2012/11/18 アホ友たちと忘年会♪ 

2013, 11. 21 (Thu) 23:51

最新報告

この前の日曜は、アホ友たちと山で忘年会
アホ友というのだから、みんなアホなんです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ザックの重量10キロ以下の人は、参加できないシステムであります(`ω´)グフフ
1_20131121230126fb0.jpg

↑中央のアホの子は、重量36キロですwww(通称Aくん)
↓70ℓのザックに、33ℓ(だったかな)をコバンザメ仕様でくっつけたWザック仕様になっておりますブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!
5_20131121230128586.jpg
↑もはや33ℓが15ℓくらいに見えるわww

ザックの中から出てきたのがこれ(*・з・)ぷッ
9_201311212301308b1.jpg

他にもご馳走がたくさん、それぞれが人数分持ってくるから、大変な事になりますww
10_20131121234617ff9.jpg

14_20131121234619466.jpg

18_2013112123013272c.jpg

16_20131121234621004.jpg

17_201311212346221c8.jpg

満腹のあとは、お散歩で山頂を目指し。
22_20131121230243d4b.jpg

31_2013112123024526b.jpg

41_2013112123024856d.jpg

下山して来ては、また作って食べwww
43_20131121230133b5b.jpg

この日は、11月の半ばを過ぎたというのに、暖かくて一日中外にいれました
心地よい空間の中で・・・

大半が死亡Σ(゚д゚lll)
49_20131121230336166.jpg

1人だけ、元気な新キャラ、メキシコ仮面のライバル、葉っぱ仮面が参上しました
51_20131121230338196.jpg
経費0円。
とても地球に優しい葉っぱ仮面さんでした

そして明日の夜から、また遠征へ
これの支度の為に、今週は時間を全部つぎ込みました
いやぁ、初めての経験をしに行く山なので、右も左もわからない状態です
今回の先生は手厳しい・・・
パッキングに超うるさいww
↓これでもまだ、ダメだしの嵐です
直す気もないけどねァ '`,、'`,、'`,、((´∀`●)) '`,、'`,、'`,、
ざっく



さて、一年前のこの時期も、アホ友たちと同じ場所で忘年会をしておりました
これが、アホザック隊、初の忘年会だったな
3_20131121232834a48.jpg

この時は寒かったので、小屋を利用させてもらいました
時期的に、これ出てきましたw
10_20131121232837b88.jpg

そして、毎度おなじみ甲州シリーズのワインは、ブルーで
12_201311212328440f4.jpg

Aくんのザックからは・・・
11_20131121232842cb8.jpg
一年前からアホでしたww

そしてメインは・・・
22_20131121233631321.jpg

18_20131121233551dae.jpg

すき焼きですププ―(◎゚艸゚)―ププ!!

木村ファームのおいしい卵で頂きます
16_201311212335502be.jpg

15_20131121232845c8c.jpg

農家のアホ友から、新米の差し入れ
ご飯炊きました(。→ˇ艸←)プククッ☆
20_20131121233554246.jpg

米が光ってる
TKGで頂きます(-人-)
21_201311212335553e0.jpg

贅沢でした(*゚∀`*)ノ☆。゚+.
23_2013112123363380f.jpg

焼きおにぎりを大葉で包んで
これ、絶品だったなぁ
28_20131121234005a33.jpg

フルーツも出てきましたw
30_201311212340066be.jpg

アホザックを、更にアホにしたいとの申し出により、Aくんのザックがパワーアップ
31_20131121234008990.jpg
これ、アルミのテーブルなんだけど、いつもボスが手で持って運んでくれます
その時点で、既に登山じゃなくなってる
いつもすれ違う人に、驚いた顔されるしね(;^ω^)

お天気が悪かったから、コンデジしか持って行ってないので、ブレブレの写真ばかりだけれどw
紅葉もギリギリ残っててくれて、去年も楽しい忘年会でした+。:Σ(о・艸・)。;+
34_20131121234010930.jpg

そして我が部隊の忘年会は、来月第二部を迎える・・・




参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif
スポンサーサイト

2012/11/04 鏡山 

2013, 11. 16 (Sat) 12:26

いいお天気~ヽ(´ω`)ノ
なんで家に居るのーヽ(´ω`)ノ

明日のアホ登山の為の準備中です。。。
もっと早くアホ登山の支度をし、もっと早起きしたのなら、きっと白くなった裏山に行けた事でしょう_ノ乙(、ン、)_
でも二ヶ月ぶりの連休、起きれる訳もなく_ノフ○ グッタリ

さすがに起きがけにチキンを焼くと、匂いで倒れそうになります(_д_)。o0○ モァアーン
チキン
他にも鶏ハム大量、いつものラーメン屋のチャーシュー2塊とか、肉だらけの我が家です*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
今日は前乗りで、山友さんと宴会して、車中泊です



さて、前回の安達太良の翌日、今度は山岳会の山行で飯豊の前衛、鏡山へ
9月、10月、山をサボりまくっていた私にとって、2日連続、普通レベルの山に登れるのだろうか?という不安がありましたが、やっぱ厳しかったです
1_20131116121226d67.jpg

車で走っている時からみんなで話してたんだけど、赤がないねぇと。
とにかくオレンジで、それは歩いていても同じでした。
2_201311161212323d5.jpg

5_20131116121235b34.jpg

7_20131116121238dc7.jpg

8_20131116121242e59.jpg

そして「昨日、安達太良に行って来て疲れてんのすっげ筋肉痛なのと、うるさいほどにアピールしたら、この回のリーダーIさんに「じゃあお前先頭歩け。コースタイム3時間ってなってるから、2時間半で歩けと言われ(TwTlll)
「あ゛ーだの「う゛ーだの言いながら、筋肉痛と戦って進みます( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

スタート時はかなりの急登で、登山道がちょっと濡れてたせいもあるけど、若干ズリズリしながら登りました
9_20131116121807335.jpg

10_20131116121810e66.jpg

11_20131116121813070.jpg

12_20131116121816f55.jpg

13_20131116121819d8e.jpg

整備はされてるけど、根っこが張り出して細い登山道だったと記憶しています。
そして前日とは打って変わっての、この青空
前日も、下界から見たら青空だったのかもしれませんが・・・w
14_201311161223412b0.jpg

15_20131116122343aff.jpg

18_20131116122344b1b.jpg

急登~平坦~急登~平坦を繰り返しながら進むと、目の前に若干でかい山が見えてきました。
「まさか、あそこに登るんかなぁ( ̄ω ̄;)」
「そうだこってねw」
「あ、そう・・・」
と、針ノ木で一緒だったNさんに突っ込まれます。
とにかく、坂道を歩きたくなかったようです_ノフ○ グッタリ

そして分岐。
19_2013111612234684f.jpg
「分岐まで2時間半もかかったねっか2時間で山頂に着けって言ったろ
「ムーリー、シームー
こんな風に、山岳会の方々にかわいがってもらってます*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*

そして分岐を進むと、細尾根歩きになり、かなりのアップダウンを繰り返しの、結構大変なルートかもしれません(ノ I `。) ウゥ・・・
21_20131116123522ec4.jpg

左手、西会津方面の景色。
20_20131116122348169.jpg

右手に飯豊連峰を眺めながら。
22_20131116123524cc6.jpg

23_20131116123526d74.jpg

2時間55分で山頂着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
3時間切ってやったぞ
24_20131116123527732.jpg

Nさんには「今日は汗もかかないし、おもしろかったし、たまに若い子にリーダーやってもらおうかねぇ
鬼面山から加入した、山友Sさんも「今日はゆっくりでよかったっすとか。
みんなを疲れさせないように、ゆっくりペースで歩いたんだからね
25_201311161240061d6.jpg

まぁ、そんな言い訳をダラダラ言うくらいだから・・・
35_20131116124008df9.jpg

死亡


さて、雪の中のランチは、鶏南蛮うどん
32_201311161248065d9.jpg

目の前に広がる、飯豊に向かってか乾杯
31_201311161248017a9.jpg

63_2013111612400951c.jpg

ランチしながら、会の方々の飯豊の話などを聞き、憧れが強くなりました
そのうち行きましょう(。→ˇ艸←)プククッ☆

そして、この景色も名残惜しいですが下山です。
33_201311161248085ee.jpg

足に力が入りませんので、スタートしてすぐに笹で滑ってコケるヽ(・、 .)ノズルッ!!
38_20131116124810119.jpg

登りが急登だったということは、当然下りも急なんですよ。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
39_20131116124812750.jpg

ワーキャー言いながら、登山道を滑り落ちていきますww
40_201311161307479a9.jpg

42_20131116130749347.jpg

44_2013111613075088b.jpg

45_201311161307534fc.jpg

この日も友達と、いい景色が見れましたね
46_20131116130755139.jpg

48_20131116130958928.jpg

49_201311161310007d2.jpg

大きな木がデーンっと構えてたので、寝転んで見上げてみました。
おっきいねぇ。
50_20131116131002774.jpg

51_20131116131004981.jpg

誰かと歩くと、感動が共有出来るのがいいところだね
朝と違って光が味方をしてくれるから、橙のトンネルをずっと歩いてるような感覚
53_20131116131203336.jpg

54_20131116131207133.jpg

55_20131116131209e26.jpg

57_20131116131212834.jpg

キノコをつついてみたら、白い煙が舞い上がった((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
56_201311161312116ca.jpg

今回も、いい山を教えてもらいました+。:Σ(о・艸・)。;+
58_2013111613140279c.jpg

59_201311161314045a9.jpg

60_201311161314067f7.jpg
お疲れさまでしたヽ(´ω`)ノ

登山口にあった看板。
61_201311161314072f5.jpg

62_201311161314091bf.jpg

いたずら書きはやめましょうww



参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif

2012/11/03 安達太良山 

2013, 11. 14 (Thu) 01:19

最新報告

地元の山も、とうとう冠雪しました
雪かきいやだあああああああと言いながらも、やっぱ初雪を見るとテンションが上がる、根っからの雪国人です
雪

雪1

そして今日はラーメンの日
ラーメン
水曜限定、白濁鶏塩坦々、しっかり頂きましたヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン


去年の文化の日。
この10日前くらい?
心友Mが安達太良に行き、とにかく紅葉がすごかったと感動しまくっていたので、私も行きたくなり、この前の妙義で一緒だった、Aくん、Hくんと一緒に、初めての安達太良山へヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
Hくんだけが安達太良に登った事があって、その他二名は初めてで
沼尻スキー場の脇の、お尻が浮くくらいボッコンボッコン飛び跳ねちゃうようなダートコースをしばし走る事・・・
1_20131113234037375.jpg
あぁ、よかった・・・
このまま着かないんじゃないか??って思うくらい長かった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

3人で準備を始めると、チラホラと白いものが・・・
「雪だああああああワ━ヾ( o・ω)ノ゙ヾ(o・∀・o)ノ゙ヾ(ω・o )ノ゙━イ!! 」
初雪に、思わずはしゃいじゃった3人でした(*・з・)ぷッ
これが後に、地獄への予兆だったと気づくのであった・・・

6:40スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
2_20131113234050121.jpg

スタートしてすぐに、ウネウネの霜柱w
3_201311132340523b4.jpg

滝の見える展望広場から見えた紅葉
5_201311132340547e8.jpg
いろんな色が混じってて、キレイでした

スタートして1時間。
えっ?
9_20131113234514cad.jpg

凍ってるか??
8_20131113234512f24.jpg

あんじゃこりゃああああああ┌(_Д_┌ )┐
11_20131113234516620.jpg

そして、こっちこっちと呼ばれ行ってみると・・・

ウヒョ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!

12_20131113234518173.jpg
写真じゃ伝わらないけど、パーッっと日が差してきて、ものすごい絶景だったんです+。:Σ(о・艸・)。;+

そして、見えてる方へ降りて行くと、湯の花採取所に着きました。
14_20131113234520985.jpg
温泉マニアのAくんが大興奮です


だけどふと周りを見渡すと・・・
15_20131113234955905.jpg

16_201311132349560e7.jpg

21_20131113235000a27.jpg
凍ってるじゃないか┌(_Д_┌ )┐

もう完璧氷の世界です。。。
湯の花採取所を過ぎると、沢が完全に凍っていました・・・
不覚・・・アイゼン必要だったかもと思うくらいに。。。
18_201311132349584ac.jpg

20_20131113234959f74.jpg

そして、普段は木にテープがぶら下がってたり、目印の分かりやすい山に登ってたんだなとこのルートを歩いていて気づきましたが、岩にスプレーで印がしてあっても、雪が張り付いて全くそんなもんあてになりません
23_20131113235300bf9.jpg

24_20131113235302188.jpg
ほんと2度ほど、道迷いしましたね。。。
3人で地図を眺めて会議したりしましたけど、全く分かりません・・・
なんとかケルンを発見したり、Hくんの記憶を頼りに歩いたりで、難を逃れました_ノ乙(、ン、)_
同行者の2人には感謝です(ノ I `。) ウゥ・・・

スタートして2時間。
もう別世界です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
26_20131113235304a8a.jpg

27_20131113235306fc7.jpg

まさかの銀世界に、とにかく怖くて、心臓バクバク状態
それでも、時折見え隠れする青空に、勇気をもらったり。
29_20131113235309d8c.jpg

8:52、胎内くぐり着。
31_201311140000443ab.jpg

下を通るのか上を通るのかで協議。
Hくんは前回、上を通過したそうだ
32_20131114000046e22.jpg
凍っていて無理らしいww

ならばと、岩登りの得意なAくんもチャレンジ
33_2013111400004882d.jpg
無理だそうですww

ザックを下ろして、くぐりました
34_20131114000051660.jpg
岩の向こう側で、Hくんがカメラを構えて、ネタ撮影している最中ですw
いい尻してますね( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

そして男って、こーゆーとこに登りたがりますね(;^ω^)
35_20131114000055bfd.jpg

雪が降ったり止んだりだったので、一眼をザックに仕舞い、しばらくコンデジで撮影します。
35-1.jpg

あ、うっすらガスが取れてきた
下界の紅葉が見える
35-2.jpg

゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚
35-3.jpg



ヽ(冫、)_ ドテッ...
35-4.jpg

097.jpg

9:52m石楠花の塔着。
35-5.jpg
ちょうどこの手前で、生まれて初めて腿がつるという現象に襲われ
膝の辺りからどんどん痛みが上がってきて、パキーンッて直立した感じになるんですね
ここで死ぬのか?とか思いました_ノフ○ グッタリ

無理に歩くとすぐに痛みが襲って来るのが分かったので、ゆっくり歩きました。
そして、こんな空が、元気の素になります
35-6.jpg

そして、この先にはもう、休憩する場所がないからと、ちょっと早めの時間ではありましたがランチタイム
ランチ会場は、鉄山避難小屋。
35-7.jpg

最初、ドアが開かなくて、ほんとここで野垂れ死にか??と必死だったんだけど、冬季は窓から這い上がるシステムらしく、泥棒さんのように窓から侵入ww
そして雪野、不覚中の不覚、ザックに入れたはずの水がない
筋トレも兼ねて、水を大量に持っていたAくんから分けてもらって、キムチ鍋を(ノ I `。) ウゥ・・・
これ、冬だから水の消費量が少なくて助かったけど、夏だったら仲間をも殺しかねない、絶対やっちゃいけない失敗ですね。。。(大反省しました)
ザックのファスナーが開いてたらしく、水は自分の車の中に落ちてましたヽ(´Д`;)ノアゥア...
36_20131114001232aae.jpg

男子たちの方が、オサレなランチを作ってました
Aくんはリンゴバターだの、Hくんはちゃんと蒸して肉まん食べてたり
体も温まったし、塩分も取ったおかげか、腿のつりもなくなりました。
腿がつったら塩!ってのは、いろんな方から聞いていたので、キムチ鍋に醤油を大量投入しました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

そして、小屋に続々と後続者さんやら安達太良かのら縦走者さんたちが集まり、小屋が一気ににぎやかに
同じルートを歩いてきた3人パーティーさんに、道が付いてたのでありがたかったなどとお礼を言われたり

10:50避難小屋出発。
さっきの青空、どこ行ったーo(´д`)oァーゥー
37_20131114001233ad5.jpg

そして鉄山山頂手前・・・
超暴風で、初めてその場から動けなくなりました
耐えるのがやっとです
いつになくAくんが真剣な顔で「誰かがムリって言ったら、もうその場で撤退

前に進むか、来た道を戻るか・・・
どっちに逃げても、この風は逃れられそうにありません
エスケープルートで一番近いのは、船明神山へのルートだろうと、進むことを選択。
鉄山山頂はスルーで
そして、鉄山を抜けるとそこは・・・
39_201311140025553e3.jpg

ここはどこー(゚д゚lll)

沼ノ平という火口らしいです。
昔はそこを歩けたらしいんだけど、ガスで亡くなった方がいるらしく、現在通行禁止。
40_201311140025578b9.jpg

鉄山にいた時よりは、風が少し弱まりました。
そして、日本とは思えないような景色・・・
41_2013111400255986d.jpg

42_20131114002600362.jpg
今でも思います。
この景色を、友達と一緒に見れて良かった

振り返ると、鉄山のピーク。
43_2013111400260275b.jpg

どうやら下界は晴れてるらしい・・・
45_20131114003045403.jpg

はいっ?????
今日は文化の日です!!!!
46_201311140030470c6.jpg
11月頭に、こんな立派なエビの尻尾が見れるとはwww

そして分岐の看板が凍りついて&折れて落ちていた看板なので、果たして確かな方向に向けて置いてあったのかも謎で、全く分からず
Aくんがガンガン氷を割って文字を確かめる( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
まぁ、たくさん歩いてる方がいるので、進む方向はなんとか分かりました(;^ω^)
後続者さんにも分かりやすいように、ちゃんと看板を置いて。

11:42、山頂が見えて来ました
雪野さんの歩くスピードが遅いせいもあり、休憩含めここまで来るのに5時間もかかってしまいました
48_201311140030480a1.jpg

11:49、山頂着ヽ(´ω`)ノ
Aくん、Hくん、。゚ヽ(´Д`oアリガトゥo´Д`)ノ゚。
49_20131114003050454.jpg

山頂広場は、ものすごく広いんだね
51_201311140047253ed.jpg

そして3人で、目が点になる光景を目にする。
ゴンドラで上がってくる観光者さんたち、普通のスニーカーだったり超薄着だったり、私たちからしたら考えられないような軽装。。。もう、軽装なんて言葉じゃ語れないです
これは、山頂駅で止めるべきだと思いますけどねぇ・・・
まぁ、自己責任の範囲って事なんですかね。

そして、すれ違い困難な山頂、乳首の先っぽに登ります
岩&鎖慣れしている2人は、ヒョイヒョイ降りてくる人たちをうまく交わし、上に行ってしまいます
雪野さん、タイミングを失い上がれません
また2人に遅れをとる事、12:03、安達太良山頂着ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
52_20131114004728eb1.jpg

そしてそそくさと下山。
だって止まってると寒い
さよなら乳首、また来るよ( ´・ω・`)ノ~バイバイ
54_20131114004730980.jpg

帰りは船明神山へのルートで下山。
周回コースですね。
55_2013111400473254b.jpg

なんだかんだ言いながらも、この日も楽しい山行でした
56_201311140052179d9.jpg

57_2013111400521943f.jpg

58_2013111400522139b.jpg

59_20131114005222854.jpg

60_20131114005224427.jpg

61_201311140054093c6.jpg

63_201311140054111b9.jpg

同じ時期に山を始めたこの2人。
それを取り囲み、似たような仲間がたくさんいます。
その中でもこの2人はハードな事をしている部類の仲間で、一緒に歩きたいと思うから、私はひたすら自分を鍛えます、今でもね
女だからと甘える事が嫌いなので、対等で歩きたい。
体力筋力が違うから、なかなか難しいんだけど、ちょっとでもレベルが縮まればいいなぁと思ってます(ノε`*)ンププ

そしてこの頃は、いろんな事があって、山を辞めようかと真剣に思ってた時期でしたが、やっぱりこんな仲間たち、そしてかわいがって下さる山岳会の方々、そんな山仲間たちと離れる事は出来ないな・・・
そう思って、また一からスタートしたような、そんな気持ちになれたのが、この安達太良山行でした。
いい仲間と出会わせてくれて、神様ありがとう
106_20131114010720fbc.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif

2012/10/14 鬼面山 

2013, 11. 12 (Tue) 00:50

最新報告

土曜は、ただただ暴飲暴食をした
もうじき出産を控えている後輩の、がんばれ会
アルコール摂取をする人間がこの日はいなくて、一人で摂取してた_ノ乙(、ン、)_
来れなくなった人もいたけれど、総勢9名、にぎやかでした
焼肉

焼肉1

そして雪野さん、酔っ払ったついでにデザートやけ食いですヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
焼肉2

焼肉3

焼肉4
アイスだけでも3個食べたらしいですね。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ

そして日曜は早起きして、モンベルにお布施を納めてきました(-人-)
ジャケ
お金が貯まらない訳です*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*



去年の10月14日、市民登山がありました。
前年度は市民として、この年は会員としての参加。
福島の鬼面山に登ることに。
てか、鬼面山てどこー???状態でしたが、調べたら安達太良連峰の一番端っことのことで
この日は会員含め、総勢29名でスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
人数が多すぎたので、4パーティーに分かれての登山。
野地温泉から
3_2013111200002500f.jpg

5_2013111200003289b.jpg

スタートして20分くらいで分岐に到着
ここで小休止。
9_201311120000376a6.jpg

8_20131112000034c56.jpg

数分後に出発でしたが、分岐から既に向かう先が見えていました
手前が鬼面山で、奥が箕輪山です。
10_201311120000387fe.jpg

紅葉がいい感じ

12_201311120014237c8.jpg

この日は空が、ものすごくキレイな日でした
11_20131112001421da6.jpg

13_20131112001426219.jpg

横を向けば磐梯山。
15_201311120014293ca.jpg

振り返れば、高山と東吾妻山。
17_20131112001635177.jpg

意外と岩岩の登山道。
18_201311120016376e0.jpg

箕輪山がかっこよかった・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
19_201311120016398d8.jpg
山岳会に入って、初めて参加しようと思った山行が箕輪山で、結局雨で中止になったから、とにかく登ってみたい山でした

目の前に鬼面山が迫って来ましたワクワク(((*゚▽゚*)))ワクワク
20_20131112001649265.jpg

紅葉も超期待(*´∀`*)
21_20131112001651542.jpg

22_20131112001947506.jpg

23_20131112001950b33.jpg

25_201311120019537f1.jpg

ほんとに今思い出しても、空の青と紅葉の赤がキレイだった(人´∀`).☆.。.:*・°
26_20131112001955b65.jpg

スタートから1時間数分で、山頂着。
お手軽すぎる(☉ε ⊙ノ)ノ
三等三角点げっとーヽ(´ω`)ノ
27_20131112001957539.jpg

高山の向こうに、吾妻小富士がチラッっと[゚+.壁゚+.]*´∀`*)チラッ
28_201311120022441d7.jpg

福島市方面かな?
29_20131112002250b0d.jpg

ああああああ、美しすぎる(っ´∀`c)キュンキューン
30_20131112002251a02.jpg

絶景をつまみに、乾杯ヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノ
31_2013111200225483a.jpg

この日の山飯は、振る舞い物も兼ねて鶏ハム大量生産
かなり好評で、山岳会の方にレシピを聞かれ、今でもしょっちゅう作って下さってるようです
そんな鶏ハムをガッツリ乗せたマル塩( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
32_201311120022553f7.jpg

磐梯山方面、ほんとにキレイな空でしょ
34_2013111200265537d.jpg

箕輪山方面。
35_20131112002657bce.jpg

いつかここから安達太良まで縦走してみたいって思ったよね(今年、縦走したけどねw)
36_20131112002659abd.jpg

お腹もいっぱいだし、景色も最高だし、動きたくないけれど下山です。゚(゚´Д`゚)゚。
39_20131112002701033.jpg

41_2013111200270713c.jpg

42_201311120030175ea.jpg
皆さん、楽しんで下さったかな(。→ˇ艸←)プククッ☆

43_20131112003020e08.jpg

44_20131112003021900.jpg

47_2013111200302442b.jpg

下山は、私の誘いで山岳会に入ったSさんと、おふざけ登山ですw
キノコを見つけては棒でつついてみたり、木の実があったといえば食べてみたり。
木の実は渋かったらしい
61_20131112003501a69.jpg

60_2013111200345933a.jpg

54_20131112003426c4e.jpg

50_20131112003424de3.jpg

これくらいお気楽な山の方が、みんな楽しめるかもしれないな
55_20131112003428197.jpg

57_20131112003432b11.jpg
この年も、この市民登山で、何名か山岳会に入会して下さいました+。:Σ(о・艸・)。;+

58_20131112003435e23.jpg

下の方は、まだ紅葉してませんでした。
62_20131112003721136.jpg

鬼面山、標高1482m。
穏やかで美しい山なのに、なんで鬼の面なんて名前に?って思ったけど・・・
意外と側面は切り立っていました。
これのせいかな(;^ω^)
65_201311120037220b4.jpg

帰りはこのまま野地温泉に浸かろうと思ったけど、あまりに混みすぎててお断りされました。゚(゚´Д`゚)゚。
なので中ノ沢温泉まで下って
安達太良から湧き出る酸性泉が好きなので、今となってはいい温泉に入れたと思ってます
酸性泉にハマったの、今年からだけどね(ノε`*)ンププ

とにかく美しい空と紅葉でした
今年の市民登山も、こんな感じになる予定でしたが・・・
来年は成功させたいです(ノ I `。) ウゥ・・・


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif

2012/10/07 一切経山 

2013, 11. 08 (Fri) 01:04

最新報告

アウトレット商品をネット通販し、冬用ジャケを買ったけど返品したーヽ(冫、)_ ドテッ...
冬の重ね着の仕方ってのを、全く勘違いしていて、山友さんからのアドバイスをいろいろ貰った結果、Lサイズじゃあかーん!!!って話で
アウトレットで狙っていたのがLサイズしかなかったんだけど、ダウンとかINするから大きくていいよねって思ったら、ダウンはジャケットの上から羽織るんだと

おまいーがーっ

いつものサイズでよかったんじゃないのって言われて、どうもそうらしい・・・
昨日めでたく返品し、結局は現行品の購入となりますかね。
ほんと、いい山友さんがいて良かった。(そもそも、この山友さんがいなかったら、厳冬期アルプスなんて行かなかっただろうねww)
間違った知識じゃ、厳冬期アルプスなんて自殺しに行くようなもんですもんね
山頂でカッパ脱いでも、すぐには凍死しない雪山でしか遊んでないもんだから・・・
てか、そもそも雪山でカッパってのが、コケた時ほんとは危ない事だと知った、3年目の冬ヽ(´Д`;)ノアゥア...
ヤバイわ、まだ知識が足りなすぎるわ_ノ乙(、ン、)_
なんとかしれ、自分(ノ I `。) ウゥ・・・



さて去年の秋の三連休。
毎年そうだけど、私に三連休など存在せず。
当然一連休(ρε;)
この日は山岳会の山行が入っていたんだけど、心友Mが一切経に登るかもって言っていて、私もMに会いたいから、山岳会の方をキャンセルするかなぁ。。。なんて思ってたら、山岳会の山行が中止にw(7月以来に会えるので、ちょっとテンションが上がったw)
ただこの頃は、ものすごいストレスを抱えていて、半月くらいずっと微熱が続いたままで・・・
7日の前日、6日の夜早めに寝たんだけど、寝汗びっしょりで目が覚めるほど、体調が悪かったみたいで。
それでも、6時くらいに浄土平に着くように出発して、Mが来るのを待ちます。
前日の相方さんの予定次第で、もしかしたら浄土平には行けないかもしれないよとは言われていたので、全て運任せみたいな感じで
体調微妙だし、お天気も良くなくて小雨がぱらついたり風が吹いたりしていたので、Mが来ないならこのまま山には登らず帰ろう。。。と思っていました。
もう来ないかなぁ・・・って思った時、ちょうどMからメールが届き、浄土平には向かうけど、Mも体調が悪いから登山はムリかも?って連絡でした。
それでも、会えるだけでも嬉しいしね
しばし待つこと、無事にM夫妻が到着ヽ(´ω`)ノ
だけどお天気が微妙すぎるのは続行中で、お互い車でうたた寝したりして、お天気が回復してくれるのを待つ。

すげぇ、晴れたわwww
さすが太陽の子、Mwww
1_20131108005003465.jpg

2_201311080050046e0.jpg


M、腹が痛いらしいです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

9時半ちょっと前、一切経山に向かってスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
3度計画して、4度目にやっと一切経に向かう事ができました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
Mの相方さんにも「え?3度もダメだったの?すげぇww」と言われました。゚(゚´Д`゚)゚。

紅葉きれいだわ~って思ったら、M曰く、これくらいなら、浄土平の紅葉の3割程度でしかないと∑(*☼_☉*)
これで3割かぁ・・・
5_201311080050076e2.jpg

7_2013110800551633d.jpg

12_2013110800552172c.jpg

13_201311080055233f4.jpg

小富士もきれいに見えてきました
9_201311080050120e1.jpg

この日は、ホシガラスがいっぱい飛んでいて、Mはカメラに納めようと必死でww
でも飛び回ってる鳥を撮るのは難しいw
なので止まってるとこをw
8_201311080050093fe.jpg

雨上がりのキレイな青空
11_20131108005520757.jpg

14_201311080055243ff.jpg

草紅葉も綺麗です
15_201311080058453da.jpg

17_20131108005848066.jpg

19_20131108005852c85.jpg

木々も秋の色に染まって。
18_20131108005850712.jpg

21_20131108010024ed9.jpg

階段を上り終えると、遠くに酸ヶ平避難小屋が見えてきました。
一切経

湿原の草紅葉がすごーいヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
23_20131108010026453.jpg

24_20131108010032847.jpg

25_20131108010034c35.jpg

小屋を過ぎて振り返ると、一面オレンジの絨毯w
26_2013110801003634c.jpg

向かう先は、色とりどり
27_201311082227156f9.jpg

ホシガラスがビュンビュン飛び回って、Mとホシガラス撮りに専念してましたなww
こんな微妙なのしか撮れてない( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
28_20131108222718121.jpg

ものすごく不思議な色合い
29_20131108222721fdf.jpg

これも何の葉っぱだろう。
色がものすごくキレイだった
30_20131108222723728.jpg

Mから聞いてた話と、前回、駐車場からモクモクの煙だけを眺めていた一切経への道を歩くヽ(´ω`)ノ
31_20131108222725a65.jpg
岩だらけなんだねぇオォォー!!w(゚ロ゚)w

ずっと登りたかった山だから、とにかく何でもかんでも感動
33_20131108224420bfa.jpg

ホシガラスの後ろ姿げっとーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
34_20131108224422024.jpg

山頂が見えて来たw
相方さんは早いので、ずいぶん先に行ってしまったww
てか、うちらがホシガラスに夢中になりすぎなのだ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
35_20131108224424c2d.jpg

11:28、念願の一切経山の山頂に立つ
37_20131108224426404.jpg

一等三角点げっとー_|\○_ ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!!
38_20131108224427c0b.jpg

山頂から見える景色は雲海ヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノ
一緒に見れて良かった
39_201311082250344bc.jpg

そしてMの大好きな、私もずっとMの写真や話を聞いていて、ずっと見たかった、魔女の瞳を見に行こうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
見えるかな


がーすー( ̄ω ̄;)

40_201311082250360ce.jpg

だけど一瞬風が吹いて・・・


見えたーヽ(´□`。)ノ・゚ヤッタアァァアァン
41_20131108225038b9b.jpg

42_20131108225039c78.jpg

44_201311082250403d4.jpg
ものすごく感動して、大好きなターコイズをウットリと眺めてたけど・・・

すぐにまたガースー( ̄ω ̄;)

45_20131108225528cd1.jpg

風が寒い( ̄ω ̄;)
ほんと寒い( ̄ω ̄;)
でも、Mはまた魔女が見えないかと、ずっと湖の方を見ている。
でも寒い( ̄ω ̄;)

相方さんの合図で、下山ランチですププ―(◎゚艸゚)―ププ!!
46_20131108225529fbc.jpg

この日はちょっと風が吹いていたけれど、M曰く、こんなに穏やかな日に登ったのは初めてだとの事。
そして、風をよけられる、こんな景色が見える場所をゲットし、ランチ会場としました
47_20131108225531268.jpg

49_20131108225535eef.jpg
道路が渋滞してました| 、ン、)

美味しそうな実(((゚¬゚*))) ウマソー....
48_2013110822553325e.jpg

私はマルタイラーメンを煮てみた。
相方さんが好きで、よく食べると聞いていたので真似してみた。
袋を開けたら、素麺みたいに超ストレート麺が出てきた(☉ε ⊙ノ)ノ
ラーメンすすってる私を撮って「これが撮りたかったんだ」とMは言っていたが、よからぬ事に使っているんじゃあるまいな( ̄ω ̄;)

そして下山。
岩がゴロゴロで、何だか赤が目に付く山だったなぁw
51_20131108230104d11.jpg

52_201311082301065b4.jpg

53_20131108230108902.jpg

一本だけ、妙に赤い木があるんだよw
毎年、こんな色になるのかなぁ(ノε`*)ンププ
54_201311082305108a3.jpg

前回とは違う色の浄土平に、また来れた。
そして、ここは歩いてないルートだったから、全てが新鮮
55_20131108230110b92.jpg

56_20131108230112aee.jpg

Mの後ろ頭を撮ってほくそ笑む(`ω´)グフフ
前方に見えてる桶沼、まだ行った事がないんだよねw
60_20131108231033b90.jpg

本当に、きれいな場所だねぇ
63_20131108231035ab7.jpg

一切経も、元気に噴煙を上げている
64_20131108231037ede.jpg

67_20131108231049bb2.jpg

70_20131108231051fdc.jpg

ちょうど2時、無事にゴールヽ(´ω`)ノ
朝までは体調悪かったのに、元気一杯になりましたヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
そして、お土産を買ったりアイスを買ったりして、淋しいけどバイバイです(ノ I `。) ウゥ・・・
72_201311082315529a3.jpg

別れた直後は・・・

がーすー( ̄ω ̄;)
73_2013110823155502e.jpg


またここで会いましょう(*'-')ノ*:・・:*マタネー*:・・:*
いや、特にここでなくてもどこでもいいけどね( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif

2012/09/17 唐松岳2日目 

2013, 11. 06 (Wed) 01:25

最新報告

相変わらず三連休てなーにー(゚ρ`)ァー」な一連休を過ごしておりました、雪野です*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*

そんな一連休中、アホ友たちと大源太山に鎖の練習に行くつもりでしたが、新潟はお天気が微妙&関東遠征中のアホ友が関東圏なら合流したいとの事で、半年ぶりに妙義山へ行って参りました
大源太→妙義
レベル上がりすぎだろ`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!
それでも、2度目の妙義だった&今回はちゃんと妙義に行くという心構えがあったので、前回よりは落ち着いて挑めた気がします
そして、毎度の事ながら、アホ過ぎて笑い死に寸前で
お互い、鎖を掴んでいる時だけは、笑わせないようにしようとの約束で登ってました(命懸けの約束すぎるだろww)

前回は妙義神社~奥の院~タルワキ沢下山でしたが、今回は石門群~中間道~奥の院~タルワキ沢と、前回よりハードなコース選択。
鷹返しの縦走路は、まだちょっとムリですね(;^ω^)

さすが妙義、スタートして5分も経たないうちに鎖がボコボコ出現し、カニシリーズも登場ですw
12_20131106001318868.jpg

そして、石門てなに?って思ったら、字のごとく、石の門をいくつか越えるルートでした。
この石門、でっけーの
14_20131106001320534.jpg
どうやったら、こーなるんだ?

そして、鎖鎖鎖
いつも元気なMちゃんです
16_201311060013228fc.jpg

当然、相方のAくんもおりますよ
18_20131106001324f56.jpg

そして、歩いてる時からずっとAくんが「俺の大砲」と連呼しておりましたが・・・

これの事でしたか


アホですねwwwwww
こいつらと組んでるチームは、現在10人チョイでありますが、その中でもTOP5の変態がこの中だけで3名いますねww
唯一の純情担当がMちゃんだけという_ノ乙(、ン、)_



ほんと、この2人ってば。。。w
31_2013110600140489e.jpg
雪野さんは若干ビビって、大砲の先には行っておりません(;^ω^)

そして奥の院の大壁を登り、またまた次々と現れる壁たちに、こんな垂直だったっけ?と、半年前の記憶が消えてる自分にショックを受け
43_20131106001406ed1.jpg

登ってくる山友を覗き込みながら、あぁ、そういえば下が見えなかったよねぇ・・・と思い出しww
前日、ソロで男体山に登って来たHくん。
44_20131106001407d0f.jpg

最後の最後、大覗きの3連目の鎖で、10名以上の団体様が、自分たち優先で鎖をどんどん登ってきて、あれはどうかなぁ・・・って感じでしたね。
うちらの前に、子供さんを連れた親子がザイルを使ってまだ降りている途中なのに、鎖を使って上がって来ましたねぇ・・・
同じ日に登ってた方のヤマレコを見ると、多分同じ団体さんを言ってるんだろうなって事が書いてありましたね。
うちらは4人で行動してましたが、うちらが上で待機してるのを、向かい側の縦走路を歩いている時に見つけていたと思うんですよ。
下に団体さんが続々と来た時も、上から顔出して何度も覗いてましたからね。
それでも、一言も声をかけることなく、まだ降下中の方がいるにも関わらず、鎖を登ってきました。
私の入っている山岳会なら、絶対上にいる人に声をかけて人数確認をし、どっちが先に行動するかの相談なんかはすると思います。
時間も計ってませんが、まぁ一時間近くは待機させて頂きましたァ '`,、'`,、'`,、((´∀`●)) '`,、'`,、'`,、
私たちが若いから、バカにされてたのかもしれませんが、私たちの方がまだ山の中ではあれこれ考えて歩いてるなって思いました。
46_20131106001409178.jpg

これからも、マナー、ルールを守り、自分たちだけじゃなく、その場にいる登山者さんたちも楽しく歩ける登山を心がけていきたいと思います。



さて、唐松岳の2日目早朝。
5時ちょっと前、ご来光を拝むためにテン場を出発。
暴風だし超ガスってるし寒い(;´Д`)ア゙・・・
テン場から山頂まで30分かからないで登頂。
1_20131106004050f09.jpg
すでに人がいっぱいw

5:20分くらいから、徐々に空が明るくなり始めるも、とにかく暴風とガスww
ガスの向こうの空の色は、見た事もないグラデーションをかましてるというのに。゚(゚´Д`゚)゚。
5_20131106004053bb6.jpg

4_20131106004051b32.jpg

ガスが切れる予感もしないし、記念撮影だけして下山ですww
7_20131106004054dc9.jpg

8_20131106010425bff.jpg

9_201311060042404cf.jpg

とにかくすごいガスでした・・・
13_20131106004241bf8.jpg
教訓。
晴れている時に、やれる事はやっておきましょうw
ビールの誘惑に負けちゃいけません( ゚ェ゚)・;'.、ゴ

小屋の脇では、ギリギリまだコマクサが咲いていて(人´∀`).☆.。.:*・°
14_20131106004244dcc.jpg
これが最後だろうなぁと思いながら(。-´ェ`-)シュンシュン

そして朝ごはん。
前日の残りを食べつくすw
15_201311060042461a3.jpg

16_2013110600424832c.jpg

17_20131106004343472.jpg
8時40分、テントを片付けて下山開始でーすヽ(*´∀`)ノ


テン場を後にし、下山開始。
相変わらずのガスですw
22_20131106004507a06.jpg

風も強い( ̄ω ̄;)


まぁ、アルプスって、こんな場所らしいです(;^ω^)


そして前を歩いていたカップルが、なにやら立ち止まっていた。
どしたの| 、ン、)

オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
24_2013110600450900c.jpg

25_20131106004510e73.jpg

26_20131106004513b7d.jpg

27_201311060045159f6.jpg

28_20131106004613a9d.jpg

29_201311060046198d6.jpg

30_2013110600462148a.jpg

31_20131106004624908.jpg

登山道を一緒に歩きますw
てか、必死に逃げてるつもりらしいww
かわいい


200mは先導してもらったと思う・・・w
やっと岩場に逃げ込んで(ノε`*)ンププ
33_2013110600462600e.jpg

34_20131106004810cb6.jpg
初めて雷鳥さんに会えて、感動でしたキラキラ

お花を見ながら、急いで下山☆⌒Y⌒Y⌒(。д。) ポーン
チングルマ。
37_201311060048122ca.jpg

カライトソウ。
40_20131106004814135.jpg

トリカブト。
42_20131106004818300.jpg

タムラソウ。
41_20131106004932937.jpg

ガスひどいww
44_20131106004819976.jpg

ハクサンシャジン。
45_20131106005015a66.jpg

ハッポウワレモコウの群生。
43_20131106005013d9f.jpg

ダケカンバ。
46_20131106005016793.jpg

49_20131106005018734.jpg

シモツケソウ。
53_20131106005019276.jpg

八方池まで来たけれど・・・
55_2013110600514080f.jpg
何も見えん!!!!!!!

ウメバチソウ。
57_201311060051421c4.jpg

ヨツバシオガマ。
58_201311060051443ae.jpg

タカネマツムシソウ。
61_201311060051466ca.jpg

木道の下は、ウメバチソウの群生・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
63_201311060051478dd.jpg

もうすぐ八方池山荘ってとこまで来たら、青空が覗いてきた。
65_201311060053022a8.jpg
スタート時に欲しかったよ(ノ I `。) ウゥ・・・

そして八方池山荘に着き、小休止おやつタイムヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
山友Zさんの鼻の穴に、アイスが突き刺さる形となった
66_20131106005303edd.jpg
贅沢だな・・・ぶるべりアイスとびーる

そして、リフトとゴンドラを乗り継いでの下山。
空がきれいだった。
69_20131106005304878.jpg

70_20131106005306197.jpg

71_20131106005307b8c.jpg

下山して、温泉に入って、八方美人ラーメンというラーメンを食べた。
73_20131106005510555.jpg
そんなこんなで、2日目のお天気はイマイチだったけど、イマイチなお天気の時に会える確率の上がる雷鳥さんに、アルプス4度目にしてやっと会えましたヽ(*´∀`)ノ

この回で、このコミュでの登山は終了。
今は脱退して、何人かの山友さんに、たまに遊んでもらっています
山は命懸けで登っているから、信頼できる人と登りたい。
特に今みたいにやる事がハードになって来ている時はなおさら。
お互いに命を預け預かりして登っていると、私は思っています。
バカやりながらも、信頼できる仲間たちがいっぱい出来て、今は幸せです


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif

2012/09/16~17 唐松岳 

2013, 11. 02 (Sat) 00:10

最新報告


山には行ってないけど、ラーメンはきちんと定期的に食べるんだぜヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
byいつものラーメン屋

水曜日は限定ラーメンの日で、通常メニューとは違うメニュー
今回、鶏スープ復活とのことで、そりゃもう勇み足で行ってまいりました
夜鶏塩白濁チャーシュー(メンマトッピング)
中田
やっぱうましジュルルル( ̄q ̄)zzz

後輩が食べた夜塩坦々チャーシュー(メンマトッピング)がやばいwww
中田2
次はこれにしてみようププ―(◎゚艸゚)―ププ!!



去年の9月16日、某SNSコミュニティーのイベントで、唐松岳に登る事に
同行者の山友が九州からやって来るって事で、せめてものおもてなしとして、ご馳走をいっぱい担いでの登山。
120916_065201_20131101231151397.jpg
ザックの蓋が閉まり切らず、何とか無理矢理蓋を閉めたが、後ろから見たら頭がザックに隠れて消えてた( ̄ω ̄;)
いやぁ、一年前の写真だけど・・・
痩せてる_ノ乙(、ン、)_
今現在、どうしてこーなったil||li _| ̄|○ il||li

ボスはWザック( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
1_20131101231152174.jpg

基本、日帰りの山らしい唐松岳。
しかもゴンドラ&リフト2本を乗り継いでのお気楽登山w
2_20131101231154017.jpg

最初のリフトを降りた時、右手に白馬三山が<(゜ロ゜;)> ノォオオオオオ!!
3_201311012311565b3.jpg
カッコイイ(人´∀`).☆.。.:*・°

九州組は、このもう一本上にある山小屋で前泊していて、私たちが出発した時は、既に山頂目指して歩いていたのであります
九州組は、か弱き女性2名なので、多分、途中で追いつくだろうという計算(`L_` )ククク
え・・・じゃあ男3人に囲まれた私ってば。。。p(i|l´∀`*)ノん...?

8:38、九州組が前泊していた八方池山荘を出発。
少し歩き出せば、白馬三山がものすごくきれいに見えてハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
5_2013110123470292d.jpg
行きたくなりますヽ(´ω`)ノ

雪野さんのザックもでかいが・・・
6_201311012347425ee.jpg

Wザックのボス、アホだろww
カラマツ

Wザックを横から見た図ww
唐松
♡加工の2人には、今でも遊んでもらってます

お気楽に登れる北アって事で、ものすごい人の海(;゚;艸;゚;)ぅ゛…
7_20131101234621f7f.jpg
何の行列??って感じに、渋滞風の人の列がww

9:14、第二ケルン。
8_201311012346234c3.jpg

時間が時間なんでね、だいぶガスが上がって来ました(;´Д`)ア゙・・・
9_20131101234626300.jpg

9:21、顔ケルンと呼んでいた、八方ケルンw
10_20131101235004ef3.jpg

そして、八方池は寄らずに、横目で眺めながら直進|///|・ω|///| じー
だってもう寄り道している気力がねぇ・・・
ザックが重い(;´д`)
11_20131101235005d0a.jpg

9:31、第三ケルン。
12_20131101235007181.jpg


ガースー( ̄ω ̄;)


14_2013110123501086e.jpg

もう、ガス男なダーリンの洗礼であります( ̄ω ̄;)
13_20131101235009c24.jpg

11:24、丸山ケルン。
このちょっと手前で、九州組をヽ(*`Д『+』ゞ ハッケン!!
15_201311012352043c9.jpg

無事に合流できて、一安心

そしてもう体力の限界を感じつつ、あの山を左に曲がれば山頂なのか?と聞いたら「いや、まだ山頂は見えてない」とミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ
16_20131101235206fa9.jpg

稜線にぶつかって、向こう側には流れないガスォオー!!(゚д゚屮)屮
山友の間ではこの現象を「結界が張られてる」って呼んでる(´゚ω゚):;*.:;ブッ
17_201311012352086aa.jpg

丸山ケルンから一時間。
もうじき山頂だと励ましあいながら、どんどん険しくなっていく道を行く'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
18_20131101235210603.jpg
唐松唯一の鎖場w

登る人あれば、当然下る人もいる訳で、この狭い登山道、しかも踏み外したら滑落しちゃうww
21_20131101235412142.jpg
ここをぐるっと回り込んだら・・・

立山の裏側見えたー┌(_Д_┌ )┐
22_2013110123541482e.jpg

12:44、八方池山荘から4時間4分かかって、山頂小屋着。゚(゚´Д`゚)゚。
本来、3時間位あれば着くっぽいんだけど、みんなのザックが重すぎたww

きれいな稜線だ
23_20131101235416f08.jpg

小屋から20分くらいで山頂を踏めるらしい・・・が、前日入りしていた山友さんが、テン場で場所を死守して待っていてくれたので、そのままテン場へw
同行者たちがテントを張るのを、高みの見物中( ´Å`)y─┛~~
24_2013110123541839c.jpg
小屋からだいぶ遠いけど、見えてるここが、テン場の最上階( ̄ω ̄;)
小屋のトイレまで徒歩5分(´゚ω゚):;*.:;ブッ

さぁ、お天気もいいし、きれいな景色が見れそうだね
山頂目指しちゃおうかな(。→ˇ艸←)プククッ☆

山頂を目指す前にテントを設営し、一旦乾杯
25_20131101235420a66.jpg

しちゃったら、もう動きたくない訳でww
そのままランチ製作にかかり、ご飯を食べながら延々飲む。
ウィンナーのトマトソースがけ。
28_20131101235744da7.jpg

唐揚げの甘酢あんかけ風。
31_20131101235745f24.jpg

きゅうりとカニの酢の物も作ったけど、写真がないようだ( ̄ω ̄;)

そして延々と飲みまくり、ダラダラと夕ご飯に突入し、カツ丼w
33_20131101235747702.jpg

山友さんの作ってくれた、鶏ちゃんこ鍋。
34_20131101235748df6.jpg

鳥ちゃんこ鍋をリメイクで、トマトリゾットw
42_20131101235751023.jpg

夕日に沈んでいく、剱岳がかっこよかった
41_2013110200012215a.jpg

43_20131102000124f51.jpg

テン場左手に見える五竜もかっこいい
いつかヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
39_2013110200012037b.jpg

そして、山の就寝は早い。
7時にはテント内へ(雪野さん貸切)
44_20131102000125863.jpg
明日はご来光が見れるかな

オヤスミ (*~¬~*)/。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif