ですよイェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィ
ちっとばか遠いけど・・・(*・з・)ぷッ



さて、お盆の山行2日目は、これも恒例の月山。
鳥海&月山はセットです(・∀・)ウン!!
山に入ると山時間発生って事で、日暮れと共に寝、日の出と共に起きるの生活になるので、7時半くらいから8合目の駐車場で爆睡(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
爆睡と言っても、やっぱ何度か目覚めるんだけど、今回は目覚めてもおもしろくなかったなぁ。
毎年、ものすごくキレイな星空が車の窓から見えるんだけど、この日は前日に引き続きがーすー( ̄ω ̄;)
ので、起きて外を見る事もなく寝続ける(:3[____]

早朝4時起床。
サックリ上がってサックリ下りてくる予定だったんだけど、ポツポツとフロントガラスに雨粒が。
ので、二度寝開始Zzz....(_ _*)・.。*
そして時折、雨の音が車の屋根から聞こえてくるので、更に寝続ける。
6時頃、月山周辺の天気予報を調べてみると、7時過ぎから強雨となっていたので、それをやり過ごすまで寝続ける。
実際雨は、6時半にやって来た。
7時ちょっと前に本格的に起きて、いつまた降り出すか分からないので、雨具のパンツだけ履いて7:38スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_20140823001515017.jpg
駐車場からのこの登りだけで、息切れがするハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
もうダメだーと、スタート2分で思う( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

2年連続、快晴の青空の月山を歩いてたので、このグレーの空がなじめず(;´д`)
2_2014082300151756b.jpg

御田原神社は、帰りに寄ろう
3_201408230015170ab.jpg

7:51、登山口と書いてある分岐。
この日はスタートが3時間近く遅れてるし、とにかく早く新潟に帰らなくちゃいけないと思っていたので、私にしては珍しく早歩きで挑みます。
4_2014082301411212f.jpg

5_20140823001520625.jpg

遠くに、頭だけ覗かせた出羽富士、鳥海山が見えましたよ
6_2014082300474015c.jpg

スタートが遅いので、観光客さんも沢山歩いてらっしゃいました。
何とか隙を見て抜かせてもらって、8:39、仏生小屋着。
毎年、看板犬のようにおとなしく座っていたワンコが、今年は居なかった(´・ω・`) ショボーン
7_20140823004741f35.jpg

雨の降る気配が消えてきました(´д゚ll)
カッパズボン履くんじゃなかった(´д゚ll)
あっちーよ(´д゚ll)
8_20140823004743859.jpg

休憩なしで歩きます┣¨ ┣¨ ┣¨ Σ≡=-((( っ・`ω・)っ
まぁ、スキー場コースなら、ほどほどの登りがありますが、こっちのレストハウス発だと、坂がほとんどありませんからね(;^ω^)
9_20140823004744b52.jpg

月山もやっぱり、何となくお花が少ない感じがしました。
10_2014082300474631b.jpg

あのトンガリを超えたら山頂だと思ったけど、全然手前だったなww
11_20140823005340677.jpg

9:18、神社が見えてきたヽ(´ω`)ノ
12_20140823005341dde.jpg

遠くに連なる、どっかの山。
13_20140823005342b07.jpg

そして今年もかー
ヘリがブンブン飛んで荷揚げしています。
14_20140823005344d88.jpg

15_20140823005345b46.jpg

何を荷揚げしてんのかな?って思ったら、木材などの資材でした。
9:28、本宮着ヽ(´ω`)ノ
16_2014082300573929d.jpg

参拝は後で(。→ˇ艸←)
いつも小屋の向こう側まで遊びに行きます
展望がいいので
18_20140823005742c6f.jpg
神社の休憩所に販売機があった気がしたんだけど、今年は見当たらず(中まで入ってないから探しきれてなかったかな。。。)
で、小屋でコーラを買おうと思ったけど、玄関に販売機がなく。
諦めたーヽ(冫、)ノ

展望広場からスキー場からのコースを見下ろす。
こっちのコースは、紅葉の季節がきれいそうだな
19_20140823005743e77.jpg

月山のミヤマリンドウは、花の付きがとても多い気がします
20_201408230057449fc.jpg

天空の社、いいね。
昔は湯殿山ではなく、鳥海山を含めて出羽三山と言ったそうです。
本宮の後ろにそびえる、鳥海がかっこいい
21_20140823010156f21.jpg

植生保護の為か、進入禁止区域が増えてました。
その代わり、新たに開放された場所もあるようで。
本宮の鳥居前から石垣を横切って奥に入れました。
22_20140823010157318.jpg
ここからも眺めが好かったですよ

さて、目的である参拝をして下山しましょう。
今年も無事に、登拝完了(-人-)
10:23、下山開始。
山頂で遊びすぎたねww
23_20140823010158813.jpg

フウロさんも沢山咲いていました。
24_201408230102002a4.jpg

27_20140823010642d37.jpg

ミヤマリンドウはいっぱい(๑→ܫ←๑)
青いお花が大好きです
25_20140823010202832.jpg

33_201408230107532ba.jpg

36_20140823010754645.jpg

37_20140823010756c63.jpg

のんびりしてたいけど、そうも行きません。
26_201408230106418bf.jpg

32_20140823010920f53.jpg

チングルマは、まだ花の状態でしたo(´д`)oァーゥー
28_20140823010643364.jpg

29_20140823010645174.jpg

30_20140823010646a4f.jpg

つーか、蕾の子も沢山w
穂を見るのは、これからなんでしょうね・・・
残念(。・´ェ`・。)
31_20140823010918d2c.jpg

今年はスタートが遅かったので、行者様や信者さんなどとは、行きの時点でスライドでした。
あの方々は、多少天気が悪くても、やっぱり朝の澄んだ時間に登られますよ(;^ω^)
去年お会いしたような気がする、まさに行者様って感じの方と、今年も挨拶を交わすことが出来ました
34_20140823011210206.jpg

イチゲも、まだがんばってました。
35_2014082301121117f.jpg

タテヤマウツボグサはたっくさんw
38_20140823011216ef5.jpg

39_201408230114499d9.jpg

40_20140823012103b4d.jpg

チョウチョがゆらゆら飛んでいました
41_20140823012105751.jpg

トウヤクリンドウも咲くんだね。
月山では初めて見た。
42_20140823012106d08.jpg

43_20140823012107f51.jpg

11時ジャスト。
まだまだ登ってらっしゃる方が沢山。
チビッコも沢山居ました(。→ˇ艸←)
44_20140823012109531.jpg

御田原湿原が見えてきたーヽ(´ω`)ノ
45_20140823012532651.jpg

12時ジャスト、御田原神社着。

参拝後・・・
コーラの誘惑に勝てず(負ける気マンマン(∀`*ゞ)テヘッ)
46_2014082301253393b.jpg

51_20140823012920a69.jpg

木道歩きで湿原を見ながら歩きます。
あら。。。ここのモウセンちゃんてば・・・
まっかっか∑(*☼_☉*)
もっと近づいてみたいけど、ロープの向こう過ぎて近づけず(ノ I `。) ウゥ・・・
47_2014082301253546e.jpg

秋のリンドウも咲いてました。
48_20140823012537b97.jpg

12:13、ゴールヽ(´ω`)ノ
50_201408230125469bb.jpg
駐車場でお隣になったご夫婦と出発も一緒だったんですが、帰り支度をしている時に戻って来て「どこに居たんですか?すれ違わないし追い越されてもいないし(;´д`)」
いやいや、私は何度かお見かけしてますw
休憩中の時に、追い越したりね(笑)

奥様は山にはそんなに登られない方らしく、足の平が痛くてどうしようもないと、車の周りを飛び回っておられましたww
スニーカーだもんね、足が疲れるよ(;^ω^)
お疲れ様でした(๑→ܫ←๑)


神はその存在を示す為に、命あるものを遣わせるという。
49_2014082301253804b.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_08
20
(Wed)00:59

2014年8月13日 鳥海山Part2

大変だーヽ(´Д`;)ノ

K日S荘のMさんが、来月から転勤になるって話を山友から聞いたーヽ(´Д`;)ノ
今後は誰にアドバイスを求めればいいのだ・・・
絶大なる信頼を寄せてるスタッフさんなのに(´д゚ll)
山友の間でもMさん信者が多いので、ちょっとパニック風な雰囲気・・・



鳥海山の山頂、新山へと向かいます
初めて来た時は、新山へのゴロゴロの岩の塊を見て、記憶が飛ぶほどド緊張してた訳ですが、それから岩山が大好きになって、鳥海山に来ると、本当にテンションが上がります(๑→ܫ←๑)
62_20140819231508ef9.jpg

でも足元に咲くお花たちが、岩遊びの足を止めます(。・w・。) ププッ
イワブクロ
63_201408192315106a8.jpg

チョウカイフスマ
64_20140819231511758.jpg

これが大物忌神社の御神体の岩なんだろうなぁ。
65_20140819231512e74.jpg

さて、チョロチョロ遊んだ後は、真剣に岩登りを始めます。
岩にメッセージが彫ってあったり書いてあったりするんだけど、毎年このメッセージを見て、一緒に願います。
66_20140819231514d0f.jpg

そしてなんだか、ルートが前と変わってるような・・・
67_20140819232802e23.jpg

68_20140819232804b61.jpg

特にここを歩いた記憶が全くないんですよね。
去年は2度目だから、冷静に楽しんでたはずだし・・・
69_20140819232805128.jpg

やっぱり違うよなぁ・・・
足をかける場所が、ギリギリ過ぎる所なんて、去年までなかったもんな・・・と思いながら登りました。
70_20140819232807774.jpg

岩が崩れたようですね、多分。
下が全く見えませんもの。
71_2014081923280822f.jpg

やっぱり岩が崩れちゃったかなぁ?
72_20140819233023563.jpg

新山の山頂が見えてきました。
ちょうどいい感じに、青空も広がってきた予感(`ω´)グフフ
73_201408192330256ae.jpg

10:10、新山着ヽ(´ω`)ノ
74_20140819233027733.jpg

そしてキタ━━━☆。:+ヾ(*゚∀゚*)ノ+:。☆━━━ッ!
75_201408192330270de.jpg

オイラの晴れぱわー、すげー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
76_20140819233029885.jpg

山頂から、次に歩くルートを覗く。
岩しかねぇハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
77_20140819233531e1c.jpg

山頂もそんなに混んでなかったので、10分ほど滞在して、青空と雲を眺めていました(๑→ܫ←๑)
意外としょしがり(新潟弁で恥ずかしがり)なので、他人様に写真を撮ってくれとお願いできない雪野さんです゚+.(*ノェノ)゚+.
山頂からぐるっと回り込むように下って、まだ行けてなかった、外輪の七高山へ向かいます。
イワギキョウ
78_201408192335336d4.jpg

おー、ガスが切れて外輪もよく見えるぞーヽ(*´∀`)ノ
79_2014081923353406a.jpg

あれが七高山かww
去年はガス過ぎて、分岐の先に七高山があると知らず、そのまま神社へ下りてしまって、行けてなかったんだよね( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
80_20140819233535872.jpg

さ、外輪へ上がりましょう。
81_201408192335377ec.jpg

また来るよヾ(*'-'*)マタネー♪(来年は麦汁飲ませてー
82_20140819234221b82.jpg

おぉ、岩壁直登・・・
83_20140819234222a11.jpg

84_20140819234223269.jpg

85_20140819234225aff.jpg

外輪への岩壁の手前、雪渓のトラバースが待っていた。
先行者さんがロープをガシッと掴み、超キックステップして、なかなか進めずにいた。
どんだけ凍ってるん(´д゚ll)と、ドキドキ・・・
87_20140819234356699.jpg
その場に行ってみると、雪渓は結構斜度があって、滑ったらそのまま滑落間違いない斜度だった。
取り付きは氷と化してたので、ちょっと上から雪渓に乗る。
ん・・・腐ってる┌┛┌┛ズコ!
ありがとう、オイラ雪国人て事で、またワシワシ歩かせてもらいました癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ

新山を振り返る。
こうやって見ると、ほんと岩なんだなww
88_201408192343579e5.jpg

外輪の岩壁を這い上がった。
青空ヽ(´ω`)ノ
89_20140819234359d43.jpg

さ、七高山へ向かいましょう
90_20140819234400218.jpg

途中に、小さな祠があった(-人-)
あれ・・・祠にスコップと作業用の袋がかぶさってる・・・
それはちょっと、いけませんなんじゃないかな(´Д`;)
91_2014081923440258b.jpg

10:53、七高山着。
92_2014081923531853a.jpg

93_20140819235320153.jpg

ここに来たかった理由は、三角点があるから(`ω´)グフフ(三角点ハンター)
94_20140819235321fbb.jpg

そして、七高山のまだ先に行ける事が分かりました。
どっかの山の、耳みたいだな・・・
95_20140819235322d70.jpg

外輪の端っこまで来ました。
端っこからガクッと下がって下りれなくなってます。
パノラマ

新山の山頂も、混んできましたねォオー!!(゚д゚屮)屮
100_20140820000032ceb.jpg

七高山の隣のこのピークにも、何かしら名前があるのかな?
よく分かりませんが、いろいろ置いてありました。
102_20140820000035174.jpg

さ、下山に向けて戻りましょう。
103_2014082000003651f.jpg

あー、雲の上に立ったヽ(*´∀`)ノ
104_20140820000038d3d.jpg

下山に外輪の選択をして、正解だったな。
エライぞ、自分ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
105_20140820000233950.jpg

外輪を歩き出すと、風が強くなってきた。
でも空が青いので、あんまり気にならない(๑→ܫ←๑)
風を避けられる場所で、またまたちょい食いタイム。
鳥海に初めて来た時、自前のタラコのおにぎりを食べたよなぁ。。。とか思い出したので、今回は自前の筋子のおにぎり持参(*・з・)ぷッ
たまに感傷?に浸りたくなるんです(●´エ`●)o〇
106_20140820000235a57.jpg

そして、今年2つ目のグローブ破壊・・・
もはや、雪野さんの山行では、オサレグローブをはめてはいけないらしい。。。・゜・(ノД`)・゜・
次から軍手だな・・・
107_20140820000236074.jpg

バイバイ新山、また来るよ(●´ω`)ノシ。o゚。マタネ!
108_20140820000238fd7.jpg

109_20140820000239e99.jpg

外輪は、ちょっと細いので、風に吹かれて転げ落ちないように気をつけます。
110_20140820000850e2d.jpg

アフン(´д゚ll)
111_201408200008513bf.jpg

114_201408200008551bb.jpg

ここにも居たぞ| 、ン、)
112_20140820000852aeb.jpg

外輪にはミヤマリンドウさんがいっぱいなはずだけど、今年はちょっと少なかったなぁ・・・
113_20140820000854321.jpg

外輪コースはアドベンチャーで楽しいです(`ω´)グフフ
115_2014082000105479a.jpg

116_2014082000105553f.jpg

色とりどり
117_20140820001057fdc.jpg

雪渓に流れ込んでた土砂と岩は、これだったのか~・・・
118_20140820001058f4d.jpg

湯ノ台コースへ行く人。
うっかり間違って、着いて行くとこだったwww
119_201408200010598e7.jpg

120_20140820002141aa9.jpg

ダイモンジソウ
121_201408200021429e3.jpg

またガスってきた(´д゚ll)
122_20140820002144edd.jpg

シャジンさん
123_2014082000214508e.jpg

フウロさん
124_201408200021478c2.jpg

何かあの、赤ジャケの兄さん、かっこいいぞ♪アヒャ(*_Д_*)アヒャ♪
125_20140820002353a0e.jpg

お、ガスが抜けて千蛇谷コースが見えた
下から子供たちが「こんにちはー!」と叫んでいたので、手を振ってみた(。・w・。) ププッ
126_20140820002354cdb.jpg

兄さん、やっぱかっこいいよ・・・
129_201408200023576cb.jpg
次に何かジャケット買う時は、赤にしよーっと(そこかい┌┛┌┛ズコ!)

山頂はガスがかかってた。
130_2014082000235876f.jpg

もうすぐ分岐ーヽ(´ω`)ノ
131_20140820002737338.jpg

12:42、分岐。
132_201408200027397ba.jpg

ここからはのんびりと、お花でも眺めながら下山します
鳥海はイチゲがまだまだ咲いていました。
133_20140820002741cdd.jpg

アオノツガザクラ
134_201408200027427a5.jpg

イワイチョウ
135_20140820002743766.jpg

お花畑(๑→ܫ←๑)
136_201408200029355b6.jpg

言わずと知れた・・・(´д゚ll)
137_20140820002937466.jpg

御浜への登り返しの、ここの景色が大好きなんだけど、がーすー( ̄ω ̄;)
138_20140820002938597.jpg

で、登り返しの直進をしないで、左へ曲がります∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
139_2014082000294081c.jpg

そうすると、木道コースです☆⌒Y⌒Y⌒(。д。) ポーン
140_2014082000294141d.jpg

初めて来た時、チングルマの穂とミヤマリンドウが大乱舞してたので、それが見たかったのに・・・
あんまりなかったーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

・゜・(ノД`)・゜・


141_20140820003140aae.jpg

143_20140820003143d60.jpg

142_2014082000314225b.jpg
花に関しては、一昨年がよすぎたんだな・・・

144_20140820003145b57.jpg

13:30、鳥海湖のこっち側着。
145_20140820003146bec.jpg

カラマツソウ
146_20140820003345a82.jpg

足元に、ちっちゃい蕾が見えて。。。
これはもしや。。。
147_201408200033464ad.jpg

モウセンちゃんの蕾だったハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
でも咲いてないヽ(冫、)_ ドテッ...
ここのモウセンちゃんは、あんまり赤が強く出てないねぇ。
お花も見たかったなぁ。
148_201408200033489dc.jpg

149_201408200033507d3.jpg

150_20140820003351481.jpg

新山チラリ||+壁+||ョёωё*) ゥフ♪
151_20140820003602490.jpg

木道の終点で分岐。
大体この辺りから、毎度足が疲れてくる。
152_201408200036041b6.jpg
筋肉が熱いよー(´д゚ll)

153_2014082000360527d.jpg

河原宿を歩いてる時、朝見た時はしぼんでいた小さな花が開いてる事に気がつく。
カタバミさんねとか思って、一応写真を撮ってみる。
カタバミじゃねええええええ∑(*☼_☉*)

あなたは、ヒナザクラさんね∑(´Д`*)ノノ!!
会いたかったのよ、あなたに
まさかのラッキー過ぎる+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
154_20140820003607733.jpg
群生はしてなかったけど、ほんとラッキー
コザクラは色がきついんで、白系の子が好きですw

155_20140820003608411.jpg

156_20140820004028c38.jpg

帰り際、おこにょんに出会った場所で「おこにょん、出ておいで」って呼んでみましたが、全く出てくる気配なし( ̄ω ̄;)
やっぱりあれは、奇跡の出会いであった( ̄ω ̄;)

雲に向かって下りて行きます。
足が疲れたよー
158_20140820004031eba.jpg

14:55、寝床にした、大平山荘が見えた。
もうちょっとだ、がんばれ。
159_201408200040333d1.jpg

なかなか終わらない樹林帯を延々歩き、15:20、やっとこゴール。・゚。ヾ(゚`ェ´゚)ノ。゚・。
マジ疲れたわー
鳥海日帰りは、やっぱきっつー_ノ乙(、ン、)_
160.jpg

この後は、八森温泉 ゆりんこへ。
去年入って、気に入ったのだ。
水風呂の水が、超冷たいから( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
熱い筋肉をクールダウンさせるのに、もってこい

温泉に向かう途中、ふと見た夕空。
幻日が眩しいくらいに光ってたよ。
161_20140820004715b7c.jpg

あれ、もしかして?って思ったら、やっぱり右側にも出てたよ。
両幻日だった。
右のは薄かったけどね。
162_20140820004716f59.jpg

164_20140820004719f7e.jpg

明日も晴れますように(-人-)

163.jpg

2日目に続く。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_08
17
(Sun)17:39

2014年8月13日 鳥海山

雨のお盆だったーヽ(´Д`;)ノ
後半は自分の中の計画が全くクリアー出来なかったけど、山友さん達と一緒に歩けたから、それはそれで満足かな(。・w・。) ププッ
5日連続登り倒して、自分の体力筋力を測る計画でしたが、それも出来なかったなぁ・・・
ラストの今日は、天気予報では晴れ模様だった谷川連峰の一角の山へ行こうと思ってましたが、目覚めた時の雨の音で、ないわな、こりゃって思って寝続けました( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
この山は前から登ってみたかった山なので、日を改めて山の数を増やして、縦走してみようかと思ってます(`ω´)グフフ
て事で、4日しか歩けなかったヽ(冫、)ノ


お盆初日。
ここは毎年恒例の、鳥海山への登拝。
去年、象潟の駐車場で車中泊をして、周りがにぎやか過ぎて寝れなかったので、もうコリゴリと、初年度に車中泊した大平山荘の脇にある、展望広場の駐車場を利用。
駐車場には誰もいず、静かに寝れるぞ(`ω´)グフフ
向かってる道中、通り雨を何度か通過し、12時チョイ過ぎの現着時は、激しくがーすーでしたが、これは明日の朝に雲海に変わると信じ込んで就寝ww
そして朝はすぐにやってくる(*ㅎωㅎ)ウトウト・・・zzZ
4時の目覚ましで周りを見渡すと、寝る時と変わらないがーすー( ̄ω ̄;)
よし、あと30分寝よう(~ _△_)~ zzzZZZZZZ

20分ほどうたた寝をして、しょうがないので支度をして大平登山口へと向かいます。
去年は象潟の方から登りましたが、いまいちお花が少ない気がしたので、2度目の大平登山口。
小さな駐車場に1台停車。
まだ寝てるのか先行者さんなのか不明。
その後、後続者の2人が来たけど、お先に出発させてもらいました。
5:15、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_2014081715443787f.jpg

スタート時から、既に次の山の駐車場へと向かいたくなります。
だって、早く寝たいから(。´-ω-)_ウトウト・・・。
登山道は鬱蒼としてるし(。´-ω-)_ウトウト・・・。
2_201408171544389b7.jpg

お花は一昨年来た時より、ちょっと少ないような。
3_20140817154439452.jpg

5_20140817154442ab4.jpg

がーすーが、なかなか抜けてくれません(。´-ω-)_ウトウト・・・。
4_2014081715444123d.jpg

5:47、見晴台ちょっと手前で、がーすーの向こうに青空が見えた!
がんばれ、青空!!
7_20140817154809d0e.jpg

5:48、見晴台着。
確かこの辺に、三角点があるとかないとかって、見たような気がしたけど・・・
近辺を探してみたけど、ありませんでした(ノ I `。) ウゥ・・・
6_201408171548089e8.jpg

山はもう、秋の準備中です。
エゾリンドウ
8_20140817154810bd0.jpg

チョウカイアザミ。
グロくて苦手(´д゚ll)(毎年言ってるww)
9_201408171548128a1.jpg

飯豊で見たホツツジと違って、雄しべがクルンってなってるのは、ミヤマホツツジだそうです。
10_20140817154813319.jpg

森林限界を超えても、がーすーは収まらず( ̄ω ̄;)
11_201408171612327b6.jpg

でもこうやって、期待させるような事をするんだよねー(´Д`;)
12_2014081716123390a.jpg

朝露で寝癖の取れないチングルマさんw
13_20140817161235a8c.jpg

イワイチョウとキスゲもちらほら
14_201408171612372f8.jpg

15_20140817161238ee7.jpg

空は暗いし、チングルマはふあふあしてないし、テンション上がらんわーヽ(冫、)ノ
って思ってた時、目の前を茶色の物体がものすごいスピードで横切ったΣ(⊙▽⊙"a
ねずみー∑(´Д`*)ノノ!!

・・・


あれっ??


お前は誰だp(i|l´∀`*)ノん...?

16_20140817163855f3d.jpg

数十秒悩んでる間も、チョロチョロと動き回る謎の生物((´‐公‐`))考ぇ㊥
18_20140817163857ff1.jpg


はぁあああぁぁぁぁぁぁああ!!!
お前はあああああ!!!


まさかのおこにょん♬゚+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。♡

雪野さんの中でのおこにょんって、フェレットくらいの大きさだと思ってたので、まかさの小ささにビックリですww
15㎝位?20cmはなかったと思う。
17_2014081716385748e.jpg

何度も雪野さんの方に近づいて来ては、ものすごいスピードで岩の下に隠れるんだけど、地下通路の別の穴から顔を出しては、また近づきの繰り返しw
何とも人懐っこくてかわいいのだ
19_20140817163859510.jpg

20_201408171639000c2.jpg

21_20140817164543f5f.jpg

22_20140817164545547.jpg

後ろ体重過ぎwww
でもこの写真がお気に入りですww
23_2014081716454539a.jpg

24_201408171645470fe.jpg

お腹の白が見えずに、こうやって姿を見せてくれなかったら、ずっとネズミのままだと思ってただろうな(;^ω^)
25_20140817164549cb5.jpg

私の足元10センチの所までは来てくれるんだけど、風でスカートがヒラッてする度に、驚いてどこか行っちゃって、また近寄っての繰り返しで、5分くらい遊んでもらいましたw
結構長く戯れてたみたいです(๑→ܫ←๑)
26_20140817164816b5a.jpg

27_201408171648184fe.jpg

ハッ、動画と言う手があったじゃないかΣ(‼❍ฺω❍ฺ‼)
って思い出して動画を撮りましたが、これが最後となってしまい、おこにょんに捨てられました(ノ I `。) ウゥ・・・

こんなに近く長く遊んでもらっただけでも、この日鳥海を歩いた甲斐がありましたね
おこにょんって人懐っこいのね(´∀`*)ウフフって思って、帰ってからWIKIってみると、肉食獰猛で、自分より大きい雷鳥を襲う事もあるそうで∑(´Д`*)ノノ!!
まさかあいつ、雪野さんを食料として狙ってたんじゃ(;´д`)

6:44、河原宿着。
2年ぶりを懐かしみながら、吹浦コースを歩きます。
28_20140817165407bbf.jpg

29_20140817165408c58.jpg

先を進むと、下から人の声がしてきた。
吹浦コースと並行するように、ちょっと下に象潟コースの登山道があるので、象潟発の登山者たちだなと思いました。
そうなると、御浜神社も近い。

途中、登山道の真ん中にでんでんむし。
ひかれちゃうよ~って思って、登山道脇に退避させました(*・з・)ぷッ
30_20140817165409a7b.jpg

7:09、御浜神社の鳥居が見えてきました。
31_201408171654118a3.jpg

そして、神社裏で大休止。
行動食タイムを取ります。
目の前には鳥海湖。
これが見たいから、吹浦か象潟の2択しか頭にないのですw
32_20140817165412fb8.jpg

33_20140817165949ea0.jpg

途中のコンビニで買った、見た事ないパン。
どうもバターやマーガリンが挟まってるだけのシンプルパンを見ると、買ってしまう(;^ω^)
34_20140817165950f9b.jpg

マーガリンを挟んだ、超薄切りパンが2セット。
シンプルでうまいんだけど、ちょっと多すぎた(´Д`;)
1セットで辞めとけばよかった・・・
35_20140817165952175.jpg

7時半ちょっと前、再スタート。
空は相変わらず。
風も強くなってきた。
36_2014081716595365d.jpg

まだハクサンイチゲが咲いてたり。
37_201408171702533dd.jpg

途中、初老のご夫婦に「山頂へ向かうのは、この道で大丈夫ですか?」と聞かれる。
きっと初めて鳥海に来たんだろうなぁ。
それでこのガスじゃ、ルートが合ってるのか不安になるわなぁ・・・で「大丈夫ですよ」と答える。

今年はチョウカイアザミが多い気がします(´д゚ll)
39_2014081717025692c.jpg

毒々しいんだってば(´д゚ll)
もう少し濡れてると、油でギラギラしちゃってるのが見れるんだけど・・・
40_201408171702576de.jpg

先が全く見えずww
3回中で一番いただけない空ですな(;^ω^)
来る度に悪くなっている気がww
41_20140817170259e2d.jpg

シモツケソウ
42_20140817170538f44.jpg

岩の斜面、見えず( ̄ω ̄;)
43_20140817170540fbc.jpg

外輪と千蛇谷の分岐が見えた。
実はここに来るまで、登りでどっちのコースに行くか決め兼ねてたのだ。
分岐が見えてもまだ、決め兼ねていた( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
44_20140817170541971.jpg

8:16、分岐。
登りは本当は外輪を使いたかった。
去年、千蛇谷を下ってる途中、外輪からガランガランと落石が落ちてくるのを見て、ものすごく怖かったから、できれば千蛇谷は避けたかったんだけど、このガス&強風じゃ、外輪はちょっとマズイな。。。と思い、致しかたなく千蛇谷直進へと・・・
45_20140817170543a00.jpg

