FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
お盆山行4日目。
雨でも何とか4日目も歩き通してみたい・・・てな事で。

前日の立山が、想定外に早くの下山だったので、家に戻ってからアホの人たちに声をかけてみる( 」´0`)」
私が無言で某SNSを立ち去った後、みんなそれぞれに連絡をくれて、今はLINEのグループトークで毎日のように話してます(。・w・。) ププッ
本日、地元のアホ友ZさんもIDを取ってくれて、私の好きな8人全員が揃いました(๑→ܫ←๑)
これでアホ山行の話し合いもスムーズに出来るかな

てな感じで、傘差し山行に参加してくれた、ボスとAくんとMちゃん。
Mちゃん以外の三人は、新潟の山屋スタイルの、長靴でww
Mちゃんはうっかり長靴を忘れてしまったらしい(´・ω・`) ショボーン

AくんとMちゃんは、菩提寺は初めて。
ボスは石油の里コースは初めてって事で、初体験3人衆を引き連れての8:24、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
2_20140828232132255.jpg

なんか見る所が増えてるっつーか、リニューアルされてるっつーか??
3_20140828232132647.jpg

Mちゃん、大はしゃぎでポンピングパワーと呼ばれる、石油採掘の機械を、傘を投げ捨てて必死に回します(´゚ω゚):;*.:;ブッ
4_20140828232134275.jpg
何事にも120%の力を発揮するMちゃんが素敵過ぎるwww

菩提寺に登る時は、私はいつもこの石油の里コースです。
前に会山行で五泉側の門前コースを歩いた事があったけれど、なんか山に登っているって感じがしなくて。
あと、小須戸側のぶどう園とかってとこからも登ったけど、あそこは30分くらいで山頂に着いちゃって、トレーニングにならない(´д゚ll)
低山で樹林帯ではあるけれど、アップダウンもあって縦走をしている感覚になれる、この石油の里コースが好きです
他の3人も「お~、結構いいねぇ」って言ってくれて、うれしかった(ノε`*)ンププ
全部の建造物を見て回ったしなww

途中、切り株に謎の物体を発見ガクガク(((゜д゜;)))ガクガク
5_201408282321359a6.jpg

登山道は、標高200m前後を行ったり来たりな感じだと思います
ゆるゆる歩きながら、急にドカーンッと急登が来たりで、低山って言ってもそれなりに登り甲斐があります。
天気が良ければ、この柔らかなグリーンもきれいなんだろうけど、がーすーまみれのグリーンも、案外神秘的
6_20140828234203061.jpg

無雪期に登る事が、実はあまりないので、山頂までこんなに長かったっけ???とか思って、ボヤき始める(´д゚ll)
これが本当の最後の登りヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
7_20140828234204d08.jpg

9:29、菩提寺山着ヽ(´ω`)ノ
8_201408282342061cb.jpg

ここは広くて展望のいい山頂なんだけど・・・
9_20140828234208ce8.jpg

がーすー( ̄ω ̄;)

なんも見えねすぎるwww
普段はここから、田んぼと町がブワーッて見えるのにww

東屋で大休止。
てか、おやつタイム。
10_201408282342097d6.jpg

ボス支給のわっふる( ゚Д゚)ウマー
11_20140828235307dfc.jpg

Mちゃんが、母のおやつを盗んで来たというお煎餅( ゚Д゚)ウマー
12_2014082823530974f.jpg

茶はいつものぴーちてぃー(ピーチとレモンとグレープフルーツは、まじオススメ)http://www.stick-stick.jp/lineup/teaheart.html

だらだらと30分もバカ話をし、この後高立てに向かうぞと言うと、ボスがイヤだと言う。
菩提寺だけだとダメだろと叱りつけ、10:02、高立山に向けて縦走開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
菩提寺にも高立にもこんな小屋があって、冬は薪ストーブに火がつくので、真冬でもこの山は賑わってます
13_20140828235310fbc.jpg

菩提寺からちょこっと下ると、砂利の車道に出ます。
菩提寺から30分程度で、高立山の登山口着。
もうこの頃は、蚊に刺されて大変な状態www
止まっちゃいけません、歩いて逃げましょうww
蚊取り線香持ってくればよかった(ノ I `。) ウゥ・・・
14_201408282353123ef.jpg

むか~し、誰かのブログで「高立を低山と侮るな。」って書いてらっしゃった人が居ますが、これ本当なんですw
急登の細尾根で、ここだけ見ると飯豊の足の松尾根みたいに感じてくるくらいですww
15_20140828235313340.jpg
まぁ、10分くらいのもんですけどw
それでも3人が「思ったより歩くなぁ」ってビックリするほど、標高の割には手ごたえがあるのがこの山です。
冬とかこの二山を縦走すると、かなりトレーニングになるしおもしろいです。
低山でガッツリ雪遊びが出来るのが、雪国のお得な所ですね(。・w・。) ププッ

10:52、高立山山頂着ヽ(´ω`)ノ
16_2014082900055464a.jpg

山頂から見える山が石碑に刻まれてるけど・・・
17_20140829000555d22.jpg

あ、菅名山塊だけ見えたわww
18_201408290005560fa.jpg

下山は来た道を戻らず周回コースで。
あまり歩いてる人が居ないらしく、草ボーボーでしたww
しかも急斜面すぎて、長靴だからつま先が痛いww
みんな微妙に小走りww
そして、蚊との戦いも終わらず

ボスがまた登って石油の里コースに戻るのはヤダって言うので、菩提寺山頂はスルーで白玉の滝コースへ行ってみる。
ここは初めて歩くコースです
白玉の滝って、オバケが出るとか聞いてたから、歩く気がしなかったんよ(´д゚ll)
でも、みんなが一緒だからいいかなとww
19_201408290005589bc.jpg

でーっかい杉がピシ-ッと整列してました。
20_20140829000559e8b.jpg

こんな湧き水もあるんだねぇ。
21_2014082900100896f.jpg

22_20140829001010ec9.jpg


このコースの選択がマズかった・・・
沢が流れてるので、今度はアブの洗礼www
でも私とAくんとMちゃんは回避。
なぜなら・・・

ボスは全身真っ黒だったので、アブの標的にァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

アブにストーカーされ、走って追い払うボスww
23_20140829001011363.jpg

今日は人体実験だねぇ、うちら黒じゃなくてよかったねぇ、山で黒着ちゃうと、遭難しても見つけてもらえないから、黒は着ちゃダメだねぇwwwと、大爆笑しながら進みます(´゚ω゚):;*.:;ブッ
白玉の滝を上から見てみた。
24_20140829001013306.jpg
何かもう、予想外にハードで、携帯の万歩計が一人は9㌔、一人は11㌔って言ってたので、中間を取ってこの日の山行は10㌔歩いた事にする(・∀・)ウン!!
疲れたので、ぐるっと戻って白玉の滝を下から見るのは誰も賛成せず、そのまま知らない振りして直進w
この後も駐車場までずーっと、ボスはアブにストーカーされてました

駐車場について、ボスは用事があったので帰宅。
残り3人は田上へ出向いて、ランチ。
たかとりで角煮ラーメンを(๑→ܫ←๑)
雪野チョイス、五目角煮ラーメン
25_20140829001013008.jpg
塩味さっぱりでんまかった(゚д゚)ウマー
誤算だったのは、でかい角煮が乗ってるのに、五目の肉も浮かんで肉だらけになってたとこwww

AくんとMちゃんは、普通に角煮ラーメン。
26_201408290018473c4.jpg
次はこっちだなぁ・・・(。・w・。) ププッ

そして温泉に入って、今度はおやつの時間です。
ジェラテリア Sorriso
一回入ってみたかったんだよねぇ。って、Mちゃんもそう思いながら入った事がなかったらしく。
雪野チョイスはバラとラムレーズン。
バラがバラバラしくて、すごかったww
ローズティーを飲んでるみたいでw
(゚д゚)ウマー
27_201408290018488e3.jpg

そしてこの後、K日S荘へ。
うちらが横で繋がってるのをMさんは知らないから、驚かせに行こうってのを前にやったんだけど、前回も今回も会えず
もうこの頃、転勤準備が始まっていたんだろうなぁ(ノ I `。) ウゥ・・・
Mさんは今週の土日がお店に出るのは最後らしいです。
心当たりのある方は、最後にお別れの挨拶をしに行って下さいね

そんなこんなで、私のお盆山行は4日でストップ。
後半は仲間たちと遊べて楽しかったけど、結局、自分の限界がどこなのかを探る事は出来なかったなぁ
来年以降、飯豊の全縦走をしたいという目標が出来たので、自分がどれくらい歩き続けられるのかを知りたかったんだけど。。。
人に「歩けるよ」って言われても、自分が歩けるって確信を持たないと実行しないタイプなので、また来年、どこかでガッツリ自分試ししないとダメだなぁ・・・
いい時期の超連休ってお盆しかないんだから、空に味方して欲しかった・゜・(ノД`)・゜・

そして皆さん、来年の9月のカレンダーを見てみて下さい。
まぁ、うちの会社じゃありえないと思うけどね_ノ乙(、ン、)_


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト




【2014/08/29 00:41】 | 新潟の山
トラックバック(0) |

みなみる♪
雪野
きのこは全く分からんので、手を出す気は毛頭ない(´゚ω゚):;*.:;ブッ
死にたくないからねi-282

いやマジな話、3泊とか4泊とかの長期間、山を歩き倒そうと思ったら、体力の限界を知っておかないと、行程が組めないのだ。。。
限界知らないで、調子こいた行程組んでも、死ぬだけだからね(´Д`;)


minami
ホウキタケ・・・じゃないのか・・・?
でも毒キノコでも似たのあるからな〜食べない方がいいだろな。
あれだよ、きっとうっきには限界なんてないんだよ。
ゥン((o゚д゚)o__))ゥン

コメントを閉じる▲
最新報告

仕事で帰りが遅くて、自分の自由時間が出来るのは11時近くで、写真の編集もままならず。。。
一日10枚程度編集すると、もう寝る時間ですヽ(冫、)ノ
やっとこ一座分がまとまりました・・・先が思いやられる_ノ乙(、ン、)_
人として、もう少し余裕のある生活がしたいです・・・

そんな中、この前の日曜は、楽しい時間をもらいました
山岳会の山行で、某お山へ。
お気楽トレッキングのつもりだったのに、普通に登山だった(´д゚ll)
でも、湿原があったり
3_2014082622014337f.jpg

月山で、蝶を撮ってたカメラマンさんが「ここでまだ見てないんだよねぇ」と言っていた、この子にこの山で会えたり
1_20140826220141387.jpg
快晴とは行きませんでしたが、自分では思いつかない山を提案してくれる、山の先輩方に感謝(-人-)



通常更新。

さて、お盆山行3日目。
本来ならば、立山にテントを張って3日間篭る予定で。

1日目 剱御前
2日目 立山三山+龍王岳
3日目 奥大日

な、雪野的行程でしたが、天気の回復が見込めず、お盆初日の時点で中止の知らせ。
3日分の時間が空いてしまい、力試しも中止なのか。。。と思いながら月山を歩きましたが、そこは能天気ゆえ、お天気が何とか持ちそうなら、立山日帰りしちゃえーァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

って事で、日帰り決行ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
ストレス貯まってるから、自分も歩きたいというKyazuさんも同行。

出発前日、もう寝たいから集合時間を決めてくれと、半ボケでKyazuさんと時間を決め、8時就寝
家に居たって山時間は続行中なのであります(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
この半ボケがまずかった。
集合時間を1時間勘違いし、待ち合わせ場所に遅刻(´д゚ll)
それでも5時前に立山駅に着き、意外とチケット待ちの人も少なく、始発便のチケットをゲットΣ(⊙▽⊙"a
しかもこれが大変な事で・・・
1_201408262201448ea.jpg
ケーブルカーもまさかの一番乗り( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
しかもKyazuさんまで、あのポーズとかwww

今日はお天気が下ってく予報だけど、がんばってね、てるぼー
2_201408262201459cd.jpg

さ、始発便に乗り込みます
3_20140826220147e8d.jpg

一番乗りなんだから、一番いい場所へww
子供よりいい場所ゲット( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
だって、こんなチャンスは二度とないもの(´゚ω゚):;*.:;ブッ
4_201408262248124c3.jpg

この動画、ちょっと長いけど、最後まで見たほうがいいと思います


バスも当然、一便に乗り込みますヽ(´ω`)ノ
何かバスが新調されてたー(画像なし)

バスがゆらゆらと走ってる間、空には吉兆の彩雲が
5_201408262248140aa.jpg

6_20140826224815b4f.jpg

そしておまけに、鍬崎山方面に出現した虹ヽ(´ω`)ノ
8_20140826224818575.jpg
この山、見るからに難儀そうだったけど、そのうち登ってみたい(`ω´)グフフ

彩雲や虹が出たけれど、見るからに吉兆とは呼べない、この雰囲気・・・不穏(´Д`;)
ぼんやり見えてるかなぁ・・・
町にフワーッと降り注ぐ、雨(多分ね)
7_20140826224816b58.jpg

薬師は頭を隠して┌┛┌┛ズコ!
9_20140826230637014.jpg

ターミナルに着いて記念撮影とかして、7:16スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
雨は降っておらず、とりあえずがーすー( ̄ω ̄;)
雪野的立山史上最強のがーすー( ̄ω ̄;)
10_201408262306399de.jpg

しかもスタートして20分で、不穏な予感がし、先にカッパを着る。
暑い(´д゚ll)
カメラもデイジチからコンデジに切り替え。

7:37、浄土山への分岐。
去年、立山を訪れた時、浄土山を残して立山二山しか歩けなかったので、今回はルートを繋げる為に、浄土山から狙います。
11_20140826230640742.jpg

青空の下で見たら、すごいお花畑だったんだろうなぁ。。。
12_20140826230642fb1.jpg

13_2014082623064403a.jpg

コンデジに切り替わると、もはやピンボケも恥ずかしくない(・∀・)ウン!!
ここまでボケると、恥ずかしい気持ちすら涌いてこないww
15_20140826231342dac.jpg
アウトドア用カメラでこーゆー日は何の心配もないけれど、バカすぎて泣ける・゜・(ノД`)・゜・

チングルマはスタート時は穂でしたが、ちょっと標高が上がったら、まだまだお花。
14_201408262313407c7.jpg

19_20140826231604ec9.jpg

アオノツガザクラ
16_2014082623134364e.jpg

浄土山への道は、予想外の岩々ロードΣ(⊙▽⊙"a
この日は高度順応も順調に済み、スタート一時間しないうちに通常の体調へ。
スタート時は空気の薄さを、本当に体感しました(;^ω^)
18_20140826231346e55.jpg

ツガザクラ
20_201408262316068a5.jpg

8:09、室堂山と浄土山の分岐。
天気が良ければ室堂山まで行って、立山カルデラが見たかったんだけど、周りはなーんも見えないのでスルー。
21_20140826231607d7d.jpg

22_20140826231608328.jpg

プチ雪渓を渡ります。


雪渓を渡り終えると、完全岩場と化しました・・・

_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ

岩場に入ると、テンションあがるー
23_201408262316090ab.jpg

24_20140826232106546.jpg

サボる為にストックを使って歩いてた事を後悔します。
岩場では、単なる邪魔なアイテムでしかないのであります(´Д`;)
仕舞ってから登ればよかった・・・
25_201408262321076fe.jpg

26_201408262321084e6.jpg

8:26、あそこがきっと稜線だって場所が見えたヽ(´ω`)ノ
風がだいぶ強くなってきていたので、稜線に上がるのに、若干不安もあったけど。
27_20140826232110dbc.jpg

稜線だーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
って、まだだったヽ(冫、)_ ドテッ...
28_20140826232111a6b.jpg
でも↑からすぐに稜線に到着しました。
いやぁ、楽しい岩遊びでありました(*'∀'人)♥*+

立山に先乗りしていたアホ友Aくんも、実はこの数時間前、立山三山のこのルートを歩いていました。
山行中も、お互いの状況などを連絡しあってましたが、風がハンパないので大走りから下山するとの事。
ほんと、風はどんどん強くなってきていましたが、雨が降っていなかったのが救い。
29_2014082623260651e.jpg

何かの人口建造物が見えたけど、なんだろね(調べる気なし)
30_2014082623260891c.jpg

がーすーがどんどん濃くなって行きますww
31_20140826232609a41.jpg

ミヤマリンドウ
32_20140826232611581.jpg

さて、岩場の急斜面を下ります。
33_20140826233022932.jpg

この時点ではハハコグサかと思ったけど、葉っぱが違うねぇ。
34_20140826233025216.jpg

岩場を下りましたが・・・
どうやら浄土山だったようです┌┛┌┛ズコ!
うっかり素通りしたー(´д゚ll)
35_201408262330268e5.jpg

タカネシオガマ?
36_20140826233028111.jpg

今年はまともな蕾が、どこでも見れなかったけど、立山でキレイな蕾に会えたw
コバイケイソウ
37_201408262330292a6.jpg

イチゲもまだいっぱい。
38_20140826233704403.jpg

8:52、立山大学の研究所着。
39_2014082623370532d.jpg

ここから一ノ越へは向かわず、五色ヶ原方面へ。
超ザックでこっちへ行く人、こっちから来る人、何人かいたなぁ。
40_20140826233710bae.jpg

五色が原へ行く訳ではありません。
分岐から数分の場所にある、龍王岳に登るのですΣp(*゚ェ゚*)q゛
ここは地図には表記してあるけど、登山道は表記してありません。
初めて立山に来た時、一ノ越から雄山に向かってる途中、振り向いた時に見えた岩山。
すげーかっこいいと思って、家に帰ってから登れる山だと知り、絶対あそこに行くんだと数年かけて狙ってた岩の上。
最初に来た時に見えた龍王。
22_20131023225123bc8_2014082701240879b.jpg

ガスにまみれて全容が見えません(´д゚ll)
39-1.jpg

瞬間、ガスが抜けて岩の塊が見えましたヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
たまらん(๑→ܫ←๑)

てか、風に向かって怒ってる自分がアホ過ぎるww

龍王の足元にストックを投げ捨てて、岩登り開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
39-2.jpg
一歩一歩がたまりません(๑→ܫ←๑)
3年越しの願いがもうすぐ叶います

しだれイワツメクサ
41_2014082623550127c.jpg

9:04、念願の龍王岳登頂_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
44_20140826235505d84.jpg

雪野さん、ご満悦
でも、風が強くて立てません(´д゚ll)
42_2014082623550297a.jpg



念願だけど、何も景色は見えずwww
風も強すぎますww
吹かれてグラつけば、雄山側はもう崖。
命はありません。
注意しながら下山します。

無事に下山し、次は雄山を目指します。
45_2014082623550730c.jpg

途中、雷鳥の声が聞こえたような気がして、ハイマツの近くを覗いたりしたんだけど、後続者さんのストックを突く音だったのかもしれないって事で終了(ノ I `。) ウゥ・・・

タカネツメクサ
46_201408262359284c2.jpg

一ノ越に到着した時に撮ってないので、着時刻は分かりませんが、行動食を軽く食べてる時に雨が降ってきて、その雨がどんどん強くなっていきます。
既にテント内に避難していたAくんは、テントを撤収して室堂に向かうという。
一ノ越の稜線を横殴りに吹き抜けてく雨と風を見て「ここで撤退しよう」と、Kyazuさんと意見が一致。
雄山へのこの稜線も、半観光地な登山道とは言っても、普通に岩ゴロの登山道です。
観光客は山に対する恐怖心がないから、薄着で先に進んでいく人も多数でした。
私たちは怖いので、そのまま下山。
相手は3000m峰ですもの。
47_20140826235930879.jpg





ターミナルが見えてきた。
もうこの時点で、風雨を顔で受けるのが辛く、右手で顔を抑えながら歩くww
ビンタもらってると同じくらいに痛いんだもんww
49_20140826235933808.jpg

48_20140826235931939.jpg

ひとまずターミナルについて、一安心。
ターミナルの通路は、外から入ってくる人が持ってくる雫で水溜り状態
スタッフさんが一生懸命、水の処理をしていましたが、いたちごっこでした(;^ω^)
大して動いてませんが、Kyazuさんからもらったふるーつぱわーを注入。
50_201408262359355d5.jpg

11:12、デカザックのAくん御帰還。
初日、剱、2日目、奥大日、3日目のこの日は悪天候の為、立山二山で終了。
そのうちリベンジに行かなくちゃね(`ω´)グフフ
51_20140827000929582.jpg



お天気は最悪でしたが、大好きな立山に数時間でも居れただけで、ほんと来て良かったです(๑→ܫ←๑)
時間と天気を見て、9月中に立山三山を・・・という野望も涌いてますけどね(´゚ω゚):;*.:;ブッ

下山後、ご飯を食べながら、Aくんが行って来た憧れの剱岳の話を聞く。
岩壁に作ってある、足場の一歩が大きすぎるらしく、女子にはきついかもとの事・・・(男性でもちょっと厳しい幅らしい)
早月尾根から登る気はサラサラなく、タテバイヨコバイのある正面から登りたいんだけど、足の短い雪野さんは厳しそうだなぁ・・・
てーか、剱沢にテント張って初日に剱取っちゃって、2日目に雷鳥沢のキャンプ場に降りて来てテント張り直して奥大日とか、行程が雪野さんの想像を超えてました(´д゚ll)
剱は2日目に行くんだろうなって思ってたんで(;^ω^)

メインで遊んでるアホの人たちの中では、私が一番、筋力体力が低いと思います。
山で遊ぼうと思った時、私のレベルまで下がって来てもらうのがどうしてもイヤで、ちょっとでも差を縮められたらと思って特訓をするんですが、彼らも日々進化していますから追いつけませんww
だけど、そういう気持ちがあるかないかで、レベルの上がり方も全然違ってくると思います。
誰かに甘えなければ歩けない時点で、自分のレベルを超えた場所ってことですからね。
アホの人たちと組んでるチームは、女だろうと容赦ありませんが、山に対しての考え方が似てるので、一緒に居て楽です。
というか、山に入ったら、私は男になります(´゚ω゚):;*.:;ブッ

て事で、この翌日は、アホの人たちと雨の日山行です(。・w・。) ププッ

つづく

おまけ。
立山から下山したら、このお店がオススメ
880円なのに、セットメニューの盛りがすごすぎますwwww
おいしかったです♪

台湾菜館

53_20140827000932dab.jpg

あ、そしてついでに、ケーブルカーの動画には、一切オチはありませんでした(´゚ω゚):;*.:;ブッ

参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/08/27 01:09】 | 立山
トラックバック(0) |

わらさん♪
雪野
いや、全然命令なんてしてないんだよww
カメラ向けたら、勝手にKyazuさんがポーズ取ってたんだもんww
きっと自分もやりたかったんだろうね((ノ`ェヾ))モチョモチョ

多分この日、ターミナルから真っ白の室堂平を眺めていたとしても、それだけでも満足だっただろうと思う。
立山って土地が大好きで、そこに居るだけでうれしいのだi-178
欲張りだから、きれいな景色も見たいけどさ(ノε`*)ンププ
雨でもガスでも、やっぱ楽しいねi-189
ただ悪天候の時は、事故を起こさないように十分に気をつけないとだね(´д゚ll)

Kyazuさん♪
雪野
Kyazuさん、よくやった(・∀・)ウン!!
せっかくカメラ持って7分も撮ったんだから、全部見てもらわないと困るわ(´゚ω゚):;*.:;ブッ

龍王から見える景色は、どんななんだろうねぇ・・・と、妄想が止まらないのであります(●´エ`●)o〇
うちから1時間のとこに立山があったら、どんなに幸せだろうと真剣に思うヽ(冫、)ノ
立山町か上市に住みてぇ(ノ I `。) ウゥ・・・

目目連さん♪
雪野
ほんと、今年のお盆は酷すぎましたヽ(冫、)ノ
多少の天気悪いなぁ・・・はあれど、これだけ天候に恵まれない休日も、初めてかも・・・
秋は連休がないんですが、日帰りで快晴の秋空に会えたらいいなぁi-189

山を始める前から、剱岳って憧れの山だったんですけど、早月尾根の存在って私の中にはなかったんですよねi-190
剱に登った事のある、富山の友達が話してくれたのは、タテバイヨコバイとかの話で、室堂から行く剱岳が、私の中の剱岳って事になっちゃったんでしょうね(;^ω^)

Aくんは岩や鎖のスキルが高いので、単独でも挑戦できますが、私はまだまだなんでチャレンジもできませんが、チャレンジする時も怖いので、何とか同行者を探そうと思います(´Д`;)

内緒なんだけど、去年の秋に奥大日に行ったんです。
でもまだ記事に出来てません( ´ノД`)コッソリ

花火星人さん♪
雪野
私、なんも言ってないんだよ、気づいたらKyazuさんが勝手にこれやってたんよ(´゚ω゚):;*.:;ブッ
びっくりしたわ・・・by立山駅の早朝5:37(´д゚ll)

あ、残念ながら、私はKJ行けないんです(´・ω・`) ショボーン
KJに行く理由を聞いたら、それもありだなぁって思ったんだけど、それは来年だなとi-190
代わりにわらさんに、がんばって来てもらいます(´∀`*)ウフフ
私はお盆最終日に行けなかった、谷川連峰の一角に行って来ます( ´ノД`)コッソリ

茶々さん♪
雪野
11時まで働いてるって事じゃなく、ご飯作って食べて風呂入って家事をして、一息入れられるのが11時ってことで(;^ω^)

お盆は山形2日、富山3日だから5日だよi-190
立山は中止になっても、はなから単独で行くつもりだったから、お気になさらずi-88
Kyazuさんが、どうしても自分も行くって言うから、しょうがねーなーと・・・|彡+.゚。: サッ!!
天気予報的には、この日を逃したら、残りの2日はどこに行っても全滅な感じだったから、絶対逃したくなかったし。
執念ってやつかな?(´∀`*)ウフフ



わら
きゃ~~~\(◎o◎)/!
KYAZUさんが・・・・

命令したのは雪野氏ですね。

でも、とてもいい感じです。うふふふぅ。

私も立山行きたいなぁ。日帰りでも十分満足できる領域ですよね。暴風雨でも、楽しそうやね。
そーいうとこ、見習わなきゃ(^^)v







kyazu
ケーブルカー動画全部観てやったぜぇ。
オチがないんだから、長すぎだろi-235

龍王からの展望は格別だろうなぁ・・・
あ~また行かなくっちゃi-236




目目連
雪野さん

今年のお盆はホントにお天気ダメでしたよね。
つーか、良かったのは梅雨明け~7月いっぱいのような。

うーん。
剣は体力的には早月が大変ですが、岩場的な難しさは別山尾根の方が難しいかと。

足場の一歩が大きい

ってのはおそらく、横バイの最初の一歩が遠いって話じゃないでしょうかね。
先行の人に『もちょい下』『そこそこ』とか言ってもらえるとそんなに心配はいらないです。

奥大、ぜひ行ってください。
頂上から見る、東大谷の岩壁と、びゅーっと伸びる早月尾根が素敵ですよ。

足あげが
花火星人
どんどん感染が広まってるww

わらさんのブログへのコメントにも書きましたが、
KJでスズメバチの被害が出てるそうです。
どうぞ、お気をつけて。


茶々
残業お疲れ様~。
11時はきついね~~~~><。
頭おかしくなるわ~。

お盆の山行、当初の予定では6連ってこと?だったよね?兄貴のパンツは足りるのかそれだけが心配だった。
一緒に行けなくてごめんね~。中止で日帰りできる場所でもといった時点で1時集合とかないって思ったからさぁ・・・。間に合わなかった。無理して行って任せっきりも嫌だし、迷惑かけることになっても行けないし。。。。。
当日は気になって気になって、何度ライブカメラをチェックしたことか^^;



コメントを閉じる▲
山友Aくん&Mちゃんに誘ってもらって、水曜にK日S荘のMさんに、お世話になりましたの挨拶をして来ました(ノ I `。) ウゥ・・・
大事なギアは、いつもその方に選んでもらっていました。
靴もザックも、フィッティングがとても大事だという事。
長時間歩いても、足が痛くない。
20130708215159ca4s_201408230026441d9.jpg

201302122209514d4_2014082300264593d.jpg

重いザックを担いでも、自分の体にあっていれば、重さを感じずしっかり歩ける。
そんな事を、ギアを通して教えてもらいました。
20130811224405393s_20140823002646571.jpg

2~3年後、メインザックを変える時に、またフィッティングしてもらいたかったなぁ。。。
先に到着していたAくん。
最後のフィッティングをお願いして、靴を選んでもらっていました。
今買う訳じゃないと分かっていても、きちんと靴の相談に乗ってくださって、さすがですわ。
私も最後のフィッティングをお願いし、靴を選んでもらいました。
Aくんはローバーが合ったんだっけな?
私はローバーは幅が広くてダメでした(;^ω^)
で、フィットしたのがこれ。
LA SPORTIVA(ラ・スポルティバ) Pamir GTX BrownLA SPORTIVA(ラ・スポルティバ) Pamir GTX Brown
()
LA SPORTIVA(ラ・スポルティバ)

商品詳細を見る


でも、これがかっこよかったんだよなぁ・・・
サイズがなくて試着できなかったんだけど。
SCARPA(スカルパ) キネシス プロ GTXSCARPA(スカルパ) キネシス プロ GTX
()
SCARPA(スカルパ)

商品詳細を見る

まぁ、本当に買う時はアレですよ・・・
Mさんの転勤先まで遠征ですよイェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィ
ちっとばか遠いけど・・・(*・з・)ぷッ



さて、お盆の山行2日目は、これも恒例の月山。
鳥海&月山はセットです(・∀・)ウン!!
山に入ると山時間発生って事で、日暮れと共に寝、日の出と共に起きるの生活になるので、7時半くらいから8合目の駐車場で爆睡(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
爆睡と言っても、やっぱ何度か目覚めるんだけど、今回は目覚めてもおもしろくなかったなぁ。
毎年、ものすごくキレイな星空が車の窓から見えるんだけど、この日は前日に引き続きがーすー( ̄ω ̄;)
ので、起きて外を見る事もなく寝続ける(:3[____]

早朝4時起床。
サックリ上がってサックリ下りてくる予定だったんだけど、ポツポツとフロントガラスに雨粒が。
ので、二度寝開始Zzz....(_ _*)・.。*
そして時折、雨の音が車の屋根から聞こえてくるので、更に寝続ける。
6時頃、月山周辺の天気予報を調べてみると、7時過ぎから強雨となっていたので、それをやり過ごすまで寝続ける。
実際雨は、6時半にやって来た。
7時ちょっと前に本格的に起きて、いつまた降り出すか分からないので、雨具のパンツだけ履いて7:38スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_20140823001515017.jpg
駐車場からのこの登りだけで、息切れがするハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
もうダメだーと、スタート2分で思う( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

2年連続、快晴の青空の月山を歩いてたので、このグレーの空がなじめず(;´д`)
2_2014082300151756b.jpg

御田原神社は、帰りに寄ろう
3_201408230015170ab.jpg

7:51、登山口と書いてある分岐。
この日はスタートが3時間近く遅れてるし、とにかく早く新潟に帰らなくちゃいけないと思っていたので、私にしては珍しく早歩きで挑みます。
4_2014082301411212f.jpg

5_20140823001520625.jpg

遠くに、頭だけ覗かせた出羽富士、鳥海山が見えましたよ
6_2014082300474015c.jpg

スタートが遅いので、観光客さんも沢山歩いてらっしゃいました。
何とか隙を見て抜かせてもらって、8:39、仏生小屋着。
毎年、看板犬のようにおとなしく座っていたワンコが、今年は居なかった(´・ω・`) ショボーン
7_20140823004741f35.jpg

雨の降る気配が消えてきました(´д゚ll)
カッパズボン履くんじゃなかった(´д゚ll)
あっちーよ(´д゚ll)
8_20140823004743859.jpg

休憩なしで歩きます┣¨ ┣¨ ┣¨ Σ≡=-((( っ・`ω・)っ
まぁ、スキー場コースなら、ほどほどの登りがありますが、こっちのレストハウス発だと、坂がほとんどありませんからね(;^ω^)
9_20140823004744b52.jpg

月山もやっぱり、何となくお花が少ない感じがしました。
10_2014082300474631b.jpg

あのトンガリを超えたら山頂だと思ったけど、全然手前だったなww
11_20140823005340677.jpg

9:18、神社が見えてきたヽ(´ω`)ノ
12_20140823005341dde.jpg

遠くに連なる、どっかの山。
13_20140823005342b07.jpg

そして今年もかー
ヘリがブンブン飛んで荷揚げしています。
14_20140823005344d88.jpg

15_20140823005345b46.jpg

何を荷揚げしてんのかな?って思ったら、木材などの資材でした。
9:28、本宮着ヽ(´ω`)ノ
16_2014082300573929d.jpg

参拝は後で(。→ˇ艸←)
いつも小屋の向こう側まで遊びに行きます
展望がいいので
18_20140823005742c6f.jpg
神社の休憩所に販売機があった気がしたんだけど、今年は見当たらず(中まで入ってないから探しきれてなかったかな。。。)
で、小屋でコーラを買おうと思ったけど、玄関に販売機がなく。
諦めたーヽ(冫、)ノ

展望広場からスキー場からのコースを見下ろす。
こっちのコースは、紅葉の季節がきれいそうだな
19_20140823005743e77.jpg

月山のミヤマリンドウは、花の付きがとても多い気がします
20_201408230057449fc.jpg

天空の社、いいね。
昔は湯殿山ではなく、鳥海山を含めて出羽三山と言ったそうです。
本宮の後ろにそびえる、鳥海がかっこいい
21_20140823010156f21.jpg

植生保護の為か、進入禁止区域が増えてました。
その代わり、新たに開放された場所もあるようで。
本宮の鳥居前から石垣を横切って奥に入れました。
22_20140823010157318.jpg
ここからも眺めが好かったですよ

さて、目的である参拝をして下山しましょう。
今年も無事に、登拝完了(-人-)
10:23、下山開始。
山頂で遊びすぎたねww
23_20140823010158813.jpg

フウロさんも沢山咲いていました。
24_201408230102002a4.jpg

27_20140823010642d37.jpg

ミヤマリンドウはいっぱい(๑→ܫ←๑)
青いお花が大好きです
25_20140823010202832.jpg

33_201408230107532ba.jpg

36_20140823010754645.jpg

37_20140823010756c63.jpg

のんびりしてたいけど、そうも行きません。
26_201408230106418bf.jpg

32_20140823010920f53.jpg

チングルマは、まだ花の状態でしたo(´д`)oァーゥー
28_20140823010643364.jpg

29_20140823010645174.jpg

30_20140823010646a4f.jpg

つーか、蕾の子も沢山w
穂を見るのは、これからなんでしょうね・・・
残念(。・´ェ`・。)
31_20140823010918d2c.jpg

今年はスタートが遅かったので、行者様や信者さんなどとは、行きの時点でスライドでした。
あの方々は、多少天気が悪くても、やっぱり朝の澄んだ時間に登られますよ(;^ω^)
去年お会いしたような気がする、まさに行者様って感じの方と、今年も挨拶を交わすことが出来ました
34_20140823011210206.jpg

イチゲも、まだがんばってました。
35_2014082301121117f.jpg

タテヤマウツボグサはたっくさんw
38_20140823011216ef5.jpg

39_201408230114499d9.jpg

40_20140823012103b4d.jpg

チョウチョがゆらゆら飛んでいました
41_20140823012105751.jpg

トウヤクリンドウも咲くんだね。
月山では初めて見た。
42_20140823012106d08.jpg

43_20140823012107f51.jpg

11時ジャスト。
まだまだ登ってらっしゃる方が沢山。
チビッコも沢山居ました(。→ˇ艸←)
44_20140823012109531.jpg

御田原湿原が見えてきたーヽ(´ω`)ノ
45_20140823012532651.jpg

12時ジャスト、御田原神社着。

参拝後・・・
コーラの誘惑に勝てず(負ける気マンマン(∀`*ゞ)テヘッ)
46_2014082301253393b.jpg

51_20140823012920a69.jpg

木道歩きで湿原を見ながら歩きます。
あら。。。ここのモウセンちゃんてば・・・
まっかっか∑(*☼_☉*)
もっと近づいてみたいけど、ロープの向こう過ぎて近づけず(ノ I `。) ウゥ・・・
47_2014082301253546e.jpg

秋のリンドウも咲いてました。
48_20140823012537b97.jpg

12:13、ゴールヽ(´ω`)ノ
50_201408230125469bb.jpg
駐車場でお隣になったご夫婦と出発も一緒だったんですが、帰り支度をしている時に戻って来て「どこに居たんですか?すれ違わないし追い越されてもいないし(;´д`)」
いやいや、私は何度かお見かけしてますw
休憩中の時に、追い越したりね(笑)

奥様は山にはそんなに登られない方らしく、足の平が痛くてどうしようもないと、車の周りを飛び回っておられましたww
スニーカーだもんね、足が疲れるよ(;^ω^)
お疲れ様でした(๑→ܫ←๑)


神はその存在を示す為に、命あるものを遣わせるという。
49_2014082301253804b.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2014/08/23 01:47】 | 山形の山
トラックバック(0) |

みなみる♪
雪野
昨日は、もっと幻想的な蝶々を見たでありますよ(๑→ܫ←๑)

まずだ、ちんぐるまが下界で育てられるってのがビックリだわww
やっぱ難しいんだなぁ、山野そう育てるのって。
バジルですら枯らすようになってしまった雪野さんであった(ノ I `。) ウゥ・・・

来年の春、新芽が出るかどうか、ちょっと楽しみだなw
植物の底力、見れるかなぁ(ノε`*)ンププ


minami
クジャク蝶チレイだね〜♪
家のチングルマは2年目で花の数が増えたから
今年はアレが見れるなあって楽しみにしてたのに
たった1日、水やり失敗しただけで全滅した・・・
デリケートすぐるよぉぉぉウワァァ─。゚゚(ノ)´Å(ヾ)゚゚。─ン
かすかな望みを託して、捨てずに来春を待つ・・・
新芽でないかなああああ。(゚うェ´゚)゚。

コメントを閉じる▲