FC2ブログ

2014年5月1日 谷川岳 

2014, 07. 05 (Sat) 01:21

最新報告

いや、今週は結構マジメに更新したので、特に報告する事はないようだ・・・
まぁ、ブルーレイが1枚届いた。
5_201407042341266f4.jpg

これ、ビフォアシリーズって言って、前作にサンライズ、サンセットと2作あるんだけど、ほんっと大好きなシリーズで。
まさかミッドナイトが出るとは思わなかったけどw
今年の1月に公開だったんだけど、冬は動くのがめんどくさい・・・
結局行かなかったって事で、夏は夏で忙しいから、このブルーレイはいつ見るんだろうな( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

あちこちの山の上の神社の扉が開き始めました。
今月からは、登拝登山の開始です
鳥海、月山、立山、加賀白山
休みがどんどん減っていくのに、全部行けるかな。。。
加賀白山は、山を始める前から行ってみたかった山。
でも、他の奥宮と一緒で、登る気なんてさらさらなかったから、行けない場所認定の神社でした。
登るようになってからも、地理的に遠い、山自体もでかいから、行ける気がしないで、行ってなかった場所。
今年は何だか行かなければいけない気がするので、そろそろお邪魔しますかね


さて、今年のGWの続き(まだGWネタかよ

5月1日が休みって事で、世間的には平日であり、これはチャンスと、普段、混んでる山は嫌いだからと、敬遠していた谷川岳へ。
この翌日、雲取山を計画していたので、ただ埼玉に直行するより、せっかくだから寄り道してしまおう的発想。
てか、前の日は友達との旅行から帰ったばかりで、埼玉に向けて前乗りがムリだったんだ。

で、谷川入りの前夜。
ブロ友さんである目目連さんのブログに遊びに行ったら、なんともリアルタイム過ぎる記事がUPされてて・・・→http://mtngoods.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

動画を見た後、プルプルしちゃいまして・・・
ロープウェイでお気楽登山なんて思ってたんで、気をしっかり引き締めての登山となりました。
出発前に見れて、逆によかったと思います。

いつもソロだと、寝坊しますZzz....(_ _*)・.。*
この日も当然ながらの寝坊で、途中まで下道で行こうと思ってましたが、ダメだーと思って最寄から高速IN
距離的に遠回りになる上、時間も30分しか縮まらないから普段は湯沢の方まで下道利用・・・
何とかロープウェーの運行時間前に到着するも、ベースプラザの駐車場がどこから入るのか分からずウロウロ( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
そして、空は超不穏な色合い・・・

とりあえず乗り込みました。
1_201407042349513f3.jpg

駐車場にもロープウェー乗り場にも、平日ながらチョロチョロとお客さんはいました。
だーけーどー
2_2014070423495321c.jpg
みんなスキー場とか、単なる観光のお客┌┛┌┛ズコ!
登る人が誰もいねー
空いてるのを期待しての平日登山だけど、いなさすぎるのも不安ー
そして、登山口どこー
3_20140704234954ff1.jpg

リフトのおっちゃんに聞いて、登山口発見(ノ I `。) ウゥ・・・
8:54、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
4_20140704234955d7b.jpg

天気の変わりやすい山だから、と言われて挑んだこの日ですが、さっきまで曇ってたのに、もうこの青空。
青空はうれしいんだけど、またすぐ変わるんだろうな・・・と、覚悟して。
向こう側の雲もすごいね。
5_20140704234957a90.jpg

6_20140705001634997.jpg
ゲレンデ脇の登りが、一番急登だったヽ(冫、)ノ

谷川岳さん、こんにちは( ´Å`)ノ
8_20140705001636c7f.jpg

ゲレンデを登り切り、ゆるゆる気持ちのいい残雪の道
9_20140705001638d0d.jpg

10_20140705001640a41.jpg
ここを超え、ロープ場を下りたら、半藪漕ぎ状態となった
数日前、川内で藪漕ぎしたばかりなのに、ここもかーと、プチ切れヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
雪が微妙に溶けてきて、藪の方が勢いを増し始めたとこだったんですね。
みんな、あっちこっち好き勝手なとこを歩いてるぽく、這い上がれそうなとこを這い上がって、やっと歩きやすいとこに出た・・・

9:58、赤い避難小屋着。
11_20140705002151b04.jpg

まぁ、中間地点ってやつだな、ここ。
12_2014070500215361a.jpg

小屋から先は、所々夏道出現。
14_2014070500215582a.jpg

ショウジョウバカマが咲き始めてた
13_20140705002153adf.jpg

マンサクも。
15_20140705002156626.jpg

歩いてる途中、あっちこっちからの、雪崩のドーーーンッって音を聞きながら歩く。
ほんとにすごい音だ。
16_20140705002753ad8.jpg

17_20140705002755f93.jpg

ちょうど小屋の辺りに、後続者さん2名発見。
ちょっと一安心。
18_20140705002756040.jpg

さっきの青空から・・・不穏( ̄ω ̄;)
とりあえず、何かあったら即下山のつもりだったので、この日は特に山頂目指さず。
19_201407050027570fb.jpg

でも来るんだよ、これが・・・
20_201407050027597ab.jpg
夏道が出たり雪の上を歩いたり、雪が切れて落ちかけてたり、なかなかスリリングな状況でした

これはこれで、幻想的だな。
21_20140705003332db0.jpg

もうちょっとで稜線上がれるかな?って思っても、なかなか着かないのが山です┌┛┌┛ズコ!
22_201407050033340aa.jpg

ざんげ岩。
かつてアホ友たちが、ここでザンゲしておったwww
23_2014070500333535a.jpg

25_201407050033395b9.jpg

崩れる( ̄ω ̄;)
26_201407050035330c9.jpg

やっとこ小屋が見えたーヽ(´ω`)ノ
27_2014070500353467a.jpg

11:23、肩ノ小屋着。
28_201407050035368ca.jpg

29_20140705003538d72.jpg
 
5月上旬から小屋の営業再開って書いてあったから、自分を甘やかす為にコーラを買おうと楽しみに上がって来たのに・・・
無人ヽ(冫、)ノ

そして、空が不穏。
このまま下山するか、急変したらここに泊まっちゃうか。
とりあえず、小屋の周り散策。
そしたら、片耳まで300mと書いてある。
とりあえず片耳だけ取って帰るか、と進んでみる。
32_20140705003838bff.jpg

11:39、トマの耳着。
ちょーブサイクな顔してん、これwww
相当眠いらしい・・・
33_20140705003839242.jpg

あっちにもう片耳あんのか~、フーン(●´エ`●)o〇
がーすーで何も見えないよー(゚ρ`)ァー
34_201407050038416b5.jpg

3分後、見えた。
35_20140705003842122.jpg
片道15分くらいかかるのかと思ったけど、すぐそこだった┌┛┌┛ズコ!
なので結局、向かってみた。
雪はもう剥がれ落ちそうになってて、絶対雪の上に乗るもんかって、ちょっと必死だったww

36_201407050038446dc.jpg

11:56、トマの耳着。
ん・・・やっぱ15分くらいかかってる( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
この顔は、もっとやばいww
完全寝てるww
37_201407050045143e6.jpg

トマからオキを見る。
38_20140705004515b0b.jpg

39_201407050045163bc.jpg
そして、前日に谷川のあれこれをしっかり思い出す事となったので、この山頂から亡くなった方々への思いを込めて、手を合わせてきました。

さて、下山しましょう。
40_20140705004518da3.jpg

あはー、おっかねぇガクガク(((゜д゜;)))ガクガク
人が歩く所じゃないけどもww
42_201407050049021e1.jpg

小屋に戻って来ました。
泊まりません、下山します(。・w・。) ププッ
43_201407050049048a8.jpg

小屋を過ぎてから、後続者さんとスライド。
でっかいザックで、泊まりかな?
44_20140705004904c8b.jpg

向かう先。。。不穏すぎるwww
45_2014070500490676b.jpg
この残雪の斜面、ちょっと怖かったなぁ。

10分後、晴れ。
46_20140705004908166.jpg

小屋までもうちょっと。
47_20140705005158b8a.jpg

山の向こうから、雲が押し寄せてる。
急ごう。
48_20140705005200c1c.jpg

12:53、避難小屋。
49_20140705005200155.jpg

ちょっと暖かかった。
50_20140705005202dce.jpg

彩雲も出たよ
51_20140705005203204.jpg

小屋を過ぎてからの登山道は、こんな感じで木を跨ぎ続け・・・
52_201407050053313d5.jpg

右側のロープを掴んだら、自転車のゴムみたいので、掴んだ先からビローンと伸び( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
死ぬわ!
53_20140705005334819.jpg

ゲレンデ目前、とうとう谷川方面から、ゴロゴロと雷の音がし始めた。
急ごう。
54_20140705005334b13.jpg

55_20140705005336bfb.jpg

うはー、追っかけてくるー'`ァー…'`ァー…ε=ε= へ(*;´Д`)ノ
56_2014070500533711c.jpg

雷雲はそのまま谷川を包んだままで、こっちには来なかった。
13:35、無事下山_ノ乙(、ン、)_
57_201407050059295a5.jpg

ロープウェー駅にて、1人お疲れヽ(冫、)ノ
58_20140705005837ea9.jpg

ほんと、久々に緊張した山登りでした。
でも、初心に帰れてよかったな。
今年はほんと、初心に帰ろうがテーマな年だと思う。
私のように、登山を始めて、2年、3年。
なんとなく事故を起こさず過ごしていると、山は危ない場所なんだという事を、うっかり忘れちゃってしまってるんじゃないか?って思うんです。
もしくは「自分、結構イケてんじゃね?」っていう、恐ろしい勘違いとか・・・
私は最初の山で、しょっぱなから山にはじき返されちゃってるんで、山はじっと黙って、自分の中に入ってくる人間を見てるんじゃないか?って思います。
なんせ人間は土足で、ドタドタと山さんという他人様の家の中に入って行く訳ですから。
だからどんな山でも敬意を払って、ありがとう、とか、お邪魔しました、とか、お礼を言わなくちゃいけないんだなって思います。
どんなに小さな山でも、山に向かって、たいした事ないとか言っちゃいけません。
山は息をし意思を持ち、じっとあなたを見ていますよ。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 
スポンサーサイト