分岐から5分ほど、外輪の脇を歩く。
素早く通り過ぎたいんだけど、落石がある事を知らない人たちは、のんびりとしてらっしゃる(´Д`;)
雪渓が見えた。
雪渓の上に腰を下ろしている人も居て、早く向こう側に抜けなさい!って感じでした(´д゚ll)
46_20140817170544479.jpg

前にいたイケメン2人、雪歩きには慣れてないらしく手間取ってる。
雪野さんは落石が怖いので、自分だけ足早にやり過ごす( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
他人様のことをかまってる場合じゃありません・・・

雪渓を渡り終えた後の撮影。
結構、大きな岩なんです。
47_201408171716284c3.jpg

外輪から落ちてきた岩と土砂。
48_20140817171629908.jpg

先が見えないので、あとどれくらい登らなくちゃいけないのか、分からない所が萎えますヽ(冫、)ノ
記憶では、かなり急斜面の岩のルートだったはず。
49_2014081717163190f.jpg

一瞬、期待させるんだよなぁw
50_20140817171632536.jpg

神社までのこの岩のルートが、結構きつくて足が進みません(ヽ´ω`)グッタリ
花を撮りながら休憩のつもりでも、実は撮影するって行為が一番疲れる_ノ乙(、ン、)_
必然的にスクワットですから(;´д`)
51_20140817171634b4e.jpg

52_20140817171953b80.jpg

がーすーがちょっと取れたけど、まだ神社には着かぬようだ( ̄ω ̄;)
53_2014081717195485f.jpg

ピンクのダイモンジソウ見っけ
54_201408171719560a7.jpg

あれは神社じゃなく、ただの岩だよなぁ。。。
でも間違いなく、鞍部っぽい・・・
55_2014081717195764a.jpg

がーすーも、もうちょっとで取れそうなんだけどw
56_2014081717195908d.jpg

9:24、鳥海山大物忌奥宮着ヽ(´ω`)ノ
57_20140817172325acc.jpg

目的である参拝を無事に終え、麦汁が飲みたかったんだけど、この後には新山への岩登りがあるので泣く泣く諦める(☍﹏⁰)
実は、麦汁摂取の為に、外輪~新山~神社ってのを、ギリギリまで悩んでたのだ( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
夢破れたり・゜・(ノД`)・゜・
しょうがないので、コーラのビリビリで我慢する。
58_20140817172327055.jpg

神社の向かいに、入った事はないけど美術館とかってのがあって、そこの石垣にチョウカイフスマが咲いてます。
ほんと、小さくてかわいい(๑→ܫ←๑)
59_2014081717232893c.jpg

60_20140817172329c83.jpg

9:48、大好きな鳥海の岩登りへo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
61_20140817172331c02.jpg


つづく


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_08
11
(Mon)00:56

2014年5月5日 浄土平

お盆は恒例の、移動の仕方がおかしいだろ?的な大遠征をするので、今日はお盆に会えない仲間たちに集合をかけて、遊んできました
中華ランチを頂いたんだけど、回転率の悪いお店で、IN~OUTまでに1時間半強もかかってしまった(´д゚ll)
2_2014081023530537e.jpg

その後はショッピング
3アイテム合計3500円弱の服を買い、服買い過ぎたわ~とか言ってたけど、友達は今日一日で、スニーカーを3足買いΣ(‼❍ฺω❍ฺ‼)
とにかくスニーカーにこだわりがあるらしく、あれこれ語ってくれたけど、登山靴以外の靴にはそんなに興味がない雪野さんには、理解してあげる事ができず(´Д`;)
とにかく、お金をいっぱい使って、スニーカーのストックが出来たらしいです( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
意味分からんくて最高ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

その後はお茶。
まず、休日に下界にいた事がないので、年に一回か二回しか行かない店へ。
きゃらめるふらぺちーのを、グランテってのより大きいベンティってのでオーダー(`ω´)グフフ
あとはにゅーよーくちーずけーき
3_2014081023530583d.jpg

その他3人が「何で雪野ちゃんだけ??」とか言ってて、何が?って思ったら、私のカップにだけ「さんくす」って書いてあったらしい。
高額商品をオーダーしたから、感謝されてんの?とか、大人のイヤラシイ発言満載な、我が友たちであった(ノ I `。) ウゥ・・・
1_20140810235303a5c.jpg

そしてさっきまで、遠征の用意をしてましたが、疲れるわーヽ(冫、)ノ
パッキング嫌いー、めんどくさいーヽ(冫、)ノ
で、パッキングも終わってない訳ですがヽ(冫、)ノ
お盆のお天気が微妙なんですが、どうか晴れて下さい(-人-)
今年の自分の力が、どこまであるのかの力試しの行程を組んでるので、実行させてもらわないと困るんですよ・゜・(ノД`)・゜・
神様、お願い(☍﹏⁰)



さて、久々の通常更新
まだGWネタらしいです(;^ω^)


5月5日。
仲良し山友カップル、AくんとMちゃんと、浄土平に行く事になった。
たまたま前日、Mちゃんがメールをくれて、魔女の偵察に行くけど~って言ったら、同行してくれる事になったのだ。
魔女が起きてる予感は全然してなかったけどww

スカイラインを走っている途中、雲海が出てるんじゃね?という雲が涌いていて、超期待大+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +
駐車場に着いて、まずはウォーミングアップの小富士周回からo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
1_20140811001523fd3.jpg

2_201408110015254c6.jpg

一切経の雪も、だいぶ落ちてるんだろうなぁ。
4_2014081100152633c.jpg

そして福島市方面へ上がってみると・・・
雲海なんてなんにもねぇwwww
ショックすぎるwww
5_20140811001528a6b.jpg

そしてこの日は、浄土平らしい暴風デーで( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
Aくんが以前、暴風に遭遇した際に編み出したという耐風姿勢の話になり。

「風を受け流せばいいんですよ
6_20140811001529dbd.jpg

マヂかっ∑(´Д`*)ノノ!!



2人とも真剣すぎるww
暴風に出会った時、皆さんもお試しあれ( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

そしてこの後、一昨年のお盆に、偶然遭遇した月山でもやらかしてた訳ですが・・・
早朝ランニングです(´д゚ll)
7_201408110026006fe.jpg


雪野さん、着いて行く気全くなしです(´д゚ll)

そして、遠く離れてしまったAくんが消えたなぁ、どこ行った?って思ったら・・・
8_20140811002602d2b.jpg

なにそのミニマムな感じ(´д゚ll)
コロポックルかよ(´д゚ll)
風を避ける為なのか、私たちから隠れてたつもりなのか(´д゚ll)
9_20140811002602eec.jpg

そして、相変わらず耐風姿勢を貫く2人。
13_20140811002604803.jpg

14_201408110026051df.jpg
やっぱ、アホ友ですねwww

小富士のラスト1/3は、私もランニングさせてもらいましたww
毎度のクロックスで( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

そして、やっと登山靴に履き替え、一切経に向かってスタートですヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
17_201408110032133d5.jpg

雪も少なくなりました。
でも、暑いこの時期に見ると、涼しいでしょ?と、更新の遅れを言い訳してみるww
18_2014081100321493b.jpg

東吾妻と一切経の分岐を進んだ辺りで、空が不穏な色になり始めました。
19_2014081100321656c.jpg

しばらく進むと、ガスで真っ白くなり始め、ポツポツと雨も降ってきました。
どうせ魔女も起きてないし、仮に一切経に上がっても、このガスじゃ魔女も見れないだろう。。。
じゃあ、一切経には行かず、ここで思い切り遊び倒そう(´∀`*)ウフフ
てな事で、無理に先に進むことはせず、蓬莱山の脇の辺りまで進みティータイム。
20_201408110032178bb.jpg

そして遊び倒しますヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
21_20140811003219049.jpg

普通は滑落停止訓練なんだと思います。
だけど我らアホの子達。
滑落訓練を致します(゚Д゚)ノ ァィ
滑落のスピードを体験するのであります。






レジャーシートやべえええええええァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
超速いwww
何度か登り返して滑りまくりましたが、また来年の残雪期に、ここで本格的に遊びましょうって事で、下山して沼尻高原ロッジで温泉に入り、その後はAくんオススメの食堂へ。
ちょうどSLが走って来ました。
22_20140811003652b80.jpg

車の窓を開けて撮りましたが、ピンボケ過ぎて笑えるww
23_20140811003654847.jpg

食堂に着いて、磐梯カツ丼とやらを食べると言います。
周りのお客さんの磐梯カツ丼を見ると、とてもクリアーできるミッションとは思えません(´Д`;)
でも、普通のカツ丼をオーダーするという行為に対して、Aくんのお許しは出ずヽ(´Д`;)ノ
ネタに生きろって事です。。。

ドスンヽ(冫、)ノ
右はMちゃんオーダーのミニです。
ミニって名前だけど、普通サイズです。
24_20140811003656cfc.jpg

向こう側のAくんの皿を見てもらうと分かるけど、カツをよける別皿があるのですww
25_20140811003657546.jpg
4枚中、2枚のカツを食べたところで、さすがの私もリタイヤヽ(冫、)ノ
残りはタッパーに入れてお持ち帰りさせてもらいました(ρε;)

食べ過ぎてゲッソリしてる割に、べこの乳でのアイスは外さず( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
しかもダブルww
26_20140811003658b35.jpg

のんびり下道を走りながら、アホの人たちのアホなGWの後半を過ごしたのでした(ノε`*)ンププ
毎度毎度、一緒に遊んでくれてありがとう


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_08
08
(Fri)00:45

2014年7月26~27日 飯豊連峰 北股岳~門内避難小屋泊Part3

先日のモンベルSサイズシャツ、ちょうどいかったーヽ(*´∀`)ノ
実際着て歩いたら、不具合出るかもだけどね(´゚ω゚):;*.:;ブッ


飯豊の続き。

寝ている時から、ビュービューすごい風の音で、何度か目が覚めた。
それは朝になっても止まず、というか、明るくなる頃、雨の音までしだした(´д゚ll)
皆さんも起き始めたので私も起きたけど、寝る時には居なかった若いイケメンが小屋に居たり。
多分、テントさんが避難してきたかな?

梅花皮から来たというパーティーさんも、びしょ濡れで小屋に避難。
アイヤーとか思いながら、朝食はビビンバ(レトルトご飯と素)

小屋に泊まっていたご婦人が、私とKyazuさんに話しかけてきた。
前の日に私たちが「新潟人だ~」って言ってたのを聞いてたらしく、よくよく聞いてみると、同郷の方であったw
ほんと山はおもしろい(๑→ܫ←๑)
泊まり装備の大きなザックを背負って、1人でKJを上がって来たらしい。
小屋に入って来た時、かっこいいなぁって思った
私も、あんな風になりたい(。→ˇ艸←)

暴風雨も止みませんが、みなさん続々と小屋を出て行かれます。
これ以上待つと、午前中に下山出来なくなるって事で、我々も出発します。
それでも多少雨風は弱まってたのが救いだった。

7:32、お世話になった門内ホテル出発
小屋番さんも、優しくていい方でした。お世話になりましたペコリ(o_ _)o))
ターコイズが好きだからターコイズのザックカバーにしたんだけど、これ大失敗だな。
レインウェアと同化しちゃって、アオムシみたいo(´д`)oァーゥー
2_20140807225528f57.jpg

もーここからは無言で早足ですww
稜線上は、さすがに風が強いww
ザックの紐がベシベシ顔に当たって、超痛い・゜・(ノД`)・゜・
ベシベシされるのが好きな人なら、たまらん仕打ちなんだろうけど、痛いの嫌いな雪野さんは、苦痛で仕方ないww
時々、風に煽られて足が止まる感じだったから、風速20m位はあったんでしょうかねぇ?

前日、花びらを2~3枚つけていたマツムシソウが、全開で咲いていた。
でも撮る余裕はないww

7:51、KJ分岐。
しばらくは何もない草原が続くので、まだ風に煽られる事があるかもしれない。
でも、雷が鳴ってなかっただけでも救われたヽ(冫、)ノ
この写真で、雨のすごさ分かるかな?
3_201408072254131a9.jpg



雨が降ってなければ、このKJの草原で、お花を撮りながらのんびり遊んで帰る予定でした。
遊んでる余裕はねぇ
足場の悪い中、早足で下山しますww
登山道はもはや、沢と化して、その辺の小川よりも立派でしたww

8:22、梶川峰。
わらさんのお約束ポーズをパクってみるが、私がやると何か違うようだ┌┛┌┛ズコ!
いつもの寝シリーズをやってみたかったが、このドロドロじゃ。。。
4_20140807225415aa1.jpg

梶川峰を過ぎると、だんだんと斜度が急になってきます。
なのに登山道は沢化し(´д゚ll)
転ばないように、慎重に歩きます。

そしてやっぱり忘れた・・・w
Kyazuさんに教えてもらったんだけど、春先によくみるトゲトゲの正体。
ハリブキだそうです。
6_201408072311528ef.jpg

5_201408072254169b0.jpg

トモエシオガマ(*`Д『+』)ハッケン!!
雨の中のコンデジじゃ、これが精一杯w
(トモエさんじゃなくて、エゾシオガマだそうですw)
7_20140807231153844.jpg

9:00、五郎清水着。
小休止で水場はスルー
8_20140807231154dcf.jpg

KJはお尻を着いて足を伸ばさないと届かないくらいに削れちゃってる場所が多かったんだけど、みんなあそこを登ってきたんだよねぇ(´Д`;)
登れる気がしねーとか、ブツブツ言いながら、滑り落ちてきました(´д゚ll)
9_20140807231155c1e.jpg

9:43、滝見場着。
ここから石転びが見えるという。
頭の方はガスがかかってて、残念
10_20140807231157c04.jpg

途中、MMが見えた。
十分な斜度過ぎて、大爆笑ww
ないわー、あんな斜度ないわー(´Д`;)
そりゃボヤくわww
11_20140807231708819.jpg

10:07、湯沢峰着。
薄っすらと見えたこの湯沢峰、どんだけ登り返させるんだよとテンション下がった。
しかもここに来ての急登で萎えた(ヽ´ω`)グッタリ
12_20140807231710905.jpg

Kyazuさんがチーズ入りサンドイッチを作ってくれたヽ(*´∀`)ノ
超うめぇヽ(*´∀`)ノ
13_20140807231710f54.jpg

11:00、ここで飯豊山荘が見えた。
雪野さん、ついうっかり、終了ボタンを押してしまう。
足がプルプルして来てしまったよwww
14_20140807231712f0c.jpg

最後の最後で、ロープ場。
ちょっとスラブっぽい岩。
15_201408072317132f9.jpg

まず、足を置く場所がない
大丈夫かな?と思って足を置いたら、ズルッと滑って慌てて体制を戻したww
雨で濡れてるから、なお滑る。
これはもう、腕の力で下りるしかない場所なんだと思った(´゚ω゚):;*.:;ブッ
鎖フェチのアホ友たちのお陰で、何度か鎖を掴んでおいてよかった。。。
何とか下りれた。。。
23_201408072325182f0.jpg

たいした斜度に写ってないとこが、せつねー
16_20140807232514e71.jpg

飯豊山荘が近づいた、道路も見えたヽ(*´∀`)ノ
11:31、ゴールヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
17_201408072325168bd.jpg

24_20140807232520fd7.jpg

25_201408072336284b1.jpg


激しい2日間であった_ノ乙(、ン、)_

帰りは梅花皮荘の温泉で汗を流し。
18_201408072325168ef.jpg

梅花皮荘でご飯って思ってたんだけど、前回、もう閉まってて入り損ねた越後屋さんに行く事にした。
モロキュウをサービスで頂くw
( ゚Д゚)ウマー
19_20140807233622803.jpg

そして天ざるそば。
岩魚の天ぷらってのを初めて見たので、食べてみた。
これヤバイ( ゚Д゚)ウマー
20_2014080723362428a.jpg

21_20140807233625f1e.jpg

ここのご主人も、飯豊を守っている方らしく、前日、KJの刈り払いをして下さっていたらしい。
朝お話したご婦人が、上がってくる時に刈り払いをしてた方と長話したって仰ってたので、越後屋さんのご主人だったんだね
整備してくださってる方に、直接お礼を言える機会なんてなかなかないから、ラッキーでした
同じ日、小国山岳会の方々も登山道整備をして下さったらしく、新しいロープが張ってあったりして、無事に下りて来れました。
22_201408072336262e3.jpg
スーパードライの缶ビールは凍らせる事ができるけど、ノンアルビールは破裂するらしい"φ(・ェ・o)~メモメモ
などという、豆知識を教えてもらい(´゚ω゚):;*.:;ブッ
ご主人は写真も撮っていて、飯豊の写真集も出しておられ。
写真集を見せてもらったけど、そこにピンクのチングルマの花が載っていてΣ(⊙▽⊙"a
タテヤマチングルマー∑(´Д`*)ノノ!!って。
立山じゃなくても咲くのか。。。と思い、家に帰って調べてみたら、気象条件によって、白にピンクが混じる事があるんだって。
立山固有種なんだと思ってたヽ(冫、)ノ

山に登らなくても、岩魚の天ぷらを食べに行きたいなぁって思った、おいしいお店でした


自分の足で歩いて、飯豊の稜線を繋げたいという夢。
その夢の、半分まで歩く事が出来ました。
1_20140807234941a77.jpg

北股からのその先。
また歩いて、全部繋げます。
飯豊4


飯豊を下りた翌日に、石転びで遭難事故があった事を知りました。
結果的に、遭難された方は、亡くなっていたようです。
亡くなられた方のご冥福をお祈りしたいと思います。

私が北股から石転びを見下ろした時、その方は私の見ていた方向にいらっしゃったんだと思います。
その時は既に、亡くなっていらっしゃったのか。。。
障害物がなければ、上から発見してあげれたんだろうかとか、なぜ事故は起こってしまったんだろうかとか、いろんな事を10日経った今でも考えています。

山を始めて数年、初めて近くに感じた山岳事故でした。
飯豊を守っておられる方々は、事故があるたびに自分たちの時間を投げ打って、危険な場所へと救助に向かわれます。
山は自己責任とよく聞きますが、事故が起きれば、捜索に来て下さる方の命までも奪いかねない騒ぎになってしまうという事。
それをしっかり頭の中に置いて、山を歩きたいと再度思いました。

飯豊は普通の山の感覚で入ってはいけない山だと思っています。
ある程度の筋力と体力があれば、山を歩く事は可能だと思います。
だけど、それだけじゃ、命は守れない。
どの山でもそうですが、自分のレベルを知り、その山を歩くだけの力が自分にあるのか、きちんと把握し判断した上で、山に入って欲しいなと思います。

山での事故が、一つでも多く減りますように・・・



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_08
05
(Tue)23:17

2014年7月26~27日 飯豊連峰 北股岳~門内避難小屋泊Part2

えぇえええ、これって踏んづけた跡、丸出しじゃーん(´д゚ll)
お客様の荷物踏んづけるって、どゆこと(´д゚ll)
2_201408052027185c4.jpg

一番最初に買った山服、モンベルの長袖Tだけど、それがとにかくお気に入りで、3年間着続けたら、あちこち黄ばんでいる事に、ほんのこの前気づいた(´д゚ll)
勲章のシミが取れなくなったのだろう(´д゚ll)
で、モンベルのアウトレットに同じのがあったんだけど、Sサイズしかなく。。。
でもモンベルは大きめに作ってあるし、なんとかなるかな。。。
3_201408052027208c2.jpg

そして、ファミリーパックのアイスを買ってみた。
うちの小さな冷蔵庫に入るのか心配だったけど、スッポリ入った。
だがしかし、山に担いでく時用の、デカ氷を仕込めなくなった。。。
これはヤバイ、早くアイスを処分せねば(;´д`)
1_201408052027175df.jpg
ファミリーパックって2リットル入ってるんだけど、これを一気食いするというブロ友さんがいる。
器に山盛り盛って、2リットル中の1/8くらい。。。
やっぱ、あのお方には勝てぬヽ(冫、)ノ


さて、飯豊の続き。

地神北峰を出発してすぐ、デリンちゃん(*`Д『+』)ハッケン!!
44_20140805203408b8b.jpg

47_20140805203410173.jpg

これから歩く稜線も、よく見える
44-1.jpg

まずは地神山へ。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
ここだけでも十分、きれいな稜線
46_20140805203614ef5.jpg

やっときれいに、たくさん咲いてるハクサンフウロに出会えた
数はそんなに多くなかったけど。
48_20140805203412211.jpg

49_20140805203413f0d.jpg

そして、デリンちゃん祭り開催中(๑→ܫ←๑)
すごすぎる(。→ˇ艸←)
50_20140805203807820.jpg

本山とダイグラ尾根がチラリ|゚Д゚)))
いつかあのルートを歩くことになると思う・・・(´Д`;)
51_201408052038097cc.jpg

キスゲ越しにエブリ
52_2014080520380981a.jpg

11:50、地神山着。
53_201408052038112a4.jpg

54_201408052041075f3.jpg

ここで行動食タイム。
56_201408052041110cb.jpg

右のピークをちょっと下がったところに、今夜のお宿の門内ホテルが見えた。
ここからどれくらいかかるのか・・・
Kyazuさん曰く「1時間くらいだろう」とのこと。
55_20140805204110048.jpg

12:00、お宿に向かって出発ヽ(*´∀`)ノ
稜線歩きは本当に気持ちがいいヽ(´ω`)ノ
さっきまで死にそうになってたのが、嘘みたいに元気になる
iide (9)

稜線に上がると、トンボの数に恐怖感を抱くガクガク(((゜д゜;)))ガクガク
58_20140805205509422.jpg

お花も増えてきた
ヤマハハコ
59_2014080520551092e.jpg

ニガナ
60_201408052055124af.jpg

これわかんねーの、超ちっさいの(Kyazuさん情報で、なんちゃらムグラらしい(なんちゃら部分が謎)
61_20140805205514c19.jpg

これは。。。キャ━━━(艸;Д;il!)━━━ァァ!!!
62_20140805205745fad.jpg

2つ目のピークの手前に、ホテルがあるのだ。
そして、今日は行きたくねーなーと思ってたのに、Kyazuさんが「北股まで行くよ」って༼;´༎ຶ ۝ ༎ຶ ༽
北股は中央左寄りの一番でっかいピーク。。。
そこからグワンと下がった所に、6月に途中まで登った石転びの雪渓があります。
よく見ると、鞍部に梅花皮小屋が見えてるんだけどね。
63_20140805205747ccd.jpg

12:38、扇ノ地紙着。ここがKJとの分岐。
なぜここだけなんだろう?とKyazuさんと考えてみたが、結論は出ず。
最初に登録した人が、うっかり間違ったとの雪野的見解( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
66_201408052057477b5.jpg

イブキトラノオ
67_201408052057498a1.jpg

12:46、胎内山着。
立派な石柱Σ(⊙▽⊙"a
68_201408052057503bd.jpg

もうちょっとだよ
iide (11)

クルマユリ
69_20140805210656bc3.jpg
70_20140805210903f70.jpg

マツムシソウの蕾がいっぱいあったけど、唯一花びらをつけてた子は、この子だけ。
全開の子が見たかった(ρε;)
71_20140805210659053.jpg

ヒメ様
72_20140805210700ee5.jpg

飯豊槍ヶ岳(`ω´)グフフ
73_201408052109055ac.jpg

藤の花っぽいなんかってKyazuさん言ってたっけ?(Kyazuさん情報で、イワオウギ)
75_201408052109077a2.jpg

13:05、感動のゴ~~~~~ルヽ(*´∀`)ノ
Kyazuさんの予想通り、1時間で着いた・・・すげー∑(´Д`*)ノノ!!
78_2014080521121480b.jpg

76_201408052109095b8.jpg

小屋の前はお花畑(人´∀`*).☆.。.:*・゜
77_20140805211212c2d.jpg
なんて感動してる間もなく、小屋の中に荷物を置いて、すぐさまサブザックに切り替え、北股岳に連行です・゜・(ノД`)・゜・
先行者さんの荷物が1パーティー分。
小屋番さんがいらっしゃって、お二人さんが北股へ出かけたという。
そして雪野、超ミステイク
財布忘れたーヽ(冫、)ノ
飯豊の小屋は安く使わせてもらえるから良かったけど、普通の山小屋だったら外で野宿だったかもー・゜・(ノД`)・゜・
Kyazuさんに1500円借金チーン(-人-)

13:23、北股に向けて出発。
小屋から門内岳は近い。
13:25、門内岳着( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
飯豊山は信仰の山。
所々にこうやって、御社が建ってます(-人-)
79_201408052112156bd.jpg

「北股、とーけじゃん!!!」と、またボヤき始めるo(´д`)oァーゥー
80_20140805211216185.jpg

iide (12)

ここで初めて、ミヤマリンドウさんと御対面w
この子一株だけだったなぁ、ミヤマリンドウさん。
81_20140805211218eb3.jpg

クルマユリはいっぱい(。→ˇ艸←)
82_201408052120423a4.jpg

83_201408052120432f6.jpg

これは毛が生えてるので、チシマギキョウ
84_20140805212045f77.jpg

ウーン・・・遠いヽ(冫、)ノ
85_2014080521204666c.jpg

iide (13)

キスゲ畑。
この辺一帯を、ギルダ原って言うらしい。
6月にアホの人たちと二王子に登った時、飯豊を見ながら「ギルダって何だ?きっとすごい事になってんぞ」とか、意味不明な事を言って話題になった場所なのだ。
87_201408052203164f3.jpg

88_2014080522031863a.jpg

89_201408052203191ec.jpg

90_20140805220320114.jpg

ウスユキソウさんも、まだいたよw
92_20140805220454fad.jpg

振り返る| 冫、)ジー
また戻らなくちゃなんだよヽ(冫、)ノ
93_2014080522045741c.jpg

でもデリンちゃんを見つけると、テンションUP
96_2014080522045805c.jpg

98_2014080522050047e.jpg

99_20140805221949fc8.jpg
デリンちゃん、花びらの丸いのと尖ったのといるわ~って思ったんだけど、花びらのフチが丸まってきてて尖って見えるらしい。
まん丸のは若い子かもしれぬ( ̄ω ̄;)

コラボ
100_201408052219517f3.jpg

山友わrさんも見つけたこの虫。
2年前の鳥海山でも見つけたんだけど、色がエメラルドできれいだよねぇ。
ゾウムシの一種だと思うけど。
101_20140805221952807.jpg

102_20140805221954e25.jpg

これがわからんのねぇ。
葉っぱはユリの葉みたいなんだけど。。。
(jyasuminさん情報で、ハクセンナズナ。ありがとうございました
103_20140805221955833.jpg

14:28、北股岳着。
なんとか辿り着きました_ノ乙(、ン、)_
104_20140805222514838.jpg

108_2014080522251959d.jpg

北股岳から、石転びの雪渓を見下ろす。
ちょうど真ん中辺りの、グリーンの壁で雪が隠れて見えなくなってる所ぐらいまで登ったのかなぁ。
105_201408052225158c0.jpg

今年始めての、ウメバチソウさんにも会えました
この子、本当に大好き(。→ˇ艸←)
初めて森林限界を超えた月山で、初めて見た高山植物だったかもね
106_20140805222516d18.jpg

107_2014080522251899c.jpg

14:37、のんびりもしてられません、小屋に向かって下山開始。
109_20140805223041ae6.jpg

シャクナゲ
110_20140805223042abd.jpg

まん丸デリンちゃん(。→ˇ艸←)
111_20140805223043474.jpg

112_20140805223045773.jpg

113_2014080522304611c.jpg

115_20140805223400d70.jpg

胎内方面から吹き上げてくるガス。
116_20140805223401b6b.jpg

小屋はもうすぐなんだけど、行き先真っ白ww
117_20140805223403001.jpg

後でいっぱい撮ろうと思ったら、稜線上にはあまりいなかったよ(;´д`)
119_201408052234040c7.jpg

15:33、小屋着。
そのまま水場まで水を汲みに行く。
121_201408052234061ab.jpg

この日はテントさんは3張り。
122_20140805223633673.jpg

123_20140805223634eef.jpg

おぉ、コザクラさんが咲いてたよ(ピンボケ)
124_20140805223636213.jpg

そして水場が予想以上に遠いww
萎えるところだったww
小屋から5分下ったとこ_ノ乙(、ン、)_
125_20140805223637c48.jpg
登って帰るのだo(´д`)oァーゥー

そしてやっと念願の!!!
キンキンに冷えた酎ハイが飲みたくて、水2リットルを凍らせて保冷バッグに入れてきたんだけど、Kyazuさんに何度も多すぎと言われ。
だがしかし、この暑い季節は絶対2リットル氷で歩く事間違いない(・∀・)ウン!!
溶けた水で作る、スティック紅茶もうめー(゚д゚)ウマー
126_20140805223639822.jpg
これが飲めると思って、必死に小屋まで来たのに、お預け状態で北股連行www
やっと落ち着いた( ´З`)=3 ゲップ

さて宴会です。
Kyazuさんとこからモロキューだのトマトだのかまんべーるちーずだの出てきた。
雪野さんは原信で買った惣菜ww
127_20140805223913b4d.jpg

でもステーキも焼いた(´∀`*)ウフフ
128_20140805223915cf6.jpg
小屋の中が煙くなって、自分で退いた(´Д`;)

そして雪野さん、ちょっとでかいなーとか思いながら、噛み切れないステーキを丸呑みしてしまった。
喉の奥まで通らない。
がんばって飲み込もうとする。
通らない。
ん・・・息ができなくなってきたぞ・・・がんばって飲み込め・・・いや飲み込めない(;゚ω(;゚ω゚(;゚ω゚;)゚ω゚;)ω゚;)

袋に吐き出しました*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*

だって、ほんとに死ぬかと思った(涙目)
山での死因に、ステーキを喉に詰まらせてとか、シャレにならんわー(´д゚ll)

ご近所さんから頂いた鶏皮。
129_2014080522391671e.jpg

Kyazuさん製の親子丼の具(焼き鳥の缶詰使用)
130_201408052239191eb.jpg

さすがに疲れていたのか、この日はストロング酎ハイ500mlでダウン
日も暮れないうちに寝ちゃいましたZzz....(_ _*)・.。*

うちらが小屋に戻っても、先に来てらしたご夫婦2人組しかいなくて、今日はこのまま貸しきり状態?なんて思ってたけど、夕方になったらどんどん増えてきて、最終的に2階にも人が入る事になった(;^ω^)
小屋に入ってから風がものすごく強くなってきた。
明日のお天気は、どんなかなぁ・・・


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_08
03
(Sun)19:04

2014年7月26~27日 飯豊連峰 北股岳~門内避難小屋泊

最新報告

今日は自分を休ませる為にヒッキー
ブログネタ同様、滞っている家事をし
ギアの手入れをし。
レインウェアは先週の山行後、すぐににくわっくす加工したので、どの程度、防水が復活したのか、試すのは楽しみだけど・・・雨は降りませんように(;^ω^)
今日は靴のお手入れ。
ぺッカぺカだぞヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_201408031701505fb.jpg


そんなこんなで、先週の山行から一週間過ぎてしまいました(´Д`;)
最新報告でもしましたが、先週はKyazuさんと難儀な山、飯豊の北股岳まで。
去年はエブリの小屋に泊まり、今年は石転びの途中まで行き「飯豊の稜線、自分の足で歩いて、全部繋げたいなぁ・・・」なんて思った事から、ちょうどいろんな話も出たところでの、この山行となりました。
飯豊に入るなら、絶対泊まりでって思ってて、当初は5人で歩く予定でしたが、なかなかみんなと都合が合わず(´・ω・`) ショボーン
Kyazuさんと2人での山行となりました。


5:16、丸森尾根(以下、MM)の登山口をスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_20140803170129278.jpg

朝の5時で、すでに26度(´д゚ll)
なのに、のっけから急登(´д゚ll)
しかも、ハンパない急登(´д゚ll)
2_20140803170131b5c.jpg

歩いてる途中、Kyazuさんが言う。
「あれ、明日歩くKJね」
KJとは、梶川尾根の略である。
なんたる斜度。。。アホだろ(´д゚ll)
3_20140803170132ba4.jpg
実際、MMを歩いているから自分では分からないんだけど、Kyazuさん曰く、KJからMMを見ても、結構な斜度になってるらしいヽ(冫、)ノ
歩き出したばかりなのに、ボヤキ度、通常の200%(当社比)
スタートしてすぐに、フラフラしてくる。

原因
①寝不足
②熱中症
③朝のお勤めが完了してない(これ、結構大事)
④高山病

ん~・・・④かな((´∀`))ケラケラ←絶対ウソ

途中、休憩した時にザックを下ろします。
ウエストベルトを外したら、超開放されたヽ(*´∀`)ノ
ベルトを締めすぎて、具合が悪くなってたらしいです_ノ乙(、ン、)_
飯豊は水も豊富なので、持ってきた水も1リットル捨て(;^ω^)
iide (4)
この日はうまくまとめて、ザックは16・5キロ+カメラ1キロだったんだけど、登り嫌いの私には、斜度がきつすぎた・・・
飯豊だから、きついのは覚悟してたけど、自分の覚悟よりきつさがはるかに上回ってた(ヽ´ω`)グッタリ
足の松尾根より手ごわいよとKyazuさんに言われてたけど、足の松はかわいいと思った_ノフ○ グッタリ

花を見たり撮影しているフリをして休憩する。
でも、ちゃんと狙って撮ってる訳じゃないので、こんな有様www
4_20140803170133cf1.jpg

どんどん日が高くなってきて、暑さ倍増(´Д`;)
5_20140803170135207.jpg

もはや、Kyazuさんからもらった写真も、どの時点で歩いてた場所なのかすら思い出せない(´Д`;)
記憶がないというか、全てにおいて余裕がないのだ(´Д`;)
マジでこんなとこ登った記憶ないし(´Д`;)
iide (1)

そして、相変わらず斜度はきつい・・・
Kyazuさん待ってーヽ(´Д`;)ノ
6_20140803175853bd8.jpg

iide (2)

歩いても歩いても、先が見えない。。。
iide (3)

スタートから2時間弱、主稜線が見えた(らしい)
木と木の間の一番奥。
7_201408031758540ef.jpg

山には不思議な虫がいっぱいで、触覚がおもしろいこの子w
トナカイムシと名付けてみたw
8_201408031758558fc.jpg

Kyazuさんに、これ何の実って言われたんだっけ。。。(記憶喪失)
Kyazuさん耳より情報で、タムシバの実だそうです
9_2014080317585617f.jpg

頭を隠した本山と、本山に続くダイグラ尾根。
いつか歩いてみたいダイグラ。
でも絶対、下りで使う( ̄ω ̄;)
10_20140803181408cae.jpg

ホツツジ。
12_20140803181410649.jpg

水場はまだかーとブーブー言いながら、やっとこ着いた水場、7:32.。
13_201408031814115d5.jpg

岩を伝ってチョロチョロ水が落ちて来てました。
冷たくておいしかった
500ml一気飲み
14_201408031814124c6.jpg
ここで大休止し、行動食などを食べて再スタート。

8:04、稜線見えたか??って思ったら、あれはKJの続きなんだってヽ(冫、)ノ
15_201408031814147e4.jpg

マメ科っぽいやつ
16_20140803181945e3c.jpg

恒例の、早朝ンコー
18_20140803181947409.jpg
前回、足の松の登山道に、ンコが数え切れないくらい落ちててビックリしたって話をKyazuさんにしたら「やつらもお尻がチクチクするより、何もないところでしたいだろうww」で、登山道チョイスなんだとの見解( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

根っこロード(ずっとこれだけどね)
19_20140803181948ccb.jpg

ちょっとゲリ気味ー
20_201408031819494bf.jpg

コウゾリナ
21_20140803181951d54.jpg

歩いても歩いても、樹林帯が続きます。
10分歩くたびにフリーズし、また歩きを繰り返します。
木の背が低くなってきたと思っても、延々そこをぬけることはなく・・・
「丸森峰は、いきなり森林限界が来て開けるからねって言われてたんだけど、森林限界がいつになっても来ない・゜・(ノД`)・゜・

何度も、もうダメだと思いながら歩き、やっと迎えた丸森峰。
10:10、ほんとマジ、きつかった。。。
22_20140803182637010.jpg
ここに来るまでに、既に1・5㍑の水を消費してたかも・・・(水場での一気飲みを含む)
暑い日だったんだなぁ・・・

稜線に上がれば、そよ風が吹いて爽やか
次なるポイントは、先月末登った地神北峰まで。
だけど北峰は、この時点では見えていない。。。
23_20140803182639696.jpg

右を見ると、エブリの小屋と朳差岳ヽ(*´∀`)ノ
24_201408031826392d3.jpg

左から伸びてる、気持ちよさげな尾根は、KJ。
KJと稜線の分岐で、人影が沢山消えた。
この日は、飯豊を守っている方たちが、保全技術講習会とやらを、あのKJでやっておられたらしいので、その方たちかな?
25_20140803182641942.jpg

疲れているけれど、森林限界を迎えた場所では、ちょっとだけ元気になれます
iide (6)

今回は恐ろしい確立で、お花の写真はピンボケです┌┛┌┛ズコ!
ザックが重くてしゃがむのがきつい&疲れたのせいです(腕のせいが95%くらい)
26_20140803183449397.jpg

7月の頭に、Kyazuさんが偵察がてら同じルートで日帰りしてますが、その時はまだ、MMのこの辺では残雪があったそうです。→その時のKyazuさんの記事
だからまだ、雪解けしたばかりって事で、もうすぐ8月だって言うのに、ショウジョウバカマ∑(´Д`*)ノノ!!
27_20140803183450537.jpg

アオノツガザクラ
29_20140803183453005.jpg

ミイラ化の進んだウラジロヨウラクさん(ちょっと怖い)
30_2014080318345480b.jpg

一番中途半端な状態のチングルマ。
31_20140803183948d31.jpg

ヨツバシオガマ
32_20140803183921bdb.jpg

Kyazuさんはこの日、NEWザック。
70+10リットルだったっけ??
何入れるんww
33_201408031839236c0.jpg
でも実際、私も65リットルじゃ足りない・・・

iide (7)

ゴゼンタチバナとミツバオウレンの種
34_20140803183924fa9.jpg

目玉焼きキタ━━━━━━(๑→ܫ←)━━━━━━ッ !!
35_20140803183926959.jpg

カラマツソウ
36_20140803183927822.jpg

バイカオウレンもいた
37_20140803184422c55.jpg

もうちょっとで、新たなルートが繋がるぞ(๑→ܫ←๑)
がんばれ、自分ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
38_201408031844243be.jpg

丸森峰が遠くなった。
39_20140803184424d2d.jpg

そして、まだヒメ様が咲いてたよーΣ(⊙▽⊙"a
40_20140803184426e64.jpg

11:26、新しい稜線を繋ぐ旅の、やっとここがスタート地点です。
6時間10分かかって、地神北峰着。
Kyazuさん単独なら、多分ザックが重くても5時間以内でここまで上がるだろうヽ(冫、)_ ドテッ...
41_20140803184427204.jpg

頼母木の屋根って、半分赤で半分黒みたいw
42_20140803185004509.jpg

43_201408031850066ca.jpg
たった一ヶ月で、山の色も変わっちゃった。→一ヶ月前の記事

さぁ、まだ踏んでない場所へ、第一歩を踏み出しますo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
iide (8)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
2014_08
01
(Fri)00:36

2014年7月20~21日 岩手山Part2

最新報告

火曜は中田へ∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
仲間と楽しくご飯を食べれる時間は、とても大切な時間であります(๑→ܫ←๑)
1_20140731232801511.jpg



さて、岩手山2日目。
初日の予定では、5時に小屋を出て山頂を目指しましょうだったけど、御来光組がガタゴト起き始めると、やっぱりこちらも起きてしまう(;^ω^)
結局小屋を出たのは4時ちょい過ぎ。
4:19、小屋脇から御来光が見え始めました。
1_20140731233203de4.jpg

3_20140731233206f29.jpg

さて、この山行には参加してなかったんだけど、山岳会の猛者であるTさん♀が発案したサブザック。
これで水晶を歩いたって言ってたwww
2_20140731233204aaf.jpg
2枚重ねにすると、強化率UP

山が赤く染まっていました
4_20140731233207ac5.jpg

4:33、山頂を目指すお鉢巡りスタート。
時計回りで進む事に決定。
5_20140731233209129.jpg

鬼ヶ城って名前がついてる場所らしい。
6_20140731233520170.jpg

ベニバナイチヤクソウ
7_20140731233522efc.jpg

遠くに早池峰山かな。
8_201407312335231b8.jpg

日本海側は雲海の予感(๑→ܫ←๑)
9_20140731233525249.jpg

ものすごい斜度に、会長とボヤキながら登るww
10_20140731233527bff.jpg

ゲーゲー言いながら、ふと右側を見ると・・・

コマクサキタ━━━☆。:+ヾ(*゚∀゚*)ノ+:。☆━━━ッ!
遠いけど・・・
11_201407312340375c9.jpg

振り返ると、遠くに鳥海山。
もうすぐ行くから待っててね
12_2014073123403996e.jpg

4:56、お鉢のふちに上がりましたヽ(*´∀`)ノ
13_20140731234040590.jpg

山頂はあそこ。
14_201407312340423a0.jpg

盛岡の町が見えた。
15_201407312340432e2.jpg

イワブクロさんオハョョヨ∃ヽ(*´∀`)ノョョヨヨ∃ゥ!!
16_2014073123444474b.jpg

水晶をまとったコマクサ(*`Д『+』)ハッケン!!
17_20140731234445ef7.jpg

この辺からは、Sさん&Iさんと、カメラの戦いをする( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
元々2人とも、一眼レフで写真を撮ってたらしいんだけど、今は辞めたらしく。
私の出現で、カメラ熱が復活しそうだけど、重いしなぁ。。。で復活してない┌┛┌┛ズコ!

朝露をいっぱいまとったコマクサは、ほんとキレイだった・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
18_20140731234446606.jpg

19_2014073123444815c.jpg

すごく近くに見えてた山が八幡平なのかと思ってたら、これは秋田駒だって言う話。
秋田駒が岩手山からこんなに近いって事に、逆にビックリしたヽ(´Д`;)ノ
これならお花巡りに、岩手山と秋田駒で2Daysしてもいいかも。
20_20140731234449952.jpg

岩手山のおっぱいハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
どこのパイ山より、美しいと思われます(´∀`*)ウフフ
21_20140731234927a3e.jpg

そして、雪野さん絶叫ヽ(´Д`;)ノ
ものすごく遠くに、岩木山も見えている。
25_20140731234933ae2.jpg

23_2014073123493062b.jpg

ものすごく平坦に見えてるけど、これはものすごく急斜面ですw
24_20140731234931c03.jpg

5:21、岩手山山頂着。
またまたお花に夢中で、みんなから離れてしまった(´Д`;)
26_20140731235148fd1.jpg

どうやら、標識がリニューアルされたようだ。
27_20140731235149872.jpg

特にする事もないので、お鉢巡りの続きを開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
30_20140731235151964.jpg

みんな雲に向かって歩いて行きます。
かっこいい(人´∀`*).☆.。.:*・゜
31_20140731235152cc9.jpg

プロフ画を撮る為に、歩いてるフリするから撮ってくれと、Iさんにお願いするww
29_20140801003055d65.jpg

コマクサもいーっぱい(*゚∀`*)ノ☆。゚+.
32_201407312351546bc.jpg

33_20140731235426860.jpg

34_20140731235428135.jpg

36_20140731235430986.jpg

カメラ戦争をしていた3人を除き、みんなスタスタとあんな先へwww
37_20140731235431e9d.jpg

岩手山の山頂は、真っ赤々。
38_20140731235709a1e.jpg

あー、雲の上ってたまらんわーハァ(* ´Д`)ハァ
39_20140731235711998.jpg

お鉢の中に岩手山神社の奥宮があるんだよ!ってみんなには言ってたんだけど、先に行っちゃうもんだから、途中の分岐を見逃したらしい(;^ω^)
カメラ三人組は、お鉢の中へ。

神社の脇には、岩に刺さった宝剣が。
40_20140731235712e60.jpg

そしてふと「煙が出てるねぇ・・・なに?もしかして噴火する???」って、その岩を触ってみたら、火傷しそうになった( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
山が生きてるって思ったけど、有毒ガスだったらどうしようかと思った(;^ω^)
41_20140731235713a86.jpg

熱かった岩。
42_20140731235715aa5.jpg

もう直さないのかなぁ・・・
震災で倒れたと思われる鳥居。
43_20140801000114ed4.jpg

一年ぶりの奥宮で参拝。
初めてここに来た時、本当に震えました。
岩手山も、信仰の山です。
44_20140801000116146.jpg

イワギキョウも今年初かな?
45_20140801000117087.jpg

黄色いの
46_20140801000118f37.jpg

また別の所からガスが吹き始めましたww
怖くなったので退散癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ
47_20140801000120b20.jpg

お鉢の中にも、ちょびちょびとコマクサが咲いていました。
48_20140801000506c89.jpg

再びお鉢のふちに取り付き、振り返る。
パノラマ

小屋までの道も、カメラ三人衆はバトルを繰り返しww
望遠の面では、コンデジに負けただよヽ(冫、)ノ
54_20140801000509cbc.jpg

55_2014080100051135e.jpg

56_2014080100074155e.jpg

57_20140801000742fee.jpg

58_20140801000744cc7.jpg

59_20140801000859edb.jpg

一旦小屋に戻って、軽く朝御飯。
行動開始が予定より一時間早かったので、楽に新潟に帰れるかな

小屋の前で記念撮影をして、7:25、下山開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
サヨナラ岩手山ヾ(*'-'*)マタネー♪
61_20140801000901b10.jpg

太平洋側も、まだまだ雲海が涌いていました
62_20140801000903248.jpg

今日はお日さまをいっぱい浴びて、楽しそうなウスユキソウさん
63_2014080100090446f.jpg

下山も雲に向かって歩きます。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
下山は新道を使いました。
64_20140801000905add.jpg

65_20140801001241476.jpg

新道は、お花が少なくて淋しい・・・
タマガワホトトギス
66_2014080100124345e.jpg

2時間24分でゴールヾ(´・∀・`*)oc<【。゚・+:.・おつかれさま・.:+・゚。】
って、道中のネタはないんかいww
67_20140801001244e80.jpg

登山口手前の小屋?に、薪が沢山置いてあります。
行きに気づいてれば、2,3本担いで上がったのに。。。
68_20140801001246212.jpg

帰りは去年も2日間お世話になった、お山の湯って温泉に入って、アイス買って出てきましたw
会長はブルーベリー味
69_201408010012479d2.jpg

そして、途中のSAで冷やし坦々麺を食べ(辛かった(´Д`;))
70_20140801002140844.jpg

出てくる時に蜂蜜ソフトを食べ(蜂蜜がダラダラ垂れてきて手がべとべとになったので、オススメできない)
71_20140801002141499.jpg

高速でトレーラーが炎上とかで、途中で降りなくちゃいけないとの事で、時間潰しに次のSAにまた寄り、前沢牛の串焼き1300円を食べてみる。
72_20140801002142a61.jpg
肉汁が垂れてバッグを汚しただけで、味は前沢牛なのかどうかは分からない。
数百円足して、利久の極定食が食べたかった・・・

時間潰しをするも、通行止めが解除になる気配がなく、1時間早く下山できたのも意味がなくなりww
少し下道を走って、解除になったとの事で高速に乗ったら、まだトレーラーは放置中で渋滞に巻き込まれヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
磐梯山SAで、白桃ソフトを食べて、この日は食べ収め(*・з・)ぷッ
73_20140801002144da7.jpg

山で遊ぶを教えてくれる先輩たち。
次は、どんな遊びかな(๑→ܫ←๑)


参加中です。クリックよろしくお願いします♪