2013/12/21~22 赤岳Part2 

2013, 12. 29 (Sun) 21:45

最新報告

27日は仕事納めで、会社の仲良したち11人で居酒屋で忘年会。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
来れなかった人もいて残念(。-´ェ`-)シュンシュン
1_20131229193838c27.jpg

3_20131229193840f3b.jpg

2_2013122919383923d.jpg
↑タコワサ、生まれて初めて食べたΣ(⊙▽⊙"a

ロシアンピザをやって、当たってないのに食べてみたら・・・
あまりに辛すぎて20分間瞑想状態(*ㅎωㅎ)
普段飲まない、カルアミルクなんて、まったりあま~~い飲み物を口に入れてないと、自分が死んでしまう気がして2杯も飲んでしまいました((´∀`))ケラケラ
下界でも楽しく一緒に過ごせる仲間がいて、ハッピー(*′ლ‵*)
酒自体は飲み放題の時間を越えて、別口で飲み続け、なんやかんや10杯は行ったかな・・・
少し控えましょう(言ってみただけ(*・з・)ぷッ)



さて、赤岳の後編。


山の朝は早い訳で、ご近所さんがわらわらと5時半頃動き始める。
最近、朝はだらだらモードなのに、珍しくサイボーグが早起きしおって・・・ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
しょうがないので、6時ちょっと過ぎ、朝ごはんを食べる事にした(´-ω-`)コックリコックリ
外はどんくらい寒いのかな?って思って、部屋のカーテンを開けてみたら。。。
31_2013122919401842f.jpg

カッチカチ(* Д ) ゚ ゚

部屋は二階、でも一階とされてる所が地下らしく、よそ様もよく写真を撮って載せてるので、まねしてみた(*・з・)ぷッ
地下通路ですw
34_20131229194023beb.jpg

ご飯を食べる前に、小屋の入り口の戸を開けてみたら、前夜よりはましだけど、相変わらず強い風と真っ白ガースー( ̄ω ̄;)

バイキングはこんな感じ
33_20131229194021b78.jpg

前日より食欲はましで、ご飯は二杯頂いたヽ(*´∀`)ノ
32_20131229194020dee.jpg

結局小屋を出たのは9時ごろ?
出発時は周りが何も見えないグレーの世界だったけど、ちょっと歩き出したらうっすらと青が見えてきた☆⌒ヾ(*゚∀゚)ノヒャッホォ-♪
37_201312291958262b5.jpg

そしてサイボーグが、ブロッケンが出てる事を教えてくれて
38_201312291958286f6.jpg

青が見えてきたと言っても、風は収まらないわけです


ちょっと先に、阿弥陀岳の頭が見えました
39_201312291958293dd.jpg

40_20131229195830a70.jpg

寒い・・・風強い・・・歩きにくい・・・疲れたヽ(冫、)ノ
41_20131229195913d15.jpg
ずーっとグダグダ言ってんだから、サイボーグも雪野さんの子守、大変だと思いますよ( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

そして振り返ると、そこには絶景が・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
横岳がよく見えました
42_20131229195914765.jpg

写真撮る振りして休憩中です(๑→ܫ←๑)
43_20131229195916344.jpg

そして悲しい事に・・・
山頂だと思ってたこのピークは、山頂じゃねぇ!!!
44_20131229195917887.jpg
左脇から本当のピークが見えた時、唖然としましたですよ(゚ρ`)ァー
サイボーグにも「そんなにすぐ着く訳がない( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ」とか言われるしo(´д`)oァーゥー

10:14、赤岳頂上山荘着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
45_20131229195919979.jpg

山荘からすぐ、山頂が見えました。
46_20131229201140a9e.jpg

そして雪野さん、ここで超マジギレしますヽ(#`_つ´)
マジギレというか、ものすごい逆ギレなんですけどねァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、


さ、歩いて数分の山頂を目指します
47_201312292011425d8.jpg

10:20、赤岳山頂着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
48_2013122920114396a.jpg
そそくさと撤退∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク

山頂の標識すら撮るのを忘れていて、移動しながら撮影(´゚ω゚):;*.:;ブッ
49_2013122920114416d.jpg

が、しかし・・・
周回する為の文三朗尾根へ向かうルートが・・・死ねた_ノフ○ グッタリ
斜度がきつい岩場のルート
雪のない時期なら楽しそうだけど、この時期は・・・ガクガク(((゜д゜;)))ガクガク
岩に足を置いたら、そのままアイゼンが引っかかって前のめりに転びそうになりました
後続者さんたちを、一瞬焦らせました_| ̄|○))ユルシテクダサィ
50_20131229201146506.jpg
アイゼンを着けてると、無雪期の歩き方と違ってくるので、ほんと難しい・・・
しかも、裏山のような雪山を何度も歩いてるから、こんな山も歩けるはずってのは、また違うなと思いました。
雪質が違うから、湿った雪の雪山を歩けても、ここは歩けません。
雪野さん、ド素人満載でした(ノ I `。) ウゥ・・・

阿弥陀岳への分岐を過ぎたら、正規ルートじゃない方を歩いてる方多数
52_20131229202347904.jpg

51_20131229202345c73.jpg

どうやら、アルパインクライミングとやらをやってる方々らしく。

まぁ、怖いので雪野さんはやりません

前夜に雪が降ったので、真っ白の世界
遠くに行者小屋が見えてます
53_20131229202348496.jpg

2日目も、超疲れました・・・
2日目は精神疲労がハンパねぇ_ノ乙(、ン、)_
54_2013122920235026a.jpg
サイボーグとも話しましたが、同行者は単に同行者であり、歩くのはやっぱり自分自身の足。
よく、同行者が何とかしてくれる、山頂まで引っ張り上げてくれる、とか思えるような発言をしている人も見かけますが、そんな方は事故に会った時、同行者を巻き添えにしかねないと思います。
山は自分自身の足で、自分の力でしっかり歩いてください。

青空がなくなると、山も一瞬にして荒々しい感じになりますねぇ。
55_20131229202351c28.jpg

11:50、何とか無事に行者小屋に辿り着きました_ノフ○ グッタリ
56_2013122920570245e.jpg

ここでちょっと休憩して、次は赤岳鉱泉までo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
ルートが。。。地味な登りで。。。死ねた_ノフ○ グッタリ
12:27、赤岳鉱泉着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
57_20131229205704cc9.jpg

ここに来た目的は、赤岳鉱泉でラーメンを食べるため
58_20131229205705ff7.jpg

59_2013122920570700e.jpg

これ、撮られたくなくてこんな格好になってるけど、気分はまさにこんな風にどんよりwww

_ノ乙(、ン、)_

60_20131229205709d15.jpg

ラーメンは、醤油味をチョイス
超濃厚魚介スープでした(* Д ) ゚ ゚
おいしかった
61_201312292102048c5.jpg
でもね、小屋の中って言っても寒いからね、スープがすぐ冷めた。・゚・(ノД`)・゚・。
いつかこの小屋で、マムートのジョッキで生ビールが飲みたい(ノε`*)ンププ

ラーメンの後は、これが見たかったんです
赤岳鉱泉名物のアイスキャンディー
62_20131229210205a44.jpg




アイスクライミングもやる気はないけれど。。。
ダブルアックスがかっこいいので、ほんと無駄に欲しい*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊

そして下山です。
赤岳鉱泉から駐車場も、行きと同じようにダラダラトレッキング。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
途中、水を飲もうとしたら、飲み口が凍っていて飲めないΣ(°д°lll)ガーン
63_201312292102070fa.jpg
サイボーグに「ピッケルの先で削れ」と言われ、ガシガシ削る
これもピッケルの正しい使い方ですね( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

3:00ジャスト、登山口着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
+:。.。:+(ღ◕ ܫ◕)ノ【 オ ツ カ レ 】+:。.。:+
64_201312292102088cf.jpg

今回は、過酷なあまり死にそうだったけど、ゲイターも死亡した(´д゚ll)
アイゼンでやってしまった⊂⌒~⊃。Д。)⊃アウアウアー
65_20131229210209024.jpg

そしてペットボトルの中身が、こんだけ固まっていた(((;゙゚'ω゚')))
66_201312292119143f0.jpg

帰りに温泉に入って、お腹が空いたのでSAで山賊焼き定食を食べた。
何が山賊なのか、いまいち分からなかったけど(ノ I `。) ウゥ・・・
67_2013122921191664f.jpg

そしてワサビソフフトも食べた。
お子様も食べれるように、辛味を抜いたそうだ
メロンの味がした。゚(゚つд´゚)゚。
ワサビのネーミングの意味なし。+゚(pωq)゚+。
68_201312292119172b2.jpg

ほんと、ハードな2日間でした
本来、冬の八ヶ岳デビューなら、硫黄岳とか天狗岳かららしいです(´゚ω゚):;*.:;ブッ
「何で赤岳から?」的な疑問がサイボーグにもあったらしいけど・・・
雪野さん、そこまで考えてません
次無謀なこと言い出したら、止めてくれー_ノ乙(、ン、)_

さぁ、もしかしたらこれが年内最後の更新になるか、気まぐれで新規更新なるか?
更新しないと悪いので、先にご挨拶を。

一年、為にならない私のブログに遊びに来てくださった方々、ありがとうございました
来年も間違いなく、失敗だらけの山行報告になると思いますが、事故を起こさず怪我をせず、努力は惜しまずがんばっていこうと思いますヾ(`・ω・´)ゞ

まぁ、飲んでばっかだと思うけどね・・・


来年も、よろしくお願いいたします♡(๑◕ܫ←๑)ノ✰㋵㋺㋛㋗㋧✰




参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif
スポンサーサイト

2013/12/21~22 赤岳 

2013, 12. 24 (Tue) 00:13

最新報告

じゃなくて、先に書いておいた方がいいネタは、順番変えて先に書く事にしました
この3連休中の21~22日は、燕岳で一緒だったサイボーグJと赤岳に
山行計画を立てる時、八ヶ岳のいくつかのプランを提示されましたが、私がチョイスしたのは、赤岳天望荘泊で赤岳というプラン。
朝寝坊しても、小屋を出ればすぐにご来光が見れるという安易な発想から。

これが間違い。

何が間違いだったのかは、これからお話致します。


20日夜、諏訪湖SAで車中泊。
前夜祭の開始です
とにかくがなければ一緒に行動してないんじゃないか?ってくらい、ひたすら飲んでいる2人です
そして21日早朝。
諏訪湖SAにて朝食。
豚汁定食を食べたけど、朝からコロッケは重かった_ノ乙(、ン、)_
1_20131223232825813.jpg

そして赤岳山荘まで向かい、スタートですヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
スタートの前に、まずトイレε=ε=ε=(●‘▽‘)ノダッシュ!!!
山荘の前でワンコが戸をカリカリしてましたw
トイレから戻ってきたら、ご飯を食べてました(。・w・。) ププッ
なんかワンコ、さっきよりデカくなってないか・・・?
3_20131223232827162.jpg


んっ???
カモシカウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
4_2013122323282811c.jpg
ドッグフード食べてるんじゃねぇ
それ、さっきのワンコの餌じゃねーのかよー

超悪い顔
チョロッと出ている舌がイヤ
5_2013122323283047a.jpg
カモシカさんとの初めての出会いが、こんな人間味溢れた感じで・・・
自然なんてものをまるで感じない出会いで・・・
全て忘れてしまいたいです!!!

。゚(゚´Д`゚)゚。


10:30、南沢方面へスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
6_20131223232831ad1.jpg

すっかり雪で覆われてましたが、数日前に登った方の山行記録のような、沢が氷と化してる箇所はありませんでした。
7_20131225234256e89.jpg

でも足元の雪の下は、溶けかけの氷
8_20131225234257ede.jpg

青と白のグラデーションって、ほんと最高に美しい・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
9_2013122523425955b.jpg

ヽ(゚皿゚)ヽ ガオー!!
10_201312252343015d2.jpg

岩の壁の上に生えてた、真っ白の木w
11_20131225234302c80.jpg

赤と白と青。
12_20131225234524619.jpg

12:10、阿弥陀岳(らしい)が見えました。
山頂、真っ白w
ふわふわでおいしそうジュルルル( ̄q ̄)zzz
13_20131225234526b7c.jpg

さてこの時点で2時間近く歩いてるんだけど、なかなか行者小屋に着かない・・・
登山というより、平坦なトレッキングコースを歩いてるだけなのに、ものすごく疲れてきた_ノフ○ グッタリ
サイボーグに「まだかー、行者様はまだなのかー」とブツブツ言いながら歩く(ノ I `。) ウゥ・・・
サイボーグ的には1時間半で行者小屋に着く予定だったらしいが、雪野さんの足が遅いのか、ただ単にサイボーグの計算ミスなのか(*´∀`)アハハン♪

更に40分経過後、目の前に見えたのは、真っ白な横岳オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
やばい・・・美しすぎる+゚*。:゚+(人*´∀`)ウットリ+゚:。*゚+.
14_2013122523452889b.jpg

その右側には、明日向かうはずの赤岳も
今夜のお宿の赤岳天望荘も見えてる

天望荘、遠すぎる_ノフ○ グッタリ

15_201312252345313ba.jpg

あまりの遠さ&絶壁を登らなくちゃいけないという事実を目の前にして、雪野さん超テンションダウンヽ(冫、)ノ
途方に暮れて空を見上げると・・・
久々に、青が綺麗に出てる彩雲に会えた
17_201312252353471f3.jpg

18_2013122523534874c.jpg
ちょっとテンション上がったー+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚

そこから数分、サイボーグが「小屋見えたよー」と言うが、全く信じてない雪野さん。
自分の目で人工建造物の端っこを見て、やっとテンションUPヒャッホゥ♪ヽ('∀'*)ノ┌┛゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
19_20131225235350f83.jpg

20_20131225235352ccb.jpg

pm1:00、行者小屋着。
サイボーグからもらったおやつを食べようと思ったけど、封が切れねぇ!
食えねぇ!
21_2013122523535392e.jpg
しょうがないから、自分で買ってきたジャムマを食べた(。-´ェ`-)シュンシュン

サイボーグは、俺のワッフルケーキだそうだ(;´Д`)
Aくんの、俺の大砲岩事件から、一部地域で流行ってる俺シリーズ・・アホだろ(ノ I `。) ウゥ・・・
22_20131226001827677.jpg

ここで20分くらい休憩したでしょうか。
この先、デジイチ装備で進むのは、雪野さんの体力的に無理と自己判断し、デジイチはザックの中に仕舞いました。
天気も悪くなってきてたしね。
他の皆さんは、行者でアイゼン装着して進んで行きましたが、我ら新潟雪国隊。
まだアイゼンいりません(*´∀`)アハハン♪
「アイゼンいらないしょ?」と言うと「赤岳初めてだよね?なんでいらないって分かるの?」と聞かれたが、まだ岩場は出てこないはずだという、野生の感ですァ '`,、'`,、'`,、((´∀`●)) '`,、'`,、'`,、
答えは正解(*・з・)ぷッ
しばらくはアイゼンなしで進みます。
が、しかし、地蔵尾根へのルートを進むと、あまり先行者がいなかったようで、歩きづらい訳です
しかも急登
雪野さん、足が進まなくなります・・・
サイボーグはロボットなので、息も切らさず登って・・・

「腿つった」

Σ(°д°lll)ガーン

人間的な発言をするんじゃねぇ!!

林道の途中から、アイゼン&ピッケル装備で進みました。
そしてやっと岩場が出てきて、ここがね・・・(;´Д`)ア゙・・・

急登急登急登滑る。

_ノフ○ グッタリ

変に雪の積もった階段を登るのも大変、鎖にしがみつきながらよじ登ったり(;´Д`)
これ、手を離したらどこまで行くんだ?とか思うとガクガク(((゜д゜;)))ガクガク
もはや頼る相手はサイボーグじゃなく、ピッケルさんが相方となりました

3:30、地蔵の頭着。
バテ具合から、小屋着は4時過ぎるかも・・・と思ってたんだけど、何とか4時前に着けそうです。
行者を出発してからの2時間の間、写真の一枚も撮ってません。
撮る余裕がなかったんです(_д_)。o0○ モァアーン
コンデジを引っ張り出す余裕すらなかったんです・・・
赤岳の詳しい情報が見たい方は、他の方の山行レポートを参照下さい_ノ乙(、ン、)_
23_201312260018293a8.jpg

そして雪野さん、自分に超キレます。


地蔵の頭から5分で展望荘に着きました。
でも写真がありませんヽ(冫、)_ ドテッ...
もうとにかく、小屋の中に入りたかったんですね(;^ω^)

冬期って事もあってか、宿泊者全員1フロアーにまとめるため?個室を使わせていただきました。
5:30、夕ご飯
この小屋はバイキング方式でご飯を食べれるんだけど、疲労困憊中なのか、ハード過ぎて精神がやられたのか、いつものように食が進まない・・・
25_20131226001832953.jpg

↑十分ですか????( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ 食堂に来る前に、酒飲んでつまみもちょっと食べた・・・

杏仁はおかわりした
女子もそれなりにいたけど、杏仁はあんまり減ってなかったので、いっぱいもらった。
それでも誰も食べないなら、全部貰いたかったくらいだ
26_20131226001833884.jpg

そして小屋の名物、生ハムも登場してたけど、取るのがめんどくさかったので食べなかった(*・з・)ぷッ
27_20131226004753b12.jpg

サイボーグは、汁物2つ、他にも容器満タンにあれこれ詰め込み、アホな量を食べてたけど、どうも酔っ払っていて適量が分からなかったらしいヽ(´Д`;)ノアゥア
そして後で、腹がいっぱいで酒が飲めねぇとかグダグダ言い(゚ρ`)ァー
加減して食え

食事の後は、お向かいさんが早々に寝ちゃったので、うるさくしてるのも悪いので、談話室でこたつに入ってまったりしながら、唐松で一緒だった、九州の山友さんが送ってくれた手作りクリスマスケーキを食べたり、ワイン飲んだりして
談話室も、うちらを入れて2グループしかいなかったので、こたつで寝転んだりして超まったり(●´エ`●)o〇
28_201312260047545b6.jpg

29_201312260047567a3.jpg

30_2013122600475728b.jpg
この時、外は猛吹雪で、明日は登頂どころか下山できるんだろうか・・・って事が、ただただ心配でした。


そして9時の消灯で就寝・・・しねぇ!
サイボーグよ、頼む、就寝時間には寝てくれ(ヽ´ω`)グッタリ
ヘッデンつけてまで飲み続けるので、途中で放置して寝た雪野さんでありました(~ _△_)~ zzzZZZZZZ


あ・・・クリスマス終わっちゃったね(。・w・。) ププッ
.。.:*・゚Merry X'mas:*・゚。:.*



参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif

2013/01/20 猿毛岳 

2013, 12. 18 (Wed) 01:07

最新報告

14~15日と、いつものアホ友たちと泊まりで忘年会+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
アホ過ぎた。。。壮絶過ぎた( ̄▽ ̄;)
まず、いつものラーメン屋で腹ごしらえ
1_20131217234644f29.jpg

すでにアルコール出現
を予想してたので、雪野さん運転手を買って出ました。゚(゚´Д`゚)゚。
飲兵衛は雪野さんだけじゃないんです。゚(゚´Д`゚)゚。
2_201312172346463f7.jpg

そしてコテージを借し切って、ドンチャン騒ぎヒャッホゥ♪ヽ('∀'*)ノ┌┛゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
2

酒瓶すげーよ。゚(゚´Д`゚)゚。
8_20131217234648d64.jpg

そして、泥酔する前に温泉に入ろうと温泉に行き、部屋に戻って来たレディー達を待っていたのは・・・


すげーのは酒瓶だけじゃなくて、ヘンタイもいっぱい出ました。゚(゚´Д`゚)゚。
30_2013121723541486d.jpg

28_201312172354127d4.jpg

29_201312172354135d4.jpg

3
もはや、説明などしたくないわー。゚(゚´Д`゚)゚。


ご馳走も酒瓶もいっぱい並んでハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
メイオシュラスコ。
4_20131217235000253.jpg

チーズの塊なんて、初めて見たぞ
9_20131217235001c13.jpg

天狗様の握る、天狗ロール。
13_20131217235003283.jpg

深夜1時近くにケーキ出現(雪野作)
16_20131217235005a2b.jpg

深夜2時半に、天狗丼出現。
19_2013121723500616f.jpg

朝食もしっかりと
22_2013121723572547b.jpg

23_201312172357268a1.jpg

25_20131217235728390.jpg

ランチもしっかりとね( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
26_20131217235730ed1.jpg

おやつも!!!!!!
27_20131217235743cce.jpg
アホや_ノフ○ グッタリ

とか言いつつ、雪野さんも相当暴れたっぽい(#゚д゚)=○)゚Д)・゚、;'
動画を見ると、最後の方はろれつがよく回ってないし、お尻見せろだのパンツ出せだの、ひどい状態でありますブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!
でも、特別反省などはしておりません(´∀`*)ウフフ
右手横にある丼で酒飲んでた(;´Д`)ア゙・・・
湯呑でワイン飲むのがかったるかっただけだ!
20_20131217235723be5.jpg
ピンクの女豹の着ぐるみもらいました、ありがとう(*´∀`)アハハン♪

14日pm3:30過ぎ、宴会開始→15日am3:00ちょっと前、宴会終了。
愛すべきアホ友たちよ、またやろうぜぃ(*´ω`*)




さて、そんなこんなで今回のネタも、このアホ友たちとの2013年度の新年会のネタw
出発の時点で、装備が不穏すぎます( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
1_20131218001055646.jpg

Aくん、アホだろww
スノボでBCを目指してるので、板を担いで歩く特訓中でした(。・w・。) ププッ
2_20131218001056f1a.jpg

9:40、ボスのお気に入りの猿毛岳に向けて出発ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
3_201312180010580e2.jpg



前日に新雪が降り積もって、結構寒い日でした
お天気良かったから、放射冷却になったかな?
4_20131218001059977.jpg

山頂までは一時間くらいだけど、まんまるお山の低山は、稜線に上がるまで予想外の急登ハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
Aくんがハァハァ言いながらぼやいてる姿、初めて見ました
板が揺れてバランスが取りにくかったらしいです( ´,_ゝ`)プッ
5_20131218001101fb7.jpg

さて、小屋に着いたらご馳走作りの開始です+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
山の上なのに、出てきたブツが・・・
6_20131218002536854.jpg
まさかの毛蟹



カニ汁出現'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
10_20131218002542a22.jpg

9_201312180025413cb.jpg
後でうどんも投入

ちょっとしたおつまみ系も
7_20131218002538b82.jpg

おつまみが出るっていう事は・・・
8_20131218002539ef3.jpg
鍛高譚の梅酒をこのとき初めて飲んだけど、超うまかった( ゚Д゚)ウマー

そしてデザートは、一人5cm幅のロールケーキ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
11_2013121800283258b.jpg

せっかく雪が積もってるという事で、雪上訓練なる、訓練という名の、なんだこれはw

雪の中に滑落した時、這い上がるための訓練????ww

そしてこの日は、チャレンジデザートがあったんだけど・・・
雪山でアイスを作ろうって思ったんだけど、タネの量が多すぎたのと、意外と新潟の冬は暖かかったというオチで、タネが固まらず
ボスが必死にタネをかき混ぜてるとこですねww
15_201312180028382e3.jpg


結局固まらず、ホットミルクセーキとして「飲むアイス」なる新しいスイーツとして処分致しました。゚(゚´Д`゚)゚。

13_20131218002835cf1.jpg
地元の低山は、山を管理している方々のおかげで、だいたい薪ストーブが置いてあります
山に登ってみんなで暖を囲む。
ありがたいですね(人´∀`).☆.。.:*・°


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif

2013/01/13 寒九の水汲み 

2013, 12. 11 (Wed) 18:44

最新報告

代休が返ってきたりのあれこれで、先週の金土は食べまくった
金曜は新潟市にあるビュッフェという名の食べ放題で、取りに行く度にハンバーグがないという事態に襲われ、結局ハンバーグを食べそこねて帰ってきた・・・それが後悔。゚(゚´Д`゚)゚。
最初のプレートは撮り忘れた(;^ω^)
これ二回目w
らんち

そんで雪野さんてば、ほんっとソフトクリームを巻くのが上手ですヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
らんち2

友達はクレープを巻いたらしいんだけど、どう見てもナウシカのオウムだろうと、大爆笑ww
らんち3

そして土曜は、後輩の家で鍋&焼肉パーリー
らんち4

いつものラーメン屋のメンマ(雪野さんの大好物
らんち5

そして、村上牛が出てきましたハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
らんち6



デザートまでしっかりと
らんち7
食いまくりの2日間、。゚ヽ(´Д`oアリガトゥo´Д`)ノ゚。
こんなんだから、イヤイヤでも日曜は山に登らなくちゃいけなかった訳です・・・



さて、2012年最後の山行は、どうやら12月16日に菩堤寺山に行ったのが最後みたいです。
お天気が悪くて裏山も無理そうで、菩提寺に行ったんだろうな。
風が寒くて、壁のあるベンチに座ってラーメンを食べた記憶がある(;^ω^)
菩提寺1

山頂広場もグシャグシャですね((((;゚Д゚))))サムー
菩提寺
この頃は、山に行けない時はボルダリングしてましたけど、やっぱ本物の岩につかまってる方が楽しくて、今年に入ってからは一回も行ってません⊂⌒~⊃。Д。)⊃アウアウアー
飽きやすい性格もあるんですかね


そして年が明けた1月13日。(ネタがやっと今年になったww)
登山ではないかもしれないけど、この日は地元の蔵元が主催してる、寒九の水汲みというイベントに参加。
2014年度は、まだ募集してるかな?→クリック
本当はこれ、水を10kg担げる気がしなかったんで、参加するつもりはなかったんだけど、アホ友Aくんが同行者を募集していて、なんだかんだと話の流れで、アホの精鋭たちが揃う事になりました_ノフ○ グッタリ
参加者は、ボス、Zさん、Aくん、雪野さんの4人。
他人様たちと列をなしてどっぱら清水と呼ばれる、水が吹き出している場所まで向かいます(とか言ってるけど、この時点では行ったことがなかった
だって、登るといえば大蔵山からで、三五郎橋の向こう側なんて行った事がなかったもん(;゚;艸;゚;)ぅ゛…
1_20131211003300874.jpg

スタートから40分は、夏は車道になってる平坦な道を歩きます。


そしてやっと、沢沿いの登山道に侵入癶(癶;゚ё゚;)癶 カサカサ
2_20131211003301da8.jpg
3_20131211003303f79.jpg

橋を渡るのも、おっかなびっくりですよ。
雪で滑るし、橋が細いしガクブル(((ノ)ŎдŎ(ヽ)))ガクブル
4_20131211003304683.jpg


この前の年は、豪雨で橋が流れちゃって危険って事で、一般公募はしなかったんだよね。
その橋が、新しくかけ直されていました。

そして、先頭集団とのすれ違いが始まります。
道が狭いから、大変なんです(´Д`;)
5_2013121100330690d.jpg

そして、渋滞が始まりましたww
6_20131211003325f3f.jpg

遠くに水汲み場が見えたけど、なかなか進みませんww
寒い:(;゙゚'ω゚'):サムィー
7_20131211003327ac1.jpg



新緑の季節に来てみたいですね
8_2013121100332989f.jpg

やっとこ水汲み場に着いたけれど、ホースが細くてなかなか水が溜まらない(;゚;艸;゚;)ぅ゛…
9_2013121100333160e.jpg

せっかくここまで来たんだからと、どっぱら清水を見に行く事に| 、ン、)


10_201312110033320fb.jpg

危ないから、あまり奥に行くなと言われ、全容は見えなかったヽ(´Д`;)ノ
11_201312110107493cf.jpg

そして給水所に戻ります∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
先を歩いていたボスが、急に猛ダッシュを始めましたp(i|l´∀`*)ノん...?
「どしたん?」とAくんに聞いてみると「ポリタンクから水がジャバジャバ漏れている。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ 」との事で、遠くから見ている私たちも、何だかおかしくなってきて大爆笑www
そしボスは、遠くへ消えてったww

朝も会ったんだけど、山岳会の方も何人か参加してらっしゃたので、挨拶しながら(ボヤキながら)進みました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
何百人もの人が歩くので、道も滑りやすくなっています
雪野さん、まんまとすっ転びます
どこぞのじーさんが「俺だってまだまだ行けるんだ!」的なセリフを吐きながら、雪野さん救出に取り掛かりますが、片腕を引っ張ってくれるだけなので、足が滑って起き上がれませんwww
「自分で起き上がるので、助けないでくださいwww」と、うっかり言ってしまいましたブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!
仲間たちは後ろで見ながらゲラゲラ笑ってるしね・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

そして穏やかに進んでる途中、いつものクセで、アホがやりたくなる。
Aくんと競争だε=ε=ε=(( `д´)ノ GO!!


水って、なんだか遠心力で振られるんですわwww
いやぁ、これおもしろかったw

で、ゴール間近。
Zさんにふと言われる。
「雪野さんも水漏れてない?」

おーまいがー

ザックカバーを触ったら、お尻のとこで何かがいっぱい溜まってた
ボスの事を笑いすぎたオシオキなのか
ザックカバーの水を出し、私も走りましたwww
当然遠心力の罠で、Aくんと同じく左に振られ転倒www
またまた後ろから爆笑している声が・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

ゴールの給水所で「タンク水漏れしてます!!!」って強く言いました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ザック逆さまにしたら、水がシャーって出てきた・・・
それでも何とか、10kg中の8kgは運べたと思う(´ε`;)
ボスは半分位なくなってたとか言ってたかなぁ・・・
男性は20kg担ぐんですよ
水の20kgはきついなぁ( ̄▽ ̄;)

給水所に水を預けた後は、五泉の名産、帛乙女とうい里芋を使った豚汁を頂きました
うまかったジュルルル( ̄q ̄)zzz
12_20131211010750e3a.jpg

そして約一ヶ月後。
みんなで運んだ水で仕込んだ新酒を頂きました
21023384_1894953064_83large.jpg
ポン酒好きのAくんが、一人で飲めねぇっていうくらい強い酒みたいだったんで、結局人にあげてしまいました

まぁ、去年参加したし、今年は参加しません(てか多分仕事じゃね・・・
興味のある方は、ぜひトライヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
でも、男性20kg、女性10kgをきちんと担いで歩く自信のある人限定でお願いします


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif

2012/11/25 大蔵山 

2013, 12. 08 (Sun) 20:35

最新報告


PC直ったヽ(´ω`)ノ
データも救われたヽ(´ω`)ノ
PCドクターありがとうヒャッホゥ♪ヽ('∀'*)ノ┌┛゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
光回線ってこんなに早かったのねっていうくらい、すぐにページが表示され、画面が固まらないだけで幸せです(ノ I `。) ウゥ・・・

そして今日は、ちょっくら山が白かったので、大蔵山へ(((((((( っ´_ゝ`)っブーン
ソロだとすぐ辞めようかなぁ・・・とか心が揺らぐんだけど、先週登ってないから体鈍るし・・・と思って、自分に鞭打って登って来ました_ノ乙(、ン、)_
三合目を過ぎたとこの、このでっかい木が好きで、必ず写真を撮ります
もう真っ白です+。:Σ(о・艸・)。;+
大蔵

なんで今日は、こんなにダルイんだ(´Д`;)って思ったら、昨日後輩の家で、これやりすぎた・・・
こんなやつ→クリック
あぁ、だから足がダルイんだ・・・と言い訳しつつ(`L_` )ククク

四合目ですれ違ったイケメン兄さんに、山頂の様子を聞いてみたら、縦走しようと思ったけど、雪が腰の辺りまであって諦めたとの事。
あぁ、本日私、ワカンを持って出動してませんし、6合目でリタイヤですな・・・てな感じで、兄さんと別れました。(兄さんも、ワカン的な物を準備してなくて諦めたらしい)

リタイヤとか言いながら、先行者さんの付けたトレースがきれいだったので、もうすぐ山頂
大蔵1

山頂に着いたら誰も居なくて、のんびり自分のスペースを作って。
大蔵2
えぇあの・・・本日は茶を飲む為に山に登りました(下界で飲め)

風もないのに、寒いなぁ。。。って思ったけど、0度は切ってなかった(;゚;艸;゚;)ぅ゛…
大蔵3
長靴登山をしたので、足先が寒かったようです
私、長靴登山はダメだなと、悟った日でありました。

出発時は五頭山の方がお天気良さそうだったけど、12時くらいは菱ヶ岳の山頂は雲で頭が見えませんでしたねぇ。
大蔵4



さて、そんなこんなで、次のネタも大蔵山なんですw
去年の11月25日。
お天気いいので、裏山にちょっくら行ってみた∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
下の方は、まだまだ紅葉でした
2_20131208192452971.jpg

3_201312081924548d1.jpg

4_20131208192455d22.jpg

この時期になると、倒木がお出迎えを始めますな
5_20131208192457ceb.jpg

そして暗いんだよね、2合目を過ぎるまで(ヽ´ω`)グッタリ
7_201312081924596ef.jpg

二合目の標識から見える景色が好き
そこからブナと杉の境界を歩く感じで進んでいきます(ノε`*)ンププ
10_201312081928302f5.jpg

11_20131208192833608.jpg

12_2013120819283677e.jpg

13_201312081928391b6.jpg

14_20131208192842cf1.jpg

16_20131208193632267.jpg

17_20131208193634acc.jpg

とにかくこの日は、いいお天気でした
19_201312081936383b7.jpg

20_20131208193808935.jpg

21_201312081938109ee.jpg

22_20131208193811f5a.jpg

三合目を過ぎると、急に木々も落葉しちゃってて
物悲しい感じだけど、冬が来るなぁって感じもする(。・w・。) ププッ
23_20131208193813398.jpg

25_20131208194122655.jpg

27_201312081941231b6.jpg

一本だけ、この子のオレンジが目立ってたオォォー!!w(゚ロ゚)w
29_20131208194125516.jpg

空もキレイ(*´∀`*)
31_20131208194127821.jpg

五合目を過ぎると、これまた大好きな大量のブナ林に出るんだけど、全て棒になってた(´Д`;)
33_201312081941292b2.jpg

34_20131208194437efa.jpg

38_20131208194439a6a.jpg
新緑の頃にここを歩くと、すごい事になってるんだよね+。:Σ(о・艸・)。;+

九合目からは雪に
40_201312081944416b6.jpg

山頂はそんなに休憩している人もいず、みんな縦走に出かけたのかな?
41_2013120819444316f.jpg

46_20131208201532336.jpg

菅名も五頭も、サラーッと雪を撒いた程度かな(;^ω^)
45_20131208201530319.jpg

さて、私も山頂は素通りコースで
大蔵山山頂から10分くらいの所に、お気に入りの場所があるんです
川内山塊が一望できて、ちょっとした広場になっている所が。
50_20131208201535c1b.jpg

今年もありがとう、来年もよろしくね~と、一礼して戻って来ました。
ってまぁ、見えてる川内山塊に入り込む訳じゃないんだけどね
入ったら死んじゃうー
大蔵パノラマ

真っ白の飯豊も見れました
58_20131208201957fbc.jpg

そして下山。
裏山ソロは、あんまり長居しません。
トレーニングで登ってるので、のんびりは必要ない(*・з・)ぷッ
57_20131208201955817.jpg

雪のある時期限定で遊ぶ、地元の裏山。
だって、山ヒルっていう吸血鬼が出るから、雪が消えた時期は登りたくないんだもーん( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!
62_20131208202000e1c.jpg

また冬が来ます
よろしくね、裏山さん


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif

2013/11/24 燕岳、北燕岳 

2013, 12. 05 (Thu) 00:16

この前の金曜は、会社の忘年会ワーイ♪ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ♪
飲みまくったー_/\○_ヒャッ  ε=\___○ノホーウ!!
1_201312050011297c1.jpg

2_201312050011315a1.jpg

3_201312050011342d3.jpg

二次会でカラオケまで行って、また飲んだーo┓⌒┗o⌒o┓ヒャッホーゥ♪
4_20131205001126176.jpg
御帰還午前二時(´д゚ll)

そしてまだサブPCなので、更新もままなりません(σд-)zzz


燕岳2日目。
前日、消灯まで大暴れした3人( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
一応、御来光を見る予定ではいましたが、あれ何時くらいなんだろうなぁ。。。
5時くらいなのかなぁ?
早起きの他人様が外を見ながら「えー、なにこのガスー、昨日と全然違うー」
そんな言葉が聞こえたので、寝続ける事を心に誓った(:3[____]
この日もZさんは早起きで、なんか起きてるなぁとか思ってたけど、隣で寝てたJさんに「外ガスらしいよ、どうせ御来光見れないだろうし7時まで寝てようよと、この日もダメな2人は寝続けるZzz....(_ _*)・.。*
そしてまたZさんに起こされる( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
「食堂ガラ空きだし、雲もたまに切れるんだよ、起きなよ」
との事で、また渋々。・゚・(ノ∀`)・゚・。

みんな外に出てるのか、ほんと食堂はガラ空きだった早朝6時。
1_201312050023463a9.jpg
なんだかんだ寝起き後は元気だったので、2杯飯ヽ(*´∀`)ノ
通常3杯、前夜の酒がまだ残ってる_ノ乙(、ン、)_

そして支度をして外に出てみます。
6:26、まだ日の出前でした。
2_20131205002348218.jpg

3_20131205002351439.jpg

6:28、太陽が昇り始めました。
ギリギリセーフでしたね(;^ω^)
4_2013120500235377d.jpg

空が少しづつ、ピンクに染まり始めました。
5_201312050023420e7.jpg

6_20131205002929c57.jpg

とても静かな時間です。
7_20131205002931ecb.jpg

8_20131205002933baa.jpg

遠くに浮かぶ富士山。
11_20131205002928f2e.jpg

12_2013120500311842b.jpg

モルゲンロートに染まる山々。
10_20131205002935f87.jpg

14_20131205003123a83.jpg

15_20131205003125ea9.jpg

16_20131205003114ede.jpg

13_201312050031193eb.jpg
山が白いからこその、この色なんだと思います

18_20131205003438ee6.jpg
最後にもう一度、燕岳を見て小屋に戻りました。
だって寒いんだもん((´д`)) ブルブル…
顔固まったわ(調子に乗って帽子かぶって出かけなかった

そして相変わらずダラダラと支度をします( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
スタートするまであれやこれや外でドタバタ(雪野さんだけ)
アイゼンがですね、なんだか不具合でした
Jさん&Zさんに見てもらって、装着してもらって、姫です(*´∀`*)ノ。+゜*。
おバカな山ガール風も、たまにいいなぁ(*′ლ‵*)とかアホな事を思っておりましたww
というか、これは反省点でありまして・・・
出かける前に、ギアはきちんとチェックししないとダメですよ(;´д`)
買ったばかりだし、去年ちゃんと履けてたしという気の緩みですね(;´Д`)
サクッっと直せる先輩が一緒にいたから良かったけどね・・・

8:07、燕岳に向かってすたーとm9っ`・ω・´)シャキーン
19_2013120500344027d.jpg

近くに見えるけど、地味に遠いんだよねぇ。
20_20131205003443ff0.jpg

この日もダラダラと歩いてたら、先を歩いてたJさんが立ち止まってて、何かなぁ?って思ったら「イルカ岩」って|゚Д゚)))
「ここщ(゚д゚щ)カモーン」
21_20131205003447d98.jpg

んと、道からちょっぴり外れた角度からだと、槍をくわえたイルカが撮れるはずだったんですよ・・・
槍様はがーすーの中ー┌┛┌┛ズコ!
22_201312050034300e8.jpg

山頂近づいてキタ━━━(゚∀゚)━━━!!っぽいけど、そうでもない(。・´ェ`・。)
23_20131205004510269.jpg

24_20131205004513b87.jpg

そして何だか、右足に違和感(・・?
アイゼンのビンディングがコバにはまってねぇ
不具合続行中
2人は先に行っちゃってるし、どうしようもなくて、紐をしっかりと締めてスタート
ちょっと遊ぶけど、案外しっかりしてるもんだね(;´д`)
26_2013120500451573f.jpg

眼鏡岩。
27_2013120500452029b.jpg

やっと2人に追いついて、風紋撮影してるフリして休憩(*´∀`*)
28_201312050045088bd.jpg

8:46、燕岳山頂着☆⌒ヾ(*゚∀゚)ノヒャッホォ-♪
29_2013120500534104a.jpg

とか言ってる場合じゃないんですよ
この日もスパルタJさんは継続中なのですよ
三角点ワーイワーイとか騒いでる時には既に、向こう側に歩き出して消えてたんだからね
向かう先は北燕岳。
みんな燕岳までで戻っちゃうから、誰の姿も見えず。
30_20131205005344b06.jpg

ふと前を見ると・・・
Jさん、何してんすかwwwww
31_201312050053476a4.jpg
這い上がっとう



前日も人が入った形跡はなく、まったくの新雪
ラッセル必須です
雪野さん、2番手でがんばります(`・ω・´)シャキーン
必要に迫られて、この場合のピッケルの使用方法を自動的にダウンロード( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
2番手だから楽して行けるもんだと思ってたけど、そうでもなく

9:06、山頂は私たち3人だけの世界
燕岳の上にはたくさん人がいたけどねw
ラッセルが一番おもしろかったな(。・w・。) ププッ
そしてここで、Jさんにアイゼンを完璧に設定し直してもらい
32_201312050053490cc.jpg

それにしても疲れた_ノ乙(、ン、)_
35_2013120501031800e.jpg
誰かに刺されてるし_ノ乙(、ン、)_

こんなにいい場所があるのに、誰もこっちに来ようとしません。
「道は切り開いたぞーカモ━━━━щ(゚ロ゚щ)━━━━ン」
36_20131205010319d54.jpg

9:23、下山開始。
いい場所だったので、結構遊んでたね
37_201312050103211f8.jpg

私たちが騒いでいたのを見てか?燕岳から向かってくるパーティーさんが居ました。
なかなかうまく登れてなかったけどね(;^ω^)
私たちが燕岳に着く頃、山頂に着いたっぽいですw
38_20131205010324005.jpg

さ、私たちもやっと燕岳山頂を堪能です
39_201312050103162b0.jpg

雪が詰まってて、逆に見やすくなっていた( ´,_ゝ`)プッ
40_2013120501093920b.jpg

燕山荘に天使の梯子が降りてました。
何か幻想的(人´∀`*).☆.。.:*・゜
41_201312050109423ed.jpg

てるぼーよ、あれがイルカ岩だよ
42_20131205010943a0f.jpg

そして小屋に戻ると・・・
実はスタート時からZさんが仕込んでくれてたんだけど・・・
43_20131205010946f71.jpg

アイス( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
初日は暖かすぎて固まらなかったので、ひと晩放置してましたw
44_20131205011527a1a.jpg

おいしく出来上がってました(((o(*゚▽゚*)o)))
そこに前日のフルーツのラム酒漬けをポィッ(´゚д゚`)ノ ⌒ ゚
45_20131205011529495.jpg

あはぁぁぁぁあああああああ、うめええええええええ

( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお


そして寒くなりましたブルブルブル((*´д`*))サムゥ・・

そして11時から小屋でランチが食べれるとの事で、前日の残りのパンを食べる気もしないし、みんなでチキンカレーを食べましたワーイ♪ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ♪
46_201312050115329aa.jpg
超腹くっちぇ、ご飯盛りすぎ( ´З`)=3 ゲップ

12時ちょっと過ぎ、現実に戻る為の下山開始(TдT)
また来るよ
47_201312050115251e4.jpg

ていうか、そのうち行くよ、槍様マッテロヨ(σ`з´)σ
48_20131205012355b8f.jpg

51_20131205012400e78.jpg

誘ってくれてありがとう、サイボーグJ先生。
夜は別の顔を持ってるって、よく分かったよ(`ω´)グフフ
49_201312050123567cc.jpg

Zさんも、まだ体が完全体じゃないのに、ワイン背負ってきてくれてありがとう。
次回、また期待してます(つc_,` )ウヒヒ

2日間、ずっと笑顔でいさせてくれて、アリ*:・(*-ω人)・:*ガト(ぼやいてる時間を除く)
50_201312050123589e7.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif

2013/11/23 燕岳 

2013, 12. 02 (Mon) 00:23

最新報告

PCぼっこれた(新潟弁で壊れたの意味)
PCドクターにデータ救出願いを出しましたが、果たして救出されるのか。。。
只今、ものっそ動作の遅い、サブPCを引っ張り出して更新中_ノ乙(、ン、)_
バックアップはマメにしましょうって、分かってんだけど出来なかった結果・゜・(ノД`)・゜・

て事で、写真データが手元に全くありませんので、いくつか消去してしまったけど、奇跡的にSDカードに入ったままだった、この前の山行をタイムリーにお届けする事とします( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ


先週の23~24日は、山友Jさんにお誘いいただいて、初雪を踏みに燕岳へヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪
前日の22日、仕事が終了とともに地元を出発し、山友さんと合流して3人で安曇野某所で車中泊
とにかく飲兵衛が三人揃ったので、宴会も日付が変更するまで当たり前のように行われます
と言うか、日付が変更してる事に気づいてない訳でww

Zさんははその前日も飲み会だったので1時に就寝(テント張ってそこにぶち込んだw)
残り2人はそのまま続行する事、2時に就寝
この残り2人の悪いとこは、精一杯飲むので、翌日が気だるい( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
早起きなZさんに「いい天気だよー」と車外から声をかけられるが、無視(´-ω-`)コックリコックリ
6時起床の約束だったので、渋々起きる(´;ω;`)

登山口のある中房温泉に向かう途中、マンキーの大群が上から降りてきて、驚きと恐怖とごちゃまぜww
なんか体がちっちゃかったんだよね、このマンキー集団。
1_20131201224916e7d.jpg

そして登山口が近づいてくると、そこはもう冬景色
2_20131201224919867.jpg

私は運転してないから分からなかったけど、道路は凍ってたそうです(´゚∀゚`;)
でも、駐車場からキラキラとダイヤモンドダストが見れて、ほんとキレイだった
そしてここで誤算だったのは、10時までに着けば、駐車場も空いてるよ~と、毎年小屋閉めに初雪を踏みに行くJさんの予想に反して、8時ちょっと過ぎに駐車場に着くも、第一も第二も空いておらず、第三でギリギリでした
登山ブームゆえに、冬と言えども人気ですね。。。
3_20131201224922055.jpg

で、車道をしばらく歩いて、9:02、登山口スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
4_20131201224925479.jpg

スタートしてすぐにトイレタイム( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
5_20131201224913c63.jpg

そして相変わらず、グダグダと進みます(今回、なぜかボヤき続けてたww)
だってスタートして5分くらいでこれだもの(つω-`。)
6_20131201230920fdb.jpg

確かに、初雪を踏みに行ってるんだけど、雪すぎてww
裏山の初雪とはレベルが違うわけですよ
9:40、第一ベンチ。
スパルタJさんは、休憩させろと言っても進みます
7_2013120123092457c.jpg

9:48、第二ベンチ。
ちょっとだけ給水休憩させてもらいました( ´Д⊂
8_20131201230928131.jpg

ダルイんです・・・このコース、めっさダルイんです
どこまで行っても林の中
9_201312012309319f5.jpg

時折見える景色だけが癒しです(´;ω;`)ウッ・・
10_20131201230917c67.jpg

11_201312012317042a7.jpg

Zさんもなかなか登る人なんだけど、今年は怪我のせいもあって、重い荷物を背負ってなかったので、雪野さんと一緒にゲーゲー言ってました(だからちょうど良かったw)
Jさんはヘンタイだのアンドロイドだの言われながら、全く疲れた様子もなく進みます
だって雪野さんが「Jせんせーい、給水してもいいですかー」って言っても、しゃべり続ける雪野さんに向かって「うるさい」「早く歩け」「歩きながら飲め」のドS三段攻撃ですよ
勝手に休んだけど(*´益`*)ニタァ
この燕岳の合戦尾根ってのが北アルプス三大急登と呼ばれてますが、急登というか地味な登りが延年続くって感じでした、私にとっては。。。

合戦小屋に着いたのが、12:25。
すでに3時間半歩いてるのですよ
13_20131201231710249.jpg
さすがにここで20分の大休止w

合戦小屋をすぎれば、楽しい景色が待ってるからとJさんから励まされながら進みます。
15_2013120123170204e.jpg

普通に地元の裏山の厳冬期です
16_20131201233256678.jpg

13:14、槍様見えたーイェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィ
17_20131201233300636.jpg

振り返ると、富士山も見えたーイェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィ
14_20131201231714fe5.jpg

小屋も見えたけど、なんだこのたんこぶみたいな地味な登り返しの連続は
18_20131201233302223.jpg

ムリームリーと言いながら、超低速で進みます。゚(。´ノω・`)゚。ウウゥゥ
槍様に励まされながら(´;ω;`)
20_20131201233253654.jpg

だけど小屋に近づかない。+゚(pωq)゚+。エーン
19_201312012333067bf.jpg

今回同行の2人によって、初めてプラシューズなる物を知りました
でも重いし足痛くなるってw
23_20131201234650d4b.jpg

遠くに鹿島槍が見えました。
来年、行けるかな
24_20131201234652f2d.jpg

続々と登ってくる登山者。
22_201312012346476f2.jpg

もうちょっとなのに着かなーい(´д`;)
25_201312012346399b1.jpg

28_20131201235045599.jpg

なんだ最後のあの急登は・・・
あそこが一番きついんじゃないのか・・・
26_2013120123504123a.jpg

この時点で、富士山を見ても感動せず(;´・ω・)
27_20131201235043ce3.jpg

小屋手前、燕岳山頂とテン場が見えた。
すでに3人の頭の中には山頂に行くと言うスケジュールは外された。
その代わり、酒を飲むと言う予定が組み込まれたヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪
30_20131201235039a55.jpg

29_20131201235048e73.jpg

31_201312012355354cb.jpg
「これ、明日後悔するパターンだよね~。起きたら超ガースーでさぁww」と言いながらも、酒の事しか頭にありません。

14:40、小屋前着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
実に5時間40分、登り続けてました・・・
地獄です
32_2013120123553720c.jpg

そそくさと受付をし、寝床に案内されたらハッピー
寝床のすぐ横がラウンジでしたワーイ♪ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ♪
当然です。すぐに宴会です。
3時のおやつのお酒です。
33_20131201235540246.jpg

Zさんがホットワインを入れてくれて、更にそこにドライフルーツ&バナナのラム酒漬けを入れて
これ、うまかったー(っ´∀`c)キュンキューン
35_201312012355429fb.jpg

ラウンジの窓から見える景色も最高でした
36_2013120123553212e.jpg

しかも、めんどくさがって窓越し撮影なので、室内灯とか写りこんでるしねww
37_20131202000302089.jpg

38_2013120200030320d.jpg

39_201312020003053a1.jpg
夕ご飯の時間ギリギリまで飲んだくれてました_ノ乙(、ン、)_

夕ご飯は5:50~。
既にお腹いっぱいな訳です(・´ω`・)
だけどハンバーグだと聞いたらテンションUP
40_20131202000307700.jpg

しかも、動物性たんぱく質のW攻めですよww
41_201312020002586d5.jpg

その他にも、分け合ってシステムが2つ。
42_20131202000628ef7.jpg

43_201312020006317bc.jpg

ハンバーグは、チーズイン
44_2013120200063323f.jpg

同席された方たちが、ラウンジ宴会の時に隣のテーブルに居た方たちだったんだけど、空木岳の小屋を管理なさってる山岳会の方たちでした。
とても楽しい方たちで、いつか遊びにおいでと言って頂きましたが、なんだかとても大変そうな山で、雪野さんが行けるのはいつになる事やら・・・(。・´ェ`・。)

その後は星が見たくて、ちょっと外に出てみました。
酔っ払いの手持ち撮影なので、こんなもんですww
45_2013120200063556e.jpg
テントも楽しそうだねぇ

下界の夜景もキレイでした
46_20131202000626e03.jpg

小屋の内部はこんな感じで二段ベッド。
私たちは上でしたw
47_20131202001211a64.jpg

お向かいさんを撮影しましたが、3枚の敷き布団に4人分の掛け布団。
でもトップシーズンはここにきっと、6人とか寝るんだと思います(;´∀`)
48_20131202001209705.jpg

7時には寝床に戻ったと思うけど、消灯の9時まで、何の修行か分からないけど、延々と飲み続ける酒豪さんたちなのでした
最後雪野さん、梅酒入りのカップを握り締めたまま、うつ伏せ死してたのは、多分勘違いだと思う訳であります((ノ`ェヾ))モチョモチョ


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif